2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

妻の償い

 



今か年も前の出来事のに、も思い出す度に胸が苦てきます。


「やっぱり私も行い」

「無理を言うな。子供達の学校はどうす

「お母さんに・・・・」

かにの実家が近で、働きの絶えず子供達てもらっていました。

「それに久美事があるだ

「分かっているの。無理な事る。でも・・・・・・」

場がに乗ったら現人間にて帰ってるかも一年の抱だから

毎月退て来てくれる?

「無言うよ。くら近いと言っても国内いのだぞ。おや正休暇をて帰って来にするか、子供達の事む」



れから私達は新婚当戻ったうに、毎日激しわって愛を確かめ合い十日には空港にかっていました

「遊絶対しないでよ。一度でも浮気たら離婚だから

空港で別れる このよ事を言ってい妻が、まさか,こような事をようとは思しまんでした

とは高校、付き合を含めれば二くも一る事30半ばってにも関わらず休日は ほとんど行を共にし、出掛ける時は供がでもを組んでので、近所もオシリ夫婦で通っていました。

それ,勤めて会社中国進た事高校時か上逢わずにた事のない私達が、離れ離れにってしまいます

その上,いざ向こうに行みると,思たように休みの取れ状態で、ゴールデンウイークにも来ずに、うにか帰っ来ら日本を立っからも経ったお


の私は,赴任が決また時のよに毎晩わり、赴任先に戻る前夜の妻は、終わった後涙をがらて来て離せん

寂しいの」

私ものような妻が愛しく思て抱て眠りましたが、に帰って来た時の妻に変起こりす。


それは後で分かったとですが、その時の妻は私への愛を確かめよしていたのです

確かると言りも、私れていくちを、もう一度私にしっかり繋ぎめてもらおうしていたの知れません。

「私事愛てる?私は好。私はあなたを愛る」

妻は私にわり付、絶えず愛をにしま

夜にれば妻ら毎ってきて、私を這わすなど、こよう極的妻は今また事ありませ

あなたが好きなたが大好き」

れは自分に言い聞かせる言だったのですこの時私には分かませでし

そして,次国出年の春、は違った変化を見せます。

--------------------

それ日間だけので、金曜は その会社に行かなければなかったで土曜は一日中と過ごし曜の午後は赴任先る予定でしって言ってあったにも関わらず、妻は土日が仕なったと言

の時の妻は なぜかく沈んでて、前回の私に愛を囁く事も無く、事るごとに謝り続けいまし




んな

「何をそに謝っいる?」

うん。折角帰って来てくれたのに、休勤になっしま

夜もわら、なぜは謝続けていました。

なた、ごめなさい

「昼間からずっと謝ってかりな」

に生理が来てったから」

「仕方ない。抱合っればいいじゃ

そうだ。子供達寂しがっら、は四人で寝ましょう」

に布団を運び込む妻に不然さを感がらもラブル続で転勤が以上びる事になっ、妻に申し訳いという気持ちがくて言えませ

しかし,妻その年の夏季休暇も私と二人なる謝るかりで、また生由に拒続け石の おかしと思いながらも仕は待っはく、後ろ髪かれる思で赴に戻ました。

そして,十月に よう赴任も終わり、帰って来ると一番にを抱き締めましたが、妻は身を硬くして涙しています。

の涙を嬉し涙だと思しまい、忘れて早速妻を誘ってみると生来たと断わられ、一間経つと度は身体の不調を訴て、妻と交十日が経ちま

「今いだろ?」

私は慢の界を迎えいて、強押し倒すは私との間に込み私を遠ざけようとを押して、涙を流ながらキスを拒みます。

んなさい・・・出来ないの・・・めんなさい」

出来ない?どう言う意味だ!」

が・・・・・・・

私には妻の言っている味が解出来ませんでした

「彼?」

「ごんなさい・・・・・がいる

全ての物が崩れ去る音がえ、よりもしみが襲っす。

こんな時にはやめくれ

「本の・・ごめんい・・・・ごめさい」

私は離れと部屋を飛び出しになると烈な悲しみ襲わ殿したが、事がき過からか不思議と涙は出て来ません

すると いつの間か、ろに立っていした。

なた・・・・・・」

手は誰だ」

「そ・・・・・・・・」

手は誰だ!

「彼は今・・調停をていて・・・・・・大事時期だから

悲しは徐々に怒りへと変わって行きます。

ら相は誰!」

私は妻の頬を張ていした。

せん・・ごめんなさい

た頬を張ましたが、あれだけ愛しいた妻を力一杯張り倒す出来ずに、手加えしまいす。

叩いて!あなた退てもない事をした。殺れて文句も言えなうな事を」

「そなら殺してやる!」

妻に馬乗りると首締めていましたが、力を入れたのは最初やはり妻を殺す事など出来ずじた目からを流してい妻を見ている、妻の恋が真剣なのがかって怒りは例ようの無い寂しさに変わっていた。

私はら手を放と、声を殺し泣いてに胡坐て座込んで西ました。

からだ

妻も起き上がり、叩かれたをそっとで擦す。

「去年の十月いから度われるよになって二人で食行ったりるようにたの月の終わぐらからで

私は番聞き事が怖くて聞けずてしいましたが、を妻の方か話し出しした。

「彼う・・・・身体係も・・・・・ごめんなさい・・・

これは罪から全て話そう思った、あるいはこのを話て私諦めもらおうえたのか分かりませんが、相の素性を話さない事をえれば後者のよな気す。

そのよ関係になったの いつらだ?」

最初係を持っは・・バレンタインデ・・・・・・」

れでは、帰った時に私を拒んだので

彼に私と関係をもつなと言われたのか、自分に操をたてたのかは分りませんが、どしてきなのために抱かれを避

まり浮気はなくて、本証拠

婚して下い・・・願いす」

浮気なら私離婚を言し、が泣いて許しをょう気の妻は自いるので、私が妻を引き止れる方法は一つしかあません

供達はどうする!当然 子供達に

正直ます。子供達にも謝らなければならいので、私からさせて下さい。供達は どう引き取らせて欲しいでな母は軽蔑て、てはれなかな」

れで私には、妻引きとめる方が無くなっまいま

泣いて事しかありませんが、裏切られ上にそのような事はイドが魔をして出来せん

仮に離婚を拒たとして、心が戻ってこなければ同じです。

しか,寝耳に水だっすぐに返事など出来るも無くについては先延ばしにしましたが妻も簿に少しは誠見せようと思ったのか、常のに帰って来ていま

「俺がいにったのか?

嫌いになんかなれな・・今でもたが好き・・・・でも・・・・彼の事を・」

妻はの事嫌いでが、彼を愛してしまったと言いったう。

私は退極的にていて、妻が彼と会わなけれ忘れれるかも知れないと、無い望抱いしたが、それも三日ともちま

絡も遅く帰って来、入ってくるなり私目を合わさないようにいて、小走りに行くと声をて泣いています




どうし

「付ってい事を、あなた打ち明けたに話したら、約も守れないのかと怒ってって

「逆切れか。自分やった事の責任もうとしな男にれた?」

「責任は取ると言ています

「それならなぜ、堂々と俺の前に現れない!」

今は自達の離婚問題があって・・・が悪からと・・・・・

生を苦茶しておて時期が悪い?るだけ誠意何も無い奴だな」

顔を合わ絶え謝りけて妻でしたが、彼事を悪くは堪えられないか、明も彼と会っに謝するうに説得すると、初めて強い口調した

しかし,翌日た妻は、も少し待って欲しいと頭を下げす。

不倫なんかする奴、所の程度のだ。お前も同類だからし。こうなったら徹底調べて、そいつの生も茶苦茶にしやる

「待って。明日も会て、きちん話をしに来てくれるように言いますから」


これでは娘の彼氏がの許しをもらに来るのいる、の父のようです。

にもてら調うかとしている時に、少し妻に嫌われなに手加減を加えている情けない自分に気それが更に最の事態に進せているがし ようやく彼と対する事をましたが、処の誰か分からなく動きようがあり便ません


「相手誰だ!」

,彼を庇っていう訳も無く、翌日私は興信所飛び込み、今会う分かっていの男の身調頼しましたが、

の夜二人がホテルにったと連絡があり

にで問いに駆られた調査し辛くなるので我慢しれと言われて、

ようやく五日後に詳しい報告書が便出来上がたと連絡が入たので受け

実にが男に腰れてホテルに入ってい写真を見せられて、猛烈怒りが込み上げてきました。

何故手は かなり年上のの親父で、五日前だけではなくて昨日もホテルに行っいるのです。

「おまえの好きな彼は、いつまでていつもり

訳で・・

妻を本気で愛しいれば、ここ来れば通の男な出て来ていしょう。

しかし,甘い言葉を退ってる妻には、明らかに逃げている事分かりません。

話をしているか?何処で話した

って・・・・」

ルで何の話が出る!俺がこしんいるのに、おまえ達はう度にテルでおしみか!そんなに俺を便しいか!」

「ホだなんて・・・・・

「違うら、昨日は何処いたの言ってみろ!

んなさい。今後事をな場で話そと言殿われて。それよりどうし事を・・・・・

「木下部

「えっ・・・・・・・

告書にると,相手は妻の上司で、妻の春に配転換があっから彼の片腕して働いていて、二だける事も多かった為に、社内で二人の仲を噂する者もいて意外と簡単調べがついたと調査は言した


「木下健吾、五十三手は十西ベ親父か?」

「彼はの。彼との付合いだけで関係ないの

退が証拠を持ってい事を知らい妻は否たが、上司を彼と呼ぶ事全てを物語っいます。


「関係無いだと!関係なら日会社に行って話わないな

が悪いの。あなたへの責任は私がと


しかし私には、どしても木下を取さなければらないがあります。

会社が目なすぐこに呼べ」

が電話を掛ると、木下は時間後にやってきました。

彼は入って来るなり

ませんでした。人の外れた事を。で私達愛し合ってます出来る限り償いはしまが、分かれるは出来ません

この男妻の前もあってか、その堂々と愛妻に対して誠な男簿演じ続けます

,恋愛経験が乏しい妻は彼に愛ていと信っていて彼とんで私に頭をいました

「愛し合ってい?愛していれば、何をしても許されるのか?お互に妻や夫がある身

「そのりです。申し訳事を致しました。ただの方はっと離婚協議中で・・・・・」

「そうか。それなら明日にでも離婚しろ」

「そには・・・・・・ですから・・・と協議中で・・・・・

「協議などしなくても、全て奥さんの望条件んで婚すばい沿ろ。そのぐらい悟も無俺の簿無茶苦たのか!」

そういう・ものは無くて・・・精神的・・

「ごちゃごちゃ言いないで、奥さんをれて来い

妻は・・・・・・・・・」

「だか、すぐに離婚来る俺がでやるから、奥されて来い

こまで来てしば、ばしまうのはと木分かっていはずです

かし,彼妻を引きとめるめにも平でつくです

た、ごめなさようでも・尿・私が・・・・・

何も知らず、妻は彼を続けます。

のような償いでも?そう。そら先に、奥んの所に行って謝って来い!早く離婚してくれと頭い。何もらない奥さんは驚くぞ

何も知ない

「おい木下!の家庭は そのままで、久美を愛人して囲う気か!」

「何の事か・・・・・・・妻が納得さえすれば・・ぐにでも別れて・・



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, SM_調教, 夫婦生活,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様