2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

ある日ドアを開けたら、好きだった子がたくさん荷物を抱えて立っていた。のだが

 




43 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 20:11:52.19 ID:P9IK1ZCI0
2年ほど前の話。

主な登場人物は、

俺→Jと

元カノ、I美と、

友人のA太


俺らはバイト先で知り合って、意気投合して、三人で遊ぶようになった。

俺は地方出身者の大学生、A太は地元、それも大地主の家の大学生。

I美は地方出身者のフリーターだった。

一緒に働いたのは数ヶ月だったけど、その後も三人で良く遊びに行ったり、俺のアパートで鍋パーティーしたりしてた。

A太はI美のことが好きだったみたいで、ある時俺に

「J、俺は不細工だし、もしお前がI美と付き合うって言うなら、それはそれで応援したいと思う。」

と唐突に言ってきた。

「いや、そんなん、まずI美がどう思うのか。」

I美は彼氏はいないって言ってたし、一人暮らしで危ないから たまに遊びに行ってやるよ。とか冗談を言うと、真顔で

「ばかっ!一人暮らしの女の子が男の子を家に上げるわけないでしょ!変なまねしたらイヤだから、家は絶対に教えてあげない」

なんて怒るから、結構硬いやつなんだって、ちょっと感心して、俺も、この子いいなぁなんて少し思ってた。



45 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 20:16:51.87 ID:VuUF/+Uu0
A太って瑛太しか思い付かない

あいつの顔で再生されたwww


48 :本当にあった怖い:2013/10/28(月) 20:23:25.91 ID:P9IK1ZCI0
とA太は大学を卒業して会人と毎日れない日々を暮らして

I美も、俺ちと一緒にバトやめてからどネで働いてるっmailで見て会えない日々がけど、みんな頑ってんって思ってた

特にA太には簿い、学生代、仕もままならない時に、食事させてもらり、てもったり

ちゃは毎度勝てなたけ碁を相手てもらったり。

っても世話になったか、まついら会いたいって

出来たらI美も一緒に。


そんある日の。ちょうW終わいかな

21時過ぎた頃、ピンポーンて。普段着あん湿り鳴らなした。

を開けたらl美だった。




49 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 20:33:16.62 ID:P9IK1ZCI0
俺「あれ?どしたの?何いきなり」

I美「久しぶり!近くまで来たからさ!元気?」って

とにかく上がる?って聞いたら、うんって上がってきたけど、何かドラムバックとキヤリーバックで尋常じゃない荷物。

俺「何か、あった?」


少し黙ったあと、I美は言った。


「なんかさ、ストーカーに狙われちゃった。家帰れないから出てきたの。泊めて」


え?まさか。

泊めるとか、俺理性とかねえし。

だから、警察行ったほうがいいよ、一緒に行こうとかいったけど頑なに、無理よむりって

警察は事が起こらないと何もしてくれないって泣く。


俺は、泊めたら何するかわかんねーよ、って言ったら

「いいよ!あたしね。ずーっとJのこと好きだったの!」って

なら、なるようになるじゃん。


その日から、I美は俺んちに住み着いたんだ。



50 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 20:44:10.20 ID:P9IK1ZCI0
けど、最初はまぁ良かったけど、I美は全然働こうとしないし、かと言って家のこととかも全然やんない。

俺が帰りに毎日弁当とか買って帰ると

「明日の昼とか何食べればいいのよ?有り得ない。お金ちょうだい。自分で買いに行くから」とか言い出すようになって、俺は そもそも一緒に暮らす気とかなかったから、すごく戸惑ったけど

一応自分の彼女って、思ってたし、前の家には帰れないから解約したって聞いてたし そのストーカーから守らないと、みたいな気持ちもあったから、言いなりになるしかなかった。


そんな時、ちょっとご無沙汰だったA太から連絡が来た。


爺ちゃんが入院して、もう半年以内って。

90際にもなるから仕方ないけど、お世話になったし

俺はI美のことがあってA太には気が引けたが爺ちゃんの見舞いに行きたいと申し出た。



51 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 20:55:35.01 ID:P9IK1ZCI0
そして、久々にA太と会った。

一緒に病院に行って、帰りに一緒に飲んだ。

すごい久しぶりだった。


俺はA太に言わないとならないことがあった。

I美と付き合って、一緒に暮らしてること。

俺はずるいから、酒の力借りて、そのあたりのこと全部告白した。

そしたらA太は、一瞬ギョッとした顔したから、あれ?とか思ったけど ごめんな、って謝った。

だって、A太、I美のこと好きだったから。


そしたらA太は、「お前が幸せなら、いいじゃんか!良かったね!」って笑った。

俺の胸のつかえが取れた。


でも、I美は全く働こうとしないし、かと言って家事するとかもない。

時々メチャメチャ家がきれいになってるんだけど、占いとか大好きで、常に占いとか信じて行動してたし、実際俺の財布から金出して、駅前の占いの館みたいなとこいってたから、そのせいなんか、とか思ったり



52 :本当にあっい名無し:2013/10/28(月) 21:03:01.72 ID:C3fjVEeO0
よは


53 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 21:11:17.52 ID:P9IK1ZCI0
そんな時、A太が飲もうぜって誘ってきた。

うちで鍋やるかー?って答えたら

話あんだよ。って返事着たから


なんだよ、実はI美のこと音に持ってんのかよ!

けど、俺はもうアイツ無理だよ。別れていいわ。

そう思ってたから、余裕でA太と会えた。


そしてA太の話を聞く。


昔3人が出会ったバイト先にいたSさんて人が何か知らんが やたら色んな情報ある人で、

俺とI美が付き合って一緒に暮らしてるって告白する前に そのSさんから、I美はうちでバイトしてた頃から、男と同棲してた。けど、最近若い男連れ込んでたのがバレて、その同棲相手に追い出されたらしい。

って話を聞いてて、なんて女と思ってた矢先、お前んとこ行って付き合ってんのかよ!って、そんときは言えなかったけどな。

って言うんだよ。


俺は目の前真っ暗。

何よそれ、そして何でそんなこと言うのよ?



55 :本当た怖い名無し2013/10/28(月) 21:20:47.45 ID:P9IK1ZCI0
I美っ、男の家をねぐらするビッチだっ

寄生先れて次は俺か

してA太言いにくそ

「お前、中ったの?

は?何?普免しかねえ

「お前のアパートのドに、ク止まってたぞお前I美と付き合ったって聞いてか心配になっ日仕事休の合間に見に行ったんだ


そうなんか、前男が叩出したの変な若い男を、俺んちに連れ込んでんか

色々思い当たることが震えた。




56 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 21:27:24.36 ID:P9IK1ZCI0
俺はあんまり腹立ったから、その日に

「テメー男連れ込んでんだろ。見たんだよ!出てけクソビッチ」

って叫んだ。

そしたら、彼女すごいびっくりして、そんなんないよ!とか言ってきたから

「嘘つくな、てめー殺す」って言おうとしたけどやめた。

そして

「嘘つくなよ。お前がかいつも行く占いの館で言われたんだよ。正直に言えよ」

そしたら、I美は驚くほどあっさり認めた。

泣きながら土下座してた。

ここ、追い出されたら行くとこないもん

とか言って



60 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 21:37:42.71 ID:P9IK1ZCI0
そん時、何か俺がすげークズに思えて

二度とすんなよ

って、なんか許したっぽくなった。

でも、俺の中じゃやっぱり納得出来なくて。

そんな中、A太んとこの爺ちゃんが亡くなった。


A太んちは、そこそこ都心部なのに なんかド田舎風で、家もでかかったから、自分ちで通夜をやるっていう。

俺は喪服に着替えてA太んち向かおうとしたら、I美があたしも行こうかな。とか言ったから、むちゃくちゃ腹たってテメーは来んなって言った。


そして、A太んとこで色々手伝ってから家に帰った。

そして、家に上がろうとしたらI美が

「塩まいてよ!有り得ない!キモイキモイキモイ!ジジイの霊が家の中はいるじゃん!」



は?

俺はぶっ飛ばしたくなった。

この前土下座した あの時のイメージと全然ちゃうし。しかもジジイとか



62 :本当にあった怖い:2013/10/28(月) 21:51:13.40 ID:P9IK1ZCI0
それはあんま頭に来たから、まA太んちに戻っ。それでA太に全まけたんだ

くI美と別れいけど、やって追い出したらいいんうか

んが来団敷いてくれた


A太に聞いら、ほんとに糞ビッチだったみたいで俺も馬鹿だったけどりとったらしくて、にか早く別れたいけど とにかくアツ行くとこないしな。

そんが、なんなく俺の中はどしょもなく、わだかって



64 :本当あった怖い名無し:2013/10/28(月) 22:06:39.88 ID:P9IK1ZCI0
したらA太あんだし、せば



そういやI美の実家はド田舎で帰っも仕事とかってたな

、だからなだよ分でも持た、男に寄生して。

そうか。

時 俺は気た。

つは寄生と、自分の男はんのか?


暮らて、俺の財布アテて、それでいてきな男いる

そいつを俺の知らない間に入に気がかれないように、部屋してたんかうと腹たょもなむしろ情けなて泣た。

A太、ちょっと談ぽく、じいゃん、ウラーって出てやっ

って言った。


んとき、ほんとI美って占いときなの超怖ら、とそて欲しいとかってた。まあ、不謹慎だ


したA太がむゃくちゃ真顔になっ

るか?

って、言っ

を?俺は普通にA太を見



69 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 22:21:41.13 ID:P9IK1ZCI0
それで、A太の発案。

「お前、もう今のアパート引き払えよ」

俺「そのつもり、会社の寮入るよ。そしたらあのビッチも一緒に暮らせない」


その後、A太が続ける。

大地主のA太んち。

じいちゃん、亡くなって相続が決まってる親父さんの土地、山みたいなのも全部じいちゃんのなんだけど その山の反対側に、以前A太の叔母さん夫婦の為に起てた家があり その周りに、平屋の借家を建ててた。

それが、私有地故に電灯が少ないとか、駅からバスで20分もかかるとか、色んな要素あって叔母さんも今は住んでないし、借家にも誰もいない。

そこらの土地は、売買される予定だったけど、相続でまだ時間かかるし。

だからさ。

A太は、ウキウキして言った。

「クソビッチ撃退、お化け屋敷作戦」

え?なに?

そこから、A太巻き込んだ復讐が始まった。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:すっきりした話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様