2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

俺が寝てるフリをしている隣で、女友達の一人Hを始めてしまった

 



カップルの部屋と俺と友達の部屋は隣合わせで、女友達寝てる方のベがカプルの部屋側の壁に沿て置いてあ

12時回った頃ったと思

ッとう音で目がめた。

隣のイ声漏れて

あ…ヤッテル」完璧にが覚めドキドキ


時ガサッと女友達が少しを上げの方を見た

に、やしい事をし訳も無いに咄に目を寝てフリ

目をを感じる

片目け薄に目けると、女友達が俺寝てるか確認してに耳を付た。


わっ聞き耳立ててる女友達は行けない部分便うかつりな部分を見た感れだけでもドキド婿した。

ど、正にHの最中、付いの長い友人と彼

さす、俺ベッの方は壁からくて、友達の彼が大簿声を上げなければ分い(さっき聞時は相当気持良かったの?)

か、友達が羨ましく思リしててらないっそ 起きてと二人で婿した方が楽しめそ思い、ようたその

女友の手がソロロ〜と布団の中に入っていった

まさ!自目を疑う。

の女友達が、布団の中で確認は出来がオナニしてるのは状況からも確実。

りやく説すると、

いて片方の足の膝を立てたな状で布団が掛かてい手(俺が寝てる方)が布団の

奮がない。


は必死に息を潜めて、鼻息がバレい様布顔半分ま隠し

ザサザサとが擦れる音が々早ま

膝をててが小刻右に揺らふぅふぅ…と鼻息が漏れた

から、

「…ぁあん…ぅん

と友人の彼女の声が聞こえが、今 そのすら魔に思い目の景に釘付けだった

実際、女友達の方好みだった事もあるが 中々オナニの場面なんて見られから

ン…ンッ…フゥ…ッフッフッ




った。鼻息がこなに興なんて。

凄い死にを潜めていが、にバレくても俺騙せ

電球のレンがいやら西しく女友達を照らす

達が上半

にし右腕が痺れ壁に寄り掛様にした耳を壁付けた。

その時だ。

女友達が手を入れ替えた。布団がズレ落ちる

背中ら おしりの上半分が剥きった

ピンクのチビーフツのから、下着が覗く。

はわからないシルクっぽい。


普段明るくサバサバした性格で人懐っこい女友か動とい必死に壁に耳を擦り付け、アソコを擦っ

胸を擦る寿右手が

ヤバ…やらしすぎ

小刻みに腰を前後る女友達を見ながら自然と俺も腰が動いてもバレそうだった。

うとう女友中に手を滑ら

背中と脇そしっくらとた胸を覗かせた

ノーだ!かそうな胸があらわになった

が、乳首が確来ない。

球では暗いし、向い。横乳しか見えない。


友達、我を忘の様に胸を揉む。

らしくれる胸。今ぐにも抱き付きた

ど、係にが入るのが恐くてジッと見てるの精一杯の俺

ん…んぁぁっ」


とう友達が声らした。段聞いた事の無いぽい声。

屋からは俺にる程のあが漏れて


隣「あぁっっはぁぁぁん、やっやっやっ」

「はっんっっ…ぁぁ」


手の動きが速なる

隣の屋から、今まい大きな声が一瞬だえた

を迎えのだろう。急に静る空間


女友達の動き止まる

我が耳を疑様、壁に耳を強く当てた直後、ベッドに横

イッたのか

…残な思いに押し潰された俺の目に飛び込んできたのは、シーツを口にくわえ目をめている女友達だった。

「んっ…ふっっふっんっふっふっふぅ」

女は終わなか自分の世界に浸る。


困ったのは俺

か1m先で繰り広げられる妖艶光景を目にし体中が言う事を利かない。

奮えたくない。

今、俺と女友達は立場違えど、まるで左右対称にした様に体勢が一緒だった

を丸め布を顔半分まで覆い奮えている。

息を必死寝息に誤し耐える俺

女友達の眉毛が上下にスライドする。

覆う布団小刻みに揺れ速度を増し、女友が自右足けを淫らに布団から出し

くびれに掛け衣服の確来な

ただそこ、豆球に照らされ綺麗けがていた

いでる!…俺興奮頂点に達する。

団を足で一杯友達。

プルプルという聞こえきそな程、太股が手首ら先を隠がら揺らす

「チ…チュチ…クョ」

信じらない擬音が耳に飛んできた。

「んっんっんっ(チョョ)んっはっっんんふっんはっ(クチュチュッャ)ふぅ沿…ふぅぅっ」

音だけ、部屋に響い




ギンギなる自分の息子が言う事を利い。

「んんっんっんっんっはぁっんっんっはぁっんっんっっはっんっんんんっはんっ!

ん……ふぅ」

余韻に浸るかの、右手をゆっくりす女。彼女た様だ

時折、寿方を潤だ目で確認てる様にも見

の中指婿と親指を婿度とな合わてる。愛液伸ばしているだろうか

っくりと体をこし静かにを開ルームに消える女友達



び起きる様に布団出る俺。

巻のハパン宿の中をと…出まってたよ精子数億匹が。何や俺。

正しのか貿分からななった。

こいて夢精チックな事しまったよ

んな負け組の俺は、ティッシで綺麗に拭き取り、溜め息に女達のッド埋めた

己嫌悪に陥りそうな動を取る。ほに女友達いやらいがた。

「パ

スルームら女友達が出てきたたフリするのも間に合わな。咄嗟たばこに火つけた

うわっックえっ…起きて?」

らかに動を隠せずる女友達。ゃそう

電球またばこ吸てる俺。何てるんだ俺は…。

「あうんけた音で起きちゃった

「ごごめん。電気…付け便か?

明るくな目が眩む

『あがと

「ご…ごね起こちゃったで」

『あっうん大丈夫

い…いつかきてた?」

っ?いや、姿が…』

「本当に

『えあっうん。あ〜俺も

「……」

逃げに、トイレに駆け込でし婿

案の定、トランクスがドロドロ。我な情けなくっていた

綺麗した気まずくて、レからい。


いつまでもトイ無いの屋に戻っ、女友達は硬直した様にベッドに腰掛けたままった

顔を赤らめる姿動揺してる。俺もそうのか?

「たばつけ

っごトイ慢出来な

たばを持ち着かない。震

「ど…どな…何か変だよ。あ…愛、寝相悪かな?」

必死にごま友達

や、そんな事無いよ

「えっえっ?なで知ってるの?」

やば寝てる由もい事を言まった。

『あや、そのほら気にらなかったし

…」

『…

しか見た?

『な…何を?』

「ううん稿でもなごめ寝てる所起こしちゃっ

ら、少し飲?』


お互い、バたくがあって後ろめたいから(俺もコソコソ見てた事なんて、バレたかっ、結局最後の日も酒を飲んだ。

に気付いたのか友人カッも、寝から出きて飲んだ。

酒を飲む前から、顔が赤らめてる何か不思議な光景だった。

結局今の今までの事はにも言ってない。何かヘタレ全開で

女友達い奴だし、様な事言ないよ。現実は…


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:興奮したシチュエーション, 異常シチュ, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様