2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

僕とオタと姫様の物語





70 名前:('A`)  投稿日:04/08/16(月) 07:33
クリスマスイブにデートの娘を買ったことがある。


Hなしっていう条件。拘束時間は明け方まで。高いなぁと感じつつ、綺麗だからまあ仕方ない。

食事して映画みて、すこし飲んで、場所を変えてまた飲んで。

話が弾んで楽しくて あっという間に明け方になった。こういうのも悪くないと思った。


時間になったから開こうと言って、電車動いてる時間だし駅まで送ったら「帰りたくない」と言われた。

金ないし。延長はしないよって きっぱり告げると じゃあ わたしが出すからホテル誘って…と。


繁華街に そのまま歩いて戻り、結局ホテルで その娘に子供みたいにしがみついて、長いこと ぐっすり眠った。

髪から煙草とミツコと何か甘ったるい少女系コスメの匂いがした。

ハンドバッグに10センチくらいのピンクのクマのぬいぐるみが入ってて やけに汚れてて、イメージと随分かけ離れたもの持ってるんだねと聞くと お守りなんだと言ってた。


翌日の頭が すっきりした感じと爽快感は今でも はっきり覚えてる。もう長いこと あの爽快感を経験してないな。


90 名前:70  投稿日:04/08/17(火) 07:00
彼女と渋谷駅で別れる瞬間

彼女が山手線の開いたドアに今にも吸い込まれようとした そのとき 彼女は 何を考えたか いきなり回れ右をして電車をやり過ごしてしまった。

「アドレス交換しよ」

と言って強引にぼくのポケットからケータイを引っ張りだす。


向こうは おそらく仕事専用ケータイ。こっちは隠れることのできない丸裸の自分自身情報。こういうのは好きじゃないし、自分らしくない。

イブの日にお金で女の子を買った情けない男だけど そこに溺れるほど子供でもないんだけどな。

得たいの知れない営業メールが今後 山ほど送られてくることを思うと鬱になる。

だけどケータイは彼女の手にあって、素早い指先技で ぼくのアドレスは彼女の中へ。

勘弁してくれと口に出すのは さすがにかっこ悪いから誤魔化すように彼女の さらさらの髪を撫でてみた。

「じゃあね」と言って、彼女はふざけて全力でぼくにしがみついてきて顔を上げ。女の嫌らしさ全開の笑顔で「また会いたいよ」って言った。

笑顔は ぼくの下半身を一撃で起立させるほどのパワーがあって。

あの甘ったるい匂い。小さな肩。

また電話しちゃうんだろうな、おれ。





91 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/08/17(火) 07:23
書いて、どんどん自虐的なってきた。

を思がら書こうとする記憶曖昧で時間の順序ゃくちゃことに気づく。

出会いっかけに彼女と微妙が長く続く。


うせだから最後まで書こうと思一日にアップでき量は多くないけ続き希望してくれる人がいれば書きつづけよと思う。

当時のートラブお姫様に魅了れた哀し喪男語だ。これは。

笑ってやってほしい。


それかリッつけてみた。



93 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   投稿日:04/08/17(火) 08:29
大晦になっも片付ない仕事苦闘しながらと年越しするだけは やめコーヒーながら合い、その数秒後に無答され笑いした

きケタイが震えた。記憶してる

彼女らだった。メール

 >-クリスマスは一くれてありがと
 お正月でお会いでませんか?

営業メールの第一号早速きた。

れにしても早い。すく早彼女は事熱心なのか世の時無頓着


直に言う実は嬉しかった。向こうはお頭では分かても口む。

れから水、じゃなくて、あの かすかな甘ったるい匂いい出そとし何度も失敗。いらする

彼女のに見簿に はったようだけど全面降 さすがにこ悪いから意地の悪いレしてた。

 >元旦は無理。23日なら空くと思う。隠さにカムけど、ぼくは制服チ。君が学の制服てくれるなら会いた見える ぎ丈でよろしく


ぶん もうレスはこなだろうと思った。

ぜかというと最初の囲気から こうう内容に絶反応うな気がしたから。完全にり切っ風俗娘っ感じでもなかし。

一度会いたい寿は素直な気持だけど


待機になったままロを回させてるPCいて起動する

徹夜覚悟のpm11:00っなん こんくなるんろうな。しもさしい。



135 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/18(水) 20:03
元旦の昼過ぎにケータイが鳴った。

前夜は そのまま朝まで仕事が続き、家に戻って爆睡予定のつもりが 寝つけずに雑煮をすすりながら ぼんやりテレビを眺めてた。

 >-りょうかい。マジ制服でいくけど引かないように。で、いつ?明日、あさって?

引いてしまった。ほんとに来ると書いてある。

だらだら気分が吹っ飛び、頭がしゃきっとする。

脳内ではグレードレッドの非常事態。ニューロン兵士があわただしく駆け回り黒人軍曹の口汚い罵りと ちかちか またたくハザードランプの高速回転。


 >明日にしよう。場所は まるきゅう2の地下。あの喫茶店。なあ。ところで まさかイブ料金のままじゃないよね。


速攻のレスが返ってくる。

 >-おっけぃ。ちなみに、にがけ。


こっちもすぐに返す。

 >よんがけ。嫌だったら他の娘探す。君ほど綺麗な娘は みつからないだろうけど。


 >-無茶いってるよ。おっけい。りょーーかい。今回だけ、よんがけ。特別だよ。あなたに きれいって言われると うれしい。ほんとだよ。


ケータイを閉じると どっと疲れが戻ってきた。

雑煮を下げようとする母を止めて、自分の食べた分を台所に運ぶ。

それから自分の部屋に戻ってベッドに倒れこんで翌朝まで眠り続けた。

キャラメル色の長い髪。かきわけると、白くて つんと とんがった顎につらなるラインがあって 顎骨に薄く乗った皮膚は かたいようで柔らかくて そこに自分の顔を重ねたところを想像する。

でも、どうしても あの甘ったるい匂いが思い出せない。



136 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/18(水) 20:35
新年2日の渋谷は人で溢れてた。

待ち合わせ場所は地下道で繋がっていて向かうのは楽だったけど 入店することができなかった。満員だ。

そこで、ぼくは場違いなほど でかい声を上げてしまったんだと思う。

やんわりと入店を拒否する店員の後ろに彼女が立っていた。

約束を守って制服姿で。


店内の客が一斉に振り返り ぼくと彼女を見つめ、そして すぐに興味を失う。

かわいい女子高生と、どこにでもいそうな年上の友人。そんな風に見えるんだろうか。


考えてみれば いままで こういう経験ってなかった。この狭い室内で、ぼくは彼女の側にいてもおかしくない存在なんだろうか。


客があたりまえのように、ぼくと彼女が ここにいることを容認してくれた気がして安心したような、嬉しいような、得意な気分になった。

ふつうの女性は ぼくなんかに興味を示さない。デートはしたこともないし、誘ったこともない。

今まで一度だって味わったことのない感覚。金で買った擬似的イケメンの体感。


「出よう。ここ空気悪いし」

彼女が ぼくのコートの袖を引く。

そして また渋谷の喧騒の中。




145 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/20(金) 02:40
寒い中、地上を30分近く彷徨ったのち 南口のスターバックスで暖かいコーヒーにありつく。

ここは席すらない。バス亭と路肩を仕切る、たるんだチェーンに腰掛けてコーヒーをすする。

「これ、今日の」

彼女の手を握りたかったのかもしれない。唐突に紙幣を筒状にまるめた束を彼女の手のひらに乗せる。見えないように。

ぼくの手のひらは やけに汗ばんでいたけど、彼女の手のひらは冷たかった。

「ありがとう」と言って彼女は素直に笑った。


グレーのミニスカート。丈は かなり短かい。Pコートに包まれて、残念だけど太ももは ちょっとしか見えない。

ここの慧眼なスレ住人の前で制服の細かい描写は避けるけど紛れもない本物のじょしこーせーが目の前にいた。寒そうに猫背にまるまって、紙のカップを両手で持っている。

彼女は まじまじと見つめるぼくの視線に気づいたのか「化粧してないよ」と言った。

「制服好きな人ってさ、お化粧嫌がるんだよね」

それから

「ほんとは ちょっとだけしてるけど」と付け加えた。

「お腹はへいき?」

「うん。まだへいき」

「じゃあ、行きたいところは?」

「え?付き合ってくれるの?行ってもいい?」


どこへでも、お姫様の行きたいところへ。

まるきゅうで服を、原宿に移動してスニーカーを見てまわりキディランドで巨大なガムボールを2個買った。

お姫様は ご満悦で、それから だしぬけにお腹がすいたと言い出した。

原宿かぁ。このあたりの知識は ほぼゼロ。しかも新年2日に営業してる店なんてない。

しばらくして、ふと年中無休のスタンドカフェを思い出した。あそこなら何か食べさせてくれるかもしれない。



146 名70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/20(金) 02:42
ベーコンのサンド4切れをぺろりと たいらてココアをみ トトをガーで炒めたのが美味しいと、もう一皿わりしてトーがみたまま、カルアミクをた。

あっという姿と仲くなるのは、顔の綺麗血のいか

くは自分ったニーを「といて彼女に渡し


物でめん

「ん。な?ヒスニーじゃない?」

君のスニーカーの店で欲しそ見てたでしょ。買うときにえてもらった


ながら、いきなりを呼ばれてキっと。自分の名を女性 こんなしげ呼ばれたこんてない。ョドったかもない


履いていたローファを箱に詰めなして、新品のに履き替彼女。とうに嬉しそ技には思えなかった

が温り、お腹もよなって店を出た

すぐちゃう?

と彼女

や、どっちでも。でも も分楽しかったよ尿まで送るよ

神社境内にとき、彼女が組んでき

「ねえ、テルいこ」

Hは無しじゃなかったっけ」

「今夜はホまでービ金にまれてまど。キルさすかただしホテル代料金にります」

制服でも平なホ目黒に

彼女の案内反射照だけの いかにもなモーテル。

調の振動音だっ、ほんとうに雨したのかも覚えてい。


のあと腕のに全部忘れた

静か息。

甘ったの匂い



147 名前:70 ◆DyYEhjFjFU   sage 投稿日:04/08/20(金) 02:58
深夜に目が覚め、トイレ。

エビアンを冷蔵庫からひっぱりだしてガブ飲み。

冷蔵庫から漏れる明かりで彼女のバッグが ひっくり返っていることに気づく。


始まりは そんなに激しかったっけ?バッグを手に取って、散らばった中身をひとつづつ放りこんでいく。

ピンクのクマに化粧品に、なんだこれ、手のひらサイズのおもちゃのピストル、財布、ハンカチ、ボシュロムのレンズケース、ケータイ…


そこで手が止まった。

一枚のフロッピィが指先に触れた。

ピンクスケルトンの3.5インチ。ラベルは無い。

いつもなら気にも留めないんだろうけど、持ち主は10代の女子高生。おまけに可愛くて、ぼくの心に住み着きつつある その本人。

何も考えずに備え付けのPCを起動し、フロッピィを突き刺す。

カタカタと音がして、彼女の秘密が あっさり表示される。


メモ帳のファイルがふたつ。

エクセルのファイルがひとつ。


メモ帳はすべて英文で馬鹿なぼくには読解不可能。

エクセルのほうは、ケミカルっぽい ちんぷんかんぷんな英単語と数字の羅列。

結局のところ、ぼくには彼女の秘密に触れる その資格すらないらしい。


自分の捨てアドを呼び出し、内容をコピーして放りこむ。

それから友人のオタにメールしてエクセルの内容よろしく、と可愛い顔文字付で送付した。


ベッドに戻り 彼女を背後から抱きしめるその前にちょっと気になって彼女の手首と、太ももを調べた。

真っ白。なんの痕跡もない。


お姫様の寝顔は、お姫様そのものだった。


フロッピィのことは すぐに忘れた。

眠かったし ひどく寒くて彼女の温まった背中の方が、あのときは よほど魅力的だった。




>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:純愛, 泣ける話, 胸キュン, 青春, これはすごい, 相手の過去,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様