2chの男女恋愛に関わる 復讐寝取られ旅スレVIP系 に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 

お知らせ

URLが変更になりました。 今後ともeasterEggをよろしくお願いいたします!
(旧)http://eegg.dip.jp   → (新)http://eegg.fun
 
 
 
 

ペニスに脳みそがついたような男から一転した彼









486 :恋人は名無しさん:2011/05/15(日) 20:54:57.12 ID:bDTa/me5O
もう、かれこれ7年くらい前のことだけど。
2人目が生まれる記念で投下。

私子…乙大の3年生

彼男…甲大の3年生


A子…彼男のひとつ後輩
B子…彼男のふたつ後輩
C子…彼男のふたつ後輩
D子…彼男のサークル同期
E子…彼男のクラス同期
F子…F大の女
G子…G大の女
H子…H大の女
I子…私子の後輩

…もしかしたら、もっと他に登場人物いるかも。


彼男とは大学2年生の時にサークル(合唱)を通じて出会ったが、ちょうどその頃、私子は彼氏に別れを言い渡されるわ、身内に不幸はあるわで、絶不調にあった。


そんな時にいつも優しくそばにいてくれたのが、彼男(当時はまだ付き合ってない)。

彼男は某最高学府の部長さんで、他の大学からの信望もあって、何より女性に優しかった。

落ち込んでた私子を見かねて、彼男はよくデートに誘ってくれ、優しく励ましてくれた。

そんな彼男から10月に交際を申し込まれ、私子はもちろん受諾。

彼男は家柄も見てくれも良く、ほかの大学の女の子にもとにかく人気で、狙ってる子がたくさんいるという話だったので、私子は内心誇らしげだった。

(いま思うと、ほんとにバカだと思う)



487 :恋人は名無しさん:2011/05/15(日) 20:56:40.70 ID:bDTa/me5O
登場人物の女性比率で、もう大体の展開を予想してる人が多いと思うけど。

まず、最初におかしいな、と思ったのはA子の存在。

A子と仲良くなった合唱部の後輩から聞くと、どうやらA子は12月のクリスマスまで彼男と付き合っていたらしい。

12 月 は す で に 私 と 付 き 合 っ て た ん で す が !

ここは冷静な私(←これもバカだったんだが。)

「彼男にも事情があるんだろう。A子とはもう別れたみたいだし、下手に追及することはあるまい..」

と知らぬ振りを決め込む。



488 :486:2011/05/15(日) 20:58:05.43 ID:bDTa/me5O
…と、まあ、ここまではよくある話。


問題は彼男の部屋にいくたび、微妙にコンドームの種類が変わっていること。

あれって1箱12個くらい入っているはずなのに、毎週いくたびに箱が違う。

彼男にそれとなく聞いてみると、男性はひとりでする時にもコンドームを使うとのこと。

流石の私子もそんな見え透いた嘘(彼男はなにを考えてるのかよくわからないタイプだったが、表情にでやすく、嘘は苦手だった)を信じるはずもなく、最大限の警戒を続ける。


が、警戒のわりには物的証拠はなにもなく(法学部の彼男は慎重肌であった)

私子は警戒にも疲れて、だんだん彼男への熱も冷めてきた。

ちなみに彼男はこの間も私子に優しくしてくれ、私子の機嫌が悪いとみるや、プレゼントを買ってくれたり、旅行に連れて行ってくれたりした。



489 :恋人は名無しさん:2011/05/15(日) 21:05:33.03 ID:bDTa/me5O
ある時、私子がふと戯れに…ごめんなさい、嘘書きました。

すこしの悪意を持って、トイレに行ってる間に、彼の日記帳を見てみると、そこには出るわ、出るわ、女の名前。

B子〜I子まで、確認できただけで、総勢8人。

ほとんど毎日ローテーションで、夜這いをしていた。(当時、私子とは一週間に一回会う程度だった)


しかも真面目で勉強家の彼男は、笑えることに、その時の体位や性感帯まで書いていたのだった。(しかも何故か英語やラテン語?で)


そこにあった女の名前はと言えば、私の後輩の名前や、彼が私に紹介してくれたことのある女友達、それに彼の家のすごく近くに住んでる女の名前があり、もう頭がパニックだった。



日記によれば、

F子とは半同棲してやがり、

D子には告白してやがり、

B子とC子とはいっちょ前に3Pをしてやがったり、

今まで私は親にも紹介されて、本命だと思っていたが、もう全く何も信じられなくなってしまった。


優しく誠実そうに見えた彼は、まさにベニスに脳みそがついたような男だったのだ。



492 :486:2011/05/15(日) 21:07:13.38 ID:bDTa/me5O
>>489
ペニスでした、すみません。



495 :486:2011/05/15(日) 21:15:20.81 ID:bDTa/me5O
意を決して、当然別れを告げる覚悟で、彼を責めると、それはもうあっさりと認める彼。

まあ、当然ながら、

「悪気はなかっ(ry」

「つい出来心で(ry」

とテンプレのような 言い訳を発する、まったくもって情けない、この男。

どうやら彼男は頭も良くて、性格も穏やかだったが、叱られたことがなかったらしく、やって良いことと、良くないことの区別がつかなかったらしい。


初めて本気で叱られ、怯える彼男。

そんな怯える彼男になぜか興奮を覚え(これは今でも謎)、肉体的にも精神的にも責め続ける私子。


最初は感情のままに、平手打ちしたり、彼男宅の物を投げたり、壊したりしていたが、だんだんと感情が高ぶり、彼男をベッドに押し倒し、服を脱がして犯してしまった。



497 :486:2011/05/15(日) 21:26:43.88 ID:bDTa/me5O
その晩はなぜか5回も燃え上がり、翌朝すべてを吸い取られ、生まれたての小鹿のようになった彼を見て、一周して全てを許してしまった私子。


いや、もう、正確には今も全然許してないのだが、彼男の再教育を決意。

とりあえず、彼との付き合いを継続してしまう。


しかし、その後も、

D子にもう一度告白しやがったり、

G子宅とこっそり夜這いしてやがったり、

合コンで会った女を持ちかえったり、

旅行先から現地の女を持ちかえったり、

もう最悪な(学生生活最後の)一年を過ごし、私子は彼の再教育を断念。


卒業を前に直接会って、別れを切り出すつもりであった。

が、たまたま私子の旅行が重なり、春休みに会うことがないまま、お互いそのまま就職。


私子はまあ実害はないし、そのうち別れを切り出そうと思っていた。

ところが、彼は就職すると、ぱたっと仕事人間になり、あらゆる性欲を失ってしまった。


これが、本当に面白くて、激務の外資金融に就職した彼は、初年度の4月から1日18時間ちかく働き、仕事に熱中してしまって、まったく浮気をしなくなった。

(学生時代はかなり堂々と浮気をしていた時期もあった)

実際に、友達に頼んで調べてみても、働き始めてからは、どうやら合コンにすら行かないらしい。



500 :486:2011/05/15(日) 21:31:26.12 ID:bDTa/me5O
いまだに私は浮気のことを許せていないが、性欲を失い、優しさだけが残った彼男を見て、結婚を決意。

元々、彼はM気質だったらしく、浮気後の3年間、彼男を精神的にも肉体的にも性的にも苛め抜いた私子を、一生の主人と定めたらしく、結婚を受諾。(私がプロポーズしました)


今では一児も授かり、彼男は馬車馬のように働き(気遣いのできるお父さんです)

義母は優しく、平和な暮らしを送ってます。


最近やっと過去に向き合える勇気が持てました。

彼男の口からも直接、当時の経緯を聞くことができます。

(前は何を聞いても「ごめん、俺が悪かった」しか言わなかったし、私も冷静に聞けなかった)

うん、ごめん、特に修羅場はなかった。

本当はデート中にF子と遭遇して掴みかかってきたり、

G子とH子が喧嘩して警察沙汰になったり、

B子とC子がレズップルになったり、

周辺で面白い話があったんだけど、

ちょっと彼女たちを晒し者にするのも申し訳ない気がして、端折っちゃいました。また、落ち着いたら書きます。


途中、性的な表現で不快にさせちゃった人がいたら、ごめんなさい。

私的にはあの晩が一番の修羅場だったんです。



503 :486:2011/05/15(日) 21:36:26.19 ID:bDTa/me5O
以上、冗談のような、私と彼の話でした。


いや、途中の下りは不要でしたね、ごめんなさい。

浮気者(性依存症)だった彼でしたが、今は完全に仕事命かつ良いパパになりました。


もともと、義母が厳格なために、旦那は ほめてもらえるのが嬉しい人になったみたいで、それで、ほかの女にもホイホイついていったんだと思います。

最近は仕事でその欲求が満たされているようで、浮気の素振りはまったくありません。

高学歴の男にはマザコンが多いって本当ですね。







 
 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 修羅場・人間関係,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 修羅場・人間関係,
 


 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

PageRanking

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20181015121311