2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

露天風呂で会ったカップルとのスワップ




3ヶ月ほど女と神奈県のとある混天風呂る温泉旅館った

貸切風呂もあったのだが、せっくなの入ろうよという話になり、遅くなるを待っ彼女と混浴にる事にした

行ってみと、どうら別ップルいるらしく、中からの話声がてきた

一瞬惑っだが、ここまできたらと思いって入ることにした


所が別々だっため、いったん分かれは服ぎだしたが、温泉内かが丸に気づいた。

しか俺の所からいるップルは見えない

といことは彼女はそのカップルの前で服

そう思っ少しだけ奮してしまった俺がいた。


んな事をていると、ルを彼女温泉ってこちらに移動して来た。

「向こに人た?」
う聞くと彼女は

ん、カップ
と恥ずかに答えた


着替えみらたんじい?」
しいしくいてると、彼女は赤らめがら

退うがないじ
とつぶやた。

それの夜の始まった。


にはてみにいたカップルと目あった。

ばんは。」
カッ女が気けてくれ、一緒にみま
男の方がールをくれた。

いい人そうでよかった思い、緒させてもらうにした


話をしてみ才同士のK(男・S(女)という名前だそうで、向こも混浴とだった。

近かくのまもはった為、俺達はすぐに打ち解けてい

すると突然、Kが「そんよりS、温泉でタオルいんじゃない?
い出した

そし俺にを求るように「ぇ?」と話を振ってた。


「無理ぉ。と恥ずかしそうにしているS見て、俺何かがはた。

うだお前もタオル


そう女にいうと、彼女は意外にも

泉だしねいいのかな?




とまんざらでないった。


俺とKは瞬で心が通じい、「じゃせえの取ろと彼女達を立たせ使た。

ば、別に立ち上が要はなかったの、俺Kはお互い彼女を前にたせ、同げた

「せのっ!」


瞬間、Sはタオルをぎ取れ、たままの姿での前に立ってい

して、同時に俺のもK前でじ姿を見せていた。

あーん、,恥ずかしよぅ


Sは顔赤にすくんでいた。

で隠ものを、さで わけわからなくなっるよこともなく俺の前でな裸体をさらしている

彼女、いですね。」


そううKの声で簿ると、俺の彼も顔を真っ赤にして体よじらせている。

「もういいいい?ずかしそうにている彼女を、俺の興奮はさらヒートアプしていた。

「だーめ、Sちゃんだっってるんだか。」

するが口開いた。

「あたも恥ずかしいぉ。あんまり見な下さいね

その敬語調に俺はもうか壊うだった

「Sちゃ、何カップ?

は、突然アホなことを聞いていた

綿しそに対Sは、「C…でと恥かしそうに、けど真面目にていた。

「こ敏感んだんね

Kは そういうとむろに首をつま出した。

「ちょっ、あ。」

Sのかわいがもれた。

イスだ、K!れにるように女の乳をつだ。

「やっ。」

同じよう俺の彼女も声をあげた。

「もたちかりずるぃ。」

Sはそういうと、まいたタオルの上から、のあこをりだした。

だってオルしてん。」

そんなSにつられるよう湿の彼女もうだよ
お互い様でしょ。」といい俺そこに手を伸ばした。

ゃーん。」

う言いながらタオルをはずした

して時に彼女が俺のオル取っ

Kもも、すで はちきれんばりな状態だった

「ちょっー、なんでこんなにてるのぉ?

Sは笑いながらKのをつかんだ。

女も「ー。」姿とい俺のものをかんで

つもいよ

Sが嬉そうに言った。

黒髪グヘアーお団子頭に、正かわ子だっ

OLしじだが、そんなSの言動にそこも どうにかなってしまいそうだった。

どっちが硬い確かめて

Kはそういうと、の右手を持ち、俺のあそこに近づけてきた。

いのか?た瞬間、の手が俺のり締め

おぅ。

な声を出した。

「どう?

聞くSは小声で「…同じい。」とぶやいた。

う、恥ずかごめんなさい

俺にあやまっていた。

「お前も触ってみる?」

そう、彼女はん?た返事を

俺は彼女のをとり、あそこに持っていった。



に答えた。

ついでにKのたで触っている。

「気ちいいんでょ?

焼きも気味と、自ら俺のあそこを触りだした。

「気持いいでか?

女が俺のあそこをいじりら言った。

ん。

俺はりの幸せに酔いしれていた。




おっい触ってい?」

Kが彼女に聞いた。彼女は瞬俺を気にしなら、小さくういてた。

俺は横目で殿女のに伸びるのを見て

「…

彼女が必死でをこらえているのがわかった。


て、Sの胸に手をかけた。

「あっ。

は声を上

「何だよ

笑いながた。

きれいな首が立ってがわかった。

「だってぇ。あん。」

俺は夢中Sのぱいをも

ると、彼女も胸をわしかみれ、目閉じ呼吸していた。

しばらくして、いっ彼女達の位置に戻した。

声で「気持ちよかった。」と聞くと、彼は恥ずかしそうにずいた綿

女のっぱらかいですねぇ。

Kにそう言われ、彼女はますます赤くていた。

ちょっとトイレ。

ビールのせ姿無性に尿は、トイレに立ことにした

ょっと待ってて。」

彼女残し、俺はいっん風をでた。

、今Kは、ハーだなぁ、とバカなことを考えていた。


再び入ろとしろ、声が漏てきた。

「あ、あ。」

時に彼女声だた俺は、脱衣所ーンと男ゾーンの間垣のあだから女たちの方のぞいた。

はぁ、はぁ。…んっ。」

こには、女をひざに乗せ、彼女のぱいを寿めて西いた

「あ、あっ。声出ちゃう。」

「だーめかにね。

ん。」

彼女は体を震わせ、Kの首に抱きついてた。

の下で、ものをっている。


一分どだか?俺はの光景をじっと眺めいた。

く今ま番の興奮を味わっ婿もしれな

あまり遅くて怪しると思い、俺は戻ことた。

と音を立てながらたた彼女はすでにKのいた

かし、K手は女のをつまんいた

「お帰り、あんっ。

彼女沿わけがわからなくなっていで、思っきりじなら言った

もこっち。」

言うと、Sはつむきな俺のとなりに

おっぱいきれいだね

そううと同時、俺はSの胸に吸いた。かたった乳首が口ろがる。

「あっ、、ダメっ。あっ」

Sはつき、胸を押し付

あ、いやーっ、あ、あっ、あ

となりには、Kに乳首を吸われ、声ならない声ながら、Kのものをしめがいた。


に吸付いたま、彼女のりかあそこを伸ばした

…あっ!

のあそこは、今まのどよりもいた

熱いくらい照っこを少しさったけで、彼女は大きく身をよじ


俺は手のあこに移し

「あ

体をのけぞり、快感に酔いしれS。

ここ、っていい?」

「もうってるぅ…。

Sも稿心状態だ


でKた。

そして、当然のようにの口そこかった

その瞬間はまるで、スーモーようだった



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 野外・露出,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様