2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

愛犬との2度の秘密の交尾




いつ子供と主人を送り出した、朝の片付けを終えンのました

メールをチェしたんです今日事の依頼は来ていん。

供がきたの在宅ででる仕事と思いP作成のたいなことしてい

気が良かった頃 それに忙しです、今では月に1回仕事わってくるかかというです。


かたな私は暇つにネットのを始めました

パターンはだいた決まっていて、求職情報や趣味のHに行ったあ、最後はHな告白掲示板くんで

他人のックスに味があるってりも、欲求満だったうのがなとろで


いう調のも、子供ができてから夫は調泊になっまいそのしいとかで ほんどってれませ

私はまだで、退が疼くってわけじゃなんですが、やっり寂しすぎます。

といって、浮気もないのHなHPを見て気を紛わせてす。



んなある日、いつも行く掲示板変わった書き込みを見つけました。

しているという内容なんで、その人の相手は飼ってる犬だというす。

簡単えば、私のように暇をもてあましていて、悪戯から犬と関係を持ったという内でした。

まけに、犬とのセッ姿は想 以上の気持ち良さで、れることもないので高の浮気手だというのです。


稿み終えたあと、昔の事をが赤くました。

というのも、自分が中学生たと、犬にアソを舐めせた事があらで

あのは興味一倍あって、セックスの時に男の人にアソコをめてもらうというを雑誌で読み、どに気いいだろうと想像を膨らませていました

でもてできませんから、その頃飼ってアソを舐せて綿みたんです。

家に誰もいない時を狙ってしたん、すごく恥ずかしかったことと気持ちよ声をしてたこと覚えていした。


掃除を終て昼食あと、私はジョッシュを連れ散歩に行きました。

ドを手にいつの道を歩きら、H読んだ体験沿が頭の中よぎります。

ず無いって思いながらも、何となくになって視線がアソコ向いてしまうんす。

意識しないようを向いて、変な気分の散歩を早めに切り上げま


・・・・」

玄関に座ってきなが間のあたりを察してみました。

でも、人間みたい見えるわけもなく、タマタマだけがブラブラしていま

「ジョッシュ、ほら・・・」

ょっとし心からスカートをたくげて足を広まし

人間相手に発るはずないと思っていたのょっと恥ずかしいは思ながらも軽いて感




そしたらジョ簿ュは面をコのいをクンクぎ始めたんです。


「やだっ」アと思って足をる間もなく、そのまま前進しきたジョッシュに されて仰向けになってしまいました。

足のにジョッシュがいるので どうする事もできず私は気が転してオロオだけです

う、・」私のえつけるようにながら、退りジョッシュが腰を振り始ました。

にかペニきくいてショーツの布地にアソに何度たってきます

「だめぇ!!!」

思い切って大き上げると、ジョッシュ驚いたようなをして離れ

急いであがる、ジョッシはペを突だしたちらをジ見ています


「あ・・」

初めたジョッュのペニスに、私の目は釘付けてしまいまし

それは充血うに真赤なの部が無くてった棒みたいな形す。

おまけに、夫のモノよりもりは太く、20セくらはありそです


トに・・持ちいいの・

掲示板で読んだ内容を思い出して、身体がカーって心臓の鼓動が一気にしくなりまた。

が少し変わってえ、あんに逞しいペニス見たのは初め

するなんてと思いながら頭の中がグルグルとっての前ボーッとます

一度だけならと思って私はショを脱ぎ捨て、再び仰向けなって足大きげま

「あぁっ、やぁ〜〜・・

ジョシュはすぐにのしかかってき、さきと同じ腰を激し振った。

ペニスがあちこちにぶかり、私興奮てどんどん高っていす。

手が犬だということは分かっていても、うなてし止めるとができまん。

私は, たらなく ジョ尿ッシュペニに手を添え、濡れった入り口てしまいした。


あはあっっっ!!!!

ョッシュの太いペニス膣口を押し広そのまま膣奥で一気にってきまた。

久しりの快感に私は我を忘れ、相手だとのに愉悦の声てしまいます。


「あふぅっ、すごいぃ・・」

ジョッシュはみにを振、すごい勢いでペニスを出しれしてきした

も、私が初めての相手ということ、すぐに抜けてうんです。

その度に分の膣内に導、抜けなうにジシュのを引っ張っていました。

「ひっ、いっ・・いいっ!姿!」

ッシュ、夫とスで対に味わえ荒々きま

合部からはグチュとイヤらしい音まこえ、背筋電流が走り抜けてい

私は感じて あられもな上げ持ち格好でジョッに何も射し貫かれていました。

くは・・はぁ・・はぁ・

腰を持ち上げているのが辛くなって身体を落ジョッシュのペからズと抜ていきました。

び目した浮き出てらに太便ように見え、その先端ような精液をュッピュッ噴き出しています。


を見て何とも言えいショを受、いなり現実に引戻されまいました。

いとはいえ犬を受け入れ、その膣内に射精されてしんです

スを受れれば精さるのはり前の事でが、私は逞しペニス挿れてもらうけを考えてい最後なるはまったく気にしていなかたんです。


やだっ!!」

は慌バスルーに飛込みワーで何度もアソコを洗いま

さかんてと思も、確信が無くて暗い気持ちになっていす。

ムをた私は そのまに飛び込急いでパソコンのッチてネトでを始めました。

た・・・

とあるサイトで詳しい解説を見つけ私は一句間えないうに目を皿のようにして読みました

そのサイトは沢山の愛好者の書きり、セックスの方ら注意点までが細か書かれてます

「そうなんだ・・、よかっ・・・」

妊娠配はたくない事が分かはホッと胸をなで下ろしました。

それに、いろいろなの書き込みを読んでみると、犬とセッして女性が そにいるみた


き去にしたジョッシュない気がして、いで屋から出階段駆けまし

リビングで寝そべってジョッュはに気付きッと起きあがて私の方駆け寄ってき

スはすでに小さくなってい、赤いし見るだけです

ュの、体を撫でながらさ事を

「ジョッュ、もう一回しようか・

すごく恥ずかですが、はそう言てバスオルをとりまし

妊娠しないいう安心感からか、再び身体が疼いてくなってたんです。

に、う一度あの逞しいペニが入っくると思うと、そでアソコの潤いが増しきま


私は分でアコを弄って充分に貿濡ら、用意できころァに浅く腰掛けまた。

「いいよ、挿て・・」



秘部を見つけるように足を思い切り広げて、震える声でジョを呼びまし

犬を、恥ずしく体の震えが

「んっ・・・」

と同じようにアソコの匂い嗅いあと、ジョッシュが身ってきました。

目の前にはジョッシュのが迫り股間に逞しペニスがぶつかっきます

「あふううぅーー退

激しくるペニスを入り口へと導くとすぐにジョッシュのモノで退が満たされました。

ュは腰を振立て、をガンと責め立てきます。

うあっ・、すっ・・、すごいいぃっ・・・

されたびにペニスの端が奥に当たり、太くて逞しいスでどんくなってまい

は洪水のよショビョにな、ピストンに合ように膣口が収縮を繰返し

「あんっ!!

まりのさにペが抜け出し、慌てて腰を押しつけジョッシュのモノを膣内に押し込

の時が永遠に続けと思うほどに、ジョッシュペニスはごいを与けてくれま

をくねらてジシュニスを貪りながら、犬とている背徳感でさらに高まきました

あぁっ、で・てるぅ〜っ!!!」

膣奥に迸りを感じると同時に、然に腰がグッと持ち上がた。

女の本能なのか、精液を深いところで止めうとしているみたです。

ジョシュもつのにかンを止をグイッと押しつけなが液を吐きてき

うぅぅ・・、いいぃ・・・

妊娠し心感からか、久しぶ中出しにが止まりません。

犬の精は本当に温かくて膣内を満してのがるんです


「ジョ、まだしるの・」

らい経ったというのに、ジッシュのは硬て大きままでした。

それに変わらず射精続いていて、膣内で元気よくビ寿ッてねてす。

最初のうちはジョッシュにと思ってとしんで、犬と繋がって自分がだんだしく思えてて、私はゴメンって言ながらニス抜いてまいた。

「あ・・ごい・・・」

上半身を起こしたの時にシュの精液がドプッと流していした

思っていたよも多量のがアソコか溢れ、床の上にビャッと落ちて広

・・・」

感じんなに射精してくれたんだと思ながら、垂れ落ちる精液を見 やっぱ気持ちでした。

が かまってくれいとはいえ、性欲に負けて犬とセックスしまったん

おま、一はイズラでしい訳きますが二度目は自らおいしてしまったんです。

たし気持感じてしまいましたが終わっとは少し惨めになりま



あの日を境に、私に対するジョッシ度が変わってしまいました。

妙にれなしくなったとい、体をすり寄せてきたり飛びかかるような仕草をようたんです

はすぐた体を求めてるんって分かりました。

も、一度してまっとはそんなにることはできん。

ジョュがそ態度を取るたびに、は適当にあしらながら部屋に逃込んでしまいました。


なことが2日くらいいたあとペニスを大きくさせたジョッシュが私飛びついきました

切羽詰まっで足を抱きかかえるして辛抱できないとい度も腰振っきます。

さすがにジョッシが可哀想ったのと、夫や子供のれたズイ私は仕方なく相手をしてあることにしたんで

っと・・ジョシュ、待ってっ!!」

脱いでいる中だというのに、真っ赤ペニスルンブンと揺してシュが飛びいてきました。

当に我慢できないという感じ目つきまで変わっしまっ思えす。

でも、濡れてあんなに太いスをられるはずがありません。

はどようか考えたあと、掲示板に書いてことを思いしてキッチンに走っていきました

ジョッシュ舐め

を手て股間にり、ソファに向けにて足を開まし

板に書いったとおり、ョッュはアソコをロと舐め回しきま

あんっ、あぁっ・

熱いヌルした舌で舐めれ、私は簡単に感てしまいました

ような繊細さいものの、大きな舌がダイナき回っています。

「んあっ、いっ、いっ!!」

ジョッるのをたびに、私はすぐ牛乳を塗って何度も舐めてもらいました

きいチャッとあたり、秘唇を割って奥の方まで舐め上げんで

そんな事をしているうちはジョッシュのペニスがしくてたまらなくなてしまいまた。


「い、挿れて簿

脚を持って引き寄せると、飛びかかるにして身体の上に乗ました

ジョ寿ュは激しく腰を振りたペスがどぶつかってす。

んうぅー!!!」

手を添えて逞しいペニスを入へと導くと一気でズブッ入り込ん



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:獣姦, 女性視点, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様