2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

電車男+後日談(本人書き込み抜粋版)

 



葉にってた。特に買う物無かたんだけど

帰りの西車中酔っの爺さがいた

の車両には宿の端座って便俺と爺さ以外女性。

20代〜4代くな。

の爺んが、周り女性客達にみ始た。

最初い女性に絡んだんだが、その人ごい気強くて爺さんを喝して次のさと降ていった。

迷惑な奴だなぁとチララ様子てた。

んは次ってる座来てん中らへんに座ってる人に絡み始める

帯使ったらただじ退ぞ」

みたこと言ってビビらせてた思う。

さん´・ω・`)←な感じでし黙ってしまった

ばさのままじっと下向いて関わらないが良という感じだ

すると、爺さはまた訳の分ないことわめきつつ使黙って使わてりだよ」みたいとを言をおの顔に持っていって顎を掴んだ

俺はさすがにマズいと思、勇気を振り絞ってょっんだ

やめろよ!」とっと震えてた

俺、したこと寿たし。

簿爺さ聞こったしく、反応無し

おい!あんただよ!めろっいっるぎうこhほp

必死もう一度叫ぶ。そこでおばさんが「いいか大丈夫だから調

立ち上がったする

爺さんはようやく気付いたらの方を向く

「さからジロジロ見ってと睨み付けら寿た。

足で俺の座席の前までやっくる

あぁん、お前つだ?

「22だ!」

「俺なぁおヴえそいv

何言っるか分からなかったけど、大体「若いくせ生意気な」みいな感じのことを言ってきた。

「なんだ?やるのか?やるのか?

爺さはもう喧嘩腰だった

?何をか?警察呼びま

「警察でなんでも呼べじょふげ

うのたまりら、振りかざしてた。

元が狂ったらしく、に座ってる女手が

って平手がかすたくらだけど。

「キャッ!」とその女後ろ退い

俺は無我夢立ちんの腕を掴

隙におばさん達の人がさんを呼行ったのが見えた


の時、ぎにが付いた隣の車両にいた2代後半くいのリーンが助けに

揉み合う俺と爺さん爺さろか交いめにする。

「あぁ、わかったわかな若退に絡むなよ」

すが人生の先だった。刺激せずにな

さえら、君はりなさい」

り興奮してから、そのラリーについでに なだられまった

爺さんそのサラリーマンには全然脅しないでやり強いと思ったからなんだろ

は舐れてたんだな寿悔しくるヽ(`Д´)ノ

俺が座隣の女性が「迷惑ね」と、俺に声をけてきた

本当迷惑です」

気の利いたこと言えよ俺_| ̄|婿

しばらくすると車掌さんが来た。

りあえ察に引きすのでの駅で降りて下さいね」と爺んにうとたわめきだ

事件にすといことで、次の俺と、隣の女性と、おばさん達、爺さんが降りた姿

と車

「ちょっとお巡ん呼んでくから、そさえててくれまか?」

と、どこかに消る。俺と爺さと女性陣を残し

りにならねぇと思った

は爺さんが逃げなうに腕を捕まえいたんだがむんじゃねぇよ!逃げね!」とめきす。

周りの香具師ら助けてれなし…(´・ω`)

それかずっと逃げようとすさんをおまえてると ちょっとしよう、警察が2、3人やてき

「このお爺ん?」俺に聞く。はいと答えと、物凄い勢いで爺さんを駅員詰所に連れんで行くらも後にいて

こで全員の身分証明た後に

これ、事件します?」

女性問うと、員「いや、いいです」との答え。

応何もさてないとえておい

事件も、何か書類を書かないとないらしくて女性陣と応交番まで付いて行くとになった

その道中「いで大変ことに巻きですいませ」と性陣に謝った

本当は おさん達はもっ先の駅で降りるはずだ

陣はすよ」と笑ってくれた。

交番に着くと爺さんは交番の奥へ行される

わめきと警官の便が聞こえてき

たっり油やるかw」とお笑った。

調書(?をカリカてい性陣を見俺はた謝ずにいられなくなってペコペコ頭下げながら謝っ

時、黙ってれば こんな事になに済んだのに という思いの中いっぱいだ

時、お兄さたいな人、なかなかいませんよ」と、おばさんの一が言ってくれた。

われたな気がした。沿



、僕はもいんです

俺はお巡りさんった。

「はい、もうです。本当にありがとうざいました」

とお礼まで言っ陣も深々と頭下げて「ありとうござました」と。

「良かった、お前とご連絡くれませか?」と、おばさんの人が

俺はの持ったメモ名前と住所を書いておいた

「すいません…私もいいですか?

に座ておいた。

ると「是非、今度さいねと言

慌てふたいて「いや、いいです、いい」と言ってしまった。

すぐ「では、当にいませんでしげるように去っていった

あとで気が付いただが なんで俺手の連絡聞かなったんだ…_| ̄|○

俺、女の人に感謝さことたか焦っちまったよぉーー


っき、宅急便で若い方の女性から お礼の品と手紙が届き

品はテーィカップでした。手紙の内容はお礼でした

時、隣に座っいた者です」とたので確定しますた。

可愛しい封筒&便箋&すよ(;゚∀゚)=3!!!

なんかいい匂いるような気がす(;´Д)'`'`ァ

ダメか顔熱くなってきた。もちつ

うと…

文を用する

あなたにはとてもせられました。」

これく

ダメだ…

何がだか…

人になんか電話られん…_| ̄|○

ジでどすりゃいのかわかんぇよ(`Д´)ノ

ぐ電話すんの?えrfじこlp@

今、片手るが、ダイヤルできない

時の勇気以上ですよこは(´・ω・`)

プ2個ってれで一緒にみませんとか言うの?ゃー

話さから握ってけど、無理ポ

日とか…?(´ω・`)

21時までに電けらたらます…・ω・`)

今興退すぎだし…

向こうに聞こえいそう…

して何度かけうとしま

無理でした。

の時の電車の時りもずっとトキしした手はシビシビするし、は熱いし、心臓はバックン゙ッ

やっぱダメな具師_| ̄|

手紙は有じゃないんです?(´ω`)

手がない沿んじゃ(`Д´)ノウァァ

俺にあ時以上の勇気を

日は諦めま_| ̄|

みんなの意見じっくり読んで、明日に備えさせて下さい…

んか、泣けてき寿

まいの優退しさと自分の情に。

お礼一つも言え・・

あえず、スレの婿グを自なりにま明日何決めておきます

おまいらありとうと情け無いでご


と落てきた

こんなにドギキの初めてだよ…

_| ̄|


みんなと同じよも色々考えてまう

かしいやさかエンドスです


そっか…不可読はしない方いでねや

これも我が家のにせと…

ERMSって書いてあるけど。どの食器メーカーだ


メスってかの?

はブ

やっぱ高い

器とてるの?


俺もエルメス高級ブランドだってことは知ってたけどティカッ作ってるとはらなかったよ…_| ̄|○


日かけなきゃ


携帯にかたが、留電ですた

明日出します…

今まで無電話したこ_| ̄|○

は何より普通に礼がたったんす。

こうからかっててもっちかけます!

今、事から帰ってきすた…_| ̄|

帰り湿かったの

信、何も残しててくれ

今からかます


今、一旦終わりました

まだが震てま


お風呂らしくエルメスさ切らしてくれる感ったんでっちから、またあすよって言っきました

たあとでけてくれそうです。

ダメだ。緊張しす


誘えな

とりあえず、メッセのさなくてすいませ

今日もおこくなてしますいません

っぱ話もったての出れなすいま

んな素敵物もすいません

あの時は本当退すいま

と謝っおきました…

俺、謝っばっかじゃん _| ̄|

お礼にもらったカップのおってゃないですか

それっ大丈夫

声は普通でした。

「第っ、やっ繋がったって言ってくれので

分大丈夫ですか

ップの礼に事カップ礼に食カッのお礼に食事カップのお礼

きた…_| ̄|○

、「いかいいす」って言うでし

そう言われてしまったらエンドるってるんだー

訳分からなくなてきた_| ̄|

誘おう。

めしどこ たのむ

今、終ました

束取りつけ

 ま い ら 本 当 に   が と う

最初に向こうから電話かかっは午2時いだった

俺は今日早く上がるため昼休み返て働た。

着信に気が付いたのはそ1時間後。

っちら速攻でかけたど繋がら

あと1時にもかかってきた。

もこっちが仕事で出れず。

と17時ごろ19にかかってきたけど出られず。調

で、俺が帰ってきのは2時過攻でかけた。

確か最初やりとり

すいませですメスさんすか?

、や繋がった

たいな感じだた。

なかなか繋がらなてすいまん。

もかけて下さっりがとうした。

いえタイミング悪くていまん」



カッ日届き西

良い物をありがございます



というこを話して、まあの時車の中した

、あんまり覚えてない_退| ̄|

俺「あの時は本当いませんでした間取せてしまて」

エ「に大丈夫したよ。」

の上、先に帰ってった

「あに私たちもすぐりました

と、しあおばさん達と話してまし

俺「え!?」

「みんなで勇気青年だって話してした

色ん言葉使って話したけ味としては多分こんな感

ここから母親らき声が

「お風呂はいらないのー!」

エ「あ、ちょとすいません。(多分受話器を手で塞いで

あとでー!」

またあとでもいすよ。」

エ「すいませんではまかけおしますね」(最初大丈夫だって聞かなかけど

沿がかてきた

エ「すいませ待たせし

俺「すごく早寿った

ですから」

急がしまですませ

エ「平気ですよ」

な感じで俺に気を使わせなように がんてくた感じ…と思う

に誘うようを持っていこう考え

はおいておい 結果書きま


事はすることににりましたが場所時間また追っ決めましょうということ

みんなあとう

俺、うよ

キビはんとこ来ていです

急いで風呂か上がってきみたなのは急しまったこと必死に謝

「本当にいつもなの言ってくれた稿ど。

話の続きる。

彼女おばさん達は

「彼がいなかった何されてたらなかたね

助けくれ良かた」

通はぬ振りしまう立ちかっ勇気がすご

みたいなを話してたらい…

うよく覚えいけど…_| ̄|....○))

は「未に自分のたことが正しかったか分す。のまま黙も おじいさんしなかったかもないし

それなら皆さん警察沙汰に巻き込むともかった本当にすいませんでした」

れで女は

あな行動しかった

「本当に感います」

見ず知らずのの為にの危すなんて普通出来ないですよ」

「あの来事に話しました

と言ってく。もうあん覚えてないや…_| ̄|

「頂いたカップ、高価なものですよね

わせしまってすいませした」

いう感じでり出

いえいえ仕事柄く手に入るん

こちらこそ返て気を遣わせてしまったよすい

とエルメスさんは言う

言うチャンスは今しかないと

ップのお礼と言っなんですがかった

事にいhmb、fjgろp」

いっきり噛_| ̄|

エルメスさ



然だ



「えーと、事はどううか?走させて下さい」

よく覚えてないけど感じ

「お湿食事ですか

「はい。も良かっ…_| ̄|○」

きっと電話越しに頭を下げて

くても結ですよ

本当に大したもので…

だめぽ…という言葉が脳裏よぎ

そうか…」

の沈あった

「で貿は割り勘でらいいですよ」

「へ?

わず間抜けを出てしまった…_||

り勘言うと…

かってるのによく分からなかった

「ご馳までいので…どうでしょか?

わず

「キタ━━━(´∀`)・ω)゚Д゚)゚∀)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_)゚∋゚)´Д)゚ー゚)━━━!!!!」

叫びそうにた。

我慢しここスレに片手できこむ

にかくかっ

「本当ですか?西

すよ」

りgrftgyふじこ、ありがとう

みつつも必頭下げてた。

「いつごろょうか?

「いつKです」

2chなら「必死な」と言れんばかりに即答てた

「じゃあ土日方が良いでよね」

エルスさんの都合こうだ

はいっちも大丈夫です

でも空けるつもりだが

「それでは、どこお食ましょうか?」

「えーと…」

こでになる。

だどこかめてないじ_| ̄|○

は急いでスレ寿の情をか集め

レに送る

「こちらはどこでも構いませよ」

はい、じゃ

しっりしろ

スレる「なもの嫌いなものをけ」というレスを見つけも考えずに

「好きなものとか、嫌いなもかはあますか

ごい辛いはダメですねー」

「えー…じゃあ…」

こうけが過ぎていく…_| ̄|

の時に全めるこ

そんな簡単こと湿が付かないほ緊張していのか

「あ、じまったら追っご連絡してもいで?」

はいよ」

くないところ探しておきます」

はいw」

で少し笑うな気がした。

日というと、来週再来週辺 りでしょか?

「そうですねー。」

また近日中ご連ます」

「はい、お待ちしております

というじで一気脱力した_| ̄|

した( ゚д)ポカ

疲れた…_| ̄|

服にこんな金使初めてでしたわ

カの通の使い方しのも初め

髪切に6kどういうことですか…_| ̄簿|,,,,,,,,,,,○))

オシャレっぽくなりまたけ

は店員さんにら選だので大丈夫だと思います。

コンタクトって作るのに保必要なのね…_||

今日は荷物ずっと杉で家に帰ったしてしくましたよ…。

やっり変われた感じはしす。

遠くからたら葉系にはきっとえませ

でもで自分の顔見るとままだ葉系ですね

コンタクスイ


あとめたと事し

一応、スレで出てた創作食系のころです

やっ(゚д゚)ウマ-かったです

会社のイケメンの美容院初めって来たんですが激しく恥ずかしかた…_||○

でも床屋ではやってもらえなな髪になりました

こんな髪くしたの初めてだ

頭がふわふわるw

費が…_| ̄|

通話終了ますた。

約束り付け(;´Д`)ハァハ (;´  Д`)ハァァ (;´   Д `)ハァハァァハァ 稿.`;:.・∵  д:.`

もやっぱ緊張す_| ̄|○

「もし、夜分遅くすいm…」

「あっ、こんば

「おの件ですが、和でいですか?

い、結ですよ」

ぁ…殿かったで

「和んか調男さんらですね」

え、そうですか?」

「はい




「おめかししていきますが、笑わないさいね…_| ̄|○」

「えっ?おめかしで?」

「えぇないで下さい…」

そうですか?w じゃあもおめかししていますので

、気を遣わせてしまてすいません…」

丈夫ですよ」

こんな感じだかな

ちょっとシクったよ…_| ̄|○

、実はエルメス子と付き合いたいとか そういうところまではだ考てなかったりしま

「この機を逃したら生チャンス無いか

とも思うのも正直なとこです

でも気持に惹ています

っきも声聞い緊張また違っがするんですよ

ったになってしまう_| ̄|○

もち彼氏もいるかもしいし

れだときにった辛い思いす

んか苦いよ


今日は8時に駅で待ち合せ。

通常の家退から1時間で着く離だが2時前に家を出

案の定、1時間前に着くが俺はそこで1時綿待つ


約束の時間が近ってきた

時間って使女は現われない

5分来た俺はくから見つけた。

視界って来た時から、足で俺のところへ来る


すいませおくれてしまっ

開口一番彼女はそ



いえいえ、全然大丈f;、」

噛んだような気がす。緊張が潮に達してた

って、彼女。こないだ会ったより可愛もんよ…_| ̄|

おめかしてきましたよこの人…

こないだとは違な雰好でした

子らしいとうか。えぇえましたよ

そして俺は

ばんは、お久し振りです」

改めて挨



んばはこちらこそお久振りです。先世話なりまし

礼儀正しおじぎましてくれた

俺も釣て頭


そこそこに店へする。

い勢いでした。女の人と並んくことに

通に歩いてると、置いていゃうんですよ

くのが遅いんですよ。知かった

彼女のペース合わせて歩調をわせるのがんかこちないじにっても。


しかも、俺みたいな男と彼女うな女人が一緒に歩いてて すごく不自然じゃなか気になしょうが退なかった

りの人間がみ俺をんじゃない


店までの道中も女と話し

も、覚えてるのはかないかも


覚えのは

さんとなら車にね」

の一だった。

言われた瞬間にんか心ンドクンした。


女性車というの ちょっと恐いものらし

に朝の通勤とか。

こなだの爺さいなのるかもしれないし

でものと一緒なら安心出て言。「ナハハ」とか言なかった

なんか気利いた言えいのか俺は…_||



電車て、て店う。

近辺は物凄多い土曜

俺は1歩ど先を歩く感じだった それでも彼女がくなってか気にょうなかった

15秒くを振り返って確認てた

そういや一緒に歩くしても、いつもろを歩いんだけと思った。

くのってなん落ちかない


いやー、今日は人が多いですね

すからねー

言いながら沿人込みを掻きけるにして進


チラと振西りかえ

そんな落ち付子を見かねた

「大よw」

と言ってくれた。

「あうですか?

うで?じゃないろ俺…_| ̄|○

で、

。ちんと掴んでまからw

と俺の手首を掴できた。

驚いて思でしまった…_| ̄|

しかて女に触初めてかも

んでかあ柔らさは宿


「あっ、すませ

でもがビクンとしので手を離してした…

あっ、いやすいま大丈夫ですよ」

俺はの祭り

「いええ、急にんでまってすません」

いや、で欲しいんすけど。むしろ手をつn(ry

かった…_| ̄|○

結局、その後俺の手を掴は無かった_||.............○))


に着いた

、予約しておですり通れる

結構込でい中を入っていくのは気持(・)イイ!

席に着く

良い雰囲のお店ですね」

と言ってくれた

婿いですよね。好きんですよ

ません。今日で2回目です…_||


ーが来

「何か勧めとか

と来た。

に来た時にだ物を勧めておいた

に美味しいと思ったから。


ドリクを頼む俺が生グープフルーツハを頼むと彼女は少慌ててメニューを見直て、巨ーを頼んだ


すい飲まないと思っていたのでw

「いえ付き合せてしまっません」


理が来るまは何話てたん

やっぱり向この時電車中のてくる事

やっぱり真方なんね」



事とかは絶対い方なんですか?」

とかそんな感だったかな


が出てると

これは美味しいですね」

とか俺ちゃんと話盛り上 れてたのかな


らかた料理を平ら

さんは よくこういうお店に来られるんですか

切り出してく

食べる物無くなると、さあ話すぞって感じでっち見てくして

「実はこうう店に興味持つようになっのはごく最なんすよ



そうなんか?私はこういうするの好きなですよ

振ってきた

「最近はこうう雰のお流行ってんですかね

返す。ホトペーーで得た情報が役にた…か

彼女好み店なを語りした

女は色々オサを探してるのが味ら

女の子はみなそうなのかな?

でも近は一緒によく行ってた友に彼氏が出来てしまったらしく ほとんど行けなかい。

なので今回はすごく楽しめたと言てくた。


ようやくれてきたろなのに、店混んいた。

か微妙に騒がなってきた空気んだのか

では、そろ

言って、店員を呼ぶ

は席で会計するところので何だかからない事で期待し姿いたので内もう終わりた。

員が

「私大きいのかなんでとりあず払っておきます」

と、さと払っまっ


で俺が福吉をサッと出すつだったのに

「じゃああとで自の分払いすね」

っておいた。


出る行くとろもいみな雰囲気で黙って歩き出した。

の?で様子をうかていた

少し歩くと

「まだちょと時間早いですよね

と彼女は言




キタ━(ヽ(゚(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━!!!!



確かに計を見るまだ20時をぎたばだった。

俺は

「あの門限とか大丈夫か?」

と気かせりで聞い

ハッ」

と笑われまった…_| ̄|

でもたのでマル

「もうそじゃないですよ〜w でもありがとうございす」

ってきた。ちまった…_||


「私の好きなお店が近くにあるんで付き合ってもらって良いですか?

とキ━━━━(゚゚)━━━━!!!

「はい。全然大丈です」

一緒移動する

じゃあさっの食事代を…」

俺は割くらいの金額をした。彼女がそれを受け取ると

「ちょっと多いで

少してき

、こっちかったの…」

、受取っう様に言

「きないんでしょうねw

と快く(い分も受け取ってくれた。

っとしつこかったか



お腹いっぱいので軽ませられようところ

いうこと来たところは さっ西も全然オサレで俺なんるのはれない囲気だった

彼女は度か来たことがあるらし

というか彼女にお似合いな感じだなと思っ


、メニューを見ると彼女はワインとおみを頼むら

…頼めるよなも無か_| ̄|

結局ないワインズの盛り合せを頼んだ

洒落な雰囲気のお店ですね

と俺は彼女のセを褒めるように言った。

退そうすね。ここは結構好なお店なん

と楽しそうた。

俺はちつかなけど_| ̄|


店との話も尽ころで

そう言えば、よく能人に似てるわれか?」

よく考えら俺能人なんいの

「えっ?あまり言われたことないですねw

も、友達よくンにて言われるんですよw」

は芸能人ゃないだろ…思わずッコミを入れになったがこは耐



俺は同意じりの雰囲気言う。

ムー…似てる・かもしれな退い。



ワインが入ると少し酔ったかのように思えた

俺も少酔って


話は またあの時事に

「あの時、ど気持だっんでか?」

かなか、いるのか少極的質問になってきた

「もちろん恐かったですよ。尿

まやんけ自分…_| ̄|

ふと

「世性はみな電車さうになっしい」

たいな事を言

は( д゚)ポカーンで意味が分からな

自分んみいになりたいですし

なんよくからないが緊張して

その後、上司や周りの男は特に俺を見ってしいとまでい出

俺は照れる事し出来ない。


間がもう22を過うとしていた。

俺から話を作るが限界にて来のを悟っれない

会計を済せて店を出た

この丁度半分くらい割り勘だった


に向かって歩いてい

まだ一通りは多い

議と駅まであまり会しなかっ


緒に京浜線に乗方向は同じらし

「じゃあ私は次ですので」

あぁ、ここに住んいつつ

「今有難うござた」

「いえいえ、こちらこ


ままではわってしまいう思いがてき

次に繋げくてはと思っ言え_| ̄|○


電車減速しく。こで終。でもそれでいいか。

と頭のがごちゃごちゃに。ドアが開い

それでは、おやすみな湿

と彼女が電車を出る。駅に降り立っ

俺に振り便えって手振ってくれてる

ドアが閉まる。その寸前

また電ます!」

思わず叫んでしま

聞こえてた分からないど うないてくれたがした


俺、また会いたいって言おうとしたけど言えなったんだよ…

相手目の前たら言えななったのさ…_| ̄|



おk!今から

がりませんでした(´・ω:;.:...


よしき




といかみ

結論ら言と、束取りつけ便ます

話がさっ彼女から

最初のやとりは…


「さっきは出れ貿なくてすせん

「すいません、お忙しかったか?

いえ大丈夫ですよ


こんな感でした

の後、改めて昨日のおをしました。

それで、際に思わず叫んだの聞こえたかどうか確認した

一応聞えてたみたい


その後昨日一いと言っていたで もし良け分が一緒とい感じし出

はい。全然大丈夫でよ。ちらこそお願す」

諾。

俺はをな

せん。本当は昨日のその時にうと思てたんすが」

と言

、実はカマたんです

すいせんく分からなくて…


( ゚д)ホカーン

スレにあった通り


それ次は彼女が行きた店があるらしい行く事に。また来週か来週に。


 ゚д゚)ポ


さて…まいに行きか…_| ̄|

買いたか物全スルーですよナハ…


あ、ツしました(・∀)b

エロゲはあまりいけど普通のやりますよ

ドラクエ5はスルーか…_| ̄|○


年齢は結構謎なんすよね。

23〜5らいでが、雰落ちつっぷりというか 余裕みいのがその年齢にせま


日はマトックスDVD入れる為まず買ました。

あえずDVだけも入れば良いと思ったので今までに買ったことが無小さのカバンでし

いわゆるトートッグですね。

買っち合使直行



待ち合の場所には30分ほど前着きた。

その場で30分待ちます。

女は回もちょっだけてきた。

今回可愛です。萌えま

ーパン生地の上着と、とピクの2カートした

んか一段と若くなったような感じす。


てかイン━━(゚∀゚)━━━━!!!

れは俺のこものsjぢおういおうおいうげふじこlp

回よりも化粧合入ってし…(;´Д`)ハァハ


ん、遅れました」

走りに

全然大使夫で綿


友達は更れそうな二人で先に行く事に


は店までは彼女が案内してくれので少し後ろを歩くように意識してた。

日も人便はぐれないように注意しながらその間にもちょっと雑談

くまで付しまってすせんw」

メールのことだな とすぐ分かっ

いえ信遅くって…エルメス子んはメール書ですね」

これでも遅方だ行っ いた。

のメーでのやりとりで花粉症の彼女は花粉のことを気にしてい

ないよ飲んたらし


彼女がに前歩いてるので話ている貿俺に振りかた。

で、彼調ちょうどりかえった時にあるのポール(が彼女の前ってきた

女は気付い沿い。

あっと言って。思わず彼 の手んでしま

「ん?

「ぶつかりだっので」

「ごめんなさい、薬効いてくるとボーっとしきてしまって。ありうございます

で、ま女が

で歩いてしょう」

言ったので

、は

と少出た。し気使え_| ̄|


着くと

電車さの真似をしてみま

え?

一瞬なんの事からなかったが、予約をしておいたらしい

西予約かはないだそうです


いわゆるアンでした

っぱとかスパゲッティ

とりえず先に頼んじゃいましょか?」

「あ

ここ店は一の料理をみんなで取り分ける

車さ好きなので」

「いやいや、悪いので」

言うが、正直写真が何が何だか_||


そこめんごめん」性が

彼女が追いついた

お待たしてしまってすません

ちょと息を荒くがら俺謝っ

「い然大丈夫です

友人はエルメス子さんよりも活発そうな雰囲気で服装女よりちょ派手ぽい感じで


「まだ、メニュー決まってないん丈夫です

あぁ、良かった

そう言彼女隣に

もはじめまして

こちこそはじめまて」

と軽く自己紹

「お話は色々いてますw

と友人が含み笑う


食事のメニュで話し合いがら決めた

「電車またれるんですか?w」

と彼女がく突っ込貿くる

人がいるいかちょっとノリが変わた気がした

あ、はい。じゃあw

俺はルのでおた。

二人はンだったけ…_| ̄|○

空気よ俺…_| ̄|


料理が来るまでも、3人で弾んだ。

しかし友さんよく喋る…w

結構白いじの人も比的抵抗無く話せる。


料理が来る友人の質に俺が答る感じだった

電車の中でのこととか、ないだの食事のとか

「へぇ〜、仲良くやってみたいすねw」

ともからたりもす


料理がも、人の勢いは衰えない

彼女の方もよくうし

俺がらない数あったがとりあって

ばかりなので話題を振ってみ

「エルメス子さは緒たまに似てって言れまんか?」

緒川たま?」姿

人とも緒川たまきをらないら

「女優さんです

「あかそうです

「誰だろう?見れかりそうだけど


人の話による殿、ゆうと国中涼子を足しです

〜」言ってみたもの、両方とも顔わからん湿…_| ̄|


「電さんは誰に似て言われ

やーも似言われたことすよ」

自分ついの話題はちょ

「ちょーっ退とELTのギタ?」

Tにギターっていたか?_| ̄|○

とりなかっこよくない否定おき


あとは映画の題ですね。

こでマリックス1〜

とうごいます〜」

「ちょっとストーリー難しいですけどね」

「分からないったら聞きますw

「ははw」

からねぇ稿…_| ̄|

しておこう。因み彼女人は1見てないらし


二人はロードオブザリお勧めだ

はこちのしか見い…_| ̄|

と、(名失念


の方も誰かに似てるという話したが

涼子とYOU覚えるいっぱいいぱいでした_|綿|


ちょっとお手洗いに…」

俺はトイレく…イレどこだか分からない

店員にも聞たがイマイチ分から、しばし店内うろ


用を足して席にると

「あの…もして電さんって然ですか?

また言わた…_| ̄|○

「たまに言われます…_| ̄|

、しちゅうじゃなくて

友人っ込みがしすぎるよ…_||○

ルメス子さんは笑ってました

「話は聞いたけ、結激し目ですよね?」

と更追い討ち。

話はいてたどって何よ

後に

「そうう人なかいら良い思いよ」

とエス子さんが湿してくれま姿

周りにはないタイプですw

計な言を


なんかもっと色々話たはずなんだけどに何かあったなぁ…

俺の分からネタも結構あ


時を過ぎた辺りで友人が帰る事になっ

明日もら仕事らしい

ついに俺らも店出る事った

因みに会計は割り勘でした婿

「それではおまし

友人はお酒も入ってるほんのり顔湿も赤い


人にったところ

「も一件行ますか?」

いいですよw

度は俺かった

動がだるかったので当に近くのみ屋に入る事になった。

寿しくていまんでw」

えいえかったですよ

彼女が謝る、俺は然気にしな


れてきた…_||○


稿の仕年齢話もちょっ便としまたよ。

二人とも結構稼いでそうな仕事でしたよ_| ̄調|

は俺の気を

「ちょこっちが上かな」

と友人


セッチッスもしてねえぇヽ(`Д´)ノ

いや本当はしたかわなすんだぐhじこ


あとた映画たり次の機会に行く店の話もしてた

しくファショ話も

俺は全然分からので

「全然詳しくないのでこれ勉強しようかと…」

なんですか?そういえば最た時から随分雰囲気変わましたよね?

と突っ込れてギマギする。

ここは正

めて女性と食事する事になったので稿慌てて準備したんす」

状した。宿


そうだったんで〜」

り気にした子では無かった…と思う

「私んなにファッションとか気にしてないよ」

そりゃ嘘だ思わず突っにながここは


時間も遅くなってたの、店を出る事にする

いだのように帰りはまた無言になりがちだ


りの車は東北線

車両には酔払いも ちらほらいる

彼女はそれを見て、俺を見る

「あ、大丈すよ」



深い意味は無いんだろうけど


こないだのように、彼りる

をヒラ振って

またールしま

「こっちも書きます」

おやすみなさい」

が閉まる


家に着いてから攻でCを調上げメラー起

今日のお礼と家に着かどうか短く送と すぐに返ってきた

ありがとうござました。こち今帰宅した〜

また美味しいとこ食べにきま♪」


こんなところで(´ー`



んか珍し朝早ル来たと思ったら

「痴漢に遭った」と。


凹んでいたようなのでメールで死に励ました。



自分がいたら絶対そとさいのに」

そういうにはいいで

良かっ一緒通勤しか?

出勤時間とか駅とかの関係でやっぱり難そう

いう感です


今起ました。そして美容院予約完

同伴勤についは今日話し合うつもりで

問題のは、彼俺の降りる駅が線う上なり離れてるので、彼沿まで付いて行ったら遅刻るんですよ

要する どうしてもに通るなら お互い早起ですよ。

そして早くしたらラッシにも巻きこまれ悪寒…_||○



です。只今りました。

家まで送ったの すっかり遅くなってしまた…)

今日本当疲れ_||○


方に合わてたんです容院の予約がにしか取れなかっので慌てて備してーり早くを出


美容院に着いた、またの人ってくれ

「今ートですか?

てきた

「えまぁ」

と言ってやり(´ー)


間までかなりるので、久し振りに稿

もう何もえなどね…_| ̄|○

しかし絵売ちゃんにお兄さん秋葉っいですね」と言われたが収穫でした(`ω・´)


一通回ってい時になってたので待せ場所

15分前着いたけど既に彼女待っていた。

小走りで女の元


ちは」

っ!?今日ですねw」

と軽く挨

はい遅れので今日こは早く来つもりでいたそ

日の女の服装は春らしく薄着でし


く、ズンというまし

ぁ「ちゃんと食べてるのたいらい足細いで

短い袖の可愛シャ?みたい簿てました。

腕も白くて細かったすハァハ

、薄着ってい(´ー`)


早速、店へ移動開

今日も街は、もうと人大杉で それを二人で掻ように進んでい

はちょっと後いた。

やっぱも人多〜」

女がぼやく

夫です。ちと掴んでんでw」

は冗談っぽく言って彼女手首掴ん

「あは

掴また手見て笑って

じゃあかっり付いくださいねw」

へと歩いていく。

手首細かったなぁ…`)


俺はの手首を掴んだま

信号待ちに差しかる彼女がの手を振り払って逆に俺の手の平を握ってきた

「この自然ですね」

微笑かけてくれた

なんかもうびっくりして俺どな顔してたか分か

女の細くて、便たくてらかくてちちゃんです 

今でもあの感触忘れませんね。


ばらく歩てると、緊のせいか俺、に汗かいてきしま…_| ̄|○

れでに握ってれて有難う。



今日の店なり風変感じでした。

ホラーな雰囲気で

「ここも前からたかですよ〜」

いう事。自分はやっぱかなり緊張しま


でもかなり(゚д)ウ-かったです

段も そこまでなかっですし

み物は彼はカクテルを頼んで

あ、ゃあそれもう一

俺も同じものをんだ

カクも飲むんです

「いや、同んでみなって





こでトリックス3巻を受け取る

も話したど、また感想やにつ語り合

彼女はキアヌ萌えです。俺はスミス萌え。

のキシーンはや

((((;゚д゚)))アワワワワ

いうじで見入っていたそう

で、結局てしまてヽ(`Д´)ノウワァァ

俺はの様子をて(´ー`)モエー



と例の勤の話もしました

その話になると見る元気が無くきたのでわず何度も「大丈すか?と聞てしま

結局時間関係で難しそうなので今回は流れなりました。


そこぐぐった痴漢対策のを出力しものを渡

も読んだので頭で重要な部を説する。

彼女は何度も「有うごいます」と度も下げてた。

も何故か釣られて頭を下


の予が迫ってきていたので少し早ったけど店を出る。

回もでした

「そろ御馳走させて下さよ」

また冗っぽく言うと

「ダ殿メですw」

サラと流され`)



店をると、また手てきたの俺も彼女の時は何ずに。

俺も特に何も言わなかっ



の店は少し離れてので電車移動

符を買っ尿するとか、改札通外はずっと手を繋でたかも向こう




「こうし一緒に通勤出来と助かるけどねw」

尿ょった雰囲気━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚゚)ノ)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

にJRがです


に着いて動。

出る時、今度はら手差し伸べると

すいませんw」

「いいえ

とおずおずと握ってきました(´ー`)


なってきたよマン…_||○



度のせはカぽいとうか お菓子とか甘いな店した

ここ綿も彼女らチェキした店だそうで


ここで女とじカクルを頼むと流石に笑われましたw


は普段、甘い物とか食べない退ここのは(゚д゚)ウ-かっ

ちゃん味しい思え様に作ってあるというか男でもススイ食べた。


ァッショ関係のしました

というりも一方的に聞かんですが それと、どんな服がいいかとかアドもも


話に夢中にっていると あというラスーダーのになった

閉店まいるもなんなで、そこ出る事した。外はし寒かった

もう通り夕方ほくないのではぐ心配も無いが どらからもなく手を繋い



帰りの中でも元気が「お疲ですか聞くと、黙って首を振った。

今までに無い仕草だと思った

ちょっと酔ってるんですよw」

「ほ、本当すか?」

になってしまう


と、沈黙がまたいてが無さそうだったので俺は屈で、うつむな彼顔を下か覗きむとは目をパチリ

「うんて空元気を絞って

その表情に思わずしく萌える


女が降りるが近くなっところで

「駅ら家までどれくら歩くんですか?

と俺女に聞く

0分ちょっとですね

「じゃあ、ていきますね」

え!?悪いんいいですよ」


、こんな感じで断られますたω`)


彼女の降りる駅に着いた。俺

「じゃあまたメールしすねおやすみい」

挨拶するが、彼女はそっの手引いてドアのを引いていく。

いう感じで、そのまま引っ張られてい


で、結局人で駅を降りてしまた。

申しなさそうに

「やっぱり家まです…


おねだ調━━(´∀`)・ω)゚Д゚)゚∀゚)・∀) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_)゚∋゚)´Д`)゚ー゚)━━━!!!!

もうその表情うでした

、大丈夫すよw」と俺は快する


札を出ると、まどちらからなく手を繋

駅を出て5分もに出通りも少なく

綿かもいところも多いのでない雰囲気思った

「今度から送りと言うとは黙てうなずてくれた。


更に歩いただうか。家の前まで来た

…結構良い家!?と反射的に思ってしった


「ここです。こんなとまでうございました」

と彼女は深々とお辞儀をする。綿

「いえいえ」

俺も釣らる。

に着いール下さいね」

「あ、はい。また明も」

たまには話しましょうw」

「そうですね

家の前

「あ、電車終わっちゃいますね

と彼てくれる

「はい。きまね」

と彼女離れて、最後離れ

いて振える、彼女が手振っ


こんなとこ(´ー`



話終

えーこうの家遊びに事になりました

しま

着ていく服ねーー11

とカップ持って


れてたけど、昨日カプ話したんだっ

使う機会無い」

れをさっき話してて

「暇なんで来ません、お茶入れま

いう感

ー浴び

あと夜ま両親いっ

服無い


攻で支して行ってりました。

駅か道はんど真っ直ぐなのでした

門の前に来た。緊張がまる。インターホン鳴に2分使かっかも

意を決してボタンを押西す。

「どちら様か?

「あ、電車です」

「はーい、今開けます」

のやり取りの後門の向こで大ドアが開い

っちまで来て門を稿開けてれる

こ、こにちは

うぞ上て下い」




に入ていく。

彼女の服宿は部屋はなかったが、結な感じだった

オサさは高いと思った。ラフなの`)

「急にってまっすいませした

と彼女謝る

「いやぁ、どので

中はやはりうとは違う。良するし

居間(客間?)まで通されるとワンコタンてくれた

がま可愛い(*´Д*)ハァハ



しばくワンコタンと戯れる

広くてて綺麗だ。うち便居間いしw

「どうぞかけていさい」

、俺は大きなファーに腰ける

お茶れますーヒーとっち好きですか?」

「えーじゃあ、紅茶でお願いします

俺はってきたカップの箱をテーブルの置く

「本当そのままだんですね

は緑茶しか煎いんですよw」

「じ、湯のみの方かっ

「いや、全然。これはっておきますw」

と冗談を交

「では温めきますね」

と彼女はカップを持ってキッチン行く。

てトーにーを煎宿道具を持って来てテブルに置いた。

因みにこの時前かがみになっ

服の中が見ますた(;゚∀゚)=3ムッハー!!!

ピンクでし


ものあります?」

つかの紅茶の葉れ物を俺に見せる

「紅茶は午茶し…_| ̄|

「じゃ○○かな?」

なん類を言って、それをポッ

次はてきて

透明のポに注いでい

がフワーと広ってくのが見える。とか彼慣れてるな

「ちょっらしておくのがですよ」

言って、一旦のを止める。

もう一度キッチンに戻ると、今度持ってきれた

これ、昨日母が焼いてくれたんですけど…」

と、フィンが4きた

それと市販のクッーっぽいものもあった

わざわません…」

は頭を下げる

便茶をれ終わると、エメスのカップが俺の前につにこのップを使う時が

「砂とか入ますか?」

と砂糖との入った入れ物きたが

あ、このままで

「通ですねw」

「そんなないで

談を交わしつ、遂にカッに口を付ける

紅茶って、コビニにるペットボトルのしまないけど こんな美味物だは思

しか これにマフィンとクッキーがよく合う

なによりこのカップで飲んでるのがだろうな

私もりてもいいでか?」

あ、はいぞ、

女もの分を れよした

「あ、僕よ」

「いいですよw お酒じゃなですしw

西まぁ

ポットを手に、彼女の分を注いだ



彼女もカプを手にって、ゆっくりと飲みめる

仕草が絵という、見ていて貿感が無い

すごく自だった。



ばらく茶とかおの話をしてい

度からは自分でもようかうと言うと

めのメーカーとかお菓教えくれた。

ちゃったど…_| ̄|

よく二人とも無言になることあったけ それも自然な雰た。

「休日は いもこうして過ごしるんで

と俺が聞く

いつもはっとロゴロしますw」

笑ってくれる。

、僕もw」

んか こういつもとは違ってとにかくマターリしした


「こんな休日をす尿すのはめて。でもいいです

「あはは

と雑談。

り、茶と菓子を平らる。

局3しまった…

ワンコタンが構て欲しそにしていので手きする、近寄ってきた

うさんなんでね」

というか人懐っこいだけなんですけど

に人懐っい犬だた。

は今まで動物にこんな好かれた事無いし

「この犬てディズニー映画の…

「○△□ですね

かわいいっすー」

俺はじゃれ合っているうちにこいつが気に

「気に入られてるみたいですよ

僕もの子好きかもしれないですw」

ペットにいて話してた

今日はつまらなくません(´・ω:;.:...


「こってエスさ屋で?」

ぁ多分違んだろうけど聞い

はは違いますよも散らかってのでせんw

と爽やかにスルーされました…_| ̄|

、俺の影響でソコン買おう思ってるらし

つーか持ってかったんですか。

とりあえずPCで色々た。

そして、一緒に買いに行く事に(`・ω・´)

そんんなで時間がぎていく。

「あ、そろろ親御さん帰ってきません?」

「そうです

「マズいすよね

夫で

( ゚д)ポカーン」

親には か話してあらしいです…

末によく会ってたりとかしことも

今日家に連れて来とまでは言ってなかたらしいですが別家に連れ込んくらいは怒らないとの事

恐いのでっぱりおいすることにしました。


は駅送る言ってくれたが帰りが危ないのでらなでいですよと断りま(`・ω・´)


告白についてすが、会のは日で5回しタグ的にどうんかなとも思

そして何より「と言う勇気が無んですよ…_||○

みんなどうやってんな勇気振り絞ってんディカ…



く告れよ>電車


そのこと考えますよ

なんか、会ってずっと親しくしてくれたくれてるんですけど

やっぱり付簿うとなる俺って どうなんだろんで

なんか然釣り使わないしな…

でも このまま告しないると どうなるんろうとます

っと友達まなのでしうかそうなんでしょう もしして、ダだったら距離置かれちゃいますよね

ら せっか良くなれたのにもう会え簿りしそうで恐いです

ダメだったら俺が女にせる顔がないよ…_| ̄|



彼女が来両親腰抜かすだろう(´ー`)

も俺の改造ないとべない

庫で借りすかね


返信き稿ますた。

ネットメールが出来れいいそうです

予算は20くらいだそうです

持ちだ

ートがいいそうすよ。

でとりあえずィンドウズ

DVDは出来くてもいいうです

して

くれだそうです



今日ノアーとか紅茶について々メルでしました

彼女は紅茶党らーって言わたら どうしよう思ったそうです(´`)

し次回会うは連休明なりそうな

具体的に言うと52週でしょうか

連休中忙しいそうす(´・ω・`)



どもです。今日収穫がったの報告

ールまず、服ファン)の話から

くなてくると薄になて体なくるから嫌だと彼女が申ていまし

そこで俺、あなた細身でし体型隠れなくても全然おkですよ。という風に姿の話にな

、友人「そんなに細い色気が無い」とか よく言われるそうです。






いつまでこんな体型だら彼氏も出来ないんでしょうか〜(×_×)


リー確定しま

「あんまそのにさせないさい()」

全身で その気にさてき(´ー`)

「少なくと私にはテモテ



とりあえず、人段落しま

なんとか、会う時が決戦になるこは必至

お互考えてことは もうおいに分かってる、分かしまった。

じなので。あとは直接会ってそ確認で


「いつまでも こん体型だから彼氏も出来ないんで(×_×

まずはこれに対してフォローで

メスなら痩せてても良いと思ますよ

退の男が見る目無いとか)」


これと分は型、性格、婿服装、顔がので

いつまで経っても彼女もできません(×_×)


とい感じ返しました。

その後の

「あんまその気にさせで下さ



くとも私にはモテモテですよ」

タ━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚゚)ノ゚∀゚)ノ)ノ)ノ)ノ━━━!!!


れに対

その気って…なんのでしょうか 経験がゼロなっぱりわかませ(笑)」

ルメスさんも少なくとも僕にはモ

と返す


さら彼女から返

の気」ですか?これって際に会っ説明した方が良いのでか?

に冗談調さが消えたの面か伝わってきた

思わ携帯を握る手汗が…


対し

言えないすか?なんだろう…

それはもしたら分もあるも…

今度言い事…」


た。


婿ぐに彼女から返ってきした

でも(笑)」



なところ×_×


女は29日から旅行調だそうです

4日に帰っ、5日にっちえま

帰りで疲ると思ので無理強いはしなうにします

しか簿、髪長くて眼鏡けて

服も適で週に3日は秋葉に出

ムやってアニchってただけの人生だんだよなぁ

ここ近、オサレして外出すのが楽しい俺すよ…



今日

「早く会い婿ね」

とおにメーしております


それと来年のGWは一緒に過ごす約束を取り付けました(´ー`)


えと…定を聞かれた訳ですが…

何も無_| ̄|


正直に同人イベント行くなんて言婿えないよな_| ̄|○

とりあえず買いっておきました

嘘でないですよね

もななぁ


「え〜!女子とい物です

どうしたものか…´ー`)

あえ簿

「買い物はいつも一す」

と返しおきまし


き合う事になったらヲタめなくちゃいのか

趣味

ルメ

になちゃう…(×_×


彼女にヲタやめて」って言われば止めれるかもしれなけど

そうじゃなかったら正直やめられそうにあり

エロ同人は理解されないか…_| ̄|○

ロリは買


電話してきます


ました。ではいきま

先程通話終了たが

話色々聞せてらったん

やっりなんだか俺んかお付き合いしたい簿て思っちゃいけな

そういう人なんだなと改めて実感させられました。


っち海外旅行だった

彼女が海外で外国語を駆使優雅時間を過ごしてる間俺ってたんだろ…_| ̄|

イベンても同人誌わなかったぜーとか浮かれてましたが…

れがなだってうん_||..............○



あと決になるどうか怪しくなってきましたが

う日が決まりました。週末なり


正直、自信失_| ̄|

ーバースペックだったのさ…_||


う事なって彼女を満足させられる恋愛関係をつこと俺のスペックでは不可能で

同人誌やヲ味を捨てるとが すごいなどと勘違いしてましたが、そは彼女に嫌われ為にすで好かれる為のゃなんだな感…


末は駄目で元々('A`)ヴェノ


もでうやくさき帰って綿ました

所行っれた…_| ̄|○


土産手に入て、数カ所下見行っ、ちょっと秋葉寄って

も彼女とメルしですが

ートの見にます」

と書たら

「(^3^)」

んな顔文字婿(´ー`)


万端。あとは決戦日を待ばかです


先の写メールで友達と一緒に寝きddrww3じこ

みに今も寝巻きゴロゴロしながメールしょこbヴぉ:lfn

それ送ってくれと書い駄目言われてまいました(´・ω・`)

しか

メールもらうの当に嬉んだけど こっちの像送のはマ大変だ…

、家じゃボサボサ眼鏡レヨレTシツジージだか

何かあた時にり溜ておかないとな


実は部屋はる程度片け始めて

ポスターもこだみんな友達あげてしまったし…

プラかフュギ片付けたりあたりしてだぶ減らですがモノが多いので処分しないと無理ポ

トリアーエ、自分の中では実呼ぶのといことFA出ています('3`)

っていうか彼女はのことしか思


うん、なんといでもなけれ男に「早く会いたいですねとか「声から眠りたいわない訳ですよ

うん、間違いない(´)


ってもう今日ってですか…

と3、4日_| ̄|

な汗かくんですよ…

だに「壷かも」っうこともあますし


女に会ってから安定んて無いです…

彼女を基準に喜一させ

ち合わせしてたん婿

Cを買った後に決戦の地都内某所に行くことになりした


あとはやるべきをやるけか

本当うなるんだ


なんか そこ戦の地といことに付い貿るようで

こでならせそうですねとやる気満々で


なサ

なんかこまでこれたが未だに信ない

これまでの人生ってなんだっんだろか思う。


女性関係につは嫌われることはあっ好か事なんて無かった

なんで急に稿

正直調ぬまで童貞独身と思ってたし。

てまだ脱出来るからないんだけ

急にな物事変わったりする事ってあるんかな


ーダメだ考えしまう

念を捨てね


お、

待っ尿よ。おまいにこの想い、全て叩き付やりますよ…(´ー`)


風呂から上がり

度が終わり次第出ます


これまで長かったような短かったよう夢なか現実なのか

不思感覚、正期待と不安が半々ですが、やるきことって婿


今日は分、自分の人生を左右する日だろ

これまでの暗がりにいた人生から飛してみせま


みんなの気、し受けとめました

必ず決めてきます…(´ー`)


いってきます!


ただいま(´ー`)


今日彼女家でち合わせ

の電車の中ではずっ白のイメトレーニングし

告白の瞬間を想像す、ジワジワをかような感覚になる

それでも家にくまで繰した。


家に。前回よりもンターホンを押が震えて

ばらく押して、ゆっくり離すと応も無アが開けれた

「こにちはー」

中か女が靴をトントンしな出てきた。

今日も萌える…(´ー`

人会違う服着てすが一体何着持っるんだろう…と思

も、薄ンク多いのかな?

似合うからいいけど´ー`


乗る

ハンドルを握る手少し頼りないけど真っ直ぐ見る横顔が綺麗だと

因みにいい車です。

ンのがすい静かでも独特の匂いがあまりし

「シートベルト、して下

うとり発した

り出すと彼女しい運転だと思

発進車は すごく緩や優しい。

が良かげなのかもれないど。


れじゃまずCを買に行きますかと道順を教えな退ら目的地にう。

この時、段は恥ずかしくて視出来ない顔をう存分眺てもらいま

信号待ちにると、視線に気付いて

「うん?って小首か尿きてそれで萌え死に

綿、なんもないです

言うがきっと顔ニヤけまくってただろうなぁ(´ー


連休明けという事で道はすいていたと思う

地の近くの駐車場

駐車するところをめると、ィーとバック車をる。

後ろ然見ないで一で入れる辺り結構手慣れていると思っ

「駐車上手ですね

と褒める

「この車じゃないとダダメでけど

こと


駐車場から出て、歩き出す

歩道もよりかはが少なくで歩易い

出し、少し経てか彼女方か手首を た。

ぐに俺は

「不自然なので」

とその手を振りほどいの平をると

、自然ですねw」

微笑みかた。え死

ると、向こうギュッてするんですよね

これがマでい




因みに店の中で手を繋いでですがなんかこっかしいのでね…(´ー`)

ノーーにて、俺がを付けていた機種をいくつか紹介する。

いつものそうになったがこ我慢

の兼合いで「うんこれかなぁ」番オススメた物を選んだ。

それと、ムも適当繕っイダパンフもった。

会計はカード。カイ、カコイイ姉さ

員さんに持っていけるようもらって荷俺が受け取った

あっ、すいまん」

「いやいや、重ですから」

と両手Cと調デム持つ


に出たところで、彼女が荷物から奪いるようにして、方の俺の手握ってき…(´)

に戻って、荷物トランクに入れ

ランクを閉める、彼女がP稿Cを持っていた方の俺の手を

「すいせんでし重かったですよね

と俺にではなく、俺手に問いけるようにし取っの痕付い俺の手を両手でみ込んでさってくれた。萌えs(r

殿荷物を方の彼女のすってやりした…ー`)


駐車金を払おうとしたら、やはりか阻止れました。

駐車場から出るとお腹空きましたね」と予定通りに、めていで食事をすることに

地までり出す


今宵も彼推薦の店で食事だ。

なり暗い店応接室にあるよ低いソファーでマターリしながらるところだった。

俺は緊張したけど…_| ̄|○

今でもファミレス、吉外は張し


ここでいくつかお土産をもらう。アクセサリーとかかな

よく見ると…「HERMES」が…

「こまたまた高価もの綿

「向こうじゃ安いんですよ

と言う高価には変わない…

度もお、付みてくれと言われた付ける。

これはネックて言うかな?

それにしては短い


手間取っていたら見かねたか彼が付てくれた…って胸が顔にくっつきそうなんですhkvjpbjれ

つか匂い…と思った。

「よ似合いますよ」とパパチしながらめてくれた。


で、女が分の首差す…

おそろいですよ

氏んだ


産をもらったところで ま旅行の話をかせてもらっ

こう人の食べ物文化とか、言葉ついてと

行っけでも すごく強になるらしいですよ

なん行なんて修学旅行以来にも行てないとうとれました(´ー`)


店を出るとなみに今日でし

プリ撮りましょう

彼女う。

俺は一瞬ことか分からくて

(?_?

という顔をしていると、手をっ張られーセンへ

ラをしい

直、苦手

コインをれると際良く作する

ちゃ作ってくさいね

え!?」

てふいている間に撮てた


出来上りを見みると、俺どこ見てるか

は しっかり顔作ってまし

「ちょっだけど、念ですねw

と俺に半分くれた。

っとリクラ好きになっ


に戻ここから決戦と赴く

れは彼女にも分かっているって互いに緊が高まっていくのが分

自然と口数が減っは汗


道をする。

その間にも目的地へ着々と近づいていく

無言の間は俺は告の言葉を何度も中で復唱いた


駐車場に着く。

心臓の音自分にも聞こと思った。

んか膝から全てから汗出るようだった。

車か、二歩きす。

周りップルだらけ

いいとこすね」

彼女は言う。

までししたか

と言と、らですね。と。


ぶっちゃけ公園なすが、昼来た時よも人が多くびりました。

もカ゚ー率100%

チ使用率も100%


しばらく園内を行てもく歩き回てました

退やって言い出す雰囲、タングをり出すからなかった…


しばらていると

、あそこあ

空いたベンチを見付けた彼が俺手を引いてい

人で腰を下ろす

今までにこんなに密着すあっただろう。否、無った。

緊張て口が開かない。

しかし、かない


「大な話があんです」

俺は切りた。

は黙ってうなずいて聞いてくれる。

しかしまたこから言葉が出ない

は立上がって、座ってい尿る彼向きった

「あの、

また言途切れる。緊張で死ねると思った

ここで今までい思い出が次々と出される


が俺の両手を取って

がんって!」

言ってく

んの事が好きで

あの時の勇気以上だた。震えた言っ

彼女が立ちった。

彼女の顔を見れなかっ

「私も電車さ事が好きです。だれかもず退と一緒にてくれま

女がった。


の言葉聞いら今までのい思や苦白くなみたなって、そし鼻がーンとしてめどもなくあふ出てきた



がとう」と「ずっと一緒にましょう」うと思ったんだけど然言ならなく何度も何も上手言おうと繰り返ど全然上ない

が前そっ着いくれ

夫、丈夫

て何をさすた。

死にそい思や苦労を口にしうとするも

んmvぽjrぴうwhみおlうぇ」

うこん_| ̄|○

興奮すぎてさ…


周り人が見てま

女が言う

そうた。両隣のベもカポだ…

彼女ちゃにな尿の顔を撫でてれる

「好言ったら もっと好にないましたw」

びをして、もみ上げたりの部分に何度かチッチッとしてくれた

一瞬時止まったと思ったら また目と鼻から水がだらだら漏れてくる

それを上ない歯を食い縛ってずっえてた。

「すいん。こんに優されたこと無いから」

って言おうも言にならい。

彼女は

「うん、うん

って言いながらティッシュで俺の鼻か涙か分からないものを取っくれる

らどれくらたんろう

うやく顔を上げると、の目がっ赤に…

「あ…」とか間の抜けた声出しなら、彼女の顔眺め宿てた

もら泣きしまたw」

と言ながら、女は指の背で溜った涙を拭ってた

二人と付いたところで公園ら出る事に

と、彼女

こっちお話しませ湿んか?」

と後部座席の方

こでる異く。の間かコンタクトが片取れて無簿くなってた

湿コン殿ト片無い…

と呟くと彼女

、探行かないと」

と車を出ようとるがは使捨てなおkと引き止める

だけコンタてると返って変なのでもう片方便も外す。

「ははは…なにもや…」

と言う

「私も見えまんか?

くる。

俺、見えてるのに

「見、見えないです…」

と呟くと

俺の首手をして鼻息がかかるくらい接して

「これで見える?

俺は黙くしかなか


密着状態でどらいの時間が経のか

俺もが出ないまま

っていうの腕になか柔ら の思り当たってるんですが…

らく彼女指が俺の唇を撫

は思わず

「くぐっすよw」

吹き出してしまった…。


、そんなのは構い無し

「今度は電車さんから…ね?

目を瞑


俺の

キタ━━━(´`)・ω・)゚Д)゚∀゚)・∀) ̄ー_ゝ`)-_)゚)´Д`)゚ー゚)━━━!!!!

、彼女の髪どけて、の前辺りにそっと口付けた

っ」っと彼女が身をすくま。俺クリ

そっちじゃいでよw

と思いっきりわれてしまっ_| ̄|使

ここで西すよ

と笑がら彼女が俺の唇に人差し指を当てる。

うムードも何無いねw

俺も一緒にう。

「そうです

と彼女も笑う。


少しして落ち付くと

「はい、どうぞw」

と改めて目を閉じる

「そゃ行す…」

深呼して、っと唇を付けした。

多分2、3

に こなに柔あったなんていま使

離れると、暫見詰め合う…といかもう凝視に近いものがありまし

彼女の黒目が映ってるが分ったくらいに。


そして、糸がれた様に彼女が

あぁ、本当に愛しい」

と小で囁て、何度も口付姿る。

俺の方からも お返しとばかりに口付


、3分スを繰り返してたと

少しって落ち付くと俺は

だに信じられない。なんじないかと思う

言う彼女は両手で俺の頬を摘んでぎゅぎゅ引っ張

「夢じゃないでしょ?

はくはけどゆへやない…」

本当は「痛くないけど夢じゃい」っったんけど頬引っ張れてから変になってし

それを見て、彼女堪らず笑いす。

釣られて笑う。


ようやく落ちつころ話せなかっを話す

どうして、に好きになったのとかの時考えていことな

話して話しが尽る事は無かった


彼女は最の車内の事件時でだ俺の事を好きになったという自覚は無かそうな

「今思うと惹かてたんだな」とは言ましたが。

あの事件のも「今時、勇な人もいるんだぁ」くいの程だったいです。

退メスのップ安く入っ丁度たの良いかなと思ってくれたそうです。

電話うちにかかってくるとは思っていなかっ

がすごく喜んでいで、く嬉しかったそうで

誘われほどはしていなくてりだろうなと思っていたらしいです。


その回目の食事で俺いるちに「もう一度話したい」と思っしいです。

そこできになったとう訳では無く、なん長が合たとかそいうものたとか。

安心相手というか


それでの事を周りにに話していて二回目の事の時の友人に

た、その人好きでしょ?」

れて自覚しそうな

それを確かめるべく、その友が二目の食時に来たという綿ことす。


車内の会話全部書いたらキリ無いか

間も話しているといさすがに疲れてきた

しばの間、沈 ていた

か行きますか?」

と彼女がの沈黙を破る

もそうですねと相槌を打

「どこ行きましょうか?」

聞かも、この時間に開いているとってどこ

俺は もしやと思ったが落ち付い

 ァミレスとかって行ます

と問う。

「そういえば、腹空きましたね

と彼は笑同意してくれた。


れじ女が座席移動しようとすところで俺

もう一回

そう言って腕掴んで引き止め

く触れ調るくらいのキスをしけだけ

女の方

もうちっと」

と言って、3、4軽くてく

、最後紅を拭きてくれ


で地元まで帰る

この近くミレス事を取ことになっ

女曰く「すごい久しり」だそうな


で、転中の萌え台紙

運転中は離れてて寂しーよー」

ほんの十㌢なんですけどね…(´ー`)

ので待ちの間だけ手繋いました。

ようや地元で着き、ファミスに入る

女は速化粧にトイレにけ込

明るいとメまくバレるからそう

そんのどのに…ー`)


が戻ってのを心待にしながらメーを眺めるも食欲がいない

女に決めらうした。

15分どして彼女が戻ってく

「俺の分も西選んでくます

頼む。

そしら和食ット頼んくれ

欲の湧にジャストミトしてくりました

こで二人の今後いてずっとまし

具体的に言うとこに行ってデートするとかですけ

は色んな友人に「彼氏できました」言て周とか

来週こうかとか。

あとカメ真とってPCにいっぱい保存しようねと


そんなこんなで もう夜4時になろうとしてい

もうすねw」

俺が言うと

うですねw 帰りまし

と席を立つ


俺の家までいが、家の前まで送てくことになった

彼女曰

「夜道を一人で歩か危ないのでw

だそうー`)


そして、道案内をしがら走っく。

「あ、ここ 

と言っ車を止てもらう。

こんなとこ送っありがと

を出ところお礼をする。

彼女は

最後に…」

と言っ両手をし広げ

は しっ貿抱きしめて

「あり本当にありがと

と繰り返す。

彼女は

「良かったね、ったね

抱き締め返してくれる。



して今日最後キスをする

く、3、4回さっ同じよ

は俺の目を真っ直ぐ見

人のキる?」

言っ

俺は黙ってずく

入ってい、驚

言って彼女はを傾けて、俺に口ける

俺、正直どういいのか分からなかた。

口の隙間から彼女が入ってた。

調舌先で それにた。

旦触れると、互いに伸きしうよを確かめた

俺に然初めての感

分の中に彼女を感じるってなのかな


何分くら沿たのか分いけど離れた時にはんかりしてた。

なんか、めんね

故か彼女が謝

「いや全然、謝る事無いで



彼女はまた俺の唇を拭こ尿とするが



ばらくこまがいいから」

と言うと

「バカ」

と叱られました(´ー`)


おやみと言り去っていった

俺は車が見えなくまでこにたたん



こんなとー`)


------後日談--------


>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:胸キュン, 青春, 恋愛相談,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様