2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

お知らせ

URLが変更になりました。 今後ともeasterEggをよろしくお願いいたします!
(旧)http://eegg.dip.jp   → (新)http://eegg.fun
 

おすすめ記事

不倫の前科のある嫁のカバンから、もう一つの知らない携帯が出てきた。
 
イケメン同期に振り回された俺の人生について語る
 
小5の時から肉体関係のある彼氏がいた
 
嫁が期間限定で調教されてたけど露出やアナル開発どころか中出しや輪姦までされてた
 
彼女にアポなして会いにいったら3Pの真っ最中だった
 
とあるタレコミ(ハメ撮り等)で嫁の過去の不倫が発覚。次いで発見した告白日記から薬漬にされてた事実まで判明した。
 
鬼畜な原因で別れた元汚嫁から復縁の要求メールが来た
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
婚約者のお見舞いに行ったら知らない男にフ●ラしている最中だった
 
奇跡の恋の話
 
妹とSEXしてしまいました
 
汚嫁の携帯がきっかけで次々と間男の存在が明るみに。順番に制裁を遂行していった。
 
全裸の女を拾った
 
不倫疑惑の盗聴トラップにかかった汚嫁の会話から衝撃的事実が発覚
 
汚嫁の浮気現場に凸で間男をボコボコに。その後、一度行方知れずになった汚嫁のその後。
 
数年前、自殺しようとしてた俺が未だに生きてる話
 
天は俺に最高の復讐の機会を与えてくれた
 
急用で単身赴任先から自宅に戻ると嫁が全裸で四つんばいで男とパコパコしてた。その後、色々あり最終的に完全勝利へ。
 
軽い気持ちで他人に貸した彼女が凄まじい勢いで調教されていき、遠い存在になりつつある
 
付き合って6年間 性行為無しだった彼の本性が発覚した
 
 
 

中国系風俗嬢に本気でハマりかけた話








「親友が中国ハルビン娘と離婚した」の続編です。


292 :@1:2011/12/11(日) 19:52:40.32 ID:YlIXDQLr0

地震後テレビでは放射能やらセシウムやらが話題に挙がり始め
た頃だったな
そんな4月中旬頃、

高校時代の友人「マモル」から電話が掛かってきた

マモル
「ういー元気にしてる?会いたいから週末飲みいこうぜ」


「了解、時間と場所は任せるわッ、じゃな」

マモルとは年に1,2度しか会わないんだが
腐れ縁というやつでね
実は俺に風俗という世界を教えてくれたのが
この「マモル」なんだ

良かったのか悪かったのか。。。

ただ風俗と言っても前にも書いたがソープやピンサロは未
経験で 今でも興味は全く無い

「紳士の娯楽マッサありのハンドフィニッシュ」1本であ
る。自慢は出来ないな。。。



大抵マモルと飲む時は必ずと言っていい程行く事になる、
俺は飲みの延長なり同僚連中と以外はお店等には行かないタイ
プなので まあ久しぶりの風俗というので
ちょっと楽しみにしていた








293 :@1:2011/12/11(日) 19:54:15.42 ID:YlIXDQLr0

マモルが指定してきた場所は俺にはあまり馴染みのない街
だった

ただ そういった店があるのは知っていたので
出掛ける前に体を隅々まで清めるw
邪念を捨て、もういつ貢物になってもいい位清めるのだ

約束の時間に落ち合いヤツがエスコートするがままに2軒
程飲み歩く


「タカシの話聞いただろ?」

マモル
「ああ、、驚いたね、、何があったのよ??だってま
だ一年位だったよな?」


「....まあ.....難しかったのかな...」

マモル
「元気にしてるアイツ?結婚式の後1回しか会ってない
からさ」


「ああ元気にしてるよ俺は毎月会ってるしな家近いから」

マモル
「ならヨカッタ」

マモル
「っで、お前彼女は?」


「居ないね〜ってか随分居ないよな〜お前はエリちゃんと
は?」

マモル
「一昨日別れたwwってか振られたww」


「ええ??ww一昨日ってwwなんで?w」

マモル
「風俗遊びがバレたww」


「たったそれだけで?ww
まあ気持ちは解るけど〜修復は出来たでしょうよw」

マモル
「いや。。バレた内容がヤバカッタんだよw
お前にだから言うけど乱交SMなww」

俺 
「ええww
お前SMでもあれだがww乱交SMとはなんだよwww」

マモル
「だろ?w興味沸くだろ?w
馬鹿だから会員カード作っちゃたんだよwミスったww  
取られて速攻燃やされたw
あとスタンプ1回で2000円OFFだったのにww」


「いやいや2000OFFってお前wwそれに..
興味沸かないごめんなさい...
今日.....まさか.........その店行かないよなwww」

マモル
「いかねえよ!!別れたネタの店に別れた直後に行く
ほど腐ってねえからww」


「っで、、、まあ取り合えず内容教えろ。。
乱交SMとは。。ゴクリ...」

マモル
「いやー長生きするとイイモンに巡りあえるねwまず
な。。。」

この日のビールと、たこわさは最高に旨かった......






294 :@1:2011/12/11(日) 20:00:00.92 ID:YlIXDQLr0

すっかり二人はいい気分になり準備万端だ

マモル
「さてと、今日は色々調べてきたぜ、お前ヘルスってい
うかそういうのあんま好きじゃないし大変だよ
連れとしてはさw
ワガママだよw
解禁しろよもうよ〜」


「いや、、紳士の娯楽に限るぜ!
それにマッサージってのがいいじゃん!
最後のなんていうの...まあ静かに施術受けてくれてありが
とう!ってな意味でのご褒美がいいんだよww
まあ乱交SMには理解されんでいいよww」

マモル
「何が紳士の娯楽だよ。。」

マモル
「でさ、今日はデリエスだけどいいよな?」


「ああいいよ、俺初だわ..店以外知らんもん、
ラブホもスゲー久しぶりだよ緊張するな〜」

マモル
「二人で入ると少し割引になるからさ16000円かな?大丈
夫?」


「もち大丈夫!問題なし!」

マモル
「じゃあ電話するわ」





295 :@1:2011/12/11(日) 20:01:14.45 ID:YlIXDQLr0

店員 
「はい●●です」

マモル
「今から二人でお願いしたいんですけど大丈夫ですか?」

店員
「ありがとうございます!
大丈夫ですよ 今どちらに居られますか?」

マモル
「●口出た所で電話してるんですけど」

店員
「ああそうですか、ご指名などありますか?」

マモル
「〜ちゃん居ますか?HPでは出勤になってたけど」

店員
「申し訳ありません、〜さんは予約で一杯ですねキャン
セル入った可愛い子居ますがどうですか?」

マモル 
「そっか。。じゃあフリーでいいかな〜
お前大丈夫だろ?」


「ああ、いいよ。つうかお店も何も解らんしw」

店員 
「お客様は当店初めてですか?
なら一通り説明しますが」

マモル
「いや違います、終電まで時間もあれだから
流れは解ってるんで大丈夫です」

店員
「そうですか。じゃあ。。
取り合えず●●ホテルってお解かりですか?
そちらに入って頂いて直ぐに女の子が向かいますから
シャワー浴びずにお待ち下さい。
もし満室でしたら横にも同じ様なホテルありますんで
お部屋に入りましたら電話頂けますか?」

マモル
「ウス!」





296 :@1:2011/12/11(日) 20:07:03.07 ID:YlIXDQLr0

俺 
「お前さ、自分だけ指名取ろうとかww俺初なのにww」

マモル

「ああゴメンなww
でもその子が言うには皆可愛いって
実際HPの子も顔隠してる子多いけど雰囲気はソコソコいいよ
フォトショ加工してない感じ実際さっき聞いた子はHPとドン
ピシャだった」


「いいね、スレてない子がいいな〜えっと店の電話番号教え
てよ」

マモル 
「ホイホイ、何人かは中国・韓国人も居たけどね〜」
     

「へえ〜」

っで指定されたホテルに向かう
入る時男二人でラブホって最高に恥ずかしいんでw
時間差で入ることにした

マモルがホテルに入った数十秒後に..

大きなカバンを持ってパッツン,パッツンのB,zの稲葉みた
いな短パン履いた

「ジャイ子」が一人入って行った....太ももがボンレスハム
みたいだった....


「(...まあ....趣味趣向は人それぞれ...だから...あの子.
...指名は...フリーだよな...きっと,,)」

「(16000円にホテル代だよwないないw
ないよ!絶対ない!.. .ない...い....ジーザス....)」 

俺は胸に十字を切ってホテルに入り部屋選択し入室後店に電
話をする


「さっき電話でフリーお願いしたマモルの連れですが〜号室
に入りました」

店員
「有難うゴザイマス5分〜10分で伺います、では」

指定されたホテルはあまりパッとしない感じだったけど
まあ仕方ない直ぐに歯磨きをして待つことに

数分後ドアをノックする音が聞こえた





297 :@1:2011/12/11(日) 20:10:22.25 ID:YlIXDQLr0

久々に緊張した、の緊張だ
あまりの緊張で歯ブラシ咥えたままドアを開けた


「はじめまして」


「。。。(すげー可愛い・・なんだこれ)。。。」


「ああ。。歯磨きしてた、あなたエライですねw」


「????あれ??日本人ですか?」


「わたし中国ですよ、大丈夫だた??...」


「.....ああ大丈夫大丈夫.....(すげー可愛いランラン・レ
ベルだな...)」

本当にかわいくて部屋に上がった後も見とれていた
彼女の名前は「チュンリー」26歳だ、店の表記は23歳だった
な....

コースや料金のやり取りを済まして。。


「お店忙しいですか?」

チュンリー
「ちょっと前までは暇w
毎月この位(時期)物凄く暇ですね
今は少しづつですね」

俺 
「そっか」

チュンリー
「今日私あなたが最後のお客様ですよ」


「おろ、そうですか、それはそれはお疲れ様!
宜しくです」

チュンリー
「はいwシャワー浴びる 大丈夫?」


「ウス」

こんな可愛い子がどうしてだろうな〜なんて..あの時も...
思いながら体を清めてもらう
そしてベットに移動してマッサージが始まった









>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:, ためになる話,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:, ためになる話,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20111223105150