2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

2番目の男の思わぬ逆襲




2年ほどの話、30歳になっンの白を聞

の整理の為に投下す

の変いでね。納得いかなくて怒らいでね。


俺(女(T)出会時代のた。

学2年の時に知り合い意気投合、なんでせるよきからる恋人になるまで それほ時間はかかっ

大学卒業地元の会社に就職し しばらく親元にいましたが、互い将来えていたので俺は家を一人暮らしをは同棲状態でした

お互いを大事る関係でいよう」

互いそういなが結婚に向て努する日々は非常にたものでした。



女も仕事(営業)に慣れてきたころ、彼女は失敗を犯ししまいました。

俺も心配で色々アドしました違う会社るた なかなかたアバイスも出来ず 苦しむ彼女に慰あげることし来なた。

女の敗は それほたものではなたのですの挽回を一生懸命してる彼女を見て俺改めとの結婚を真剣にした

上司のォロもあって彼女のトラブルは無事決し女は上の仕事振を抱たよでした

Sさん(司)は仕事来て、人間的にも晴らい 会社辞めようかと思った、Sさんがき止れたから 残るこした」

から体的にSのいたのはてでた。



彼女の生活も2年を過ている便

お互いの両親のプレッシャーもり、俺からプロズしに結へ向けて準まりた。

時折Sさんの仕事振り褒め、Sさんがいなけれ自分の今はなかた」と言うようになって なんと不快感を感じながらも、そんなで目立てるよう人間だと彼に思われるの嫌な「そうだね」と同意しながら話を聞いした。


そのろ俺も会社の新規プロジト要して抜擢されいながらも充実した日々を送、本的に女と同棲し始めた。

残業も超味の状態でしたが、彼女結婚資「取り合えず1年程頑張れば裕が出来るか、そころ婚しよう」女に告げした。

そのときの女は嬉な悲しい複雑な表情を浮か「無理しないでくんのペーで頑って」とましてくれた姿

俺は粋にの優に少し感動し「絶対に成せてせる」と息巻いてした



プロジェクト佳境に入りめると遠方への張も多くな1ヶ月の内1週間ほどを空ける日々3ヶほど続いた

私のことはないといで」

ながらいつもしてくれた彼女に少し罪悪感を感じつつ、「もうしだ待ってて必ず幸せにすと心のく決心していた。



曜から日曜まで張予定だった急な訃報が入り午らのだった張をめ 午後6時頃喪服を取りに自宅と帰ってきましが、トの駐車場に見れない車が止ていま

「彼女の」と思り合えず空いていスペースへ車を止めを見上た時 部には電気がいて彼女と もう一の影がぼんやカーテン越見えまた。

は えく早い帰りだな」といつつ急いで階っているき、なんとなを感じまた。




嫌な予感したアパート2階にどり着い 違和感の理由が分かった。

車だ彼女の人で黒のBMWにてる奴んか聞たことない、すぐに車に返し車のてみらかに男物スツの着と、そのの痕車だとすに分かった

すぐに引返し玄関まで来たとき聞受け耳を押し付け中の様子を伺った

明らの声がすしば尽くしまま呆然としてたが 気を取りもう一度を押しけた。

開く音、寝室の扉にけてある鈴の音が聞こえ

心臓は ばくばくし今にもきれうだっ

頭のに「だ」という問と、「違いかも」とい調気持ち錯綜しいた。



り合えず心落ちへとった

「気ないか」と どきど気づかれるこもな家へ

忍び足で寝室まで来ると中から声が聞こていた、それほど防優れていない扉か漏れ出す心が締め付けられように苦しくってきたが頭のは「真相」突き止めることしかなかった。

り近づいてっと耳を当て

男の声がこえ


「婚約者がいるのに こんなことしていのか?悪な」

笑いながら言っている男の声

のことを言うの よしてい!本当に愛ているのはSさんだとは結婚すだけよ、最てセッスもしていなの 誘われてもさんの為に断るから安心て」

少し気味彼女がった

るな, 怪しまれじゃない俺は お前の心があればれでいいだよ

俺は お前のすべ幸せてやれな

君も幸せになって欲し,

から彼とも上手やってしい


「そな事いで、分かいるでも今は私だけを愛して欲しい・・・」


お互の愛のささきが耳に入てく

っているのがやっとだった.

んとなく もたれ掛かって最に彼女の声が聞こえ

「仕事としての力もあなた方が上てるのは

は2番お願いてるとい


彼女がそうに言っこえた

俺はかれないように出った

喪服のことを思い出し実家に帰り喪服をきにでた

故人をで泣いている人もいた

俺は全然面識がないの通で、一人さざめ泣いていた


俺はとの結婚を取りやなかった、

2番の意地を見せてりたった

ど家にも帰らず、取りよう事をした。

女からの電話には常に出ていた「心配ない」「もしだ」と自使も驚くど冷静に女に対

無事ェクトは成功し 最後の頑張が認られ 俺は新工場の そそこ重要なポストにつくなっ


の年 彼女と無事結

新婚行にかず仕事に打ち込ん

うに「あなたの為だもの、私我慢わ。落ちら旅行しましょうね」と明る舞っていた。

彼女は仕を辞めて専業主婦にった

俺は出来るだ夫婦生活をするよにしていた。

でも確実にSとは続いていた。

写真、防犯ビデオ(妻に内緒で

の電話の記録取って置いた。

屈辱的なものも全部残ていた。


讐なのなのか分かったけど回もを見てせない気持ちにた。

妻になった彼女は私の仕事に無関だったに増えている収入につい直に喜んでいて家へくることも少なくなっ



それか1年ほど 妻とSが切れてたのか分からなかったが上は平穏な夫婦生活を送っていた

妻からはそろそろ子供が欲しいわねたが まだすべてを吹っ切ていなかった俺は 「もうしばらく待ってくれ」といい続けていた。

それから しばらく経、会社の取引先ストつけ


彼女のんだから製造のうちとあってもおかしくない、購買担当話を聞いみると割最近の話だった。

「Sといを知っていると聞みると担当課と言うこ


夜妻に度Sさ紹介して欲とお願いしてた。

妻は少し動揺, もう連絡も取いなから いきり変だかたが,

別にの話も込から おくなだろ、相手も担当課長なんだ,

接関わっていないけかと援護る、昔お前が世話になったんだら一度わせするぐらいで何もい」

と半ば連絡を取るに言いました。

妻はぶしぶ「一度みる」とだけていた



当時Sは30代前、俺27歳



俺はていた、自も自信出来ていたか今会っても Sは負けいと。

連絡でSさん一度おたいそうよ越しでは気持では分か殿ったど、俺は心を新たにし

「じゃ食事でもし話をしう」

うい俺にわかった沿とだけ短


は その日時で仕事を上がり、家にて証拠となる書類を確認し妻と一緒にSと会いにくのストランへ向かった


「復讐と

のとき俺を支えていたれだけだう。

レストランにには々冷になっていて 妻を横で見がら

自分をって人を大事に出来ない人間なとか, 後悔しているんだかとか今妻はど思っるんうかとか, 俺はどうしたいんだろうか、妻をいるのだろうかとか色々頭を巡った。



レストランに着き実Sを見て、初めてしいに襲われた。

机の下で握りこしをりながら、必死りを抑え, もうすぐだもうすぐ終わる仏みたいに心の唱えていた


食事が終り妻とSが話をしているのをいていたが, なんなくよそよそく、れが係が終わとをして, 俺貿るからなのか そのときは分からなかった



「昔 妻が仕事で失敗たとき助けいたそうでありとうございます


中で反撃の狼煙が上がった、

多分顔は紅潮しいたう。


、上司とては当り前とですからお気なさらず」というSに


「いえこちらこそ、その後も私とどもお世話にっていたようで, わわざ人家に上こんでまで妻に導していうですが, 今でもなさっるんですか?」

くまい放った。


とSは間抜けなパクせて、段々色がてきた。

「そゃ我が家へ場を移ましょう

もはや後に引けない。

自分自身を励ま一人で家へと向かい、妻には緒にと伝えた


先について証拠を確認しタバコを吸っていた

20分ほどしてか妻だけがってきた。

が何かいかけたが先に,

いつをここに呼ば即刻離婚だ」

「お願い話いて

無理

い・

無理だ、離婚ないか・・何の証拠もなくって思ったら大間違いだぞ」

「・・・


妻は泣きながら俺に訴えたが俺は一切聞かなかった。

らくして妻はとうに電かけた

い今へ来て・・・」

問答ったようだが,

あな関係じゃないのよ・私だっ・・・」後半の会話は聞き取れな, Sは観念して家へ来るとになった。妻ひたすらていた「ごめんなさい」と


が家に着いた頃には西妻も少し落ちいた、俺はS,

「長らく2番目の位置に居らしていただきましたが、そろそろ惑かとますので退させてきたいと思います。

くま冷静そう言った。

もSも俺の冷たい態申し開きが出ではいことを悟っていた

あなた2番目なんゃない私にとては、一大事な人なの・・・お願話をて」



確かに過去、そうい係がありましたが, Tさん婚されてらは、会っていません。

にとっては許せないといます, どうかTさんを許げてくださ。あなが忙しく寂しかったのだとす。

彼女からわれたとき、私強く拒めばよかった。たには申し訳ないことをた。


あくで妻に責任を擦り付よう言うSに底嫌じてい

それを聞た妻が目に涙をため、じられないた目つきで見ていた

そん・・Sさんが誘っのに・・・」

妻はく言った、俺はそきながら,

「んなたどうでもいい、同意のろうが」と2人に言った。しばらくの沈の後,

か会社家族にだけわないでくださ、お願います」

とSいきなり土下座した

妻は信じられないもを見るようにSを見ていた


た空気の中で俺は始めて知ったのことを話し始めた



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:浮気・不倫, すっきりした話, これはひどい,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様