2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

年上の嫁の浮気と隠されてた性癖

 



:技術派遣社員 29歳

嫁C子:大手電機ーカ 36歳

高校業後、半導体の請け工に就職。そ3年ぐら勤め後、知人に誘緒に派遣社に

高校卒沿、高の同級生とてたが、その女が浮何回も許しつつも浮気するの想をつかしれ。

に付き合った女も実は本命彼氏が居たことがれ。


んで、3年らい独り身だが2年前に派遣企業でC子とった。

は高めでスタイルは良かったが、年齢を聞くまでは同じ年齢だと思ってたい童顔だった

最初は便特になんとてなか(というか正社員のC子と派遣員の自分がどうかなるなて思てなかった)んだ、俺が好きな小説(ラトノベル)を女もてて好湿をふとしたきっか聞いて仲良く

んで、彼女のほうから告されんだが、告白時の台詞

「私んな齢だし、結提としき合いしかできない。もしと結婚に付き合うことを考えられないなてくださいと言われた

告白れて喜んもつかの間っとが浮気性な女に労してた経験があって、婚するなら信できる女だ、って
のもあ、結婚を前提に付合う返事して、付き合っ


なんC子はまで男とき合った経は0

なかったわけじいが、告白た男に真な付き合いを婿したら ほぼべて引かれしまってこの年齢だったらしい。

、C子は大手企業に大卒員で10年勤たこもあり、貯金もかなあって、俺がほとん貯金が無いにもかかわらず、結婚まで一進んだ


しか、それからすぐに俺が変外出張が多くなっ西今に至わけだ、EP(シンガポーでの仕事許可みたいなん)の更新ミスで急に本に戻るった。


あまりに慌しかた為、携帯電てきたことに気がついたのは、飛乗っだっ

連絡もなかっんだが、C子がフト休みなことは知、そまま帰っが・・・。


に見知らぬクが止まってた。なんだこれと思いつバイクを玄関の鍵を開

とりあえず、スーツごうと洗面所に行こうとしたら寝室のうから変な声がこえる。なん?と思って思足音ばせ
室のほうへった。


たら・・

寝室のドア隙間覗くぬ裸の男(男つーか校生ぐらいのガキに見えた)が退仰向け寝てて、その股間に顔を埋めてるが見た。

最初、な女は髪もアップにしてスーツ?を着てので家を誰と思ったが、それがCだとに時はかかた。

心臓がバクバクしながとりあず様子を見てた。なんというか、全然予想もしてなった状況に脚すくんでのが本音。


男の股間めた尿からは、ゃぴちゃとやたら音が退してた。ぼそぼそ男がながらC子話した。

「ああー、C子さん。すげーいい。やぱその好エロくていいよ」

っと音を立てて顔を離して手でノをしご、ふふっと笑寿。正直言結婚後2年も経つが俺が聞いたこもないいい笑た。

「もー、O君って変バさんにこんな格好しゃぶせる

オバさんて、さんはぜん若い。おねーさんてじ。




「えー、世辞ばっかいってー。んじゃ、おねーにボクはどうしほしの?

「自乳首りながら、もして」

子はモノから手口で咥え分でスーツ前のンを外して、ブラウスの上から自の胸を触りだした

た ちゅぱっと音を立口を離すと

っぱり、変だよ・・・自分でせるんてぇ・・・」

たような声でC言っ

「ノラだよね、だね?やっぱC子さんてエロいよね」

だって、O君がやれっ言った・・・んっ

子は自分で乳をいてるのか折あえぎがら行為を続た。



このあたりでになっきて、冷静になってきたらだんだんと腹って

なようだど、してること、裏切らこと怒りを覚えたというりすごいエロい姿を他男に晒ことが立っ

と、いうのC子は俺とックスにはすごい淡白でこそフェなん俺が頼でやっとてもら感じ

すること普通のフェら最初のほんて嫌がった

まあ、もと30過ぎて処女だったし、もとも癖なところがあっからしょなと思って、俺も要以に求めることはった。

もともと俺も昔の女たちが経受身なセックが多った(好きだた)こともあ、だだんどくさくなって常位でれてすだけ、みたなセスになっていった。

それがどうだ、やっほしかっようなエロいフラやエロい態度を、あれだけ俺相手のきは嫌がったのにこキには
ゃないか。なにより、それが猛に頭きた



どうやて乗り込んでやろうか、なんか武器持ってきたほうよな。とか考えてるうちにC子湿そのキの行為は

「ねえ、C子さつものアレしてよ、ア

えぇー、こので?まだ脱いじゃだめなの?んっ・むゅ・・・

C子は ブラウスら自の乳首の場所をこねた

おいお、俺が乳首触ろうとするだけくすぐったいか嫌がってた・・・。

「その格好でしてほしいなーーーー」

「んっ、、しょうないなぁ・・・ほら、んじゃ後ろ向きなさい」

よっしゃ寿

C子体をッドの上がった

キはC子に向けてもれかかるような感になた。

右手をするっC子はガキのわきの下から伸ばすとそま、ガキのモノを握扱き出した。

「うぁっ・すげーよエロすぎる・

「んもう・・・自分やらてるじゃ・・・」

子はそういうと後ろキの噛み、舌を耳の中に入れてねぶりはじめた。右手はガキのモノしごいまで。

・うー、でジエロいって・・・最・・

ガキのあえぎなんざもない。

くみるとガはC腕の中すっ納まってて、かり小柄だった。俺もほどきなほではないし、ケンカなんてたこと
が、こいつ勝てると なんかに冷静ないで見てた。

「うーー・使、俺の中にのあるんけど、C子さん乳首立っない?」

「んっ・・はっ・・ん、もう!やっあげてるんだからそんな恥ずかいこと言わないの・・」

「えー、でもなんか背きもちいんだけどコリコリして・・・」

C子怒った顔をして左手でガキの顔自分のうへ向かた。

キ「ん?!・・んーっっ

のままC子はガキのをふ いだ

つー、キスっていうよりほじこんで黙らってほが正しいようなエス。ガキがもくもがく。

っ・・あ・死ぬ思った・・

だって鹿なこかり言うんだもん・・・おき・・・

ええーじゃあ、もっと鹿なこと言わないと」

ー・・・ほんと変態なんだからぁ・・・どう貿るの?こま出しちの?

C子はしごを休めずそう聞く

「えー・・・なんいない気がするけど・・でも後でもできそし・・・んー・・なやむ・・

「・・」

AVでも見てうなってきて便して

んつか、パンツの中先走り出てのもたし

でも、悪も同時あってすげーイイラする

近くにあった掃除用のワイパーの柄ごい力で握り締てた

「もうっ!んじゃ、しちゃい

C子はそう言うとしごくを早めて、またガキの口に舌をねじこんだ。

ガキは、うー使ーとにやけ面のま身を任せるまになってた。




だろ、とは思そこでをガと思いっ飛ばして中に

「・・・えっ?」

ーか、のときのガキの顔子の顔はまに固まったって表現だた。

ちなみにCモノを握ったまま、顔だけこち向けてる感じ。その顔を見たら急と怒が沸いてた。

・・・誰?ミ」




冷静に言っりだけど、眉が自分でも震えるのがわかった。

「・・・

もC子無言

りあえず、ここ俺の家よね。それとも間違た?間違えてないか、そこにいるエロい女は俺の嫁みたいだし」

二人とクチをぱくぱくさせてる。

でキ

「誰って言っのがてねえのかああ!!!」

叫ぶと同時パーの柄を寝室アに思いっきりたたきつけた

ーか、いっきり恫喝るつもりんだつもだったに、小学生のガキが半泣きで叫んだな鼻声なってて、自分情けなくな

「待って、とえずの話を聞いて!O君えず帰って!」

子がクチを開いた

ガキがC子を見てクチをぱくせながら、ばってた拾っるように部屋出ていうとし


「ってめえ・・・どこ行く気だ、・・

俺の脇を抜て部屋から出ようとするガキを捕まうと手を伸

!とあえずを聞いて!ごめ!ごめんなさい!」

C子が叫びなら俺にしがみいてきた。

ガキは裸で服だんだまま、逃げるように出て寿いっ

「まてやあああ!!」

はワイパーをガキのほに投げけながら、C子っぺがそうとした。

もともと身長差がな本気でしみついてきてるみいで引き剥がせなかった

のバクのが聞あたで、俺も脱力してへたりこ

・・う離尿、触んな」

C子は首振りなが、まだ俺がみついたま。

・・・お、話を聞いごめんさい

う俺うでもいいやって感じで聞くから離せ、言って引っぺが

-----------------


C子が言うは、セッスも昔み求めてきてくれないし、俺が自分に飽きてもっと若い子よくなるんじゃないかってことで捨てられんじゃないかという不安があたこと。

ういう不安がたとき社に来てた請負員のO(ガ)に熱心にアプローチされてうれしかったこと。

気はなかったけど、エッチしてったらと流されてしまった

迷いだったもう二度と会から許ししいとのこと尿

は、んふと適当に相ながら聞てたが、C子がところで

二度会わないんて言わなくていいよ。関係ないし」

・・・」←た泣そうな顔に

「つーさ、結婚するとも結婚した後言った。浮気性女には苦労しから、結婚るな用できる相手としたいって」

俺が求めなら寂しかった?嫌がってると多かったゃんキミ

・だっ稿、あまめを受けてたら 昔あなた彼女とレベル女だとわれて 捨てかもしいってて・・でも、3回に1回必ず受けるよにしてた。でもだんだんと求めらる回数なって・・

ぼそぼそ取りづらい子の声を相ってらいらして

「そりゃ、れることは多いわ、マグ、ヤッテつまんだもん。

そもそもんだったらいいよ、若いだけでだからでも若くもに求められて方なく相手てあげます、みたいな態度でそんな心にめれ。」

が、これだは言うまと思ってことだった。

が、もう情なくて今まで言わなかったことを全部言ってやろうと思っ

あっないそういうことに堅いのはキミのいところと思てたら必要が嫌がることを要求もしかっし。

でも、さっきの何あれ?すげー熱心だった初め見たよ。んなとがキミにも出たんだね。

腹が立つけど思いっきり奮したよ。もし俺にいうとしてくれ、もうメロメロっただろうね。俺もーツとかそ稿いう格好んだよ、知ってた

・・そんなこと一言も言わなかっ・・

かんね。キミ、フェラすらがってたじ

「本気イヤだったわけじゃないの!、あまり極的にやるとれる・・」

そう、そうか、昔の彼女の西遣っ貞淑じててくれた。それはすまこれまであがとござました

「いっ!ごなさほんとに好きななただけ!」

?頭おしい本気きだけ、熱心なエッチは他の男にしますって?意味わかね」

「あ外知ったしどうしていいかわからなかったの綿当なあなたが私ってたのは なんとなくわってた。何時捨てられるかほん不安だたの。そんなときにO君と会って褒めらて調てしまっただの!省してます。二度としません!


うやってられん、話にならんいうだった。

「二度ないよ」

「・

度なんてあるわけないだ。別にセックスに堅い女が好きわけじゃい。ろ、セクスに積極的な女のがきだ際、キミより昔の彼女の遥かに良かっしなは。若たし」

「うぅ・・・・

「でもを差し引いても信用だってキミったいつ対に浮気はないと確信稿。だこんな出張ばかりの仕事られ。高でこ給料も殿ところ無いし

その魅力のなキミに何の価があの?えてよ。


めんなさい本当にご!許してくださない宿ください!なんでもしますかああ


ってぶC子。

もだんだん疲れてた。く考えたらシンガポールから帰ってきてだスーツも脱いで寿いんだよな

つーか、人し尿スーツてるし。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様