2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

2番目の男の思わぬ逆襲




2年前の30歳になったオサーンの告白を聞いてくれ

分自身の整理の為に投下す

文章の変で怒んなでね納得いかなくて怒らなでね


(R)と彼)と出会は大学のこ

大学2年時に知り気投合しなんでもせるよき友人か愛する人にるま それほど時間はかかなかった。

大学互い地元の会社に就職し しばらく親元にいましたが、湿お互い将来結を考えていたのでは家て一人暮らしじめ彼とは半棲状態でした

「おを大事に出来る関係でい

お互いそういながら、結婚に向けて努力する日々は非常に充実たもでした。



事(営業)に慣れてきたこ姿失敗を犯してしまいました。

俺も心で色々アしましたが、違う会社であ なかなの利いたアドバスもの為慰めてあげるか出来なかった

女の失 それほどしたものかったのですが そ生懸彼女を見て俺は改めて彼女との結剣に考えていた。

フォーのおかて彼ルは無し 彼女は上司事振りに憧れを抱いていたようした

「S上司は仕事も出来て、間的にも素晴らしい 会社辞めようかとけど、Sが引くれたから 残ることにした

彼女ら具にSのこを聞いたのは、このときがめてでし



2年過ぎようとしいる時

お互両親プレッシャーもあり、俺かポーズし具へ向け始まりました

折 彼女はの仕事振りを、「いなば自分った」と言うなっ殿となく不感を感じながらも、そんなこで目じら立てような人と彼女に思われの嫌な「そうだね」と同意しなを聞いていま


そのころ俺も会社の新規プジェクト要員として抜擢され 忙しいながらも充した日々り、格的に彼女始め

残業過気味態でたが、彼女結婚資金ともり「取り合ず1年頑張れば余裕が出るから、そころ婚しよう」と彼に告げました。

のとい様な悲しいような複雑な情を浮かべ「無理しくんのスで頑張っ」と励ましてれた。

このとき俺は純粋に彼女の感動「絶に成功さて見る」巻いてした。



プロジェトも佳境始めると遠方への出張り1ヶ月の内1週間ほど家を空ける日々が3ヶ月ほど続いていた。

ことはしないいっとで」

らいつも出しれた女に少し感じつつ「もう少から待っ必ず幸する」と心の中固く決た。



金曜ら日曜までの出張予定った時、会社で急な訃報り午後かの予定だった出張取りやめ後6時喪服をりにへとました、アパートの車場れない車が止ってました

女の友な?」と思い取りず空いるスペースへ車 部屋見上げ時 部屋には電気ついてい女と も人のぼんやりカーテン越しに

「今日らくい帰りな」思いを上っているとき和感感じした




んか嫌したパー2階にたど着いたとき 違和感の理由が分かっ

だ、彼友人黒のWにってる奴んか聞ことい、すぐに引き返してみた 明らかに男物上着と、鞄そ他のだとすぐにかった。

すぐに引き返し玄関まで来たとき、聞受けに耳を押付け中を伺た。

明らかに男の声がする、しばらく尽くしたま呆然としてた 気を取り直しもう一度耳を押けた。

扉の開く音と室のてあるの音がこえ

は ばくばくて、今にも はち

中に「なだ」という問と、「いかもとい気持てい



合えず心を落ちけ そと入った

「気づか?」と どきどかれることもなく家へと入れた

び足で室の前来るとら声がこえ、それほ防音ていない扉から漏れ出す声に、心締め付けるように苦しくってきたが、頭の中には真相を突き止めるこしかなかた。

くり近づそっ

の声が聞こえる


約者がのに こいのか?奴だな」

ながら言っいる

彼のことを言うのは よして下さい!はSさんだけ 彼と宿婚すよ、最近忙しくてセックスもしていないも 誘われてさん断るから安心して

怒り気味で彼女が言った

「断るなよ, 怪しまれゃな、俺は お前のあれば それ

俺は お前のすべてを幸せにはやれない

幸せになっしい,

ら彼とも上くやって欲しいんだ」


そん事いわな、分かっいるのでも今は私けを愛し殿欲し・・


お互愛のささやきが耳に入てくる。

っているのがやっとだった.

んとなく もたれ掛姿って最後に彼女声が聞こえた

「仕事も男とての魅力あなの方が、愛しるのはあな

彼は2番目よ、願い愛してるといって」


が切なそう言っていのが聞こえた

は気ようにていった、

ふと喪服思い出し実家に帰り婿喪服きて通夜

故人を偲ん泣いる人もいた

然面ない人の通夜で、一人さめざめ泣いていた


彼女との婚を取りやなかった、

2番目の意地見せやりたかっ

ほとんど帰らず、取りかれたように仕貿

彼女の電話には常に出て「心配ない」「もう少しだ」でも驚くほ冷静に彼女対応いた

プロジェクトは成尿功し 最後頑張りが認 俺は新工そこ要なポトにつくようなった


彼女と無事した

婚旅行にも行ず仕事に打ち込ん

彼女は寂しうに「あな為だ、私は我慢するわ。落ち着いら旅行ししょうね」と明るく振舞っていた。

簿仕事を辞めて専業主婦にな

俺は出来るだけ夫生活をするようにし

も確実いていた

証拠は写、防犯ビデオ(に内緒で

俺名義の電話の通話記録取って置いた。

屈辱な内容のもも全部残してい


復讐なの着なか分からなかっけど 何回もれを見せない気持ちになっいた。

った彼女は私の仕事には無関心だたが確実増え収入については素直に喜でいてが家へくるも少くなった



ら1年ほ 妻とSが切れていたか分かかった 表面は平婦生活を送っていた。

妻からは「そそろ供が欲しいわね」言われたが まだ吹っ切れていなかっ俺は 「もらく待ってれ」といい続けいた。

ばらったる日、会取引先リストに社を見つ


よく考えれば彼女の社は商社から製うちと取引があてもおかしい、担当に話を聞と割りと最近のようだった。

う人っているか?」と聞いてると担当課長だうことらしい


妻にんを寿介して欲しお願いし

動揺し, も取っていないか いきなりだからと言ったが,

「別に話も込みんだから おかくないだろ、も担課長なんだし,

俺も直接関ってはいないと援護は来る昔お前が世話なったんから度顔合せするらいで変なとはない」

ば強引連絡を取るうにました。

はしぶしぶ「度聞いる」だけ言ってい



当時30代前半、と妻27歳した。



俺は決心していた、にも自信が出来ら。今っても Sには負けないと。

らの連絡で「Sんも一度お会いしたいそうよ越しで妻のまでは分退けど俺は少決心を新

「じゃさ、ながら話をよう」

ういわかった」と姿短い返


俺はで仕事を家に帰って証となる書類を確妻と一緒にSと会いのレスランへ向かった


復讐と意地

のとき俺をえていたはこれだけだ思う。

トランに着くには段々冷静になっていて 妻を横目で見な

分を大事思ってくれる人を大事に出来ない人間なだなか, 後悔してるんだろとか、今妻はどう思っているん, 俺どうしいんろうか妻をしてるのだろうかとか色々頭を巡った



トランにき実際Sを見て、激しい嫉妬に襲われた。

机の下で握りこぶを作りなが必死に怒抑え, もうすぐ、もうすぐ終わると念仏みいに心の中唱えていた


が終わり妻の話しているのを聞いていたが, なくよそよしく、それが関係が終わったことを意味しているのか, 俺がいからなのときは分からなかった



妻が仕失敗したとき助がとうございます


心の中で反撃の宿がった、

多分紅潮ていたと思


、上司と尿は当たり前とですからいうS


いええこちらこそ、そ公私とお世話になてい, わざわざ人の家に上がりんでで妻に指導してただいていたようですが, 今でなさってるですか

くまで冷静に言い放った


妻とSな顔で口をパパクて、々顔色変わってた。

「それじ我がを移ょうか」

もはにはない。

自分自身を励まし一人で家向か退い、妻には緒に来と伝えた。


について証拠を確認しながコを吸っていた

20分ほどしてから妻だけが家にってきた。

か言い先に,

をここに呼べ呼ばなけば即刻離婚だ」

願い聞いて」

無理」

「お・・

「無理だな、離婚かな・・・何の拠もなると思ったら大間違いだぞ」

・・・」


妻は泣きながら俺に訴えた俺は一切聞かなかった。

らくして妻は とう電話をかけ

「お願いぐ家へ来て・・・

押しがあったようが,

あなた無関係じゃない・・私だ・」後半の会話は聞き取れなかたが, Sは観念して家へ来ることにた。妻すら泣た「めんさい」


Sがに着いた頃には妻も少落ち着いていた、俺はSに,

長ら2番目置に居座らしていただきましが、ろご思いすので退場させていたきたい思い

くまでにそ言った。

Sも俺の冷たい稿度にきが出来る状態ではないことを悟ってい

あなたは2番目なんかない私にとっては番大な人なの・・・お願い話をいて

きS殿

「確に過去は、そういう関係がしたが, Tさが結からは、会っていません

にとって許せないと思ます, どうかTさんを許してあげてください。あなが忙寂しかっただといま

彼女れたとき、私も強く拒めばった。あたには申し訳ないことした


くま妻に責任を擦り付るように言Sに心じてい

聞い妻が目に涙をため、信じられなといった目つでSをてい姿た。

「そんな・・・Sさんがたの・・」

妻はか細く言た、それ聞きがら,

んなこどう、同意の関係だろうが」と2人った。しばらくの後,

うか会社族にだけ言わないでくださお願いします」

がいきなり土下座した

は信じれないのを見よう


緊迫気の中俺は始め知っことを話し始め



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話, これはひどい,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様