2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

汚嫁の浮気現場に凸で間男をボコボコに。その後、一度行方知れずになった汚嫁のその後。





144 :GR ◆VqAoUIPv/KqX :2014/05/11(日) 14:17:59.46
基本スペック


俺30代半ば、

嫁30代前半、

結婚6年目、小梨、持ち家新築3年目

間20代後半 嫁の職場の同僚


嫁、昨年お盆前後から残業が増える

定時上がりが基本だが、人手不足のため結婚前にいた部署からヘルプ依頼されているとのこと

今迄無かった休日出勤と夜勤が増える

勤続12年にして初の慰安旅行

おかずが冷凍食品とお総菜に移行

前年から積極的に子作りに励んでいたが求めないし拒否(子宮内膜症と言ってた)

夜勤の翌日も そのまま継続して日勤に移行するので流石に怪しむ


11月初旬、嫁の職場の事務職に妹の友人が勤めていたので恥を忍んで協力を依頼

嫁が同じ職場で働いているのは妹経由で知っていたが、嫁は彼女と俺に面識があることは知らないはずとのこと

スタッフ500人を超す組織なので嫁と彼女も直接話したことは無いとのこと

残業や休日出勤の事実は一切無く、社員旅行は無いという事実も判明

部署内で怪しいと噂が立っていたので あっけなく間男の目星は付いた


興信所に依頼

最初1週間17時以降の嫁の監視と週末全日監視

初日から真っ黒でその週に2回、土曜日は1日ラブホにしけこんでいた

念のため翌週も張り付いて貰ったら やはり週に2回ホテルに行き、金曜日は俺に夜勤だと言って泊まっていた

土曜の朝に帰って来て日曜は また休日出勤


興信所と罠を張って現場に凸ったのが12月最初の金曜日

証拠固めて浮気現場に乗り込んだときも一時の過ちぐらいは許してやろうと思っていた

現場を抑えれば今後の結婚生活を優位に運べるし罪悪感を突いて虐めてやろうぐらいに考えていた


ところがホテルから手を繋いで車に向かう二人を見た瞬間に間男に突進して股間を思い切り蹴り上げてしまった

『カッとなってやった』ってやつだ

蹲ってうめく間男に覆い被さってかばう嫁

ムカついて嫁の背中を土足でグリグリしながら

「お前はその男の方が大切なのか」って言うと、「あんたなんかよりずっと大切だ」と叫ばれた


間男のことを本気で好きだとか凄い剣幕で言ってるし、これはもうダメだと感じて、

「もう終わりだな。離婚しよう」と俺

「わかった。清々する」と嫁


間男をかばい続ける嫁に、細かいことは帰ってから話し合おうと言って別れた



145 :GR ◆VqAoUIPv/KqX :2014/05/11(日) 14:18:54.44
家に帰って嫁をつも、結昼になっても帰て来ない

もう婚した気でと思と無性に腹が立った

電話の一本越さに腹立つが、なって電話出来分にもっと立った

出て。話るよにな連絡くれと書きビジ泊まっ


月曜日に休みを取ってウィクリーマンショを契約、一旦家に湿って面の着えや日用積めるだけに積んで家出た

してくれた妹友人に顛末

一旦電話を切ってしく後にり返しくれた彼女か嫁が無をして聞く

末に間男とが旦にバて逃中という噂を流してきたとのこと


興信所を紹介 相談に乗て貰ていた友人に顛末

をよく知っている友人は離婚を残念たがへ進めと言


その日の夜、見知若い女ねてきて数ヶ月レスだった俺夜を共に

ちなみに友人は広範に拠点を持つ女性遣サービスの管理者



147 :GR ◆VqAoUIPv/KqX :2014/05/11(日) 14:26:43.27
俺と話しもすっぽし、職場放もしくらました4日後に、離に住む義両を伴ってやって来た


あの日は気がにも無を言ってしまった

恐くて家に帰れなかったので一人で』ネットカフェに泊まってから実家に帰った

たのこしかしてい

・許くれるのなら

残業夜休日出勤でこの数ヶ月家庭をかにて申し

仕事を辞めて家事に専念してあたに尽した綿

の日た当に気の迷いであんな所(ラブホ)に行ってしまってうかして

々一方当な事を言う嫁



こから

・嫁イムのコピ4ヶ月分を出し毎日寿時で残業休日出勤てい便いこと

・慰安など無かった事の証

・2週間張付いて合計6回のラブホ出入写した写真信所の報告

職場は かななってて 知いのは お当事者ふたりだけ

・協力者がバラして すで職場ではんでいる真相は みんてい

々悪行全部レてきつけてやっ



いつまでもぐずぐず言う嫁に引導を渡してやると泣きれた

子宮内膜症だっ?夫とは出来ずに間男来るんだな。 それともラブホに治療して貰ったのか?


離婚届に記入して会社まで送って欲しいと言って家の鍵を嫁前に置

ときに義理の両親が申訳ないと頭を下げ、こちら申し訳ありせんでたとを下げて



148 :GR ◆VqAoUIPv/KqX :2014/05/11(日) 14:28:16.44
以前 嫁の携帯から抜いた間男の携帯に連絡し、間男と市内のファミレスで待ち合わせ

間男は開口一番「申し訳ありませんでした」と最敬礼

会話はトラブル防止のために録音することを伝え、暴力の件を謝罪する

金曜日のことも全て録画してあるので 私を警察へ訴えたいのであれば 全て提供すると宣言

こちらの要求を通すためには一歩も引かない構えを見せる


間男の証言

・金曜日はあの後二人でネットカフェに泊まった(間男は宿舎住まいで同僚の目があるため連れて帰れない)

・嫁が家に帰れないというので嫁の実家近くまで送り届けた

・嫁とは姉弟のような関係であり結婚するなど考えたこともない

・あの日つい出来心で誘ったら付いてきてくれて関係してしまった



俺のターン

・家庭はもう壊れた。あなたには誠意が感じられない

・先程嫁にも見せたラブホへの出入りの写真を報告書に沿って見せる

・嫁が残業だ夜勤だ休日出勤だと言った日全てが報告書の記録とピッタリと一致する

・8月から続いていることは調査済み

・10月に二人で旅行に行ったことも調査済み

・改めて、あなたは妻と結婚したいのか?



間男の言い分

・本当に家庭を壊す気など無かった

・自分たちは最初出来の悪い弟と姉のような関係

・いつも彼女に慰められ全部彼女にして貰っていました(不倫の上に近親相姦ごっこかよ、気持ち悪い)


本気で気持ち悪かった

目の前の情けない男に姉のように接しながら下の世話までする嫁の姿をリアルに想像してしまった

多分この時から嫁に対して気持ち悪いという感情が生まれたのだと思う



149 :GR ◆VqAoUIPv/KqX :2014/05/11(日) 14:29:35.27
間男への要求

・あの日の暴力と不貞に関しての慰謝料を相殺

・離婚をするので責任持って嫁の面倒を見ろ

・職場への報告


嫁に関して自分のせいで離婚するので結婚は考えられないが出来るだけのことをすると約束

職場への報告は かなり難色を示したが こちらは、職場報告が飲めなければ会社を辞めて傷害で逮捕される覚悟と高額慰謝料を請求して裁判する構え

そして口調をガラッと変えて こう言うと諦めて了承した

「お前ら随分前から職場で噂になっていたぞ。上も薄々感づいてるはずだ。

今回の協力者に箝口令を解いたので、昨日から積極的に嫁が出勤しない真相を流しているはずだ。

金曜日に嫁をすぐ送り届けていれば こんなことにならなかったのに。本当に残念だ。

昨日今日、職場で変な空気を感じなかったか?

あと、俺達の仲人が誰なのか知らないのか?」


仲人は俺実家近所のおじさん@医局長

十数年前に父が胃がんの手術をしたときの主治医であり、家族ぐるみの付き合い

俺がそこの看護師とつき合っていると知ると自ら仲人を買って出てくれた人



嫁実家に電話して義母に伝える

・間男と話を付けた。嫁の面倒を見ると約束させた

・あの日一人で居たと言っていたのはまた嘘で、翌日そちらに送り届けるまで間男と一緒だった

・別れてくれるなら慰謝料請求をしないし共有資産も全部渡す

・1日でも早く無駄な結婚生活を終わらせたいので離婚届を早急に送って欲しい

・年内に届かなければ弁護士を入れる


翌日、妹の友人を通して嫁の上司と間男の上司にアポを取って貰う

その席には仲人も同席してくれて、最大限力になると言ってくれた

親しい知り合いに優しい言葉をかけて貰って、初めて泣きそうになった



少し後の話、間男は自主退職に追い込まれた

レジデント途中の退職者に当面再就職は難しいはずだとのこと

間男は そんな状況で実家に戻る際に連絡をしてきて再度謝罪

奨学金を返済しているので これが今の自分の精一杯だと言って以前不要だと言った慰謝料を渡してきた


155 :名しさん@お腹いっぱい。:2014/05/11(日) 14:50:04.75
間にも嫁アマアマな対だな

り1発と慰謝料チラはないわ


160 :GR ◆VqAoUIPv/KqX :2014/05/11(日) 15:08:46.41
>>155
一発蹴りを入れたこで誤魔化思ったけ実はンボ顔を狙ってパンチを入たら外れて喉に当たってしまった

吸が出来

まだ何かしようとしらしいけど興信所の人に羽い締され、そこで嫁は間男に覆い被て俺に暴言の嵐

DQNだよな




154 :GR ◆VqAoUIPv/KqX :2014/05/11(日) 14:44:24.25
家族にも顛末を報告し、これで離婚届さえ届けば晴れて自由の身

嫁からの大量着信・メールを着信拒否にして、毎晩 会社の前に佇むストーカーを無視して仕事に逃げ込む日々

ストーカーは最初誰だか分からないほどボロボロだった

目の上はお岩さんのようなたんこぶが出来て顔全体腫れ上がり、頬は赤黒く変色していた


後に聞いたら俺が電話した後に激怒したお義母さんに泣きながら殴られたとのこと

子供の頃にも叩かれたことが無かったので体より心が痛かったと言っていた



そんな翌週にクリスマスを控えた12月の日曜日の夜に事態は思わぬ方向に動き出す

母親曰く、嫁を許してやれ

耳を疑った

つい先週顛末を語ったときには憤慨していた母が許せと言う

母だけでなく父も妹も同じ意見だと言う

土曜日の夜に嫁が謝罪をしに来たらしい

最初 玄関先で謝罪を受け、許すつもりはないと玄関から閉め出したそうだ



それから数時間後、妹が家に帰って来ると玄関先で土下座をしている嫁を発見

玄関は道路から死角になっているので見られる心配はないが、迷惑だから帰れとだけ言って家の中に入ったそうだ



そして翌朝、新聞を取りに出た父親が土下座を続ける嫁を発見

昨夜追い出した時から実に12時間

さすがに不憫に思って よろける嫁に肩を貸して家に入れたそうだ

そこから俺に連絡もせず嫁の話を聞いてやる3人

・自分が全面的に悪い

・ここ数ヶ月頭がおかしくなっていた

・気が動転して俺に暴言を吐いてしまったが本心ではない

・子供が出来ない事をここ数年思い詰めていた

・最近は特に周囲から子供はまだかと言われて耐えられなくなった

・そんな時に見たくない物を見て完全におかしくなってしまった


俺の子供のアルバム




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:復讐  |  タグ:すっきりした話, 泣ける話,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様