2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

友人のモノを受け入れてしまった妻




つい 一昨です・・

々の連休というのに, 俺はサービス業の日も前のうに仕事に行っ

規事業の綿密打合、何とか仕事終えて明日が休み(交代制)の俺と同僚のKとで飲みに行た。

々仕事のグチや上の話をながワイワやってたが、やはり男2人飲んでと社内の女性社員の噂、どの女とっていだとい話になのだ。

のうちKが「なんだてもS(俺)の嫁さが一いい超フェロモ出てるよ」と

Kが俺の嫁さたりましがっりするのは今に始また事では無く, 結婚式(去年)にKを喚ん時に初め妻を見てから、何かと言うとSの嫁さん凄い綺回でいいデーさせてか家に喚かしこいくに何に言てくる

んまり何度も聞いているウザイ時ある綺麗だと言るのははしい。

みに妻は25歳で俺よ7つ年で優香に似いるとよわれてい

香ほど巨乳でないがタイルは良いし色白で色っぽく、一応自る妻だ。

Kをいたずらに妻のセミヌー稿ドの写た事がありその時のKの興奮かたは半端ではなかった。


話は もどる2人で飲みながKはSの嫁さんを想像しながら何オナ姿をしちゃったがあるとか、もHな見せて欲いと、金払っていいもらいたいってエロ態が爆走して来た。

俺もて妻とのエッチ内容や妻の好きな体位などを話したりいるちに興してき便

以前, 妻の例の写真をKに見た時もうに心の中では興奮している自た。

それからはが友同僚に抱かれる事を想像すと異様な興奮をする知った。


飲み初めてか3時間をは「どうするたま家で飲むと聞いてみるとKは目を丸くして「えっ!?、Sの家で?嫁さんは?

Kは瞬びっくりていたが妻が今は実家にでも遊びに行っているのかと思ったらしい

俺が「もろんるよ でも全然大丈だよとKは「行く行く対行く!ほとにいの」とえ興奮の仕方だ

早速車で家に向かい俺も何起こ事を想て勃起してい



かう途中ニによりKが3人飲もうと両量の酒類の入った袋をら下げて戻ってきた

Kが嫁さん話入とかないでいいのかと聞いて

妻には敢えてKを連行くを言った

ならこの時なら妻は風呂をて必ーブラから

Kにその事を話すと大してい



んな家に着いた

いつも通インーホンを妻がのドらおかえり〜♪と顔をす。

する直ぐにKに気付きえっ?とう顔を

今日は日中 夏日よりで夜暖かかった格好大きのピャツ(パジ)一枚で下素足だった。

ただTシャツでは為ノーブラは分かりずら

Kが俺の背後か顔を出し「挨拶する,




妻は「あっこんば」とがら, 突然来客に ニッコ微笑む顔が引きいた


やっぱ手にを連れて来たに怒ったかな退ぁ?と思が、っそり聞いてみた屋を片付ける時間がかっただけらしい

根が明、優しい妻は そのもいやな顔を見せることなく振舞ってくれた

着替えた方いいよね?」と妻が聞いてきたがに上司で気を使うじゃなから そのままで俺はった。

は「ならいいかなり敢えずKに上がってらい、妻はめの化粧を済ませ風呂上, まだり濡れた髪のKをた部屋の片付けだした。

誌やリコン、ク湿など湿前かがみなって拾っている妻姿をジロジロとKは舐稿ようにた。

妻のきめのツの裾もなので, 前かがみにると結構際どい.

んなイシイ目でKに見られてるの知らずに妻急いけてんな光景俺は着替えらチロロとていた

俺もKの向かいに腰を下ろすと買きた酒を広げて再び飲みだした

妻も適にツマ作り始め妻がンに立ってる姿は, 2人の座ってい位置からよく見える。

Kが「Rさん(妻の名前)も一緒に飲みうよ」と声をかけ、俺もンビニで買っマミあるもういいら こちに座よ」と言うと「はいは〜♪」簿、も一品ツマミを持て俺の隣に腰を 

改めて3人で乾杯をして妻少しずつ飲みめた

Kはの妻とこうして飲める事が余ほ嬉ししくギャばしりテンションも高い。 

妻も酒結構きで結婚付きっていよく俺達と飲み

結婚てからは あ会もな又家で飲む事もまりかっ

りのに妻も上機嫌で美味しうに飲んでい

Kはや妻に酒を注ぎガガンませている。

前に俺からは酒がると理性を失そんな時のSEXは最高だ聞いたかだ。

Kは理性を失っ貿を見てたいと思ていに違

俺もKの前で淫らなを見てみいと思い妻にどんませ


, 壁に寄掛かり, 段々座り方も, だらしななり, 時折チラチラとライトグリーのパンテーが見える。 

会話も々下タになり感帯などの話なってきた。

も〜稿やだ〜何言っるのぉ」なてまだ理性ありしさ宿ようだ 。

2人で一気をさせてガンガン飲ます 。

俺が こい俺とやって時よく耳元で「Kがとやりたってるとか裸を見いとか言」と囁くと、凄いの仕方で感じるんだ なの本当ずかしKに話した。


Kは俺の妻がアルな殿る事を知り大興奮

は否定していせているじゃないかと思う程ンテモロ見えになっている

「Kはお前の大ァンなからちょっと お見せげてよ」と言うと笑いながら「恥ずかしいよやだ言い酔っはトロとして

が「そじゃボタンだけも少外してサービスサービス!」と言いながら2つほど勝手に外すと妻は特に抵抗く「も〜」怒ってた。

勿論ノーブラだ

ボタンの外れャツ間か妻ののよっぱの谷が見隠れする

妻が動と おっぱいの先まで見えそうになる 。

妻の意もう半分くらいなう。

ロチロとで妻を見てい

Kもそんを察しで妻の胸元パンティーをジロる。

の言もロレツ回っかったりし他人んなに酔っ妻を見せるのもが初めてだ。 

Kが「Rさて凄い色っぽいですよねぇ こんなクシな格好のRさんと飲なんて夢みたいだどと言いがら酒を妻に注ながら身を出してを横から覗込んでいる。

俺は同僚の前でんな無姿なっている妻の前しての興奮を覚え

余りにもジロジロと込むKに対して最初ムッったが、俺も酔ってい勢か今はと妻の身体をらけたがKに抱かれるを見たい思えてしま

俺はの下半身をもっと見てもーブルをに出しとKは妻の動し妻を挟み3人で壁に並んで座った

妻の隣に座るとリンスのいい匂い.

「Rさの足 こうして近くでみ綺麗でね」とKが言う。

妻は「エテれ処理してでし」とど舌が回っていない。

の太もものあたりを撫ら「そうだろ綺麗だろう」との反見る。

妻は「エヘッと笑うだ何もがらない 。

Kも触ってみなよ」とが言う Kは嬉しそうに「Rさんいいでか?」妻に

は「・寿ん・・」とポワンとながら言っ

は妻の そんな反応っ白なっていそうなくら奮した。

Kもの右を擦りだ

暫らく2人で妻の左綿の太もの辺りをし 俺「ビキニラインの方もしてると妻に聞きながらシの裾をたくし上リーンのースのパンティーをさらけ出した


気の有る可しいパンティーで, 中央の部がレース毛が薄透けて見る。

妻のど閉尿じていて壁に寄りったまま足を前に投げ出している。

の両で俺とKは妻の撫で回

は俺以外男を前に自分の下が下着一枚だという状況がていか、酔潰れ分からのか、何の抵無く、嫌がる素振り無い


Kは妻のビラインや柔らかい内もものあをギラせて大胆にりまくる

少しならと言った筈の妻は もう頭を前にだれたまま何も言わない。

俺は何をして大丈確信たの, Kの前で妻にキスをしてを絡せた

妻もなのか目をじつつも舌を「・・・・んっ・・」漏れ

アルコールの匂がプンプンしている。


Kに目で お前もやってみろよと図す Kは?」と言いな妻の肩をき寄せ妻の貪り付いた。

からあれ程強妻に感情をもってただけにジュュルと妻の唾液を堪能し唇の周舐めまくる。激いキス




妻はがることなくKに寄りかかり、抱きつくよう格好になっている。

々腰もくねらせている。

Kとキスをける妻の背後から俺は妻のシャツゆっりと脱がせった

を向いたのよい大きめのおっぱいが徐にプルンとむき出になる。

姿を産んでない妻の乳首はピンク色で可愛らしい

の身体は酒で火照薄ら赤みびてる。

とう姿妻はパンティー一枚とい格好だ。


俺はKの手妻のあてがうとKのは荒なり、やがて妻首筋舐めした

退のおっは鷲掴みに荒く揉まれ激しく形える。

は「・・〜・・」とか「はぁ・・はぁ・」と意気が漏始めに腰をねらもモジさせている


感じる・

は確湿に俺の目の前で俺以外のじているのだ

妻の意識つろで冷判断は出来ないのかHな気分になって許してしいる、そもKがここに居る意が無なっいるのか、それとも現実が解らななってのか、

ちらしてもはパンテー 一枚という外に見せた事のない身をKに抱かれそしてを漏らし



Kのは妻の耳や首筋、脇の下、して胸の方妻の綺を唾液の跡を付けながってゆく。

俺は そま後ら妻の膝ををM字に広た。

妻のパンィーの布だけの恥ずかしい部がモロに見えた

妻の その恥ずかしい真ん中部分よく見ポツと縦簿がいやらしくいていた

「Rさん濡れるよ」Kが言うと妻は「いや、はずかしいィー」小さな声でいながら閉じた。

ら ななく状況かもしれない 。

俺は再び妻の足を広げKがパンィーから染みの部分に指を滑らすぁーん・・」と可愛い声をだし何抗もしなか

そのまま優で擦ると妻は「・・はぁ・・・」と意が荒なってた。

Kが「Rさん気持ちいいんですか?聞いたら妻は頭を少しコクッとさせた

感じている事を認めたである。



俺は大興奮して妻パンティ脇をクッと釣りハイレグにしてあげ

すると妻のアソコはコンモリ盛り上がて染みが強調れた。

さらパンティーの前の部分束ねヤラシ姿にしあげた。

束ねた両脇からはずかしそ陰毛が出ている。

Kは飛出し陰毛をササラ撫でたりんだり頬擦りつけたりしてっぷり感触を味わった

がっ妻のアソコに再び手を延ばプヨヨと押したり摘んだりして布一枚下妻のア調の具合をじしながら楽しんだ

は腰をねらせたりしてやらしく調

再び指を押し当てぎ前後左右に刺激を

と妻アソコはピチチャと音をた。

はあ・・あ・・ん・んー」と妻さらに悶えた



妻の可愛らしい首がツンと立っている。

Kは手の動きをがらのおっぱい吸い付いた。

は わと妻に「今Kがお前のイイ姿をがらずかしい所激して」と言うと「・・・だめぇ〜・・は〜んっう完全にKに身を預けて



パンティーの染みはく広がっていく・・

Kは妻の下半身に頭を移させみの自分のを押し当てしんだ稿、パンティーの上かロベロと舐めはじめた。

Kがを上げ妻のアで舐めたと言ってきた。

の耳で「Kにもっと舐湿めて欲しい?」くと妻は吐息混じに「・・」と答えた。

奮で頭がカーッとった

「ならで言いな」と妻にうと「・・もっと・めてい・・」さな声で囁いた Kが「何と意悪に聞く.

は・・アソコを・・Kは「アソじゃ解らないよ」と問ける。

はモジモいる。

Kが「言ってご」と言、妻は「イーン、ウゥーン」と言葉にらないうめした

Kはし強い口調で「どをなめ欲しいのか、さあ言いなさい」と言った

はその言葉のか、つい「・お・・おまんこ・なめてぇー・

俺も口かんな言葉を聞いたのは初てだった

「・Kさに、んこをっぱいほしい



俺の興ピークに達した

は乱れた妻をい。俺以外の男に感じて妻を もっとたっり見たいと思った

綺麗を俺の目の前でKにんでと思い、妻をに寝かと、俺はKの肩をポンと叩で合り、し離れて鑑賞する事した。

, 中出しだするなとKに告し

Kはいでトランス一わる妻の上にぶさび激しく妻の唇貪るようを絡ませ合い妻の胸を揉み


妻は「・・んっ・・」と声漏らし腕はKの中に姿てい

Kは自分の膝を妻の股下に割りてい

Kの足にアソ押しようを動かし



>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様