2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

3.11の日にSEXしたせいで2年後の昨日えらい目にあった話する




http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1363064722/


1 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 14:05:22.26 ID:lVxDz0ik0
立つかな





2 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 14:08:57.51 ID:njC5+uXQ0
続けたまへ




3 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 14:09:34.97 ID:lVxDz0ik0
立った。勝手に語っていく。

スペック
 俺:当時32歳、今34歳
身長175程度
 IT会社勤務

 後輩ちゃん:当時23歳、今25歳
 155cm程度ちっちゃい
 胸でかい





4 : 本日の利用料 3,720円 :2013/03/12(火) 14:13:08.55 ID:LDnpYA4B0
はよ




5 :1:2013/03/12(火) 14:16:31.31 ID:lVxDz0ik0
ちの社は所謂昔前ベンチー上がり、現在東証一部の会社。

途入で入っは判りやい肩書きで言えば
係長プロジェクトリーダよう事をやっているね。

そこそ力の高いチムだ負している
2年前までチのメーと以下のような感った。

とのやりとかとのやりとかへの指示

デブ38歳位、割と優秀なプログラマで うちのチムの出力
対人関力は低い。会社PCのデプがァの紙だっ
りするよう

ジジ:50歳位、に立たなけどブのフォーが困っ
時に役に

:28歳位、俺の後釜因だがても用係かけ出ない







6 :1:2013/03/12(火) 14:23:06.22 ID:lVxDz0ik0
基本デブの出力を俺が取ってくる案件で回すというスタイルだが、
デブに基本構造を作らせ、ジジイの下に派遣を付けて回すというスタイルで
年に2度は大きな案件をこなしていて社内では「俺チーム」と呼ばれ、
それなりにバカにされない程度には仕事をしていた。
俺も昇給、昇進をチラつかされその気になっていた訳だ。

そんな中バカがあまり成長芳しくないので
数年前から新人を入れるという話をずっと上からされてたわけだ。
派遣以外の人を増やしたくなかった俺はその度に

    ∧__∧
    ( ・ω・)   いやどす
    ハ∨/^ヽ
   ノ::[三ノ :.、
   i)、_;|*く;  ノ
     |!: ::.".T~
     ハ、___|
"""~""""""~"""~"""~"

と言って断ってた。





7 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 14:24:35.82 ID:njC5+uXQ0
ほうほう




8 :1:2013/03/12(火) 14:32:14.75 ID:lVxDz0ik0
2010年もそんな感じで
「新人欲しい?」
∧__∧
( ・ω・)   いやどす
って答えたんだが、数日後呼び出されて説教され、受け入れる事となった。
一度断ったせいでこいつかこいつ、と男女の2人を指定され、
そしてその2人のうちの男の方がどう考えてもバカに似たコミュ障だったので、
俺はもう片方の後輩ちゃんを指名した。

後輩ちゃんは可愛かったが、正直俺は期待していなかった上に女はやだなあ。と思っていた。
男所帯には男所帯の良さがあり、チームの和を崩されたくなかった訳だ。
特にデブと揉められると困る。

しかし後輩ちゃんは低身長、黒髪、大人しげな物腰とは裏腹に
実際に配属されてみると大物だった。





9 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 14:36:51.64 ID:4CYBheFq0
ワッフルワッフル




10 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 14:40:57.12 ID:tKwhruls0
早く寒い




11 :1:2013/03/12(火) 14:41:25.30 ID:lVxDz0ik0
後輩ちゃんの教育はジジイとバカに振った訳だが(フォロワーが
バカで、実務はジジイ)おかしいな、と感じた切掛はとある打合
せを終えた後の議事録を俺が読んだ事だった。

PDFのページ数が多い。あれ、と思って後ろの方のページを見ると
補足資料が貼ってある。

見ると俺が客の前でホワイトボードに書きなぐった奴がポイント
部分等綺麗にパワポで清書され、添付されている。

纏め方も実務を判ってる纏め方でそう的はずれでない。ほぼ俺が
言いたかった事。

それを見て
「これいいね。ありがとう。元のパワポのデータある?」
と後輩ちゃんに言うと後輩ちゃんは俄然張り切った。

恐らく配属後初めてまともに業務で声掛けたってのもあるんだろ
うが、数日で役に立つ資料、つまりは日頃俺が作っている資料の
ようなものがぽいぽいっと出てきた。

後輩ちゃん、マジで優秀だ。と俺は思った。





12 :1:2013/03/12(火) 14:47:20.66 ID:lVxDz0ik0
因みにうちの会社の年齢別の構成は大体こんな感じだ

45〜  中途入社、創業当初メンバー 学歴は高卒から幅広く、
管理職多し、中途は超優秀

30〜45 優秀大学メンバー、中途入社組少数

20〜30 優秀大学大学院卒メンバー中心

俺は2番めの中途入社組で
Fラン文系学部文系学科卒業
→仕事なくて大型取って2年間ダンプカー
→プログラマー2年
→今の会社に転職

というネタにはなる経歴。

学歴と仕事は関係ねえよ派(にならざるをえない)だから
日頃学歴とか聞かないんだが、後輩ちゃんにある時ふと聞いてみた。
○○(国立)大学理工学部数学科で統計学をやってました。
という答えが帰ってきた。

頭いいんだろうなーと思った。





13 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 14:49:35.71 ID:rKrMOwX90
れは面白そうだ


14 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 14:52:03.66 ID:UHw8S+gv0
はよはよ




15 :も無き被体774号+:2013/03/12(火) 14:52:12.10 ID:ekXW0lHN0
後輩に手げーな
おれはてで




16 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 14:53:49.90 ID:H97gQF/b0
んだけ前振りが長いつーことは、よっとんでも展開なだろ





18 :1:2013/03/12(火) 15:02:02.34 ID:lVxDz0ik0
そん後輩ちゃんは俺の実家近くで一らしをし
大学時代からがいるとのた。

俺は輩ちんが意外と使ら割とちゃんと教え始め、
後輩んはさくさく仕事覚えていっ
事があってそれをゃんとやっていれば自信もつく。

後輩ちゃんは男所帯の中でも伸び伸び仕事をしてい
ジイデブ、カと手くやっていた。
語もキとつか相手をが、

事には貪欲でモノの半年で徐々バカの仕事を奪っていき始め
ている感じだっ

半年もすると不議ちぶりも発た。
うちロアち専門な所があ雰囲気がわりと
所がある。

に俺が座
        
後輩ちゃん |ジ
デブ     |バ
遣の  の人
派遣の人  |派遣の

といった感席なのが、簿業時間なんか割合好きな感じ
ている。


る日、ちのフロアに部長(エラい人が来

タイプの人実務は殆どいが決済権宿し創時か
らの人だ。
の人が後綿ちゃんの後ろにった

ちゃのイヤホンを手に持ち、振返ってイヤを外
後輩ちゃんに部長はた。

残業でも音楽を聞きながらはしいように。」
ゃんは答えた
あ、私っちの方が中できるんです。」

輩ちゃんはホンを耳に嵌めて前を向き、りにった
会で「輩ちゃはすげえよ」まで広
った伝説の一つとなった





19 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 15:08:00.46 ID:8sYg4Ui90
はやくはやく




20 :1:2013/03/12(火) 15:09:30.34 ID:lVxDz0ik0
後輩ちゃんは胸がでかくて可愛かったが、ガードは硬いようだった。
営業の奴らに誘われても個人的なお誘いは断っていたようだ。

でも客先との飲み会や社内の飲み会はちゃんと出てくれて、
自然とホステス役もしてくれた。そういう面では正直すごく助かっていた。

俺も可愛がっていたし、後輩ちゃんも俺に懐いてくれていたと思う。
個人的に行った旅行のお土産とかもくれたし、
他の人に比べて俺に話しかけてくる事も多かった。

しかし俺は昇格とそれに伴う
そこそこの昇給を目の前にチラつかされており、
後輩ちゃんのおっぱいに目が吸い寄せられる事はあっても
恋愛的な目では後輩ちゃんを見なかった。

個人的に飲みに誘ったりしなかったし、メールも知っていたが個
人的なメールもしなかった。
比較的事務的に接していたと思う。





22 :1:2013/03/12(火) 15:19:26.52 ID:lVxDz0ik0
そんなこんなで3.11が来た。2011年3月11日だ。

その日のことは今でも覚えている。
社内には俺、デブ、後輩ちゃんがいた。ジジイとバカは出張していた。

飯食った後で眠いなーと思いながら仕事をしていたら揺れ始めた。
最初はゆっくりだが、徐々に大きくなり、しかも揺れが長かった。
30秒くらいして俺は後輩ちゃんと目を見合わせた。

「凄い大きくないですか?」

俺のチンポの話じゃなかった。
地震が大きくないですか、という意味で後輩ちゃんがそう言って、
「大きいよな。」
と俺は答えた。

その瞬間 ガタガタガタッと大きく揺れて後輩ちゃんが「キャッ」っ
て言って、同時にビルの照明がバツン!と落ちた。

デスクトップマシンで仕事してるデブが
「マジかよ・・・」って両手で顔を覆って、俺は
「お?お?」って言いながら立ち上がった。





23 :名も無き被検体774号+:2013/03/12(火) 15:23:53.06 ID:ajTZAg+00
勃ち上がるのかよ



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様