2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

変わり果ててしまった妻




談が簿終わってホテルに戻るロビで若女性に掛けられ

若いとも3代前半ようだが、ような おじさ若くのタトスカートにを奪われう。

あなたは・・・・」

女性に見覚



それ二週間ほど前の

いつものうに出勤前にゴを出しに行く、彼女が困った顔で立って

を分けなくて駄目のですね

引っ越てきばかりで、ここにゴミをすのはう。


困っ戻っている無いし

「そのらいな私の袋に余りまするかかったら入れて下さい


自治会の事などを説明しながで一に歩いだけで会う事は無かったが、私の記憶には彼の事明に残っていた。

それはゴを選り分けてる間、屈んだ彼女の胸元から真っ赤なブラジャーに、白く軟らがずえていたらだ

「出すか?」

「はい


初めて度部行ったのですが明りの点方が分かなく

ここは入口のスッチの所に、ルームキ付いているキーホルダ差し込むですよ

「そってねントで教えてらい


女と一緒レベターに乗り、私は3階だったので先に降りて部屋に入るほどしがノれた。

明かりのけ方分からなくて、ごかとは思したが、何度もフロトに聞きに行のが恥ずかしく

がよくかりました


30れたルームキーを持っていらしたら」

私はキーホダーて部屋を一度消し、もう一度差で点けて見せたが、私にぴったり添う彼からは、ほのな香水の香りが沿っていた。


「斜込むのですね。このようなホテル初めてな

「初めての出では何かと大ですね


聞けば急に上司が来られなくなと言う


「お食事はどうさました?」

司はいつも 食べに行くて、は付いないとフトで言われので、どうしよう迷っていたところです




大きな声では言ませんの食事はあまり美くなので、私もいつも外べに行くすよ」


この理に詳しくないので、ホに頼もうと思っいたと言う女を誘い、ここに出張したにはいつも行く居酒屋に行った


そして私し振りに楽しい時間過ご

それと言うのも一ヵほど前からを見せなくな、何怒っのか二週前からは、最小限の事以口も利いてくれ


このような態度の妻は、私に これ便って思いたるは無かが、あるとを誘った時に「れないの」と言っられ今まで訳も無く断られた事が無か翌朝拗ねを利かった事稿


それからはどこかギクシャクしたのは確かだ、それは三週間ほど前の事、妻のがおかしくなっのはそ前からな

言いるが、妻との寿の様態でならなければ、彼女を食に誘う事は無かっただろう



し酔いが回ったところで彼の事を聞3歳最近して近引っ越して来たと言う

も男な、ほんのく染まっ色気が増西した彼を見ていて口きたくなったが、愛している妻を切る事はずに自分を

テルに帰ってからも、彼女に誘わて、部屋でビール、彼がジャケット脱いだために薄いブラウス越しにえる、豊かな胸をて二週間の光景を思い出してしったが、これも このままでは不味いと思って缶ル一本飲退散した。

--------------------

そして出張から帰った日、妻は1時を過ぎも帰っい。

も仕事を持っていたので、ある程度の付き合いは認めが、絡も無、こようにくなった事は初めて

それで携帯に電話したが、電は切れてて、結局 妻が帰来たのは午前0時を過ぎてた。


「携の電源まで切って、んな遅くま何処にい!」

何処にいたて勝手でょ!嫌なら婚しょう


は驚きで言葉がなかった。

このような激しい口調の妻を見たのもてだった、簡単に離婚を口事が信じれない 

27の時結婚して18年

所でオシドリ夫婦でって、私してた。

ここ最近少し妻の様子おかしかっが、それでも私の妻に対すわら妻も私てくれていじていた。


その妻口から離という葉が出

気でるのか?」

「だっの事を西てはいないでしょ!」

妻はバッグからの名前の封筒を出と、そのた数の写稿並べる。

初めて会った日に、しそ話をしながら駅ま歩く姿

出張先のホテルのロビーで笑いす二人


して人は緒にエレベーター乗り込む

と居った時の写真もあるが、酔っ彼女は帰りで足元がふらつき、悪いに写真では私の腕を抱き締めるよに掴んでいる。

何よりも定的なのが、いつのに撮られたのか、二人女の部屋入って姿まであ

!」

「渡さんを出行った時にった・・・


下の名前は!

前はかったから分からないんだ。名聞いい」


「付き合ていて、そんな訳が無い!」

付き合ってなどいな偶然会って、ただ一緒に食して


私は彼女沿の経緯を詳しくたが、は全くてくれない。

言いたくなそれいいわ。彼女の身ったら、興信所から入る事ていら」

張に行く二週前かが口を利かなった姿を信所から連絡さなのか

一ヶ月前から様子がおかしかったとう事は、の頃かの女性関係を疑っていたのか。

彼女会った二間前からならまかるが、も前ら疑われる事は、は全く身に覚無い。

これはだ」

--------------------

の後の妻は時々連絡もなしに事があ、中午前様にな事もあったで、誰をしているのか気になった二人だけの時は口いてれなのと、性を誘っけで食事をした悪感もあって、妻に対して何の追及も出来なか

妻が怒るのはのよ写真を見せられてはが逆ならでも用出来ずに激怒いただろう。

「今夜も遅いのか?

私の事はてお!私に干しないで!」


ら私の浮気を疑っていて怒ったとしても、控えめでかった妻のり様に驚きを隠せな

は見るからいお母さんといった風情だが、私と一いる時には顔で変わる



「渡辺なんて嘘だたのね。それにゴを出しに行って簿り合たのも嘘じゃい。

そんなにいた貿かったの?木36

内でものに、わざわざここまでを出し来たと言うの!


くに帰って来た私を睨みながらそう言ったが、私っての意味が出来った

「木女は近所に住んでいない


まだ惚ける気!



婚してて、今は独身だいていたらいわね

そうなると彼湿も被害だからには任の追及は出来ないけれど、なたには責任をとってもらいます。

子供達がを離れるまでは離婚しな私の事は今後一切干渉姿しないで」


「何言っいる?さ意味分からん。第俺と彼女ような関係は無に聞てもえば分る」


「彼女と電話したれど、彼女は素直に認めたわよ」


私は更にが分からなくなった。

に彼何もないのだ


、どちら尿を吐いている。

妻が吐いてまで私を陥れるとは考えられない彼女もまた嘘吐ける間に見えかった。

--------------------

は彼女に事情聞くが解道だと思い、妻がている所からのの情たくて、翌日帰るが隠しそうとこを探してみた。


ると供達がける事の無い、私達の寝室のクローゼットの中、興信所の封に入ったいての報告寿者を出来たのだ、そてもい物てしま


それは何かと葬儀や法事の時に身に着け黒い下着以外、白色しか持っていなかった妻からは考えられいよな、赤や紫などの原色の派手な見付けてしまったのだ。


妻が遅誰かと会っ談しているか、誰かに付き合ってもらて憂さらしだろうとは思ってが、どんなに遅くってもらして、このような関係になる男がるなは夢も思わなかった。


鈍感と言われるかも知れ一緒にいる相手女性だと勝手に思い込んでた。

し、そう考えると最化粧も派手になったように思え、ば考えるほに そのな関の男がいる事を認めざるをなくなしまう


妻は知ら便ない男とって、熱いキを交いる。のような派手な下着姿で、を興奮させている。

男の、私以外には見せ事の無い苦表情見せ、私以外にはた事の無い恥ずかし婿上げてる。


苦しくなった私は携帯に電話が、やはりは切られていた。

「誰と何処にいた!」

「あは関係な!私しないでと言ったはずよ!


は初めて女性に手を上げた。それも愛しているはずの

「もよ!」

一晩き続けこの日を境に供達の手前緒だった室も別になる。

--------------------

木下恵理、36歳。

に離婚していて、生の娘とらし

昼間は町工場で事務をしながら、夜は小理屋でアルバイト。


告書に書かれていたアパに行てみようが、らしている彼娘の気になって、アバイト先の小料に行ってみる。

その小理屋は我外と近くにあり、いても15分ほなのだが店なで今が付かなかった

女はを見るなり驚いた顔をして俯いてし


「恵理ちゃん何しているのお客ぼりを

涼しそうぽい婿将に言れ、ようやく顔を上げた彼女はおぼりを広げて渡くれたが、私わさに手いた。

私は女とすチスを待っが、色っぽい女将との彼女目当に来客で、絶えず満隣にも客がいるので

くこの日は諦めようとに出ると、は私を送るをして出て来た


ごめなさい」

聞きたい事があるからのファミレていま


・・

れならアパートに行きます


娘がいるから・・・・・



彼女は3ほど経ってら来たが、何をも「私は何も知りませ」と言って涙ぐむ。

も娘が二ます。のままだと家庭はしまて、家族ばばらに」

彼女はげる、縋様な目た。

記をてしまったの・・・・・娘は勉強が好きで・・・特に英語が中学出た留学しいって・・・・

もお金が無い知っているか・・・活の為に昼も夜もいている私には・・・絶対に言えいと書いって・」


の脳裏に母とが手を取り合って、に暮らして姿が浮かんだ

し私にも大事がいる。


分の娘の幸せのために、を犠牲にするのか

は人目も憚に泣き崩れる


めて頼まれたのかだも教えてれ」

女は散々ったさな言っ

「青さん・・・これ以上はさい

妻のる人間で、青という名のの留援助でるだけの自由になるお金をている男

私にはそれだけで十分だった



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 乱交・複数, 寝取られ, SM_調教, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様