2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

韓国人に彼女寝取られた話する




http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1432387035/


1 :名無しさん@おーぷん:2015/05/23(土)22:17:15 ID:H0Z(主)
暇だから語る


11 :名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)22:21:03 ID:H0Z(主)
とりあえず当時の、俺と彼女のスペック。

俺(春樹)
大学生。フツメン。頭も運動も普通。ちょっとコミュ症。


彩(あや)
俺の彼女。細身で色白。手足が長くて折れそうなほど細い。貧乳。勉強は普通。でも頭は悪い。運動神経は良い。コミュ力はそこそこ。


指原に似てるとか言われてた。個人的には そっちよりも、なあ坊豆腐って子に似てた。

パッと見はわからないけど、かなり変な子だった。

夏目有人帳が好き。

見た目のキリッとした印象と違ってアホの子。


16 :名無さんん :2015/05/23(土)22:23:37 ID:H0Z(主)
彩とは学がじでから割とが良かった。

高校も同じった。

けれど高校では少し内向的になともあり、まで絡は多くなかった。


大学で学科になり、お互い周り知りもいなかったから、行を共にすようになった。

それで自然仲良くな、向こら告白された

学の時から好きだったとわれて驚いた

「といっきー(から学部にし、みたいなとるからね

で?」

「うん。大学も最初はのとこ寿行こうかと思ってた」と言れた。

俺のことを『るっきー』とんだ。





24 :名無ん@おーん :2015/05/23(土)22:25:57 ID:H0Z(主)
俺は大新し友人が出来なかった。

俺が多少コミュ症ということあるが半分以上は彩のせいでもあった。

ら卒業に必位もじ。だから全く同授業登録してでは いつも一緒た。

以外寿の授業は合わせなかっ、彩が同じほういいと言って、一緒に授業簿んだ

「だのほうが一にいられるじゃんクロドヴァンダム」

ポートも二分の一の労で済

「あー、なこと言う〜 ならレポート見殿てあ婿よ」

「逆に彩せてって泣いて来そうながするんすが

「助け合い大事だと思いすは


は公面前で あまりイチャツキたくなかっが、が俺べったりだ

平気で腕をて来たりし

最初は少しかしかっけど、正気はなかった強く拒まなかっ

て慣れって怖いもので、そのうち あま恥ずかとも思わなくなって来た

りから見ればバカップルったと思う


31 :名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)22:27:56 ID:H0Z(主)
授業で一番後ろの席に座った時のこと。

隣の席の彩が、体を密着させてきた。

それと同時に足を絡めてくる。太ももと太ももが擦れてくすぐったい。

「なんかドキドキするね」

すぐそこのニーソとスカートの間から見える白い肌が気になって授業どころではない。

彩が太ももをこすり付けるように小刻みに動かしてくる。

授業中なのにムラムラしてしまう。

彩は悪戯っぽい笑みを浮かべている。

「あれれぇー、るっきーのここ、硬くなってない?」

ズボンの上から やさしい手つきで下腹部をさすってくる。かなりヤバい。

「授業中なのに勃起しちゃったんだ〜?」

お前のせいだよと言いたくなる。綾の手が気持ち良くてますます硬くなる。

「どんどん硬くなって来てるね」

さらに体全体をこっちにもたれさせて、耳元で囁いた。

「私も……変な気分になってきちゃった…………」

こちらを挑発するような声色。



もうたまらんと思い、二人で授業を抜け出し彩の家に向かった。

俺は実家から通っていたけど、彩は大学近くのレ○パレスで一人暮らしをしていた。

彩の家に着くとすぐに押し倒した。

「やんっ! るっきー大胆!」

鍵もかけずに そのままセックスした。

かなり燃えて、二、三回戦までやった。


こんなことばかりしていたから、必修以外の単位をかなりの数落としてしまった。必修だけは頑張った。

彩はバカだから必修の授業も関係なく、授業中にちょっかいをかけてこようとしたから軽く叱った。俺だって我慢するの大変なのに。

「だってるっきーがイジリたくなるような顔をしてるからいけないんだもん」

よくわからない拗ね方をしていた。


35 :無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)22:30:16 ID:H0Z(主)
直俺達はちょっといていた。

にもっとヘンテコな学生たの助かた。田舎のヤンーみたいな学生た。ビ指してやつもいたちろん普のやも大勢いたど。

ホントに自由な学科った。


留学生も そそこいた

国かの留学のカン君は とて婿も優秀な。というか日本に来学生って ほとどがな気が学で会っ留学生は秀だった。

カンが映俳優みたいに整っ、背高かた。背がいから細く見えるけ、筋肉もついた。いゆる痩せマッチョだった。

かも四カ国語が喋れた。韓国語、英語、中国語、日本語。あドイ寿のちょっも日語が時々おかしい時があっ。もしかすると英語とも そのレなのかもしれない。

コミュニケーション能力はごく高かった。つも人の輪の中にいた

でも、積極的に質宿問していた。他の学生はも質問しないにカン君だ問するか教員から気に入られてた。

アジアの学生て勤勉だけど おとなしが多かったからカン君は珍しいタイ湿だと

真面けど陽気で おとぼけたところがあってんなかられるキャだった。

てもカン君は、中で話しやすいほうだった。


38 :さんおーぷん :2015/05/23(土)22:32:51 ID:H0Z(主)
彩が人暮らししてたの部屋に泊まこともあった。宿に夏目有人帳のポスターが張ってあった


付き合い立て綾の部屋で情期の猿みたいにヤまくった。

互い初カレ初カノだったこともあ、セスの快楽にれた。

クスを覚て思ったことがニーと違れなに体力を消費ということだった。

ただの疲や気怠も心かった。激しく絡み合っあと二人でーってだらけるの悪くなかた。

互い汗て生れたままの姿のままで抱たりしてた。

一緒呂を入

いってるうちに またムラして延長戦に突入することもあった。

二人ともみたいだっ



れでも出来るだけ、綾の部屋にのは避ようした。彩はに住みたがっていたけど。

緒に生活したり、泊まりっぱなしになると、どこまも堕していような気がしたから

ただ俺はれやすいタプなのでると、泊まる予定ゃな日も ついつい泊まってしまうことが多湿々あった。

のう部屋人分の服、下着ブラ備されってしまった。





43 :名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)22:36:24 ID:H0Z(主)
同じ理由でバイトは違うものを選んだ。

バイトまで同じにすると、ホントに24時間一緒に居ることになってしまう。

別にずっと一緒にいるのが嫌だったわけじゃない。むしろ俺も彩と同じで四六時中一緒にいたかった。

けど さっき言ったように堕落しすぎるのが嫌だったし、なにより飽きられるのが怖かった。

少しは二人でいない時間があったほうが関係が長く続くと思った。


45 :名無しさ@おぷん :2015/05/23(土)22:37:46 ID:H0Z(主)
頃は日のよにイャし

寝ながらテを見ていたら、彩が足下にて来た。

そして俺ボンを脱がす。すぐにパンツがさる。

「ご開帳〜」

「え、なに 

俺の足に股がって、チ鷲掴る。くすぐったけの手は ひやりして心地かった。たまをにされる。

立て つんだジョー!」

「………

彩はセッ よくわからないネタをぶっこでくる。

「クララバカ! 意気地な!」

彩のちを触る動激しくなる。片方の手たまをにぎま、もう片方の手で陰茎をしごかれ

彩の気持良く勃起

ララが立った!」

前、それが言いたかっだけ

「あは」

かれ亀頭を指でられる

尿道口に沿うよう冷たい指を這わせる。そ気持ち良くて ちんこがビクビて反応してしまう。


48 :名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)22:38:46 ID:H0Z(主)
「るっきー感じてるんだね〜」

彩がちんこに顔を近づけ、フッと息をふきかける。

「お、またピクピクしてる、ちゅっ」

ちんこにキスされた。

「いただきます、あむ」

そして そのままパクッとちんこをくわえてくる。湿った感覚が亀頭を包む。冷たい手に比べて口の中は少し温かかった。

彩はフェラが好きみたいだった。頼まなくても今みたいに ちんこをくわえてくることがよくあった。

ちんこから口を放す。彩の唾液で表面が湿っていた。

彩の舌がちんこを舐め回す。亀頭と竿の境目の敏感な部分を、舌がちろちろと舐めてくる。裏筋を刺激されると思わず反応してしまう。

「あはっ、るっきーここが弱いみたいね」

彩が悪戯っぽい笑顔を浮かべる。

「舐める度にびくびくしてるよ」

ぱくっと、彩の口がちんこを包む。亀頭をくわえた状態で、舌をせわしなく動かしてくる。

イキそうになったので、慌てて口からひっこぬく。


50 :名無しさん@おーぷん :2015/05/23(土)22:40:21 ID:H0Z(主)
彩はSなのかMなのかよくわからなかった。

普段はちょいSっぽかったけど、セックス中はMっぽい時もあった。

「私のこと、壊してくれてもいいのよ、ふふふ」

「頭は すでに壊れてるようですね」

「誰の頭がぽんこつかっ!」

「あれ?彩ってMだっけ?」

「るっきー相手ならMでもSでもいけるんです」

「さいですか」

「ただ今日は、激しく犯されたい気分…………なんてね」


彩がはにかむ。自分で言った言葉で、照れているようだった。

俺の嗜虐心に火がついてしまう。彩を四つん這いにさせる。

「この格好、犬みたいで恥ずかしいね」

後ろから彩のま○こに挿入する。俺のち○こが彩の肉をかき分けてズブリズブリと奥に入っていく。

「あっ………なんかこの体勢だと犯されてるって感じがするっ」

正直凄く興奮した。

バックで犯しながら彩のお尻を叩いた。

「あんっ」

最初は軽めに叩いてたけど、俺も段々調子に乗って来て、結構べしばし強めに叩いた。

叩く度に彩が きゃんきゃん鳴いた。

情けないことに、俺は興奮しすぎて すぐイってしまった。

「今日のるっきーは激しかったね」

たまにはこんなプレイもいいかな、と思ってしまった。




>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:寝取られ, 失恋,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様