2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

ある日ドアを開けたら、好きだった子がたくさん荷物を抱えて立っていた。のだが

 




43 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 20:11:52.19 ID:P9IK1ZCI0
2年ほど前の話。

主な登場人物は、

俺→Jと

元カノ、I美と、

友人のA太


俺らはバイト先で知り合って、意気投合して、三人で遊ぶようになった。

俺は地方出身者の大学生、A太は地元、それも大地主の家の大学生。

I美は地方出身者のフリーターだった。

一緒に働いたのは数ヶ月だったけど、その後も三人で良く遊びに行ったり、俺のアパートで鍋パーティーしたりしてた。

A太はI美のことが好きだったみたいで、ある時俺に

「J、俺は不細工だし、もしお前がI美と付き合うって言うなら、それはそれで応援したいと思う。」

と唐突に言ってきた。

「いや、そんなん、まずI美がどう思うのか。」

I美は彼氏はいないって言ってたし、一人暮らしで危ないから たまに遊びに行ってやるよ。とか冗談を言うと、真顔で

「ばかっ!一人暮らしの女の子が男の子を家に上げるわけないでしょ!変なまねしたらイヤだから、家は絶対に教えてあげない」

なんて怒るから、結構硬いやつなんだって、ちょっと感心して、俺も、この子いいなぁなんて少し思ってた。



45 :本当にあった怖いし:2013/10/28(月) 20:16:51.87 ID:VuUF/+Uu0
A太って瑛太しか思い付かない

あいつされたwww


48 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 20:23:25.91 ID:P9IK1ZCI0
俺とA太は大学を卒業して、社会人として毎日慣れない日々を暮らしてた。

I美も、俺たちと一緒にバイトやめてたから、気になってたけどネイルサロンで働いてるってmailで見て会えない日々が続いてたけど、みんな頑張ってんなって思ってた。

特にA太には家に招いてもらい、学生時代、仕送りもままならない時に、食事させてもらったり、泊めてもらったり

爺ちゃんには毎度勝てなかったけど、囲碁を相手してもらったり。

とってもお世話になったから、また落ちついたら会いたいって思ってた。

出来たらI美も一緒に。


そんなある日のこと。ちょうどGW終わったくらいかな。

21時も過ぎた頃、ピンポーンて。普段着あんまり鳴らない音がした。

ドアを開けたらl美だった。




49 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 20:33:16.62 ID:P9IK1ZCI0
俺「あれ?どしたの?何いきなり」

I美「久しぶり!近くまで来たからさ!元気?」って

とにかく上がる?って聞いたら、うんって上がってきたけど、何かドラムバックとキヤリーバックで尋常じゃない荷物。

俺「何か、あった?」


少し黙ったあと、I美は言った。


「なんかさ、ストーカーに狙われちゃった。家帰れないから出てきたの。泊めて」


え?まさか。

泊めるとか、俺理性とかねえし。

だから、警察行ったほうがいいよ、一緒に行こうとかいったけど頑なに、無理よむりって

警察は事が起こらないと何もしてくれないって泣く。


俺は、泊めたら何するかわかんねーよ、って言ったら

「いいよ!あたしね。ずーっとJのこと好きだったの!」って

なら、なるようになるじゃん。


その日から、I美は俺んちに住み着いたんだ。



50 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 20:44:10.20 ID:P9IK1ZCI0
けど、最初はまぁ良かったけど、I美は全然働こうとしないし、かと言って家のこととかも全然やんない。

俺が帰りに毎日弁当とか買って帰ると

「明日の昼とか何食べればいいのよ?有り得ない。お金ちょうだい。自分で買いに行くから」とか言い出すようになって、俺は そもそも一緒に暮らす気とかなかったから、すごく戸惑ったけど

一応自分の彼女って、思ってたし、前の家には帰れないから解約したって聞いてたし そのストーカーから守らないと、みたいな気持ちもあったから、言いなりになるしかなかった。


そんな時、ちょっとご無沙汰だったA太から連絡が来た。


爺ちゃんが入院して、もう半年以内って。

90際にもなるから仕方ないけど、お世話になったし

俺はI美のことがあってA太には気が引けたが爺ちゃんの見舞いに行きたいと申し出た。



51 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 20:55:35.01 ID:P9IK1ZCI0
そして、久々にA太と会った。

一緒に病院に行って、帰りに一緒に飲んだ。

すごい久しぶりだった。


俺はA太に言わないとならないことがあった。

I美と付き合って、一緒に暮らしてること。

俺はずるいから、酒の力借りて、そのあたりのこと全部告白した。

そしたらA太は、一瞬ギョッとした顔したから、あれ?とか思ったけど ごめんな、って謝った。

だって、A太、I美のこと好きだったから。


そしたらA太は、「お前が幸せなら、いいじゃんか!良かったね!」って笑った。

俺の胸のつかえが取れた。


でも、I美は全く働こうとしないし、かと言って家事するとかもない。

時々メチャメチャ家がきれいになってるんだけど、占いとか大好きで、常に占いとか信じて行動してたし、実際俺の財布から金出して、駅前の占いの館みたいなとこいってたから、そのせいなんか、とか思ったり



52 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 21:03:01.72 ID:C3fjVEeO0
はよはよ


53 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 21:11:17.52 ID:P9IK1ZCI0
そんな時、A太が飲もうぜって誘ってきた。

うちで鍋やるかー?って答えたら

話あんだよ。って返事着たから


なんだよ、実はI美のこと音に持ってんのかよ!

けど、俺はもうアイツ無理だよ。別れていいわ。

そう思ってたから、余裕でA太と会えた。


そしてA太の話を聞く。


昔3人が出会ったバイト先にいたSさんて人が何か知らんが やたら色んな情報ある人で、

俺とI美が付き合って一緒に暮らしてるって告白する前に そのSさんから、I美はうちでバイトしてた頃から、男と同棲してた。けど、最近若い男連れ込んでたのがバレて、その同棲相手に追い出されたらしい。

って話を聞いてて、なんて女と思ってた矢先、お前んとこ行って付き合ってんのかよ!って、そんときは言えなかったけどな。

って言うんだよ。


俺は目の前真っ暗。

何よそれ、そして何でそんなこと言うのよ?




55 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 21:20:47.45 ID:P9IK1ZCI0
I美って、男の家をねぐらにする糞ビッチだったってこと。

前の寄生先追い出されて、次は俺か。

そして、A太が言いにくそうに

「お前、中免取ったの?」

は?何?普免しかねえし。

「お前のアパートのドアの真横に、バイク止まってたぞ。お前からI美と付き合ったって聞いて、なんか心配になって、平日仕事休みの合間に見に行ったんだよ」


そうなんか、前の男が叩き出した理由の変な若い男を、俺んちに連れ込んでんか?

俺は、色々思い当たることがあって怒りで震えた。



56 :本当にあった怖名無し:2013/10/28(月) 21:27:24.36 ID:P9IK1ZCI0
あんまり腹立ったから、その日に

「テメー男連れ込んで見たんだ出てけクソビッチ」

て叫んだ

そしたら、彼女すいびくりして、そん!とか言てきたから

くなてめー殺すってとしたけやめた。

して

嘘つくなよ。お前がかいつも行くの館言われたんだよ。正直えよ」

したら、I美は驚くどあっさり認めた。

泣きながら土下座た。

ここ、追い出れた行くとこなもん

とか言っ



60 :本当にた怖い2013/10/28(月) 21:37:42.71 ID:P9IK1ZCI0
時、か俺がげークズに

二度とすんなよ

て、なんか許したぽくな

でも、俺の中じやっぱり来なて。

そん中、Aこのちゃが亡くな


A太ちは、そ都心部のに なド田風で、家もでかかから、自分で通夜をやるっていう。

俺は喪服に着替えてち向おうとしたら、I美がしも行かな。とか言たかむちゃくちゃ腹便使テメんなって言った。


して、A太んと色々手伝って家に帰った。

そして家に上がろうとしI美が

塩まよ!モイキジジイの霊るじゃ



は?

はぶっ飛ばしたくなっ

この前土下座た あの時メー全然ちゃうし。しかジジイと



62 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 21:51:13.40 ID:P9IK1ZCI0
それで俺はあんまり頭に来たから、またA太んちに戻った。それでA太に全部ぶちまけたんだ。

早くI美と別れたいけど、どうやって追い出したらいいんだろうか、とか

おばさんが来て、布団敷いてくれた。


A太に良く聞いたら、ほんとに糞ビッチだったみたいで、俺も馬鹿だったけど わりと有名だったらしくて、とにかく早く別れたいけど とにかくアイツ行くとこないしな。

そんなのが、なんとなく俺の中ではどうしょもなく、わだかまってた。



64 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 22:06:39.88 ID:P9IK1ZCI0
そしたらA太が、実家あんだし、そこに返せば

って言った。

そういや、I美の実家はド田舎で、帰っても仕事ないとか言ってたな。

でも、だからなんだよ。自分で家も持たず、男に寄生して。

そうか。

そん時 俺は気がついた。

あいつは寄生先と、自分の男は別けてんのか?


俺んちで暮らして、俺の財布アテにして、それでいて好きな男がいる。

そいつを俺の知らない間に家に入れて、俺に気がつかれないように、部屋とか掃除してたんかと思うと腹たってどーしょもなくて、むしろ情けなくて泣いた。

A太が、ちょっと冗談ぽく、じいちゃん、ウラメシヤーって出てやってよ

って言った。


俺はそんとき、ほんとにI美って占いとか好きなのに超怖がりだから、ほんとそうして欲しいとか言ってた。まあ、不謹慎だけど。


そしたらA太がむちゃくちゃ真顔になって

やるか?

って、言ってきた。

何を?俺は普通にA太を見た。




>>次のページへ続く


 


 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:すっきりした話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様