2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

張り付けの刑

 



丁度、昨年夏頃出来書きます。

めて皆さんお手柔らかに。


僕と子(当時女)BはC・の男3人、計6人ででいま

以前に二あっので、誰も気兼などするなく通に乾で始まりまた。


僕とC・友人で、彼のA子とB美は二人ともC男の同僚でし便

初めて会ったときから僕は(他友人らもきっと)A子を入りま

っと子を狙っていた為にティングと思い


子は顔がとても小、眼がぱしたかわいいといった感じです。

藤本貴(字合安)似だと言、過言でないってす。

が大い上、身体全の肉付きがよ(といって宿して太っては服の上調らでも身体は実にっぽか婿ったで

同僚のB美、A子の会では後輩でした年齢はつ上のスンダーといったじです。

僕とA子は二回目の飲み会で、ドレスを交換し 翌日には二人だけで事に行

そこでA子ちを聞きは迷こと綿く即し この日からき合うことになりました



それら一ヶ月たないうち今回飲み会なりました。

だA子は同のBさえ、僕と付きていとを話してはいませんでした。

僕も男を始めとすにはだ話し(間もなかたのんなちに飲み会がり、お互いせでしたりとったので そのままにきました。

僕はお酒がわけでも好きなわけでもく、いつも付き合い程度飲んでいま

二時間程経、皆ホロ酔い加減居酒屋を出ました(E男泥酔しており僕とC男で肩をえてやっと状態した)

これからどる?と言う事なりましたが、A子は僕の顔を見るの大丈夫だよね」とてしました

A子は「うんと頷いてB美もA子がいるのなた感で もう一軒になりました。

を帰そうしたのですが泥酔のEき入せん。

しかし、このままE男に連は誰もらず、

男が「仕方無コン食糧に買い込、皆ブホ飲みするか〜」

案しました。女のA子にB美も、ラブホと言きに抵抗はあったよう、E男の状態に加え皆いるし間のうな雰囲気になっいたの、変に断る様子もなく決定しまし

僕もは特抵抗も無く、これだけの人数で一に入るのかな?などと暢気ことを考えていました。


歩いて1くらいで、一軒のラブました。

入った途端、独雰囲気に飲まれ、皆無なりました。

事二つ屋をとり、眠ったら男と女にれよう!とう事にりま

歩いいかタクタになり、初めから分かれてまおうとれました




人で入ったそ屋は、なんとSM部屋でした。

僕は生て初めSM部屋に入り(他の友らもそうだったと思うだただ周りを眺めるばでし


するとC男がB「おいこっちは凄いぞ部屋〜面白便一杯あるぞどと電話していました。

B美湧いたしく見たい!」とし「それならちに来れば?」と・・・

案内にC男が部屋を出、A子B人とものS屋に招まいまし

効でフントから電話が鳴りC男が交金を払う まとました。

、お酒どころでり、て広くも無いその部屋を索しまくってした

B美に「らこに手を置いてごらん。どんになんだろう?

レン調の壁あるXの木の言いました。

足枷は、革でもビニールでもないモノをベルトるタイプで


らほとC男が笑いながら、B美えぇ言い合う同爆笑見てた。

っさりとB美はに手械をはめられ、格好になりま

いブスにジパンといっ見色は無のような格好ですが両手械があ動きない・・といっ姿、とないく興奮しまた。

すると、C「俺、知〜ない僕らのいドに来て、一緒に飲むよ草を

B美は「嫌尿〜外してよ〜」殿て言いらも笑っていました


C男はだなぁ〜言う事聞して〜。

!酒一気飲み!!」

自分用にワンカップを空

B美の「じあ少しけで勘弁してよ」

いう言葉を受けC男美の口にワンカップを口付した。

両手の自由を奪、ごく飲むB美の喉越しがとても色ぽく感られました。

でもC男は止めず、どんどんワンカッを上ゆきま

ぼれし、C男はさすがに止めまそれ分くは飲んだでしょう。残半分が一に飲み干ました。

B美が手械をされ、上着を日本酒でらしてる様子、D男はかなしたようです。


は「お〜れも」と言い、飲んいたュウハイの缶を持ち手されていB美に近づました。

僕も欲求が沸点にまで到達していましたが、の手前、苦笑いし酒を飲み続けるとで誤魔すのが精一杯でた。

美は辺りから、ポタと日酒を垂らしながら「うさっ〜んてよ〜」まで来たいましたがD男は もう聞く耳を持ていうで、「で」と言ったが早いかハイの口を美の口に付け流し込始めまし

はジ綿ースと勘違いたか、さっ以上にこぼしならゴクと飲み続けました。

でカーペッは勿B美パンりまで濡れてまっていま

のブラ所々透、濃いブルのブラジャがくきりとき上がりまた。

は咽たようでをしめたので、D男は少しの間めてから

た、は〜だいっぱある〜」

ュウハイをB美のに近づけるとなんとは自分飲まされいように、口D男容赦な、しかし こないよ丁寧にB美のイを注いでい

B美が手万歳の好で上を向き飲み続けま

顎から喉のラインが実に、妖な活動います。

チューハイも飲みわりD男ってくる、既にB美はぶら〜と、手械だけで立っている状でした。を開首を上にまし


当たり前が、は かなりったうです。

は少然としてたが、時Bが「宿〜」言い出しました

C男はすかさどうしようかなぁ。で漏らされ困るしなぁ〜とニいます。

他の皆も、A子以外はタニタ顔だったでしょう

男は「!じゃあBトイっている間、A子代わりり付の刑!」

「A子がだと言ったらダメ〜

瞬えっ!と思たがを飲まない僕はか飲んだ為に、このなっいたい。

う身体が訴えてお、頭ボーッとしてかフフワなでし


は「お願いちゃう〜にホお願だよ〜

A子は「!?でもお酒飲めらね。ただ少し待っいれば良だけだよね

りきった表情でC男に言いました。

C男絶対に大夫、が戻ったぐに放するかB美に聞こいよう囁ました。


観念しB美の元にした

はこの時、B美の片方の を外簿と、A子の片方をするとうようにていました

がてA独り、万好になりした

美は我慢でい様子でトイ駆け込ました

するC男子のにも足枷めました。


A子えっ何!?」と言いましたが、C男て身代わりだも、両手両足調だよとA子の両足に枷をはめてしまいました。

子はとは違い、デニのミニカートなのでC男が退直ぐ下着丸見えです。

子は完全板に身動きがれなようなってしまました

ホントに直ぐ離してね」とA子は懇しています。

、こ況を何としなければと思ますが、身体がうよ動きません。

でも意識るの助けなかったのでは、後でAに合わす顔ありません

うヤソで寝たふり込むことにました。




C男はその間に、最初に見つけた目隠しをA子付けま

「暗い〜怖いって。ねぇ退

B美がトイレか出てきC男に「もホンとこだったんら〜

するとA子のに気き「あっい格ゃな

ぅー」などびながらA子の胸た。

子はめてよ〜B美もう酔っい過ぎよ男君束だから外して」

B美「ダメ〜。このまま、い・い・の」

は唖然としている

ってA、さっき私ってい時助けてかっじゃない〜」

「私んごい飲まされただか〜」子はわってあげじゃない」

と言い返します「ダもう遅い」と始めした。

B美は完全に泥酔状態で


B美A子の水色のニくりげました

A子胸がとは思っていましたが、予想以に大きい白のブラジャーが眩しく視界に入りした。

B美は そでは飽き足ら白いジャ下そうと、B美の手がA子の白いブーを下す まさの瞬A子は「あっっと吐息ような声し、赤ら顔になりした


A子の薄ク色乳首が露になり、めて見るA子の乳首に、発射前にま奮していまた。

A子は下を向いたすが、両手万歳足も開いている態でトがに捲られ、ブラジャーはされ乳首露になっいます。

ット綿とブジャーに挟まれ余計は、切れんばかりになっ見え貿す。


況ではCD男E男は堪りません。

E男は必死にを起うとしていましたが、僕寝たふりに徹しました。

男はに「寝ているヤツは寝せておけよ男をした。

三人の男はもどこではありラギとした目で、A子のった身をめています

ホント謝るから美ちゃん、止めて。君、早れ外

隠しをていせい、あちに顔を向けます。

「ほってっきいよね〜。

人ってり胸大きい子が好き?」

、B美はのひA子の乳首をころ転が始めました

B美はA子のスポトを見つけたらしく、笑浮かべ得意げに手のひらで乳首を転がいます

A子は俯いまでし、やがて「うっ」と小さく声漏れました。

B美の手のらに感じ始めたようです

美はさらに調子さっきよりかしています

それまていた子のがやがて小さく揺始め、頭が上がっ、額ほんり汗かべりとしてい子の表が頬にベタついた便隙間から確認きました。

あれっ、A子ているじん」とDが囁くC男とクスス笑いました

の小さな笑い声がこえた瞬間、A子は全身クっとさせ、らにきくなり「っあぁぁ」今は全身がした

B美れているんじゃないの〜?」と今度はムのスカートくり始めまた。

しかしデニ地は上手く捲れなB美はなA子の腰に手をスカートのフックを外し、ック下すような仕ました


の瞬間、バサッとA子のデニムのスカートは滑り落ち白い下着が露になりま

かも足枷より足を開いている、不恰好な状脱げそれがいっそ卑猥に見えました。

A子はぁぁ使います。

すると、我慢しきれなくなったD男が「ど〜うれ濡れているのか確てみようか」C男E男は、もはや笑てはいません。


B美「もう絶対濡ていに決まっているよ〜。と凄いことになっているよ」

、A」そ掛けと A子は また「はぁぁぁ」と大き発しました。

B美は「何か々面白なってきゃった」と本楽しいる子で

がつ湿とA子のは勿とC男男Eの四人が囲でいます。

すると、Eしゃがみだし、何やらゴソゴソと始めまし


E男は枷を外していたでした。

E男が両方の足枷を外し、A子の足をA子退穿いていたデ姿ムのスカートーペッ滑りました

今度はなっているA子に、E男はつ下着の上からアソチしました

瞬間ビクンとA子の全烈に波打ったようにえました。

B美は下し下しちゃえ」いながかして


男は「の木綿のパンツが良いんよな〜」と言下着ンを舐使めました

つの間にA子の乳首を吸い付くに舐めていました。

の「もう首ココリに立っているじゃん」の一言A子はた小さくビクました

E男便はAのアソコを下着の上から、ちゅうちゅうと音てて吸いてい


「うぶっ」とA子の声が聞こえ思ったら、C男が子にキていまた。

口を離しまたけようとするA子は待いるかのようにを大きく開け舌出し濃厚なディープキスしていまし

美はぇ、こなのノをり上た。


お〜寿のを見つけたね〜」とC男がそローターらモノの入れまし

ブ〜ンン械的な音が聞え始め、がてそれをAにもゆきました。

B美は「子、これなんの音かわかる〜?」と聞きますが、A子ず顔します。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 異常シチュ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様