2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

忘れられないSEX





945 :えっち21禁:03/10/08 13:56 ID:ZwtE4hJF
3年の、サークの仲とスキーに行った時の

彼女が風邪をいてしまった俺単独で参加し

一緒に行った先輩(4年)の彼女(1年)は お嬢様学校出身色白な子で説明会日から先輩が目をつけていて半年かかって口説き落とし自慢の彼女だった。

暮れてきて そそろ帰ろうか話した矢先先輩してまっ

急車で運ばれ入院するになり先輩彼女は自宅の一番い俺がで送ることった

絶対手をだすなよと先輩は笑いながら押し、女もやあね、変な想像しない。」と笑っいた。

限もしく止なのでHのチャンスが少く、クリマスも家族で過すからずけをくらっ仲間を探しいた先出し

院に行っ物をまめたりしには真っ暗だった

高速はすご然先に進まなかった

彼女と下らない話をしながら1もす ると仲の車も見失時計を見ると8時過ぎてないこ気付いた

SAはだまだ先、それよりイレを我慢しるんか。



946 :えっちな21禁ん:03/10/08 13:57 ID:ZwtE4hJF
「ね、お腹すい?」

「そういえば、慌しくて忘れたわ

レ行きたいんだけどSAままだだし、その先のICで降りてで店にらない?

「そも電話しな母が心配してうの。」

時携は今普及ていなった

ICからのファミに入ると彼女は公衆電話から話をした。

玉突き事故で渋していたみた。母がで見たって。」

「じゃあのまま下でった方がいいかもね。」

食事せ店を出てしばらく退腹にったせいか気が襲ってき

彼女は免許を持っないので運沿ってもらうことはできない

それに彼女も眠そうだった。

交通少ない路地に車を停め

ょっとごめん、すごい眠いんけど30分ら起こしくれない?」

と彼げ、シート倒して寝ようとした。



947 :えちな21禁ん:03/10/08 13:58 ID:ZwtE4hJF
ばらくするとコツコツと窓を叩く音で目が覚め

暗くてよく分からなかったがよ見る警官だった。驚いた。

「何してるんですか?

「えっーの帰りですど疲れたで休んでるんで

女はすっかり眠っていかない

許で身分を確認した警官は俺ろじろと見てった

の辺で最通り魔事件が多してないですから気をつてく綿

「え!?それって殺人とですか?」

は何も答えずに行ってしまった。

生まれて初めての職務していたのか気付いた時は周囲に何も無い真っ道に入ってしまっていた。道に迷ったらしい

道端に停めて地図調ていとま

と前を見る真っ暗な中でテルのオンが見え

まだって貿いた。少し膝開い先輩との束が一瞬裏をよぎそのままテルに突っ込んだ

ェックインを済ませると屋の横駐車場に車を

ばい、どうしよう。」ええい!どにでもなれ。」いう気が入りじり、思って彼女を起こした。






948 :えっちな21禁さん:03/10/08 13:58 ID:ZwtE4hJF
「Mちゃん。ごめん本当に眠いからちょっとだけ休憩させて。」

「えっ!ここどこ?○くんの家?」

彼女はモーテルが初めてだったようで俺の家に着いたと一瞬勘違いしたようだった。

「いや、ちょっと違うんだけど…。とにかく降りて。」

「何?何?」

ねぼけているせいか彼女は何の抵抗もなく部屋に入った。

「ごめん、ほんとごめん。ちょっとだけ横にならせて。今晩中には送るから。」

俺が情けなく何度も謝りながら警官と通り魔のいきさつを話すと

「そうね、危ないものね。それにもうすこしすれば道も空くかもしれないわ。」

意外にもあっさりと彼女は納得してくれた。睡魔に襲われた俺はそのままベッドに倒れこんだらしい。



949 :えっちな21禁さん:03/10/08 14:01 ID:ZwtE4hJF
の音で目が覚め、付いたらベッドの端足を投げ出したま眠っていた

する方を見と雨だ思っていはシャワーの音姿だった。Mちゃんを向いてシャワーを浴びて

スルの中まるった。リムと思っていたの巨乳ウエスがさらにえる。

少し上気しンク色に見にまとわりつく泡とその隙間からのく素肌

予想外の光景にえ切ウッ!とパンツを下たとんイってしまった。

ジックミラーなのか女は俺西ない

中の泡を洗いと彼女はイスにを下ろした。

少しうつむいシャ筋にかけ始めると彼女の股間がすーっと開いた

湯気で見えないの瞬間俺理性はえ去った。

は一気服を脱てるとバスルムに込ん



950 :えっちな21禁さん:03/10/08 14:02 ID:ZwtE4hJF
何故か鍵はかかっていなかった。俺が熟睡していると安心していたのだろう。

「きゃーっ!」という叫び声がさらに萌えた。

いきなり彼女を抱きしめると床に押し倒した。

「やめて!○くん、やめて!お願い。」

シャワーが上から降り注ぐが全く気にならなかった。

彼女の両手首を右手で掴み頭の上で固定し口を唇でふさいだ。

そのまま舌を首筋に這わせピンクの乳首をころがすと彼女は「ひゃうっ!」とエロ漫画のような小さな叫び声をあげた。

その声がまた俺の股間をふくらませた。

おっぱいは大きさの割に硬く彼女の経験の少なさを感じさせた。

俺は左手で手首を押さえ胸の谷間に顔をうずめ舌で両方の胸を下からすりあげるようにして乳首を交互にころがす。

右手は彼女の腰を抱き徐々に割れ目へと手を下ろしていった。

クリに指先が触れると「きゃあっ!」と彼女は腰を跳ね上げた。

かなり敏感なようだ。濡れているのはシャワーのせいだけではないだろう。



951 :えっちな21禁さん:03/10/08 14:02 ID:ZwtE4hJF
は彼女の腰を馬乗りになって押さえつけたままシャワーを止め、やめて。」繰り返手首をそこにタオルで縛った。

女はイヤがら泣きそな顔して婿

両手が自由になったところで彼女のきの下、首筋と下せ左右のおぱいを優しく揉んでいく

っ、○ん許して。あ…あ、あ。い宿やあ。あっ。」

ヤイ間に喘ぎ声が漏ていた。

あっ…変な…、あっ…しないってう、ん…約束…姿たじゃない。」

彼女は両ひざをすごい力でじながら腰西に揺らしている。

「変ゃなよ。気持ちいいでしょ。



952 :えっちな21禁さん:03/10/08 14:04 ID:ZwtE4hJF
俺は彼女の両足首を持って一気にまんぐり返して割れ目に舌を這わせた。

「きゃあっ!汚ないっ!」

逃げようとする彼女の腰を押さえつけながら股間に顔をうずめた。

「汚くなんかないよ。こんなにきれいなおまんこ初めてみた。」

そこは後にも先にもお目にかかったことのないきれいなピンク色だった。

恥毛は丘の上に薄く生えていてアナルも全然黒くない。アニメおたくやロリおたくが望んでいるのはこんな色だろう。

じっと見ていると白い汁が染み出しさらに上気してくる。

「やめてぇ。恥ずかしい。」

「きれいだよMちゃん。」

「いやっ、助けて××くん!」

先輩の名前だった。






954 :えっな21禁ん:03/10/08 14:07 ID:ZwtE4hJF
別の男の名前を呼ばれ陵辱う言が頭に浮かだ。

ますした俺はMちんをめちゃゃにしたい欲望にかれ舌を尖らせて割れを上下してらク突いた。

「いやあー。あっやっ!もうやめて。っ!」

ヤイヤしながら彼は徐々に膝げだした

首を下内腿を手でげなちゅゅっ音を立てて舐めま

ラビの周り、内側クリと責めていく汁がでてきた。

本当にやめていい?気持いんょ。

唇で歯を覆いそのままリを挟む

は「きゃ腰をはねあ

「うっっ」と声を出さないように下唇でいやいをするだけ

っ聞こやめてもいの?

歯の間から舌を尖ら吸い付付く

「はぁ…ぁ……なで…。

目に涙を浮かべな聞きないほどな声でささやいた



955 :えっちな21禁さん:03/10/08 14:10 ID:ZwtE4hJF
俺は彼女の手首をほどきながら真っ赤になった彼女の顔を覗き込むと

「先輩はしてくれないの?」と聞いてみた。

「し…ない…。汚い。いや、恥ずかしい。」

自由になった両手で彼女は顔を隠してしまった。

クンニの経験がない彼女をこのままイかせたらどんな感じだろう。

まだ足を閉じようとする彼女の内腿を手で押さえ両手の親指でびらびらを開くと一気にクリ責めに入った。

「あっああ、あ、だめ。もうだめ。いや。」

イヤと言いながら彼女の手は俺の頭を押さえつけている。

舌でクリをつきながら右手の中指をあそこに挿入するとまた腰が弾んだ。

彼女はもう何も言わない。ただ苦しそうな喘ぎ声だけが聞こえる。

そのまま指の根元まで突っ込みぐりぐりしながらGスポットを探し出す。

ざらざらしたクリの裏側をさすり舌で一気にクリを責め左手でアナルをさすった。

あそこがきゅきゅっと小さく痙攣しまんこが俺の指をくわえこんだ瞬間

「やっ…やっ…いやっ…ああっ!○くん!」

俺の名前を小さく叫び彼女はのけぞりイってしまった。



956 :っちな21禁さん:03/10/08 14:11 ID:ZwtE4hJF
さすがお嬢様イク婿といって元カ達にたら

はぁはぁいいながらくぴくている彼女を見て俺

腰のたなった彼女なでるようにシャワーで洗い風邪ひくよ。」とタオルで拭いてそのままベッドにたえる。

全裸よりバスタオ枚で横たわ姿がまたそる。 

徐々呼吸が整ってきて俺を見げた彼の目潤ん

「イッたのは初め?」こく小さく彼女は頷く。

イカせだけに集中したのは初めてだった

Mちゃんすごだよこなんてびしょで。稿

女の割れ指を這わせと「いやっえっ」と逃げてまう。

「ほんと。たいての女は色してるどMちゃんのはピンク。」

俺の黒ずんだちんぽ見せる彼女隠すように俺みつてきた。

「電気消。お願い。

「今電気もないよ。もう全ちゃっ

「いやいや、○くんの地悪。」

胸に顔をうずめながら恥かしがる彼女に俺はもう我慢できなか



958 :えっちな21禁さん:03/10/08 14:12 ID:ZwtE4hJF
再び彼女の上にまたがると乳首を口に含んだ。

「え?またするの?あ…電気。」

彼女はまだ部屋が明るいことにこだわっているが聞くつもりはなかった。

右手の指をクリにあて乳首をこりっと噛んでやるとピクンと腰を弾ませる。

今イッたばかりだというのにまた股間はじわっと濡れてくる。

左手で乳首をもてあそび今度はおまんこに指二本をつっこむ。

ぐちゅぐちゅと音を立ててかき回すと彼女も腰を動かしてきた。

膝に彼女を乗せ股間を開くと一気にちんぽを穴に突っ込んだ。





>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様