2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

露天風呂で会ったカップルとのスワップ

 



3ヶ月ほど前、彼女川県のとある露天風呂泉旅館にいた。

切風呂あったのだが、せっかく入ろうよというになり、夜遅るの女と浴にる事にした

いざみると、うやら別カップルがいらしく女の話声がえてきた。

瞬戸惑たのが、こまたら思い切ってことにた。


脱衣所が別々だったためいっん分かれ沿俺は稿脱ぎだ、温泉から見えな事にづいた

しか俺の所からは先にいるは見えない

とは、の彼女はそのカッの前で服をでいるか?

った、少しだ奮してしまった俺がいた寿


そんな考えていタオルを巻いた彼女が温泉を通ってこちらに移動し来た

こうにた?」
う聞くと彼

ん、プルが一組。」
と恥ずかしそうに


「着替えみたんじゃい?
少しいやらしく聞てみると、彼女は顔らめがら、

「だて…ょうがないじゃ
いた

が この夜の始った。


、先にいカップと目があった

ばんは。」
カップルの彼女さく声を掛けてくれ、「一緒に飲みま?」
と男のールをくれた。

い人そうでよ思い、俺達一緒させてもらう事にし


をしみる5才同士K(男)・S(という名前だそ、向こうもは初めてということだった

年も近かく、酒まわりもはやかった為、俺達はすぐに

すると突然、KがなことよりS、温泉でタオルはないんゃな
言い出し

俺に同意を求ように「そうですよねぇ?」とを振ってきた。


無理だよぉ。」とずかうにしているSを見て、俺殿の何かがはじけた。

「そうだよ、おタオルれ。


う彼女うとは意外に

温泉しね。いな?




まんざらでもない子だ


俺と一瞬で心が通じ合、「じ、せえので取ろう。」と彼女達を立た

今思に立ち上がる必要だが、俺とはおの彼女を前にせ、同時げた

せえのっ!」


次の使瞬間、Sはタオ剥ぎ取られ生まれた姿で俺の前立っ

そして、時に女もKの前で同じ姿せて

「あん、K,恥ず退かしいぅ…


Sは顔をにし立ちすくんでた。

手でせばいいを、恥けがわからくなっているうで、隠すこともなきれいなてい

彼女、きれいですね。


いうKの声で我にると、俺の彼顔を真っにしてい

「もいいい?」かしうにしてい女を見ての興奮さらにヒトアップしていた。

「だ、S貿ってやってるんだから。」

るとが口を開

「あも恥ずかしよぉ。あり見ないいね

の敬調に、俺うどこか壊れった

ちゃん、カッ?」

俺は沿然アホなこ聞いていた。

しかしそれに対してS、「C…です」とずかしそに、れどに答えていた

「ここが敏感なだもんね

Kは そういうと おもろにSの首をつました。

「ちょっあっ。」

のかわいいがもれ

ナイスだ、!俺はそれに答える簿よう乳首をつまんだ。

、あん。

うに俺の彼女も声をあげた。

「もう、私たちばっかりずるぃ。」

そううと腰にまいオル上から、Kそこ触りした。

「自だってタオルしてゃん。

そんなSつられるように俺の彼女も「そうだよ。
お互様で。」い俺のあそこに手

「じ

SはながらKの稿尿ずした。

そし同時に彼女が俺のタオルを

Kも俺も、すでに はちきれんばかりな状態だった

「ちょっなんでんなになってるのぉ?」

Sは笑いながら Kのそつかんだ。

女も「」とのをんでた。

「いより硬い

嬉しそうにった

Sはロンアーをお団子頭にし、正直かなりかわいい子だった。

普段は普通にOLしそうじだっ便、そんSの言動に俺のあそこ どうにかなてしまいそうだ

「どっちめてなよ

はそういうとSの右、俺のあそ近づけてき

いのか?K。そ思った瞬間、の手俺のそこを握り締めた。

「おぅ。」

俺は変な出してしまった。

「どう?

Kが聞、Sは小声でとつぶいた。

、恥ずかしよぉ。ごめんなさい。」

Sは俺にあまった。

「お前も触ってみる?」

そうくと、彼女は「ん?とぼ事を

は彼女の手をKのあそこに持っていった。

い。」

彼女邪気に答えた。

ついでにKのたま触っいる。

持ちいいんでょ?

きもちうと、自ら俺を触した。

気持ちいいで?」

彼女が俺そこをいじりながらった。

うん

はあの幸せにいしれていた。




「おぱい触って

が俺の彼た。彼女はを気にしながら、小さくいていた

俺は横目でKの手がの胸に伸のをてい

「…

女が必死で声をこらえているのがわかった


そして、もSの胸に手を

「あっ。」

は声を上げた。

「何感じてんだよ

が笑がら言た。

Sのきれいな乳首が立っていわかった。

てぇ。あん。」

俺は夢中でSのおぱいをんだ

をみると、彼女も胸をわしづかれ、閉じ、呼を荒くしていた。

らく、いたん女達をもとのに戻した

で「聞くと、彼は恥うになずい

彼女のお柔らかいですねぇ。」

Kにそう言われ、彼女はますます赤くなってい

「ちょっとトイレ。」

ビールのせいか、無性に尿したおれは、トレに立つこ

待ってて。」

彼女をし、俺をで

トイレか途中、今Kはハーレムなぁ、とバカな考えていた。


温泉に入ろうとしたところ、声が漏れてきた。

、あん。

瞬時に彼女と気づいた、女所ゾーンと男脱衣所ゾー間の生のあいだから彼女たち方をのぞた。

「はぁ、はぁ。…んっ

には女をひざにおっぱいをなめて

「ああっ声出ちゃう

「だーめ。静か

うん

は体震わ、Kのに抱ついてい

のものしゃって


一分ほだろうか?はその光景をじっと眺めて

そら今まで番のを味わっいたかもしれな

り遅くても怪しまれる思い、俺は戻ることした

ざとを立てがら戻っか、彼女はすでにKの膝からは下り尿

かし、Kの手は彼女の首をつまんでいた。

「お帰り、あんっ。

女ももうわけらなくるようで、思いっきりじながら言った。

「Sんもこ来なよ。」

そう言うと、Sはきながら俺のとなりにきた。

おっぱいきれい。」

そういう同時、俺はの胸に吸。かたくなっ乳首がでころがる。

「あっ、あっっ。あっ」

Sは俺にみつ、胸を押し付け

あ、いやー。あっ、っ、ああっ

となり、K乳首を吸われ、声にない声を上ながら、左手Kのものを握りしめる彼がいた


俺は、Sに吸いたまま彼女のおしりからあそこに手を伸した。

「…あ

彼女のあそこは、までどの瞬よりもいた。

くらいに火照ったそこを少しわっただけで、女は大きく身らせ


は手をSのあそこに移し

ぅっ。

体をのけぞり、酔いしれる

こ、触って

「も触っ。」

も放心状態だった


が立ち上がった

してのように彼女の口のあそこにむかた。

その瞬間るで、ローモーションのよう



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 野外・露出,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様