2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

厨房3年の夏




厨房3年の夏

ほんとは受勉強一でならないはのに、おにはずっと片想いの女子がいたんだよね

その子とは小学3年かと同じク

いっも小学校自体が田舎の分校みたいで、つしなかったんだどさ

房の3間でのクラス替えにもかかわらず、も同じクラスだったのは不偶然かな。

らに彼女のさんとおれの母が、高校時代から友だったとかで、小さいからお互いのを行ていたの

幼なじみとうほはない、一人沿っ子おれには姉いな


学に入る前彼女のお母さんがガンったのだ若いのに。

父さんつらかんだろうね。

小さな運送社をやっいたんだど、酒びたりになっちゃって。

業員ていくは、数台あ払うは彼女ちゃくちゃになってたみい。

収入はどうしてたんろ。たまのオッンが一だけ残したトラッを運転しているのを見からまあ、低限の収入はあったんだな。

彼女が弟二人の面倒やら食備ややら すべてってい聞いた。

おれの母が彼女を不憫に思ってか、よく余分にれに近の彼女の家で届けいた

とかたから、のオッサン酔うとかも

のほうもおれの母自分の母親ように慕っちに来ることもあ



なんで彼女を好きになったんだう。

が母親を亡してすぐの、小6の冬か。

任にわれんだよね彼女担任はオバサンら、っと美少女入っていた彼女が鼻ついた思う

その日も、何が原因だ教室のうしに彼女が立たさいてね。

ちど彼女腹痛えたの。でも担任は仮病と一蹴

それから彼はもうじっ慢してた。ちちら見るとすごい辛そうだった。

時間目だった その授が終わとす

れが帰ろうする、おばさんに用ががつくる

なか痛いの大丈夫?と聞くと、あんなバ負けてたまると彼女せらって憶が

家にくとおれ女が何やらごごそ話しはじめ

しばらくると女がおれの部屋に。

トランプか何かしいるとき、ふとした尿瞬間にスカートの中が見えた

白いパンツに血がこびりつてい使

が家に戻るときおれの母が何か渡ていた。うちの夕飯も赤飯だった


晩、布入ると彼女のことが頭かれな




あんなババアに負けてまるかったきの笑、真っ赤な血のあと

この日からだと思う。女がれの在にたのは。



乏娘がいじめのは説になってるけ彼女は まったくそんなこがなかった。そころかクラスのリーー的存在。

彼女を毛嫌いしいた小校の担任から解放されたこともあってか、はたから見ていても輝いていた

ほかの小学らきたつらあいだでも噂になっていた。れだ?みたいな

実際、かしから知っているおれ、セーを着彼女はかわいくっていた

ギがきウにたってうかそんな感じ

今までの中にそんでいた使女の分が開花したといか。

でも、本人はそんなこらない。自分が見らているという意識がも大股開でする。

んな ずぼとこも男子ら人のあるったんだろう

彼女のパンチラが噂っているのが、どうしてか悔しった


あれはいつだったろうろもがえの頃か、夏服に口かぞく彼女のわき毛が男子のあいだで判になった

わきであれなら、○○のウボウ便ねえのか、か。

このときはすがに女に教た。

を真っよ。

そのあとすぐ開って、○○ぜか彼女おれび捨てしていた)は 見せてよ」と言われた

おれはまだで、それを恥ずしく思っていた

結局、見られ簿た。男のくせに剃っていの?てよ

叫んで場を離れうな



学年アイドルみ女が、お親しくいるをまわり思議姿ていた。

厨房れ、最低だっ最低の最低。

第二性徴のせいかに日に顔が醜なっいくよな気がした。

オナニをするとバカなると信じていたやめ、やめようとうの、そう思うとかえて気てまたオナニー。

小学校のこ績が調良くて、それだけがドになっていたのに、成績は どんどんちていく。オニーのやう。

で、ど分の価値をおいたいいのかわからなくて、むずかしそうな文作品に手をだした。文学ってエロが多いよね

錯的なエロ。おれには刺激が強そんでまたオナニ

クラスで学を読んでいるのはれだけろう、って

そのくせクラスの女に声けられ


自分はな存だ、みたいに思っいたから友達あまできいし。

そんなおれ例の彼女だけ友達とし接してくたし、おれのほう女にだけは(女なのに)気後れしないで話せた。

部分見つめると、ど女の家の内情を知っていたから、というのが

おれ)劣等感と(彼女への)優越感の妙な

そんはないと思いけど、じゃあ、なぜ彼女けはふつうに話たのかと考える

そういうわけで気者の彼女をクラスいた厨房


変わたのは3年の

夏を征する験を征す。受験生の場。

ある家庭教師の大がおれの家稿てから

家庭はTて、近所の大学生

していた早稲田の政経年生便ちょうどバイトを探してのこと

れの志望しトッ県立校の卒

大志望だったがちたらしい。どの科目で教えら調ると、Tさんからおれの母に強ールしてき

最初の訪問で調驚いた。言うだけって、教え方がめちゃうまい。

ら2となる。つ2が3にるでしょ、みいな感じでほんとの基礎かぎほぐいくやり方校の先生のではなか

性格的にもし分な。とうか男惚れられるでもいうのか

プで、人き寄せるカリマ的があ

おれ一人っ子だから、こんな兄貴がじほしいと思っ使

業がおわっ、すられてまそうにビール飲むさんせし親父と見ると、快活で豪けい際立ってい

そこでの話でかったのだが、なんもTさんは母ひとり子りの母でずぶん苦てきらしい

のかかる私大に入ったことずいぶいていた。

夏休みも昼は体労の家庭師。

学費を自工面たいと口にするさんがたら格好良く見えた。

おれみいなやかされた厨房はべつに生きている男。

Tさたいな男になりいとひかにあがれた。


その日もTさんはのだ、どうしてだかは忘れた例の彼女もうちにいた

彼女は母によく会い来てた。そのいでとも話すという感じ。おれはオのかといつもだったよ

して心配していが。彼女Tさに一目ぼれしてしまっただ。

厨房にならは、彼女がおれの部屋にくるなことはなくなってたのだがその日をに頻繁に会くるよになった

話題はTさんのことばかりだから、喜ぶべか悲しむべきか

女のどう仕草に男は引れるのか、なんて聞かな。

スカートてパンツちらちら見せたら男なん発だぜと答たら、彼女にた。




笑いやんで真剣な顔で、それほかれた。

つぎ会ったと、やけスカートをはいる。

と、貯めていたおずかいでとのこと

めてる彼の健な一

そうまでしTさんと…と思うと、嫉妬の思いやはTさんなら仕方がなというあきらめの気持っただろうか


曜日にTさんがく来るときなどは、彼女と合わ

合わせ、との側ではしていた行動だうが。

つでも物しなかった彼、その動作ぎこちない

すとTさんに彼女をると、真っ赤な顔で口もごもごして、彼女はすぐに部屋を出ていったえば、彼女の頭だったらできて当り前のような問題を問しにきたり。

れの志している高校確実に入れるだろうというベルだった。

日、さんと一緒に帰っ

ミニスカートの後姿をながら、彼う気持、嫉、いや彼女のこを思えば良かったじゃなか、などといろと考え

残酷だが、Tさんが振っればいい、と



で姉と弟うな関係だ一変た。

うしらい?どうらいい?と妹のよにすついくる彼女

やら互い苦しい経済環境なのを知て共便たとTさは私のこわかってくれた、とかいたな。

れにわからない絆がふりのあいだようた。

でもたしはぞ、恋こ生だ、なて はしゃいでんなとはとても言えやかった。

○○はだ好きな人いないの?

た声で聞かれた

応援するぞ!とか言われ、好きなのはまえなんだから……。

あれだけ気の強か彼女がこうも変わった、この先に何かないことが待っるのではなかと安だった。

おれっているコで意地っぱりの彼女がど行ってしまい、このまま永久に帰っこなではないという不

振られたら彼女はどなってうんだろという不

背伸び大人のンナになろうとしてい女はっとするほどで…

季節は、不安なおれは15歳だった!なんちて(藁



①恋人がいるのか

彼女のことをどう思っるのか。

この二つをTんに聞てくれら、なんもしてあげるとに言われたのゃあキる?といたら、だけは嫌だと笑いながら拒絶され

ショッを隠スってたことあるるお

わけいじゃとで、ど稿か安心たな


つぎの機会、Tさんに聞姿いてみた

女はいる、結婚もえている、との返答で肩の重な気

彼女とはかわいいとは思うが妹のよう感じ

も、、学ものすごく人るんでれが言とTさんは意味げにながら首をふっ

彼女悪いけど、嬉しかな。

たぶん志望校にても これほどまは嬉しくないろう思われるくらい。


、Tさんは常在戦場」という教えてくれた。

かむかしのい武将だかの葉で、味は「常に戦場在るかの動せよ」。

て油断るな。人生闘いだ。負けならない。

Tさんの座右の銘とのこと。

いつもの言葉をとめておけばャンスを逃はない。

ャンスはにでも平等にくる。それをむかかはしだ だ。

はいたく動して

敬しているTさんから教わったとだし

机のまえと書いたを貼りつけたりしたもだ。


翌日息せってんで彼女に教えてあげた

残念だけどTさんには婚約者がるし、彼女のんてャリくてとしてれなと。少し表バーにし


ると一転して彼は泣きそうな顔に。力なくんでしまった。

パーリー少ないせいか そのもミニなもんパンツが丸見え。

白いパンツじっと見ていた「常場」とい言葉が頭の中をぐ綿ぐるまわはじめ使、常在戦場、常在戦場、常在戦、ここは、チは今しか……勢告白してい

おれのとからことが好だっんだよ。

年後には絶対にTさんみたいな男にみせるからおれとつあってくれ、みたいな恥ずかしいことを堂々とよにできたもと今にってが、それで当時は死の大冒険だったよ(w


彼女ぽかんとしてが何だわかないといったよ顔。

意味がみ込めると怒りた。ヒステリーってこいうのをいう

なにれた彼女を見たことかっ

談じゃいわよ。人がしんるときに、よもそんなことがいえもん

とあなたみたな甘ったを一緒な! 

ついたなー



>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:青春,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様