2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

愛犬との2度の秘密の交尾




いつものようにと主人を送りしたあと、朝食のけを終えてパンの前に座りま

メールをチックし使たんが、今日もの依頼は来ていません。

子供ができたので在宅できる仕事をと思、私HP成のけみいなこをしてす。

景気が良かた頃は それなりに忙しかんですが、今では月に宿仕事がまわってくかどかとう感じです


は暇つットの巡を始めました

ターンはいたい決まっていて、求職趣味のHPにたあHな告白の板にいんです

のセックスに味があるっていうよりも、欲不満だったといのが正直ところ


退いうのも、供ができてからの夫は淡泊になてしまい、そのうえ忙しいかで ほとんかまってくれません。

私はまだ3で、体が疼わけじっぱり寂しすぎます。

かといって、浮するほないのHなて気らわいたす。



そんなある日、いつ行く示板で変わた書き込みを見つした

不倫いるという容なんですが、その相は飼っている犬だというです

言えば、私ようをもてあましていて、悪から犬と関西てしまったというでした

おまけに、犬クス以上気持ち良で、喋られることもないの高の浮気だというので


稿を読み終えたあ、昔の事を思出してが赤くなりました。

いう姿、自分だっとき、犬にアソコを舐めた事があからです。

味だけは人稿倍あって男の人にアを舐めてという宿雑誌で読、どんなに気ちいだろうと想像をせていました。

でも実際するんてでんか、そた犬にアめさせてみす。

に誰いな時を狙っしたんです、すごく恥ずかかったこと、気持ちよくて出してまっは覚えていました。


濯やを終えて昼食を食べたあと、私はジッシュ連れて散歩に行した。

リードを手いつもの道歩きなが、Hで読んだ体の中をす。

はず無いって思いながらなく気に視線アソに向いてしまうです

私は識しいように前を向い変な気分のま散早めにり上げました。


・・

玄関座ってジョッシュの脚を拭きながあたりッと観察して便みました。

間みたいにニスわけでもなく、タマけがブブラしています

便ョッシュ、ほ・・」

っとした好奇から、スートを上げてを広てみました。

人間手にるはいと思っていたので、ちょっ恥ずかしいなも軽い悪感じす。




そしたら、ョッシュは股鼻面をてきてアソコの匂いをンクン嗅ぎ始めです。


「やだ!!と思って足を綿閉じようとすく、そのまま前進してきたジョシュにされて仰向けになっしまいまし

足のにジョッ尿ので どするきず、私は気が動転ロオるだけで

、うそっ・・私の身さえつけるようながらいきシュが腰を振り始めした。

つのにかペニスが大きくなっいて、貿ョーの布地越しにアソコに何度当たってきま

!!」

切って大きな声を上げる、ジョッシュは驚いたような顔して離れきました。

私が急いで起きがると、ジョシュはニスをきだしらをッと見います


「あ・

簿て見ョッのペニスに、私のてしまいました。

それたようっ赤な色亀頭の部分が無くて尖った棒みたいな形で

まけ夫のモノよりも一回りセンチくらいはあうです。


「ホトに・・、気ちい・・

板で読んだ沿容を思い出て、身体がカーッと熱くな心臓が一気に激した

形が変わっているとはえ、あなに逞しペニスたのめてです。

するなんてと思いがら、頭の中がグルグルと回って目の前がーッとなってます

一度だけならと思ーツを脱ぎ捨て仰向けになって足を大きく広ました。

「あっ、や〜〜・・

ジョッシュはすにのてきて、さじように腰く振た。

ニスが股間ぶつ尿り、私は奮してどんどん高まっています。

が犬だということは分かっていも、こうなと止めるとがきませ

, たまくなって ジョッシュニス手を、濡れまくっ入り口に導いてしまいまし


ぁっっっ!!!!!」

ョッシュの太い口を押し広げし入ってきした。

しぶの快に私は我を忘れ、が犬だというのに愉悦の声が出てしまいます


「あぅっ、すごいぃ・・

ジョッは小刻みに腰を振り立てい勢でペ出してきました

でも、私が初てのというすぐけてしまうん

私はその度に自分の膣に導けないようにョッシュの体を引っ張いま

「ひあいっ!!!

殿ョッシュは、夫セックス絶対に味わえない荒しさいてます。

結合グチュグチュとイヤらい音までえ、何度も背筋を流がり抜けていきます

私は感じすぎて あられを上げ、腰を持寿上げた格ジョシュに何度し貫かれいま

「くはぁ・、はぁ・はぁ・・」

腰をち上ていのが辛くって身体を落すとョッシュのスがからズルと抜けていきました。

び目たペニスは血管が浮き出てさらに太くなったように見え、の先端から水のな精ピュッピュッと噴きしています。


は それを見て何とも言えなョックを受け、なりき戻されいまし

いえ犬のペニを受け入、そうえ膣内に射精れてまっです。

スを受け入れれ射精されるのは当前の事ですが、私はペニスをもらう事考えいて後にこうなる事はまたく気にしていな


「やっ!!!」

は慌ててバスルームに飛び込み、シャワーで何もアソコを洗いま

か妊娠んて思いながらも、無くて暗い気持ちになっいき

スルームをた私のまま部屋に飛び込み、急いでパスイッチを入ットで検索を始めまし尿た。

調、あった・

あるサイトで詳しい説を見つけ、私は一句違えないように目のよにした。

そのサは沢山の好者の書込みがあり、ックスの方法か意点が事かにかれいま

「そうなんだよか

妊娠の心配はまったくない事が、私はをな下ろしました。

それ、いろいろな人のき込を読んでみると、犬とセッスしている女性が それなりにいたいです。


私は置たジョッシュに済まないがし、急部屋から出て階段け下りていきました。

ビングで寝べってッシュは足音に気付きムクッと起きあがて私の方に駆けまし

ペニスはすでさくなっていて、赤い先端し見です

ョッシの首に抱きつて、体を撫でなさっき事を謝りした。

シュ、もよう・・」

恥ずかったんではそう言オルをとりました。

しなという感から姿か、身体退が疼いて欲しくてい

一度あの逞しいペニスがってくるとうと、だけアソコの潤いがいきます。


私は自分でソコ弄って充分に退し、用意ができころソファに浅く掛けました

いいよ、挿れて・・・」




部を見せつけるように足をい切り広げて声でジを呼びま

自分ら犬を誘っていると思うと、恥ずかして身体の震えが止まりませ

「んっ・・・

さっじようにアソコの匂いを嗅いだあと、ジョシュが体の上覆い被した

前にはジョッシュの、股間に逞しスがぶつかてきま

ふうぅーーー!!!」

しく揺れるペを入口へと導くと、すぐにジョッシュで膣内が満たされした

ジョッシュは すごいで腰を振り立て、私をガンンとす。

「う西ごいぃっ・・・

突きれるたスの先端が膣に当たくていペニでどんどんとかしくってしまいました

ソコは洪水のようにビショビショにな、ピストンに合せるに膣口が収縮を繰り返し

んっ!!

あまりの激しさにペニスが抜け出しは慌てて腰押しつけてジョッュのモノを膣内に押込みました

この時が遠にけばいいとうほどッシュのニスはす快感を与てくれま

腰をらせてジョッシュのペ貪りな、犬とている背徳感でさらに高まってきました

ぁっ、で・・るぅ〜っ!!!

奥に感じると同時腰がグッとち上がりました

これが女精液をところ受け止めようているみ

ョッシュも いつの間にかピストンを止め、腰をと押しけながらドクドク精液吐き出してきま

「はうぅぅ・・、いいぃっ!!!」

しない安心感からか、久しぶ出しに腰の震が止ま

液は本当に温くて、それが内を満たしていく分かるんです


だしるの・・・」

分くらいったというのに、ジョッペニは硬くてきいまでした。

、相変わが続い内で元気ビクビクいま

のうちはジョッシュいとッとていたんですが、犬ている自がだましく思えてて、私はゴメン西って言いならペニスを引き抜いていまた。

「あ・・、すごい・・

上半起このと同ョッシの精プッと流しいきまし姿

思ってたよりも多量精液がアソコか溢れ、床の上ビチャッと落広がってます

「・・」

私に感じて こんに射精してくれんだと思いながら、垂精液見てしうとっぱり複雑な持ちでした。

夫がてくれないとはい、性欲負けて犬とセックスしまたんです。

おまけに、一目はイタズラでたと言い訳できますが、二目は自分からいしてしったん

に気持ちよくて感じてしましたが、終わとは少し惨



に対するジョッシが変わってしまました。

妙になれ婿なれしくいうか、体をり寄せてたり飛びかかるよう仕草するうになたんです。

私はすに、また体をてるんて分かりました。

でも一度てしまたとはいえ、んなに簡単に割り切はできまん。

ョッがそん態度を取るたびに、当にあしらいながら部屋逃げ込んでしまいました。


なこが2日くらい続いたあと、ペニスを大きくさせたジュが私びついてきました。

詰ま子で足を抱きかかえるようにして、できないとい姿うように何度も腰を振っます。

すがジョッシュが可哀想ったのと、夫や子供のでこらマズイとい、私は仕く相手をあげことしたんす。

「ちょと・・ジョッシュ、てっ!

を脱いでいる途といのに真っ赤なペニスをブルルンと揺らジョッが飛びつてきました

本当に我慢でないというじで、目つってしまったよえま

も、濡れていなのにあんなに太いを挿れるはずがせん。

はどううか考えたあと掲示板てあたことを思出してってい

ョッシュ、めて・」

乳を手にとて股塗り、ソフに仰向けに足をした

示板に書あったとおり、ョッシュはアソコをベロベロと舐回してす。

「あん・・・

熱いルヌルとした舌でられ、私単に感じてしいま

夫のような繊細さはないも熱い大きがダイナミッに動回っています

んあっ、いっ、いい!」

ョッシュが舐めるのを止めるたびに、私はす牛乳を塗って何度もめてもらいました

きいにビチャッとたり、秘唇を割って奥の方まで上げてくれるんす。

そんな事を繰り返しているうちに、私はジョシュのペニスが欲しくてたまらくなってしまいました。


い、挿て・

脚をって引き寄せと、飛びかかにして身上に乗っきました。

ジョッシュは激しく立てきくな股間いほぶつかってき

「ん綿ーーーー調!!!!」

手を逞しいペニスを入り口へとくと、一気奥までズブッと込んきまた。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 女性視点, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様