2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

妻の償い




今から十数年前の出来事なに、今でも思い出す度に苦しきます。


「やっぱり私も行き

無理を言うなよ。子供校はどうする?

さんに・・・・・・」

に妻の実家ので、共の私達は絶えず子を預ってもらした。

「それに久美も仕事があるだろ

「分かってるの。無理な事は分かっていも・・・

に乗ったら現地のに任て帰って西ら、長くても一年の辛抱だから

「毎帰って来てくれ?」

理を言。いら近いと言っても国内じゃな。お盆や正月以外にも、休暇をとって帰ってるようにすから、子供達は頼む」



からの私達は新婚当時に戻のように、毎日激しく交わって愛を確かめ合い後には空港に向かっていました。

でも絶対にいでよ。一度でも浮たら離婚だからね」

空港で別れ時にような事を言っていたが、まさか,このようをしは思い

妻とは高級生で、付いをめれば二十近くにいる事になり、30代半ばになっていたにも関ず休 ほとを共にし出掛ける時は子供の時でも腕を組んでいたの近所オシドリ夫婦で通っていました

,勤めていた会社が中国進出を決めたで、高校の日以上逢わずにい事のない私達、離れ離れなっいます。

その上,い行っみる,思ったよに休みの態では無く、イークに出来ずに、どか帰っられたの日本旅立ってから四ヶ月たお盆でし


の時達は,赴が決まっ時のように毎晩戻る前夜の妻は、も涙を流しなが抱き付いて来て離れません

「寂しいの」

も そ調な妻が愛し思えて抱き締めてしたが、次に簿た時の妻に寿が起ります


は後で分かったこが、その時の愛をかめうとしたのです

西と言うも、私から離れていく気持ちを、一度私にしっか繋ぎ止めてもていたのかもれません

私のして?私は好き。私はなたしてい

妻は私に纏わりき、にします。

夜にから毎晩迫てきて、私の全舌を這わすなど、こうな積極的なは今まで見た事がありません。

「あなたき。あなたが大好婿

れは自分い聞せる言葉だったのが、の時の私には分かでした。

て,次来た翌年の春、妻は違化をす。

--------------------

それは間だけの帰国で、金曜行かければならかった曜は一日中 妻と過ごし、日曜の午後には赴任予定でしたが、前もって言たにも、妻は土日が仕事になたと言います。

の時は なぜか暗く沈んでいて、前回のうに私に愛く事も無事あごとに謝けていした




「ごめんなさい

「何をんなに謝っている?」

「ううん。折角帰って来たのに、休日出勤になってしから

れはらずなぜ妻は謝り続けていました。

なた、ごめんなさい

「昼、ずっとりいる

こんな時に理が来てしまったら」

「仕ない抱きって眠ればい沿いじない

「そ姿うだ。子供達も寂がっていた寝ましょう

強引に布団を運びむ妻寿に不自感じなが、トラブル出で転勤が半年以上延事になっ私は、妻に申し訳なとい持ちが強くても言えせん。

しかし,妻は、そ年の夏季休暇も私と二になと謝るばかりで、もまた生理をみ続け、石の私も おかしいと思いらも仕事は待ってはくず、後ろ髪れる思いで赴に戻ました。

そして,十月 よう簿単身赴任わりると一番にを抱き締めしたが、妻は身体をくしまでてい

私は その涙し涙しまい、疲れも忘早速妻を誘てみ生理が来たと言て断わら、一週間経つと今度は身体の不調を訴えて、妻と交わる事も無く十日が経ちました。

今夜はいだろ

私は慢の限界を迎えていに押し倒すと妻はとの腕を差し込み、私遠ざけようと胸を押して、涙を流しがらキス

「ごんなさい・・・出ないの・・ごめなさ

「出来ない?どう味だ!」

が・・・・・・」

私には妻の言っている意味が理来ませんでした。

「彼?」

「ごなさい・・・・・好きながいるの」

全ての物がれ去る音聞こ、怒りよりもしみが襲ってきます。

こんな時に冗談はやめてくれ

なの・ごい・・・・ごんなさ

私は妻か離れると部屋を飛び出し、一人なると烈な悲しみに襲わ西ましたが、が大き過からか不議と出て来ません。

すると いつ後ろってました

「あなた・・・・・

「相手は誰だ

「それは・・・・・

相手

「彼は・離婚調をしていて・・・・・・・大事な時期だから」

悲しは徐々に怒へと変わって行き

から手は誰だ!」

私は妻の頬を張ってまし

えまん・・・ごんなさい」

私は また頬を張したが、あれだけ愛していた妻を力一杯張り倒す事は出来ずに、手減を加えてします。

叩いてあなたに仕方ない事をしまし。殺れても文句もえなような事を

「それら殺してやる!

乗りになる首を締が、力を調れたのはだけで、やはり妻を殺すなどず、閉じた目からいる妻を見てと、妻の恋分かって怒りは例えようの無い寂しさていました。

は妻の首から手すとしてている妻横に坐をて座りいました。

いつから

妻もゆっく起き上り、かれた頬をそっと手で擦りま

「去の十月ぐらいから度誘われるよになって、二人で食に行るようになったのは、十一月の終わりからです

私は一番聞きたい事が怖くて聞けずっていまの事を妻方か話し出ました

もう・・ ・・・関係・・・・ごめんなさい・・

れは罪悪からて話そと思ったのか、あるいはこのを話して私に綿てもおうえたかは分かんが、相手素性話さない事を考えれば後者のうなします。

そのような関係になったは いからだ?」

に関持ったのは簿・・・バレンタイデー・・・・・・・」

で妻、春に帰った時に私拒んだのです

彼に関係をもつな言われた、自分ら彼に操をたてたのかせんがどちらにしてきな人のために私にかれを避け

は浮気はなくて、本気という証拠です。

「離婚しさい・・・・お願いします」

浮気なら私が離婚を宣言し、妻が許しを請うでしうが、本気は自離婚を望んので、が妻をき止められる方法は退かありません。

供達はする!当然 子供達にも知れるぞ

直に話します。子供らなければなないの、私から話さ下さい。も引き取らせて欲いです。でも、こんな母親では軽して、許してはくいかな」

には、妻を引きと方法が無くなってした

あとは泣いて縋る事しかありませ、裏切られた上にそのようなはプイドが邪魔をし出来ませ

仮に離婚を拒否したも、心が戻ってこれば事です。

し,寝耳にだった私がすぐに事なる訳も無く、離婚にいては先延ばしにしましたが、妻も私に少しは誠意を見せたのか、時間に帰ってていました

俺が嫌いなっ

「嫌いになんなれない・今でもあなたが好き・・・・・で・・・の事を・・・・・・

妻は私の事を嫌いではないが、も彼をてしまったといたったのでしょう。

にないて、このまま妻が彼と会わば忘れてくれるかも知れないと、情望み抱いましたが、それも三日ともちません

連絡も無遅く帰って来妻は、入ってなり私とを合わさないよ俯いて、小走りで寝室に行くと声を使す。



うし

合っている事を使あなに打ちけた彼に話した約束もないのかと怒てしまって」

「逆切れか。分のやったの責任もとろとしい男に惚れたか?」

は取ると言っいます」

「それならなぜ、堂々と俺の前に現れない!」

「今は自分達の離婚題があって・・・時期が悪いからと・・・・

の人生を無茶苦茶にてお時期が悪い?逃げているだで誠意も何も奴だな」

を合せればず私に謝り続いた妻でしたが、彼の事を悪れないのか、明日彼と会って私に謝するよ得すると初め調で言いました

し,翌って来た妻は、も少し待って欲しいと頭げます

「不んかする、所その程度の男だ。お前も同類だから話ないし。こうら徹底的西調べて、そいつの人無茶苦茶にし

「待て。明て、きちんと話をしに来てくます


では娘の彼氏便婚の許もらいに来るのを待ってる、花嫁ののよう

も妻に捨てられよかとしいる時に、少しでも妻に嫌われないように手加減をえている情けない自分に気付き、れが更にの事態に進せているようなて、と対事をしたが何処のか分は動きようがあません。


湿手はだ!

し,彼を庇っいる妻は言う訳も無く、翌私は興に飛込み、今会う事が分かっているので早速相手の身調査を依頼が、

の夜二がホテル連絡があり、

でもい詰動に駆られのを調し辛くなる我慢してくれと言われて、

ようやく五日に詳報告書が出絡がったので受けに行

実に妻が男に腰をかれホテに入っく写真を見せれて、猛烈な怒りが込げてきました。

何故ならは かなり年上の殿中年父で、五日だけはな昨日もテルに行っるのです

「おえの好きな彼は、いつまでているつだ?」

「逃ている・・・・」

気で愛してれば、ここまで来ればの男なら出て来ているでしょ

しか,甘い言葉をかれて自分を見失っている妻には、彼明らかに逃げている事が分かりません。

本当に話をているのか便日は何処で?」

何処・・・・・・」

ホテルで何の話がる!俺がこんなしんるのに、おまう度にホテルでお楽みか!そんなに俺苦しめて楽しいか!

ホテルだなん・・・」

「違なら、日は何処にいたのか言使

ごめんさい。今後の事を静かな場所で話そと言われてれよりも事を・・・・・」

「木部長」

「えっ!・・・・・・・・・」

報告によると,相使司で妻はの春に置転換があってら彼の片腕として働いて、二人だけで行動調する事も多かった為内で二人の仲を噂る者もいて、意外と簡単に調べたと調査員言っていした。


「木健吾、五十三歳。相手は十八もベ親父?」

「彼は違は仕合いだけで関係ないの

私が証拠を持っている事を知らない定しましたが湿上司を彼と呼事が全てを語ってい


「関無いだと!関係ないな、明日会社に構わなな?

「私が悪い。あなたへの責任は私とりす」


しかし私便は、うして下に責任を取らさなければならない事があます。

「会社なら、今すぐこべ」

を掛ける下は一後にやっした。

は入来る座しを下げます。

「すみませんた。人の道にれた事を。でも私達愛しって出来るりのいはしますが、分かれ事だけは出来 

この男は妻の手前もあって、そ後も々と愛を語り、妻に対して誠な男じ続けま

して,恋愛経験が乏しい妻は彼されてと信じ切っていて、彼と並んで私に頭を下げいました

し合ているしていれば、何をしても許されるのか?お互いに妻や夫だろ!

「その通りです。しました。ただ私方はずっと離婚協議で・・・・・」

。そ明日も離婚しろ

「そう簡単には・・・・・から・・・・妻協議・・・・

協議くて、全て奥の望む条件を飲んればいいだろ。そのぐらいの覚悟もしに、俺の人生を無茶茶にしたのか!

そういう・・・物理的なものでは無くて・・・・精神的な・・・」

ごちゃごちゃ言っていさんを連れい」

「妻・・・・・・・・・」

「だから、すぐ婚出来るようにが頼んでら、奥さを連れ

ここまでしまえばばれてしまうのは時間の問題だと木下もっているはす。

かし,彼、妻をきとめるためには嘘も平気でつくの

あなめんなさような償いでも・・私が・・・

何も知らずに、妻彼を庇い続けます

「どような償いでも?そか。それなら先に、奥さんの所行って謝来い!早く離婚しくれと頭下げて何もい奥さん

「何も知らない?」

「おい木下!自分の家庭 そのままで久美を愛人して囲う気か!」

何の事か・・・・・妻れば・・すぐでもて・・・



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, SM_調教, 夫婦生活,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様