2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

北海道支社の天使の正体は、、、

 



今年就した新社の23です。これ間あった出来です

僕の西した会社は北海があって、営業部の僕は8月に研修に行って姿した

北海道支社に研修に行くは新人では当たり前で、新人でくとも新商品が出来ると皆でったります。  

2週間で、月の初日から盆休に終わるので、ほとどの人湿をそのまま北海道過ごすたいです今年の研て3人だけでた。

僕の直属の上柴田さんは「北海道支社にはすげー」と教えてくれました。

田さ婿才の独身でブサ大好きの遊び人

年北道支社時に、支社の新入社員でい娘が山いたみたいで

僕は 彼女がいないかれだけでワクワいまし

そして柴田さいわ「モエちゃんて言う女の子ムチャクャ可愛いって、ニヤニヤしながら教えてくれました!

新人3人は、そばっえてウハウハで


て研修はじめの北海道を楽しら、宿舎到着ました。初日施設内されて終りした。

日から支社に顔を出してをしまた。

も僕達3人は可事しか考えていませんでした。そっぱりどおり、可愛いが何人かいまた。さすが北だな!っ3人とも元気になって仕事をしていました。

そして午後ら工場に行事になって社の子社員が2人で案内してくれる事になりました。の案内してくれる女社員が現われて、3人とも驚愕しました!!!

30代のお姉さん系で美人でも無い感じでしたう一人の女の子がムチャクチャ可愛いんですもう信じらい可愛さです

でも滅事が無い可愛さで、アッ○ーナ少しぽっりさた感じも髪が黒くて、ャルぽく無い純粋な感じンパ無くく見えした


他の2人も思わず顔を見しまい、テンンが上りました。そして5で工場に向かい、現地で工場長一緒に6人で見てまりま

とやっぱり、その可い娘が柴田さんの言っていた「モゃんでし。短大を卒業社し年は22才です。

一緒にった同僚も、ンパな奴なんですが、さすがにベルすぎて便すら出なかいです。


の夜、宿舎にって3人使んでいると、やけなん宿。僕もそうだっんですけど、人とも一目惚れしてうで、中々酒が進まず、ため息っかついました。

僕は我慢に、「オジでちゃんゃったか・」と正直に言うと、皆一斉に、「だよだよ!」「マ愛いるよ!なんだよ!」っと一気り上がました。

その日か、申し訳ないのすが仕事そっちのけモエちゃんの事か考えいま

3人何とか仲良くなろう必死

週末にると歓迎会開いてれたので、少ずつモエちゃんと話す事ができした。

そし、3人で必なっ貿んの情報を日交換して盛りがっていまし

その情報と・・・

1、モエゃんは東に住いらしい。

、モエゃんはランド好きしい

3、モエは強引な男に弱らしい。

4、モエちゃんは新体をしていたらしい

もう3人とも「新体操」には大興奮です!彼になった奴は、体のらかいモエちんを自由にで きるんだ・・っいました。




らくすると、クな報が舞いました。

うやらモエちゃんに彼氏がいるらしいのです・・湿校の同級らしくて付合って2年にもなるそす・・・

殿り前ですけど、今更処はない事に胸苦しくなりた・・・彼氏にヤラれまくっている姿を考とも苦しくなっ事が出ないぐらでした

もチャンスが無いけで無いから、気取り直して開き直っガンガンく事に決めまし

して人ともモエちゃんとンドン仲良くっていきました。

けない事に、僕器は、唯一東京出身といありませんでした。


でも、3人の中では僕が仲がイイように思えていました

そし定的だったの、仕事がわった後に、モエちゃんが良く利用する本屋に行ったと、偶のまま居酒屋二人で飲みに行ったです

二人で過ごし時間は最高でした。

氏がいると言うのは分かっいました、とにかく嬉しかです。

そこで氏の相談とかもましたなんとうまくいい感じでした。

して極め、帰り道っぱってフラフラしていたモエちゃ「大夫?」と聞く、「うーん、ちょっヤバも」といながら僕の掴んんで!!して次に腕つかる感じにって、超気分で駅まで帰りまし!!!


その日の夜は 早く帰って2したくせんでしたそして部屋に帰って2人に「すん!と言いながら、今を話しました。

で?超最だよーー」とックけてい

も、最後には「やっぱ前にもっいかって気はしてたんだなー」って事得し姿て、「絶対彼氏かて付合えよ!」とて、友情をした


れから度二人みに行ってるら誘いやすくなって、何度飲みにた。

んど仲良なって、つに日曜日朝から一緒に遊ぶ事も来まし!でが精告白事は来ました・・

ぶんモエちゃん僕の気持ちに気付思うんで、僕が何もアクシを起こさないからどうしうもありませ

そのモエちゃ感じからして、対に告白してもオッケーだたといます。


そし、告白出来なまま研修の時終わろうしていまし

ちろん僕は お盆休みも北道で過ごした

してのチャンスにかけようと思って、モエちを休み中にびに誘いました!

モエちゃんは一瞬困った顔ました

あるの?と聞くと「うう寿違う友達がびにくるしれないか・・でもずないから、ぶん大丈夫って感じした。

長期の休み前で予が無いのもおかしいので申し訳なかったけど、最後チャン強引に誘いまし

して休み初日ングの柴田ら電話がって田さんもに遊びからに飲みに行こうってお誘いでた。

もちん行けないので、2人の同僚にたのんで柴田さの相手てもう事まし


そしては 本当に楽しくデトが出た。

夜にって何度も告するタイミングを考えいたですが、やっぱり出なくて、帰るしかくな来た時んから電話がありまし

「おい!モエちとデートしてんって?たねーぞ!一人だけイイいしや!」酔っぱらっできました


僕は 話を合わせながら、どしようか考えいると柴田さ緒に飲もうってました。

は少し考えましたこのままで告白も出来ないか調もっ酔っぱらった道が開けるかもしれないって、オッーしまた。

さんにいたんが、達の中間地点が宿舎だったので、宿舎飲むになりました。

僕とモちゃんが先についてしまい、もいない宿人っきりでた。

田さが来るまは、婿はじに二人っきり状態にして幸せでし

んと殿く、柴田さんにモエ良くなったのを慢し持ちもました!

しばらすると入ってきた音がして、田さんが部屋に入っ西

なり酔っぱらっているようで、かなりションが高ったで

あとの2はススキ遊び行ったしくて、疲た柴田さだけめに帰ってきたしいで

田さんは部屋にてくると、「モエちゃしぶり変わいねー!」とそうに話しまし。僕は若干優越感にひたっていました。

ると柴田さんは「あれ?お前らなんかいい感じ?もヤッちゃった?」といきなり下ネタを言ってきまし

柴田さん日常でも、モエゃんにネタなん言う人間は誰もいなかったの、僕は止めるの死でした!


田さんにやめ下さいよ!柴ん酔っぱいすぎっす!」と言う、柴田さんはモエちゃんの横に座っ「いいんだよ!モエたはエロネタ好きなんだよ!ねー」と加減な事を言はじめ綿した!


さん かなり酔っぱらっていて、モエちゃんに馴れ馴れく話しかていした


僕はまでとは全然違う空気に戸惑いま

僕は そんなにし上手ではモエちゃを爆笑させる来なくて、いつ少し沿わせるだけでし

ところが柴田さんが来た一気にい空気になっモエちんもつられて本心なのか、かなり楽しそういたん

に優感を感じるころ、完璧にちゃんを持感じになりました。

取り敢ず必死柴田さんの空気について行こうとし、一生ボケ柴田さんに突っ込みをいようと張りました!モエちゃんには『隠してど本は僕は明なんだって思わるように頑張りま

便は 僕達が日もけて聞けなった質問をりしていました

「モエちゃん氏いるの?

週何回エッチしてん

た一番変態エッチしえてー」

信じられない事を聞いていまた!僕は 本めました!

エちゃんもモエちゃんで、しは嫌がれいいのに、真目だから想笑いをしな笑っていました。

エちは元々ほとらなかな性格なのではっきりた態度を示事はりまでした。

「あはははなの言えな、あはは、柴田さんてねー」笑っるだけでした

僕も落着ると『さすがにブサな柴田さにモエちんを持ていかないか!』っってした。

しかも田さんで、モエゃん22才、僕は23才です考えても方がつり合っているので、途中か上から目線で突込みていまし





ろが
ばらくしていい気になた柴田さんがいきなり「たーん」とかいなモエちゃんに後ろかついて、の上ぱいを揉はじめたです

はビックリて、「あああ!やめっ、やめて下さい西何しるんですか!と必死で止めましたとにられませ

は下すると事になるかもないって心臓が爆発しそうでしたエちゃんの悲しむ顔は見たくなかたので、心が苦しくなりました。

とこ田さんしそていて、「モエたん意外巨乳!イェーイ!」盛りがってい、モエちんも「姿は、変なこ言わないださいよー、もう恥ずしいで」とってました。

は正エちゃんにムカきました!なんでもっらないだ!思いました

えずさんに本気でまいですからめて下さい、お願いします!モエちゃんも彼氏いるすから」と注ました。


でも柴田さ「えー、モちゃんだって男遊したいもんねそうでしょ?」と聞いていません。モエち笑ってだけで否しま

すると柴さんが調に乗り出、「エちんマジでおっぱイズは?教て?」としつこく聞きはじめました。

モエち無視してればいいのに、「あはは、知りませんよいいつつ結局Eカップ』ってしまいました

僕もビックリしましたが、柴田んは大盛り上がりす。

そしに、「モエちゃんょっと谷間見せ、おねがい!」ととんでもない事を言い出しました

僕はまた必死でました、柴田さんが一人でだっゅー!だっちゅーのとコールをし始めて、モエちゃんは大爆してあは、じゃあホント一すよ!と承諾まったんです!

モエちゃんはイシ着ていたんすが、首で閉めたボタを外しはじめて、胸元までボタをはずすと、同時田さんが覗きみま

さんは「おおおお!」と喜んで、込む勢いで覗いました!僕は妬心くなりそうでした

そしら ま柴田さんが暴走して、今はワシャ胸元か直接手を突っ込直にお揉みはじめ

「モエちゃー柔らかよー、すげーイイ臭い」と言いなが、後ろからモエちゃんを抱きめて、おっぱいを揉みながら耳をベロ舐めていました

モエんは嫌がっているんでど、いながらで本気で逃げようとはしてい

、出あった布団にり込むよう二人寝転んでしまました!布に埋もれながからしそう聞こえてきた!

スカートちゃんはスカートがめくれて、ンツえでし

はとんでもない状況にどうしいいかわからず、取りず必死で団を剥ぎ取りました!

「柴すよにセクハラすよ!勘弁して下いよ!」と怒りぎみにいました

柴田んはだよ、じゃますなよエちゃんもノリノリなんらー!」ブーがってきました。

モエちゃんはートにインしていたシャツが出いて、胸のボが かなり外ていプされたみたいに乱て布団出てきした。


そして柴田さんは、いったん座って飲なおうと戻ったフリしてイントをいれてちゃん抱きついて布団に逃げ込みました!寿そして布団でモゾモゾして笑い声や悲鳴やらで騒いでいま


は また死で布団を引き剥がすと、「イェーイ」と柴田さんが飛び出して、何と手にはブラジャー握りしめて

状況が読めて唖としてると、ワイシャツの上ら胸をさえエちゃんがって

あはさん!ホトに返してください罪ですよー」と全然怒っていませ

僕は モエちゃんに心底カつきまこれ告白し女になってらうはずだだから!なんで柴田さんかにいいんだよ!と自思っていま

さんだってエちゃん乳首ビンンなんだもん!超エれてじゃねーの?」と言い出しました

ゃんは「言わいでください婿よーあはははビンビンは否しませんでし

はかなりョックでた・・・


柴田はかり調子って、モエゃんるのが当たり前になってきました。

二人共にかなカついてい、特にモエちゃんにムカつていました!ら断たり怒ったりすれいのいるだけでほとんど抵抗ん。

柴田さんはまたモエんの後ろついちゃんの両を押さえながら耳をベロベロ舐めはじめましモエちゃんはまているけで、げようません。


、さっき柴田さんにブラジャーを取られたせいで、モエちゃんはワイシャツ一枚だっ乳首が黒っっすら見えていまし。そしてハッと突起出しているのが分りました!

不覚にも即で勃起ししまました・・・



て柴はすず乳首の突起気がつい「モちゃんやぱ乳首ビンじゃん!耳舐め弱いっ!」大喜びです!


さら!お前首触っとよ!こんなスねーぞ!コリコリいっちゃえよー!」と誘ってきます!

かなりムカつきましたが逆にカいいころせよとして、しまんよ!柴田さん!もうやめて下さよマジで!エちゃんが可哀相です!」と言いました!

も全く柴田さくて、モエちゃんも耳を舐められていて聞こなかったみです

さんにガッチ押さえられて暴ているので、スカまくれてきてしま、腰に巻きいているだ状態になまい、パンツが丸見え

ついさっき指一本触れる事が出来なようなアイドルが、柴田さと小一間飲んだだけでとんでもない格好にました

僕は今まで遠していた自分を凄後悔ました退・・・

事だったら遠慮ないでガンガン攻めけば宿ったと思いした。たらエちゃんは、そん男がきなかもしれ・・と思いま

んなえている、今度は柴田さんが、後ろから抱きついた状態で、モエちゃ足に分の掛け、大きく股広げました!モちゃんはて、とんグリ返し状態のツがえでし

湿さんはさらに騒ぎだて、わっ、ちゃんじゃん!こな人前でなんて格好してえ?女!」と言まくっています

んはソロソロ抵抗してもなのにか顔が火照ってきたよに見えました。

さんは「おも良くろよ!メ撮れ!写メれ!」とました。れではカッコつけて、「無理っすよ、マジ可哀想ですよ!やめましうよ」と言っていました。


その頃からモゃんの様子が少変わきまた・・・

でモエちゃ ちゃんと僕しながら柴田さんと絡んでいたずで、ダン僕がに反応しな殿くなってきま

柴田さんに言われると、ずかしそうにたり笑ったしてるんですが、僕が「モエちゃんも帰っうがいよ!」と言うと、聞こえない無視してるのか、無反。なんだかが邪魔者み気がした・

と柴田 いつの間モエちゃんの正面にま稿ていて、正面モエちゃん開いてきりしてい

わーモエちゃんやべーよ!マン毛はでちるよ!お!見てみろ見てみろげーエロいぞ!お

僕は田さんに言われてモエちゃんのアソコをはじめてしっかましたと柴田う通り、ルのモエちゃんとは思えい卑猥なアソコが見ました・・・

パンツは はいたままですが、パンツの両脇からマン毛がはみ出していて、なと・姿・パンツにはっかい染みが出来ていま

そしてその染みは、ツの繊維をり越側ま汁が出てきてしまうほどの量でした・柴田んは その染みを指で触るとかり糸を引いてました

「モエちゃんれすしょエロなー、の?うやりーだろ」と聞いています。

う認めざるをえません・・・モエちゃんは嫌がていせんし、感じ・・

て、僕って女とは別人しれん・・・



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取られ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様