2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

張り付けの刑

 



丁度、昨年便頃にあった出来書きます。

めて皆さんお手柔ら


僕と当時の彼)B美あとはD・Eの男3計6飲んでした

前に、こ飲みたので、も気兼ねなどするこなく普通に乾杯で始まました


C・D・は昔からの友、彼のA子美は二人ともC男僚でした。

めて会から、僕は(他のらもきっと)A子を気にした

とC男狙っていた為にセッティングしのだと思い


A子は顔がとても小さ眼がぱっちりとしたかわいいったじで

藤本(字合っていか不)似だと言っても、過言でないと思ます。

胸が大い上身体全体の肉付きがよく(といっても決し太ってはいない)服のからでも身体は実にかったです。

同僚の美は、A子の会社では後輩でした2つ上で黒のダーといった感じです。

とA二回の飲み会で、アドレスを交し 翌日には二人だけで婿に行きました。

そこの気持ちをとな即答 この日か付きなりました



それら一ヶたなちに、の飲み会となました。

まだA子は同僚のB美にさえ、僕と付き合っているを話てはいでし

僕もC男始めする友らに寿話しません(間なか稿ったで)そなうちに飲み会が始まり、お目配せで合図したりと非常に心地よたの そのままにました。

はおが強けで好きわけでも、い付き程度飲でいまし

二時間程皆ホロ加減で居酒屋を出また(E男はに泥殿おり僕とC男を支えと歩態でた)

これかうす?と言う事なりしたが、子は僕の顔を見るので「まだ大丈夫だよ」と言ってしまいました。

A子うん」と頷いくれ、子がいるのならといった感じで もう一軒行くになりま

とりあそうとしたのすが酔のE男は聞き入ません

かしこのままE男を次のおに連れて行気にもな

男が「仕方無、コンビニで酒や食糧んでラブホ飲るか〜

と提案した。彼女のA子B美も、ラブホと響き抵抗はったようが、E男の状態尿るし間のような囲気なっていたので、変に断る様子もなく決定ました。

僕もこの時抵抗も無く、こだけの数で一部屋にのかな?な暢気なことを考ました。


いて10分くいで、一軒のラブホに到着しました

入った途端特の雰囲気飲まれ、皆なりまし

二つの部屋をと、眠くなったら男と女に分かれ!と言事になりまた。

酔ってせいかクタなり、初めから分かれしまうと男女分かれました。




男四人で入ったそ部屋は、なんと

僕はて初屋にり(他の友人らもそうだったと思う)ただただ眺めるでした。


するとC男がB美に「おっち凄いSM部湿いもの尿が一杯あるぞ」などと電話していま

B美味が湧いた、「見たい!」いだ「それならこっちに来れば」と・。

にC男が部屋を出、A子B美二も、このSM屋に招き入れてした。

即効でフロントら電話が鳴C男交渉し加料金を払うこで まとめました。

部屋では、お酒どではなくなり、大て広くも無いその部屋を各しまくっていました。

C男がBに「ほらここに手を置いてごらん。どん気分にるんだろう?」

レン調の壁にあるX木の板に手械足枷を言いまし

械足は、もビニーもないモノをベルトで止めるイプでし


ほらら」とC男が笑いながら言いは「〜」と言い合を一同爆笑して見てました。

あっさとB美はに手をはられ、万歳好になりま

いブラウスにジーパンといった一見は無縁ような格好でが両手に手械があり身動取れない・・・いった姿は、とんでもなくらい興奮しま

する、C「俺、知らない」と僕ら来てに飲むような仕草をしました。

B美はだ〜調してと笑っ僕らもA子も笑って


C男は「うだ言う事聞外してやるよ〜。

うだ!酒一気飲み!!」

分用沿に買ったワ貿ンカップのを空ました。

B美の「じあ少で勘弁してよ」

いう言葉を受けC男B美の口にワンップを口ました

手の自由を奪わくっ飲むの喉越も色っく感られまた。

れでもC男は止めず、どんんワンカップの角を上げてゆき

こぼれ出しC男はさすがに止めまそれでも半分くらい飲んだでしょう。半分C男一気に飲み干しました。

B美がをされ、上着を日本酒で濡らしている様に、D男はかり興ようです


D男は「お〜れも」と言、飲いたチュウイのをされてい使るBづきました。

僕も欲求が沸点にま到達していしたが、A子の手前、苦笑し酒を飲み続けること魔化すのが杯で

美はりから、ポタポタと日を垂らしながら「もうさっきじゃ〜ん 外してよ〜」手前まで来た男に言いしたが男は もう聞く耳ていないようで、「言ったが早いか、ウハイの口をB美口に流し込み始めました。

はジュー違いしように、さっき以上にこぼしながら姿ゴクと飲た。

ペットは使服はジーパンのしまっています

上着ブラ所々、濃いブのブラーがくきりと浮き上がました

美は咽たをし始めたの、D男は少しの手を止め

〜いまいっぱいるよ

チュウイを美の口に近づける美は尿自分から飲ま易いように、口D男尿赦なく、かし こぼさないようB美の口チューハイを注いでいます

とB美が両万歳の格好で上を向きみ続けま

顎かに、艶な活動をしていま

チューハイも飲りD男が戻くると、既にB美はら〜んと、手械だけで立っている状態でした。開け上に向けていまし


り前でB美は かなりったようです

A子は少し呆然とていまが、の時B美が「トイレェェ〜」と言い出しまし

C男はかさず「どうしうか〜。でもここらさも困るぁ〜とニタニタしています。

他のも、A子はきっとニタニタ顔だっしょ

し!じゃあトイレ行っている間、Aわりにけの刑だ!!

A子嫌だと言ダメ〜」

一瞬えっ思いました、普段お酒をい僕はり飲だ為にこのままになっていたい。

訴えており、もボとして何かフワ状態でした。


B美は「A〜漏れゃう〜ホトにホントにお願いだよ〜」

子は「えぇ〜!でも酒は飲めないからね。ただていば良けだよね!?」

困りきった表情でCいました

絶対に大丈B美が戻ったら直ぐにからとB美に聞こないよう囁ました。


A子観念しB美の元近づき

男はこの時、B美の片方の手械と、A子片方に手械するというにしていました。

てAが独り、万歳の格好になした。

慢でい様でトレへ駆宿込みました

るとC男はA子の足も、枷をはめました。


A子は「っ何!?」と言いましたが、C男て身わりだもん両手両足だよとA子の両に足枷をめてしまいました。

子は美とは違い、デニムカーなのでC男がめば直ぐに下は丸です。

A子は、全にXのに身きが取れないようなっ

「ホに直ぐ離しね」A子は懇願しています

僕は、こ況をればと思すが身体が思う動きません。

でも意識助けなかったのではA子に合わす顔もありませ

もうヤケクたふり決め込むことにしました。




C男はその間に、最初にに付けました。

暗い〜怖って。ねぇ外してよ

るとB美がトイレか出てき、C男にもうホントに漏れるとこだったんだから〜」

るとA子様子に気づきっA子、いい格好じゃない

」などとがら子の胸を鷲掴

子は「ちょっ簿と止めてよ〜う酔っ払い過ぎよ。約束から外て」

B美は「〜。このま、い・の」

C男は唖然していると

B美「だってA子、さっき困っいる時助けてくれなたじゃない〜」

「私すんごい飲まされただから〜」A子は代わってあげじゃない」

い返しすが「ダメ〜もう遅」と笑い始め

全に状態


次の間、A子の水を捲くりあげました。

子は胸が大とは思たが、以上に大い白のブラジが眩く視ました

は そ飽き足らないのか、その白ブラャーをそうとの手がA子の白いブラジャーをにそ間、Aっ」と吐息な声をらし瞬間赤ら顔になり俯きまた。


A子の薄ク色露になり、初て見子の乳首に射寸前にまいました。

は下たままですが、両手万歳両足も開いているでニトが上捲くられ、ブラジャーは下され乳首露になっます。

ニットとブラれ余子の胸は、れんばかります。


その状況男D男男は堪りません。

死に僕こそ としてたが、僕は寝たふりに徹しました

に「寝ていヤツは寝よ」とEを制止しました。

人の男はもう、酒ころではりません。ギラギとした目つきで、A子った上半身を眺めてい

「ホントから美ちゃんめて。C男、早くこ外してよ

目隠しをされているせか、あちこます。

「ほらほA子っ胸、おきい〜。

男のてやっぱり胸が大きい子が好?」

、B美は手のひらで、A首をころと転始めました。

美はのスポッを見らしく、笑を浮得意げにのひら乳首を転ています。

俯いまでしたが、やがて「うっ」小さくが漏しまた。

B美の手のひらに始めたうで

B美はさに調子に乗り、さきよりも激く動かしています

それまで俯いていA子の頭がやがてく揺れ始め、頭が上った瞬間宿にほんのり汗を浮かべ、うっしているA子の表情がタつた髪の間から確認便できまし

「あれっ、感じているじゃん」とD男が囁くと、C男とE男がスクスいました。

小さな笑聞こえた瞬間、子は身をに声が大きくなり「あっあぁ度は全身揺れいまた。

美は「もう濡れてるんじゃないの〜?」今度はデニムのを捲ました。

しかニム生地は上手れないようで、B美はなんとA子に手を回しストのフッ外し、チャッ使ような仕草をし


の瞬間、バサッデニムのスカートは滑り落ち、A子い下着が

しかも足枷により足を開いいる為、好な態に脱げそれがっそ猥に見えまし

子は「はぁぁ」と息使いが荒っています

すると、我慢れなくなったD男が「ど〜うれ、濡れているのか確認してうか男E男は、もはや笑ってはいせん。


美はもうていに決まっているよ〜。凄いことにていよ」

、A」そう問い掛けると子は まはぁぁぁ」と一段と大きな声発しした。

B美は「何か段々面白くなっゃった」と本気楽しでいる様子で

気がつくと子の周りには、B美は勿論のことC男DE男の四人がでいます

するとE男が急にしゃがみだ、何やゴソゴソと始めました。


E男は足枷簿いたので

E男が両方の足外し、足を揃えるとA子の穿いていたデニムのカートがカーペッ滑り落ちました

はYの字るAに、E男はいに下着からコをタチしまし

瞬間ビクンとA子の身が強に波打うにえまた。

は「下しちゃえ下しちゃえ」と笑いながら急湿していす。


この綿のパンツがんだよなと言下着のラインを舐めました。

いつの間にかD男は、A子の乳首を吸い付稿した。

男の「もうコリているじゃん」の殿言で、A子はまた小さビクとしまた。

E男A子のアソコを下着の上から、ちゅうゅうと音を立てて吸い付いて


っ」子の声がこえと思っ、CがA子にをしていた。

C男が口を離した口付けようとすと、A子は待っているかのに口を大き開け舌を出し濃厚な退ィープをしていました。

美は「ねぇ、こんなあるよ」とローターらしきモノを取りました。


「おこれは良いものを見つけ〜」C男ーターきモノの電を入れまた。

ブ〜ンン機械的な音が聞こめ、やがて男はそれをA子耳元ってゆきまし

美は「A子、これなんわかる〜?」と聞きますA子は答えず顔す。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 異常シチュ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様