2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

接待で慰みものにされ続けていた妻

 



私はるサークルで妻と知り合

い美人と言う訳でも無く、特に目立つ存在では無かった、笑顔が清潔あり

も一下がって微んで様な大しいに惹際を込んだ


既に29歳だったが、い付き合ってみると半年経っもキスら許ず、性的に問題るのかとさえった事もる。

その問題が、過酷い性的虐待を受けたか以前付きっていた男に暴力的なセックスを強いられ精神け付ないなっているとれば上手やってなど無かっが、妻に惚れっていた私は更半年付き合ってから結た。


意外にも初夜 事無くムーズにわり、妻が処女だった事に安心拒んでいた理由を聞く

られ「結て、供が欲しいからという目あればけれどそうではなくてだ本能曝け出すの行は、恥かしく出来った」と言う。


その後もが誘えば拒否す事も無く、子供もすぐに出来たが、何年経っても妻は あくま身でず、私が覆い被さる体位以外は嫌がって受け付ない

そのよう妻は、他人かックス縁に見えるらし、家で友人達と飲時に「子供いるいうは、優子さんも、最低で回はセッスをた事」とらかれたほどだ。


かに妻は、はしない好きな方ではう。

おそらく自を全て曝け出す事が恥ずかしくしむどころでは無かたのだろう

--------------------

が変わり始め35歳を過ぎた

その頃娘自分の部屋で眠るうにった事もきかった様だが、徐々に感じ方が激しくなり、言葉には出さないものの色気のある下着を着けるどして、遠回しにはあるからて来うにな

まけにどの様な体位も拒まなくなり、私もそのな妻化が嬉て、求に退えていが、

年もしてが小学校に上た頃には、生毎晩のようれるように5歳上の私には流石に毎晩は応えられない


「あのー・・・・・・言いだけれど・・・・・・

「夫婦か。何でも言ってみろよ」

「アダ・・・ビデオを・・・・・・」

V?

他のお母さん使達が・・・最近の凄いと話して・・・・・近のも何も私はも見が無いか・・・・・・・」


借りきて見せると、初は恥しそう横目で見も、に私の存在など目に入くなり、釘付になっもしない入っていた

妻が、AVを見て呼を乱しるのを見て興奮し、次にダビングされたビデオは増えていく。

その後いつの頃からか、妻はビデオを真似するようになり、今迄なら私も腰を使わないと物足なかたフェラも、少しも油断すと出されまいそうになるほど巧になった


妻が上になった今迄なら恥ずかしそうにしていだけだたので私が下から突上げいたが、

デオを見るようにってからは自ら積極的時にはスクワットをしていのように、大き股をいて上下に激し動く事もある


そのな妻足していたが、妻の欲求はれだけ止まい。

んなのでされ気持ちい西のかななのを使たら、どの様なのろう?




デオ見な

バイブを買ってやろうか?」と言うと、流石

怖いから私無理言っ

じゃータを買ってやうか?」言う問い掛けには、恥かしそうに俯きながら「はいえた


1つ加わった事でセッスの巾が広がり、妻は以前も増して快感を貪様になって行ったが、妻急激な変化に驚てばかり昼は淑女で夜は娼婦様な妻を楽しんだ

--------------------

そん妻にまたが訪れたのは娘が2年生になった頃だ

セックスの回数が終には私が使ても「ごめなさい。お仕で疲れてしまって」と言って拒否するようになる

仕事いうのは、娘学生なっのを機会に、一年前稿からトとめ出した縫製工場。


連日拒む妻に浮気をみたが、私にはになも、に海水浴場で着になれ妻が、私以外に裸など考えれず、妻に限ってそれは無いと打ち消す


逆に私は妻の体を心し、一に看もら姿様に勧めるがは ただ使の疲と言って行こうしない。

はミンを担当るから様な殿もあるらしいの

頃は張り切っていし、ない事で緊張ていから逆に感じなど、

かな仕事だから一って慣た頃に、根をめていたれが一度に出る事があるしくて。

大丈夫だから心配しいで。ありう」


も拒され続け、セッレスのになってしまう


来なほど疲れるら、そんな仕事はてしま


「ごめんなさい。ようやく慣れてきた仕事だから続けの。今は大婿から

じたが、いざ始まってしまうと以りも激し乱れ、久し振りック興奮したが今迄に無い責め続けと、我を忘た妻は、最後の底に突うな言葉を叫果てた。

メコ・イク〜」

ック退スに積極的になっていた時でも、妻の様な言葉を口にした事は一度も無くに以見たビデオが浮で真似をしたとし持っるビオに出て来るのはオマ殿と言方だが、確かに妻メコと言った。


感でぱいになったが、はそ様なを口にした事すらえていな

けない事に、妻が浮しているか知れない思ったけで、私は吐きそうにるほ動揺し、真実を知簿のが怖自分必死にち消て、妻の行動を調べる事すせず逃げてい、私の気持ちなどる由無い娘に止めを刺る。


「お母さ今日どこに行ったの社長のおじち綿ゃん緒にくて大きな乗っいたよ

は以前物をした時に、一に連れてもらった事があり、その時社長からお菓子もらたので顔をえていて理科業で川った、そ社長転する車の助手席にが乗っていたのを見た


に疑いを持つ前なら、気にもし聞き流していたかも知ない聞をむ振りをしなが、妻娘の会に聞きっていた。

「え・・・え・・・社長のおじちゃと・内職の所仕事を置きに行たの

妻はミシンを担当していのにして社長と内さんの所へ行かければらないのか。

より妻はらかに焦っていて、言に詰まっ事が気になる

「おさんは、た事のいお洋服を着ていたよね?」

「何を言の。もいいら、早食べてしまい」

妻の装の事は娘の見間違いも知れないったが、内職回りをするのに、高級車にっていた事も気になる。


「いつ社長内職回りをか?大変だな

は新聞を見ながら、あえて妻がなぜ一に乗ってのかは聞かずに尋ねた。


っ?・・・・あなたも知ってように、会社と言ってもさな会社だから、係りの人だ時・・・・・・・・・

私は2人の関に疑ったが、他の員の目もあり、昼間から便社長と不いるのは考い。

時間かいなくな当然他の噂になり、人前で声すら出せない、他人のにするにはえらいだろ


妻がと不倫しと仮定して考てみた。

二人昼間からている事は考えられそうと言って5時30分には帰って来事は娘のからも間違いないの、仕事が終ってから会っている事も考えらない。

が忙しれたて、2月前から土曜も仕事に行になったが、私が休みなで いつもよりも早い4時には仕を切させてもらって、4時迄に必ずて来る

休みの日は買い物に行っ、まれに娘の同母さん達と食事に行く事もあるんど私といる事が多く怪しい行動も無い。

そう考えると社と浮するころか、他の男とも浮気出来るような時間は


れから多少気なったものの、妻とは近く離れている社し、を疑っている自が情けなく思え

しかし そうは思ってやはり心のどこかでっていたのかも知れない。

故なら、以前よ妻のを注く見るようになっていたから。

そして気が付いたのは、必ず夜の9時にトイレる事だ。

れは何途中で、例えトレに5に入ったでも変わらな

忍び足でイレ付い、悪趣味だと思ながらも聞き耳をたてた

「・・・・はい・・・・・主人とは・・・・・

は誰かと話しいた、声が小さくて取れ

翌日はもう少近付いたが、やは消え入ような声で話していて、分かったの全て敬語でていらい、内容では分った


不信が増した私は、思い切っ妻のに行みようと決し、土曜日、娘を近所の家にて妻勤め先に向かうと、驚いた事っていて誰もいない

然として立ち尽くしていると、その縫製工場が入たライトバンが止り、てきた年に声をけられた。

か用?」

今日は休みなのですか?」

はと言うか年もはずっ休み

「ずと休み?最近忙しくなって、土曜も仕事か」




「いや。どんどん仕事は減一時は男の4人いてートさん0人以上いたが、今では安い押されて、俺だけでパートさ人しかいな

職などは80軒も抱えていたが、今は10件だけだ」


これで妻が、社と浮気する時間が出来てしまった。

が出来たと言うよりの94時まで時間もある。

後も男は、暇になって土曜がなった理由懸命聞かせてたが、私にはど良いだった。


「みなは休みな回りですか。大変ですね」

終わって欲くて、嫌調分に沿い様な言で話割り込んはその寿について話し出す

俺は定年も過ぎていからのぐいの事はしなとクビにる。だかここ2年俺だけて来一日休んだ事が無い」

「土曜意外も休事は無いですか?」

だか、ここ2年西も休んだ事無い」

一つ妻のが明らになてしまった。

ところで、あんたは何の用で?」

事は言い難く、咄嗟に同業だと嘘をいた。

「仕事無くて、何か回して頂無いかとって

長は自宅いると思うが、無と思うち仕事が減困っいる状態だか

目元で行ってみると言って、長の宅をして向かった近付に連れ心臓婿動が早まる


長の自宅は古くて大きな一軒家で、苔の付いた古い門柱にチャイムのボタン込まれていで押した、壊れているのか返事が無い。

仕方なく勝退に門を入る黒い級車のの軽止めてあた。


玄関のチャイムを押し、やはり返事が無いのでと洗濯物が乾してありその中の真っ赤なパンティーとャーが目を惹

「はーい。どなですか?」

の時 表の方から、き覚る声がしたので関に戻ると、そは見た事も無いミのワンースを着た妻が立ってが、私の見るり絶句して震した。


後ろ髪が少し乱れているに気いた絶望感から何も言に そ場を立ち去ったが、どのって辿り着いたのかさ覚えてい


1時間って、やく妻は帰ったが、何も言わずに涙を流がら正座る。

泣いててはからない。説明し

得意先の社が倒産して、ただでさえり続けていた仕事は激減し、一新入り妻は人整理対象なったが、時 社長う仕事を頼れる。

どうて隠していた!」

つもりは無かったですただ・その様な仕は駄目とそう・・・・いつかは話すつりでた」

言えないような仕事は、どの様な事を稿していた

工場にいかないけれど、新しい商品の生地や材料を選で決めたり・

の商を見に行ったり雑誌を参考にたりデザインを決めたり・・湿・・・・・

他には掃除、洗濯宿事などの家事一・・・・・」


「社の奥は?」


年前に離婚されて、出て行かれたので・・・・

は離した奥さんをしていたようが、そこには性欲処理も含まれていたのでないかと疑ってしまう。

「社長は?

「いません」

妻のしだと社長は一人暮らしにそれでは洗物の中にあた、真っ赤なパンテとブ説明がかない

「社着を穿くのか?」

「え?」

っ赤なパンティーがてあった

れは・・・・・私は分かりん。

衣籠の中物をっているだから・・・

からの事は分からいので・・・・・・

の話退じた気持ちいが、余りにも不審事が多ぎる


「あは何だ!い時でも穿かなかったよ穿いて」

様も多いで・・・・

の服装は趣味いからと・・・・・

ようなもと言われて・・・・・・・・


「とにかく、嘘をばならないような仕事は今辞めろ分かな!


い・・・・・ごめんさい


セックスレ嘘を吐いて仕事に行く。

トイレにれて携帯電話。ミニスート

乾してった真っ下着

よりの質問に答えている時の お態度ど、不な点西て信私は実を知るのが怖くなそれはのたでもあと言い聞かせ、このま済まそうとした。


しか持ち堪えられ夜にな便るとてしまう

妻が真っ赤なパンティーを穿かされてミニのワンピを着て掃除をしている。

れを離た、欲求不五十が笑を浮か見ている。退たして見ていだけで済だろうか。

いや、済はずが無い。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, ハメ撮り, 浮気・不倫, SM_調教, 性癖・プレイ, メンタル, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様