2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

好きだった人の話

 



好きだった人の話を聞いて欲しい


1 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:24:13.40 ID:T3nSTPQT0
のスック

私:地味系、太いた頃の加護ちゃんに似いる、母子家庭


好きだっ人と会っ中2のだっ

私はの頃クラスの一部男子軽いイジメの様なものを受けいて子が怖くて苦手た。

クラスの女加わかったけど、私が「ブス」と「デブ」とか聞るように言わている時、誰一人として止めて人はなかった。

な感クラスは上手くいっいなったため、他のラス子達と良くてい

隣のクラスのイちかった


2 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:25:32.54 ID:T3nSTPQT0
マイちゃんは、目鼻立ちのハッキリした派手な美人で、中学校に入るまで海外で生活していた為か、個性的で日本人離れした性格をしていた。

マイちゃんはサバサバした性格で物事をハッキリ言う子で、それを良く思わない学校のリーダー格である女子に嫌われ、ついでにそのリーダー格の子の事が好きな男子達などからも嫌われ私よりもっと酷いイジメを受けていた。

(なぜかリーダー格の女子はあんまり可愛くないのに男子から人気だった。)


私はそんなマイちゃんの話に出てくるAという男子の事が凄く気になっていた。

マイちゃんはクラスのほとんどの人から無視されており、隣の席であるAだけがマイちゃんと普通に話してくれるらしい。

なので必然とマイちゃんから聞く話はクラスでのイジメの愚痴とAとした会話が多かったのである。

マイちゃんの話によるとAは口数も少なくそっけないが、マイちゃんが悪口を言われた時も悪口を言っていた人に対して「お前、うるせーよ。」と言って庇ってくれたし優しくて良い人らしい。

Aの事は名前を聞いた事がある程度で顔もよく知らなかったが、ある日突然関わることになる。



3 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:26:28.37 ID:T3nSTPQT0
ある日マイちいえAがんたと話してみたいってって言って来た。

の時 Aの事は私もマイちゃんの話を聞いてい、「どな人なんだろ?」と気にってクラスの男子悪口をいた事軽い性不信だった。

なのでマちゃんに「も話てみたいけど どんな人かまだりわからな接話すのは怖い」とら、その日の放課後マイちゃんに、「Aが今日の夜あんたに電話する番号えてたから」と言われてすっドキし「どどどう・・・」


時はと話した事もあんまり無し、電話だってールだっ事が無ら。

それに私は親携帯は高なってか言われていて、ゃん達とメーる時携帯を使わせてってい(もちろんメルにックはかけていた)

その事を後に後悔する事にる。


4 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:28:46.01 ID:MJeQH1vE0
くり


5 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:30:08.56 ID:dEvt6PBRO
wktk




6 :名も無き774号+:2012/10/24(水) 21:34:33.57 ID:T3nSTPQT0
その日の夜20時頃、知らない番号から親の携帯にがかかってきた。

ようする親にそれ私の友からから!!!」と言っいで帯を持の部屋に閉じこもった


7 :も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:35:20.31 ID:T3nSTPQT0
私「はいもしもし。(震声)」

A「ももしAだから番号聞た。

私「う、うん。マイちゃんか聞いたよ。

A「か。何してるの?

私「ご飯食べ自分の部たよ。

A「ゲームてた。って喋るの初めてだよ。」

てかはじめまして!マイちゃんからいつも話聞いて。Aっていんだ

A「何で?

私「マイちゃん、そっちクラスでから無視されてるでしだけどAだは普に話してれるって喜でたよ。

A「ふーん。が話掛けてくるから話けだけどね。

私「でも悪口言われてる時Aがてくれたって言ってたよ優しいじゃ。」

A「そんな事っけ?覚えてないけど。


それらマイちゃんの話やAがハっているゲームの話、TVの話題など色んな話をし

最初Aの話っ気無さす怖かったけど話みると凄話しくて、母もう22時てるよ!いつまで電話してるの!」られるまで2時間以話していた。


8 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:35:54.90 ID:T3nSTPQT0
私「(母に向)わかっから あっち行って!

A「大丈夫?」

お母さんもう遅いか切れっ

A「またかけるよ

「うん。とう。ごめせっかく電話して。」

A「いいよゃあ明日またかけるから。じゃあね」

私「また明日


の時で大分好いたと思う

キして全然眠れなかった。

Aの顔を知らなかっから明日マちゃんのク見にうと思った。

の日、マゃんのクラスに行きAがどなの教えてった

てAの外見を見て驚愕した


10 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:40:11.41 ID:PbkI0utj0
わくわく


11 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:45:23.50 ID:T3nSTPQT0
Aの髪は茶色く染まっていてAの耳にはピアスが何個か開いていて、その中の1つが凄い大きい穴で金属の輪っか?みたいなのが埋まっていた。(あとで聞いたら0ゲージという大きさだったらしい)

私の周りには髪を染めている人もピアスを開けている人もいなかったので心底ビックリした。

初めは「何この人怖いよ!不良じゃん!」って思ったけど、色素の薄い肌や目の色、整った顔に釘付けになった。

Aは芸能人だと赤西仁にすごく似ている。髪型もほぼ同じ。

私は子供の時から色白で色素の薄い人がタイプだったのでAは物凄く好きな外見である。


そしてその日からほぼ毎日Aと電話した。

Aはいつも19時〜20時頃に電話をかけてくれた。

電話が終わったあとは眠るまでメールをした。

母は男女交際に厳しい為、男と毎日電話やメールをしているなんてバレたら携帯を使わせてくれなくなると思ったのでAの番号はマイちゃんの名前で登録していた。

Aと電話するようになって2週間くらい経った頃、母が聞いてきた。


12 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:47:03.03 ID:T3nSTPQT0
母「ねぇ、最近毎日電話してる子、本当にマイちゃんって子なの?」

私「え?何で?マイちゃんだよ?どどどどどうしたの?」

母「別に。ただ学校でも毎日会ってるのによく話が続くなぁって思って」

私「ま、まぁね。色々あるんだよ!」

母「ふ〜ん。」


さすがに疑ってきている。

マズイと思ったので「母が仕事から帰ってくる前に家の電話で電話しよう」とAに言い、学校から帰ってからAと電話し母が帰ってきてからは携帯でメールをした。

初めてAと電話してから1ヶ月が経った頃、今度の休みにAと2人で会う事になった。

ちなみにAとは毎日電話やメールをしていたが、学校では全然話していなかった。

Aが私のクラスに来た時や、私がマイちゃんのクラスに行った時に挨拶する程度だった気がする。

そして休みの日、母がいない時間にAから家に電話がかかってきた。


13 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:47:46.53 ID:T3nSTPQT0
A「今日大丈夫?」

私「うん。今から用意するから1時間くらいしたら家出れるよ。」

A「今日どうする?どこに行く?」

私「う〜ん。どうしよう。」

A、私「・・・」

A「とりあえず近くまで迎えに行くわ」

私「じゃあ○○町のコンビニまで来て欲しい」

A「わかった」


休みの日に好きな男の子に2人っきりで会うなんて本当にドキドキした。

普段はリップクリームだけだったけど母のマスカラやリップグロスで初めて化粧をした。

そして1時間後にAから「コンビニ着いた」と電話があり急いで家を出た。


14 :名も被検体774号+:2012/10/24(水) 21:50:11.69 ID:T3nSTPQT0
こから先はま溜めていないのでまった聞いてくれたら嬉しい


15 :名も被検体774号+:2012/10/24(水) 21:58:43.69 ID:77ikJjt70
期待




16 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 21:59:35.25 ID:T3nSTPQT0
Aはコンビニの前で自転車に乗っていた。

A「おう」

私「どうも」

A「とりあえずどっか行く?」

私「うん」

そしてAは「後ろ乗る?」と言ってきたけど学校で2人乗りは交通違反と言っていたのを思い出し真面目な私は断った。

Aは自転車から降りて自転車を押して一緒に歩いてくれた。嬉しかった。

とりあえずAの家の近くに大きくて綺麗な公園があるので、そこに行くことにした。


17 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:18:20.82 ID:T3nSTPQT0
公園のベンチに座って色んな話をした。

Aの好きなTVゲームの話になって私が「今度やってみたい!」と言うと、Aは「じゃあ家来る?」と聞いてきた。もちろんお邪魔することにした。

Aの家は大きい一軒家でお金持ちなんだなーって思った。

玄関に大理石で出来たマリア象?みたいなのが置いてあったのを覚えている。


玄関を上がってすぐに階段があり、階段を上ってAの部屋に行った。

Aの部屋は机とベッドしか無くて殺風景だった。床にはピアスを開ける器具とかタバコの箱、チューハイの缶が落ちていた。

少しAの事がまた怖いと思ったけど、飲み物を出してくれたり電話で話すときよりも優しく話してくれたから気にならなくなった。

その後お互いの恋愛の話になった。


19 :名も無き被検774号+:2012/10/24(水) 22:40:39.22 ID:T3nSTPQT0
Aはにキスした事ある言っいた。

6の時出しセンでた中の家に行ってしたらしい

小学生で家出やキスしていた事にも驚いたけれ、私はその女の子に嫉妬した

ってAとキスしたいって思ったど、もちろそんな事るわけない「へーすごねー」み適当な殿槌を打った。

そんな時急にAから今好きって聞かれてビッリした


20 :名無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:41:11.03 ID:T3nSTPQT0
「秘密!」

A「何でー?いるかいなか位教え湿くれたていいじゃ

「うん。いるよ。Aは

A「俺もいる。で、好きな人っー?」

密!Aこそ誰きなの?」

A「秘密」

「えぇ〜なるよ〜!」

A「っちが簿てく俺も教えてげる

私「じゃもういからもん!

A「えーえろよ

私「ー!秘密

なんなくAも私のこが好きなのかなって思った。


21 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:41:42.03 ID:T3nSTPQT0
18時半なってAの両って来たたいなのでの日は送ってもらて帰った。帰は交反をした。

Aの事がももっきになっていっ

から電話やお互いの好きな人を探

Aが「酒で酔ったらきなちゃうってので次遊ぶとは2人でAの家お酒ことになった


22 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:48:09.59 ID:2Qf8s2fpO
はよ


23 :名も無き体774号+:2012/10/24(水) 22:54:19.51 ID:T3nSTPQT0
>>22
急いで書いてるらもょっと待ってく


24 :名も無き被検体774号+:2012/10/24(水) 22:54:50.60 ID:T3nSTPQT0
次の休みの日もまたコンビニの前で待ち合わせしてAの家に行った。

私が好きって言っていたファンタグレープに似た味のチューハイを用意してくれていたのが嬉しかった。

今まで親戚のうちに皆で集まった時にちょっと舐める程度だったので お酒に強い訳もなく缶の半分位で頭がクラクラしてきた。

ぼーっとした頭で「キスしたいなー」って思ったら口に出ていたみたいで、Aは「いいよ」って言った。

私「え????」

A「キスしたいんでしょ?いいよ、しても」

私「そ、そんなこと言ったら本当にするんだからね!」

A「はいはい。どうせしないくせに〜」

私「出来るもん!するもん!」

A「はいはい」

カッとなって自分からキスをした。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:常識の通じない人達,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様