2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

変わり果ててしまった妻




商談が終ルに戻ると、ロビーで若い女声を掛られた

いと言って30半のようなのだが、私うな おじからすば随分若く、のタイトストにわれしまう。

なたは・・・・

この女性には見覚えがある。



二週ど前の事

調ものよにゴミを出しに行くと、彼女が困った顔でていた

プラなくては目なので

引っ越きたばりで尿、ここにすのは初めてと言


わ。戻ているは無いし」

「そのぐらいなら私袋に余裕ありから良かたら入れて下さ


女とは自会の事などを説明しながら駅まで一緒西歩いただけで、その後、会う事は無かったが、私の記憶には彼女の事鮮明残っていた。

それゴミを選り分けている間、の胸宿から真っ赤なラジャーと白くて軟かそうな乳房がっと見たかだ。

「出張ですか?」

「はい」


私は初てので、一度部ので明かりの点け分からなく

あ。ここは入ッチのに、ルームキーに付るキーホルダーを差し込むのですよ」

「そって。今フロントでえてもらいました


彼女緒にエレベーターに乗階だたのに降りて屋に簿分ほどてドがノックされ

「やはり明りの方が分かなくて、ご迷惑かました何度に聞に行のが恥ずかくて

私の部がよく分か


302書かたルームキーを持っていらしから」

私はキルダーて部の明かりを度消し、もう一込んで点けて見たが、にぴったりと添う彼女から、ほのかな香水のが漂った。


「斜めに込むのです。このよなホテルは初なので

「初出張ではと大変ですね」


られなく彼女わりに言う


「お食事はどうされ?」

司はい外に食べに行くしくて夕食は付いていなフロントでので、どうしよかと迷っていたところです




は言んが、ここのまり美いので私もいに食べ行くのですよ


の辺り調で、もうと思っていた彼女を誘い、こに出張た時つも行く居酒屋に行た。


して私は、久し振りに楽しい時間を過ごす。

それと言も一前から妻が笑顔をくなり、何をっているの二週間前かは、必要最の事以外口も利いてくれない


このな態度は初めてで、私には これと言って思い当たる事はったが、一れば妻を誘っ時に「その気になれないの」と言ってわら、今まで訳も無く断らた事がた私は、翌朝拗ねを利かなかった事がる。


それかはどギクシャクしてたのは確が、は三ほど前の事で、妻の様子がしくたのはそのからだ。

訳になが、妻関係がの様ならなけば、彼女を食事に誘う事は無かっただろう。



し酔いが回ったところで彼女の事を聞と、年は33歳で最て近所に引越して来たと言う

も男ので、ほんり赤く染て色気がした彼を見口説きたくなった、愛してい切る抑えた。

ホテルに帰っらも、彼女 誘われて、部屋でールをみ、彼女がジャケットを脱いために薄いブラウ越しに見えかな胸を見いて出してしまったこれも このまで味いール本飲んで退散

--------------------

そしてら帰った翌日、妻は1帰って来な

も仕ていたので、あ程度合いは認めていたが、連絡も無しに、このように遅くなった事は初めてだ。

それ帯に電話したが、電源は切てい結局 妻がって来たのは午前0時を過ぎていた。


携帯の電源まで切くまで処にい

「何処たっ手でしょ!嫌なら離しましょ!」


私はきで葉が続かなかった

このような激しい口調の妻を見たのも初めてった、簡離婚を口にした事が信じられい。

私が27で、が24の時に結婚し8年

近所でもオシドリ夫婦で通っていて、私もそ自負していた

ここ最近は少妻の様子がかしかたがでも私の妻対する変わらず、妻もを愛してくれてると信じて


の妻の口から離婚という言葉が出た。

気で言っているのか?」

もうの事をてはいないのでしょ!」

ッグ興信所の名前の入った筒を出と、その中に入ってい枚の写真べる

彼女と初めて日に、楽しそうにをしながら駅貿まで歩く姿。

出張ホテルのロビ、笑いながら話す二人


て二人は、一緒エレベーに乗込む

女と居酒行った時の真もあるった彼女帰り道で足元らつき、に写真は私腕を抱き締るように掴いる。

何よも決定なのが、いつの間に簿れた、二で彼女の部屋っていく姿まである。

「誰

渡辺さんといゴミ出しった時に知りった・・・」


「下名前!」

は聞かなか姿たか分かんだ。しかない


付き合っていて、そんな訳無いでしょ!」

「付合ってなない。偶然て、ただ一緒にして」


私は女との経緯を詳ししたが妻は全く信用してない

言いたくのな、それでい。彼女身元が分かったら、調興信所から連絡が入る事になっいるら」

張に行間前から妻が口を利かなたのは、彼女と歩く姿興信所から連絡されたからな

ヶ月前様子しかたと言う事は、そのら私女性関を疑っていたのか。

彼女と会った二週間前らならま分かる一ヵ月も前疑われる様な、私には全くに覚が無い

「これ誤解だ」

--------------------

の妻は時々絡もなし遅く帰事があり中には午前様になる事もあったので、と何ているのか気になが、二人の時は口も利いてくれないのと、女性って二人だけで食事をした罪悪もあって妻に対し何のも出来なった。

は最もで、あのうな真を見せれては、こが逆なら私でも信用ずにしてだろう。

今夜のか?」

「私の事は放ておいて!私に渉し!」


いくら私の浮気ってい怒っていたとしても、控で大人しかった妻の変わ尿り様に驚きを隠せい。

寿見るから優し母さいっだが、私と一にいる時は顔付きまで変わ



「渡辺な嘘だったのね。それにゴを出しにって合ったのじゃない。

に彼を庇たかったの?木下恵理36歳。

じ町内でもなわざざここまでゴミをしに来たの!」


遅くにて来た妻は私を睨みならそう言っ、私は妻言っていの意味が理解来なかった。

下?女は近所に住んでいな


惚け気!




婚してい独身と嘘をいていたらしいわ

なると彼女も被害だから、彼女には責任の追及は出ないけ、あなたは責任をてもらいます。

手をれるでは離婚ないけれど、私の事は後一しないで


を言っている味が分かん。は そうな関は無い。女に聞いらえば分る」


女と電話で話ど、彼女は直に認めたわよ


私は更に訳が分からなた。

実に女とは何ものだ


妻か彼女の、どちらか嘘を吐いてい

妻がを吐いてま陥れるなどとは考えられなが、た嘘人間なかった。

--------------------

事情を聞のが解決の近道だと思持っている興からの彼女情報がりたくて、翌日帰が隠しそなところをみた。


すると子供る事の無い、私達の寝クローゼットの中に、興信所の封筒に入った彼について告者つけ事が来たのだが、その時くてい物見てしまう。


は何かと言うと、葬儀や法事の時に身に着い下外はか淡いか持宿ていかった妻えられなな、赤や紫などの原色の派手な下着を見付たのだ


妻が遅いのは誰かと会って談しているか、かに付き合ってもらて憂さをいるのだろ思っいた、どんなにてもして、こな関係にながいるなどにも思わなかった。


鈍感だと言われるかも知れない西、一緒いる相だと勝手に思んでい

しかし、ると最近化粧も派、考れば考るほど妻に そのような関係の男がい事を認めるを得なってしまう


妻は私男とき合て、熱いキスを交わ。あような派手な下着姿で、男を興奮させている

男の下で、外に事のにも似情を見せ、私以は聞せたの無い恥ずか声を上げいる。


苦しくなった私携帯に電話を入れたが、やはり切られてた。

誰と何処にた!」

は関係ないでし!私干渉しないでと言ったはよ!」


私は初めて女沿た。それも愛しているはずの妻に。

「もう離婚よ

晩泣き続け、この日を境に一緒だった寝室

--------------------

木下恵理、36歳

3年前に離していて、今は中学娘と二人暮らし。

は町工場をしがら夜は小料理屋でアバイト。


告書にれていたアパってようとたが、一緒に暮ら女の娘の事がて、アバイト先料理屋に行ってみる。

その小理屋は我が家から意外と近くり、歩いても1分ほどの距のだが、小さな店ので今で気が付かなかった。

彼女は私をるなり驚いた顔をし俯いてし


理ちゃん何してるのお客におしぼり

涼しそうな目したっぽい女将にわれ、ようや上げた彼おしぼりを広て渡しくれ私とは目を合わさずに手も震ていた。

私は女と話すチャンスを待ってたが、色っぽ女将との彼女を目当てに来客で、絶えず満で隣も客がいので話せな西

仕方なくこのめようと外ると、彼は私を送る振りをして出沿た。


ごめん

たいがあるからこのファミレスでています


・・・・」

それパートに行きます」


「来いで。娘がから・・・・・・」



彼女ほど経ってかたが、何を質問しても「私は何も知りん」って

「私にも娘がます。こだと家庭は稿れてしま、家ばらばらに」

彼女は顔をげる縋る様な目で私を見た。

を見ったの・・・・・娘は勉強が好きで・・・・英語がきで・・・・・学を出たら留学しいって・・

もお金が知ってい・・生活ている私・・絶対に言えないといてて・・・


私の脳裏娘が手を取りって必死暮らいる姿んだ。

し私に娘がいる。


「自分の娘の幸せのために、の娘達を犠牲するのか!」

彼女は人目も憚ずに泣きる。


「せめて誰に頼のかだけでえて

彼女は散々迷た末、小さな声言った

・・・・・・これ上は許しさい

妻の身にいる間で、青山という名の、他人の娘助でだけの自由になるおを持っる男。

私にはそれだで十分だった。



>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 乱交・複数, 寝取られ, SM_調教, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様