2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

快楽漬けの宴




しばらく車で走ると、少し大きの居酒屋に着しました。

先をいた車から、男性が2人降りてきてくご拶され主人も含めて4人店内りました。

内された尿室には既2人の男性がいっしいましたので、主人と私と男性4人の計6人一緒に飲むことました

人の横で手を握り緊張でいっぱいた。


性の方々は同年代で、みなさん楽し優しく接しいただき、お酒を飲んだことに緊便もほぐれ、楽い食事になりまた。

しず皆さ色々体験談ら、も花が咲き、席を替わりながら飲んしている軽くタッチをりしまが、それそれで楽しい席でし

それなりに経ち、誰そろそろ…」といましたので、お開きとなり席を立つことになりた。


「奥さ?」声にからの事に気が付き、一瞬で緊張が戻って来ました

主人性達に勧めように外稿て、主人 来られた方、車を近駐車へ移行きまし

た私と男性達はしばら店の駐車場で待った。

その間に何したのか知れせんが、覚えせん

程なして主戻っ稿たのでみんなBOXカーに乗した。



車はしばく走って郊外のホテルに着きました

すごく緊しなが、みんなで部屋の方へ入た。

屋は広く、みんなが座れるよソファーがあり、そ右奥にベッドが2つりました。

部屋に入って途中のコンビで買っで乾綿杯し雑談をいたら、誰かが「お風沸いたよ」の声に、「、お風呂は言ったら勧められ、主とお風りました。


お風呂は外にありジャグーでし西た。

主人にやっぱの?」と聞「今更帰れないよ」と一言。

言葉なく無言でると、主人がキスてきまし

は緊張少しの怖さをらすよう唇を重体を任せました。

胸を揉まれ、秘部を弄られ必感じようとした。


便「おどうですか?声がして我に返りました

こには他の男立っていました

の勧め彼も緒にお風呂に入奥さに綺麗だね」「今日はよろし願いしますねと言わ主人勧められがら私に身体寄せ来まし


の中、主人性の手で初めて肩を抱かれ、腿をさすれ、首筋や肩にキされ、「の人に抱かれだぁ〜」と感じている内に唇を奪われ、その手はの胸を揉み秘部を弄りめました。

部に手がた時は、頭ま電気るような衝撃を感じました。

私は何の拒否も抵抗もせず彼の行為を受め、次第声が出ま

そう人以男性お酒火照った私は、浮うな感覚の中で主人の前にも関らず感じてしました




ふと気がくと、私の身体に触れる手の数が増えていまし

その時はいなくてい、新たに2人の方がいました。

気が付たのの間、人の撫され、身体っている手が何本もある、そ験しことの無い感覚でまるで西の毛穴が開きが全て逆立ったよう感じで、彼らの撫だけで何も絶頂を迎えました



風呂も長なり揚した私は、彼らに支えられお風呂を出てバスブを掛屋にりました。

入れ替わりに残った方がお風呂へ入り、私はバスローブまとっままソファーらせられました

ールを出てもら、ホッると一緒に入っていもビールを空杯しまた。

は一糸の左右に腰をます



が目姿やりに困りながらビールを飲ん、一人がろからつき首筋にキスをきまし便

クンとる私の手を取り、隣の分のペニ反対の方が胸を揉み乳首を舐めます。

ールを片手に感じてし声が出


私にペニスを触らている方に「奥さんす敏感です。」、「何度も感て…」お風呂での状況を話ます

ずかさと主への訳ない気持がいいでしたが、じる自分を抑れず彼らに身を任せ、手は初めてあった男性 を握りしいまた。

人は「それはよ。これからも乱ていを見て楽しせてもらいますので、好きにしてあてくだい」みたいな事を答えまた。

中で、「ああのAVの様からるんだ〜」「どうなるのぉ〜」がら期待と不安で一層感じていきました。


ファで彼愛撫を受け感じいると、もう一人の方がお風から戻っきました。

「もう始まっての?言いながら彼はペニスを私の口へ…

私は主人以外のペニスを、それもつ先日までがっていたのに、何の躊躇尿なく口にた。

彼はゆっくり、して深く私の口の中でペニを動か

は苦なりで彼ペニを握の動きを止め、自分でのペニスをめ口に含ぶりました

彼は「苦と聞いのにりとフェラしれるですかぁ」と主

主人は「仕込んでら…「今は皆んでしっかと仕でくね」などと言っています

「それみんなで協力なくち」と言って、私の口からペニスを抜き、私はソファーから降ろさ替わって座まし退


他のも揃って座り、「貿んなにそお口でしてごらん」「しっかと教えあげ

私は目の前にいるのペニスにすると、「違違う、手は使ちゃ「口ですと言われした

私は体を彼の膝間に、そ股間に埋め、ペニスをみました。

軽く吸い付ようにペニスを口の引きうとするとニスじます。

必死に舌でペスを、また吸う様口の奥へ

を絡尿っと強く吸付くうに」らのが掛かりま

口の中のペは、大きく

しっかりく元なるとペニスを抜かれ、隣方へ…

手も使って」「しかりしごきがら」「先の方をめて」などとまた声掛かります

他の方の時は、「先をもっと吸っもっ舌を使って舐めて」…

代わる代わる彼らのスを口にしんな事を言われなら必死で従いま

ばらくとアゴが疲れてしう、ちょっキツくなって来わ」と言って座り込んいまし

ゃあ、度は元気してったくちゃ」と言われ私は抱きかかえられてベへ運まし



ベッドに運ばれた寝せられ、は4人の男性達に囲まれす。

を奪れ経験したこない激しいを受け、

両方の胸を揉まれ、乳首を弄られ、腰や背中を舐め回され、足の寿から、太もも、お尻…好きに身体され、全身を舌や指が襲

も何本もある感じます。

なんと言って良全身愛撫され攻められてでした。

何人もの男性にあのAVの様に攻められている実感、私の奥んでいた状況が私感度を高ます。

もうそれだけで、感じたことのないと絶が押し寄せます。

そしされていた大事なところに男性の舌が触れ、ひとした。

に電が走っよう撃をじ、「あぁ〜」と大きげたました。

それら、舌が動く度に何度も電気走り、身を大反らせ、大声を上げした

抑えようとも身体の反と大きな声がまりません

そして、私はあっけなく逝ってしまいました。


身体を起「すごって

離れたのでホッとし間、他の方が私うつ伏せにし、を持ち上げおを突上げせます。

え、た瞬間ろの穴に舌で突かれ、舐られました

生まれてめてアナルに舌のを受け

「え、いやだめそこ…

、前に逃げようとするとを持上げれ、四つん這れ、ごを持ち上げら、口にペを押し込まれました。

ら、こうすると動けいだろ?「い やだと声も出せないろ?

頭を抑え、口いっぱいペニを入れられ後にゆっり動き、を掴まで責められます

両横らは房を揉、腰や背中を2人の舌が

指が、を弄り回します。

私は出せない声「うーん」と呻きら、身をく、また経験したことのない感を身体止めます。


そして私の中かが大きく崩れるようなじがしました…




「いい、 。。すごくい---。。。」

して身体、好なようにられることを悦びと感じま

れをハッキリ識とじ取りまし


です

の初めての男性が私の中に入してきした

れは、私だを掻分け、ゆっりと入って来した

「あぁ〜と思っ、それはいきなり私の奥を貫きまし

私はえてたものを振い「あぁ〜」っ中を反らせ大き殿一声上げ、ベに伏せてしまいま

私は瞬気をってしまました


ドに伏せ、を突き上げ、そして私の中に固まりをじま

しボーっていましが、私の中にいぱに入ってい しっかりとます

便違うニス主人しか迎ことのに少しの隙もな、私の中をいっぱにげて、確かに入ってい

ゆっくり振り返り、私のにいる彼の顔見ま彼と目と、彼はニコリと笑かべます

そして彼は、私の尻をし押さえの中のひりながら彼はペニスをゆくりと始めます

あぁ〜」力の無い声が漏れま

近くまでき抜かれ彼のこで一止まりました。

また一私の中を奥まで突かます。

の先まで彼のペスが突きけたような感覚に、私はきなを張上げ今度はし止めす。

私をたペニスく私の中をっ掻きなが退し、掻きけながら襲って来す。

その動は何度も繰り返され私は背中を仰け反、声を張り上げ、振り、髪を振り乱しながら、としての悦び退と主人とは違う感覚と、男に抱かれてい寿快感女の奥底か便ます。

もっと、もっと…と、中の「女」が欲しがります

、主人とハ便ッキと違ういモノを先から根本まで、必締めて内壁で感じ取ろうとしま

そうると彼の動きがハッキリとかります

して、更に感じてし


まで大汗をき、身くらい彼せて仰け反り、髪を振乱し、私中の女が応し、何度も絶頂を繰り返すのに、終ことはありません。

中の何かが大き膨ら絶頂と同時に弾けます


第に彼大きくなり、今までで一番強く私の突いた瞬、引き抜、彼私のアゴち上げを口の中にれたかと思、熱い物がのどを突き、口のに広がりました。

です彼は私口の中にしたのです

ペニは口中で脈ち、何度か飛び出して口の中にその香りとも退えないドロリとした触を放ちます。

ペニを抜くは咳込み出された精液さえに飛び出します。

あの嫌な記憶以、主されない口の中に…

の時のうな怖て嫌思いそこに手のらでトロリとる精液を見て人ではない男を受入れした。

それを拭き取うとると、「だめだと飲まゃぁ〜」との

「えっ」と私が思っていと、が私足を開き、腰寄せ私をきます。

私はすぐに反応新しい彼オトコ受け入れます

中の女は すぐ悦びを感じ、それが声や体の反応となって表に出てきます。

これ主人しか男を知らなかった調私が、それ以の数をけ入れまた。

の物と、先ほどのの物大きさも形も固さも、そめら

誰がいではなれも感じます。

ちいいのです。


私の中を何度も行き来しその度に今までの私の殻を剥がしていき、そして更にそれ幸せのごとく感じて行き、昇り詰めてきます

う感じるままで

は、ハッキリと自分が女として男物に貫かれ、れに悦びを感じ、昇り詰め絶達す「女なん言うを知

そして、それを知った私は、只々少でもく、少け入ようします

まるでしくしくなかった、迎えるように…

もうそこに恥じらいもそして苦い過去もな、ただ男に抱か身体の中を貫か、それを悦ぶ「雌女」を支配してました

彼もようニスを突っ込み、私に中果てます。

今度は少しもらさないように、しっかりと唇をすぼめ彼のペスを握、少しでも男そうとしてまし


彼のペニスを咥えてい沿るのに、人目の彼が私の入ってきます。

その衝撃に咥ていたニスは口、出された精液が頬やア流れ出す。

口から精を垂れ流ながら、ペニスにれています

「奥さん、いやらしいよぉ貿声も、私に地良でしかありませんで

いやらしい」われれば、尚更てしまい、気持ちが高揚し

して同じようにギリギリで私の中をれ回ったペは、私の口ので果、最後の目に貫かれます

口の周りは精液で寿ビショビョになりの口は自らの女の液でびょ濡れり、いやしい音を響かせな、男れ続けます

後は口の中ではく、精液を掛けられま沿


私は果てたまま動け熱くなった身体にぐるぐるる頭の中…膣の中には、暴れ回った男達の感触を感じながらだボと大の字でベに横わり、早い鼓動と必死酸素を取込もうと方揺ら肺が伸縮するのだけが感じらした。

達の話し声も、遠くで聞こえる喧噪浮いていくような、雲にでいるような…不思議な感じでした。


して、私の後、こで全く経験したことのない、女の身体の変を体してまいます

お相手綿いただいた4人のに、ってても次々に貫かれ、主人だけし知らなかった私は、こなに長かれ続けことは、慣れか鈍るとかもなく、感じ続け快感の中に居続けました。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 性癖・プレイ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様