2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

汚嫁の浮気から発覚した計画が、もはや犯罪レベルの内容だった
 
罰ゲームで女の子が急接近してくるようになった
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
彼女にアポなして会いにいったら3Pの真っ最中だった
 
別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
山でありえない体験をした話
 
離婚届を置いて汚嫁の前から姿を消した。これから反撃するぞ。
 
嫁が媚薬で寝取られ、密かに4年間も関係が続いていた。あげくに3度の堕胎まで。
 
3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
妹とSEXしてしまいました
 
不倫発覚の汚嫁。記念日の行動で再構築するか望みをかけてみた。結果、計画的に無慈悲な復讐を遂行。
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
ヤクザの情婦にされた妻
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
接待で慰みものにされ続けていた妻
 
嫁が他人の子を妊娠してしまった
 
変わり果ててしまった妻
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

変わり果ててしまった妻




談が終テルに戻と、ロビーで若い女性に声を掛けられた沿

若いと言っも30代前半のようなのだが、のよ おじさらす若く、ミニスカートに目てし

たは・・・・・

えがある。



れは二ほど前の事。

つもうに前にゴミを出しに行困った顔で立いた

ラを分なくては駄調なのですね」

聞けば引っ越してたばかりで、ここにゴミを出は初めて言う。


「困ったわ。戻いる時無い

ぐらいなら袋に余裕りまするから良かったらて下さい


女とは自治などを説明しながらまで一緒に歩いただけで、その、会う事は無かったの記憶が鮮ってた。

はゴ稿選り分けてい間、屈だ彼女胸元真っ赤なジャーと白くて軟かそ乳房ずっと見えていたから

ですか?

はい


「私は初めての、一度部屋に行たのですが明かの点け方が分かくて

ああ。こは入り口のスイッチの所に、ルーキーに付いいるキーホルダーし込む

うですって婿ね。今フロントで教えてもまし


彼女と一緒にエレベターにり、私は3階だったので先に降りてと、5分ほどしてドアクされ

退はりが分かくて、ご迷惑かとは思い、何度もフントに聞きに行くのが恥ずて」

の部がよく分ましたね


02とかれたルームキー持っていらしたから」

私はキホルダーを抜寿て部屋の明かを一度もう一度差込んで点て見せた私にぴったりと寄り添う女からは、ほのかな香水が漂っ


めに差し込むのですね。このようなホテは初なので

初めての大変ね」


急に上司が来られなくなり、彼女が代わりにたとう。


「お事はどうされまた?」

司はつも食べ行くらしくて、食は付いていないとフントで言たの、どううかと迷って使




大きなせんが寿食事はあま美味しくなので、私もいつも外に食べのですよ


この辺り理に詳しくないので、ホテルに頼もうと思たと言彼女を誘い、ここに張しはいも行居酒屋に行った。


て私は、し振りに楽しい時間をごす。

それと言一ヵ月ほ前から妻が笑見せなり、何を怒っていのか二週間前からは、要最小限の事以外口も利いてくれな


な態度は初めてで、私 これと言って思い当たるかったが、一つすれば妻を誘っ時にの気れないと言って断わられ、今まで訳く断られた宿事がった私朝拗て口を利かなかったある


からはどこギクシャクしてい確かだがれは三週ほど前ので、妻の様子がおかしくなったはその前なの

になる、妻とがこのな状でならなければ、を食事にう事は無かった



酔いが回ったとこ女の事を聞くと、年齢はで最近離婚て近引っ越したと言う

も男なので、んのり染まって色気が増した彼女を見てい口説きたくなったが、愛してる妻を裏切る事出来ずを抑え

に帰てからも、彼女誘わて、部ルを飲み、彼ケットを脱いだために薄しに見える、豊かなを見二週間前景をしてしまっが、このままで不味と思って缶ールんで退散した

--------------------

張から帰っ翌日、妻は時を過ても帰って来ない。

仕事持っていたので、る程度の付き合いは認めてたが、連絡に、このように遅くなった事は初めてだ

れで携帯電話したが、電源は切られいて、結局 妻が帰っては午前0時ぎてい


携帯の電源まで切って、んな遅まで何処にいた!

にいたって勝手しょ離婚ししょう!」


は驚きで葉が続かなかた。

のよしい調の妻をたのも初めて、簡に離婚を口た事が信じない

私が27でが2時に結婚して18年。

所でドリ夫婦で通っていて、私もそう負していた

近はし妻の様子がおかしったが、も私の妻に対する愛は変わらず、妻も愛してていると信じていた。


妻の口から離婚という言葉が出

「本気で言っるのか?

「だって、もう私の事を愛していのでし

バッグから興信の名の入筒を出すと、そ中に入ていた数を並べる

初めて会った日に楽しそうに話をしながら駅まで歩く姿。

出張先のテルのビーで、いながら二人。


そして二綿にエレベ綿乗り込む

彼女と居酒屋行った時の写るが酔った彼女は足元がらつき悪い事に写ではの腕を抱き締めるよう掴んでいる。

何よりも決定的なが、いつ間に撮られた彼女屋に入っていく姿まである

誰なの!

「渡辺さんいうミを出た時知り合った・・・・」


下の

「名前は聞かなかったから分名字しか聞い」


「付き合っていて、んな訳が無でしょ!

「付合ってなどい貿ない。偶会っただ一緒に事し


私は彼女と緯を詳し話したが、は全く信用して

いたくら、それでいいわ彼女の身が分かったら、興信ら連絡が入事にっている

に行く二週間前から妻が口をかなくなのは使、彼と歩姿興信所から連絡されたからなのか。

月前から子がおかかったと言う事は、そのら私女性関係っていたか。

彼女と会週間前まだ分かが、ヵ月も前か疑われる様事は、私には全く身に覚えが無い

「これは解だ

--------------------

その後のは時々連絡もなく帰る事があり、午前様になるあった、誰と何をしのか気になったが、人だけの時は口も利いてくれのと性を誘っ二人だけ食事をた罪悪感もあっ、妻にして何の追及も出かった。

妻がは最もで、あのような写真を見せられては、これが逆なら私でも信用来ず激怒していたろう

も遅いのか?」

「私は放ってて!私干渉ないで!」


くら私の浮気を疑ていて怒ていたとしても、控大人しかった妻の変わり様に驚きを

るからに優った風情だが、と一緒にいる時には顔付きま



「渡辺なんて嘘だったのね。それゴミ出しに行知り合のも嘘じゃない。

そんに彼女いたかっの?下恵理36歳。

じ町寿でもないの、わでゴミを来たうの!」


に帰って来た妻は私をながらそう言ったが、は妻っている事の理解なかった。

木下彼女は所に住んでない?」


まだ惚け気!




離婚していて、今は身だを吐いていらしいわね。

なると彼女も被害者だから、彼女には責任追及は出ないけれあなたには任をとってもらい

を離れるは離ないけど、事は今後一ないで」


何を言って?さっぱり意味が分女は そのよでは彼女に聞いてば分る」


「彼電話で話したけ、彼女は素直に認めた


は更に訳が分からなくなった。

現実に彼女もないの退


彼女の、どかが嘘をいている

が嘘までを陥れるとは考えらないが、彼女もま吐けは見えなかった。

--------------------

は彼に事情聞くのが解道だと思い、妻持っている興信所からの彼女の情報が知りくて、翌日帰ると妻隠しそうなところを探してみた


と子供開けの無い、私達のの中に、興信所に入った彼女につの報出来たのだがその時私は見なく良い物まで見しまう。


それは何かと言と、葬儀や法事の時に身に着ける黒い下着以外は、白か持ってなかった妻らはれないような、赤などの原色派手なけてしまったのだ


妻が遅いって相談していか、誰かに合っもらってを晴らしているのろうは思ってたが、どんなにく帰っも妻の性格からして、こうな関になる男がいるなどとは夢にも思わ


鈍感だ言われるか知れな一緒いる手は女性だと勝に思い込んで

し、う考える近化粧も手になったように思、考えれば考えるな関係の男が事をざるを得くなってしまう


私の知らないき合って、熱いキスわし。あのような派手な下着姿で、男をいる

私以外は見せたの無にも似たを見外には聞かせ無い恥ている。


なった私は携帯に電話を入れ、やり電源

「誰と何処退いた!

なたには関係なでしょ!私に干渉しないでと言たはずよ!」


私は初女性に手を上げ。そずの妻に

もう離婚よ!

は一晩泣き続け、を境に子供達の手前一緒だ室も別になる。

--------------------

下恵歳。

年前に婚し、今は中学生の娘と暮ら

昼間は町工で事務なが夜は料理バイト。


は報告に書かれてたアパートにみようと思っが、一に暮ている彼が気になってイト先の小料理屋に行ってみる

の小料理屋は我がら意外と近くにあり歩いても1分ほの距離なのだが、なので今まで気が付かなかった。

は私を見なりて俯しまう


「恵理ちゃんしているの。お客様におぼりを

涼しそ目をし色っぽい女将に言れ、やく顔を上げたはおしりを広げて渡しくれたが、は目をわさていた

話すチャンスをいた色っぽい女将と美人の彼女を当てに来る客で絶えで隣も客いるので話せない。

なくこの日はようと外に出ると、彼女は私を送りをて出てた。


んなさ

たい事があるか、そこのファで待ています」


「私は何・・・・

「そらアパートきます」


「来がいるら・・・・・・



女は30ほどってから来たが、何を質問しても「は何も知りません」とて涙ぐむ。

も娘が二います。このまだと家壊れしまっ、家ばらばらに」

彼女は顔上げると、な目で私を見た。

「娘の日を見てしたの・・・・・・娘は勉強が好で・・・・英語が好きで・・・・・を出たら学し・・・・

金が無いのは知っている・・・・生活の為も夜も働いている私には・・・絶対に言えないと書いあって・・ ・・」


私の脳裏母と娘を取り合って、必死に暮らして姿浮かんだ。

しかし私にも大事な娘がいる。


娘の幸せのめに私の娘達を犠牲にすのか!

彼女は人目も西憚らずに泣き崩


めて誰に頼まれたかだけでも教てくれ

彼女は散々迷た末小さで言った。

青山ん・・・・これ以は許し下さい」

妻の身近にいる人間で、 山と名の沿、他人の娘留学を援助できるだけの自になお金を持ってい男。

にはれだで十分だった。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, 乱交・複数, 寝取られ, SM_調教, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様