2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 

おすすめ記事

汚嫁の浮気から発覚した計画が、もはや犯罪レベルの内容だった
 
罰ゲームで女の子が急接近してくるようになった
 
1000万円以上を間男に貢ぎ、ハメ撮りまでされたあげく、二股をかけられていた事が発覚した哀れな汚嫁
 
彼女にアポなして会いにいったら3Pの真っ最中だった
 
別れた彼女が俺の資産状況を知って復縁を迫ってきた
 
山でありえない体験をした話
 
離婚届を置いて汚嫁の前から姿を消した。これから反撃するぞ。
 
嫁が媚薬で寝取られ、密かに4年間も関係が続いていた。あげくに3度の堕胎まで。
 
3穴で浮気をし, 性奴隷となっていた妻
 
ビデオの中で他人にハメ撮りをさせていた彼女
 
昨夜、同居中の義母とセ○クスしてしまった…
 
妹とSEXしてしまいました
 
不倫発覚の汚嫁。記念日の行動で再構築するか望みをかけてみた。結果、計画的に無慈悲な復讐を遂行。
 
やたらと尽くしてくれる天使すぎる隣人。なぜそんなに良くしてくれるか聞いてみた。
 
中2から中3まで輪姦され続けた思い出を吐き出す
 
ヤクザの情婦にされた妻
 
嫁から凄まじい破壊力のカミングアウトされたんだが
 
接待で慰みものにされ続けていた妻
 
嫁が他人の子を妊娠してしまった
 
変わり果ててしまった妻
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

喪失




わたが昔、体験したことを書き込す。

時のことまだ誰にも話したことはありま気軽に話ることもありんし・

かなり話にな思いまご笑ださい。


当時たしはちょうど五十歳でした。

は一寿り若、三八歳

婚だたため、子供はひと幼く、幼稚に通う娘がいまし

わたしたち夫婦市でを開いていました。姿

わたは商仕入先や、お得意様回るに忙しくのほうの寛にまかせっきりにることも多かったのですなにろ、まだ幼児のなので大変す。

い、時は経営状態もわるくはかっ綿たの、わたしたちは談して、伝いのアイト集することにしまし

その募集を見て、ひとの青年がやきました

勇次(仮名)とい名の、いまでいうフターで、二をすこし過ぎたくらい若者です。

ーターとはえ、勇次は見た目も清潔でもよく、はきはきと喋る快活な男貿した

もとは名門と呼ばれるH大へ通っいたけどもイラストレーターになるとのた退し、いまはアトをしがら、夜間の専門学校に通って

後に、彼はわたしちに言いた。


わたしたちはすぐに彼を気に入り、ことにしした。

、わたしが外木、金曜日に店来て、店番やらか色々な雑ることにました。


最初は何もかもが順調にいくようにした

勇次二週間ほど経た頃、彼いて寛に聞いみる

「店事は熱心するし・・・想もいら商に向いているみたいです

そうか。名中退てでも夢かけて、夜間学通っるくらから。今の大学生みたいなボンボンと、ちゃんと仕への構えが出来ているだろう

うですね・あう、この前なんか彼事が終わって下宿先沿に、

さんなんか家でおれにることあったら遠慮なく言てください>

んて言うんです

ちょど雨のたつけが悪くて困ってたものですから君にお願いして直してもいまし

ほう。寛子もなか使いが荒な」

「いや・・そ

「冗談だ

な会て、ものです



そのときはやがて訪れる破滅のときを知りもしで、遅くにでき愛す抱え、わたしたち家族は幸せした。沿


--------------------





勇次って月ほどた頃のす。

その、妻は外していて、たしが店番をしていました。

たしがいるときは、勇は非番です

近所電気店を経いるさんが店にきまた。

しばらく雑談をし彼が急を言い出したのです。

の前の木曜、どうしてこの店閉まってたんい?

「木曜・・・何こと?」


「さあ・・何時だったか・・昼の二くらだったと思うなあ。

ちょを出て、この店のを通がかたときの戸が閉っているのが見えたんよ。

を覗いてけど、誰なかたような・・・」

(おかしな・・)

たしは思いました

二時といえ、まだ稚園に迎えにい尿刻でもな、店にはの寛子と勇のふたりがいたは

らかがの用事が来たにしても、残るひとりは店番をしているずです。

らはせん。

んは何もなたかのように話題をえ、しらく雑談しましたが、わたし頭は先ほ引っかったことを考え続けていた。


の夜、わたは居間でテレビ見ながら、台所で忙し食事ている妻に、何気を装ねました

「この前の木曜の、店のを通りがかっ田さ、店が閉まっているようったと言ってたんだが・・・ったのかい?」

ああ・はい、の具合がわるいと幼園から連があったので、勇次くんに出してもらって、ふたりで迎えに行ったんで

「聞いてな

「たいしたことはなく、結局行かずじまいだっので、には・・」

は振り向くこもせず、そう説明しまた。

しはきびきびと事をしている妻の後ろ姿婿眺めながら、ぼん不安がに広がっくのを感じいまた。

心の中では、妻の言とは本当だと主張する大声が響いてのでが、で、ろう、とぼ異議を申し立てる声もあったのです。 

婚してからはじめて妻に疑いをもった瞬間でし



、寛子が嘘をいているとして、それでそのと寛子は何をして殿のか。

一緒にいた勇は? 

さか・・いや、そんなずはない。

勇次では年が違いする。

心の中ではが吹き荒ましたが、顔だけは平然とした表でわたしは妻を見ます。


の寛子は、そおとしい性格と同に、おとなしい、やさし顔をし女です。

どこか貿にまげな雰囲気を残していたが、スタイルはよく、特に胸は豊満でした。

甲斐もいと思いながら当時のわしは週に三日は抱いまし

とはいえの魅力は野の花のようなもの、誰にも強くかけるのではない。

わた簿しが惹かに、若勇次女性に惹かれるようなとはい。

わたしそう言聞かせした。


--------------------


んなある日の

体調がすぐれなそうたので、滅多ない貿ことでしたが、しが娘を幼迎えに行きまし

そのとき、幼稚から妙なことを言われのです。

「昨日は奥はどうされたですか?」


「え? 何かたのですか

「えっ・ああ、はい。

昨日は普段のおの時刻になっも奥が来れなかったのです。一時間遅れで見えなりましが、さんは待ちつかれおねむになってました


「・・・そうですか・・・あぬこと尿をおいしますが、この前の木曜が具合がえに来たいうことはありしたか?」


「・わたの記憶にはあませんが・・がそう仰ったんですか?」


「い違いす。なんでもありせん。すみません」

たしはうやむやに打ち消してを連れ路につき

ぼんやとした疑いがはっきりと形をとっくるのを感、わたしは鳥肌が立いでした

妻は違いなついて

ことがわたを苦しした。


で夫婦苦しいときつらときりで抜けました

いまの形でやっていけているのも、妻内助のおかげだといました。

その妻が・・・。

嘘までいて妻は何しているのか。



たしはそれをいとしました。




しかし、考えまいとしてには妻・・そて勇次の姿がいかがわしく姿で浮でくるのです。



「店長!」

きな声をかられした



わたしと娘の姿を偶て、駆けてきた、と彼はわら

「いま、学へ行くなんです」

次はそう言う簿娘のほうを見て、微みま

娘も勇次になつい娘と戯れる勇次

かし、ふたりわたしの表情でしょう

ただいま勇次姿を見彼がをしているなどといはおそ非現実えまし

むしろそのような不な想像していが恥くおてくるほ勇次ははつらつとして、陰りのない様子た。

どうたんす? 。具合もわんでか」

「いや、何でもないよ・・っと疲れただけ

早く帰ってくりんでく可愛い奥さんがじゃないですか」

何を言るんだい、まったく」

、勇次とともにらいましたが、中にはびっしりと汗かいていました。


--------------------


わたしが幼稚園へ娘えに行き、先生、妻へ惑を深めたそ夜のことです

ちくと刺不安と爆発そうりを抱えならも、わたしは妻をい詰めとは出来せんでし

も喋るなれず、鬱々とで風綿り、食事をとりました

妻は、と口数の少な女ですが、そ日はたしの嫌にいたためかことさ口でた。

ころが、寝なってが突然


明日は、昼からっと外へ出てもいいでしょうか」と言いした。

明日はのでわたしと妻で務日です

「どて? どこかへ行くのか?

いお友達と会おうかと・

となく歯切れの悪い口調です

めるわたしの顔筋肉がったた。

(あいつに会いにじゃのか・

しはわずそう叫びしてしうとこ。しし、そんな胸のおもいし殺て、

「いいよ。店はおがするからくりしていで」

う言いました

その、わたしはひとつの決意していま



稚園迎え時刻には帰ってきす」

そうってが店を出たのは昼の一時わったのこでし

しは普段とい様妻を見送り、妻の姿えなくなるすぐにを閉めました。

そし、わたしはのあとを、見らいよう慎重につけてい

はわたしに行くと言っていた駅前とはまる違う方向へていきます

十五ほど歩いた後妻はある古ぼけたアパートに入っていきました

前夜、わは勇次の履歴書を取り出して、彼の現住所をメて置いたのですが、確認でもく、そこは勇次のでした。

らく、わたしは呆然とそのアパートの立ち尽くしていまた。

、こうしてばかりもいられい、震える手で前夜つけたメから勇次の部屋番号を確認した後、わたしは中へ入りまし

胸中は絶望、そしてパニック状態した

これもしも浮気現場を押さとして、わはどう行動だろ

殴り、妻罵倒し・・・その先は? 

これ生活も終わってうのだろ

家族はてしだろう

わた胸はそんもやもやした考えはちきれ

興奮と緊張れそがら勇次の屋の前まできたわたしは、次間に凍りつした。

妻の聞こえです

れもでしか聞ことのない、喘ぎ声す。

高く、細くしてだい興奮を強めながら、妻は啼いました。

わたしは思ず、勇の部屋のドアに手をかけました

鍵はかっませんでした。

しはそろそ部屋へ忍び込み

パー一室です。

間兼寝が開でし



妻がいまた。

、四つんいの格好でそりと中を窺わたしに尻を向ていす。

その尻、これまたの勇次がとりつ、腰を激しく妻の尻にちつていす。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様