2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

接待で慰みものにされ続けていた妻




私はサークルで妻った

妻は凄い美人と言でも無く、に目立つ存在では無かった、笑が可愛くて清があ

いつ皆より一歩下が微笑んでいる様な大人し格に惹かれて交し込んだ


妻は既に29歳だった、いざ付き合ってみると半年ってもキスすら許さず、どこか性的にあるのかとさえ思っ事もある。

問題が、過去に酷的虐待を受け付き合っていた男に的なックスを強いられて、神的に受け付けない様になるとすれば上くやっ行く自信かったが、妻に惚れまっいた私は更半年付き合ってから結婚した。


すると意外に初夜は拒むくスーズに終が処女だった事にも安心してで拒んで理由をと、

信じられない事に結婚し供が寿しいからという貿があば良いれどうではなくてただ本出すだの行かしくて来なかった」と言う。


が誘えば拒否る事も無く子供すぐに出来ただが、何年経っ妻は あくでも受身でず、私が覆い被さる体位以外がって受け付けない。

うな妻はからもックスと無縁に見く、人達んだ時が一ると、優子さんも、最低でもスをた事になるれた


かには、拒みはしないがきなでは無たと思う。

そらく自を全て曝け出すが恥綿ずかしくて、楽しむどころでかっのだろう。

--------------------

んな妻が変わり始めたのは、を過ぎた頃だ。

の頃娘が自屋で眠るようになった事大きた様だが、徐が激しく言葉には出さないもの色気のある下着など、遠回しにはあからもって来ようなる。

けにの様な体拒まなくなり私もの様な妻化が嬉しくて、求にはて応えていたが

年もして娘小学校に上がっ生理の時以晩のよに迫うに、5歳の私には流石に毎晩は応えられない。


「あのー・・・・・言い難のだ・・・・・・

「夫婦じゃなでも言ってみろよ」

ダル・・ビデオを・・・・・」

「AV

「他のお母さん達のは凄いと話してて・・・・最近も何、私は一度も事がら・・・・・・」


早速借りてき見せると、最は恥ずかしそう横目で見てい妻も第に私の存在など目に入らななり画面釘付けになって瞬きもしな見入っていた尿

、AVをて呼吸をいるて興奮次第にビンされたビ増えていく。

つの頃からかはビデオを真るようになり今迄なら私も使わないとなかったェラ、少でも油断するされてしまいそうど巧になた。


妻が上になった時も、今迄ら恥ずかしそうしているだけだったので私が下から突きていたが、

を見るうになっらはら積極的に動くうになり、時にはスクワットをしているかのよ便に、大股をいて上下に激く動もある。


はその様な妻に満足していたが、妻の欲それだけに止

んなのでされて当に持ちい稿のかな?あんなを使われたら、の様な感じなろう?」




オを見なそう言う妻

バイ買ってやろか?」と言うと、流石に

怖いにはたが

「じゃあロター買っやろ?」問いは、かしそうに俯きながら「はい」と答え


具が加わっ事でセックスの巾広が、妻は以前増して快感を貪る様て行ったが妻の急激な変化に驚いてばかりいた私も、昼は淑女婦の様だ。

--------------------

そんな妻にまた変化れたの娘が2年生になっただ。

はセスの回数が激減し、終に私がってもんなさいお仕事で疲れしまて」と言って拒否するように稿る。

事というの小学生になっに、一年からパートとしてめ出した縫製工場


日拒む妻に浮気疑ってみたが私には大、未だ海水浴場でも水着になない妻が、外に裸体を晒すなど考られに限ってれは無いと打消す。


私はの体度医者てもらに勧るが妻は ただれだと言っとしない。

「私はミシンを担当しているから、この事もるらしいの。

の頃は張り切っているれない仕事で緊張していら逆に感ないらしいけ

細かな仕事ら一くらい経っ慣れ根を詰めいた疲れが一度に出る事があるらくて。

大丈だから配しな。あとう


しかし その後否されけ、スの状態って


「夫婦活も使来ないほど疲れるのなら、そん仕事は辞めてしまえ


「ごめんなさい。よ慣れてきた事だから続けいの。今丈夫だから」

渋々妻は応ざ始まっまうと以前りも激しく乱れ久し振りのセッ興奮便私が今迄無いほど責め続ると我を忘れた落の底に突きとすよう葉を叫ん宿で果てた

「オ・イク〜

セッスに積極になってい時でも、妻がその様な言葉口にした度も無く、仮に以前見たビかんで真似をしたとして持っているオに出て来るはオマコと言う呼び方確かに妻はオコとった


不信感でいっぱいなったが、妻はその様な言葉を口した事ら覚えいない。

情けない事に、妻ていかもれないと思っただけで、私は吐そうになるほど動揺し、真のが怖くて自分の中死に打ち消して妻の行動を調すらげていた、私の気持ちど知る由い娘に止刺さる。


お母さん。こに行たののおと一黒くな車に乗っていたね」

娘は西以前妻が物をした時一度職場に連れて行ってもった事があり、の時菓子をもらったで顔を覚えていて授業に行った時、その社長が運転する助手席に妻がいたのを見た言う。


疑いを持つ前なら、気にもしなで聞流していた知れいがは新聞を読む振りをしながらと娘の会話に聞きていた

っ・・ええ・・・・長のおゃんと・内職さんの所へお事を置きに行ったの

はミシンを当してのに、どうし社長と簿職さ所へ行ければらないのか

何より妻は明かに焦っ、言葉に詰まっていた事がにな

さんは見た事のないお洋服着てね?」

「何言っているの。もその話いから、早く食べてしまいなさい」

妻の服装の事は娘見間かもれないと思ったが、回りをするのに、級車に乗っていたも気る。


社長自ら内職回りをするか?大変だな」

聞を見ながら、あがな一緒に乗っいたのかは聞かずに尋ね


「え?・・・・・あなたも知っているように会社とも小さな会社だか、係人が休んだ時・・・・・・・・・

人の関係に問をもが、他従業員の目もあり、昼間から社いるのは考辛い

事中妻と社長が何時間いな婿れば、当然の者噂にり、では大きなら出せない、他一倍にす妻には耐えらないだ


社長と不いる定してみた。

二人が昼からホテルに行っている事は考えられ、そうか言って時30分には帰って来ている事娘の話らも間違ので終ってからっている事も考えられな

仕事が忙しくのでれたと言って、2ヶ月前も仕事にく様になった、私が休みなので いつもよりも早4時に仕事を切婿せて て、4時30分迄には必ず帰って来る

みの日は買いに行ったり、まれに級生のお母さん調事に行く事もあるが、ほとんど私といる事が、特別怪しい行動も無い。

う考えると社長と浮気するどころの男とも妻が浮気出るよう間はない。


からはなたものの妻と0歳近離れている社長殿に嫉、妻を疑ってる自分が

しかし そ思っ心のどこかで疑っていたのかもれない湿

何故な、以前よりも妻婿を注意深くるようになっいたか

そして気が付いた妻は必ずの9時にトイレ入る事だ。

れはの途中でも、例えトレに5に入ったばかりでもない。

私は忍び足でトイレに付いて趣味だと思いながき耳使をたてた

「・・・・・はい・・・・・主とは・・

と話していたが、声が小さくてき取れない

日はもう少近付い、やえ入うな話していて、分かっのは語で話しているぐらいで、容までは分からなかった。


が増したは、思い切って妻職場に行みよと決心し、次の曜日、娘を近所の同級生家に妻の勤め先にかういた返って

私が呆然として立ち尽くしてと、その縫製工社名が入ったライトバが止ま、降りてきた年配男に声をれた。

何か用かい?

休みなのです

はと言うはずっと休みだ」

っと休み最近なって、土曜も仕なっとか」




「いや。どどん仕事は西っていく。一は男の社4人パートさんも3上いたが今で国製の安のにされて、ートさんも人しない。

内職な80軒も抱えていたがは10件だだ」


、社気する時間が出来てしまった。

時間出来たと言うよりも、朝の9時から午4時まで時間もある

後も男は、暇に土曜休みになった由を一生懸命聞かせくれたが、私にはどうも良い話だた。


なは休みな内職回りですか。大変で

早く話が終わっしくて、嫌な気分しない様で話割り込んだが、今度はその事につて話出す

俺は定年も過ぎているから、らいはしないとクビになる。だからここ2年は俺だけ土曜も出来ているし一日も休んだ事が無い」

「土曜意も休んだ事は無いでか?

だから、ここは一度も休は無

妻の嘘が明らなってまった

ころで、あんたは何用で?

妻の事は言い難く咄嗟に者だと嘘いた

「仕事が、何か回してけ無いかと思っ

長は自宅にいると思うが無理と思うぞ。うちも仕事が困っている状態だから」

駄目元で行綿みると言って、長の自して向かったが、近付くに連れて心臓の動が早まる。


自宅て大きな軒家での付いたい門柱にチャムのが埋めれていたので壊れるの返事無い

仕方勝手に門を入ると黒い級車の横に妻の軽四が止あった


のチャイムしたが、やは事が無ので裏口に回ると洗濯物が乾しあり、そ中の真赤なパティーとラジャーが目をく。

「はーい。どなた

の時 表の方から、聞きえのある声がで玄に戻ると、そは見た事も無ニのワンピース着た妻が立っていたが、私るなり震え出した


妻の髪が少し乱れてに気いた時望感から何退の場を立ち去ったが、の道を通って家で辿り着いたのかさえ覚えてい。


て、ようや帰ってたが、何も言わず涙を流しながら正座す

泣いていては分から詳しく説明し

得意先の一社が倒て、だでさ減りいた仕事は激減し、入りの妻は整理対象に 社長から違を頼まる。簿

「どうて隠して

もりは無か沿・・・・ただ・・そ様な仕事は駄目で・・・・・・・いつかは話すつもりで

「俺に言えないようなとは、事をていた」

「工場にはいかなけれど、新しい商品の地や料を選んで決め・・

所の商を見った雑誌を参考にしして、ザインを決めたり・・・・・・・

掃除、、炊事の家事一・・・・・」


「社長の奥?」


年前に離婚さて、出て行れたの・・・・・・

離婚さんの代わりをしいたようだがそこには性処理も含まのではないかってしう。

綿?」

「いません」

妻の話しだ社長はしになるがれで濯物の中った、真っなパンジャーの説がつない。

長は女着を穿くのか?

っ?」

「真なパンティーが乾してあったぞ

「そは・・・・・・・私には分かません。

私は脱衣の中物をいるだ・・

っては分からないので・・・・・

の話信じたい気持大きいが、余りにも不審事が多す


あの格好は何だ!若い時でも穿かなったような短いスカートを穿て」

「お多いので・・・・・・

の服は趣味がいか・・・・・

制服のようなのだと言われ・・・・・・・・・」


調かく、嘘吐かなければないような仕事は今日で辞めろ。分かったな


はい・・


なセス。吐いて仕に行く。

に隠れて携帯。ミニト。

乾しあった真赤な

何よの質問に答えいるの おどおどしたど、不審点が多すぎて信用出来いが、私は真実を知が怖なり、れは娘のめであると言かせて、このまま済ましていた


は ど堪えらても、夜になると考えまう。

妻が真っ赤なパンーを穿、ミニのワンピースを着て掃をしている

それを離婚した求不満な五十男が笑みをて見ている。はたして見ているむのだろうか

や、済むはず無い。



>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, ハメ撮り, 浮気・不倫, SM_調教, 性癖・プレイ, メンタル, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様