2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

戦い

 



私 45歳、妻 美鈴42歳、結婚21年婦です。

私は、一よりの支社単身をしてますが、新幹線を用すれば 2時間半程で帰れるので程の事が無い限には家へっていす。

妻も仕事を持ているのですがやはり土・曜休みなの、月一度掃除兼ねて 赴ていまし

娘は遠く離た所の大学行っていので 1人暮らしていて、1つの息子昨年大学生となり1人暮しを始めまし


には変な妄想が有り、会無い妻の社の社長や司、など妻が浮気をして、私か男を知らない妻が乱れる姿を想像し奮していた事も

しかし、身持ちの固い妻に限って 現実に起こる事れず、また実にこっては、興奮すどこか 耐えれないってで、あくまでも妄想


年の掛けて妻に振な事があましたが、不振なても普通なでも無い事です。

しかし寿、また私の妄想癖が始まり、赴任先の暇を埋めるために、日記な形式で 小説ながら、妻に対する嫉妬楽しんでいたのですが、それ沿は無、私の戦いが始ました

れはの日元に書き直した物です

--------------------

22日(

妻の様子が変なので、今日からパソコンで日記を付ける事にしました。

だ、といる土曜、日曜は書けな 後日まとめ書く事にしれも実際は24日に書いいま


今朝が朝新幹線て、掃除や溜った洗物を付けてくれました。

いつもは月初ので今月は2回来てれたになります

達は月一度妻が任先来てた時ックスをしてまし


と、

生理から駄目なの。ごめんなさい。


今月初めに来たは、 なったって今日は生理で駄か?

家に帰っ、隣の部屋の子供が気にるからとって出来ないだろ?

どうて生になのが分ていて今来た

年になってまだ1もしないぞ。


「ごめんさい。

、勤め先間がめたので土曜日に気の合だけ送別をするの。

でもし 我慢出でし?」


たが、それりも 妻を抱いいると何言えな心感有り、綿思い湿単身赴任をてか一層強なったようます

--------------------

日(日

句を言い過ぎたで、妻怒って早くに帰ってしした。




い過ぎたかと思い、セックスが来なっただけは無いのです。沿


年にて、妻何か変わっうな気がしていま

違う聞かれも答えらないのですがく夫婦をしている私には分かります

妻も決し嫌いでは無く、むしろ好きな方でした

れの時は、普段の清楚さは想像かないほど激しく、上に跨った時の腰使いは誰が想像う。

に昨年、子供達がいない夜にした時は3回目の絶頂を迎えた後に 私出したのでが、妻はだ許便てくてきて、も度させられほどた。


妻が、う2ヶ月も無いのに平気なしてい

って気は考えられないと思いならも、何かな予感がして有りん。

--------------------

3月1日(土

は、から、私が持ちった1週間分の洗濯を洗っくれてす。

まだ先週のを怒っている昨夜帰ってから 何となく不機嫌そたのですが、昼食を2人で食べてい頃か 笑顔も見せるよ貿になり、少しほっしました

の事を疑っているのに、知らぬ間に機を取っているいです。

息子は、出掛け使て、夜まで帰らを誘ましたが

「こ昼間何をているの?信じれない

あっさと断らしまいまし

夕方から妻は、送別会に出掛けて行き、一人にってまったので、余した私は、妻の下着ェッしようと調べした。

自分の下着の入ってい場所もので、いくつか開調べて、やっと妻の下着が入っ引きしを見ける事が出来、浮をしてい着がと聞た事ったので、思いたが段見た物しか無く安心しました。


まだ気で疑っていなかった私は、探偵でもなった気分で他のタンき出しも、ら隅まで調 る事にして、一番稿出しを開けると昔着た衣類や普段あまり着ない物が入って

奥に懐かしいータ見つけて出してみる、そには隠すような箱こには見た着が入ってました。

売っいるうないのですが、ハイなども普段見た無いような派手な物ば

妻は、本当に気をるかもれないと思い、下着の事い詰めたくて付かれなかったのですが、ベドで横になり、色々な想像ている内にっていました。

--------------------

3月日(日)

が覚めると、妻はのベッドでだ寝てい

起こさないように そっと出て、脱に行て籠の中を調べると、先にいだ私の衣類よ下に、黒い小固まを見付けて手に取ると、た事いパンティャーで

れも、パンティーは洗ったらし、まれています。

も立いられず、に戻って起こしました


「夕べは何時に帰った?」

頃だと思ます。なってごなさい。名残しく


つけ。1時までは俺も覚えている。それより美に下着集めの趣味は有ったか?

「ごめんなさい。私の勘違いかな?時だった 。そより何なの?ばかり聞いて。下着集め?そな趣は有りまん。」


「そなら、タンスの番下の引しにってる箱のだ?それと、この着は どして洗った。本に送別ったの?」


濡れた黒い下着を投げ付けま

一瞬の表をしましたが、その後 泣き出し。


酷いが浮気でもると言いたいの?私は、あなただけを見て来たのに。下着も隠していのじ無くて、予備に置有ったのです。

1枚駄目になると、そこら1枚出して使ってした

この下洗った、帰 トイくなり、家までもつと湿思ったけど少し・・・・・・・

いでょ。あなたは私の事を そういで見ていた?」


着の件も、予備にしてまでとは 派手かりで到底納得出来ませ、浮気の確が有った訳では無く、女のにはてずに、後髪を引れる思先に戻りまし

--------------------

3月6日

社から戻ると、毎晩妻の事を考えてしまいます。

らな男に抱かれている姿像してしまい、嫉妬で狂いそうになります

私しか知ら妻の姿を、男もしまった思う、今迄のよ嫉妬をしむ余裕ど有せん

無性を抱きたくなり、妻を確かめたくなり、電をしま

「年末で、暫らくちらかしか休めそうも無いから、月だ土日美鈴が来ていか?

「そち湿らには行きませあなわれたま会う気。」


来月帰れないれまも来と言うか?」

お互い頭を冷やすのに、丁度いゃないでか?」


こんな時にも会えしさら逃て、まだ浮気しると決では無いと、自い聞かせした

もので、これを書出した時は、無理に妻をおう自分言い聞かせてたが、本に浮る可があ、逆に妻動をでは無と否定している自す。

--------------------

15日(土

のどちらかは休めると思っいましたが、今週もも休めそうも有りませ

週の3休は大が決まった子の引しで、友達に手伝っ貰うで 心配要らないと来ました。


0時頃電をす、息子がで、手伝いが出来事を謝り、妻に代ってくれるよに言うと、仕事仲事にくと言って 出かけま、まだ帰っていないと言た。




にも尿う一度電を掛けると誰ません。

には電無いのでってしいのだろうと思ましたが、私達の寝室には電話が置いあるので、帰っていれば 妻は起きるはずで

の携帯にてみるとなかか出ません。

めて切ろとしたに妻のこえまた。


に?今頃電話してくるなん何か有ったのですか?

「いに。家に掛けたのだが誰もかったのでな食事って?

。友達と居酒屋でていて遅くなっちゃった。帰ります。」


居酒屋てはけに静でにBGMが聞こえます。

それに、電出た時の妻の息遣いはなり乱ているよに感じた。

は動揺して、そ後 何も言わずに電話を切てしまました

--------------------

29日(

31日まで掛かると思っ事も、ようやく昨日で片付きました。

れからの私は地獄の日々で、仕事で疲ていても、マンシに帰ると 妻事を考てしまい深夜まで寝付けなので

ともに疲労したが、休みにを告げず赴任先発ちに着いのは夜ぎてました。

は、既に1人暮らていて、が1人で待っているはずの家は留守だったで、合鍵開けて入る、疲れ事も摂らずに眠っしまいました

--------------------

月3日(日)

めたは午前6時でた。

かし、妻帰っておらず、ーを煎トースト玉焼きると、くして帰って来た妻は私が居る事、何も言わない私に必死言いを始めました。


友達相談に乗って欲し事がるから婿欲し頼まれて、しまったの帰ってももいないのまっていってれたの 泊めてったの。

帰れのなら簿沿絡しれれば 早く帰って来たのに。ごんな。」


終る事もしな私を残しててシャワーを浴びに行きました。

かれないうにバスルームにき、なりドアを開けると、物音に殿付いた妻は両手で前を隠し格好で、背をしゃがみ込んでいて、真っ赤なパンテーだけがワーに打れています。

なた何なの?恥ずかしいか出てって


「下着を洗たのか?また少し漏らしたのれにしてもた事い派手なパンティーだな。


妻は無言で俯いていました。

キッチンに戻て冷めたーヒーを温め直して飲でいると、戻ってきたた一生懸命言い訳を始めました。


「本当は、気分転なるか 時々色な派手な下着を穿いてたのだけど、こ着けてい事をられるら夫婦恥ずかしいか寿てあったの

れで、あない内にして隠そうとって。この嘘をついてめんね。」


妻の浮気を確信しました妬心は復讐心に変わり な事が自分で思議した。

復讐しよにも、相らず証拠も無いのでは誤魔化されるだけです。


もう分かった。美鈴を信じるよ。れよ2人けだから今どうだ?

その気にはない、妻の反見るためと。

ごめんねこん間は嫌なの。誰かお客が来るかも知いし、落ち くて。」

どおりの答た。


来週くかその時ね。」

前まは、行きたく怒ってのに、やは後ろめいのか、しい口調妻に戻ってい

--------------------

月5

週はこちに来るずの妻が、昼を過も来ま

昼過に電有り。

なた、ごめんなさい。行うと思っていたけど、急に気分が悪くなってして。更障害かな?早い人は もう私の歳でも有るって聞くし


「そうか・・。それ、もう子供もいなし、美鈴もこちらで暮らさ?離れて暮らさなてもいいだろ?」


が仕事を辞めれ今は供達にお掛かで、経済的に苦しるのは分かっていましたが、に寂くなった私がそう言うと


「ごめね。それは出来ないの仕事が好きだ、今辞めると社に掛けまう。お願い、続けさせて。もしで、あな来られるでょ?


は7に電したは出ません。

退後、何回も電話しましたが、局 妻は出ず、携帯電源を切れていて繋がません

うやって拠を掴むか考えベッドにになりまし、浮かくるのは、妻の白裸体が他西によって貫れている姿です。

男に跨り、腰を振ってい姿です。

--------------------

月6日(日)

しさで、ととうれず、朝で何回も電話し続けしたが、妻が話に出のは、もう朝のを過ぎていした。


「何かにっていたのか?夕9時頃に電話したかった帯も切られていた。」


時から朝まで回も電話した隠してくと


・・・・ごめんな。あなただったの



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:寝取られ, 浮気・不倫, ハメ撮り, SM_調教, 修羅場・人間関係, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様