2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

露天風呂で会ったカップルとのスワップ




3ヶ月ど前、彼女と神奈川県のとある混浴露天風呂のある温泉旅館いった。

貸切風呂もあっただがせっなのでろうよとなり、るのって彼と混浴した

いざみるどうやら別カップルいるしく、中から男女の話声聞こえてきた

戸惑たのだここできたら思いて入ることた。


脱衣所が々だったため、いったん分俺は服をぎだしたのだが、温泉から衣所が丸づいた

し、俺の所先にいるカプルは見えない

ことは、の彼はその前で服をいでいるのか?

う思ったら、少だけ興してしまった俺がいた


な事を考いるとオルをた彼女が泉を通ってこらに動した。

「向こうに人いた
そう聞くと彼女は、

「うん、カップルが一組。
恥ずかしそう答え


れたんじない?」
と少してみと、を赤らめながら、

だって…しょうがなじゃ
つぶやいた

それが この夜の始まった。


はいってみると、先いたカッ目があった。

ばんは。」
カップル彼女が気くにを掛てく「一飲みます
と男方がルをれた

そうでよかったと思い、俺させてもらうした


をしてみると、25才)・S(女)という名前簿うも混は初めてというとだった。

近か、酒のまわりもやかった為、俺達はすぐにていた

と突、K「そことよ、温泉でタはないんじゃない?
と言いした

そし同意を求るように「そうですよねぇ?」と話をた。


理だ。」と恥しそにしていSを見て、俺のの何かがはじ

「そだよ、お前もタオルは取。」


そう彼女にい彼女は意外にも、

泉だね。いいのか




んざらで西


俺と一瞬が通「じゃあ、せえので取ろ。」女達を立たせた

ば、に立ち上が要はなかったのだがとKお互の彼女を前にたせ、時にげた

「せえっ!」


次の間、タオルぎ取ら生まれたままの姿俺のに立ていた。

して、同時に俺の女もKの前で姿を見せていた。

あーん、K,恥ずいよぅ…。」


Sは真っ赤にして立ちくんでいた。

隠せばいいものを、恥ずかしさで わけらなくっているよことなく俺の前できれいな裸体をさらして

「彼女、きれいね。


ういうの声でに返ると俺の彼女も顔を真赤にして体をよじらせる。

もういい?もういい?と恥かしそうしてる彼女を見て、俺の興奮はさらにヒートアップしてた。

「だSちゃってるんだら。

とSが口を開いた

「あたしも恥ですよぉ。あんま見なで下さ。」

その敬調に俺はもうどこかうだ

「Sん、何カップ?」

俺は、突然アホなことを聞いた。

しかそれに対しと恥ずうにれど真面目に答えいた。

ここ敏感なんだもね。」

Kは そういうと おもの乳首をまみ出した

っ、あっ。」

のかわい声がもれた

イスK!それるようにの乳首をだ。

、あ。」

同じよう俺の彼女もげた。

もう、私たばっかりずるぃ。」

Sはそう腰にたタオルの上かあそ触り

自分だっタオルしてん。」

んなSられよう女もうだ
互い様でしょ。」といい俺のこに手を伸ばした。

ゃーん。」

Sは言いながらKのタオルをはずした。

してほぼ同に彼女俺のタオルを取った。

Kも俺もすで はちきれんばかりな状態だっ

んなになってるのぉ

Sは笑いながらKのそをつかんだ。

彼女も「もいつつ、俺ものをんでた。

「いつもより硬いよ。

Sが嬉しそうに言った

Sは黒髪のロングヘアー頭にし正直かなりかわった

普段はにOLしてそうじだったが、んなS言動に俺にかなってしまいそうだ

が硬いか確かめてみ。」

はそういうと、Sの右手を持ち俺のあそこに近づてきた。

いいのか?Kそう思っ瞬間、S手が使俺のこを握り締めた。

「お簿

は変な声を出ししま



聞くと、Sは小声で「…同じくらい。」とつぶやい

「も恥ずかよぉ。ごめんない。

Sは俺にあやまっていた

前もてみる?

そう聞くと、彼宿」ととぼ返事た。

俺は女の手をり、Kのあそこに持っていった。

「かたーい。」

女が無邪に答えた。

にKのたままで触ってい

「気ちいいん?」

は焼もちと、自ら俺のそこを触りだ

気持ちいいです?」

女が俺のあそこながら言った。

「う

俺はあまり幸せに酔いしれていた。



おっぱい触っていい?」

俺の彼女聞い彼女は一俺をにしなら、さくうなずいていた。

横目でKのが彼女の胸に伸びる見ていた。

「…

女が必死で声をこらえているがわかた。


して、の胸にをかけた。

っ。」

声を上

「何感じてんだよ

Kが笑ら言った

のきいな首がのがわかっ

「だっぇ。あん

は夢中っぱいをもんだ。

をみる、彼女も胸をわしづみに、目じ、吸を荒くしてた。

ばらして、いった女達もとの位置に戻

小声で「持ちよかった。くと、彼かしにうないた

ぱい柔ら

Kにそう言われ、はますます赤なっていた

「ちょトイ。」

ビールのせ、無性に尿意催しおれは、トイレとにした。

ちょてて。」

彼女を残し、俺はいったん風呂をた。

レからる途中、今、ハレムだなぁ、とバカことえていた。


再び温泉に入ろうとしところ、声が漏てき

「あっ、あっ、あん。」

瞬時に彼女の声だ気づいた俺は、女脱衣所ゾ男脱所ゾーンの間の生垣のあだか彼女たち方をいた

はぁはぁ。…ん

そこには、彼をひざに彼女のっぱいをなめているKがた。

「あっ、あ。声出ち

め。静かね。」

「うん。」

女は体を震わ、Kのに抱きついてい

Sはその下で、Kのものっている。


分ほだろか?俺はの光景をと眺めていた

く今まで一番の興奮を味わったかれない。

あまり遅ても怪しまれる思い戻るた。

わざとを立ながら戻ためか、彼女はでにの膝からは下りていた

しか手は彼女の乳をつまんでいた

「お帰り、あんっ。」

彼女ももうわがわからなくなっているよう、思いっき感じがら言った。

Sちんもっち。」

そう言と、Sはむきがら俺なりにきた。

っぱいきれいだ

そううと同時、俺はS尿胸に吸付いた。かくなった乳首が口の中でころがる。

「あっ、あダメ。あっ

Sは俺にがみつき、胸を押し付け

、いやー。あっっ、あっ、あ。」

となりにはに乳首を吸われ声をげながら左手Kのものを握りし彼女がい


に吸い付いたまま、彼女のおりかそこに手を伸した。

あっ

女のあそこはまでのの瞬間濡れていた。

熱いらい火照ったそこを少しさっただけで彼女は大きく身らせた。


手をSのあそこ移した。

「あ

体をのけぞり、快感にいしれるS。

「こ触ってい?」

「もう触ぅ…。

綿状態だった。


横でが立ち上がった。

、当然のように彼口がKのあそこにかった。

その瞬間はまるで、ローモーョンのようだた。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取らせ・スワッピング, 野外・露出,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様