2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

おすすめ記事

汚嫁の浮気現場にプロの撮影スタッフ&弁護士と突入。ゴージャスな復讐劇が始まった。
 
付き合ってもいない同僚♀の家で毎晩ご飯を食べるというおかしな事態になってる
 
机の上に予言が書いてあった。
 
職場の女上司とセクロスしたけど女性ってなんで外と家とで違うの???
 
嫁から初恋の人と結婚したいから離婚してと言われた
 
腐女子の先輩が美女になってたんだが
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
嫁が中出しされ開脚ポーズしながら笑顔でVサインの写真が出てきた
 
汚嫁が子育て放棄状態の裏で徹底的に証拠を積み上げ続け、ついに発動の日を迎えた
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
恋人に家からアノ声が。親族会議で文字通りボコボコに。
 
とあるJKの露出日記
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
妹とSEXしてしまいました
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
汚嫁の深夜帰宅が増え、尾行と張り込みの末、ラブホで間男ともども確保成功
 
女性のオーガズムの質問に女性目線で詳しくに答える
 
嫁が職場上司と浮気して調教されていたので、徹底的に追い詰めた
 
会社で起こった怖い話を語ってみる
 
40代の独身女だけど風俗利用してる
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

幼なじみとの馴れ初め







学校帰りに、何気に公園を見ると、幼馴染の香織がいた。
片隅のベンチに腰掛け、俯いていた。
香織とは、幼稚園から中学まで一緒。
幼稚園時はほぼ毎日、小学生になっても時々だが、遊んだりする仲だった。
中学になると香織は陸上部に入り、また可愛い顔の香織はアイドル的存在となり、俺と接する事がなくなった。
俺、まぁ不細工な方だから・・・
高校生になると、学校が別々だった事もあって、顔すら合わす事がなくなった。
家、2軒挟んだ隣なのにね。
正直思うのは、生きる世界が違うのだろう。
俺も香織の存在を忘れてたし、きっと香織も、俺なんかの事は忘れてたろう。
公園で見かけるまではね。

泣いてるように見えた。
いや・・・間違いなく泣いてたろう。
声をかけようかと思ったが、ほぼ3年近いブランクがある。
相談しあう仲でもないし、笑いあう仲でもない。
俺は歩を進め、通り過ぎようとしたが・・・
でも、やはり気になってしまった。
俺は自販機でコーラを買い、香織の側に足を進め、黙ってそれを差し出した。

「俊ちゃん・・・」
声は出さなかったが、香織の口がそう動いた。
3年もまともに喋ってないのに、俺、通り過ぎようとしてたのに、あの頃と同じような呼び方をされて、何だか嬉しかった。
でも、手放しに再会を喜べる雰囲気ではなかった。
香織の目が案の定、真っ赤だったから。

暫く黙ったまま、目だけを合わせていた。
「ほらっ」
俺はやっと口を開き、香織に尚もコーラを差し出した。

ところが香織はそれを受け取らず、突然立ち上がると、いきなり俺に抱きついてきた。
可愛い子に抱きつかれ、悪い気なんてしない。
でも俺にしてみたら、女の子に抱きつかれるなんて、生まれて初めての事だった。
香織は俺に抱きつくと、声を上げて泣き出した。
周囲の視線が突き刺さるが、俺、どうしていいか分からなくて。
どうしていいか分からず、ただ立ち尽くした俺の足元に、コーラの缶が転がった。
香織は尚も泣き続けていた。

「ごめん・・・それから・・・ありがと・・・」
泣き止んだ香織は俯いたまま、俺を見る事無くそう言った。
「折角だから・・・これ・・・貰っとくね」
俺の足元のコーラを拾うと、俺に背を向け、
「少し・・・スッキリしたよ」
そう言うと、一人で公園を後にした。
俺は黙って、香織の後姿を見送った。

翌朝、学校に行こうと玄関を開けると、門の所に人影が見えた。
向こうも俺に気付いて、手を振った。
「俊ちゃ〜ん!」
香織だった。
「駅まで、一緒に行かない?」
「別に・・・いいけど・・・」
俺はツレなく答えたが、内心はドキドキだった。
俺がそんなんだから、当然会話なんて弾まない。
俺自身は、「あぁ」とか、「いや・・・」とか返すだけで、色々と話しかけてくるのは香織。
でも俺、何を聞かれたとか、まるで覚えてなくて・・・
ただ、あっと言う間に駅に着いた気がする。
「じゃ〜ね!」
笑って手を振り、反対側のホームに行く香織の事を、昨日と同じように見送った。

学校が終わり、いつものように電車に乗った俺。
いつもの駅で降り、改札を抜けると、そこに香織がいた。
俺を認めた香織は、手を振って微笑むと、俺に近付いて来た。
「一緒に帰ろう!」
そう言うと香織は、ポケットに突っ込んだ俺の右手に、自分の腕を絡めて来た。
俺はまたドキドキしながら、朝来た道を歩いた。
朝のように、「あぁ」とか「いや・・・」しか口にしてない。

「俊ちゃんって共学だったよね?」
「あぁ」
「俊ちゃんは優しいから、もてるでしょ?」
「いや・・・」
「うそ〜っ!絶対もてるって!」
「そんな事ねぇよ!」
俺は初めて、「あぁ」「いや・・・」以外を口にした。
「ごめん・・・怒った?」
「いや・・・」
「怒ってるでしょ?」
「いや・・・」
「あたし・・・迷惑かな?」
「いや・・・」
「静かにしてた方がいいなら・・・黙ってようか?」
「いや・・・俺こそ・・・大きな声出してゴメン。」
謝ったけど、何か重苦しい空気が流れてしまった。

「上田さん(香織)、陸上は?」
初めて俺から、香織に話し掛けた。
しばらく香織は黙ってたが、「やめちゃった」と言うと、なんだか寂しそうに笑った。
俺はそれ以上は、聞いてはいけない気がして、「そう・・・」とだけ返した。
香織は中学時代、100mで県大会3位の実力者だった。
高校は勿論特待生。
そう言えば・・・高校は寮だって聞いた記憶が・・・やめたから、今は家から通ってるんだ。
「かなり・・・いじめられちゃってね・・・」
香織はそう付け加えると、昨日の様に下を向いた。
また、重苦しい空気が流れた。

俺の家の前で香織は、絡めた腕を解いた。
そして俺に微笑みかけながら、「明日も、一緒に行っていい?」と聞いてきた。
俺は「あぁ」と答えた。
「あのさー・・・」
俺が香織に目をやると、「『上田さん』は寂しかったぞ!」と言った。
「昔はさ〜・・・『香織ちゃん』って呼んでくれてたよね?」
「あぁ」
「『香織ちゃん』って呼んでよ」
「あぁ」
「『香織』でもいいぞ!」
「いや・・・」
笑う香織。
「それからさ〜」
「本当にもてないの〜?」
「あぁ」
「ふ〜ん・・・」
その後に、香織が何か言った気がした。
でも、聞き返さなかった俺。
「じゃ、明日ね〜」
香織はそう言って手を振ると、自分の家に入って行った。

翌朝も、香織は門の側に立っていた。
そして夕方には、駅の改札口にいた。
その翌日も、そしてその次の日も。
俺らは毎朝一緒に駅に行き、夕方には並んで帰った。
ある時、中学時代の同級生と鉢合わせた。
「えっ?」と一瞬驚いたそいつ。
「お前ら・・・付き合ってんの?」
その問い掛けに、「へへっ」と笑った香織。
そして俺は、「そんな訳ないだろ!」と強く否定。
「だよな!」
同級生は安心したような顔をした。
その日は途中まで、3人で並んで帰った。
香織はずっと、そいつと喋ってる。
俺は一言も口を利かなかった。
同級生と別れ、また二人きりになる。
いつもはずっと喋ってる香織が、珍しく一言も喋らない。
気になりながらも俺は、訳を聞く事が出来なかった。
そして香織との別れ際、「あんなに強く否定しなくてもさ・・・」
そう言うと香織は手も振らず、家に入って行った。

翌朝、門の前に香織は来なかった。
夕方も、駅の改札口にはいなかった。
気になった俺は、香織の家に行ってみようかと思った。
でもいざとなると、呼び鈴を押す勇気がなかった。
小学生の頃は躊躇なく、押すことが出来たのに。
下からただ、灯りのついた香織の部屋を見上げるだけだった。

翌朝俺は早起きをして、いつもよりも随分早くに家を出た。
家を出て行く先は、3軒隣の香織の家。
でも30分たっても40分たっても、香織は出て来なかった。
諦めて、学校に行こうかと思った時、香織の家の玄関が開いた。
出て来たのは、香織の母親。
「あら〜俊ちゃん・・・久しぶりねぇ」
俺は挨拶をすると、「香織ちゃんは?」とおばさんに聞いた。
「香織ねぇ・・・昨日から具合が悪いんだって・・・」
そう言うと2階の、香織の部屋の窓に目をやった。
「困った子よね〜・・・」
そう言うと俺の方を見た。
「そうですか・・・」
俺はそう言って頭を下げると、駅に向って歩いた。
香織がいない道は、とても寂しかった。

その日の夕方、俺は香織の家の前にいた。
ケーキ屋で買った、ショートケーキが入った包みを持って。
相変わらず、呼び鈴を押すのは躊躇した。
躊躇はしたが、でも思い切って呼び鈴を押す。
出て来たのは、おばさんだった。
「香織ちゃん・・・いますか?」
おばさんに尋ねると、「いるけど・・・お部屋から出て来ないのよね・・・」と、困った顔をした。
「そうですか・・・そしたらこれ、香織ちゃんに。僕が来たって、伝えて下さい。」
そう言って頭を下げ、立ち去ろうとした俺を、おばさんが呼び止めた。
「俊ちゃんの顔を見たら・・・元気になるかもね・・・」

俺はおばさんに続いて、狭い階段を上った。
5年生の時に上って以来。
でも、懐かしさに浸る余裕なんてなかった。
おばさんがノックしても、中からは何も反応がない。
「俊ちゃんが来てるわよ。開けるわよ!」
そう言っておばさんがドアを開けたのと同時に、「えっ?」と驚いた声が聞こえた。
完全にドアが開き、布団から顔だけだした香織と目が合う。
「ちょっと待ってよ〜!」
香織はそう言って布団にもぐるが、おばさんはお構いなし。
「さぁ、入って、入って。」
そう言って俺の背中を押すと、「ごゆっくり〜」と言ってドアを閉めた。

ただ立ち尽くす俺。
香織も布団を被ったまま、顔を出そうとしない。
そしてドアをノックする音。
おばさんがジュースとグラスをトレーに乗せて、部屋に入ってきた。
「あら俊ちゃん、立たされてるの?」と笑ってる。
「はい・・・そんなとこです・・・」
「香織に遠慮しないで、座っていいのよ。」
そう言うとおばさんは、クッションに目をやった。
「はい・・・」
俺は返事をすると、クッションの側に腰を下ろした。
「香織ちゃん!いい加減にしなさいよ!」
おばさんは布団の中の香織に、厳しい口調で言った。

「俊ちゃん、香織が出てこなかったらそのケーキ、おばさんに頂戴ね。」
そう言うとおばさんは、部屋から出て行った。

「ケーキとか・・・買って来てくれたの?」
おばさんが出て行くと布団の中から、香織が聞いてきた。
「あぁ」俺はそれだけ返した。
「ケーキ、食べたいけど・・・恥ずかしいよ〜」
布団から顔だけ出して、香織がそう言った。

「じゃ俺・・・帰るから。ケーキ食べて元気出して。」
俺が立ち上がろうとすると香織は、「待って!」と言って布団から出て来た。


でも次の瞬間、「キャッ」と言うと、ピンクのパジャマの胸元を隠し、前かがみにになった。
「帰るよ」
俺は立ち上がり、ドアノブに手をかけた所で、香織に腕を掴まれた。
「待って!一緒に・・・ケーキ食べよ・・・」

「ノーブラだから・・・あまり見ないでね。」
俺の正面に座った香織は、襟元を左手で抑えながら、俺にそう言った。
「上に・・・何か着たら」
そう言われて照れた俺は、そう言うのがやっとだった。
「そだね・・・」
香織は立ち上がると、薄いピンクのカーデガンを出し、それを上にまとった。
でもそれで無防備になった香織。

ケーキが入った箱を覗き込んだり、食べようと前屈みになった時に、チラリと胸元が覗く。
その都度俺は、目のやり場に困って、香織から視線を逸らした。
人の気も知らずに香織は、「おいしい」と嬉しそうな顔をした。

「昨日ね〜子供の頃の写真を見てたんだ〜」
ケーキを食べ終えると、香織はそう話した。
「ふ〜ん・・・」
「そしたらね〜俊ちゃんが水溜りで転んで、ベソかいてる写真が出てきたの〜」
「そんな事、あったっけ?」
「覚えてな〜い?3年生の時だったかな・・・ウチの庭で転んでさ〜」
「そうだっけ・・・」
「お母さんに服脱がされて、素っ裸なの!」
「嘘だ〜!」
「嘘じゃないよ!写真あるもん!」
そう言うと香織は、押し入れから古いアルバムを取り出し、俺の横に座った。
「ほら〜っ!これだよ〜」
確かに俺、素っ裸になってベソかいてる。
「ほらね。」
勝ち誇ったような香織の顔。
「こんな写真、いつまでも持ってんなよ」
「だって俊ちゃん、ベソかいて可愛いんだもん」
香織はそう言うと、その写真をまじまじと見た。

「香織ちゃんだって、面白い写真、隠してんじゃないの?」
「見たい?」
香織はそう言うと、尚も俺に近付き、肩を並べるようにして、アルバムのページをめくった。
「俊ちゃんって小さい頃、ホント小さかったのに、今は背が高くなったよね〜」
時々写ってる俺の写真を見ながら、香織はそう言った。
「今も・・・男にしては高くはないよ・・・」
「でもこの頃って、あたしより頭一個分小さいんだよ」
「だね・・・」
いつしか香織と俺の肩は、ぴったりとくっついていた。
でも俺は、あえて気付かない振りをした。
気にしてしまうと、恥ずかしさに耐えれそうになかったから。
香織は気付いてたんだろうか?
肩がくっついてる事に。俺のそんな思いに。

「こっから先は、見せてあげない」
そう言って香織は、アルバムを閉じた。
「乙女の秘密があるもんね〜」
「あっ!ズルイ!」
そう言って香織の方を見た時、すぐ側に香織の顔があって驚いた。
慌てて目を伏せた俺。
「ねぇ俊ちゃん・・・」
香織の呼び掛けに、再び顔を上げた俺。
目の前に香織の顔。
「あたしの事・・・キライかな?」
「キライな訳・・・ないじゃん・・・」
「ホントに?」
「あぁ・・・」
「じゃ何であの時、あんなに大声出して否定したかなぁ?」
「だって・・・俺なんかと・・・香織ちゃんが嫌かと・・・」

目を伏せて呟いた俺の唇に、温かくて柔らかい感触が急に。


「あたしの・・・ファーストキスだかんね」
目の前の香織が笑った。勿論俺もそうだったけど。
「ケーキの・・・味がしたよ」
そう言って笑う香織。
「俊ちゃん・・・ケーキの味、分かった?」
「いや・・・」
「え〜っ!?マジで?」
「うん・・・」
「じゃ俊ちゃん・・・今度は俊ちゃんが・・・ねっ?」

目を閉じた香織の唇に、俺はそっと唇を重ねた。
確かに香織の言うように、イチゴのケーキの味がした。
でもイチゴのケーキよりも、今この瞬間、香織と唇を重ねあってる事のほうが、俺にとっては嬉しい事だった。

「2回もしちゃったね」
そう言って笑う香織。
「あぁ・・・」
「俊ちゃん、何であたしの顔見ないの?」
「だって・・・」
「何よ?」
「恥ずかしいのと・・・」
「何?」
「胸が・・・見えてる・・・」
前屈みになった香織の襟元から、しっかりと谷間が見えていた為、俺は香織の方を見れないでいた。
「えっちぃ〜」香織はそう言い、一瞬だけ体勢を変えたが、また前屈みに戻った。
「ホントは見たいくせに」
きっと香織、俺を見て笑ってる。だから尚更、俺は香織を見れないでいた。

左手をふいに、香織に取られた。
香織は両手で俺の手を掴むと、それを自分の胸に持っていった。
初めて触れる、柔らかい感触。
「あたしも・・・恥ずかしいよ・・・」
その言葉に香織を見ると、香織も赤い顔をしていた。
「直接・・・触っていいかな?」
コクリと頷く香織。

だが襟元からは手が入らず、俺はパジャマのボタンに手をかけた。
「全部は・・・ダメ。恥ずかしいから・・・」
上2つだけボタンを外し、俺はそこから手を入れた。
もっともっと柔らかい感触。
香織は時々、「アッ・・・」とか「ウッ・・・」とか声を洩らした。
俺は香織に、3度目のキスをした。
香織は俺の頭を抱いてきた。
俺も胸から手を外すと、香織の腰を抱いた。



>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 純愛, 青春,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:, 純愛, 青春,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20080406094317