2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

元嫁と再構築中。表面的には以前のように戻りつつあるのだが、、、

 




799 :無しさん@お腹いっい。2011/03/21(月) 22:21:25.80
>>777さよりの話ですが、ほうに夫にって、今嫁と再構築中です。

つて楽い時代に表面的には戻りつつありま


の板便は、修羅からのを知いる先輩教えても、過去ログのいくつかを>>777さんとな同じような境遇で、びくりです

でも、起ちん。

元嫁はい、と気でままあ当然なんですけれど。



801 :799 :2011/03/21(月) 23:10:37.03
先輩にすすめられて、思い切り吐いたら元気がでるかも。

まあ、住人さんに弱虫とか腑抜けとか。

ぼこぼこにされるかもしれいけどもな、と言われたものです。

礼儀みたいなので、語っていい? と聞いてみます。



806 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/22(火) 00:03:16.52
まずは、スペックというのかな。

私(32)
元嫁(34)

先輩A(34か33、誕生日知らない。まあ、年度末だから34。あれ浪人してたら35かもしれない)

元嫁間(50いくつか)



学生時代のサークルの先輩後輩。2つ上。

姉さんタイプだが、少々天然のところあり。ボケと突っ込みのコンビで姉弟のようだと評判だった。






808 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/22(火) 00:44:17.51
元嫁の卒業式で初告。

じつは、その1週間前のサークル追いコンで告ろうと決意していた。

いつまでも弟じゃいやだ。でも、女の子とつきあったことなかったし、告白の仕方もわからなかった。

先輩Aが気づいて、「酒の力借りる」って言ってくれたので、コップ酒をあおる。もともと強いほうじゃないし、緊張して前の晩は寝れなかったから、撃沈。


で、卒業式当日。元嫁、きりりとハイカラさんしてた。イカしてた。

サークルでの姉御肌は消えていて、これからの社会人の不安をかかえた顔をしていた。

元嫁は俺が守る、童貞ちゃんが変に決意した。元嫁の前にたった。

でも、言葉がいえなかった、1週間ずっと練習していた言葉が。喉と唇がかさかさだ。

ででてきたのが、

「僕のお嫁さんになってください」。



810 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/22(火) 01:00:46.35
「いいよ、でぐお嫁んとのはねえ笑)

座り込む

「えへへへへへ」言にない。

先輩駆けてき(玉そうだ

「元。こ剣に告白してんのに断りがあるだうが」

元嫁ってんき合いOKたんだけど」



嫁は就職した。

からンをりた。こっちは学。すぐ同棲が始まった。退

料理があた。

、元嫁も仕沿が見習、土日はヒマだ。いろところデーた。金は彼女ちだた。

職場は、先輩も、女何ができ、とう雰る。彼女は泣いて。私は髪をなでてあげことしかできなかっ


2年自分の卒業式。たし曜日だった。

元嫁「卒業のお祝いは仕事でけないけど、次の曜日、いくところあで、、3かいっちゃだめよ。どうせ弱いら行

朝、元嫁に起こさて(寝てたのは自分のアパ元嫁えに来てた)活スーツ着せら、電にのった。

「(二日酔いで気分が悪い。今どこだ。そういや、元出身○県ってな。げっ、そかっているじゃん)僕どうすればいいさんに殴らればいんだね?」


ピンポーン。の登場。

嫁「あたしの婚約、私くさんに調」。

げてもらう。

私「(私をぐるき父親いな。ひとして「」と会逃げたか)あのう、お?」


学校低学年で父と死別していかる

中とか、お互いの家族りしかった。



811 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/22(火) 01:05:05.82
一応つづき。

れで卒業後の3の秋、めくゴールイン。

私幸せ。



832 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 00:31:53.45
モ帳のたいなのはある

医者に記みたいなもくのをすめられた

ときどう思っか、こう思わなかったとか、このとき彼女がこうしなから どうなっていたかと思う? とこうきかった。

アップする際に有名詞変えたり持ちとこけっこう削除りし手間取たのは実。

部屋にる元嫁に気づかないいうのが肝心。



では、始めま

婚式では書きました


婚3目の

彼女30のこえた。


「そろろ子しいよね」

元嫁、まだ働きたい。やっと周り一人前扱いされきたこで休んだら、またのくせにて言れち


私「ん、子どもはまだ先いや。でも、高齢出産になる、そのうが身体が心配


しばらくたって

元嫁「っぱり子どつくろかだっ、おさん手伝ってくれて」


私「僕だて育児は伝うよ。棲して時料腕あったで僕にその方面の才能がるかも」



834 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 00:35:04.12
>>830はトリが違いますね。

で、しばらくして、

元嫁「できちゃったみたい。どうしよ」

私「どうしょじゃないでしょ。やっぱり子どもいらなかった?」

元嫁「ごめんね。やっぱり仕事続けたい。ううん。この子がいらないわけじゃないのよ。赤ちゃん楽しみ。でも、仕事失いたくない。毎日悩んでばっかり」


そりゃそうだ。自分もそうだったけど、入社7、8年というのは、それなりの仕事とか部下とか任せられて一番しゃかりきになる時期だもんね。


元嫁「取引先の課長(このときはまだ間じゃなかったようだ)が私の仕事気にいってくれて、たくさん仕事くれるのよ。この前なんか、”課長、私にばっかり仕事いただくんでしたら、今度から指名料頂きます”って言っちゃた。でもひどいのよ。枕営業って噂する馬鹿がいて」。


私「ふーん。自分では仕事とってこれない馬鹿のいいそうなことだよね」。

私は生半可で答えた。

頭のなかでは、生まれて来る子どもの名前とか、家族が一人増えるんだから新しいマンション探さなきゃとか、いっそ家買っちゃうかなんてことばっかり考えてた。

すれ違いが始まる。



837 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 00:38:23.00
元嫁は、どんどん仕事をこなしていく。仕事にのめりこむ。土日出勤が多くなり、夜も残る。

妊娠初期に そんなことして身体にいいわけはない。

赤ちゃんの心音が止んでいた。

元嫁「ごめん、赤ちゃん死んじゃってた」

私「あんなに働いてちゃ、そりゃそうだろ」

自分も、与えられた仕事から責任ある仕事がだんだん多くなってきたので、やさしい言葉の一つもかけてやれなかった。

元嫁、ますます仕事にのめりこむ。

私は、赤ちゃんのこと忘れるためだと思っていたので、仕事をセーブしろとも、赤ちゃんは今度でいいとも言わなくなった。

自分も仕事が忙しくなってくる。出張も多くなった。

でも、元嫁のほうが大変みたいなので、炊事当番(といっても朝だけ。

昼と夜は それぞれ外食とか私だけは自分の分を自炊)を私がひきうけた。

朝も ぎりぎりまで寝かせてあげた。それがやさしさだと思っていた。


でも、会話らしい会話がもうなくなっていた。どんどんすれ違いが大きくなる。





838 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 00:40:19.24
元嫁は、「ただいま」じゃなくて「疲れた」と言って玄関をあけることが多くなった。

元嫁は けっこうお酒が強いし好きなんだが、自分は弱いので、お酒で気分転換という発想もなかった。

同棲中や結婚初期のような、お出かけデートもなくなった。

いつしか、レスになった。レスといっても、2月に1度くらいはしていたし、キスとはハグは毎日だった。

でも、元嫁は あまりその気にはならないようだった。

私は、そんなに赤ちゃんのことが気になるのかな、という具合にしか考えていなかった。



839 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 00:44:22.50
んなる日

元嫁と課長いるの先輩Aが発見したもちろん、この時点先輩は相手が元嫁の課であことを知らない

ちなみに輩Aはで2時間くらいかかる地の工場勤務。寮住んでいるまにこっちに出張がある。

をよそおい前回りて、出う。

「えっ」て顔

嫁「あ輩A)尿年こいて風俗なんるので おあこでし旦那(私)には言わないでね」

先輩A「相手だていい年の人ろ。W不倫ろ、だったらヤメロだけは見してやる自分で考えろ」と忠したうだ。

このこ後で知った。



841 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 01:03:12.17
方自も、発

綿泊ま婿こみ覚悟してた仕事が目におわったので、元嫁職場ビルへ向う。たまに一緒に外食しよと思った。

私「まだ どう、切り上げたまにはイタリアとか」(どこにいるとは言わかったはず

元嫁「ごめん。まだ終わい。帰ってていいよ」

私、ろうとする。元嫁オフスの電気た。

そのとき口の少先に止まる車。

通用口でて走りに走、私のほではなく車に乗り込む元嫁。

「えっ、なで」。

電気が消たのは窓から私の姿を認めではったんだ



843 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 01:04:25.24
先輩Aに相談の電話。

私、途中から泣きだした。

先輩、車をとばして工場の寮からこっちに向かってくれる。

先輩「実は」とホテル街のできごとも報告してくれた。

先輩「まあ、俺もそうだけど、ホテル街歩いてたって、みんながみんなラブホとか風俗とかじゃないし。で、どうする」

私「話し合います。もし、浮気していても、そんなおじさんのどこがいいんだ。やり直せると思います」。


845 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 01:06:22.47
でも、元嫁の請け負っていた仕事の納期が迫っているそうだ。

残業残業だといって、ゆっくり話しあう、そんな気配なし(後から確認したところでは、もちろん毎日不倫していたわけじゃない。ほんとに残業も休日出勤もしていたようだ)。

そのときになってはじめて、嘘をついている、私を避けている、浮気が進行中だ、と確信した。

納期前に7時にオフィスの電気が消えるわけはない。

話し合いなど、どうでもよくなった。

そのうち、W不倫には疲れるだろう。私に戻ってきてくれるだろうと思っていた。



846 :799 ◆TYGtrHd5y. :2011/03/23(水) 01:09:09.00
さて、修羅場。

一昨年の秋のこと。

私は、月曜から木曜までの出張がはいった週のことだった。お詫び行脚みたいな出張。

もっとも私が土下座することはない。土下座は役員とか上司の仕事。

私はスケジュールとか宴席の手配、話題のネタ集め(先方の趣味とか)、お土産の用意。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:人生・生活  |  タグ:夫婦生活, 浮気・不倫,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様