2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

逆転




て一時の功が、全てではないし、失敗もりではな頃は思うので

きていれば、色な体験るもすが、それら剣に向き合事で、めて験が自分のものと便の厚みにるのではないでうか

何処調でもありそうな、下らないすが薄っらに生きてきた私には重な勉なりまた。



、そこそこの大学をし、全国区ではありませんが、、地では名の企業に無事しま

に人の言う、苦労知らず寿を歩んでいのだと思いす。

自分なりには挫折も味わたつもりすが、わせのは世間らずの甘ちゃだとやかさてしまいます

 の痛みは0年で慢出来るすが、私もそんな感覚自分の悩み大した物、人の便みは小さな物じられい俗なのだと覚してます


そんな私が25歳で3年後に入社した今の妻と職結婚したのです

当時の妻は、野性的美人でありながらも、個性的雰囲が その風貌より強ンパクし、社員り人気がある存在でし

職業柄、社員の多い、これ程、人気のも珍しい現象でたが、私は、私でぁま姿で遊び人でしたから、派手なのいるなと思くらいにしか思わず、それど気に掛でもなく過ごしていまし

彼女数の性社員かートの申し込を受けいたようです食事を付き合程度で誰とも真剣な交際に発展せず持ちの堅いで通ってました。

され達が高な女だと殿悔し紛れに回っているのをしたも何度となくあります。

そのが、今の私の変わた幸せ?に結び付くのが・・・・貿

しかし、ここでに、れまでの生観が変わってしう経験をまうのです

--------------------

妻とはあるプロジェトで同ムとなり、続き帰りが遅く、一緒に事や飲みに行く機会が増えた事で密になて行ましが、私にとってガーフレンドの一人にか過ん。

してや、同僚うよう身持ちなられ以上の深入は私恥を掻くだけとある程度離を取るのが賢明だろうたのです私はプイドだけ高いものですら。


ある日、珍しく酔った彼女から意外言葉を耳にしす。

私は貴にちょと興味が有るすけどうですか?

っ?僕に?」

「・・そうです。何不良ぽ、でも仕事をしる時は真剣バランな所に魅力とっても感じす。いいいっいいたけみたいな人は凄く年上のにしか、った

さりげなく言ってのけるです。

か彼女かんなを言われるとは思っみなかたので、かなり驚いたのした

かっ私は怖いもの知らず、納得行かない事であれば上にも食掛かるも日常事、そのわり仕事には真摯でし

、そんな若者少なかったので、女子社員に支持れたのだと思 ます。

この時の妻も異質な雰囲気が気にったのも知ませ

の強そうな顔をしているだけあ、こんな時は極的でしょ

でも私男です。「そ光栄だな」等と付けてましたが、鼻下は伸びていた事でしょう。

ですかそんなことを言われしくない分けはあません、こを機いとも思わかったは、そりに交際相多かったからだと思います。

識しいた訳ではなです便度がのかもしれませ

れが女心立てると計はしていませんでしたが。





それからと言うもの、彼女かお声掛頻繁で、それまでのガレン(セックスフレンドとはずつ遠にならざるせん

そんな女の押しにけ、付き合いがると同達のやっかみも多かったすが、れは私のライドくすぐるものでしかりません

かし、彼女へ風当たりもれな庇うのに苦労したのを思い出します

んな事もあって、結婚を機会に退職さましたは、夫婦での務は認めら古いがある職であったのが大な理由でが。


し早い結婚ましたが、同じ他会社務めるりも少し給料も良く、贅沢をしなけれべて行けるだろうと思い断したです。

でも厳しいだったな、あの頃は。


年も経たないうちに2の娘にも恵まりに幸せでしたが、予想以上に勝気な妻の性格に手をき幾と無婚になり尿な喧嘩ももの

せ予してたのです、こんな凄いは経験があ稿ん。何とも表現のしようがないので殿

それは、私が世間ずだかと言れれば二簿出なのでかく参ったのは、どんなに私論を言おと自分の考えを絶対に曲げ

っては妻からのアプローチではなく、私熱烈に言婚の理由だ使り前のように言っはばからです。

一事事この調子ですから、想像して頂ければ解い頂ないでしょう。一にそなもすかね

論的に話しも理解しようとしない態度は、便と暮らしていると思ったも


んな妻とのが、れなり幸せも感じて私は、遊び影もなく平凡なを送ていたのです。

せ、結婚事態経で、こんなものだろと思んでいたものでした。

妻の強気性格が私に苦痛に思えるりますが、うな顔をしている他の夫婦も裏側までりまん。

性格的には合わないかもしれいが、人に出して自来る容姿をいる妻は そはいない。

は人生経かったのでしうねそんな事で分を誤魔化ていた。


かし、妻んな生けでは、足していなかったようです

--------------------

る日、妻が足らなくなっした

貴方。を始めかしら?千秋が勤湿てる会で人を募集して。貴良かった長さんに推薦してくれるって


千秋とは妻と同期で入ってきた社、や婚を寿に退したです、その後離婚し供をてているも続く友人です。

仕事かぁ?生活に困ている訳んだ。活に歪が出来ようら認められないぞ」


「大。残業に終るから、どんなに遅くても6時は帰れるわ。

それから夕食の用意をし、充分には迷けないと思退

ねぇ、子供手が掛かったしいいでょう

のまま、糠みそ臭くなくないの願い。いいう?


の頃、まが2とも生です。

い時間の仕事ならまだしも、9時から5湿のフルタイムなら影はないのか

は家中の仕事貿ればいいとは言わないまでも、古臭い考え方がないと否定は出来ません


「子供どう?」


許可るのって私が四六時中居方がいみたいよ。勿論、誰不自由はさせいわ。だからいいしょう?」


れ迄、習いサークルに調参加、娘のの役員をした積極的にに関わって来てはいですが、上昇志強い女にりない生活だっません。

確かに供達は高校生でありますが、過度の干渉はしいが、は自己言う行き問題を起す事もありまんで親にも好きしたらと言う態度でした。

こん子供に育てたのですから、迄よやってくれたのしょ

それを思うと庭を守しかっのですが、望みに反対する事が来ませんでした。

勤めめたは、き生きと婿、私が内心反対した事を申しなく思ました。

通り、帰ると食の用意も出来いて今迄とも変わりない活を送る々でし

それから1年程経って、微妙な変化が訪婿れます。

--------------------

てかくは、より早く帰り、の用もちゃして、職場での話も、煩いと思程したの、1年位経った辺りから、まりしたがりなくなりまし

の職の話を振っも、曖昧に はぐらかすのす。


それどろか、帰間も遅くる事が増えてたの

早く帰れ方ではありませんが、そ遅い事しばしばす。当然、夕食の用意もしてありまん。

達が不満を漏らすのも無理ないでしう。

宅時、私とを合せる事避けるようまず浴室向か

何か変だな。何かるか

西念が湧き起


、堪りかねた私はに問掛けました

「初めの約束と違うんゃなのかな

仕事をしていれば遅くなる事あるだろう。

かし、こう頻繁では。子供達がのも当り前だと思う。

事に支えるようなら考えてらわと」


の問に、妻は勝気な性格を間見せす。

「私は社で宝がれてるの

ゃなんど、その辺の能な男よりは仕事が出のよ

確かにこの所遅くな事が多けれ供達ちゃんと連絡してあるわ



貴方って妻が社で必要とさていのを喜れていいじゃいの」


そう言顔は若の想させるのなのです

こうると何をっても掛け論い、気まずい思をすけでしう。

これまでに何度なくてきた妻のな一面で


「・・・約束約束だ。なべく早く帰って来


貴方に言わなくても分かって


強いのにも程がありす。つもこの通り自意見を曲せん

情けい話し、私はんなと議するのが嫌で大半の事はけていまし

何処の夫婦もこんだろうと自言い聞かて来てはいましたが、これからの長い夫婦生活を考えるストレスとなってした

私もけって温な方でなくらかと言えば我侭なだだっ子だと自覚します

この結婚は失敗だったしれい』

こんな殿心の片隅をる正気持す。度そんな事を考えろうか

には申し訳ないが、自分達の考えの違も語りないで、このまま時が経ば、必然のない、冷た関係になってしまのではないだか?

、もうそんな夫婦かもません。

それとって本せな

かし、私の疑念はしだけ晴れたうな気がしま

幾らんでも妻が不倫たなら、あん言い方ないだろう。

甘いですか?甘いですよね。私もそう思いす。

も、の時は、そでい

その時は腹は決まっている。

うなです。

は この結失敗、も心の中結論を出ていので

にはし抜けているとろがあっても、もう少合っているのと思ってい



はあ断をしていまた。

子供達高校を卒業しら、離婚も含めこれからの話いを持とうと。

私のんな考え見透か次の日は、私が帰宅ると妻は既に家にて、珍を下げてきま


方、昨あんな言い方し免なさ

は思ってい。で、私直に認められいのよ。分かっているんだけ来ないの

方に嫌いをさ思うわ。本当にごめんね。

れで、昨日のなんだけどなるべく残業はしいよする。

、部長に御願いしたら了解してれたの。

でも、水曜日だけは残業くれっに1日だけは許て」


そんな態度に食らっは、またも妻のに乗てしまいます


週に1日くらいならしょうがないな。俺にはまだ達のちゃんとやってよ」


ています。任ちょうだは仕事に打ち込ん


に1度業で遅くなる。それを許た私。

もしも妻は、が疑を抱く様な事をしているら、したのも同然でしょう。間抜な話です。


しかし、と指定さのなら、証拠を掴むのも容易にたのが事実です。

まあ、機が来たらそう。疑念が、また頭が面倒臭いのです。


離婚と言う言葉頭に浮か時か、何事もこんなじで後してす。

こんな私にあの情を抱いてい宿ょう。

と、面みのけない、ものさな男と映っているしょ

も、めからな男訳ではありません。事は言っていたのです。

かし、その結末が私の望んでいるとは違い、気持ちが疲れてしまったしょう。

こんなころを他人が見た、きっとつの上がらない亭主に映るのだうなと思います

達にもっとらしく遣り合えばいいにと言わほどですもの。

た。そんな事に疲れた

、そんな時が来たら俺もだ。きちん落し前は付けいても中々そ時は訪れませでした。

いやそんな時きっと逃げまうだろうとさえので

--------------------

残業水曜やって来ました。

り、帰宅はよりも遅よう

は娘達が意してくれるで困りはしませ

私は帰宅後妻の子を細察してろうと思っいます

10時をうに妻は帰宅しました。

やはり、にはを合さず浴へと向いま


「食事はすんだの少しでもしか?帰るそうそう風呂でもないだろう」



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:修羅場・人間関係, 浮気・不倫, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様