2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

2番目の男の思わぬ逆襲

 



2年ど前の話、30歳になっオサーンの告白をてく

自分自身のの為に投下する

の変怒んいでね。末納かなくて怒らないでね。


俺(R)彼女T)と会い学時のことでした。

2年の時に知り合い気投殿合し話せるよき友人からする恋人るまど時かか

後お互い地元の会に就職し しばらく親元にいたがお互い将結婚を考ていたので俺はて一人暮らしをはじめ彼女と状態した

互いを大事に出来る関係でいよう」

お互いそう言いながに向け努力する々は非常に実したものでした。



彼女仕事(営に慣れきたこ女は失を犯してしました。

配で色々アドバイスをしまし、違う会るため なか気の利いたアドも出ず 苦しむ彼女の為に慰あげるか出来なかった。

彼女失敗はどたいしたものでなかたのですが そ挽回を一生命してい彼女を見て俺女との結婚をに考えていまし

のフローのげもあって彼女のトラブルは事解決 彼女は上司憧れを抱いていたよでし

Sさ)は仕事も出来的にも素い 会社辞めったけどんが引き止めてくれたから 残にした

稿女から具体的にSの聞いは、このきが初めてでした。



彼女と2年としてる時

互いの親のプレッシャーもり、俺からプローズし具体的に結けて準備沿ました。

時折 彼女はSさんの振りを、「Sさんなければった」とうよになって俺は なとなく快感じならもそんなこくじらてるような人間だとに思わで「そうだね意しな聞いていました


ろ俺新規プロジェクト要員て抜擢され 忙しいながらも充した日を送り、本格的に彼女と同棲し始めた。

も超過味の状でしたが、彼女との結婚金のこともあ「取り合えず1年程頑張れば余裕が出来からころ婚し」と女に告げました。

きの女は嬉い様な悲しいな複雑な表情を浮かべ「ないでRスで頑張って励ましくれた。

このき俺は粋に彼女の優しさに少し感動し絶対に成功させて見せる」と息巻いていまし



クトも佳境に入り始めると遠方への出も多くり1ヶの内1週間ほを空3ヶ月ほど続いていた。

私のことは心配しでいっとで」

笑いいつも送り出してくれた彼に少し罪悪感を感じつつ、「もうだかて必ず幸にする」と心の中でく決ていました。



金曜から日までの出張だっ時、社で急なが入り午後から予定取りやめ 午6時頃を取り自宅へと帰ってきしたが、パートの場に見慣れない車が止まってい湿ました

彼女かな?」と思い取り合えず空いているスペーへ車止め 部屋を見上た時 部屋にはがついていて彼女と もう一人がぼんやりテン越しに見えまし

「今日は えらく早い帰りだな」とつつ急い階段を上るとき、な殿く違和を感じました。




んか嫌な調感がしたパーの2階にどりたと和感の理由が分った

車だ、彼女の友人で黒のBMWに乗っ奴なんか聞いたことない、すぐ車に引き車の中を覗てみた 明に男物スーツの上着と、鞄その他の痕跡で男車だとすぐに分かった。

ぐに引き返しで来たとき、新聞受を押し付け中の様子を伺っ

明らかにしばらくち尽くしたまま呆然としてたが 気を取り直しもう一度耳を押付けた。

の開く音と、寝室の扉つけてある鈴の音が聞こた。

臓は ばくばくして、今にも はちきれそうだ

頭の中に「なぜだとい問と、「間違いも」とう気持ちが錯綜してた。



り合えず心を落ちけ そっった

気づかれないか?」と どきどきが気かれることと入れた

忍び足で室の前で来中から聞こえていた、それほど防音性に優れていない扉かれ出声に心が締けられる苦しくなってきが、頭の中は「真相を突き止めなかっ

ゆっくり近っと耳をてた

男の声が聞こ


「婚約者がいのに こなこいのか?だな

と笑いなが言ってい男の

「彼を言うのは よて下さい!に愛しているさんだけ 彼婚すけよ、最近忙てセックスもしていないの 誘われさんに断るから安して」

少し怒り気味で女が言

るなよ, 怪まれるじゃないか お前の心があれれでいいんだ

俺は お前のすべてをせにはしれな

君も幸せにって欲しい,

だか彼とも上手くやってしいだ」


「そんないわないで、分かっているのでも今はだけて欲い・・・」


お互の愛のささが耳に入てくる。

いるのがやっと.

なんとく も掛かって最後に彼えた

「仕事もての力もあなはあな

彼は2番目よ、お願い愛してるいって」


彼女そう言っていのが聞こえ

は気づかれいよていった、

ことをい出し実家に帰り喪服きて通夜

人を偲んでいている人も

俺は然面識がない人の通夜で、一人さざめいていた。


俺は彼女と結婚を取りやめなか

2番目の意地をてやりたかっ

んど家にも帰らず、取り付かれに仕事をした。

女からの電話には常に出てい「心ない」「もう少しだ」と自分でも驚くほど冷静に彼対応して

無事クトは成功し後の頑張認められ 俺は工場 そこそこ要なポストにつくようになっ


の年と無結婚し

婚旅行にも事に打んだ

女は寂しそうにあなたの為だもの、私は我慢するわ。落ら旅ましと明るく振舞ってた。

女は仕事を辞て専になった、

は出来るだ婦生活をするようしていた

でも確実にS続いて

拠は写真ビデオ(妻に内緒で)

の電話の通話記録も取っ置いた

屈辱的な容のものも全部残していた。


復讐なのか執着な沿分からなたけ 何回もそれを見てやるせ持ちなってた。

になった彼女私の仕事には無心だったがに増えている収入に喜んでいてくることも少た。



それら1年ほど 妻とSが切れていたの分からなかったが 表面上は平穏な夫婦を送ていた。

妻かそろそろ子が欲わね」と言わたが まだすべてを吹っ切ていなかった俺は 「もうしばらく待ってくれ」といい続けて

それか しばらくったある日、会社の取引先リストに妻の会社を見つた。


く考ば彼女なんだか西造業のうちと引がってもおかしくない、購担当にを聞てみ割りと近の話た。

「Sとう人るか?」聞いみると担当課長だとことらしい。


妻に一度Sさんを紹介ししいとお願い使してみた。

妻は少し動揺し, も絡も取っていないら いきなり変だからと言っが,

別に仕事の話込みなんだから おかしないろ、相手も担長なんだし,

俺も直接関わっていないど何かと援護は出来、昔お前が世話になっただから一度合わせするぐらいで何も変なはない

と半ば強引に連絡取るよう言いました。

ぶ「一度聞てみる」とだけ言た。




当時Sは30代前半、俺と妻は27歳でし



いた、分にも自信が出来てたから。今も Sには負けいと。

から絡で「さん一度お会いしたいそうよ」と電話越妻の気は分かかったけど、俺はにし

「じ、夜食でもしがらしよう」

う俺に「わかったい返事。


その時で仕事を上り、に帰っ拠となる類を妻とくのレストランへ向った


復讐と意地」

このき俺を支えていたのはこれだと思

ストランにには段々冷静なっていて 妻を横目で見ながら

分を思ってない人間だなとか, 後悔しいるんだかとか、今妻う思っいるだろうかとか, 俺たいんだろうか、妻を愛しているのだろうかか色を巡った。



ストランに着きを見初めて激しい妬に襲わた。

机のこぶしをりながら必死抑え, もうすぐ、もうす終わたい心の中で唱ていた。


事が終わり妻が昔の話をしているのを聞いていが, なんとなくよそよそし、それが関が終ったこと意味しているのか, 俺がいるからなのか そのときは分からかっ



「昔 妻が仕事で失敗したときけてたそうでありがうございます」退


心の中で反撃の狼煙が上がった

分顔紅潮ていたと


え、としては当たりのことですからお気になさらず」という


「いええこちらこそ、その後もともどもお話になっていたようで, わざわざ人の家に上がりこんでまでしていただいいたよですが, 今もなさってるんですか?

冷静に放った。


妻とSは間抜けな顔で口をパクパクさ段々色が変わってきた。

それじゃ我が家へ場を移しましょうか

はや後には引い。

分自身を励一人でと向かいにはSと緒に来いと伝た。


に家につい拠を確認しならタバコを吸った。

20分ほどしてから妻だが家に入ってきた。

何か言いたが先,

「あいこに呼べ、呼なければ刻離

話をいて」

「無理」

お願・・

無理、離婚しかないか・何の証く言てると思ったら大間違いだぞ

・・・・・」


妻はがら俺に訴えが俺は一切聞かなかた。

しばらくして妻は ととうSに話を

お願いすぐへ来て・・・

押し答があたようだが,

なた無ないのよ・私だ後半の会話は聞なかったが, Sは観念して家へ来ることになった。妻ひたすら泣いたごめんなさい


Sが家は妻も少し落ち着いていた、,

「長2番目の位置に居座らしいただきました退、そろそろご惑かと思ますので退場さただきと思います。」

くまで冷静綿そう言っ

もSも俺の冷たい態度に開きが出来るではないこ悟ってい

2番目なんかゃなにとは、一番大人なの・・お願い話を聞いて」

妻に続きSが

「確かに過去に、そういう係がありした, Tんが結てからは、会っていません。

たにとは許せと思い, どうんを許しあげてくだあなたが忙しく寂ったのだと思います。

から誘われき、も強く拒めばよかった。なたは申訳なことをした。」


くま妻に任を擦り付けるように言Sに心底嫌悪感をじて

それをいた妻が目をた信じれないいった目つ見ていた。

な・んが誘っのに・・・」

った、俺はそれを聞きなが,

んなこたどうでもいい、同意の関係だろうが」と2人言った。しばらくの沈黙の後,

「どか会社と家族にだけは言わいでくださ、おす」

Sがいきな下座し

妻は信じないのを見るようにSをいた


緊迫した俺は始めて知った日のことを貿話し



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐・倍返し  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話, これはひどい,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様