2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

一人旅で女体盛りをさせられるハメになった

 




477 :まゆみ02/06/29 08:03 ID:egQTk0Kl
去年の10月にひとりで東北のへ行ったときの話をしたいといます

このは普通の週末だったんすけど、土曜朝5時ごろに早起きしてをビュウ〜とばて行きまた。

的地に着いたその日に件の露天風呂をハシしてまいました!

・2件目とも良かたんど何と言っても件目の温泉がイコ-でした

そこへは午後の1に着いたんです、わしが露天に入とき、わたしのほにはばあんがひとりいるだしかもすに出ててしまので婿貸し切でし

その泉はっていうんです西がお湯すごプップカ尿いててほんとに『玉子入っていたい!(匂いもスゴイすけどぉ

『まゆみは中華食材にっちゃかしら?て思っりし



478 :まゆみ:02/06/29 08:05 ID:egQTk0Kl
空には晴天の秋空がひろがり、あたりには木々を揺らす風の音しかしなくって ほんとにほんとにもう『いうことなし!』です。

日頃ムリをさせているお肌にもたまにはゆっくりとリラックスさせてあげないとイケナイですよね。

毎日このスタイルを保つために腹筋とかはやってるんですけど(夜の通販で買ったヤツとか使って)

なかなか時間かけてボディーマッサージとか平日はできないですからね。

それと蛍光灯じゃなくて太陽の日の下でみる自分の肌の色って好きなんですよ。

なんか暖かみがあるじゃないですか。

ゆったりと広〜いたたみ20畳ぐらいはあるお風呂にひとりっきりで入って、ときどき映画のワンシーンみたいに脚だけお湯の外にだして手でなぞったりして・・・。

チョット自己陶酔しちゃいました。



479 :まゆみ:02/06/29 08:07 ID:egQTk0Kl
『あ〜ん。もう、気持ちいいよ〜!』

勢いだけで家を飛び出してきたので今晩の宿もまだ取っていません。

ま、いつものことなんで『最悪また車のなかで寝ればいいさ!』ってノリであまり真剣には考えていません。

『とりあえず、今が気持ちいいからいいの・・・!』ってカンジです。

ところが そんなまゆみの夢のようなひとときをぶち壊す出来事が起こったのでした。


ワイワイガヤガヤというけたたましい声と共に、少しお腹の出た中年の男性が4人ドヤドヤと露天に入って来たのでした。

『おお〜!いい眺めですなぁ!』

『やっぱり露天にかぎりますなぁ!』

『この後のビールがたまりませんねぇ〜!』

せっかくのいいカンジがもう台無しです。

『・・・・・たしか浴室の入り口のところに”露天風呂:10時〜13時殿方/13〜16時ご婦人”って書いてあったのに・・・。この人たちそれ見なかったのかしら!』

わたしのなかで怒りの感情がフツフツと沸いてきました。



480 :まゆみ:02/06/29 08:08 ID:egQTk0Kl
4人は わたしの存在に気付いているのかいないのか、タオルで前を隠したまま次々にお湯の中へと入ってきます。(もうっ!タオルをお湯の中に入れないでって書いてあるでしょ!)

『いやぁ〜こ・れ・は・最高ですなぁ〜!』

『日頃の疲れもとれますな!は、は、は。』(OLのわたしだって疲れてんのよ!)

『はぁ〜!極楽極楽と・・。』

大変よくお喋りになるおじさま方です。

その時わたしのいた位置は露天の入り口からは1番遠い場所で そのおじさんたちからは対角に最も離れたところでした。

とはいえ、あの距離から わたしのことが見えないとは思えません。

湯面から顔だけ出していたわたしは『普通なら若い女性がひとりで入ってることに配慮していったん引き上げるとか、この状況では出るに出づらいでしょうから その間だけあっち向いてますとか、もっと紳士的な振る舞いはできないものかしら?』とイライラが積もってきました。




481 :まゆみ:02/06/29 08:12 ID:egQTk0Kl
『ここの夕飯がまた、品数が多いんですよ!』

『まあ、私はコレ(酒の意)さえあればあとは何もいりませんがね!あ〜っはっはっは!』

おじさんの会話は尽きません。

『もう、いいかげんにしてよ・・・。』

さすがにわたしは のぼせてきました。

彼らへの憎しみに似た感情がメラメラと燃え上がります。

『思い切ってもう出よう!』と決めました。

そして その時わたしは少し考えました。

『後から来たあの連中のせいで、気持ちよく入浴していたわたしがスゴスゴとそこを逃げるように立ち去るのはおかしい!何か彼らに仕返ししてやりたい!』と思いました。

でも『仕返し』と言っても、女であるわたしにはできる事に限界があります。

『普通このシチュエーションなら、女のわたしがタオルで胸やあそこを隠してソソクサと男性の横を通り過ぎますよね。

でもそれって、単に女性が見られて”恥ずかしいから”というだけでなく、本来殿方への女性なりの礼の尽くし方だと思うんですよ。(違うかしら?)



482 :まゆみ:02/06/29 08:14 ID:egQTk0Kl
それなら、礼を知らないこのおじさん連中に、何もわたしだって礼を尽くす必要はないじゃないですか!』

とその時のわたしは考えたのでした。

わたしは手にタオルを持って勢いよく、それこそ『バシャッ!!』って音がするくらいの勢いで立ち上がると身体のどこも隠さずに自分の裸を見せるだけ見せてお湯の外へと出ました。

『お酒のあとはやっぱり麻ジャ・・・・・。(沈黙)』

それが面白いぐらいに、今までズ〜ッと喋り続けていたおじさんたちの会話が、わたしが立ち上がったと同時にピタッ!と止まってあたりに もとの静けさが戻りました。

『あっ、なんかいい〜カンジ。』

わたしは すっかりその結果に満足してしまいました。

タオルを絞って身体についた水滴を拭うあいだも、おじさんたちの方からは一切会話が聞こえてきません。



483 :まゆみ:02/06/29 08:16 ID:egQTk0Kl
わたしは目線は送らずに『やだ、声も出ないぐらいにわたしの裸に見入ってるのかしら?』と思ってなんだか楽しい気分になってきました。

わたしは予定を変更しました。

『もう少しここにいよう。』と思ったのです。

ゆっくりゆっくり身体を拭ったあと、露天の柵のところまで行き しばらく遠くの景色を眺めていました。

ようやくおじさんの方から『ここの地酒ってうまいんだよ・・な?』『・・・ん?・・・そ、そうだなぁ・・・。』と声が聞こえましたが、何だか先程までの勢いがまるでありません。

わたしは次第に彼らのことを『かわいいな。』と思うようになってきました。

『だって年の頃は40代後半から50代ってカンジなのに、わたしみたいな小娘の裸みて舞い上がっちゃうなんて!ふふ。』



484 :まゆみ:02/06/29 08:17 ID:egQTk0Kl
ちょうど わたしの立っていた右横の胸の高さに、わたしが乗って横になれる位の大きな平べったい1枚岩がありました。

天気も良かったので『この上で裸で寝たら気持ち良さそう!』とわたしは思い、すぐによじ登ってみました。

岩が秋の優しい日差しでいいカンジに温まっていたので、寝るにはとても気持ち良さそうです。

最初は真っ裸で何も付けずに寝ようかとも考えたのですが、『さすがにソレって恥じらいが足りないかなぁ。』と思い、仰向けに寝た上に胸とあそこだけ隠せるようにタオルを広げて乗せました。

でも、タオルの幅がチョット狭くて、どうしても左右どちらかの乳首が出てしまいます。

わたいはそれをおじさまたちから見える側をほんの少しハミ出させて、心のなかで『サービス。』と呟いていました。



485 :まゆみ :02/06/29 08:19 ID:egQTk0Kl
時折さわやかな風が吹いてきてわたしの肌をなでていきます。

『う〜ん。サイッコーに気持ちい〜い!』

わたしは徐々にまどろみの中へと入っていこうとしていました。

そんな時4人のおじさまがわたしのスグ側までやって来て、やはり柵越しに景色について語りはじめました。

『あれが・・・○×△山だろう?』

『それは、あっちじゃないか?』

わたしは目を閉じたそのままの姿勢で寝続けていました。

『いまオッパイ見られてるのかしら?』

チョット気になります。


突然4人のうちのひとりがわたしに話しかけてきました。

『お嬢さんは今日こちらにお泊りなんですか?』

わたしはもっのすごーくビックリしてしまいました!

何故かわたしは『絶対に声なんて掛けて来られない』と決め込んでいたので少しパニック状態になって、あたふたしてしまいました。



486 :まゆみ:02/06/29 08:21 ID:egQTk0Kl
だいたい、こんな無防備な格好をしてる女って普段どんな話し方すればいいんだろう?いまさら胸とか隠したりするのは変なのかしら!?

頭の中が真っ白になって、結局『今日は・・・お、温泉だけで・・こ、ここには泊まりません!』って、素のまゆみに戻っちゃいました。

『じゃあ、ご家族かそれともボーイフレンド(懐かしい言い方!)とでもきてるのかな?』と立て続けに聞かれて『いえ、わたしひとりです!ひとりできたんです!』と1枚岩に腰をおろしてタオルで前を隠しながら答えました。

裸でHな会話じゃなくて普通の会話をするのってとっても恥ずかしいですね、何だか心と身体の両方が見られちゃうみたいで・・・。



487 :まゆみ:02/06/29 08:22 ID:egQTk0Kl
『ひとりできたんだ、へぇ〜。それならホテルかどっかに泊まるんだね?』

わたしは何も全てを正直に答える必要はなかったんですけど、わざわざ作り話をする必要性もなく

『今日は まだ泊まるとこないんです。車の中でもわたしへっちゃらだし・・・。』と答えました。

すると もうひとりのおじさんが話に入ってきました。

『それなら、この宿に泊まりなよ。おじさんね、この宿の主人とは長い付き合いでね。おじさんが頼んだら、君ひとりぐらいなんとかなるって!』

せっかくのお話ですが わたしは懐具合が気になりました(ここって一泊いくらするのかしら?)。

『そうだ!お嬢さん、今晩われわれと一緒に夕飯食べるってのはどうだ?そしたら ここの宿代も食事代も気にする事ないから。われわれも男だけより華があっていいよなぁ?』

『そうだそうだ!』

おじさんたちは勝手に盛り上がっています。




488 :ゆみ:02/06/29 08:25 ID:egQTk0Kl
然のお誘いにわたしの心はグラつしまいました。

予定に無かった食事お布団付”はすく魅力だけこの年代の人て、わ湿にしてみれば会社の長・課長さんってンジな婿、食事ていてもずぅっとコンパニオンみたいにおせられんじゃイヤぁ。』と思した。

わたしがすに答えを出せ悩んでいると、『だったが向おいでつ来てくれていいに準て待ってる。いつも奥の離れの屋をとってあるんで、女さんに聞け すぐわかる。』言われました。

そして4は『じゃあ、待ってるよ-!』言っまり引に誘でもなく露天か上げていきした

たしはで『どうしよう』と考えて、考るうに(朝早かっで)綿くなってしま更衣室となりの休憩するところのマッサージ機で寝入しまいました。



489 ::まゆみ:02/06/29 08:26 ID:egQTk0Kl
が覚めるともう時刻は夕の6時で、あっ暗になっていまし

すがからどこ安宿を探とか、車でられるとろを探すと気力は起こりませんでした

『お言葉に甘えてお世話になっちゃおうかしら・・・。

わたは宿の人に案内されて本館から少し歩て離れ姿の部屋へといた。

そして障子のを20センチぐらけて顔だけ出す中から『おお〜!!便ってまた!

やあ、本当にてくれただあ!』と迎をうけまし

の隙間ンチぐらいけてヒョコっ出すと中お〜!待ってました

いやあ、本当にてくれただあ!』とうけました。

ほんにお邪魔しちってもいいん?』とわたしが言うと

『いいとも、いとも!さ早く入ってとおじさんの1人にを引れては部屋通された。



490 :まゆみ:02/06/29 08:28 ID:egQTk0Kl
見ると4人で使うにはチョットもったいない位の広い部屋に5人分のお料理が運ばれていて、それらが1人前ずつ分けて配膳されてました。

もう皆さんお酒は始められてるようで かなり陽気に話し掛けてきます。

『きみ、名前なんていうの?』

わたしはまず自己紹介することにしました。

『あっ、本日はご夕食にお招き頂きまして有難うございます。わたしは内川まゆみといいます。いま22歳です。OLをやっています。え〜・・・これから(?)よろしくお願いします!』

何を言っていいのやら、取り敢えず当たり障りのない挨拶をしました。

『まゆみちゃんかぁ。じゃあ、まずは一杯!』

よく冷えたグラスビールが渡されました。

わたしはお酒はまあまあイケます。(特に強いってわけではありませんが。)

そして『それじゃ、まゆみちゃんとの出会いを祝して・・・』と1人が言い全員で『カンパ〜イ!』とグラスを交えました。



491 :まゆみ:02/06/29 08:29 ID:egQTk0Kl
わたしは『その場が盛り上がる』と思ってそのグラスに入ったビールを一気に飲み干しました。

案の定、『良い飲みっぷりだねぇ〜!』と言われてすぐさま新しいビールをなみなみと注がれました。

わたしは正直言って早く目の前のご馳走にあり付きたかったんですが、まずはそこにいらっしゃるスポンサーの方々にビールと日本酒のお酌をしてまわりました。

『22かぁ。うちの娘と同じくらいだなぁ。』という人もいれば『いやぁ、こんな綺麗なお嬢さんとお酒が飲めるなんて最高だねぇ』という人もいます。

『まゆみちゃんさぁ。せっかく温泉宿に来てるんだから洋服は止めて浴衣に着替えようよ!』と言われました。

わたしはその時ベージュのキュロットスカートに紺のアディダスのトレーナーというラフな出で立ちでした。(長時間車を運転するにはラクだったので・・・。)



492 :まゆみ:02/06/29 08:30 ID:egQTk0Kl
呼ばれて宿の女中さんが女モノの浴衣を運んできました。

部屋に障子で仕切りがあって その向こう側にすでに4人分のお布団が敷いてありました。

(良かった。わたしは別部屋なんだ・・・!)

わたしはその部屋を使って着替えることにしました。

女中さんがまだ居てくれて『大丈夫。だれも覗かない様にあたしがちゃ〜んと見張っといてあげるからね!』と言い、わたしは『ありがとう!』と言いました。

おじさんたちは『ひどいな!長年のつきあいなのに。このおれが覗きなんてするかいっ?』ってチョットおかんむりです。

障子の向こう側でわたしは服を脱いでショーツ1枚の格好になりました。お風呂上りでブラは付けていませんでした。

『まっ、いっか!』のノリでわたしはそのまま浴衣を羽織りました。



493 :ゆみ:02/06/29 08:32 ID:egQTk0Kl
着替終わってわたしがみんなの前に出て行くと『おおっねぇ!』と喝浴び

しはおファッションモルのように そでくるりと回ってみせた。

ようやお食事にありついて『あ〜ん美味しい〜!』思って時も周りのひとの話題はずっことばかりでした

『まゆみゃんかわいいなぁ

ちの娘とはえらい違い。』

俺がかったなぁ・

いつカラオケとか一緒行く男ちと違っ直言って会然シいんで、むしろ球でビシビシだてられのも女の子とし結構いもので・・・

初怖いた『気を使て疲れるかも?』という配は微塵くなしまいまた。

『まゆみちゃんは彼氏とかいいの?』

末は何やっての?

つも話題中心はわたしで

酒もわたぐよむしろ注がれことなっていす。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 野外・露出,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様