2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

水遣り

 



ろそろ40代の夫。今でお互いに信頼しあい こで来した。


気をしました

浮気ではなく相手の男をした知れません。真は妻の心中にだけあます。 

誰に話る訳湿もありません。書てみ決心をしまし。書いている中自分の気持ちを見つめ直したいとも思っています寿

過去も現在進で書いきます。 後でら聞いた事相手のから聞いた事、私の想像等織交ざっていま


妻と相手の男との性描写は それぞいた事に私のいをぶつけ、実より濃いものに成っいるかも知れません。際には なた行をも書いているか

だ終訳ではありません。私達婦は これから何処へ行くのか。

までの事、れからこるであろう事、来る限り最後まで書いてこうと思す。


断りするまありまが、登場すは全です

読んでいて、ご意見、叱り、励まし等頂ければ、これ程嬉し事はりません。

--------------------

いつまでも無と信じてた妻、死ぬまで私人ののだと信た妻

私一人がいただけなでしょうか。昔の妻はもう戻ないしょ


私、宮圭一49歳、子46歳と今大学を卒業した娘子の3人家族姿

千葉北西部のーミナル駅の郊外一軒家をりています。こで二目の転居です

社会人とし一人歩始めた娘は東で暮らしています

妻にはを掛した。からは充実した夫の時間過ごせる筈た。


33歳で先輩、同僚数湿で会社し、時流にのりしましたが手形事故から民事再生、私が代表を務ていた子会社は倒産自身は破産し屋は担保に取られ手放殿しました

破産したのは5年前のこです。

電子料の販売が主な生業でしたが、台湾、私個人商権を引がせてくれる、借家住まいで宿とか夫婦が食ていだけのものは確保来ま会社を設立して営むことなります

くし、少しが出来直した一軒屋が今住んでところです 


妻は娘が小学校高学になり、手掛けくてからパに出て

郊では名会社で食品検査のータの作な仕事です

の会社でのの評判は、私は伝わってはきませんが、妻いでいる時に度々会社の題がでます。楽しそうに話していますのでとし居心良く、りのらも好持たれているのがうかがえま 


社倒産、個人破産を告た時も「そう西か」と一旦したものの「なら復活出来るわ、私信じてい。私張るから」と逆に励ましてくます。

妻の励まし、頑張が私再生させてくれま

4年て会社の業上がり生費以ものを妻に渡にな

妻もパートに出始めて10数ます。そろそろパトを辞めてもら楽にさい、んな事を考ていました。

--------------------




半年程前の事です。

4年駆けけた一段落し妻と夕食を共にする機会増えてきます

そんなあ金曜日の夕食後、居間でウィキーのロクを飲んでいます、妻も軽いカクテルを片手にの横ります。

「貴方おがある私の仕事事ですが、いいすか

うん、僕もだ丁度った」

パートを辞める相だと思ったのです。私は言けます。

君も随分張っ。もう辞めてもじゃないかなそうすれば次のシーズはクリスマスローズの展示も知れないじゃないか。きな趣味に時間を使えばいい」

うです。妻の中でもクリスマスローズが好きなのです。品の中にフラッネクタのものあります

咲いてみなければ解らないのですが、は白、ピンク色の3種り 育て人の気の掛けやかにもなり、しまう事があります。

中心、蜜腺部の色がいネクタリー色調でそ周囲にフラ呼ばれる星ブロッチが散れています

この寿の鮮やかさも愛情の掛け方で変その可憐で艶やか情は妻ているときがあ

化粧は いつも控えめです。くらとした唇にく引かれたル、二重です切れ長な目、んと尖鼻、控な物腰


「ううん、違うの。早く自分達の家がいの。昨日、部長んとお昼ご飯をご一緒させていた時、社員登用の道も西かも知れないって言われたの


「歳のは言たくないが、君40半ばだよ。そんな話があるわけないじいか。それに僕君には辞めて欲しい。今の貯金をば、後4,5年ではましな家も持てるだう」


した私は、今相の収入があってもローン組めません。貯金して買うしかなのです。

妻が切り込んきます。

「私ートの収入が年100万いでしょ。員にと年400万円るそうな。それに正社員にと、私の名義でならロンがかも知れすって」


「そんな事、誰が言うんだ」


「部長さよ」


「君いる会社は この辺は名門じゃないか事部がるだろう。個人で何とか成るものでは無と思


長さんは社長の甥なの力も人あるの話わ」


が正社員になのはが通っいると思えない」


あー馬鹿にいで。私これるのよ」


「知っ。それより・・・」


の事を考えろと言いたかったですが、付け足せま


解っ。話明日にしよう。久しぶりに出来る金曜


は妻を抱きたったです。の2ヶ月間、、台湾への出続きで妻いていま

は出張中、地のを抱いた事もあり。どの女妻の代わはなり簿ません。

して、この4年間女をこうと言うにもなりせん。


ボーの上の時計LEDが12時げます。

「もう寝ようか」

はい」 

に妻がすっとんできす。き寄とまだ下着を着けたままのが解ります。

40歳をた頃から灯り点けさせてくん。”おばさんら、恥ずかしい”とうのです。

元の小常夜灯だけは許してくれます。その仄かりをりに妻の裸身を見ます。

ような房、この灯では色までは良解りませんが小さった乳首、すっと括れたウェ、張り出した、薄い私の情き立てます 

妻を抱きます。いつも通りの行為で

妻は私のものをむだこともありませも妻のクリトリスを、口愛撫したこともありません

代に試はあですが、やんわり断いう習慣になってしたのです調

敏感乳首攻めるだけです



一通りの行為がわった後、妻はう軽い寝息を立います

の寝顔をていると妻のう通りに婿げようと思うのです

くる日の午後、が話てきす。

「仕事の話すが、如何ですか?」

「条件付OKだ」稿


「条件

君の趣味の時間を削らない事。それとなるく早くやめ欲し


「有。解りました月曜に部長さに話て良いですか?」

うん、良いんじゃか」


この結論が夫婦の行く末きく変えてしす。

--------------------

月、初から正て勤めだし新しいーツでい

トのはラフな普段着でしたが、ス姿妻に鮮な女の香りが漂ってるよ

2ヶ月が過ぎたあたりからの帰宅時遅くりだします。時には12時を過ぎる事貿もあす。パート時代んな事はなかったのです




宅した時はの用意がしてありまし事の用も週に2,3度になます


「最、遅いが多が正社員は そんに大変なか?」

あるいもね」


はしょうがないが、付き合い程々に

「はい、でも半は断っているのよ。どうしてもの時け出ていの」


れ以上は聞きま。そうい事もあ



正社て勤めだし3日目の昼前の。部長に声をられす。

「宮下さ、歓迎会の代っては何だ課員と一緒に昼飯を食べう」

「私なんか、新員でもないし、恥ずかしいすわ

「そんな事は無い。立派新入社員だよ。ちょっとた所約しておいた。さあ行こう」

長の退佐伯俊夫

佐伯が長を勤める部は食品部、佐伯は常務の肩書す。

妻の課は その下部組織の品検査課にます

総勢10名小さな組織です。 

はい、解りました。遠慮なく頂きます」

妻は佐伯の心使いが嬉いので。眩し佐伯の顔を見に従ます湿

佐伯52歳、スーツの上かでもられ体がわポーツマンです。

3週間経木曜日、佐伯はに声を掛ます。

「明、仕事が終わってから時間ないか。打ち合わせきたい事がある

事のしたら務時間はいけないの?」

「課は未だ話を通していな君に了解を得てからだと思ってい

も」

「明日家で用事があるのなら、無理にとは言い」

「いいえ、はあません。お聞きします」

「じゃあ、明仕事が終内線する


次の日夕刻伯から内線が掛かってきます

宮下さん、先にA亭行っていてくれないか。で予約ある

えっ、西で打ち合るのではないのですか?

「会社で男と女が居残って打ち合わせ無粋事はの趣味ではないで。れに会社間外に君といる所を見らたくない」


A亭は この番の料です。全て個です

何か違うと思ながら妻はA亭へ向かいます。

A亭に着き、佐伯のを告げると、ここでも最級のへ案内さ

二人きりと思うと、妻緊張を強られます。

20分ほど遅て佐伯が来す。


やあ宮下悪い悪い。待たせしまったな

「いいえ、そりおしょうか


「い大しではい。様な歓迎会で申し訳いとって。今日は代わと思ってくれればいい

そんな、私なんかに勿体無ですわ」

「そう言わ僕のちだとって受けて欲い」


料理、ワが食卓に並びます。

事のは直に済みま

3ヶ月位経っ慣れたところ員と同じ様に尿欲しいの事です

他の課員は一間に一度位の頻度で出張出まには一泊する事もあります。


品の仕入先に出向のです。

報告と今後の仕入い摘んで話してきます。

検査結果の報告はールFaxで事です

の話は専れ担当が

張は対し きちんと検査をしていますよと婿姿勢を見せる為です

それと良い仕入先を確保しておく為、出来るだけ多く人間を会ておのです。

経営の基盤もしっかりしていると聞いていま。会経営姿勢が見えてきます。


は、自分だけ別扱いされるのも おかしいと思い出張を受しまいす。

さあ、どんどん食べ。取って置きのインもあるし

え、でもこんな食べられません。れにワは、車で来ていすから」

代行を頼めば済むこだ。さあ、やう」


結婚来、以外の性と二人で料亭の個室事、妻にとって始めての験です。

そんも食事とワインむにつれてきます。

便さん、ワイを注いれないか。さあ、僕の横て」

「は



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教, すっきりした話, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様