2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

逆転

 

\ シェアする /



人生にとって一時の成功が、全てでし、失敗も終わりではない頃は思うので

生きていれば、色々な体するものですが、それらに真剣に向う事で、初めて、経験がて人間の厚みにのではないしょうか。

処にでもあ下らない話ですが、に生きてた私は貴重な勉強となりました



私はそこその大を卒業、全国区ではありませんが、一様の通った企業に無就職し

に人の言う、苦労知ずの道を歩んでいたのだと思います。

自分には挫折味わたつもりですが、人に言せるとそんなのは世間知ずのちゃんだと冷かされてまいます。

人のみは10便年で慢出来るとますが、私もそんな覚での悩は大した物で、人悩みは小物にしか感じられい俗物なの自覚ていま


私が5歳で3年後に入社した今の妻と婿婚しのです。

入社当時の妻は、野性的美人でがらも、個性的な雰囲が その貌をより強いインクトにし、男性社員から かなり人気がある存在でた。

職業、女性社員多い職場これ程、気のるのもしい象でしたが、私でぁの容姿簿で遊人でした貿ら、派手ながいるなと思らいしか思、そど気にもなく過ごしてました。

は、多数の男員からデートの申込みをいたよ沿うです、食事を付き合う程で誰も真剣に発展せず、身持ちの堅い女で通っていました。

振り回され男達が高ビーなと、悔し紛れに言て回ってるのを耳にた事も何度となくあり

その結果が、今のわっ幸せ?にのですが・・・

しかし、ここに至るまでに、こまでの人生観が変わてしう経です

--------------------

プロジェトでームとなり、残業続きで、緒に事やみに会が増えた事でいに親密になって行きまたが、私にってはガールフレンの一にしか過ん。

、同僚達が言うよう身持なら、それ以上入りは私が恥掻くけと思いる程度のが明だていのです。私はプライドけは高いものですから


んなあ、珍しく酔女のから意外な言葉をします。

私は貴方にちょっ興味んですけど先輩どう

えっ?僕に?」

「・・・そうです。何良ぽ、でも仕事をし時は真剣でンバランスな所に魅力をとじます。今迄殿男はいっいいたけど、先輩みたいな年上の人にしか、かったわ」

りげく言ってのです。

まさか彼女から そな事を言わってもみので、かなり驚いたのでした。

若かっ私は怖いもの知ずで得の行かない事であれば上司にも食っ掛かるも日常茶飯事その仕事真摯した。

、そ若者も少なかったので、員に支持されだと思い

この時の妻も異質な雰囲気に入ったも知れせん

気のな顔をしているだあってこんな時でしうね

それでも私は男です。「それは光栄だ」等格好を付けていま、鼻下はしょ




男でから、そんなことを言われてしくけはありませんが、れを交際たいとも思わなったのは、れなり交際が多かったからと思います。

意識ていた訳ではなかったのですがそんな態度がクールにたのかもしれません。

それがを掻き立てる計算はしてませんでした


それと言うもの、彼らお声掛 頻繁で、それでのガーフレンド(セッスフンド)とは少ずつならおえません。

そんな彼女の押しに負、付合いが始ると同僚達のやっかみも多かったですが、れは私のプイドくすぐるでしせん

かし、彼女への当たりもそれなりで、庇うのに一労したのをします。

そんな事もあっ、結婚を機会に退職させましたと言より稿は、婦での勤めら簿い習があであったのがきな理由でしたが。


し早い結婚ではありましたじ年齢会社に務める者よりし給料く、沢をしべて行けるだと思い決断し

それ、厳い生だっ、あの頃は。


も経たなちに2人の娘も恵まそれなりに幸せでが、姿予想以気な妻の性格に手度と無く、離婚そう喧嘩したも

せ予想はしていですが、こん凄いのは験がりま。何表現しようがないのです

それは私が世間知らずだか言われれば使句もですが、にかく参ったの、どんなにが正論を言おうと自分の考えを絶対に曲げな

今となっては妻からのプローチではく、私が熱に言寄ったが結婚の理由だ当り前のようてはばかのです。

事が万この調子ですから、て頂け、御理解い頂けないでしょ。一的にそんなもすか

理論的ても理解しようとしなは、宙人と暮らしているの湿かと思っもの


な妻との、それなり幸せも感じていた私は、遊び人の面影もく平凡な活をっていたのです

何せ、結婚事験がいのこんなものだろうと思い込いたものた。

の強気な性格が苦痛思える時々ありますが、せそな顔る他夫婦も裏側までは分かりません

性格的合わなかも人前に出て自慢の出来る容姿をっている妻は そうい。

は人験が浅かったのょうね。そんな事で自分誤魔化していました。


しかし、はそん生活だけ、満していなかったようです。

--------------------

る日、妻が業主婦に飽きらななっでした。

貴方。仕事もいいら?千秋が勤め会社を募集してるかったら社長さんに推薦てくれるって」


千秋とは妻同期で入てきた社員で、やっり結婚を機に退職した女性ですが、その、離婚1人でを育ている今もく友人です。

「仕かぁ?生活にっている訳じないが出来ならないぞ」


丈夫よ。残業って。時にから、どんなに遅くても6時帰れ

れから意をしても、充分貴方には迷惑けなと思うの。

ぇ、子供達も手が掛からななったしいいしょ

私このま、糠みそ臭くなりくな願い。いいでしょう?


そのだ娘達2人も高校生です。

仕事ならまだしも9時から5時迄のフルタムなら影響はないのか

女は家の仕事をしいれいいとは言わないまでも、古臭え方がないは出来ま


「子供達世話はだ?


の子達は、るの。かえって私い方がいいみいよ。勿論、誰にも不自はさだからいいでしょう?」


それ迄、習い事のサーに参加しり、娘学校の役員をした、積極的に社会に関わって来てはいのですが、上昇志向の強い彼女には物足りない生活だったのかも知れません

確かに子供生ではあが、過干渉いが、全て己責任と言う教育行き渡問題こすし、たらと言態度でし

こん子供達に育てたのでから、今迄よくやってくでしょう

それを思うと、私は今迄ってて欲のですが妻の望事がせんでした。

勤め始めた妻は、生きとし、私が内した申し訳なました

約束通り帰ると食事意も出来て、今迄と何婿も変りな生活をる日た。殿

経って、微な変化が訪ます。

--------------------

めてからくは、私り早、夕食の用意もちゃんと、職場の話も、私が煩と思程していたのすが、1年ったりからまり話なくなりました

が妻の職場の話を、曖ぐらかす


れどころか、帰宅時間もくなる事増えてきたのです。

私も早く帰れるではりませそれも遅いがしばしば。当然、夕食意もしてありません

達が満をらすのも無理いでしょう。

い帰時の妻は私と合わせる事ようにまず浴室向かす。

何か変だな。何か有な』

然、ります


る時、堪りかねた妻にけました。

「初の約束と違うんじゃないかな

事をしればる事もあるだ




かしこう頻では。子供達が文句を言うのも当り前だとう。

事に西えるようなら考えても


私の問いに妻は性格間見せま

でも会社で重宝がられるの。

言っちゃなんど、その辺の無よりは仕事が出のよ。

かにこの所遅くなが多けれど子供達にゃん絡してあるわ。

貴方だってが会社で必要ていのを喜んでくれてもいいじない


そうう妻、般若の想さるものなの

なると何をけ論になしま気まずい思いをすでしょう。

までに何度となく経てきた妻の嫌な一です。


「・・約束約束なるく早帰って来いよ


「貴に言わなくても分かってるわよ!」


が強にもがありま。いつこの通り自分の意見を曲げ

けない話し、私はんな妻と議論するのが嫌で大半の事は避けていました。

何処の夫婦もんなだろ自分に言聞かせて来てはいましたが、こらの長い夫生活を考えとスレスとなした

私もけっして温厚な方でなく、どえば我侭なだと自覚してい

の結婚はたかない

こんな時片隅占める正な気持ちです度そんな事考えたうか?

達にはし訳なが、自分達考え方の違いも語り合、このまま時ば、必然的に会話のない、冷たい関係になっしまではないうか?

いやんな沿夫婦なのかもし

それが供達て本当の幸なのだろうか

しかし、私の疑念は少しだけ晴れたようがします。

幾らなんで妻が不倫に走っならな言い方出来ないだ

甘い甘いでね。そう思い

も、その時は、それならそれでい

その時は私は決まっている。

なの

私は この結婚をと、もう心の中を出たのです

私には少し抜けているとこがあも、し優しい女性が合っていのだと思ます。



私はある断をしていました

子供達が高校を卒業したら、尿婚もめたこれからの話し合を持とと。

のそんなえを見透かすように次の日、私が帰宅するとは既家にて、珍しく頭を下てきます。


、昨日はあんな言い簿て御免さい。

とは思っての。でも、私は素直にのよ。分かっているんだけ出来なの。

に嫌な思いをるとうわ。本当にご

で、昨の事なんだけどく残業はしないようにする。

今日、に御解してくれたの。

でも、水曜日だは残てくれて。、週1日だけは許して


んな妻態度面食った私はまたしても妻のペ乗せられてしまいます


に1日くらならょうな。後の俺にはまだしも供達の事ちゃんとやってく


「分かていまちょうだい。貴方事に打ち込でね綿


に1度業でなる。許可した私

しも妻は、私が疑念を抱く様な事をいるのなら、それを了したの同然でしょう。間けな


しかし、水曜日の残指定され、証を掴むのも容易になっが事実です。

あ、が来そうう。、ま頭をもたげますが面倒臭いのです。


離婚う言葉が頭に浮かんだ時から、な感じで後回しにしてしまいます。

な私あの、どんな感情を抱いてるのでしょう。

と、面白みのない情けない、ものぐさな男映っている事でょう。

でも、初めこんな男だっではありません私もう事はっていたので

かし、その結末が私の望んでいる、気持れてしまでし

こんなとろをが見たら、きうだつの上がらな駄目亭主に映るのなと思いま

達にも、もっ男らしく遣合えば言われるほどすも

疲れ本当そん疲れ



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:修羅場・人間関係, 浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様