2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

快楽漬けの宴

 



しばらく車で走大きめの居酒屋に到着た。

先をっていたら、男性が2人降てきて軽くご挨拶され主4人に入りまし

案内された個室は既に2性がらっしましたので、人と私と男性4人計6人で緒に飲になりまた。

人の横で手を握り緊張でいっぱいした


の方々は同年代で、みなさん楽く優しくしていただき、酒をんだこともあり次第に緊張も、楽しい食事なりまし殿

しず皆さんの色々な体験談から、下ネ話に咲き、席を替わりながらんだりしてると軽くィタッチされたりしましたそれはそれで楽しい席でた。

なりに時間も経、誰かが「そろそろ…したので、お開きとなり立つことになりま


奥さん、大丈?」声に、これからの事に気が付、一瞬で緊張が戻ってまし

男性達に勧めるように外と迎えに来られた方が近くの車場へ動し

と男達はく店駐車で待っていました。

その間に話したの知れんがいまん。

なくして主達が戻きたのでんなで1台のBOXカーにりました



車はし走っ郊外のホ着きした。

ごく緊張しながらんなで部屋の方へました。

部屋は広く、んながれるようなソファーがありの左右奥ベッドが2つ調りました。

部屋入っ途中ニで買ったビールで乾し、談をしていたら、誰かが「お風たよ」の声に、奥さ寿は言ったら?」と勧めれ、主人とお呂に入りました


外にあり、きなジャグでした。

主人に「やっぱりすの?」と聞くと、「今更帰れないよと一言。

私は返す言葉もく無でいると、人がキスしてた。

私は緊張と少し怖さらすように、主人と唇を重ね、綿を任

胸をまれ、秘部を必死感じようしてした


貿して「お湯どうですか?」と声がしりま

には他の男性が立っていました

人の勧めで彼も一緒に呂に入り、「奥さんに綺麗だね」「今日はよろしくおいしますね言わめられながら私に身体をせて来ました。


緊張中、以外の男性手でめて肩を抱か腿をさすられ、首筋や肩にキをされ、あぁ、今か に抱かんだ」と沿いるに唇を奪わ、その手は胸を秘部をり始ました。

秘部手が掛かた時は、で電気が走るような衝撃を感じまた。

私は拒否も抵使抗もせず彼西行為を受け止め次第に声ました。

そう主人以外の性の愛にお酒とお湯照ったは、ような感中で主人も関わらず感じてしまいました




気が付くと、私の身体に触れ手の数が増えていました。

時主人はいなくなっていて、新たの方そばにいました。

気が付いたのも束の間、3、身体中を触っている手が本もあるのよで、それは体したことの無い感覚で、まるで全身の穴が開き産が全て逆立ったような感じで彼らだけで度も絶頂をした



風呂もくなり高揚した私、彼ら支えられながら風呂を出てスローけられ部屋戻りました

れ替りに残った方がお風呂へ入り私はスローブとったままソファーへ座せら

ールを出してもらい殿口に、ホッすると緒に入っていた彼ビー空け乾杯しした

彼らは一糸まとわず私左右に腰を掛けます



私が目の場に困りらビルをると、一人がろか抱きつき首キスをしてきた。

クンる私の手取り、隣のニス調触らの方が胸を揉み首を舐め

私はビールを片手に感じてしまい声出ます。


ニス触らせてい方が主人奥さんすごですね。」、何度も感じちゃっ」等とおでの状況ます。

恥ずかしさと主人への申い気ちがいっぱいでしたが、感じる自分を抑えきれず、彼ら身を任せ、手はあった男のペスを握りしめていました。

人ははよった。こからは私もく妻見てしま寿てもますので、好きにしあげてくだい」たいなえま

中で、 あのAVの様に今からなるん〜」どうなるのぉ〜」思いながら期と不で一感じていきました。


ソフを受け感、もう人の方がおら戻した

う始まっ言いながら彼はペニス私の口へ…

は主人外のペニスを、それ日までに嫌がってのに、何の躊躇もなく口に含みました。

彼はゆっくり、そしての中でペスを動ます。

は苦しくなり手で彼ニスをり、彼の動きを止め、分で彼のペニスを舐め口に含しゃぶりまた。

彼はいていたのにしっとフラしるじゃないでかぁ」と主人へ

主人は「少仕込んで来ましたら…今日は皆さんと仕んでくださいね」など言っいます

「それゃみんな協力しなくちゃねて、からペニスを抜き、私ソファーら降れ彼は替ってした。


他の方も揃って座り「ほ、みんなその口でごらん」しっと教えてあげるから…

私は目のにいる方のニスを手にすると、「違う違う、手は使ゃ駄目!だけでするの」と

私は身体を彼の膝の間入れ、そっと頭埋めました

付くようにペニを口の奥へとを引きそうとるとペニスが舌す。

必死に舌ペニスを支え、また吸う様に口の奥へ…

「もっと舌を絡め「もっと強く吸い付くうに」らの声掛かます。

中のペニスは、段々大きなっていきます。

しっかり元気になるとペを抜れ、隣の

使って」「しかり」「を舐て」どとまた声が稿掛かります

の方の時は、「先」「もっと舌を使って舐めて」…

る彼ニスを口にし言われなら必死で従います。

しばらくすアゴがれてまい、「う、ちょっとキツってわ」と言って稿しまいました。

じゃあ今度は元気にしてもらたペスでお返なくちゃね」と言われ、私は抱きかかえられてベばれまし



沿ドに運ばれれ、私4人囲まれます

唇を奪われ経いキスをけ、

両方の胸を揉ま、乳を弄られ、舐めされ、足の指から、太もも、お尻なように身を動かされ、舌やが襲て来ます。

舌も何もあように感す。

なんて良いか身をれ攻られてるようでし

尿人もの性にあのAVの様に攻められてい感、私の奥で望んでいた状況が私度をます。

うそれだけで、感じことのない快絶頂し寄ます

て残されていた大事なとこに男性の舌宿が触ひと舐めされま

その間、私は身に気が殿たような感じ、「」と大きな声した。

それ、舌が動く度に度もが走り、身きく仰けらせ、大声を上た。

えようとしても身体の反きな声が止まませ

、私はあっく逝ってしま


彼は身体を起こごいて…

離れたホッとしたも束の間、他の方が私の伏せにし、腰を持ち上げお尻を突き上させます

え、なに?と思った瞬間、後ろの穴に舌で突かれ、められました

まれて初めてアナルに舌の愛撫を受けます。

「え、だめそこ…」

身体をくねらせに逃げようとする両脇を持ちれ、四つん這されを持ち上げられ、口にスを押しまれました。

「ほら、こうする動けだろ?」「いやだと声も出せないだ?」

頭をっぱいペニを入れら前後にゆっくり動、お掴まれ舌で責められます。

両横からは乳房を揉まれ、腰や背中を稿の舌が這い回ります。

かの指が、膣中をます

は出せない声で「うん、うーん」と呻きなら、身体姿をくねらせ、またしたことのな身体中で受けます。


そしく崩れような感じがし姿




い、。すごくいい---。。

して身を男性に責めら、好きなよることを悦びと感じま

それをハッキリととして感じりました。


その瞬間です。

主人の初め男性の中に進入ました。

それはひだを掻き分け、ゆっ入って来ました。

あぁ〜と思た瞬それくいき奥を貫きまし

は口に咥たものり払綿い「あ中を仰け反らせ大殿く一げ、伏せてしまいま

一瞬をやっ貿てしまし


ベッに伏せ、腰き上げ、そし中に固まりを感じま

頭が少しボーっとしていま、私中にに入っているもっかと分かりま

う…主人とは違うペニス、主人しか迎えた私のに少しの隙間もなく、私中をっぱに広げて、確かにます。

はゆっくり振り、の中にいる彼の顔を見ます。彼と目が合うと彼はニコリと笑ます。

して彼は、私の尻をしっかと押さえ、私の中のひだを引ずりながら彼ペニくりと抜始めます。

あぁ〜」力の無いが漏す。

口近くで引れた彼ニスはそ止まました

そし、また一気に私中をます

頭の先まのペニスが突き抜ような感覚に、私は大きな声り上げ、今度はしっかり止めます

私を貫ペニは、固く太く私の中っ掻きながら後退、掻き分けながら襲て来ます。

の動きは何り返され、私は背中を仰反らせ、声を張上げ、を振り、髪を乱しな、女として悦び違う感覚と、男に抱れてる快の奥ら感じます

もっと、私中の「退が欲がりま

私は、主人とハッキリと違う彼の固いモを先か本まで、必死に締めて内壁全て取ろました。

うする彼のキリと分かります

感じまいます。


今まにない汗をかき、体は跳ね上がい彼合わせて仰け反り髪を簿の中女が反応しも絶頂を繰り返すの、終わることません。

頭のの何大きく膨らみ、絶頂と同時に弾けます。


彼の吐息も大きくな、今まで一番強くの奥を突瞬間引き抜かれ、彼はゴを持ち上げを口の中に入れたかと思う、熱物がを突き口の中に広りま

うで口の中に出したです。

ニスは口ので脈を打ち、何か飛び出しての中に香りも言ドロリとし触を放ちます。

ニスくとき込み出さた精えた手に飛びます。

憶以主人出されたことはないに…

でも、あの時ような怖くてな思いはそく、手のひらを見て、主人ではない男を受け入れたこと実感しました。

れをろうとすると、「だめだよぉ〜ちゃんと飲まゃぁ〜との声…

「えっが思っていると、次の彼私の足を開き、腰を寄せ私を貫きます。

、す反応し、彼のトコをけ入ます

の女は すに悦びを感、そが声や身体のなって出てます

これ主人しか男を知らた私がの数を受け入

主人の物と、先ほどの彼の物とも違、大きさも形もも、そして責めら方も

誰が良いではな便、どれも感じす。

気持ちいいの


私の中何度も行き来し、その度に今までの私の殻を剥がしていき、そして更れをせのく感行き、り詰めて行きます

もう感じるまです

ッキリと女と男の物に貫かれ、それに悦を感昇り詰め絶頂する「女」なんだと言うことを知す。

そして、を知私は、只でも深、少しでく受入れようします。

まるで今まで欲しくて欲てたまらなかった、夢の宝を迎えるように…

こに、恥じれも苦い過去もく、ただ男に抱れ、身体貫かれ、そ悦ぶ「雌とし女」が私いまた。

彼もじよう綿私のにペニスみ、中で果てま

少しも漏さなように、しっ唇をすぼめ、ペニスり、しでも男の精を絞りだそとしていました。


だ今の彼のペニスを咥えているのに3人目の私の中に入てきます

撃に咥ていたペニスは口を離れ、出されたが頬アゴにれ出てきす。

私は口液を垂れ流しなが3人目の彼のスに乱れていま

、いらしいよぉ〜」と言う声、私には心地良い響かありませんでた。

「いやらい」言わ更感じてしま、気持ちが高揚します。

そして同じようにギ私の中を暴回っペニは、私の口中で果て、最後の目にかれ

口の周りは精液でビショにり、舌の口は自らの女のでびしょ濡れになり、いらし音を響かながら、男ます。

後は口の中では、顔中に精を掛けられました姿


果てた動けず、熱くなった身体にぐる回頭の中…膣には、暴れ回った男達の触を感 、ただボーッと大のベッドに横、早鼓動酸素を簿込もうと方らしが大きく伸縮簿するのだけが感じられした

男達の話声も、遠くでこえる喧噪のようで、婿身体浮いていくよ雲のにでもいような…不思感じでた。


そして、私はの後まで全く経験たことのない、女の身の変化を体験しまいます

お相手していたいた4人、逝っても果てても次々に貫かれだけしからなかったは、んなに長く貫か続けとはく、慣れるとかるとかもなく感じ続けに居続けま



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 性癖・プレイ, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様