2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

快楽漬けの宴




車で走西大きめの居酒屋に到着ました。

先を走いた車から、男性が2人てきてご挨拶さ主人も含めて4人で店内入りました

案内さた個室には既に2性がいらっ沿ゃいましたので、人との計6人で一緒に飲むことになりした

主人横で手り緊張でいぱいでた。


性の方々は同年代で、しくく接していただき、お酒を飲使もあ次第に緊もほぐれ楽しい食になりました。

しずつ皆さんの色々な体談か下ネタにも花が咲き、替わりながら飲んだりしいると軽くボデタッチをされたりしましたが、そで楽した。

れなりに時間も経ちかが「そろ」といました、お開きとなり席を立つことになりまた。


「奥、大丈夫?」声に、らのに気が付き、一瞬で緊張が戻っ来ました。

主人や男性達勧めらるようへ出と迎来られた方が、車を近くの移動行きました。

された私性達はばらく店の駐場でっていました。

その間に何話したのかも知れません、覚えていません。

なく戻っきたので、みBOXカーに乗りました。



車はしばらく走郊外のホテルました。

すご緊張しなら、みんなで部屋の方へりました

部屋広く、んなうなファーがり、その左右にベッドが2た。

部屋に入っ中のコンビで買っビールし、雑談をしていたら誰か「お風呂沸いよ」の声にさん、お風呂ったら?」と勧めれ、主人とお呂に入ました。


お風呂はあり、大きなジャグジーた。

に「やっぱりす?」と聞くと、使更帰れないよ一言。

返す葉も言でいると、主人退キスしてきまし

私は緊張と少しのを紛らすよう人と唇を重ね、身体を任せました

まれ、秘を弄れ必死にしていました。


してどうすか?」と声がして我に返りました。

そこには他の男性立っていまた。

人の勧めでも一お風呂に入り、「奥に綺麗ね」「今日はよろ願いね」、主人に勧られながら私に身体を寄せて来ました


緊張外の性の手で初めて肩をれ、腰やをさすられ、首筋や肩にキスをされあぁからの人に抱かれんだぁ〜」と感じている内に唇われ、そのは私の胸み秘を弄り始めま

秘部に手が掛かった時は、頭ま電気が走るようなを感ました

は何の拒否もず彼の行為け止め、次第にした。

主人外のの愛撫に酒とで火照った私は、浮いたよな感覚の中で主人の前にも関わら感じてしままし




ふと付くと、私の身体に触る手が増えていた。

その時主人はいくなってて、新たに人のばにました

気が付い束の間、3人の男性愛撫れ、体中触ってる手が何本もあるのよう、そ験した無い覚で、まで全の毛穴が開き産毛全て逆たよ感じで、彼らの愛撫で何度もを迎まし



お風呂も長くなり高揚した私は、彼支えれなお風呂を出てバス掛けれ部屋に

れ替わりにた方がお風呂へ、私はバスローまとままソファーへ座らせまし

ビールを出し口にし、ホると一緒に入ってた彼らもビールを空け乾杯しました。

彼らは一糸まわず左右に腰を掛けます



私が目やり場にがらビールを飲んるとが後つき首筋した

ビクとする私の手を取り隣の方が自分のペを触らせ、反方が胸を揉み乳首を舐めます

私はビー片手にじてし声が出ます。


私にペ触らている方が主人「奥さんすごく敏。」、「何度じちゃっ」等とお風の状況話します。

私は恥かしさと主人へちがいっぱいでしが、感る自分を抑れず、彼身を任初めてあっ性のペニを握しめていました。

主人は「そはよかった。これらはも乱れを見て楽しまいまので、好きにしてくだい」みたいなを答えした。

中で、「あ〜あのAVの様にるん〜」どうなる尿のぉ〜」と思いながら期待不安でじてきました


ファーでの愛撫を受感じている人のお風戻ってきまし

「もまってと言ながら彼はペスを私の口へ

は主人以外のペニを、それい先日までに嫌がいたのに、何の躊躇もなく口含みまし

はゆっ、そて深く私の口の中でペニスを動

は苦し手で彼のペニスを握彼の動きを止め、自分で彼のニスを舐め口にゃぶりまた。

彼は「苦手と聞いていたのにしっかフェラしれるじゃですかぁ」と主人へ…

主人多少仕込んで来ました…」「今日は皆んでしりと込んでくどと言っていま

「それじゃみんなで協力しなね」と言っ口からペニスを抜きソフら降ろれ彼は替わって座りました


の方も揃って座り「ほらにそのおごらん」「しかりとあげるか…」

の前のペニスをにすると、「違う、手は使っち駄目!」けでするの」言われました。

私はを彼間に入れ、っと頭を股間に埋め、ペニスを口まし

軽く付くようにスを口の奥導き、頭を引き戻そうとすとペニスの重み

必死に舌でペニスを支え、またう様口の奥

舌を絡め」「もと強く吸いくように」らの声が掛かり使ます

の中ペニスは、段々と固く大きくなってい

っかりく元気なるとペニかれ、隣の方へ

「今度使しごきなが」「先の方とまたかりま

方の「先をもっと吸「もっと舌を使て」

代わる代わる彼らのニスを口し、色を言われながら必死で従いま

ばらとアが疲てしまい、もう、ちとキツくな来たわ」と言って、座り込んでしまいま

「じゃあ、今度は元気尿もらったペニスなくちゃと言、私は抱きかかえられベッへ運ました。



ベッドに運ばれ、私は4人の男性に囲まます。

唇を奪れ経験しとのない激しいスを受け、

両方の胸を揉まれ、乳首を弄られ背中舐め回され足の指から、太ももお尻…好きなように身体を動かれ、身を舌指が襲って来ま

手も舌も何十本もあるよ感じ

なんと言って良い全身を愛撫され攻られるようで

何人男性あのAVの様に攻めている実私の奥で望でいた状が私感度をめま

うそで、じたこのない快感と絶頂が押し寄せます。

してされてた大事なところに舌が触れ、と舐めされました。

の瞬間、私全身に電気が走っうな衝撃を感じ沿ぁ〜と大げたました

それから、舌が度に何度も気が、身体を大きく仰け反らせ大声を上げました。

抑えようとしても反応な声が止まりませ

そして、私はあっけなっていました。


は身体を起こし、「すごいね」って…

が離れたのでホッとしたのも束の間、他のが私のう伏せに腰を持ちげお尻を突き上げさせま

え、なに?と思瞬間後ろ穴に舌で突かれ、舐められました。

生ま初めてアナルに舌愛撫を受

、いや、だめ、こ…」

をくらせ、前に逃げようとすると両を持ち上げられ、四ん這い持ち上げられ口にニス押しれまし

「ほると動けないだろ?」「いやと声も出せないろ?」

を抑えられ、口いっぱいにニス入れられにゆくりき、尻をまれ舌で責れます。

両横から乳房を揉ま、腰や背2人の舌が這い回ります

誰かの指が、膣の中を弄ます

出せない声で「、うーん」と呻きがら、身をくねらせ、またも経験たことのい快感を身体中でけ止めます


そし私の中で何かが大きくれるようなじがした…



いい、 。。。すいい---。。。」

こう身体中を男性にめられ、好きなように弄られるこ感じました

それをハッキと意識とじ取りま


瞬間です

以外ての性が私の中に進姿してきました。

は、私ひだを掻き分け、ゆっってました

「あぁ〜」と思っ、そ強くいきなり私の奥を貫きました。

私は口にてたのを振りい「〜」っとを仰け反く一声上げ、ベッドに伏せてしまいまし

私は一瞬気をやしまいました。


ドに伏、腰を突げ、そして私の中に固まりを感す。

頭が少ていしたが、私にい入っいるものかり分かす。

そう…主人違うニスが、主人しかない私中に少しのもなく、私の中いっぱに広げて、確ってす。

私はゆっり振中にいる彼の顔を見。彼合うと、彼はニコと笑を浮べます。

は、私のお尻をしっかりとのひだを引き彼はペニスを

「あぁ」力無い声漏れます。

り口くま引き抜かれた彼のペニスで一りました。

そして、また一気私のを奥ま突かれます。

までのペニスが突き抜けたような感に、私は大声を張り上度はしっかりと受けめます。

を貫いたペニスはく私の中をっ掻ながら退掻きけな退ら襲て来ます

度もされ、私反らせ、声を張り上げ首を振り、髪を振り乱しながら、女とし便の悦びととは違う感、男に抱かれ快感を女の奥底から感じます。

っともっと…、私の中「女」が欲します

人とハッキリと違う彼の固いモノを根本で、に締て内全てで感じろうとしました。

そうると彼の動きッキリと分かります

そしに感じてしまいま


今まい大汗かき、るく彼にわせて仰け反り、髪沿、私の中の女が反応し、何度も頂を沿のにわることはありせん。

の中大きく膨らみ、絶頂と同時に弾けす。


次第彼の吐も大きくなり、までで一番強私の奥を突い瞬間、引き抜かれ、私のアゴを持ちげそれを口の中に入れかとと、熱い物を突き口の中に広がりま

そうです。彼はの口の中出したのす。

ペニ中で脈を打ち、何度び出して口中に何とも言えないドロリた感触を放ち

彼がペニスを抜くと、私は咳出された精液押さえたに飛出しま

の嫌な憶以来、人のえも出されたことはない口の中に

でも、あの時のような怖く嫌ないはそ便にはなく、手のひらトロリと貿する精液を見主人ではな男を受とを実感しまた。

それき取ろうると、「だよぉ〜ゃんと飲まなきぁ〜」声…

えっが思っと、次の彼が私の足を開き、腰を寄せ私をきま

私は、すぐに反応し、新彼のオトコを受寿ます

中の女は すぐに声や身体反応となって表に出てきま

これまで主人しか男をらなかそれ以上の数を受け入れました。

主人の物先ほどの彼の物とも違う、大きも固て責められ方も

が良、どれも感じ

気持ちいいの


の中度も行き来し、その度に今までの私殻を剥がていそして更れを幸せのごとく感じてめて行きます。

もう感じるまます。

、ハッキリと自分が女とし男の物に貫か婿それに悦、昇り詰め絶に達する「女」なんだとうこります。

そし、そ知った私は只々しでも深く、少しでも強け入うとします。

まるでまで欲しくて欲しくたまた、夢宝物をるように

こに恥じいも照れもそしてい過去もなく、ただ男に抱か、身体の中を貫かれ、そを悦ぶとしての女」が私を支配していました。

も同じように私の口にペニスを突っ込み、私に中で果ます

度はらさように、っかりぼめ、のペニス握り、でも男の精を絞りそうとしていした。


まだ今の彼のペニスをいるの、3人目の彼が私の中に入っきます

その衝撃咥えいたペは口を離れ、出さた精液が頬やア流れ出てきます。

私は口か精液を垂れながら、3のペれて

奥さん、いやらよぉ〜」と言う声は心地良しかありせんでた。

いやらしい」われ更感てし、気持ちが高揚しま

そし同じよリギ私の中をったは、私口の中、最の4人目に貫す。

の周りは精ビショビショ、舌の口の女の液でびしょ濡れり、いやらしい音をがら男をれ続けます。

中ではく、顔中に精液を掛けらまし


私は果てたまけず、熱くた身体にぐるぐる回る頭の中…の中は、暴れ回っ男達の感触を感じがら、ただボの字でベに横たわり、動と必死に酸素をもうと方を揺らし肺が大く伸縮するのだけが感じまし

も、遠くで聞こえる喧噪のよ、身体がにでるような思議な感


して、私はこの、これまで経験したことのない女の身体の変化体験してします。

手していただいた4の方に、逝っても果てても次々に貫か、主人だけし知らかっは、こなに長くれ続けたことはく、慣れるとか鈍とかもなく、感じ続け快感の中にけました。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 性癖・プレイ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様