2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

愛犬との2度の秘密の交尾

 

\ シェアする /



いつものように子供と主人を送り出あと朝食えて湿湿前に座りました

メールをチェックしんですが、今日も依頼は来ていません

できたで在宅る仕事をと思い、はH作成の下請なことをしています。

景気が良かた頃は それなりに忙しかったんです、今ではに1回仕事がまわってくるかどうかという感じです。


かた、私暇つにネット回を始めました。

ターンはだいたいっていて、求職情報やのHPに行ったあと、最Hな告の掲にいくんです。

のセックス綿に興味があるっていよりも求不満だっといのが直なところです。


といも、ができから夫は泊になっそのうしいで ほとんどかまってくれません

はまだ32歳で、身体が疼てわゃないんですが、やっぱり寂

といっ、浮気もいのHPて気を紛せていたんです。



なある日、いつも行掲示板で変わった書き込みを見つけました。

倫しるというんですが、その人の相手は飼っる犬だいうのです。

簡単言えば、ように稿をもましていて戯から犬とを持てしまったいう内容でた。

おま、犬とのクスは想以上の気持ち良さ喋られことので高の浮気相いうのです


稿便たあ、昔の事を思出して顔赤くなりまた。

うのも、分が中学だったとき、犬コを舐めさせた事があったらで

味だは人一倍あセックの時に男の人にアソコといのを雑誌で、どなに気持いいませてました。

でも際にするなできませ退んから、の頃飼って犬にアソコを舐せてみたす。

に誰もいい時を狙っしたんですがく恥ずかしかっこと、気持ちよくて声をまったことは覚えていまた。


や掃除を終て昼食を食べたあ、私はジョッシれて散きまた。

ドを手にいつもの道を歩きがら、Pでんだ体験談が頭のをよぎりす。

はず無いっていならもとな気になって視線がアソコに向いしまうん

私は意識しないように前を向いて、変な気分を早めにげま


「・・・

玄関ってジョッシュのを拭ながら、股間のあたをジッと観察してみました。

も、人間たいスが見るわでもなく、タマタマだけがブララしいます。

ジョッシュ、ほら・・・」




ちょった好奇心、スカーをたげて足を広げてみした。

間相手に発するずなと思ってい、ちっと恥ずしいと思いながらも軽い悪戯て感じ

そしたら、ジョッシュ間に鼻面きて、アソコの匂いン嗅ぎ始めたんです。


だっ!!」アッと思って足を閉じようとする間もなく、そのま進してきたシュに押れて仰向けにってしました

間にョッシがいで どするでき、私は気が動転してオロするだす。

「う・」私身体を押さえつけるようにがらきなョッシュが腰を振り始めました。

つのペニってて、シ布地殿コに何度ってきます

「だめぇっ!

思いって大きな上げると、ジョッシュはな顔をしていきした。

私が殿で起きあがるとョッュはペニスを突きだしたままこちらをジッと見ています。


「あ・・」

めてシュのペニスに、私の目は釘付けになってしまいました。

れはたように真赤なで、亀頭部分が無く尖った棒みたな形す。

おまけ、夫のモノよりも一回りは太く、長も20センチくらいはあそうです


「ホントに・・、気持ちの・・・

示板で読んだ内容を思して、カーッとくなって心の鼓動が一に激りました

が少し変ているとはいんなにペニスを見たのはめてで

とすんて沿思いならも頭の中がグルグルと回って目の前がボッとなっていきす。

度だと思って私はショを脱ぎ捨て、再び仰向けにな足をげました

「あぁっ、やぁ

ュはにのかかてきて、っきと同じように腰を振ってた。

ペニスが股間のあちこちにぶつかりは興奮てどんどん高ていきます。

手が犬だいうとはかっうなってしことがでません

は, たまらなくなって ジョッシペニス手を添え、濡れまくた入口に導いてしまいました。


あは!!!!!」

ョッシュの太いペニが膣口を押し広げ、そのまままでに押し入ってきました

久しぶりの快は我を忘れ、相手いうのに愉悦のが出てしまいます。


すごいぃ

ジョッシュ小刻みに腰を振り立て、すごい勢いでペニスを出し入れしてきました。

でも、私が初めての相手ということもあっすぐてしまうす。

私はそのに自分の膣に導き、けないようにョッシの体っ張っていました

「ひあっいっ・・いいっ!!!」

ジョッュは夫とのセックスでは絶に味い荒で突てきす。

結合部かグチュグチュ稿イヤしい音ま聞こえ、何度背筋抜けていきます。

私は感じす あられもない声を上げ、腰を持ち上げた格好でジョッュに度も射しれていました

「く寿はぁっ・、はぁ・・はぁ・・・」

腰を持ち上げているのが 辛くて身体を落と退ョッシュのペニスが膣内からズルッと抜けていきました

再び目にしたペは血管が浮き出てさらに太なったようの先端からのよ精液ピュッと噴きます


それを何とえないクをけ、いきなり現実にされました。

いとはいのペニスを受け入のう内に射精されてしまったんで

ペニを受れば射精されは当たり前の事すが、私は逞しいペスを挿れもらう事だを考てい、最後にこ事はまたく気になかったんです。


「やっ!!!

西慌ててルー飛び込み、ワーで何度もアコを洗いまし

か妊んてと思いながら確信が無くて気持ってます

ルームを出た そのまま部屋に飛び込み、急いでソコイッを入れットを始めま

「あ、あった・・

あるサイトで詳解説、私は一字一句間違えうに目を皿のうにして読みた。

トには沢山の者の書き込みがあ、セック簿から注意点までが事細かに書かれています。

そうんだ・・、よかった・・・

妊娠の心配はまったくないが分かり、私はホッとしました。

れに、いろいろな寿人の書き込んでみると、犬とセックスしてる女性が それにいみたです。


私は置き去りにしたジョ貿ッシュに済まない気が急いで部屋ら出階段をけ下りていきました。

ングで寝そべっていョッシュは足付き、ムクッ起きがって私の方に駆け寄っました

ニスはでにさくっていてい先えるだけす。

はジョッシュのに抱きいて、体を撫でさっの事を謝ました。

ジョッシュ、もう一ようか・




すごく恥ずかしかたんすが、私はバスタオルをとりました

しないう安心感からか、再び身体が疼いて欲しくなたんで

それ度あ逞しペニスくると思それだけでアソコの潤いがしてきます。


は自分でアソコを弄って充分ができたところでソファ浅く腰掛けまた。

「い挿れ・・・」

秘部を見せつけるよう足を思り広げ、震える声でジョッシュを呼た。

分かっていると思うと、恥ずかしくて身の震えが止まりません。

「んっ・・・」

さっきと同じよにアソコ匂いいだあと、ジョッシュが身体上に覆い被さってきした。

目のョッシの顔が迫り間にはしいペニスがかってきま

あふうぅーーっ!!」

激しく揺れるペニスをり口へ導くと、すにジョッシュのが満たさまし

ジョッュは すごい勢いで腰振り立てンガと責め立ててきます。

「うっ・・、すっ・・、すごいいぃ

突きれるたびにペニス先端が膣奥に当太くて逞んどんと おかしくなってまいまた。

コは洪水のようにビシビショになり、ピストンに合わせるように縮を繰り返します

「あんっ!

の激さにペニスが抜け出し、私はてて腰を押しつけてのモノ内に押みました。

この時永遠に続ばいいとうほどに、ジッシペニスはすごい快感を与え続けくれます。

ねらせてジョッュのペニスを貪りながして徳感でまっていきした。

ぁっ、で・・出てるっ!!!」

膣奥熱いを感然に腰がグッと持ち上がりま

が女なのか、精を深いとろで受け止めようとしいるみたいです。

ッシュも いつの間にかピスを止め、グイッけながらドクド精液を吐き

「はうぅぅ・・、いいぃ・・!!

妊娠しない安心感からか、しぶりの中出しに腰の震えが止まりん。

犬の精本当くて、そ膣内をしていくのがるんです。


ジョッシュ、まるの・・・」

分くらい経ったというのに、ジョシュのペニスは硬く大きいままでした。

、相変ず射続いていて、膣内で元気よビクッビクッて跳ねす。

初のうちはッシュにいと思ってジッとしいたんでがっている自分がだんだん浅ましく思きてゴメン言いらペニスを引抜いてしまいました。

・・、ごい・・・」

上半身を起と同時に、ジョシュ精液がドプッと逆流いきました。

ってたよりも多量の精液がアから上にビ落ちいきます

「・・・

感じて こんなに射精してくれたんだと思いながら、れ落ちてしまうと やっぱり複雑な気持ちでした。

夫が かれなはいえ、性負けて犬セッしてしまったんです。

おまけに、ズラたと言い訳できまが、二度目は自分からお願いしてったんす。

かに持ちよ感じしまいましたが、終わたあとは少し惨りました



の日境に、私対するジョの態度がってしまいました。

れしくなたといり寄せり飛びかかるようをすんです。

私はすぐに、また体を求めてるんだって分かりました。

でも、一てしまったとはいえ、んなに簡単に割切ることはでません。

ジョッシュがそな態度を取びに、は適当にいなが部屋に込んでしま


んなことが2日くたあと、ペニスを大きくせたッシ飛びした。

詰まっで足抱きかかえうにして、辛抱できというよに何度振ってきます

さすがにジョッになったのと、供の前でこされ思い、私方なく相をしてあげることにしたんで

ょっと・。ョッ待っっ!!」

を脱いる途中だのに、真っ赤なペニスをブルンと揺らしョッシュがついてきまし

本当に我慢できないという感じで、目つで変わってしまっ沿ように思

も、れていなのにあんなに太いペを挿れられはずりません

私はどうあと、掲示板書いてあたことを出してチンに走っていきた。

「ジョッシ、舐めて・・」

牛乳を手にってに塗りファ向けにって足開きました

掲示板に書いてあったおり、ョッシュはアソコをベロベロ舐め回しきます。

んっあぁっ・・

いヌ舌で舐め私は簡単に感しまい

夫のうな繊細さはないのの、熱い大きな舌がダイミックに動き回す。



>>次のページへ続く


 


\ シェアする /


関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 女性視点, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様