2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

同僚に寝取られた嫁が調教にハマってしまっていた





632 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 18:30 ID:Sa8KrgYe
結婚して5年が経つ妻(32)とは、もう丸2年以上セックスレス状態。

別に仲が悪い訳でもなく、週末には普通にデートしたりしてる。


セックスの相性があんまりよくなかったという背景もあったし、馴れ合い過ぎて、男女というよりも、家族としての関係になっていたんだと思う。

ただ客観的に見て、妻は歳の割に若く見えるし、巨乳タイプではないが、胸はいい形だし、腰もくびれてる。脚の形だって悪くない。

出産経験もないし、仕事もバリバリしてるので、雰囲気も若い。


俺以外に男いるのかな、とか疑ったこともあったけど、そんな素振りもない。



633 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 18:38 ID:Sa8KrgYe
俺はといえば、妻には全く関心ないものの、性欲は旺盛。

出会い系サイトで出会った女やヘルスやソープやらで、週に1回は外で抜き、週に3回は妻が寝静まったあとに、オナニーで抜いていた。



そんな日々に変化が起きたのが一ヶ月前の日曜日のことだ。

会社の同僚と後輩が我が家に遊びに来たのだ。

その日は職場の連中でゴルフに行った後、ゴルフ場からの比較的近かった我が家に寄って、軽く飲み食いしてから解散しよう、という趣旨だった。



635 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 18:50 ID:Sa8KrgYe
我が家にやってきたのは同期のT(33)と後輩のY(28)とS(23)。

みんな同じ課のメンバーで、Sは今年の春に大学を卒業した新人だ。

妻はかなり手の込んだ食事を用意してくれていた。

妻はT以外とは初対面であったが、後輩たちともすぐに打ち解けて、場は大いに盛り上がった。

妻は32歳となった現在も、一部上場の金融機関で総合職として働いており、会話力というかコミュニケーション能力は完全に俺を凌駕している。

で、アルコールの力も手伝い、場はかなり親密な雰囲気になってきた。



636 :鋼の錬師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 19:03 ID:Sa8KrgYe
「でも、こんなにきれ、料理も上手い奥さ、M(俺)さんホンマ羨ましいですわ」

「いやいや、いつもは滅こん姿調シ出てーへんで。お客さんが来たときけ、おかずの数が増るから・・ちは

・と、まんなのない話題がひとしきりて、そのった。




637 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 19:11 ID:Sa8KrgYe
後、課のメンーで飲み機会があった。

輩Y「いや、ホマにんの奥さんきれですよね。ぼくマジ一目ぼれしわ」


後輩Yは大風俗好きで、給料の大半がヘルスに消える男


「そなことないやろ。味な顔してるし長いこと一緒にったら、飽きもるしなぁ」


同期も、ゆうた悪いけど、Mの奥さんも結べたら、少老けたよなぁ


同期Tは歯に着せぬ物言いでも有名な


後輩Y「やい、3であれやっ全然Oでしょ」


の間会は俺のの品評会になっていた。



638 :の錬金術vBYlxlHc1E :04/08/22 19:19 ID:Sa8KrgYe
輩YMさん、お子さんは作りはへんのですか?」


嫁も俺子供あんまり好きちゃうしな前にうちう2年ってへんし」


後輩Y「ジっすかぁいない・・・相しはんかった奥さ他にいません


俺「他にいにも、あ歳やし、いいやろ。まぁってく言えへんけどなぁもいいろし」


後輩Y「いやいや、Mさの奥さんやったら絶対にもては。あいうタイプのにおったら分指しますわ」


扱いする輩に少し便不快感を抱いた、自分にっては性欲の対象の男から欲望われるのは複雑がらも少心を抱まった。



639 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 19:28 ID:Sa8KrgYe
で、その後はみんな悪酔いしてしまい、酷い雰囲気に。

二次会はお約束で風俗店の密集するエリアに移動。

特に後輩Yは「○美ちゃん(俺の妻の名前)のそっくりさん探すでー」と叫んでいた。



640 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 19:32 ID:Sa8KrgYe
そして、その一週間後、課の飲み会が遅くまで続いたこともあり、後輩のYとSが我が家にやってきた。

家に着いたのは午後11時過ぎ。

妻も少し前に帰ってきたばかりだったらしく、白いブラウスと、タイトスカートという格好のままだった。

その日は金曜日だったので、翌朝に早起きする必要もなく、我が家でビールを飲みなおすことになった。

妻もアルコールは普通にいける口だ。妻もいい感じにビールを飲み続けていた。



641 :えっちな21禁さん:04/08/22 20:54 ID:C4UTDUhr
続きお願いします

く読ませてもらってま


642 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 21:16 ID:Sa8KrgYe
>>634
>>641
㌧クス。メシ食ってきたので、ガンガッテ続きいきます。


午前零時を過ぎた頃、後輩Yが案の定、口火を切った。


後輩Y「○美さん、M先輩ってひどい旦那さんですよねぇ。こんな美人の奥さんがいるのに、相手もせずに・・・」


妻「え?」と少し驚いた表情で俺を少し見る。しかしすぐに切り返すあたりはさすがだ。


妻「そうなんですよ。こんないいヨメがいるのに、ホンマにひどい主人やわw」と俺を見ながら笑う。


ちなみに後輩Sは酔いつぶれて、ソファで横になっている。



643 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 21:23 ID:Sa8KrgYe
はアコールが入るとけっこ気が大きくなる


俺「Yは美のこと一目ぼれしたいらなぁ○美、年下は趣ちゃかったっけ?」


妻「年下なぁ〜。実はわから年下ウケすんねん。こっちもちゃうし


Y「マジっすか?やばいわ・・・おれしよか


は俺より背も高いし、わゆるイマドキの若者だ。いちおう特定の彼女はい以外にも数人のセフレがいし、まして大風俗好きだ




644 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 21:29 ID:Sa8KrgYe
俺は少し二人をいじりたい気分にかられて、ゲームを提案した。

何のことはない、古今東西ゲームだ。で、負けた奴が缶ビールの半分を一気飲みするというルール。

3人とも結構酔っていたので、間違える回数も多く、結果として飲むペースもかなり速くなってきた。


妻「あかんわ。もうこれ以上飲んだらヤバイ」


俺「じゃあルール変えよか?まだまだねむないやろ」


Y「あ!ほな、負けた人が何か芸するんはどないです?」


妻「いややー。芸なんかできへんし」


俺「ほな決定!負けた人は一発芸ね。できんかったら罰ゲーム」


Y「はい!ほな古今東西・・・」


このようにして、夜は更けていくのであった。



645 :鋼の錬金術師vBYlxlHc1E :04/08/22 21:36 ID:Sa8KrgYe
Y「ほな始めますよー。古今東西・


ちょっってやー」


俺「はいはい、もう始し」


はYがアウにな、森本レの声マをした。しょーなかったが、ノリな笑った。

次にアトになった宿のは妻だった


うー、マわたし何芸なんかできへんし」


Y「何もええですよやったらで何もOKすわ


やそや。いっとけ^^


少し考えたあかんわーでム罰ゲームの方ええ

ってましたとばかりにYが、「あ!じゃあ皆ゃんけんましょよ。○美さんがたらゲームはなし。他二人勝ったら、の人とキスしましょよw」



646 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 21:45 ID:Sa8KrgYe
俺「おまえなぁ」


妻「あ、ええやん。それいこw」


俺「・・・」


で、じゃんけんは俺が勝ったw


Y「Mさん、とーぜん舌入れやないとあきませんよ」


俺「あほか」


妻「・・・」


考えてみれば、この罰ゲームでのキスが約2年ぶりのキスだった。俺は酔っていたこともあり、舌をからませまくった。

そしたら少し興奮してきた。

しかし妻は目をつぶって、俺にされるがままだった。

10秒ほどのキスが終わった。


Y「すごいなー。チンコたちましたわ!Mさんチチ揉みだすんちゃうか思て、ドキドキしましたわ」


下世話なセリフが怒涛のように出てくる。



647 :鋼の錬金vBYlxlHc1E :04/08/22 21:49 ID:Sa8KrgYe
続けて2回ほどYが負、相変わず似てない真似


そして、た妻が負け


「あ、あまんや!」


「よゃ、いくでー」


妻「じでw」


今度はYがった


っしゃああああ


、近所に迷


「あいません・・・あにも嬉しくてw」

Yは喜び勇隣に座った。

緊張した表情った、ゲームと割り切ているよもあった



648 :鋼の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 21:57 ID:Sa8KrgYe
Y「ほな、いきまーーす^^」

テーブルを挟んで妻とYがキスを始めた。

Yは妻の口に優しく唇を重ね、それから舌を入れた。そして妻の口の中でYの舌が動いているのがわかった。

しかし驚いたことに、妻も積極的に舌を絡めていた。

お互いの頬が膨れ、それぞれの口の中で互いの舌が複雑に絡み合っているのが、手に取るようにわかった。

その光景も見て、俺は嫉妬よりも、欲情を感じた。

自分の妻が他の男とキスをしている光景を見て、俺は妻に2年ぶりに欲情した。

そして、激しく勃起した。



649 :の錬金術師 ◆vBYlxlHc1E :04/08/22 22:30 ID:Sa8KrgYe
正直、主人としは直視するにえ難いディプキだったが、俺は最まで届けようと思った。

妻はブラのボンを上から二つ目まで開けていたので、胸元も少しはだけているのが、俺の情を増幅さ

スが始まって30近く経った頃だろうか、妻は「・・と声を出した。

Yは妻の頭を撫て、更に激しく舌を寿った。

疎外と嫉妬心か、なんとも言雑な感情のまま、二簿の激しいスを眺めいた




>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 乱交・複数, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様