2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

元嫁と再構築中。表面的には以前のように戻りつつあるのだが、、、





799 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/03/21(月) 22:21:25.80
>>777さより少しが、ほぼレ夫なって、は元嫁と再構築中です

つて楽しい時代に表面的には戻りつります


羅場の状を知っている先てもらい去ロくつかをみて、>>777さんとなか同じよな境びっくりす。

でも、ちません。

は、私のせい、と気に病でますが、まあなんでれど。



801 :799 :2011/03/21(月) 23:10:37.03
先輩にすすめられて、思い切り吐いたら元気がでるかも。

まあ、住人さんに弱虫とか腑抜けとか。

ぼこぼこにされるかもしれいけどもな、と言われたものです。

礼儀みたいなので、語っていい? と聞いてみます。



806 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/22(火) 00:03:16.52
まずは、スペックというのかな。

私(32)
元嫁(34)

先輩A(34か33、誕生日知らない。まあ、年度末だから34。あれ浪人してたら35かもしれない)

元嫁間(50いくつか)



学生時代のサークルの先輩後輩。2つ上。

姉さんタイプだが、少々天然のところあり。ボケと突っ込みのコンビで姉弟のようだと評判だった。






808 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/22(火) 00:44:17.51
元嫁の卒業式で初告。

じつは、その1週間前のサークル追いコンで告ろうと決意していた。

いつまでも弟じゃいやだ。でも、女の子とつきあったことなかったし、告白の仕方もわからなかった。

先輩Aが気づいて、「酒の力借りる」って言ってくれたので、コップ酒をあおる。もともと強いほうじゃないし、緊張して前の晩は寝れなかったから、撃沈。


で、卒業式当日。元嫁、きりりとハイカラさんしてた。イカしてた。

サークルでの姉御肌は消えていて、これからの社会人の不安をかかえた顔をしていた。

元嫁は俺が守る、童貞ちゃんが変に決意した。元嫁の前にたった。

でも、言葉がいえなかった、1週間ずっと練習していた言葉が。喉と唇がかさかさだ。

ででてきたのが、

「僕のお嫁さんになってください」。



810 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/22(火) 01:00:46.35
元嫁いいよ、でも、今すぐお嫁さんという

へなへなと座り込

えへへへへへ」言葉にならい。

先輩Aが駆け寄ってき(玉砕と思っそうだ)

いつ剣に告してんのに、断り方があるだろうが」

元嫁「何い西き合いKしたけど」。



は就職した

からでてションを借りた。学生だすぐ同棲が始った。

料理の腕前があが

まだ、元嫁も仕が見いなので、日はヒマだっ。いろんなところにデートした。お金は彼女もちだった。

職場ではい先輩もようだ女に何がる、とい姿囲気もあ女は泣いていたは髪をなでてあげることしかできなかた。


て、2年後。自分の業式。たしか金曜た。

卒業の仕事で行ないけど、次の日の土曜日、いくところあるで、次会、3次会とかいっちゃだめ酒も弱いから行かないか

元嫁にされ寝てたのは自分のアパート。元嫁来てた、就活スツ着られて、電車にた。

「(二日いで気分がい。今。そういや、元嫁の出身○○てたな。っ、かっているじゃん)僕うすればいい。お殴られればんだね?」


ピンポーン。のちの義母登場。

元嫁「あたし、私くん。あ母さんに紹する

らう。

なぐべき父親いない。ひょっと会うの逃げたか)あのう、お父んは?


元嫁、小学校低学父と死別ていたこわか

棲中と互いの家族の話とかあんまりしてなかった。



811 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/22(火) 01:05:05.82
一応つづき。

それで卒業後の3年目の秋、めでたくゴールイン。

私幸せ。



832 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 00:31:53.45
メモ帳のネタみたいなのはある。

医者に日記みたいなもの書くのをすすめられた。

このときどう思ったとか、こう思わなかったとか、このとき彼女がこうしなかったら どうなっていたかと思う? とか、けっこうきつかった。

アップする際に、固有名詞変えたり、気持ちのところけっこう削除したりして手間取ったのは事実。

隣の部屋にいる元嫁に気づかれないというのが肝心。



では、始めます。

結婚式までは書きました。


結婚3年目の春。

彼女30の大台こえた。


私「そろそろ子どもほしいよね」

元嫁「ごめん、まだ働きたい。やっと周りから一人前扱いされてきた。ここで休んだら、また女のくせにって言われちゃう」


私「ごめん、子どもはまだ先でいいや。でも、元嫁が高齢出産になると、そのほうが身体が心配」


しばらく日がたって

元嫁「やっぱり子どもつくろか。保育園だってあるし、お母さん手伝ってくれるって」


私「僕だって育児は手伝うよ。同棲してた時料理の腕あがったでしょ。僕にその方面の才能があるかも」



834 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 00:35:04.12
>>830はトリが違いますね。

で、しばらくして、

元嫁「できちゃったみたい。どうしよ」

私「どうしょじゃないでしょ。やっぱり子どもいらなかった?」

元嫁「ごめんね。やっぱり仕事続けたい。ううん。この子がいらないわけじゃないのよ。赤ちゃん楽しみ。でも、仕事失いたくない。毎日悩んでばっかり」


そりゃそうだ。自分もそうだったけど、入社7、8年というのは、それなりの仕事とか部下とか任せられて一番しゃかりきになる時期だもんね。


元嫁「取引先の課長(このときはまだ間じゃなかったようだ)が私の仕事気にいってくれて、たくさん仕事くれるのよ。この前なんか、”課長、私にばっかり仕事いただくんでしたら、今度から指名料頂きます”って言っちゃた。でもひどいのよ。枕営業って噂する馬鹿がいて」。


私「ふーん。自分では仕事とってこれない馬鹿のいいそうなことだよね」。

私は生半可で答えた。

頭のなかでは、生まれて来る子どもの名前とか、家族が一人増えるんだから新しいマンション探さなきゃとか、いっそ家買っちゃうかなんてことばっかり考えてた。

すれ違いが始まる。



837 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 00:38:23.00
元嫁どんど仕事をこなしていく。仕事にのめりこ。土日出勤がくな、夜も残る。

妊娠初期に そんなことし宿いいわ

の心音が止でいた。

ごめん、赤ちん死ってた

私「なに働いてちゃ、そり

分もえられた仕事か責任ある仕事がだんだん多くってので、やさしい言葉のつもかけてかっ

元嫁、すます仕事にのむ。

私はこと忘るためだと思ので、仕事をセブしも、ゃんは今度でとも言わなくなった

自分忙しってくる。出張多くなった。

元嫁のほうが大変たいなの、炊事当番(といても朝だけ。

夜は それぞれか私だけは自分の分を自炊)をがひきうけ

朝も ぎぎりまでせてあげ た。れがやささだといた


でも話らしい会話がもうなっていた。どんどんすれ違いがる。





838 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 00:40:19.24
嫁は、「ただいま」じなく疲れた」と言って玄関をることが多くなった。

は けっこお酒し好きなんだが、自分は弱いので、で気分転換とい発想もった

棲中や結初期よう、お出かけデーもなくな

いつ、レスになっ。レスといっても、2に1度くいはしていたし、はハグは毎だった

、元嫁その気にはならないよだった。

そんな赤ちのことが気になるのな、とい具合にしか考なかった



839 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 00:44:22.50
そんなある日、

元嫁と課長間がホテル街にいるのを先輩Aが発見した(もちろん、この時点では、先輩Aは相手が元嫁の会社の取引先の課長であることを知らない)。

ちなみに先輩Aは車で2時間くらいかかる地域の工場勤務。寮に住んでいる。たまにこっちに出張がある。

偶然をよそおい前回りして、出会う。

「えっ」て顔。

元嫁「あなた(先輩A)もいい年こいて風俗なんてしているので おあいこでしょ。旦那(私)には言わないでね」

先輩A「お相手だっていい年の人だろ。W不倫だろ、だったらヤメロ。一回だけは見逃してやる。自分で考えろ」と忠告したそうだ。

このことは後で知った。



841 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 01:03:12.17
一方自分も、発見。

ある日、泊まりこみを覚悟していた仕事が早目におわったので、元嫁の職場ビルへ向かう。たまには一緒に外食しようと思った。

私「まだ仕事? どう、切り上げてたまにはイタリアンとか食べにいかない」(どこにいるとは言わなかったはず)

元嫁「ごめん。まだ終わんない。先に帰ってていいよ」

私、帰ろうとする。と元嫁のオフィスの電気が消えた。

そのとき、通用口の少し先に止まる車。

通用口をでて、小走りに走り、私のほうではなく、車に乗り込む元嫁。

私「えっ、なんで」。

電気が消えたのは、窓から私の姿を認めたからではなかったんだ。



843 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 01:04:25.24
先輩Aに談の電話。

私、途中かきだした

先輩、車をばして工場寮からこっってくれる。

先輩「は」とテル街のできごとも報告してくれ

輩「まあ、俺うだど、ホ歩いてたって、みながなラブホとか風とかないし。でうする

「話合いますもし、浮気しても、そんなおじさがいだ。やり直せると思います」


845 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 01:06:22.47
でも、元嫁の請け負っていた仕事の納期が迫っているそうだ。

残業残業だといって、ゆっくり話しあう、そんな気配なし(後から確認したところでは、もちろん毎日不倫していたわけじゃない。ほんとに残業も休日出勤もしていたようだ)。

そのときになってはじめて、嘘をついている、私を避けている、浮気が進行中だ、と確信した。

納期前に7時にオフィスの電気が消えるわけはない。

話し合いなど、どうでもよくなった。

そのうち、W不倫には疲れるだろう。私に戻ってきてくれるだろうと思っていた。



846 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 01:09:09.00
さて、修羅場。

一昨年の秋のこと。

私は、月曜から木曜までの出張がはいった週のことだった。お詫び行脚みたいな出張。

もっとも私が土下座することはない。土下座は役員とか上司の仕事。

私はスケジュールとか宴席の手配、話題のネタ集め(先方の趣味とか)、お土産の用意。





>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:夫婦生活, 浮気・不倫,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様