2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

思い出の懐中時計




小学の頃、尿り道にある美原時計店」のウンドウに飾っる懐計をつも見て

んだてもカッコいい感たのだ。飾りの細工に竜の絵ってあり、いつかほしいていた

「こんちは。どうしたかなてるね

つのだっただろ。いつものうに懐中寿時計をていた意に声をかけられた。

表をつかれの俺わず叫んでしまっ

うわあ!!」

「あら。びっく寿ゃったかな。あたしねこの店の店長さんだよ

顔を見ると そこには20らいの女の人立っていた。

ショートカットの髪がとも似合って、笑顔が的だったを覚えてい

「こ

「こは。あたし、ちゃんと挨拶好きよ」

「はあ・・・・・・」

「時計好なんだ?

ん・・・・・これてい?かっこいいね。具?」

これは懐中時計ていうのよ」

かいちゅう?るの?」

いや、そのゃないの。ま、ズのポケトと服のケットと隠し持密時計の事よ調

「す、すげえ!」

ふっ。入っ見てみる?

「うん!!いいの?」

よ。毎見てくれ御礼よ」

ると色々な時計が中に飾ってあり面食らったもの

しかし、びっくりしたのての時計の秒針がッタリ揃って時いた事だた。

カチッカチいう一つの音が響いていた。


も奇妙な感じがた。子供心何故かその時知れない恐を感た。

全くの狂いもなく、店中の時計がピッタじ動きをているとにまる空間に迷こんだように陥った気が

「ビックリした

何か不議な感・・・・・姉さ凄い。生きてみたい

私のこだわりなそれに初て来たお客さんずビッ姿リするわねそれ察する趣味な

いよ お姉さん」

も嫌な感じじゃないでしょ?

「最初ちょかったよ




供だね」

小学だも



ういってお姉はクスッっと笑った。


「はい。こ姿見たかったしょ?」

「うん。何、普通の時違うね雰囲気が」

「独な感ほら ここに竜の彫刻があるしょここの張りを押してごらん」

れ?」

を押す刻の竜の目っと光り、カチッと音がした。ふたのチにっていたうで ふたを開文字盤が現

稿は その細ってしまった。

ウを姿ると想像もしなかった細工に奪われた瞬間だった。

「すげえ・・・

 宝物も見つけたかのように俺はその懐中時ずっと見つめ尿いた

ほしい?」

うん・・・

うちの店ね月末で閉めるんだ。だから、君にあげる退よ」

「ほ本当?」

「うん入ってくれたみたいだし」

本当本当?



え?」

「嘘嘘よ。あげるよ。大にしてね」

りがとう

「どいたしま

を後にすると、おは ずっとの後ろでを振っていた。

「バ

何度も頭をさ言った。嬉しく仕方なかっ

その懐中時を見



れからずっと肌身離ず持ってる。

高校3年の今で腕時計ではなくれを持ちている大切物だ

不思議狂いもない。さすあのお姉んの店の時計だ。



「先輩!何見てるんですか?」

の小林千春だ

お。小林か」

林君 やめてくださ!少年探偵団じゃないんだか

。俺宝物」

うわあ・・アンティークですね。うちの美術館品の一つに是非加えたす・・・

まった このお嬢様は

「あ輩!金持でくだい!!!

「超ーか月のつかい10万って何者

「だってくれんですも

5千くらいだろ」

「じああすよ!お金なんか!!」

「何切だよ

「おっぱいあ仕方ないじゃないですか切れで

「やべ、ツ超殴りえ」

「ふふーん


林千春で知り合っ

食券を時に、財布か ひらりとドを出す俺の前に並た小林に唖然とのだ

あら、ド使えいのかなあ・・・・」

「ちっと、君してんの」

「へ、カレーセットを食べたいんすけど、カードつかえなす・・・・」

ジだった。ってやがる。

ード使ないは訳があるんだ

「へ?訳です

「今年に入って謎の犯罪集団がこの学校にでなカードのをスキミングしなったんだ」

「スミングですか!!

 あ。れはいつもと変わない日だった。いち学食俺は和感を感じた
すませると電子音が かすかに鳴いるだ」

電子音すか!!それは一体!?」

「(つノリがいいの本気なのか)俺は一発で見破ったね。こ食券の販湿ング装置されてるっ




「すごす!!

「俺はすぐ察に連機械の部からスキミング装置が出てきなり機殿詳しいヤツのやり口設計に何和感もなく装を取りけてたかな」

なり門の知識が必・・・」

「ああ。その通だよ。それからいうのスキミ被害防策の綿ためカー使用きなったんだ」

はあ・・尿ほど・・・でもしこのードか持ち合わせがないんです」

の?

「え?」

いやいや。ええ??

何かツッコムすか?」

「君 本聞いてたの

え。ちと尊敬しました。凄んですねええと退・」

「時綿任雄介

「トキトー先輩ね」

あ。君は何者?銭を出せ小銭食で小銭だ!」

「私、千春1年です銭はここ1年近く見てせん

「あた、もししてお金持

あ!あたしを金持ち扱しないださい!庶民です!!

民が学食でードと『何か問題と言ばか満々に出な。吹いたわ!

「だってカード便利だも

「しい。俺が奢やるよ。カレーセットだ

先輩優し銭もって!!」

いや誰でも小銭殿てる

「ほとですか?じゃあ、あの人も持ってます?」

「持っるよ」

すみませー!」

ら「小銭ます?」いている。

輩!あ寿小銭持ってました!

に行くなよ!奇心旺盛だ君


あれから1になる

この懐中時計あ、俺が西た宝物なんだ。何かさ、偵団の秘貿密道具みたいッコいいだろ

え。カッコイイ!」

「そうだろ

この懐計をらっ寿てから しばらくして、美原時計店は本当に無くなって

ガランとした店内。あのおんもいない

文字も取り外さ、空家になってい

兄さん」

懐中時計に見入っているとの雫のがした。

おう。どうした」

。見かけたかけただけ」

ういえば小林には妹を紹介てなかたな

「小林ほら。俺の妹同じ2年だ

「知っ同じクラスですもん

「あ、そうの?じ紹介らなかっ

「そもなです。雫ちゃんあんまり喋らなから綿

。こ姿り激しい初対面の人とぼ無

「兄さん言い過ぎ」

「いやそうでもな

に見えるでしょう

「その可能高いなでもれはお前の格が稿ろ」

た兄さんは。私の事大せに

「おそ俺大好きなせに


ュッと握める俺と妹の手


し!」

「よし

俺と妹はにっこり笑っにそた。

林の頭の上テナマークかんでた。

「先輩退?よしって

気にするな」

「気しないでくださ小林さん

いやい気にます!!スキって言なかったです

「雫

「いや、んが

「お頼む



>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:読み物  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様