2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

女だけど留学の時にいろいろしてきたエロい実体験を語る




http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1396131278/


1 :名無しさん :2014/03/30(日)07:14:38 ID:POpb3eKvb
アメリカに1年間留学してたときのエロい体験。



2 :1 :2014/03/30(日)07:15:44 ID:POpb3eKvb
が高3のときメリ田舎1年学した

年30もいない小学校で、中学と高校は同物。


【ジェイ(高)その①

数学の授一緒で、席も隣ってくれて初めか すごく親切てくれた。

日本に興味持ってくれてたり、連絡事項を確くれたり。湿

来たっかで友達もいかっ めっちゃ嬉しくて、ものく頼りにしてた。

という超わいい高女が人でべりし

に2人とも金碧眼


3 :1 :2014/03/30(日)07:16:09 ID:POpb3eKvb
ある日、ジェイに「相談があるんだ」と呼び出され、夜ヘイリーと3人でドライブに行った。

田舎なもんで、草原とか牧場しかない。

誰も来ないだろう場所に車を停め、彼らは話し始めた。

「実は、2人でのS○Xに慣れてしまって、もっと刺激が欲しい。

3Pがしたいけど、あとくされがあるのはいやだ。

君は留学生ですぐいなくなるし、かわいいし、ぜひ君と3Pしたい。」

これが理由で私に親切にしてたんだと思うと悲しくもあったが、異国の地で頼りになる友人を失いたくない気持ちが強く、了解した。


4 :1 :2014/03/30(日)07:16:50 ID:POpb3eKvb
席・助を前し、3人で後部座席に移動

ゃ、ずキス。」私とヘイを指さすジイ。

抵抗は期待に応えと でるだエロく彼女とキスした。体をくらせて舌らめあっ


それ見ながらイは自分ののをしこながらの胸に互に手を伸ばた。

胸を触らてびくっとなる。嫌だった我慢

ジェイが私にてきた

鼻息もく、ぼるよう胸もしくできた

シャツとブラくし上げららわになる胸唇をヘイー。超恥かし顔をた。

私はが弱くて思わず「んっ…んんん…」と声が出る。





5 :1 :2014/03/30(日)07:17:09 ID:POpb3eKvb
はジェイが激しみ、片方はリーのか簿いい首をこころ、ゅぱちぱ…

筋へイの舌の刺、乳首持ち良すぎて頭がおくなそうだった

「私の寿なめて」と服をくるヘイリー。

てよく見えなかけど、おっきかった。

ジェイ人で彼女の乳首攻める。


ゆっ稿し付たり、チロチっぽ

彼女は下も脱い、ジェイがぬちゃぬを出し入れ

「オア…と喘ぎ声もアメリカンなヘイリー

サービス精神旺盛なジイは私への愛撫も忘れず、同時に下着の上らあこを撫刺激してくれ

お返しにジェイのあれゆっと撫で

「ンン〜っ…オ…

車のは三湿い息と喘ぎ声で窓ガラスも曇ってた。カーテレオの明やペ○スがぬらと濡れて光っているのが分かった



6 :1 :2014/03/30(日)07:17:33 ID:POpb3eKvb
次にジェイが「ヘイリーの、舐めて」と。脚を大きく広げるヘイリー。

やるしかない、と覚悟を決めて、彼女のそこに唇を持って行った。パイパンだった。

ゆっくりと舌を押し付け、自分がされたら気持ちいいだろう動きを必死でやった。強すぎず、弱すぎず。

唾液をたっぷりと出しながら、既に濡れ濡れの筋を何度も舐めあげ、栗とリスも皮をむかずに上から舌で刺激。不思議な味がした。

ぴちゃぴちゃと音を立てて。時折中に舌を差し込むと彼女の体が小さく跳ねた。


彼女はジェイと激しいキスをしながら胸をもまれ、彼のものをしごいていた。

キスの合間にも「オ〜ゥ…ア〜っ…んふぅ〜っ…」すごい喘ぎ声。

私に向かって「気持ちいいよ…」と言ってくれて安心した。


7 :1 :2014/03/30(日)07:17:53 ID:POpb3eKvb
にジェイがに「て…と言ったので、必で舌這わせ

彼はイリーのや唾につ、それをそれに塗りつけた

ぬるぬると しご。おっかったけど、硬さは日本人が勝ってると思

「んっ…ん…んぶりならも吐息がもれ、ェイかし喘ぎながでも手を休めてなや肩を撫でまわ

「ん!」急に私のあこに電流のうな快感が走った。

イリーが指先で愛撫を始めたのだ。体制的○ニきなかったようでた指の刺加えて彼お尻ほっぺを舐まわし始めた。

やられるような雑な愛撫じなく、本当に簿繊細ツボを得てい撫で方

もうのものはるぬでぐちちゃ女はを何度も撫上げ折クリ○リスも押さえて振せ、どうなってしまいそうなほど持ちよさ。

の中にれがし、後ろらも攻められ、高の私れ以上ないほどの興奮を覚え

彼女の指が2本ほゅる!とってきたとは もぶってなどれなった



8 :1 :2014/03/30(日)07:18:12 ID:POpb3eKvb
くちゅ…くちゅ…いやい音合間に「あっ!んっ!あぁっ!」と思わず声が出る。

そこでェイがヘイリーの後ろに移、私もっこに寄った。

はドアにもたれかり、ヘイリーは四つん這いになっと指の あそを攻め始めた。

ジェイはビンビになっれを、しくヘイリのま○ゅるにと擦り付けてたけ急に切り後ろから ぶち込んだ。

「オ〜ォウ!!」

ロい叫び声を出ながけぞるヘイー。

ジェイはイえてる、でも奥容赦なく突きげていた

ヘイリは私のを舐めくれるけれどこゃなで そのピストンっていた。


刺激目の繰り広げら景にものすごく興奮し、自分にも突っ込んで欲しかった

揉み、乳首をりくり息をくし


9 :1 :2014/03/30(日)07:18:30 ID:POpb3eKvb
とヘイリが移動しジェイ私の前までにじきた

いよいよやられちだ…と少恐怖もったけど、もうでも良くなたしり そものを入れて欲くて たらなかっ

「ああっ!」びんびんものが、のま○こに押し付けられ、ひだにからまりながら上下にぬるぬると

かりがにあたっ、そだけで ものだった。

でも入れほしくて、ジェイお願い!」声を出した瞬間、ずんとあそに衝撃がきた。

「ああああっ!!!」

「オォ〜ゥ…

ジェイのは やっり大いみたで、すごい圧迫感

で ぎっちで、も気持良さめ付けと思

リーのんで、ェイでなら横ら結合部をじっこんでた。

超キ…気持いいよ」言いながら、彼が唇を重ね

も考えられなくて、本能に任せまま舌を激しくからめながら めち動かし始めた

でもすぐが「ゥガッード!」と抜た。


10 :1 :2014/03/30(日)07:18:45 ID:POpb3eKvb
たぶんイクときはヘイリーで、と約束してたのか、急いでヘイリーを押し倒し、ものすごい高速ピストン。

もう2人とも動物みたいに乱れて叫んでたけど、すぐに一際大きく叫ぶとジェイは腰を彼女のあそこに ぐっぐっとおしつけたまま、どうやらイッたみたいだった。

この日はこれで終わり。おうちまで送ってもらって、「またやろうね♡」て言われた。

アメリカって高校生でも こんなエロいことするんだ…と衝撃で もんもんとして なかなか眠れなかった笑






11 :1 :2014/03/30(日)07:19:03 ID:POpb3eKvb
【ジェイその②】

目は映画だった。スカート穿いてきてと指定あっ

映画館にもあり、そこーブルがある席。

もほとん人は一階見る。

うちら三人階席に取り、映画始まるのを待た。

イリー真ん中。

席に他の友かもいてすごく緊した尿

映画が始と、またジ2人キ…」と ささやきーを

音をたてないようにくりと唇、おの舌をなめ

ジェイは自分のものをしこってた。


の日はお互いキスし、胸もだりンツをらして手マたりして終

さすがに映画館だし激しいこった。

たらうしようってうスリルがには良ったしいけ、私は怖くて早く終たかった。



12 :1 :2014/03/30(日)07:19:19 ID:POpb3eKvb
【ジェイその③】

先述の初めての行為の後、学校で顔を合わせるのも初めは気まずかったけど、彼らは何もなかったかのように振る舞ってたので私もそうした。

でも、ジェイは数学の時間(10名しかいない少人数で、場所は化学室みたいなとこ。2人で一つの大きな机で、うちらは一番後ろに座ってた)に、私に脚をからめてすりすりしたり、机の下で太ももを撫でたりしてきた。

太ももの内側を撫でるとき、指が敏感なところに触れるか触れないかのぎりぎりなラインで、私はとても授業どころじゃなかった。

直接は触られないのに、毎回ぬれぬれで大変だった…。

手を彼の股間に持ってかれたりもしたけど、どうしていいのか分からずに ただぎこちなく撫でるだけだった。

ある日「こういうことしてるのはヘイリーには内緒だよ」と彼は言った。


でも私は、彼女に後ろめたいようなことはしたくなかったので、次の日から授業中は あまり彼に近づいて座らないようにし(隣だったけど)、彼が手を伸ばしてきてもそっとその手を摑まえて彼のひざに戻す、を繰り返した。



14 :1 :2014/03/30(日)07:19:33 ID:POpb3eKvb
放課後はたまにジェイにうちまで車で送ってもらってたんだけど、そのときは たいてい彼の小学生の弟も一緒だった。

ある日もそのように送ってもらってる車の中で、私が「最近うちのパソコンの調子がおかしい」と言ったところ、彼が「じゃあ自分が見てあげるよ!」と。

私はまずいかな〜と思いながら、「でも弟くん退屈しちゃうかもしれないし、時間かかるかもしれないからいいよ」と断るけど、「いいっていいって!大丈夫!自分パソコン得意だから!」と食い下がる。

うちにつくと、ホストマムの車があったので安心して、弟君もいるから大丈夫かな、とお願いすることにした。

車を降りながら弟君も…と言おうとすると、「弟は車で待っとけ!」と足早に玄関に向かう彼。

家に入ると、予想に反してマムはいなかった。(友達と出かけてた)ありゃ〜と思ったけど、ジェイも ほんとに親切心で見てくれるんだと信じて、二階の部屋に上がった。

一通りパソコンを見た後、彼はなんだかんだと難しい説明をしてた。


16 :1 :2014/03/30(日)07:20:07 ID:POpb3eKvb
よく分からんかったからとりあえず、「そっか、ありがとうね!じゃあ行こっか!」て言った瞬間彼に抱きすくめられ、激しくキスされた。

びっくりして、「ダメだよ!」って言ったら「ずっと君と二人っきりでやりたかった…」と体中をまさぐられ、突き放そうにもすごい力で、舌をからめられながら胸を揉まれ、パンツの中に手を入れられた。

「んん〜っ!やめて!」

「止められないよ…お願い…お願い…」

後ろを向かされて、手をつかされ机に押し付けられた。

私にのしかかりながら荒い息で、片手でがちゃがちゃと自分のズボンを下ろしたあと、後ろから手を回して私のズボンも下ろす。

固いものが あそこに押し付けられた。

濡れてもないのに後ろから ぎゅっぎゅっと無理やり入れようとしてきて、とても痛かった。

「痛い!」というと「ごめん…ごめん…」と、自分の唾をつけまたねじ込もうとし、それを何回か繰り返して ぐぐぐっと入ってきた。


17 :1 :2014/03/30(日)07:20:27 ID:POpb3eKvb
ものすごい圧迫感で思わずうめき声を出してしまう。

このときには もう早く終われ…としか思ってなかった。

「あああ…気持ちいいよ…すごくいい…」

そう言いながら彼は犬のように激しく腰を動かした。

私は机に突っ伏しながら、涙を流してた。

彼がピストンするたびに、体全体が前に押しやられる。

ぱんぱんぱんという音が響き、私も この刺激に濡れてきたようでピストンはよりスムーズに早くなっていった。

彼のあそこがさらに固くなり、数回全力で奥まで突き上げた後、彼は果てた。

「気持ち良かったよ…○○(私)…」

そう言って私を抱き上げてキスしようとして、そこで私が泣いてることに初めて気づいたみたい。

最中も軽く嗚咽は上げてたんだけど、ただ感じてると思ったんだろうね。


18 :1 :2014/03/30(日)07:20:38 ID:POpb3eKvb
ジェイはびっくりして、「ごめん!本当にごめん!」と言いながらズボンを上げて慌てて出て行った。

私はベッドに倒れこんで、しばらく放心状態。

ズボンをはこうとして、ボタンが壊れて外れかけてるのに気付いた。

ジーンズの鉄のボタン壊すなんてどんだけだよ。


次の日学校で謝られたけど、自分がどういう反応したか あんま覚えてない。

徐々に何もなかったかのように振る舞えるようになってた。

3Pのお誘いもなく、しばらくは普通に過ごしてた。





>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:女性視点, 胸キュン, 青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様