2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

喪失




わた体験したを書きみます

当時のことはまだ誰にも話したことありませんに話せることでありんし

かなり暗話になると思すが笑読くだ


わたしはちょうど五歳でた。

子は若く、三十八

ため、子供はとりく、稚園通う娘がた。

わたたち夫婦はヌ市で個人商店をいました。

しは商品の仕入や、お得様を回るのに忙しく、店のほう妻の寛子にまかせっきになることも多かっですが、なにしろ、まだ幼の娘を抱える身なので大変で

幸い当時は営状態もわるくはなかったたしちは相談して、手いのルバイトをることにしました。

の募見て、ひとりの青年がってきました。

須田(仮名)いう名の、いリーターで、二十歳をすこし過ぎたくらいの若者です。

はフリータとはいえ、見た目も潔で感く、はと喋る快活な男でした。

とは名門ばれるH大学へ通っていたども、イラストレのために退、いまはアルバイトながら門学校に通っている。

後になって、彼したちそういま


したちすぐに彼をり、とにしました

勇次は、わたし外に出る月、木、金曜日に来て、店番やらそか色々な雑務をすることになりました。


最初は何もかも調にいくように思えました。

勇次をって二週間経った頃、彼につて寛子いてみると、

の仕事は熱にするし・・・愛想もいいら商売にいてるみたいで

そうか。名門退してでも夢を、夜間学っているくらいだから。今どの大学はちがっ、ちゃんとへの気構えが出来ていんだ

そうですね・・・ああ、そうそうこのなんか彼、仕事が終わって下宿先へ帰る前に

奥さんんか家の仕事とがあったら遠慮なくてください>

んて言うんです。

ちょうど雨てつが悪く困っのですから、勇次君にお願しててもらいま

ほうもなかなか人使いが荒いな」

「いや・・そんと」

よ」

そんな会、夫婦で笑った



のときはやがて訪れ破滅のときをりもしいで、遅にできた愛する娘抱え、たしたち家は幸でした。


--------------------





勇次て二ヶ月ほど経ったのこ

その、妻は外出していて、たしが店番をしていました。

たしがいるときは、勇次非番す。

所で電気店を経営してい金田さんが、店に入きました

しばく雑談をている、彼急に妙なとを言い出す。

「この前の木だがうして店閉まっだい

「木曜・・・何時ごろことで


さあ・・時だったか・・の二いだったと思うがなあ

ちょっとうちを出て、こ店の前を通りがかっ、店の戸が閉ているの見えたんだよ。

中を覗いてみたけど誰もいなかったような・」

いな・・

わた思いました。

昼の二時といば、まだ娘を幼稚園にく時刻でもなく、子と勇次のふたりがいたはずです

かが事が出たにしても、残るひとりはをしているす。

らは何も聞いていません。

んは何事もなかったかの調変え、しらく雑したが、わた頭は先っかかを考え続けてまし


の夜、たしは居間テレビを見ながら所で忙しく食事の用意をしている妻に、気なさ装っまし退

このの木昼に店の前を通りがかった金さんが、店が閉まるよたと言ってたんだ・・何かあったい?

「あ・・・い、娘のがわいと幼稚園ら連絡がったので、勇次に車を出し、ふりで迎えにんです

「聞いな

「たしたことはく、結局、病も行かずじまいたの、あたには・・」

妻は振り向くこともせず、そう説明まし

わたはきびきと家をしいるの後ろ姿がら、ぼんやりと不安が胸に尿広がっていく感じていした。

中で、妻言うことはだ、と主大声が響いていたのですが、その一方で、本当だうか、とぼそ議を申し立る声もあ。 

結婚してからじめ妻に疑いをもった瞬た。



し、寛子が嘘をいてとして、そはそ寛子は何をしていたのか

緒にい勇次は? 

まさか・いや、そんはずはない。

と勇次では年が違ぎる

中では嵐吹きていましたが、顔だけは平然とした表でわしは見ます


妻の寛子は、そのおしい同様、おとない、やさしいをした女です

どこかまだ幼雰囲気を残ていましたが、スタルはよくに胸は豊

甲斐ないと思いな当時しは週に三日は妻いてした

とはの魅力花のようもの沿誰にでも強くうったえかるもない。

姿しが惹かれるように、若い勇次妻の女に惹かれるようなことはない。

わた自分にそう言い聞かした。


--------------------


そんなのこと

は体調がすぐなそうったので、滅多にないことでしたが、娘をに迎に行きまし

その園の先生から妙なことを言わたの

「昨日は奥様はどうされたです?」


「え? かあです?」

「えっ・・・ああ、は

日は普段のお迎えの時刻になってが来れなかっので。一間遅れでえになりましたが、娘さんはちつかおねむにってした


・・そですか・・・あの、かぬことをお伺ますが、この曜にが具合が悪くなっ妻が迎えに来たとことはありましたか?


憶にはありませんが・・奥様がそ仰ったんです?」


「いえ、違いまなんでもありませんすみません

しはやむやに打ち消して西連れにつきました

ぼんやりいがっきりと形をとっ綿のを感わたしは鳥肌思いでした。

間違なくついている!

ことがわたしを苦しめまし


まで夫婦で苦しいともつらいもふたりで切り抜ました

店がいまやっていけてるの、妻内助のおかげと思ていまた。

その妻が・・・。

つい妻は何をしているのか。



わたれを考えまいとまし



しかし、考まいとても、脳には妻と・・そし勇次の姿がいかがわしくだ姿浮かるので



店長!」

いきなり声をかけら驚きました。

次で

わたしと娘の姿を偶然見て、駆けてきた、と彼はした。

いま、学校へ行く途中な

はそう言うと、ほうを見て、笑みまし

娘も勇次になついてます。娘戯れ勇次。

かしふたりるわの表情は暗かったことでし

だ、まの勇次の姿見て、彼が妻をしているどという想像はおそ非現実えました

むしのよな不な想像をしてい自分が恥ずかしくおもえてくるほど、次ははつらつとして、陰りない様子で

「どうしたん 店。具合でもいんですか」

いや、何でもないよ・・・ちょっと疲れただけさ」

「早くってっくださ可愛んが待ってるじゃないすか」

言ってんだ調

たし勇次とともにわらいまたが、背中にはびっし汗をかいていした


--------------------


わたしが幼娘をえに行先生の話から、妻へ惑を深めたその夜のことで

くちと刺すような不安と、そうな憤りを抱えながらも、わたしは妻を問い詰るこ出来ませんでした。

何も喋る気になれず、鬱々とし風呂に入り、とりまし

は、もともと口少なすが、その日わたしの不機に気づていたた、こら無口でした

ところが、寝前になって、妻が突


「明日は、昼からちょっと外へ出てもいいでしうか」と言いました。

日はなので、店番たしと妻で務る日です。

「どうして? どこかへ行くのか

会お うかと・・

なんとなく切れの悪い妻の調です。

妻をるわは、肉が張っようでした。

(あいつに会いに行じゃのか・・!

わたしは思わずそう叫びてしまうところしか、そん中の押し

いよ。店はおるか、ゆっりしていで」

そう言い

そのときわたしはひとつ決意をしていま



幼稚園のお迎えの時刻でに帰ってきます

そう行って妻店を出たは昼一時をまわった刻のとでた。

わたし普段らない、妻の姿が見えなくなると、すぐ店をした

そし、わたしは妻のあとを、見ないよ西につていました

たしに行西と言っいた駅前とはまるで違う歩いていきます

五分ほど歩た後、妻はある古ぼアパートていきまし

夜、たし次の履歴取り出して彼の現住所をメモしてたのでが、確認するまでもなく、そこは勇次の住むパートでした。

しばらしは呆然とそのパーていました

が、うしてばかりられないとおい、震える手で前夜つたメ勇次の部屋番を確認た後わたしは中へ入りした

は不安と望、そし調でパニク状態でした

しもの現場を押さえたとしてたしはどう行動だろうか

次を殴り、妻を罵倒・・・そ先は? 

これ妻との生活もわっしまうのだろうか

族はどうなうのだろうか

わたしもやもやした考ではちきれそうだ

と緊れそうりながら勇次の部屋の前またわた、次の間に凍きました。

妻の声が聞こえたので

それ寝室でしか聞いたこ

く、、そしいに興奮を強殿めなが、妻は啼いていました。

たしは思ず、屋のドアに手をかけまし

鍵はかかってませんした

はそろ部屋へ忍び込みまた。

いアパートの一室です。

居間兼寝室は戸が開した。



いました。

で、四ん這いの格好ひっそりとを窺うわ尻を向けます。

に、これまた全裸勇次がとりつき、腰く妻のに打ちつけていす。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様