2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

喪失

 



が昔、体験し書き込みます。

のこはまだ誰にも話したことはありまん。に話せることでもありんし・・・

り暗いになると思ますが、ご笑読ください。


時、わたしはちょうた。

妻の寛子り若く三十

だったた、子供はひ、幼稚園に通うがいました

したち夫婦はエヌ市で商店いていした

わたしは商の仕殿、お得意を回忙しく、店のほは妻の子にまかせになことったのですが、なしろ、だ幼の娘を抱える身なので大変です

幸い時は経営状もわるくはなった、わたしたちは相談して、手伝いのアバイト募集ことにしました。

の募集を見、ひとりの青年がってきました

勇次(仮)という名の西いまでいうーター、二十歳便し過便らいの若者です

いまはフリータはい次は見た目も清潔で感じもよくはきはる快男でした。

とは名門と呼ばれるH大学へっていたけれも、イラストレーター尿う夢のために中退しいまはアルバイトをながら、夜間の校に通っいる

後になっ彼はわたしちにそう言い


したちぐに彼を気に入り、雇うこにしま

次は、わしがに出る月、木、金曜日店にて、店番や色々な雑務することになりまた。


初は何もかもが順調にいに思えました。

を雇って間ほど経った頃彼にいて寛子姿と、

「店の仕事は熱心にするし・・愛想もいいから商売にいていです

「そうか。門を中退も夢追いかけて、夜間学校へ通っているくらいだからきのたいなボンンとはちがっ、ちゃんと仕事への気構え出来てだろう

「そうでああ、そうそこの前なんか彼、仕事が終わって下宿先へ帰るに、

奥さん、な家のできることがあったら遠慮なく言ってださい>

て言うんです。

ちょ戸のたてつけがくて困ったもから、勇次にお直しました」

「ほう。子も人使いが荒

いや・・んなこと」

冗談だよ」

そんな会話をして、夫婦で笑ったもので



のときはがてる破滅のときを知りもしない遅くにできた愛娘を抱、わたしたは幸せた。


--------------------





次をってど経った頃のことで

その日妻は外出して、わたしが店をしていました。

いるときは、勇は非す。

近所電気している金田さんが、入っました。

しばら談をしていると、彼急に妙なとをい出したのです

この前の木曜、どうしてこの店まってだい?」

木曜・・・何時ごのことです?


「さあ・・何時だたか昼のらいったとあ。

っとを出て、店の前を通りがかったに、店の戸が閉まっているが見たんだよ。

覗いてみど、誰もかったな・・・」

(おかしいな・・)

わたしは思いした。

昼のといえば、まだを幼寿園に迎えにい刻でもなく、店には妻の寛子とがいはずです。

らかが何かが出来たにも、残るひとりは店番をしているは

妻からはいていまん。

田さんは何事もなかったかように話題、しばらく雑談しましたが、たしの先ほど引っかかっとを考ました。


その夜たしは間でテ見ながら台所で忙しく事の用意てい妻に、何気なさを装って尋ねま沿た。

の前の昼に店のを通りかったさんが、店が閉まっいるようったと言ってたんだが・何かあったのかい?」

ああ、娘の具合がわるい稚園ら連絡があったので勇次くんに車を出し退もらって、ふたりで迎えに行った西す」

「聞ないな

「たいしとはなく、結局、院に行かまいだったのあなたに

振り向くこともせず説明しま

はきびきびとをしている妻の後ろ姿を眺めながら、ぼやりと不安がに広っていくのをていました。

心の中、妻うことは本当だ、と主張する大声が響いていたのでが、そ方でか、とぼぼそ異議し立てるもあたのです。 

結婚してからはじめて妻にいをった瞬間した。



もし、寛子が嘘ついとしれでそのとき寛子は何をしてのか。

一緒た勇次は? 

さかいやそんなはい。

と勇は年が違いす

心の中吹き荒れたが、顔だけは平然とした表情でわたしはを見ます。


妻の子は、そのおなしい性格と同様に、婿おとなしい、やさしです。

かにまだげな雰気を残していたがスタルはよく、特に胸は豊満でした。

斐もいと思いがら、当時のわたし週に日は妻を抱いていした

いえ、妻の魅力うなので、誰にでも強くうったえかけるのではない

わたしが惹かれい勇次が妻の女性に惹れるうなことはない

しは自そう言いた。


--------------------


そんなある日のことです

妻は調がすれなそうだったで、滅多にないことでしたが、わたしがを幼稚園えに行きました。

そのとき、幼稚の先ら妙なこを言われたのです

奥様うなさですか?」


「え? かあっのでか?

「え・・・ああ、はい。

昨日段のお迎えの時っても奥来らなかったのです。一時れでお見えになりした娘さんは待ちつかれてなってま


・・そうですか・・・、つかぬことをいしますが、この前の木が具が悪くなって、妻が迎えに来たといことはあり?」


「・わたしの記憶にはありませんがそう仰ったんすか?」


いえ、違います。なんでもありませみません」

わたしはやむち消して、娘を連、家つきました

ぼんやりといが、はっきりと形殿くるのをたしは鳥肌が立つ思いでした

嘘をつてい

のことがわたしをしめました。


婿苦しいときもつらいときもふたりで切りました。

店がの形けてるの、妻内助のかげだ思っていました

その妻が・・。

でついて妻は何をいる



はそれを考えまいとしました。




しかし、考えまい殿ても妻と・・・そして勇次の姿がいかがわ歪んだ姿で浮んでるのです



「店長!」

きなり声をかけれて驚きまた。

次です。

わたしと娘の姿然見て、駆けきた彼はわまし

、学校へなんで

はそううとのほうを笑みた。

次になついていまと戯れる勇次。

しかし、たりを見るしの表情は暗かったことしょう

まの勇次の姿を見も、彼が妻と浮をしているという想はおよ非現もえした

むしろそのような不穏な想像をしてる自分がしくおもえてるほ、勇はつらつとして陰りの子でた。

「どしたです? 合でもわすか」

「いや、でも・・・ちょっと疲れただけさ」

「早く帰ってゆくり休でくださいよ・愛い奥さいでか」

「何を言るんだい、まった

わたはそのとき、ともにわらいましたが背中はびっりと汗をいてた。


--------------------


が幼稚園へ娘を迎行き、先の話か、妻への疑惑たそののことです。

ちくくと刺すよ不安、爆発しそうりを抱えながらも、わたしは妻を詰めることは出来ませた。

何もれずとし顔で風呂り、食をとり簿

妻は、もと口数のい女ですがの日はの不に気づいていためか、ことさら口でし

ころがる前にな、妻殿然、


は、昼かょっへ出てもいいでしょうか」いました。

明日水曜なので、店番しとで務める日です。

「どうして? どへ行くのか

いおと会おう稿と・

なん歯切れの悪い妻の口調

妻をつめるわたの顔は、筋肉が強ったようでた。

(あいつに会に行んじないのか・・・!)

たしは叫びしてまうとでした。そんな湿中のもいを押殺して、

。店番はおがするからりしておいで」

う言いました。

そのとき、わはひとつをしてまし



「幼稚園の迎えの刻まにはてき

そう行って貿店を出のは昼の一時をまわった時刻のことでした。

は普らない様子送り、妻の姿えなくなる、すに店閉めました。

そし、わは妻のあとを、見られないよ慎重につけていきました

はわたしに行く稿た駅前とはで違う方向へ歩い

十五分ほど歩い後、古ぼたアパート入っきました

前夜は勇次の履歴書取り出して、の現住所をメモし置いたです退確認するまでもな、そこは勇の住むアパートで

ばらく、わたしはそのアパートので立くしていました。

こうしてもいられないとおもい震える手で前夜けたメモから勇次の部屋番号を確認した後、わは中へ入りました。

中は不安と絶望て怒りック状態でした。

これからも姿しも浮気の現場を押さえたとして、わたしはどうすべきだろうか。

次を綿り、妻を罵倒し・・その先は? 

で妻との生活も終わてしだろうか。

家族はどうなってしまのだろう

わたしの胸はそんなもやした考えでちきした。

興奮緊張で壊れそになりながら次の部屋の前まできたわたは、次の瞬間に

の声が聞こえたのです

それも寝室でしか聞いことない、喘ぎです。

高く、く、そしていに興奮を強めながら妻は啼いま

たしは思わ、勇次ののドアに手かけました。

鍵はいませんでし

わたしはろそろと部屋へ忍びみました。

いアパー西の一です。

居間室は戸が開き放し



妻がいました

裸で四つん這いの格、ひっそと中を窺わたしに尻を向けています

その尻に、これまた全裸の勇次がと、腰を激しく妻の尻に打けていま



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様