2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

愛犬との2度の秘密の交尾

 



いつもように子供と稿を送り出したあと、朝の片付けを終てパンの前りました。

メールをチェしたですがの依は来ていません

供ができできる仕をと思いHP姿いなことをていす。

が良かった頃は それなりに忙しかんで、今月に1仕事がまわってくるかどうかという感じです


しか寿たなく私は暇簿ぶしにの巡回めました。

ーンだいたい決って、求職報や趣味のHったあと、最後はH白の掲示板にいくんです

ックスに貿興味があっていうよ満だっというのが正直なところです


も、子供がきてからの夫は泊にってし、そのえ忙しかで ほとんどかまってくませ

はまだ32、身体疼くわけゃないが、やっ寂しすぎ

かとて、浮するの勇気姿ので、HなHPを見気を紛らわせてい



そんなあつも掲示で変わっき込みを見つけました。

倫しいう容なんですが、その人の相手は飼っているいうので

簡単にば、私のように暇をもて、悪戯か犬と係を持ってしまったう内容でし

おま、犬とのセッ上の気持ち良さでられこともないので最浮気だといす。


稿終えたあの事をい出して顔赤くなました

というのも中学生だったとき、犬コを舐させたかす。

興味だけは人倍あってックスの時にの人にアソコもらというのを雑誌んなに気持ちいだろと想像を膨ませていました

でも際にするなんてできませんから、の頃飼っていた犬にア舐めてみたです。

家にない時を狙っしたんですが、すごく恥ずかしかっことと、気持ちよて声を出してしまったこ覚えていました。


洗濯や掃便除を終昼食をたあと、ョッシュを連れ散歩にました

リーを手つものがら、で読んだ体談が頭のよぎ

できるはず無い思いならもとなく気になって視線がアソコにいてうんです。

私は識しないように前向いて分のまま散早めり上げました。


・・・

玄関に座ってョッシ脚を拭き股間のあたりジッ察してみました。

、人間にペニス見えるけでもなく、タマタブラしていま

「ジョッシュ、ほら・・・

ょっとした好奇心からスカートをたくし上て足をげてました。

間相手発情ずないと思っていたので、ちょっと恥ずは思いながらも戯って感じで




そしたら、ジョッシは股間にを近てきて、アソクン嗅ぎ始めたんで


だっ!!!」と思って足を閉じようとする間も、そのまま前進きたジョュに押され仰向けになってしまいました。

足の間にジッシュがで どうする事もできず、私は気が動転してオオロすけです。

うそっ・・」私の身体を押えつけるようにしがら、いきなりジョッシュが腰をり始ました

つの間にかペニスがくなていて、ショーツの布地しにアソコに度も当たきま

「だめ!!

思い切きな声を上げと、ッシュは驚いたような顔を離れていきました。

急いで起あがと、ジョシュはペニスを突きだしたまこちらをッと見て


「あ・・

初めて見たジョッシュペニに、私目は釘付けてしままし

それ充血したよう赤な色で、亀が無くて尖った棒みたいな形す。

、夫のモノより一回りは太く、さも20センいはありそうで


ントに・・、気持ちいいの・・・」

掲示板だ内容出して、身がカーッと熱て心臓の鼓動が一気に激しくなりました。

形が少しわっていえ、あんなに逞しいペニスを見たのは初めてです。

犬とするなと思いながらも、頭の中がグルグルて目の前なってきます。

一度だけと思ってはショーツを捨て、になって足を大きくした

「あぁっ、や〜・・

ジョッシュはすぐのしかかっさっきと同じように腰を激しく振ってきま

ニスが股間のあちにぶつかりは興奮してどんどん高まいきます

手が犬だということ分かっていも、ってまうと止ることがませ

私は, たまらなくなって ジのペニスに手を添え、濡れくった入り口に導いいました。


「あはあぁっ

ョッシュの太いペニスが膣口をげ、その奥ま一気に押ってき西まし

しぶりの快感に私は我を忘れが犬だというのに愉悦の声出てしいます。


あふぅっ、すごいぃ・・・」

ッシ小刻みに腰を振り立て、すごいいでペニスを出しれしてました。

も、私がての相手ということもあっ、す抜けてしまうんで

の度に自分のに導きけないよョッュの引っ張っていた。

、いっ・・いいっ!!

ジョッシュは夫とックスでは対にわえ荒々しさで突います

結合らはグュグチュヤらしい音まで聞こえ、何背筋を電流走り抜けています。

私は感じす上げ腰を持ち上げた格好シュに何度もかれていまた。

「くぁっ・・・はぁ・」

腰をち上げていのが辛って身体を西とすと、ジュのペが膣ルッといきました

び目にしたペ管が浮き出てらに太たよに見え、その端か水のうな精液をピュッピッと噴き出ていす。


私は それを見何とも言えないショック受け、いきなり現実に引き沿されてしま

いとはい犬のニスをえ膣内に射されてしまったんで

ペニけ入れ射精れるのはたり前の事ですが私は逞しいペニスを挿らうだけを考えていてにこうなる事く気にしてんで


やだっ

私は慌ててバルームに飛び込み、何度もアソいました。

まさか妊娠なんてと思いがらもが無くて暗い気持ちになっていきます。

を出部屋に飛び込み、急いでソコンのスチを入れてットで検索始めました。

「あ、あた・・」

とあるサイトしい解説け、私は字一に目のよ沿うにして読みまた。

そのサ愛好の書き込みがあり、セックスの方法ら注意点までが事姿れていま

「そうなんだ・・・・・

妊娠の心配はまったくなかり、私ッと胸なでた。

それにろなの書みを読んでと、犬とセックしている女性がれなにいみたいす。


置き去りにしたジョッシュに済まないがして、急いで部屋から出て階段を駆け下りていきました。

リビングでそべっていたジョッュは足音に気付き、ムクッと起きって私方に駆け寄っきまた。

スはすでに小さくなっていて、赤尿先端が少し見えるだけです。

ョッシュの首に抱きついて、体を撫らさっ事をりました

ッシュ、もう一回しようか・

すご恥ずかしかっんでが、う言ってバスタオルをとりまた。

妊娠しないという安心感からか再び身体しくなっていたんす。

それ、もう一度あの逞しいペニス入っくると思うと、それだアソ潤いが増してます


私は分でアコを弄って濡らし、用意がきたソファに浅く腰掛けました。

、挿れて・・・」




秘部を見せつけるように足をい切り広げて、る声でジシュ呼びました。

自分ら犬を誘っうと、恥ずかしくて身体の震えが止まりません。

「んっ・・・

さっき殿じようにアソコの匂を嗅いだあとジョッシュが身体の上に覆い被さってきまた。

にはジョの顔が迫りは逞いペニスがぶつてきま

ふううぅーーっ!

激しく揺れるペニスと導くと、すぐにジョッシュのモノで膣内が満たれました

ョッシは すご勢いで腰を振り立てンガと責め立てきます。

うあっ・・、す・・すごいいぃっ

一突きされるに当たり、太くて逞しいペニスんどんと おかしくなってしまいまし

ソコ洪水ようにビショビョになピストンに合せる膣口が収縮り返ます。

んっ!!

あまりの激しさ抜け出し、私は慌てて腰を押しつてジョッシのモノを膣内に押し込ました。

この時が永遠に続けばいいとうほどに、ッシュのペニスごい感をえ続けてくれます。

ねらてジッシュニスを貪りな、犬としている背徳感でさていきました

「ふあぁっ、で・・出るぅっ!!!」

奥に熱い迸感じると同退に、然に腰がッと持りました

れが女の本なのを深いところ止めようとしてす。

ジョッシュも いつの間にかピストン止め腰をグイッつけながらクとを吐き出ます

「はうぅぅ、いいぃ・・・っ!!」

妊娠しない安心感からか、久しぶりの中出しに腰の震えが止まりません。

犬の精液は本当に温かくてれが膣内を満していくの殿かるす。


ッシュ、しての・・・

2分くらい経ったいうのに、ジシュのペニスは硬くて大きいまま

れに、相変射精が続いていて膣内よくビッビクッて跳ねます。

うちはジョッュにいと思ッとしてたんです、犬と繋がって自分だんだん浅ましく思、私はゴメン言いならペニスをいてしまいました。

「あ・・、すごい・・・

したのと同時ョッシュの精液と逆流ていました。

思っいた多量液がア、床の上ャッと落ちて広がっ尿きま

「・・・」

私に感じて こんなに射精してれたんだとながら、垂れ落ち精液を見てまうっぱり複雑気持ちでした。

ってくれないとは、性欲に負けてしてしまった

まけに、一度はイズラ言い訳できますが目は願いしまったんです。

たしに気持ちよくてじていましたが、終わっあと少し惨めになりした。



日を境に、私に対するジョッシ態度が変わってしまいした。

妙になれなしくなっ綿いうか、体り寄せて飛びかような草をするうにたん

私はすを求めてるんだかりました

でも、一してしまったとえ、んなに単にり切ことはできませ

ジョッシュんな態度を取るたに、当にがら部屋に逃げ込しまいました。


んなことがくらい続たあと、ペスを大きくさせたジョッシュが私に飛びついきまた。

切羽まった様子で足を姿抱きかかえるようにして、辛抱できないといよう度も腰振ってきます。

ッシュが可哀想になったのと子供の前これをされたと思い、私は相手をしてあげることにしたんです。

「ちょっと。ジシュってっ!!

服を脱いでいる途中だというのに、真っ赤なペをブルンブと揺らしてッシュが飛びつてき

当に慢できないとい感じで、目つまで変わってしまっうにえま

、濡れていないのにに太いペニスを挿れれるはずがりません

どうようか考えたと、掲示板に書いあったことを出してッチンに走っていきま

ジョッシ、舐めて・・

牛乳を手とっ股間塗り、ソァにけになって足を開きました

掲示書いて沿おり、ジョッシュコをベロベロと舐してきます。

んっ、あぁっ・・・」

熱いルヌルとし舐められ貿私は簡単に感まいまし

夫のうな繊細さはものの、熱いきな舌がダイナミッに動きいます

「んあっ、いっ、いいっ!!」

ョッシュ舐めのを止めるたびに、ぐに牛乳を塗って何度舐めてした

きい舌簿がアソコにビチャッとあたり、秘唇を割って方までげてくるんです

を繰り返ているうちに、はジョッのペニスが欲しくらなくなっていました。


い、挿れて・・・」

前脚持って引き寄せると、びかかるように身体の上に乗ってした。

ジョッは激し腰を振立て、大くなったペニス間にいほどぶつかてきます

「んうぅーーーーっ!!

を添え逞しニスと導と、奥までズブッと入り込んできま



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 女性視点, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様