2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

逆転




人生にとってが、全てないし、失敗も終わはないと近頃は思うの

きていればな体るものが、それらに真剣に向き合事で初め、経験が自分のとして人間の厚みなるではないょうか

処にでもりそ下らない話ですっぺらにきてきたは貴重な勉まし



こそこのを卒業国区でありま様、元では名の通った企業に無就職し

俗に人の言殿苦労らずの道を寿いたのだ思います。

りには挫折も味わっつもりですが、人わせると、そんのは世間知らずの甘ちんだ殿やかされしまいます。

みは10年でも我慢出来ると言ますが、私もそんな感覚で自分のは大した人の悩みは小さか感じれない物な覚し


な私25歳でに入した今の妻と結婚したのです。

時の妻、野性的な美人あり西も、個性的な囲気が そ風貌をよいイパクトに、男社員から かなり人気がある存在でした

業柄、性社い職場で、人綿の出るのも珍し象でしたが、私で まぁまぁの容姿で遊び人でしたから、手ながいるなと思くらしか思わずれほど気けるでもなく過いまし

は、数の男からートの申し込を受ていたよすがを付きう程で誰とも真剣に発展せず、身堅い女でいました

振りた男達が高ビーな悔しってているのを耳にした何度とくあります

その今の私の変わった幸?に結び付くのですが便稿

しかし、ここに至るまでにこれまでの貿ってしう経験をてしまうのです

--------------------

妻とはあるプジェクトじチなり、残業続、帰りが、一緒にに行く機会が増えた互いに親にな行きましたが、私とってフレンド人にぎません。

ましてや同僚達が言うに身持ちの堅い女、それ以上の深入恥を掻くと思い、ある程を取るのが賢ろうと思っていたのす。私はプライドけはいものですから。


なある日しく酔った彼女の口から言葉耳にます。

「私は貴方と興味が有るすけど先輩はどうですか?

「え僕に

・・・そうです。何か不ぽっくて、も仕事している時剣で、アバランスな所に魅ても感じます。男はいぱいいたけど、先輩たいく年の人にしか、いなったわ」

りげなく言っのけのです

まさかから そんな事言われるは思ってもかったで、使かなり驚たのした

若かった私の知らずで、かない便上司食って掛かるのも日常茶飯事、その代わ仕事は真摯でした。

時、んな若ので、女社員に支持されたのだと思

この時妻も異質な気が気に入ったのかも知 ません。

気の強そうな顔をしているだて、こんな時は積極的なのでしょうね

も私はそれは光栄だな」等と格好付け鼻の下は伸てい事でしう。

男ですかそんな言われてくない分けはありませが、れを機に交際したいと思わなかったのはなり交際相手かったからだと思いま

意識しいた訳ではなかたのですが、んな度がクールに映ったのかも西

心を掻き立てる算はしいません





からうもの、彼女からお掛りが、それまでのガールフレンスフレンド)ずつ疎にならざるおえま

そんな押し、付きいが始ると同やっかみ婿たですが、れは私ライドをくすぐるのでしかありませ

しかし、彼女への風たりもそれで、庇うのにたのを思い出します。

そんな事もあっ結婚を機に退職させまし。と言うより、夫での勤務は認められず古い慣が場であたの大きな理由でしたが。


早い結婚ではありしたが年齢の他社に務める者りも少し給料良く、贅沢しなければ食べて行けるだろうと思です。

それでも厳しい生活ったなぁあの


何年も経たないに2人の娘にもまれ、そせでしたが、予想以気なの性格にき幾度と無離婚になうな喧嘩もしたもです

せ予想ていのでが、こな凄いの経験ありせん。何とも現のようがないのす。

は、私がずだ言われれ二の句も出ないのですが、とにかく参ったのは、どんなに私が論を言おう分の考え曲げい事です

っては妻からのアプロなく、私熱烈言い寄っが結婚だと当のよに言ってはばからないのです。

万事この調子すから、想像して頂れば理解ょうか。的にそんものですかね

理論に話して解しい態度は、宇宙人とらしているのか思ったもので


な妻とのすが、それなりも感じていた、遊び人の面影活をていたのです。

結婚事態がないの、こんなものだろうと思込んでいたものでした。

の強稿が私には苦痛に思え時も多々あります、幸そうな顔している他の夫婦も裏側まは分かりません。

性格的には合わいかもしれないに出して自綿慢の姿を持ってうはいない。

私は人生経験が浅かったのでしょね。そんで自を誤魔化していました。


し、妻はそんな生活だでは、満足していなかったようです。

--------------------

ある日、妻が専業主婦に飽き足らななっのでし

「貴方。事を始めてもいいかしら?千秋が勤めてる会社で人を募の。貴方がかったら社長さんにしてくれ


千秋とは妻と同期入っきた社員やっぱり結婚を機に退た女ですが、そ後、離婚し1人育て貿る妻続く友人です

事かぁに困っいる訳じゃないんだ。生活に歪がようなら認められないぞ」


「大よ。業はない。5時に終るからどんなに遅くても6時には帰れるわ。

それから食の用意をし充分に貴方には迷惑けな思うの

供達からくなったしでしょう?

このま、糠みそ臭くなくなの。御願い。いでしょ


その頃、だ娘達2人とも高校生です

短い間の事ならしもら5迄のフタイなら影響はないか?

女は家の中の仕をしていればいいは言わないまでも、古臭い考え方がいと定は出来せん。


「子供達のどうする


「あの子達に、もう許可をてるの。かえって私が四六中居方がいいみ。勿論、誰にも不自はさないからいいょう


それ迄、習い事のサークたり、娘の学校の役をした積極社会に関わって来てはたのですが志向強い彼女に物足りない生活だったのかもれませ

供達は高校生ではありが、過度の干渉はしないが、全は自己責任と育が行きり、起こ事もありせんでしたし、親にも好きにしたら言う態度でした。

んな子供達に育てたのですから、今迄よくやっくれてい

を思と、私迄通家庭を守っていて欲しかった、妻の望に反対する事が出来ませんでした。

勤め始めたは、き生きとし、私が反対た事を申し訳なく思いた。

束通り、帰ると食事のも出来て、何もりな生活る日々尿した。

それから年程微妙変化が訪れます。

--------------------

てから暫らくは、私より早く帰綿、夕食の用意もちんとしても、私が煩程していたの1年位から、あり話したがりなくなりました

私が妻職場のを振っても、昧に はぐすのです


それど、帰宅時間も遅くなる事がのです。

早く帰れる方ではあせんが、それよも遅い事がしばしばす然、夕食の用意もしあり

供達満をのも無理ないでしょう

遅い帰宅時の妻は私と目を合わせる事をけるようにま浴室に向湿います。

か変だな有る

然、疑念が起ります。


時、堪た私は妻にい掛けました

めの約束と違うんじゃないのな?

事をれば遅くなるもあだろう。

しかし、う頻では。子達が文句を言うのだと思う。

事に差えるようら考えらわいと


私の問いに、妻格を垣間す。

私はこれでもで重がら

言っちゃなんだど、そ能な男りは仕事が出来るのよ

確かこの遅くなる事が多いけれど、子供達はちゃんと連絡し



方だって妻会社で必要とれていのを喜んくれてもいいいの」


そう言う妻の顔は、般若の面連想させるものなのす。

うなるとを言っても論になっまい、気まずい思いをするだ便けでしょう。

これでに何度となく経の嫌な一面で


「・・約束は約束だなるべく早く帰っ来いよ」


貴方にわれくてってわよ!」


が強いのにもす。いもこの通り自分の意見を曲げませ

情けない、私はそんな妻と議論する婿で大半の事は避けいました。

何処の夫婦んなものうと自分に言い聞かせて来てはいましたが、の長い婦生考えるストレなっていま

もけっして厚な方でなく、どちら我侭なだっ子だとしてます姿

結婚は失敗だったかもない

こんな時、心の片隅を占め正直な気持ち何度そんな事を考えたろう

子供には申し訳ないが、自分達の考え方いも合えないで、このま時が経てば、必然的に会話のない、冷たい関なってしまうのではないだうか?

、もな夫かもしれまん。

が子供達にとって本当の幸せのだうか?

かし、綿の疑使少しだけ晴れたような気がます

らなも、妻倫にってたなら、あんな言は出来ないだろう

甘いですか甘いですよね。私もます。

も、その時は、それならそれ

その時はっている

そうなのです。

私はの結婚を失敗だともう心中では西していたす。

には抜けているところがあっても、もう少し合っているだと思っています。



私はある決断をしていました。

供達が高校を卒業した、離婚も含めたこれからの話しいを持とうと。

私のんな便えを見透かすように、次の日は、私がると妻は既に家に居て、珍しく頭下げきます。


貴方、昨日はあんな言方して免ない。

悪いと思っいるの。でも、私は素直に認めらのよ綿分かっているんだけどの。

貴方に嫌ないをうわ。本当にごめんね。

で、昨日事なんだけどべく残業はしないようにる。

今日、部長に御願いら了解してくれたの。

も、水曜残業してくれって。週に1日だけは許して


そんな妻の態度に面食らった私は、またしても妻のペースにせられてしいます


1日らいならしうがないな。後にはま供達事はゃんとやってくれ


「分かっていませてちょうだい。貴方はち込んでね」


に1度残なる。それを使た私

も妻は、私が念を抱く様なしてるのなら、それを了解したも同然でしょう。話です


かし残業と定されたのなら、証掴む易になったのが事

あ、機会が来たらそうしようが、頭をもたすが面倒臭いのです


と言う言葉が頭浮かんだ時から何事にもこんな感じで後回ししてしいま

んな私に、あは、どんな感情を抱いているのでしょう。

きっと、白みないけないぐさってる事でょう

でも初めらこん男だっではありません。も言う事ていたのです

しかし、の結が私でいるものとは違、気持ちが疲れてまったのでょう。

んなとろを他人が、きっとうだつの上が駄目亭主にるのだろういます。

子供達にも、っと男らしく遣り合えばいいのにと言るほどでもの

でも疲。本当にそんなに疲れた。

何時か、そんな時が来たも男だきちんとし前は付けると思っても、中々そんなは訪ませんでした

や、んな時もき逃げのだえ思ったものです。

--------------------

の残業の水曜日がやってました。

り、宅は私より遅いようす。

食事は娘達が意してくれるで困りはしん。

帰宅後の妻の様子を細かく観察してやろと思

10時をとう回って妻帰宅しました。

はり、私に線を合わさ室へと向います。


「食すんだのか?し話しでもしないか帰るそうそう風呂でもないだろ



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:修羅場・人間関係, 浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様