2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

妻の償い




から十数年も前出来、今でもい出度に胸苦しなっます。


「やっぱり私たい」

理を言うな。子供達の学校簿はどうする

「お・・・」

確かに妻の実家が近いので、共働達はえず子供達を預かっ っていました。

それに美も仕あるだろ」

かっている無理な事っている。でも

工場軌道乗った現地の人間に任せ来らるかも一の辛抱だから」

帰って来てれる?

理をよ。いくら近と言国内じ調のだぞ。以外にも、休暇をとって帰るようにるから、子達の事は頼



それ私達は新婚当時戻っかのように、毎日しく交わって愛を確かめい、十日には空港向かた。

「遊びでも絶気し。一度も浮気し離婚だらね

空港で別時に このような事を言っていた妻が、ま,このような事ようもしません

妻と高校同級、付き合いを含めれ二十年にいる事に、30代半ばになっていたにわらず休日はとんど退を共にし掛け時は子供が一緒時でも腕を組んでいたので、近所もオシドリ夫婦で通ってました。

それが,勤めていた会社中国進を決た事で、高校の時日以にいた事ない、離れ離なっいます

その上,いざ向こうに行ってると,思ったように休みの取れる状ではく、ゴールデンークにも帰国出来、どにか帰って来られたのは日本を立ってから月も経っお盆でした


の時私達は,赴任が決まった時のよに毎晩わり先に戻る前夜の妻終わも涙がら抱き付いれません。

いの」

も そのよう妻が愛し思え抱き締めてましたが、に帰って来妻に変化が起こりま


れはで分かったこですが、時の妻は私への愛をかめようとていのです

かめると、私から離れていく気もう一度にしっか繋ぎめてもらおうとしても知れま

「私の事てる?き。私はあなたを愛している

私に纏わり付き絶えず愛をます。

夜になれば妻か毎晩迫ってきて全身舌を這わすなどうな積な妻は今まで見た事がありません。

あなが好あなたが大好き」

それ自分に言い聞殿る言ったので、この時のは分せんた。

そして,次国出来た年の、妻はた変化を見

--------------------

それ三日間稿だけの帰国金曜は そ足で会社に行かなければならなかったので土曜は日中 妻と過し、日の午後には赴任先に戻定でしたが、前もっ言ってあたにも関わらず土日が仕事になたとます。

その時のぜか暗くんでて、前回のよう婿私にを囁く事も無くに謝り続けていした。




「ごめんなさい」

「何をそんなに謝っ?」

「ううって来たの出勤になってしまったら」

は夜も変わらず、なか妻はけていした

なた、ごめん

「昼間ら、ずっと謝てばかりいるな」

来てしまったから」

方ない抱き合って眠ばい

そう供達も寂しがてい、今日は四人で寝ましょ

に布団を運び込む妻に然さをながらも、トラブル続出で転半年以事にった私は、妻申し訳う気持ちが強くて何言えません

しか,妻の夏季休暇も私と二人になるとかりで、夜また生理を、流石も おしいと思いな仕事待ってはくれず、後ろ引かる思いで赴任先に戻りました

そして,十く単身赴任も終帰っ来ると一番にを抱締めましたが、妻は身体を硬くして涙まで流していす。

私は涙を嬉し涙だと思ってしまれも忘れ早速妻誘っるとが来言っられ一週間つと度は身体の調を訴えて、と交く十日が経ました

「今はいいだろ?」

私は我界を迎えていて、強引に押倒すと妻は私とに腕を差し込み、遠ざけ胸を押して、涙を流がらキス

「ごめい・・・出いの・・・なさい」

い?どう言う意味だ

が・・・」

私には妻の言いる意味が理解出来まんでした。

「彼

ごめんなさい・・・・好きな人が

の物が崩れ去る音が聞こえ怒りも悲しみが襲って

「こんな時に冗談やめてくれ

「本・ごんなさい・・・・ごめんさい」

は妻かられる屋を飛し、一人になると猛烈な悲みに襲われました、事が大き過ぎるかか不思議涙は出て

の間にか、後ろに妻が立いまし

「あた・・・・・・・」

相手は誰だ」

は・・・・・

「相手は誰だ!」

は今・離婚調停をいて・・・・・・大事な時期だから」

しみは徐々に怒と変って行きます。

「だから相手は誰だ!」

私は妻のました

えません・・・ごめんなさい」

私は また頬をりましたがれだいた妻を張り倒す事は出、手を加えまいす。

「叩!あなに叩かれも仕ないしました。殺され、文言えいよう事を」

「そ稿

馬乗りになると首をめていましたが、力をたのは最けでり妻殺す事など出来ず、閉じ涙を流している妻を見ていると、妻の恋がなのがかって怒りはえよの無い寂しさ変わまし

私は妻のから手と、を殺して泣いて妻の横に坐を掻込んでいました。

「いだ?

もゆくり起き上がり、叩かれそっと手擦ります。

「去年の十から度々誘われるようになって、で食事にったになった、十月のわりぐらいからです

私は一番聞たい怖くて聞けずに黙っていました、その方話した。

彼と・・・身体の関係・・・・ごめんなさい・・・・・」

これは罪悪感ら全て話うと思ったのかるいはこの事を話して私に諦めてもらおうと考え分かりませんが、相手の素性を話さ事を考えれば、後者のような気がし婿ます。

沿ような関係になったのはからだ?」

最初にを持ったのは・レンタンデー・・・」

れで妻は、春にた時に私を拒んだのです。

彼に私と関をもつ言わ宿殿分から彼をたてたかりませんが、ちらしても好きな人のため抱かを避た。

つまりは浮気ではなくて、本気だという証拠です。

「離婚して下さ・・・お願いします

浮気なら婚を宣言し、妻が泣いて許しをうのでしょが、本の妻自ら離婚を望んでいるので、私が妻引きめらる方法は一つしかありません

子供達はどうす!当然 子供達れるぞ」

直に話し子供達に謝らければならので、させて下さい。子達はうしき取らせ欲しいです。も、んな母親では軽蔑して、許してはくれないかな

私には、妻を引きとる方法が無ってしまいました。

あとは泣いてる事しせんが、切られた上にそのようなはプが邪をし来ません。

仮に拒否たとても、心戻ってこなければ同です

しかし,寝耳に水だった私がすぐになど出来る訳も無く、離婚ついてはにしまたが、妻も私に少しは誠意を見と思ったの通常っていまた。

嫌いになった

「嫌いになんかなれない・・・今であな好き・・・・・でも退・・彼事を・・・・・

妻は私事を嫌いではないが、私りも彼をしてしまったと言いたったのでしょう。

私は消的にないてま妻が彼と会わなけば忘れてくれるかも知れな、情け無い望を抱ていまたがも三ともちません。

連絡無く遅帰って、入っり私と合わさいように俯いて小走で寝室と声を殺して泣いてす。



「どうした?」

合っている事を、あなたに打ち明、約束守れないのと怒ってしまて」

逆切れか。自分やった事のとろしなに惚れたのか?」

は取ると言ってます」

「そならなぜ、々との前ない

は自の離題がて・・・・が悪い・・・・・・・」

姿俺の無茶苦茶しておい悪い逃げいるけで意も何も無奴だな」

退れば絶えず私謝り続使ていた妻でし、彼事を悪く言われるのれないのか、明日会って私に謝罪するよう説得すると、初口調で言ました。

しかし,翌日帰ってた妻は、もう少待って欲いと頭を下ます

「不倫なんかする奴は、所詮その程度の男。お前同類だか話さないし。こうなったら徹稿的に調て、そい生も無茶苦茶してやる」

「待って。明、きちんと話くれよう言いまから


これでは娘のもらいに来るってる、花嫁の父のようです。

にもに捨てれようかとしている時に少しで妻に嫌われないよう手加減を加える情けな自分に付き、それが更に最悪事態せてようなして、私は よく彼対決すを決めまが、何処の誰か分からなくてうがありま


は誰だ

しか,彼を庇っる妻は言う訳く、翌は興信所に飛込み、っているので早速相手のの身辺調依頼し

その夜二人テルに入っがあり、

にでも妻問い動に駆らを調し辛くなので我慢してくれと言われて、

うやく五日後に詳しい出来上がったので受寿行くと

現実妻が男腰をかれテルに入ていく写真見せれて、猛烈な怒りが込みげてきした。

何故 かな上の中年の親前だけではなて昨ホテルに行っているのです

「おまえの好きな彼は、いつまで簿いるつもり

逃げている訳では

を本で愛ていれば、まで来れば出て来ているでしょ

かし,甘囁かれて自分を見失っている妻に、彼が明らかげている分か

「本当に話をしていのか?昨何処で?」

何処って・・・・・

「ホテ使で何の話が出切る!俺がこんなに苦でいるのに、お達は会う度にホテルでお!そんなに俺を苦しめて楽しいか!

「ホんて・・・・・

「違うなら昨日はにいたのか言ってみろ!

簿ごめさい。今の事を静かな場所で話うと言寿れて。りも、どうしてその事を・・・・・

「木下部長」

「えっ!・・・・・・・

報告書によると,相手は妻上司で、妻は昨の春に調転換あってから彼片腕として働いていて行動する事も多ったに、社内二人の仲使するいて調べが姿たと調査員は言っていました。


「木健吾、五十三歳相手はケベ親父か?」

彼は違うの。彼とは上の付きいだけで関の」

を持ている事をらなは否定しましが、上司を彼とぶ事っていま


関係無いだないら、会社に行って話しも構わないな?」

「私がいの。あなへの責任は私とります」


しかし私、どしても木下に責任取らなけばならない事があります。

「会社なら、今すぐこ呼べ

電話を掛ると、木下は時間てきした

は入るなり正して頭下げます

「すみせんでし。人の道に外れ事をしした。で達は愛し合っいま来る限り償いはますかれる事だけは出来ません」

妻の手前あっか、も堂々とを語り、妻に対して誠実な男を演じ続けます

て,恋貿愛経験が乏しい妻は彼に愛されてると信じってて、彼と並んで私に頭を下げていました

「愛し合っいる?愛していば、何してもされるのか?互い妻や夫がる身だ

の通りです。し訳ないを致しま。ただ私のはずっと婚協議中・・・・・」

うか。それ明日にで

単には・・・・・・・から・・妻と協で・・・・・」

「協議などしなくても、全て奥さんの望む件を飲ん離婚すればいいだろのぐらいの覚悟も無に、俺生を茶にしたのか!」

「そいう・・・物理的なものでは無て・・・精神的な・・・

ごちゃごゃ言って沿ない、奥さんを連れて来い」

「妻は・・・・・・・

だかに離婚出来るように俺が頼んでやるんを連れて い」

までまえば、ばれてまうのは時間の問題だ木下分かっるはずです

しかし,彼は、妻を引きるためにはも平くのです

「あなごめんなさい。のような償いでも・・・・・・

何も知らずには彼を庇

「どのようないで?そうかれなら先、奥さんの所に行って謝って来い!早く離婚してく頭を下げて来い。何も知らない

「何も知らない

い木下!分の庭は そのままで、久美を人とて囲う気

「何の事か・妻が納得さえすれば・・すぐにでもて・・・



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, SM_調教, 夫婦生活,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様