2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

変わり果ててしまった妻

 



商談がてホテルにるとビーで若い女性にられた

と言っも3代前半のようなだが、私のような おじんかすれば随分く、ニのート目を奪わ

なた・・・

この性には見がある



それは週間ほど前の事

いつのように出勤前にゴ出しに行くと、が困った顔で立ていた

ラをけなくて目なのですね

聞けば引っ越してばかりで、こゴミを出すの初め言う。


「困わ。ってい時間は無

のぐらいなら私のに余裕がありまするから、良かった入れて下さい


彼女とは自治の事説明しなが駅まで緒に歩だけ、その後、会う事は無かったが、私の記憶には彼女の鮮明に残っていた

それを選り分けている間、屈ん彼女の胸元からっ赤ラジャーと共、白くて軟らかそうな乳房がずっとていたからだ。

張で?」

はい


「私初め出張で一度たのですが明かの点方がらな

「ああ。ここ入りのス所に、ームキーいるキーホルダーを差しむの

そうですね。今フロントで教えらいまた」


と一にエター乗り、私階だったに降りて屋に入ると、どしてドアがックさた。

やはり明かの点け方が分からなくて、ご迷かといましたが、何度ントに婿きにのが恥ずかしくて」

私の部屋がよかりした


2と書かれたルームキーをってらしから」

キーホルダを抜いて部屋の明かりを一度消し、もう度差し込けて見せたが、にぴったりと寄り添う彼女からは、のか水のが漂って


斜め綿差し込むのです 。このうなホは初めてなので」

ての出張では何か大変でね」


けばに上司が来られなくなり、彼女わりに来たと


「お食はどうされました?

はいつも外に食に行らしくて、夕食は付いいないとフロントで言われたのでどうしようか迷っていたところです」




「大きな声では言せん食事あまり美味ないので私もいも外に行くすよ


の辺りしくないので、テルうと思っていと言うを誘いここに出張した行く居酒行った。


て私は、久し振りに時間ごす

うのも一ヵ月ど前妻が笑顔せななりを怒ているのか二週間らは最小限事以外口も利いくれない。


のような態度妻は初めてで、私には これと言って思いたる事は一つあるとすれば妻を誘「そ気になれなの」と言っ殿断わ、今まで訳も無く断らた事が無かったは、翌朝を利かなかった事がある。


それかはどかギャクしいたのは確かが、それは三週間ど前の事で、妻様子がかしくなったのはの前かのだ。

訳に使が、との係がこな状態でななけ、彼誘う事はかっただろう。



少し酔が回ったところで彼女の事を聞くとは33歳で最近離婚に引越して来たと言う

私も男なの、ほんのり赤く染って色気が増した女を見ていて口説きたくなたが愛している妻を裏切る来ずに自を抑えた

ホテルに帰っも、彼誘わ、部屋でビールを飲み、彼女がジャケッに薄ブラ調見える、豊かな胸を見ていて二週間前の光景退してし、これも このままは不味いと思って缶ビー一本飲退した

--------------------

して出張から、妻は11時過ぎも帰って来ない。

も仕事をので、ある度のき合い認めていたが、連絡も無しに、このに遅くなった稿初めだ。

それで携帯に電話したがは切ら便れていて、結が帰ってたのは前0時を過ぎて


携帯の電源で切て、こな遅くまで何

何処にたって勝手でしょ!嫌なら離婚しましょう


私はきで言葉が続かなか

このな激しい口調の妻を見ためてだたが、単に離婚を口にしが信じれない。

私が7で、妻が24の時に結婚して1年。

近所でオシリ夫婦通ってい、私もう自負していた

ここ最様子がおかしかったが、それでも私の妻にするらず、妻もしていると信じていた。


の妻の口から離婚とた。

気で言っているのか

「だ、もう私姿愛してはいいのしょ

妻はバッから興信所の名前の入っ封筒を出すと、その中に入ってた数枚の真をべる。

彼女と初めて会った日、楽しうにをしがら駅まで姿。

出張先のホテルのロビで、笑いながす二


そして人は、一レベーターに乗り込む。

彼女居酒屋へ時の写、酔った女は帰りで足元がふらつき、悪事に私の締めるよに掴でい

よりも決なのが、いつの間に撮られたの使か、二人で彼女の部屋に入いく姿まであ

「誰なの

渡辺んという、ゴを出しに行っに知合った・・・・


「下の名

「名前は聞かなかたから分からんだ。か聞いていない


「付き合っていて、そんな訳がいでしょ!」

「付き合っどいい。偶然会って、ただ一緒にして


は彼女との経緯をしく話が、妻はくれな

言いないの ら、それでい。彼女のかった、興信所から絡が入る事になっているから」

張に行く週間前から妻が口をたのは、歩く姿を興信所連絡されたからなのか。

一ヶ月前様子がおしかったと言う事は、その頃から私女性関係を疑っいたの

女とった週間前からなるが、一ヵ月も前れる様なには全くに覚えが

は誤だ」

--------------------

その後の妻時々絡もなしに遅る事があ、中には午前る事った誰と何をしてなったが、二人時は口も利いれない寿と、性をけでをした罪悪感て、妻に対して何追及も出来なかった。

妻が怒る最ものような写真を見せら、これが逆ならでも出来ずに激怒しいただ

「今夜も遅いのか

の事は放っておいて!私に干渉ないで


ら私気を疑っいて怒ったとしても、控めで大人しかったに驚きを隠せない。

妻は見るから優しんといっ風情が、いる時には顔付きまで変



渡辺なんて嘘だったのね。それにゴを出しに稿使合っのも嘘じゃない。

彼女を庇いたったの?木理36歳。

同じもないのに、わざわざここまでゴミをしに来たと言うの!」


遅くに帰ってた妻睨みそうたが、私はの言っ西事の意味出来った

?彼女近所んでい?」


まだ惚ける気!




離婚してて、今は独身だと嘘を吐いていたらしわね。

うなると女も被害者だから、彼女に責任宿追及出来けれど、あなたには責任をとってます

が手をまでは婚しなけれど、私の事は今後一切しない


を言っているさっぱりが分からん。第一俺は そのような係では無い。彼てもらえば分かる」


「彼女と電話したれど、は素直に認めたわよ」


私はが分からなく婿った

現実彼女と何もないのだ。


彼女の、どちらが嘘ている。

妻が嘘を吐寿てまで私を陥れるなとは考えられないが、彼女もまた嘘を吐ける人は見なかた。

--------------------

私は聞くのが解決近道と思い、妻が持っる興信からの彼女の情報が知りたくて、翌日ると妻隠しそとこを探


すると子供達が開る事い、私達の寝室のローに、興信所封筒に入った彼についての報告者を見つける事が出来たのだが私は西くて良い物まで見てしまう。


何かとと、葬儀や法事の時に身に着けるい下以外、白淡い色し持っていなかったらは考えらないうなどの原色の派手な下着を見付けてったのだ。


が遅いのは誰かとっているか、誰かに付き合ってもて憂さを晴らしていだろうていたんなに遅く帰っても妻の性して、このようなにな男がいるどとは夢にも思った


鈍感だと言れるかもいが、一緒にる相手だと勝手に思いんで

かし、う考えると最近化も派ったうに思え考えば考えるほど妻稿うな関の男がいる事を認尿めざるを得なくなってしまう


妻は私のない男と抱き合って、熱いキス交わして。あのような手な姿で、男を興させる。

の下で私以外にはた事も似た表聞かせた事無いしい声を上


しくなった私は携帯に入れが、やり電源はられて殿いた。

「誰と何処にいた!」

あなたには関係ないしょ!干渉しなでと言ったはずよ!


私はに手上げた。それも愛いるはずの姿

もう離婚!」

晩泣、この日を境子供達の手前一緒だった寝室もになる。

--------------------

木下恵理、36歳

3年に離していて、今は学生の娘二人暮らし。

昼間は町工で事務ながら、夜は小ルバト。


私は報告書に書沿ていたアパてみようと思っ、一らしている彼女の娘の事が気になってみる。

理屋は我がら意外と近くにありも15分ほ距離なの、小さな店なので今まが付かった

は私見るなり驚い顔をて俯いてしまう


「恵理ちん何しての。お客様にしぼ

涼しそうな目た色っぽい将に言わ顔を上彼女はおしぼ広げて渡てくれたが、私とは目を合わさも震いた

私は彼女話すチャンいた、色っぽい将と美人の彼女を目当て来る客ず満席でも客がいるのせない。

方なこの尿日は諦め外に出ると女は私を送りをし出てた。


「ごめんなさい」

聞きたいがあから、そこのフミレスで待ています」


・・・・・」

それならアパに行す」


「来娘がるか・・・・・」



彼女は30分ほど来た、何問しても「は何も知ません」と言って涙ぐむ。

私にも娘ます。こままだと家庭は壊れてしまっ、家らに

を上げると、縋る様な目で私を見た。

娘の綿日記を見しまの・・娘は勉強が好き・・・・・特に英語が好きで・・・中を出た学したいって・・・

金が無いの知っていら・・・の為昼もいている私には絶対に言と書いてあって・・・


の脳裏に母と娘が手取り合、必に暮らして姿浮かん

しかし私にも大事な娘がいる。


分の娘の幸せのたに、私の娘達か!」

彼女は人目も憚らずに泣き崩れる。


「せめて誰にれたのかだけでも教

散々迷で言った。

「青山さ・・・・・上は許して下さい」

妻の近にる人間で、青いう名の、他人の娘留学を援 できるだ自由になるおを持ってい男。

私にそれだけだった。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, 乱交・複数, 寝取られ, SM_調教, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様