2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

奇妙な肝試しの経験談を語る





2 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:52:59.282 ID:u0lfk96c0.net
お前ら田舎の肝試しの仕方って知ってる?

俺が経験した奴なんだけど聞いて欲しい

当時俺は小学校3年で切っ掛けは夏休みに子供だけ集めて田舎で田植えとかさせたりキャンプさせる会みたいな同好会に強制的に連れてこられたんだよね。

で、その時の話



5 :以\(^o^)/でVIPが送りしま2016/05/09(月) 02:53:22.676 ID:u0lfk96c0.net
所は長のどこか

が泊まっ家は庭にンバイとか置いある

10いが泊まれるでっい家こにいろんな所かられ学生が雑魚寝ながら一週らい過ごすっ感じ。

まじでやることなんてもないし昼は伝いとかビは見便せてく

目くらいで帰りたくるようこだ


3日目くになって長(30くらいっさん)がニして

「お前ら退してだっ肝試しって言ってきた



7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:53:53.020 ID:u0lfk96c0.net
俺たちの感覚だと肝試しってみんなで廃病院とかそういった所を懐中電灯とかそういうのを持って歩くじゃん?

田舎だとそういうのやらないんだよ

「お前ら全員この軽トラックの荷台に乗れ」



8 :\(^o^)/でVIPがす:2016/05/09(月) 02:54:16.315 ID:u0lfk96c0.net
言われるがその軽トラックに乗る

班長はヤニヤしなら運転してい

向かた先は周囲にすら無ような山だった

山の口で軽トラッ停まった。班長が言った。



10 :以、\(^o^)/でVIPがお送りし:2016/05/09(月) 02:54:40.123 ID:u0lfk96c0.net
いい?これから順に一人トラまった時りてもら

降りるやつは手をあろ。

ればなるほどシンドイから早めに手げたほうがいいからな



11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:55:11.571 ID:u0lfk96c0.net
つまりこういう事だ。

トラックには今10人いてトラックはこの後 山の山頂付近まで行くがその途中途中で俺たちは一人ずつ降ろされる

「あらかじめストップウォッチを渡しておく

降ろされた奴は10分経過したら歩いて山の入口まで来い」

ということらしい






12 :以下、(^o^)/でVIPがおりします:2016/05/09(月) 02:55:44.191 ID:u0lfk96c0.net
じゃあ最初のポイらな」

言うと班長はまた山、軽ラックを走ら


3分くらい走ったかな?また止

「じゃあここで降りい奴」

こでインの最年少の奴震え手を

「じゃ前降りろ」

して軽トラクはそいつ下ろしさらに上に進行いく



13 :以下\(^o^)/でVIPがりしす:2016/05/09(月) 02:56:23.651 ID:u0lfk96c0.net
俺はビてた。

こんシステムの肝しはだったしば行くほど帰りは一人で歩い帰らないし

ちゃちゃ怖い

次だ!次で降り!って俺は決め


また3分

ゃあこたい

俺はをあげがそ、そので一番存在のない(A君としておく)がすっと手をあた。

二人か・・・らジンしろ

の結果A君が勝ち俺は次だ・次で降りるといっ感じ3番めに降



14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:56:55.859 ID:AB4DYfCud.net
作り話やん


17 :以下(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:57:30.485 ID:u0lfk96c0.net
>>14


もないけ後味悪いから聞いてよ



24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:58:42.799 ID:AB4DYfCud.net
>>17
はい


15 :婿(^o^)/でVIPがおしま:2016/05/09(月) 02:57:00.538 ID:u0lfk96c0.net
「じゃあおップウォッチしておくらな10経ったら歩いて。それまでは動なよ」

して俺軽トラックで去っいく中、道の誰もない気もなよう所にポツンと放され

トロス停サツキとイが待ってるーンわ?あ婿んな感じだよ

周りにした木々と土・・真っ暗なんだ



20 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:58:04.572 ID:u0lfk96c0.net
まじで怖かった。

一応ストップウォッチがカウントアップしてるのを見ながら早く10分経過して欲しかった

2分・・・3分・・・

夏場だというのに涼しくまた真っ暗なのもあり身震いする

木々が細かくざわめき何か見てしまいそうだという恐怖感が次第に増して行った

4分・・・5分・・・・

今ここで自殺した霊が出てきたりしたら?

包丁を持った女が襲いかかってきたら?

狼に食い殺されたら?



22 :、\(^o^)/でVIPがお送りしす:2016/05/09(月) 02:58:35.842 ID:u0lfk96c0.net
怖い

俺は経過する前にずかも山すとにし

どーせ下にいるやつはA君と臆最年少だしく話しれば良いやっった



23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:58:36.649 ID:7m3woI8d0.net
何時ごろ?


26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 02:59:43.332 ID:u0lfk96c0.net
>>23
時間は夜10時過ぎ

今は都内だがその場所はその時間でど真っ暗というとこ



25 :以、\(^o^)/でVIPがお送ります2016/05/09(月) 02:59:04.426 ID:u0lfk96c0.net
て俺は歩出す

徐々に目が道の様子がわかってき

も歩てる最中はたらどうしよ・ってず思ってた

クガ震えてるていった






28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:00:03.183 ID:u0lfk96c0.net
ちょうどストップウォッチで7分くらい経過したかな?

歩いてる途中、2番めに降ろされたA君を発見した

(あ!A君だ!)

知り合いに会ったというような現実に戻ってきたような安堵で俺は駆け寄った。



29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:00:28.176 ID:u0lfk96c0.net
「A君?」

返事が無い

「ねえA君ってば!」

今度は肩を叩いた

全くの無反応



30 :以下(^o^)/でVIPがます:2016/05/09(月) 03:00:51.215 ID:u0lfk96c0.net
まあともと仲が良いいし

向こうも緊張してるのもしれないしとってそれより俺は早く下山したかっから「先行るよ!」って言いなら更に山の入口に向けて歩行っ



31 :以下、\(^o^)/でVIPが送りしま:2016/05/09(月) 03:01:16.204 ID:u0lfk96c0.net
入口付歩いてくと

既に最初に降りた奴トラックに宿った班長がっていた(班長どうって降りたんだ!

かったな」と班長が言っ

俺は実は10分経過してかったが「早歩でかってきま!」いた



34 :以下(^o^)/でVIPがお送ます:2016/05/09(月) 03:02:02.619 ID:u0lfk96c0.net
いえばA君がいなくね?)

れ・・お前の前っAじゃなかったっ」と班長が言った

「あ、いや違っすけ・・・なんか声かけて無視されて」

まだ戻っきていのか?」

「ゆっくり降りてんじすか?」

なんってた。



35 :以下、(^o^)/でVIPがお送す:2016/05/09(月) 03:02:28.372 ID:u0lfk96c0.net
の後も約5分きにいんな奴くる

A君湿い・・・・

「おいAを見たか?」と班長が聞く寿

「いや、途中いたんだけどても視さて・・・と俺同じよな返しをしていた



36 :下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:02:49.428 ID:u0lfk96c0.net
して最後降りたやつ戻ってきた

おかしいな・・・・」と班長がいった

「いくら何ですぎるだろ・・Aの場と最後奴で0分以上間隔あるだからお前Aを見たか?

が最に降りたやつを確認す

「いや・・・てないで

そこで班長は青ざめ



38 :以、\(^o^)/でVIPがお送りしま婿:2016/05/09(月) 03:03:13.835 ID:u0lfk96c0.net
お前待っとけ調ょっ確認してくる!」と班長はラック道に向らせいっ

れた俺た

「おいどういこと?」

Aがひょっとして道から離たんじゃね

「えー・・・もして木にうずくまっいてると!?」

みたいな言っ



42 :\(^o^)/でVIPがおりします:2016/05/09(月) 03:03:46.670 ID:u0lfk96c0.net
10分くらいか過して班長ってきた

殿A君がっていた

Aが確認とれ。ったくお前してだ!

が心配からか声を西げるがA君トンとし稿いる

「僕ちゃ0分数えてましけど・・・

は!?」

Aからタイマーをひったくると そこにはま分50秒を過ぎたストプウォッチがあった



46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/05/09(月) 03:04:23.975 ID:u0lfk96c0.net
「なんだこれ・・・」

ちなみにA君に何度も確認したらしいがA君は途中で時間をとめたりしてないし

しかも妙な事に途中俺も肩を叩いたり声をかけたというのに


「僕 だ れ と も 会 っ て な い よ」


と言った。

それ以来この肝試しは廃止になったらしい





>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:不思議・怖い話  |  タグ:オカルト・ホラー,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様