2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

私が水着の営業をしている時に体験したこと





811 名前:UC 投稿日:2006/04/21(金) 10:43:23 ID:DbtdJGd/0
夏に向けた水の営業をしている

何種類か会社が小売店に卸す、サンプルを持参して売り込む

中国製の安水着や下着を私り込いる

今日は下町模の卸社。

長は40になったばかり

なんて呼ばれてるデブも36だって言うし、まぁ、若い仲ではじめ感じ所。

二度便営業だ。こそは売りつたい。

部長と社長が応接で話いてくれた。

回も、スケベな目でてい、、

わざと社員達帰る4時過ぎにアを入れさたんだろう。

終了とかりにビールを飲み始め、私にも飲ませる。

り込をしいる

「着てみてよ」

尽だと思わなわらいトーン言う。



812 名前UC 投稿日:2006/04/21(金) 10:45:23 ID:DbtdJGd/0
長も見尿、少して動いてもらって、確認しう」

「うちは必ずこの法で確認している。」

「他の営業の女の子も着てくれる

あく事の一環ですと、しらじらしい。

は試を覚悟して

うせ、スケベなで私を舐したんだろう。どこっても そんなもん

から、私の営業成績はいいだけどね

いっきり高く大量入を約束て、ししぶとじで承する。

そこの、陰で替えて。見えないか

テーブの後ろのついたてのしきりのむこうに社長室ととれ3帖程スペースがあ

は、て来たスーツートに手を入れ、ストッキンパンを脱いで水着をはく。

水色の水玉

上もジャケッとブラウス、ブ稿を調整してつける。






813 名前:UC 投稿日:2006/04/21(金) 10:46:46 ID:DbtdJGd/0
も胸、形整え間をつくっ自分にく。

履いールき、少し緊張ら二人の前にたつ。

スタには自があ。細いけど、胸Dあるし色白なのが自慢だった

童顔で大しく見えるらしい、前のバイトでも、取でも結構モテた

合うね、じゃあ、動い

泳ぐして、バンザイて、しゃがん等と指る。

地の感心地を聞か

急に椅子立ち部長が、親指の脇から差込み、人差し指で挟むに生地をこすり確する。

「ちょっと、薄いかもしれないで透けない?」

社長もどれどれ、同じにひだこんでくる。

ずいんと引っ感じで、上か見えそう、、

後ろの紐のにデが手をやっる。

外されかな?んてチな事をえている



814 名前:UC 投稿日:2006/04/21(金) 10:47:28 ID:DbtdJGd/0
急にこの格好が危なく思えてきた。

これぐらいサービスすれば、十分だろう。

もういいですか?そう聞いても二人は許してくれない。

25で私と同い年だっていう「課長」ってのに、デジカメで撮影する様に指示する。

「ちょっとモデルになってね、サンプル見せるより売れるし、君のファンが多いから、協力してよ」

ほめられていい気分になって、にわか撮影会が始まった。

応接用のソファの前に立ったり座ったり、モデルの様な気分になっていた。

「色っぽい、可愛い、セクシー」

三人が私を調子にのせる。

そのうちに、ポーズの要求がエスカレートし始めて来た。

股を開く様に言われたり、後ろを向いてお尻を突き出す様に言われたり。

私は ぽーっとなってしまっていた。

撮影されているからだろうか?アソコが疼き始めていた。



815 名前:UC 投稿日:2006/04/21(金) 10:49:16 ID:DbtdJGd/0
もっと食い込ませなきゃなんていいながら、デブが下のビキニを触ってくる。

「嫌です、恥ずかしい、、写真皆さんで見るだけにして下さい」

なんていいながら、自分で食い込ませる様にはきなおす。

アソコの縦線がわかってしまうくらい、食い込ませた。

三人は夢中といった感じで凝視してくる。

それでM字開脚をさせられ、もう完全に濡れ初めてしまった。

ちょっと、毛がはみ出しているよ、もっと見せてと社長が言う。

「イヤだー!もうおしまいです」私は、立ち上がって社長を軽くたたく。

社長は私の手首をつかみ自分の隣に引っ張って座らせ、

「冗談だよ、やっぱり若いこの水着姿はいいね、おじさん起ってきちゃったよ」

なんて言い始める。

「私も変な気分になっちゃいました、、見られてて」

「そう?乳首起ってきちゃった?」

「あぁ、、ちょっと、、イヤだぁ、恥ずかしい」

「誰にも言わないから、ちょっとおっぱい見せて」

「ダメです。小さいし、、、」

「そんな事ないよ、じゃあ、特別にブラだけ外して手で隠して一枚撮らせて」

社長がしつこく頼み込んでくる。



816 名:UC 投稿:2006/04/21(金) 10:51:35 ID:DbtdJGd/0
頷く間も、後ひもが外れハラリラが外れてしまう。あわてて手で押さえる

 デジ撮り始める使

うー!社長のエッチ!じゃぁちょっとだけ、ービスして

本当、もと淫られて撮られった。

三人がけのソファ、横になり仰向けにれて膝を綿立てる私。

手の平で胸をしながら、グアで見る様な格好をてみる。

部長と社長課長の私を見

手をどけてよー乳首みたいよー!」

デブが手を合わせる。

じゃあ、ないで、秘にしてくら、、

は、三人トリ客の様に正面ソファに座らせ見せつけ

様にで、手をゆっくりどか

ためのよう声が三人から聞える

「揉んでせて」

従順に従私、ゃう、い。

両手で下から上げるに揉み始

い?」

い、

「お、声出して、すく形のいい胸ね、な声聞かせて」






817 名前:UC 投稿日:2006/04/21(金) 10:52:15 ID:DbtdJGd/0
「あぁ、、あふぅん、、、あん、あん」

「オナニーするの?いつもそんな風に声だすの?」

「しません、、声は、、わかりません、勝手に出ちゃうぅ、、」

社長が嬉しそうにはしゃいで注文をつける。

「水着の上からでいいから、さっきみたいにM時に開いて指で触る真似して」

私は、人差し指でゆっくりと縦になぞりはじめる。

痛いぐらいにアソコは疼いていた。

多分、中はヌルヌルだろう。

触っていても もう水着は湿っている。

グチュっと音がしてしまった。

「あぁ、、あん、」

左手で胸を揉みながら、水着の上から激しくこすり始める私。

「嘘つきだなぁ、、そんなに感じて、オナニーしまくりでしょ?それとも、男とオマンコやりまくりなのかなぁ、、」

課長のスケベなオマンコと言う言葉にまた、感じる私。



818 名前:UC 投稿日:2006/04/21(金) 10:53:07 ID:DbtdJGd/0
「だって、だって、気持ちいいんだもん、アン、、あふぅ 、、」

「やりすぎて真っ黒なんじゃないの?乳首がすごく起ってるよ」

左隣に部長がきて乳首をつまんでくる。

ゆっくり右手の人指し指の先で、円を描く様に触ってくる。

右は課長が舌の先で舐めて、吸ってきた。

若い男の、ただ乱暴なだけの吸い方が、こんなにいいなんて、、

「いやぁー、、だめぇー、、あぁ、あぁぁぁ、、」

二人の男に乳首を弄ばれても、私の指は止まらなかった。どうしても、触る事を止められない。


社長はジーパンのファスナーを下ろし、自分のペニスをこすり始めていた。

赤黒くて、想像していたより長くて細い棒。

自分の唾液を先っぽに こすりつける様にして、しごいている。

硬く、勃起しているそのペニスと放心しているようなうつろに私を見るスケベな目が、一層私を盛り上げる。

「んぁ、、あぁ、んン、、グツ、グチュ」

タバコ臭い口が私の口をふさぐ。



819 名前:UC 投稿日:2006/04/21(金) 10:54:57 ID:DbtdJGd/0
デブがねじ込ん湿で、私吸っくる

首は痛程つままれて、ひっぱられる

ンンゥ、、ウ、ア、

自分でオマンを触りながら乳首を舐められ、つままれグチョグチョの涎らけのキスで口いる

それを、社長が見てんでいる

はAVの子の様だと、ボと考えていた

っ張て、ブのズボ中に誘され

「触って、すご起ってきちゃっ、」

デブのトランクスの中のペニスは短い感じがしたが、確ちょとヌルヌルた汁がでていた。

あぁ、、ん、す

だっケベな女なんだん」

25の男も上がりズボンを下しはじめる

「俺もいいっすか?」

私になのかかわからいけれと、私の前にペき出してきた。

そっちもごい、どうしてぇ、、」

私は、わかきっを言いながら触っあげる。



820 名前:UC 投稿日:2006/04/21(金) 10:56:22 ID:DbtdJGd/0
「舐めて、、口でやって」

そう、いいながら私の頭を自分のペニスに押さえつける様にもっていく。

三人の中では一番太そうだった。

ジュプ、ジュプ、ジュッ、ジュル、、、私は右手を根元に添えて、音を出しながらフェラをし始める。

「オゥ、ア、ア、ハァハァ、ヤベぇ、、上手いよ~」

デブも下半身丸出しで、

「ズリーよ、俺も」

私は、左右交互にソファに座りながらお口でやらされ続ける。

社長が後ろにまわってきた。抱きしめる様に無理矢理ソファに座り、両手で私の胸をおもちゃにする。

のぞき込む様に私のフェラを見ている気配がする。

「気持ちいいか?」二人に聞く

「いいすっよ、上手いこの女、、」

25が答える。

「そっかぁ、思ってたとうりヤリマンだなぁ、、」

「なぁ、ヤリマンなんだろ?ぁあ?」

両方の乳首をつまみながら社長が言葉攻めをしてくる。

「ぁ、、ヤ、ヤリマンじゃ、ン、ング、ジュポ、ジュル、ないもん、、、」

「嘘つけ、、二本もチンポくわえやがって、、淫乱女、、」


社長の右手が水着の中にねじ込まれてくる。

「ココは正直だからな、すげっ!ベチョベチョじゃん、、いじくり回すぞ、どうだ?」

さっきから、痛い程うずき、ヒクヒク、ビクビクしっぱなしの私のオマンコをやっと男の指が触ってくれた。

あまりの快感で、私はペニスを口からはずし、のけぞる様に社長にもたれかかる。

「アァッーーーー!!」

獣のような声が事務所に響く。

社長の指のピストンにあわせ、胸が大きく揺れるほど体が波打つ。

「アァ、アン、ンッ、ン、オゥ、、アゥ、、ハゥ、、ン」

「水着脱がせろ」

誰かが水着を脱がせる。

自由になった両足を私は大きくひろげる。

後ろ向きの、座位の格好で社長の上にまたがる。

体を前のめりにさせられ、オマンコを指でズブズブ突き上げられながらデブのペニスをくわえさせられる。

「ン、、ングッ、あ、.アハ、、ぁ、、ジュポ、ジュポ、」

「オォ、、ウゥ、、アァ、、ウッ、、」

デブに抱きつく様に夢中でフェラをする私。

男のチンポにこんなに夢中でむしゃぶりつくなんて、、





>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, ハメ撮り, 異常シチュ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様