2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg
 
 

おすすめ記事

不倫発覚の汚嫁。記念日の行動で再構築するか望みをかけてみた。結果、計画的に無慈悲な復讐を遂行。
 
何者にもなれないお前たちに旦那の遺言を告げる
 
彼氏の元カノである現役アイドルと修羅場になった
 
汚嫁の凄まじい内容の浮気に数ヵ月前から完璧な準備を重ね、仕掛け発動後、高見の見物しながら実況する
 
3歳の息子がありえない血液型だったのでDNA鑑定したら
 
学年一ブサイク女に恋をした
 
嫁が中出しされ開脚ポーズしながら笑顔でVサインの写真が出てきた
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
婚約者の実家でウ●コを漏らしたら婚約破棄されたのだが、それで終わらなかった
 
妻からの間違いメール
 
ヤクザの情婦にされた妻
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
お嬢様で処女だった彼女を10年かけて調教した結果
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
妹とSEXしてしまいました
 
汚嫁の不倫発覚、追い詰め最中に最悪の展開が待っていた
 
嫁が職場上司と浮気して調教されていたので、徹底的に追い詰めた
 
嫁と間男を血祭りにしてやった。今は悠々自適に暮らしてる。
 
女性のオーガズムの質問に女性目線で詳しくに答える
 
職場の女上司とセクロスしたけど女性ってなんで外と家とで違うの???
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

過去に戻った時の話








http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1445132915/



1 :名無し:2015/10/18(日)10:48:35 ID:hf5(主)
何かに残しておきたいから自己満足だがダラダラ書いていく






8 :名無し :2015/10/18(日)10:52:44 ID:hf5(主)
高校受験する気が起きなかったけど

親にも教師にも言われて高校受験をする事にしたが中学校の三年間を遊んで過ごして提出物もろくに出してなかった俺は行ける高校がないと言われていた






10 :名無し :2015/10/18(日)10:54:41 ID:hf5(主)
当時実家が貧乏だったこともあり

一人暮らしをしたかった俺は毎日の様に高校に行かずに働く、

家にはちゃんとお金を入れるからと親と喧嘩をしていた





12 :名無し :2015/10/18(日)10:57:41 ID:hf5(主)
そんなある日父親と二人で話しをする機会があった

俺が小学校の頃から父親は脳梗塞で右半身が麻痺していたから反抗期などはなかったが

自我が強い俺はいつも口喧嘩してもなんだかんだ理解して言うことは聞いていた





13 :名無し :2015/10/18(日)10:59:15 ID:hf5(主)
父親と話した内容は父親も昔は俺と同じ考え方で

中学校を卒業して事業をしたりしていた事、

その頃はバブル時代だったからなんとかなっていたことだった








17 :名無し :2015/10/18(日)12:08:22 ID:hf5(主)
父親と話してじゃあ全日制の高校に行ってみようと思い受験勉強を開始した

結果は底辺だけど公立に無事受かり、高校生活がスタートした訳だ








19 :名無し :2015/10/18(日)12:10:48 ID:hf5(主)
高校に入るとそれだけで満足した俺はバイトも学校生活も中学校の延長線の様に楽しんだ

しかし一週間の受験勉強で受かったもののボロは出るもので周りの学力についていけなくなった俺はやさぐれてしまった





20 :名無し :2015/10/18(日)12:11:58 ID:hf5(主)
やさぐれてしまったとはいえそこは高校生、かわいいもんでタバコや軽い暴力程度のものだった

とにかくストレスを発散したかったんだと思う

今考えると恥ずかしいし申し訳ない限りだが





21 :名無し :2015/10/18(日)12:13:55 ID:hf5(主)
そんな事をしていたら当然単位なんてものはとれない

見事に単位を落とした俺は留年するか退学するかを選ぶ事になり退学した





22 :名無し :2015/10/18(日)12:15:25 ID:hf5(主)
退学してからはすぐに一人暮らしのお金を貯める為にバイトを掛け持ちした

一刻も早く家を出たかった

当時は実家が息苦しいと感じていた事もあり、予想していたよりも早く資金が貯まった





23 :名無し :2015/10/18(日)12:16:00 ID:IqI
完全にオレの人生とここまで同じで引くんだが





24 :名無し :2015/10/18(日)12:16:38 ID:hf5(主)
>>23
嘘だろ?w

過去に戻ってドッペルゲンガーにも出くわすなんて…





25 :名無し :2015/10/18(日)12:17:14 ID:IqI
>>24
寸分違わず同じでビビッテルナウ





26 :名無し :2015/10/18(日)12:17:28 ID:hf5(主)
>>25
どこの地域だよ!?




27 :名無し :2015/10/18(日)12:18:16 ID:IqI
>>26
東海地方




29 :名無し :2015/10/18(日)12:18:59 ID:hf5(主)
>>27
おお、違う部分があって安心した





28 :名無し :2015/10/18(日)12:18:45 ID:hf5(主)
しかし、17歳のフリーターに貸してくれる物件がなかなかみつからなかった

そこで俺は18まで待つことにした







30 :名無し :2015/10/18(日)12:21:43 ID:hf5(主)
18歳になるとすぐに一人暮らしをスタートした

そこから成人式までは何事もなく一人暮らしを満喫していた

高校中退という学歴のコンプレックスはあったものの当時は早く働いてキャリアを積めば高学歴にも勝てると本気で思っていた






33 :名無し :2015/10/18(日)12:28:17 ID:hf5(主)
そしてやってきた成人式、

3、4人は連絡とってたり遊んだりしていたが普段合わない旧友と久しぶりに対面した俺はコンプレックスが更に強くなった

周りは大学だの就職だの自営業だの楽しそうに話していて高校中退でフリーターをしている俺は見下されているとかってに被害妄想を抱きだした





34 :名無し :2015/10/18(日)12:31:47 ID:hf5(主)
そんな中でも同窓会に参加する予定だった訳でみんなと色々な話しをした

家庭を持ってるやつもそこそこの大学に行ってるやつも楽しそうに話しかけてくるわけだ

特に秀でたものがない俺には苦痛でしかなかった

そしてコンプレックスが更に強くなった以外は特になにも無くまた会おうぜだのなんだの言って同窓会はおひらきになった





35 :名無し :2015/10/18(日)12:35:28 ID:hf5(主)
そこから俺は自暴自棄になりギャンブルにのめり込む事になる

競馬、パチンコ、スロット、競艇、競輪、ネットカジノに至るまで色々やった

時には大勝ちして現実から逃げれることもあったがその時だけの幸せを買ったところで自分の過去が変わる訳ではない

あくまでも『その時』だけなのだから

そしてフラフラ定職にも就かずに起きて仕事に行ってギャンブルして寝るだけの生活が続いた





36 :名無し :2015/10/18(日)12:40:54 ID:hf5(主)
悲しいものでそうしている間にも時間は過ぎていく

22歳になった俺は毎日の様に寝る前に過去を振り返る様になっていた

もちろん一番楽しかったであろう中学校の時の思い出なわけで貧乏でも毎日が輝いていた

友達もいて笑顔が溢れていたあの頃に戻りたいと毎晩の様に強く願うようになった





37 :名無し :2015/10/18(日)12:47:19 ID:hf5(主)
しかし強く願うようになっても戻れる訳がないとこれからまだ続くであろうコンプレックスだらけの人生に思いを馳せた



そうして時間は過ぎて冬になった

俺は先の人生を考えて猛烈に死にたくなる日々が続いた

死んだら楽になると本気で思っていた

親にも友達にも彼女にも申し訳ないが俺は本気で自殺しようと考え始めた





38 :名無し :2015/10/18(日)12:53:37 ID:hf5(主)
自殺を計画しだした俺には毎日が大切で儚く思いだした

そこからは自殺の計画で毎日が楽しく思いはじめる

仕事も辞めて有り金を全てギャンブルに突っ込みだす俺にはもうなにも怖くなかった

しかし物欲センサーというものはほんとにあるのかボロ勝ちしてしまった俺は生活の苦しい両親に最後の親孝行をしようと思い実家に帰った






40 :名無し :2015/10/18(日)12:59:11 ID:hf5(主)
今までフラフラと遊んでいてろくに実家に帰らなくなっていた事もあり両親も最初は驚いた表情だったものの暖かく迎えてくれた

俺は今まで育ててもらった感謝を伝えてせめてもの気持ちだとお金を渡そうとした

しかし昔から頭の硬い両親は頑なに受け取ろうとしなかった

そこで俺は両親の大好物をご馳走して一日を実家で過ごした





42 :名無し :2015/10/18(日)13:04:05 ID:hf5(主)

朝起きて予め準備していた遺書を実家に置いて母さんの手料理を久しぶりに食べた


涙が出るほど美味しかった

本当に幸せだった

そして父さんの車椅子を押して母さんも誘い散歩にでた

そこで久しぶりに真剣な話しをした


なにかあったのかと心配していた両親にも流石に全てを話せなかった


俺、これから死にます

なんて言えなかった





43 :名無し :2015/10/18(日)13:07:55 ID:hf5(主)
そんな中でも俺の意志が変わる事はなかった

そして両親を家まで送った後にお世話になった人に会って回った

それまでいつもおちゃらけていた俺がいきなり訪ねてきたので全員心配してくれていたが

思い出巡りだと伝えるとみんな暖かく迎えてくれた








45 :名無し :2015/10/18(日)13:13:15 ID:hf5(主)
そして全ての人に感謝を伝え終わる頃には年の瀬になっていた

その頃になるとどこか悟りをひらいた気持ちになりなにも気にしなくなっていた

死に場所には海を選んだ

沖に出て漂えば餓死するか溺死するかのどちらかだろうとおもっていた







>>次のページへ続く




 

 

関連記事

 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:オカルト・ホラー,   ■殿堂入りのおすすめ記事
 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:オカルト・ホラー,
 
 
 
 
 

おすすめリンク

 
 
 

おすすめリンク2

 

AmazonPickup

 

おすすめリンク3

 
 
 

人気記事(7days)

 

新規相互

 

おすすめブログリンク

 
 

お世話になっているサイト様



 
20151110070742