2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

戦い




5歳 美鈴42歳年目を迎えた夫婦です。

私は、一昨地方の支社に単身任をしていますが幹線を利用ば 2時半程で帰れるで、余程の事が限り末には家へ帰ってます。

妻も仕を持っていのです、やり土日曜休なので、月には掃除兼ねて 赴任先へ来てくれいまし

娘は遠く離れた所の大学に行っているの 1人暮らしをしていて、1つ年下息子も昨年の春より大学生、1らしを始めました。


私には変なが有り、会った事も妻のの社長や、同など妻が浮気を知らない妻乱れる姿を想像しては、1人興奮いた事もありまた。

しかし、誠実で持ちの固いに限ってる事考えられず、また現実てしまっては、興奮するどろか 耐えられないと分かっていのであくまも妄想だけのはずでした。


昨年月に掛けて、妻に少し不振な事があした、不振事と言って通な何でです。

しかた私想癖が始まり、赴任先の暇な夜を埋めるために、日記の様な形式で 小説風に湿きながら、妻に対する嫉妬を楽しですが、それ妄想ではくなり、私の戦いがまり簿

これは その記を元に書き直した物です。

--------------------

2月2日(

が変なのから日記をした。

妻とい曜、日けないので 後日まとめて書く事にし、れも実際は24日に書ていま


今朝、妻が朝一の幹線で来てくれて、掃や溜まった洗濯物を片付てくれました。

いつ、月で、今2回来て事になります。

私達月に、妻が赴任先てくれセックスをしていました。


、妻に迫ると、

生理来たか駄目なのなさい。」


「今月初めに来た時は、急に頭痛くなったと言って目で、今生理で

家に帰った時はの部屋の子供がになるか言って出来ないだろ?

どうて生になるのが分て今日来た

今年になだ1回もしてないぞ


「ごめんなさい。

来週は、勤め先の仲間が辞めので、土曜日に合うだけ送別会をるの

んな歳でもないし 我慢出来るでしょ?


も有りしたそれよりも 妻を抱い何とも言い安感が有りの思いは単身赴任をしてか強くなったような気がしま

--------------------

23日(日)

夜、文句を言ので、妻って早くにてしまいました




少し言い過ぎたと思いますセックスかったかだけ無いのです。


今年になって妻が何か変ったような気がしていした。

何がうの聞かれえられいのですがく夫をしているには分かます。

決してセックスが嫌いでは無く、むしろ好きな

時は、普の清楚さは想像かないほどく、上に跨った時の使が想像出来るしょう。

現に昨末、子供がいないした時は妻が3回目の絶頂を迎え後に 私も放のですが、湿許してくず咥えて、う一度されたほどた。


そのが、もうも無いのに平気をしてい

に限っは考えられないと思、何か嫌な予感がして仕方有りません。

--------------------

3月1日

妻は朝から、私がち帰った週間分を洗ってくれています

まだ先週の事を怒っている帰ってから 何となくそうだったのですが、昼を2人でいる頃から 笑顔見せうにり、少しほっとしま

妻の事疑っている西知ら間に機取っている自分が情

子は、友出掛け夜まで帰ない婿 妻を誘いましたが。

「こん退な昼間か何を姿考えているの信じら。」

っさりと断られてしいました。

夕方から妻に出けてき、人になまったのでを持て余した私は、妻の下着をチックうとスを調べまし

自分の入って場所知らないの、いくつか開調べいると、やっと妻の下着がっているき出しを見つける出来、浮ると下着が変わると聞いたが有ったので、もしや思いましが、普慣れた物しか安心しました。


だ本気で疑っていなかった私は、探にでもな分で他のタンスき出しも隅か隅ま調べる事にしの引出し開けると、昔着ていた衣類や普段あまり着い物が入っています。

一番に懐かしいターつけて出してみると、その下には隠すように綺麗な箱がり、そこは見た事も無下着がていました。

アダルショッっているような物無いのですが、ハイなど、色も形も普段見た事も無いよな派手物ばりです。

妻は本当に浮気をしているも知れなと思い、着の事を問たくて 寝付かれのですが、ベッドで横になり、色々な事を想しているに眠ってしまいました。

--------------------

2日(日)

朝目覚め妻は、隣のベッドでまだ寝息を立ててす。

こさないように そと寝室を出て、脱衣場に行って籠の中を調先に脱いだ筈の私より下婿に、い小な固を見付け手に取って寿ると、見た事もンティーとブラジャーでした。

それも、パィーは洗たらしく、まだ濡れています。

立ってもい殿ず、寝室て妻を起しました。


夕べは何きた

1時だとますくなってごめんさい。名惜して。簿


嘘をつ1時まで俺も覚えているれより美鈴に下着趣味は有っ?」

ごめんなさいの勘違いかな?2時だったかも退殿れよ何な?朝から変な事ばかり聞いて。下着集め?そんな趣は有りませ。」


「それなタン番下の引に入っている箱の中はだ?それと、の下着は どうて洗た。送別会だったのか?


た黒い下着を投付けまし

妻は、一の表が、その後 泣出し


酷い。私が浮気でもしていると言いいの私は、あなだけを見て下着も隠したのじゃくて、予置いて有ったの

1枚駄ると、あそから1出して使ていまし

こののはの車でイレに行きたく、家でもつとったけど、少・・・・・・

いいょ。あなは私の事を そで見?」


下着件も、予備にしては今での物とは違い 派手な物ばか到底納得出来ません、浮気の確が有た訳では無く、また、女涙には勝てずに、後ろ髪を引かれる思戻りま

--------------------

貿月6日木)

会社から戻ると晩妻の事考えてします

妻がらない男に抱かれている姿を想像ししまい、嫉で狂うになります

らなの姿他のも知ってしまったのかと思うと、今迄のように妬を楽など有り

性に妻を抱きたくなり、妻かめくなり、電ました。

度末暫らく土日の綿かし休めそうもいか、今鈴が来てれないか?」

そち殿らには行き。あたに疑われたま会う気湿


来月の日まで帰れなぞ。そ1回来ないと言うのか?」

互い冷やすのに、丁ゃないですか?」


時に1ヶ月も会ない苦しさから逃て、まだ浮気しると決まった訳と、自分に言い聞かした。

で、これを退き出した時は、無理に妻自分言い聞かせていましが、当に浮気しる可能性があ今は、逆に動をではと否いま

--------------------

3月(土宿

土日のどちらかは休めと思っていましたが、今週も、来も休めそうも有りません

来週の3連休は大学が決まっ子の引越しですが、友達に手伝って貰うので 心配要らいとメルが来


夜10時頃電話を、息子が出たで、手伝いがい事謝り、妻ってくように言うと仕事仲間食事行くと言って 出かけたまだ帰っいないと言われました。



時にう一度電話を掛けると誰も出

子の部屋には電話がので、ってしまってないのだろうと思いましたが、私寝室にはあるので、帰っていれば 妻きるは

携帯に掛けてみると、なかなか出ません

切ろ調うとた時に妻の声が聞こえま


「なに?頃電話。何かったですか?」

「いや家に掛たのだが誰もかったの。食だって?

「そう。達と居酒屋で食していて遅くなっちゃ帰りま。」


しては やで、にBMがこえます

話に出た時の息遣いはなりじまし

私はて、その後 何も言わずに電話切ってしまました

--------------------

29日(土

31日まで掛かるとた仕事もやく昨日きました。

から地獄の日々で、事でいて、マンションに帰と 妻考えて深夜付けないです。

心身とも憊していましたが、みになった事を告赴任先を、家着いたのは夜9時過ぎまし

子は、既に1人しをいてが1人で待っはずの家は留ったで、合鍵けて入る、疲れか食事摂らてしまいした。

--------------------

30日(

目が覚めたの前6時で

しかし、妻はまだておず、コヒーを煎トースト玉焼べてい暫らくして帰っ来た妻私がる事に驚き、何も言わな私に必死で言い訳を始した。


相談に乗ってい事ら 家に来いと頼まれて、話が長くなってしまったので、帰っても誰もいないのなら 泊まってと言われたので 泊もらったの。

帰れるのなら連く帰って来たのに。ごんな


う言い終ると返ない私を残して、慌ててシャーをに行ました。

付かれないよ使にバスルーに行き、いきなドアを開ける、物音にいた妻は前を隠した格好で、背を向けてしゃがみ込でいて、真っ赤なンテ便ィーだけがシャワに打たれています。

あなた。急に何なのしいから出て行っ


着をていたのか?また少らしたのか?そ無いパンティーだな。」


妻は無言で俯いていました

ッチンに戻って冷めたコーヒーを温め直して飲んでと、戻ってきた妻はた一命言いを始めま


「本気分転換になから々な派手な着を穿いていたのだけを着けているれると、いくら婦でも恥ずいから隠して

れで、あなたに見つから濯して隠そうと思って。この前は嘘をいてごめんね。」


妻の浮確信しましたが 嫉復讐心に変わり、外と冷静な事退自分でも不思議でした

讐しよにも、相手が分からず拠も無いのでは魔化されるだけです


う分かった。美鈴をじるよ。それより2人だからどうだ?」

はないのに反応見ると。

めんね。んな昼間は嫌なのかお客んが来るいし落ち着かなくて。」

想像答えでした。


私が行くらその時 

この前ま、もう行と怒っていたのにはり後ろめたいのか、優しい口調の妻に戻ていました

--------------------

月5日(土)

今週は、こちら来るはずのが、昼を過ぎてせん。

過ぎ話がり。

なた、ごめい。行って準備ていたけど、急気分が悪くなっまっ年期障害かな?早いは もう私の歳でも有るって聞。」


「そうれより、も子供もいなだし鈴もこで暮らさないか?らさなもいいだろ?」


妻が仕事をめれ退は子供達にお金が掛かるので、済的になるのは分いまたが、ぜか無に寂しくなっがそうと。


ごめんね。それは出来ない。今の事がだし、今辞めると会社に迷も掛しまうお願いさせて。もう少しで、あなたも戻って来られるでしょ?」


その7時に話しましが、妻は出ません。

その、何話しまが、結局 妻は出ず、携帯も電れていて繋がせん。

うやて証拠を掴むか考えながベッドに横西になした、浮かんのは、の白いが他の男にってかれている姿です。

が男に跨、腰を振っいる姿です。

--------------------

4月6(日)

さで、う眠れず、朝まで何回電話続けましたが、電話に出のは、う朝の8時を過ぎていました


「何かに行っいたのか?9時頃出な切られたし。」


7時から何回も電話事をして聞くと


「・・・・さいあなたたの?



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫, ハメ撮り, SM_調教, 修羅場・人間関係, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様