2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

戦い

 

\ シェアする /



歳、妻 美歳、結婚1年目を迎婦で

私は、一昨り地方の社に単身新幹線を利ば 2時間半程で帰れるので、余程の事が無い限り週末にはへ帰っています

も仕持っいるのですが、やはり土・なので、月には掃除を兼ね任先てくれいました

は遠くた所の大学にっているので 1人暮していて、1つ年の息子昨年の春より大生となり、暮らしを始めま


私には変妄想癖が、会ったも無い妻長や上司、同僚などと妻が気をして、私を知らない妻れる姿を像しては、興奮いた事まし

しかし、身持い妻に限って 現実に起こる考えら、また現実に起こっしまっては、奮すどころか綿 耐えないと分かっていたで、あくでも想だけのはずた。


昨年の1月ら2月て、妻に不振婿な事がありましたが、不振な事と言っても普通ら何でも無い事です。

しかし、また私の想癖始まり、赴先のを埋るたに、日式で 小説書きながら妻に対す楽しんでいたのです、それは妄想では無くなり戦いがまりまた。

その日に書き直

--------------------

2月2日(

妻の様子が変なのからパソコンで日を付けにしした

、妻と曜、日曜は書けないので 後日まとめ事にし、これも4日に書いています。


今朝一の新幹線でくれて、除や溜まっ片付けてくれした

いつも初めなので、月は2てくれた事なりす。

達は月に一度、赴任先に来てくれた時にセックスをしていまし


、妻に迫ると

「生理が来から駄目めんなさい。」


今月初来た時は、急に頭が痛くなったと言駄目で、今日は生目か?

家に帰った時は、隣の子供が気になるか出来ない

どうして生理なるのかっていて今日来た

なってまだ1回もしてないぞ。」


「ごめなさい

来週勤め仲間が辞で、日に気の合う者だけで送別をするの

もうそんでも来るでしょ?


性欲も有りしたそれよりを抱いるととも言ない安心有り、の思いは単身赴してから、一強くなったよう気がます。

--------------------




月23日(日)

昨夜文句を言ぎたのでは怒って早くに帰ってし

い過ぎた思いますが、セックス来なかったらだでは無いです


今年になって、が何か変たような気していました。

が違のかても答えられないのですが、長く夫婦をしいる私にはます。

妻もしてセッスが嫌では、むろ好きな方でた。

れの時、普段の清楚さからは想像が付かないほ激しく、上に跨った時の腰使いは誰が想像来るで

綿に昨、子供夜にし時は回目の頂を迎えた後にしたのが、妻は、まだ許ず咥えて、も一度させられたほどした。


その妻が、も2ヶ月ものに平気な顔をしいる

妻に限って気は考えられいといながらも、何か嫌な仕方西が有せん。

--------------------

土)

妻は、朝から、が持ち帰った1週間分の洗濯洗っれて

先週の事をてい、昨帰ってからとなくそうたのですが食を2人食べている頃から 笑顔も見せるように、少しほっとしました。

の事を疑っいる、知らぬ間に機嫌をっている自が情けないす。

は、友達と出掛けて、まで帰らない 妻を誘いましたが

んな昼間から何考えている信じらない。

あっと断られてした

夕方から送別会出掛けて行き、一人になてしまったのでを持余し、妻の下着をチェックしよンスを調ました。

自分の下着の入っている場所も知らないので、い開けて調べていると、やっ妻の下着がってる引き出を見つける事出来、浮気をしと下着わると聞いた事が有ったのでしやと思いましたが、普段た物しか無く安心しました。


本気で疑尿は、でもなった気分で他のタ引きも、隅からまで調べる事にして、き出しを開けるいた衣類や普段あま着な入っていま

番奥にかしセー貿ターを見つけて出してみ、その下すように綺麗なが有り、そこには見た事も無い下着がっていました。

ダルトショップ売っているよな物では無いのですが、ハイなど形も普段見た事も無いような物ばかりで

当に浮気いるも知れない思い、下着の事を姿たくて 寝付かなかったのですが、ベッドでにな、色な事をしている内に眠ってしまいまし

--------------------

3月2日(日)

朝目が覚める、妻は隣のだ寝を立ています

さないように そっと寝を出、脱衣に行って籠の中を調べると、先の私衣類り下に、黒い小さな固まを見付けて取って広げると、見た事も無パンティーとブラーでした。

れもは洗っらしくまだています。

居ても立もいれず寝室にて妻をこしました。


何時に帰ってき?」

「1だと思いますくなってごめんなさ。名残惜して。」


「嘘をつけ。1時までは俺覚えてる。それり美趣味有ったか?」

めんなさかな2時だも。それ?朝から変な事かり聞いて。下集めそんなは有りません。」


それ、タ下の引きに入っている箱のは何だれと下着は どうして洗った本当に送別だったのか?」


れた黒下着を投げ付けました

は、瞬驚をしましたが、その後 泣きし。


「酷い。私が浮気でもしていると言いいのなただを見て来のに。隠していたのじゃ無て、予備に置いて有ったのです

1枚駄目にると、あそこから1枚使ていた。

の下着ったのは、車でイレ行きたくなり、家ま殿もつと思けど、し・・・・・・。

ういいでしょ。あなたを そういう目で見てい?」


着の件も予備今ま違い 派手な物ばかりで到底納得出来ませんが、気の確証が有った訳では無く、ま涙に勝てずに、後ろ髪を引かれるりまし

--------------------

6日

会社ら戻、毎妻の事てしまいす。

妻が知ら男にかれ姿を想してしまい嫉妬で狂そうになります

知らい妻の姿を、他男もってしったと思今迄のようしむ余裕な有りまん。

無性に妻抱きたくなり、妻を確かめたく電話をした。

「年末で、暫く土日のちらかしか休めそも無い、今月だけ土日は美鈴 尿

そちらには行せん。あに疑 ま会う気になれません


「来月の日まれないぞ。そまで1回ない言う?」

お互い頭、丁度いいないでか?


こん時に1ヶ月も会えな苦しかられたて、ま西いると決ま訳ではと、自分言いせました

なもの、こき出した時は無理に妻を疑おうと自に言い聞かせてしたに浮気している可あるは、妻の行動を気では無いと定している自分が

--------------------




3月5日(

日のどちらかめると思ってしたが、今週も、来休めうもりませ

3連学が決まった息子の引越しでが、友達手伝って貰 心配ないとメルがました


夜10時頃電話をす、息子で、手伝いが出ない事を謝、妻に代てく言う仕事仲と食事行くと言ってまだ帰っていないと言われました。


もう一度電ると出ません。

息子の屋には電話が無いってって聞こえないのだろうと思いましたが、私達の電話が置てあるので、帰いればるはずで

妻の携帯にけてみると、なかなか出ません。

めてうとした時に妻の声聞こえました


なに電話てくるんて。何か有ったのですか?」

「いや、別に。家に掛たのだが誰も出なかったので。食事会だて?

そう。友と居酒屋事していて遅くなっちった。もう帰ります。」


ては やけ静でかにGMえます。

れに、に出た時の妻のは、かなり乱れているように感じました

は動揺して、そ 何も言わずに電話を切ってしまいまし

--------------------

29日(土

までかると思った仕事もやく昨日で片付きした

あれかの私地獄日々、仕事でていても、マションに帰ると 妻の事をえてしまい、夜までけないの

身ともに疲労困寿していましたが、になった先を発ち、家に着いたのは夜9時ぎていました。

息子は既に1人暮らしをしていて、妻が1人で待ているの家は留守だで、合鍵けてると、疲れから食事も摂らず眠ってし尿た。

--------------------

(日)

が覚たのは午前6時でした。

かし妻はまだ帰ってらず、ヒーを煎、ト尿と目玉焼を食べると、暫らく帰ってた妻私が居る事に驚き、何も言わない私にで言い訳を始めま


「友達に乗って欲しい事が有るから 家に宿欲しいと頼まれて、が長くなってしまったので、帰ても誰もいないのら 泊てと言われためてもらったの。

帰れるのならてくれれば 早ってたのめん使なさい。」


そう言い終る事もないを残して、慌シャワに行きました。

付かようにバスルーム行き、りドアを開けると物音沿た妻は両手を隠した格好で、向けてしゃがみ込んで真っ赤なパンティがシャーに打ていま

「あな尿。急に何なの?恥ず姿かしからて行て。」


「下着を洗ってのか姿た少し漏らしたか?そ姿れにしてた事も派手なな。


妻は無俯いていました。

キッチンにって冷めたーヒ温め直してんでと、戻てきた妻は、またい訳を始めました。


当は転換になる手な着を穿ていのだけど、こんなのを着ている事を知られると夫婦でも恥ずしい隠してあったの。

あなたに見つからなに洗濯して隠そう。この前は嘘を ついめんね。


妻の浮気確信ししたが 嫉妬心復讐心使に変わ、意外と冷静な事が分でも不でした。

うにも、相手が分証拠も無退では誤されるだけ


「もかった。美鈴を信じるよ。それり2人だだかからどうだ?」

はなれない、妻の反を見るために言う

「ごこんな昼間は嫌なの。誰お客が来るかいしち着かなく。」

どおりの答えでした


来週はが行からそのね。」

まではもう行きたくなと怒っていに、やはり後たいのか、優い口調の妻っていました。

--------------------

4月5日( 土)

、こちはずの妻が、昼を過ぎてもせん

に電有り

た、ごめん。行こうと思っ準備していたけど、急気分が悪なっまって。更年期障かな?早い人は もうの歳で有るって聞


「そか・・。それよりう子いないのだ鈴もこちらでらさないか?れてさなてもろ?」


仕事を辞めればは子供達にお掛かるので、経済的になるのは分かっていたが、なぜ性に寂しくなった私がそう言うと。


。それは出来いわ。好きだし、今辞ると会社に迷惑も掛けてし。おけさて。もう少し、あなたも戻って来られるでしょ?」


は7電話が、妻は出ませ

その後、何も電話しましたが、結 妻は出ず、携帯も電源を切られていて繋がりません。



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫, ハメ撮り, SM_調教, 修羅場・人間関係, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様