2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

六年間の片思いを終わらせた話







http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1390311064/


1 :名も無き被検体774号+:2014/01/21(火) 22:31:04.31 ID:Bkaj+nVT0
長いしつまらないと思いますが投下させてください。

スペック
1

フツメン


相手

小中同じ
高身長170越え
美人


3 :名も無き被検体774号+:2014/01/21(火) 22:42:36.12 ID:iv8Q5sULP
デカ女いいよね

お前の身長は?


5 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 22:48:13.32 ID:DnVs2oBL0
相手は新垣結衣に似てるから結衣。

俺が結衣を好きになったのは小6のとき

同じクラスで給食当番とか掃除当番とか色々同じで、話すたび結衣の不思議な雰囲気と目のなくなる笑顔が可愛くて気づいたら好きだった。

男女6人のグループで遊んだり、小坊のくせにリア充だった。



2 :名も無き被検体774号+:2014/01/21(火) 22:31:40.76 ID:qsDFjG9+0
パンツは?


6 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 22:49:15.16 ID:DnVs2oBL0
>>2
履いといてくれw


中学に上がると美人な結衣はやっぱり人気だった。

男が集まると一番美人は結衣だよなーみたいな話は必ず出た。

だけど結衣はあまり告白されたりとかはなかった。

高嶺の花すぎて手が出せなかったのかもしれんが、それより結衣は好きな人がいるって有名だったから。




7 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 22:49:49.67 ID:DnVs2oBL0
結衣の好きな人は結衣の幼馴染の一個上のA先輩で、これまたイケメンだった。

A先輩はバレー部で、結衣もバレー部に入った。

バレー部は朝練があって、いつも二人で登校してきていた。

A先輩と結衣は付き合ってるのかってくらいお似合いで、俺の入る隙はなかった。



8 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 22:50:42.46 ID:DnVs2oBL0
俺はサッカー部に入って、チビながらに頑張ってた。

サッカー部の休憩場所から体育館の中が見えて、そこから結衣の練習姿を見たりお互い休憩だと喋ったり仲は良かったと思う。

結衣は俺のことをいい奴って言ってて、俺は結衣を好きなことは誰にも言わなかった。

てかこんな美人を好きなんて言えなかった。



9 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 22:51:57.57 ID:DnVs2oBL0
偶然女子バレー部と帰りの時間が重なって、方向の同じ俺らは二人で帰ることがあった。

俺が興味ないと装って「結衣とA先輩付き合ってんの?」って聞くと、

「付き合ってないよ。片思い」って結衣は言ってた。

付き合ってないことは嬉しかったけど、やっぱり結衣はA先輩が好きだと聞いて落胆した。

それから結衣は、A先輩との話を俺によく話すようになった。



10 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 22:54:57.70 ID:DnVs2oBL0
結衣はA先輩に小学校の頃から合わせて三回告白して、全て断られたらしい。

A先輩は同級生に彼女がいて、結衣の入る隙はない。

だけど結衣は小さい頃からずっとA先輩が好きで、簡単には諦められない。



13 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 22:56:32.48 ID:DnVs2oBL0
みたいな話をポツポツされて、本当は聞きたくなかったけど結衣に好かれるためにうんうん聞いた。

結衣はA先輩の話をするときはいつも顔が真っ赤だった。

いつもはクール系な美人なのに、A先輩の話をして可愛くなる結衣を見ると辛かった。



15 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 22:58:55.83 ID:DnVs2oBL0
俺たちが中2になって、A先輩が部活を引退した。

それからA先輩の朝練が無くなり、結衣とA先輩の距離はだんだんあいていった。

A先輩は同級生の彼女と良好らしく、結衣を避けてた。

結衣はもう無理なんかなーとか、A先輩の彼女は背が低いからどうせ小さい可愛い子が好きなんやーとか俺によく愚痴をこぼしてた。

俺は、そことかなくもうやめなよみたいなこと言ってた。

でも俺が結衣を好きなように結衣はやっぱりA先輩が好きで、それだけは変えられなかった。



17 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 22:59:48.41 ID:DnVs2oBL0
中2のバレンタイン、特に何もなく帰宅した俺に結衣からメールが着た。

会いたいとだけ書いてあって、内心めちゃめちゃ期待した。

だけど結衣は俺にチョコを渡したいわけじゃなかった。

部活から帰ってA先輩にチョコを渡しにいくと、いらないと言われた。

もう俺を好きなのやめなよと言われた。


結衣は道端にしゃがみこんで、笑いながら、結衣の真っ白のほっぺたに涙がボロボロ落ちてた。

結衣の涙を見るのは初めてで、どうすればいいかわからなかった。

結衣は俺を見つめて、

「どうやってやめればいいん?」

「やめようと思ってやめれるもんなの?」

と聞いた。

俺はなんとなく、やめなくていいって言った。励まし方がわからなくて、ただオロオロしてた。



16 :名も無き被検体774号+:2014/01/21(火) 22:59:09.46 ID:FLvrmw8g0
6年か…お疲れさん


18 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 23:00:52.77 ID:DnVs2oBL0
>>16
ありがとう


結局 結衣はA先輩が卒業するまで、好きなことをやめなかった。

卒業式に第二ボタンせがんで、断られてまた泣いてた。


俺のあげるから泣くなよって冗談言ったらいらんって言って笑った。

少し傷ついたけど笑ってくれたのは嬉しかった。



19 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 23:02:32.56 ID:DnVs2oBL0
中3になって部活を引退すると、俺と結衣は一緒に通学した。

同級生たちはよくからかってきたけど、結衣は全然気にしてなかった。

そろそろ告白したいと思ってた。

だけど結衣は俺のことを相談友達のようなもので認識していて、告白なんてできるムードはなかった。



21 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 23:10:47.87 ID:DnVs2oBL0
ある日突然、結衣が卒業してから一回も話に出てこなかったA先輩と同じ高校に行くと言い出した。

好きなのやめられなかったと言って結衣は顔を赤くした。

その顔を見たとき、物凄いショックを受けて口が滑った。

「俺と同じ高校行こう」

「1がおったら楽しいなー」

「行こうぜ」

「なんでそんなに言うん?」



20 :名も無き被検体774号+:2014/01/21(火) 23:06:18.93 ID:fKOjpP4r0
8年9ヶ月片思いしてるけど、終わるもんなんだな


22 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 23:12:43.38 ID:DnVs2oBL0
>>20
終わったよ。


「結衣が好きだから」

ちょっと噛んだけど、精一杯気持ちを伝えたつもりでいる。

結衣は綺麗な形の目を見開いて、でも嘘でしょ?とか無神経なことは言わなかった。

結衣は下を向いて何かを考えてから、「私のこと好き?」みたいなこと聞いたと思う。

どうにでもなれと思って、好きだよってもう一回言った。

結衣は俺の顔を見て、

「嬉しい。ありがとう。ごめんね。好きな人がいる」

ってわかりきったことを言ってた。

結衣が好きすぎて泣きながら帰った。



23 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 23:14:38.15 ID:DnVs2oBL0
それから結衣は俺と通学しなくなった。


クラスも違ったし、話す機会なんてほとんどなかったから結衣の声を聞くことがなくなった。

結衣は学校の中では美人で、高嶺の花で、俺の前で小さい女の子のが好きなんだーとウダウダ泣いていた女の子とは別人に見えた。

結衣の背筋の伸びた凛とした背中を廊下で見るたびキツかった。



24 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 23:18:22.42 ID:DnVs2oBL0
卒業式に結衣に卒アルの寄せ書きを書いてもらった。

そのときに勇気出して、ボタンもらってくれないかって言った。

もらってくれると思ったけど、結衣はごめん、もらえないって言った。

結衣は思わせぶりな態度を取らずに俺と接すると決めたんだと思った。

結衣のそういうところが好きだった。

だけどショックは大きかった。

ボタンは適当なクラスの奴にあげて、涙目になりながら帰った。

これじゃ結衣がA先輩にボタンもらえなくて泣いてるのと同じだと思った。



25 :名も無き被検体774号+:2014/01/21(火) 23:19:44.26 ID:QKEkv5r50
目から汗出そうだ。


26 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 23:19:50.59 ID:DnVs2oBL0
俺は公立のフツーの高校に入学した。

結衣は結局A先輩と同じ高校には入らず、近くの女子校に通っていた。

高校に入っていろんな女の子を見ても、結衣のことは忘れられなかった。

A先輩と違う高校に入ったから、もう吹っ切れたと思った。

どうしても会いたくて、声が聞きたくて、結衣にメールした。

返事は軽く返ってきて、安心した。



27 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 23:22:44.57 ID:DnVs2oBL0
「ひさしぶり。高校楽しい?」

「久しぶり!楽しいよ!そっちは?」


「たのしいよ!でもまだ慣れん」

「1ならすぐ友達も彼女できそうやんね」


「そんなすぐできないよ。結衣はどう?」

「Aと付き合いはじめたんよ」


すごい衝撃だった。

目を見開いてケータイの画面を見たけど、何も変わらなかった。聞きたいことはたくさんあったけど、何も聞けなかった。聞きたくなかった。

「まじか」

「うん。1も幸せにね。じゃあね」


結衣は俺のことなんか考えてなかった。意識さえしてなかった。

毎日毎日結衣のことを考えて、結衣に会いたい会いたいと思っていた自分がすごく惨めに感じた。



29 :6 ◆IFMFLNYQqo :2014/01/21(火) 23:26:59.85 ID:DnVs2oBL0
それからもずっと結衣のことが頭から離れなかった。

結衣は顔やスタイル以外にも魅力がたくさんあって、忘れることはできなかった。

好きなところはいくらでもあった。笑顔と、滑舌の悪いところと、口が軽くないところとか、シャーペンを握る指とか、友達を大事にしてるところとか、考え方とか。

結衣なことがバカみたいに好きで。結衣のSNSの書き込みや友達からの話を聞くたび結衣への気持ちは溢れそうだった。

SNSでA先輩との写真を上げる結衣を見るのは嫌だった。だけど見てしまう自分が情けなくて惨めで辛かった。

せめて最後にもう一度告白して終わらせたかった。




>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20200807144004