2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

北海道支社の天使の正体は、、、




僕は今就職寿社会人の23才の男す。これはついこの間あった出来事です。

した会社は、北海道工場て、営僕は8月研修に行って姿きました

北海道社にに行くのは新人では当た前で、新人で無も新が出来る行ったりします。 退 

研修は2週間月の初から行きおみ前終わるのとんどの人は休をそのまま北海道で過ごすたいす。今年のを含めて人だ使

属の上司の柴田さんは道支社にすげー可いるぜ!と教えてくれま

柴田さん、35才の独身イクすが風俗好きの遊び人す。

さん昨年北道支社に行た時に、支社の入社員で可愛い寿娘がたみたいです!

は 彼がいいから、それけでクワクました。

して柴さんいわ「モエちゃん」っ子がムャクャ可愛いて、ニヤニヤしなが便てくれました!

僕達新人3人、それかりえて


そして研当日。はじての北海道をみながら宿舎に到着しました初日施設を案内されでし

翌日ら支社に顔を出して、少し事務業をしまし

でも僕達3は可女子社員をか考えていませんでし。そしてやっぱり噂、可愛い娘が人かした。さ海道って3人とも気になって事をていました

そして午後から行くなって、支社社員が2人西案内してくれる事なりましたその案内してくれ子社員が現われて、とも愕しました!!!

は30代お姉ん系ででもブスでも無いじでしたがう一人の若い女の子がチャクチャ可愛いす!はも信じられない可愛さです!

京でも滅多に見た事が無い愛さ、アッ○ーナを少しぽっちゃりさせた感じでしか髪の毛がくて、ギャっぽく無い、純粋な感ハンパ便く可愛えま


他の2とも思顔を見合わせてしまい、超テンシンが上がりました。そして5人に向い、使地で工場と一緒簿人で見てわりました

するとやっ可愛娘が柴田さんの言っていモエちゃん」した。短大卒業して入社して、年はま才です

一緒に行った同僚も、普段はナンパななんですが、さすがにレベルが高すぎて会話す調みたいで


その日の、宿便で飲んでいると、やけに静かなす。僕もうだったんですけど人と目惚れしてしまったよ中々酒ず、め息ばっかりついてました

我慢出「オマジでモゃんに惚れちゃったかも・・・」正直に言と、皆一斉に「だオレマジ可愛い過ぎるよ!なんだ!」っと一気にり上がってまいました。

の日から、申し訳ないのですが仕事そっちでモエちゃんのいまんでした。

3人とも何か仲良くなろうした。

末にると歓迎会開いてくれので、少しずつモエゃんと話す事ができました

して3人で必死にたモゃんの情報を翌日して盛り上がっていまし

その情報とは・

1、モエんは東京にたいらし

モエんはブランド好きしい

、モエちゃん強引な男に弱いしい

4、モエちゃ体操ていたらし

」に大興奮です!彼氏にった奴は、体のらかいモエちゃんを自由にできだ・・・ってしていました。




それから しばらると、ショッな情報がい込んでき西ました。

うやらモエちゃん氏がいるいのです・・・高同級らしくて、年になるうです・・

当た前ですけど、今更処女はない事胸が苦しくなりました・・氏にヤラくっている姿を考えると、3人となって、事が出いぐらいでし

ンスは無いから、気を取りして、開き直ってガンガン攻めて行に決めました!

そし、3ともエちゃんとドン仲くなっていきた。

、僕の武身という所しかありませでした。


でも、3人の中で一番仲がイイよえていました

して決定的だっ、仕事が終わっ後に、モ エちゃんが良くる本屋に行ったとき、偶然逢ってそのま屋に二人で飲みた事す!

二人で過ごした時は最高でした。

彼氏がいると言うのはかっいましたが、とにかく嬉しかったです。

で彼氏の相談とかもけましたが貿、なんとなくうまくい感じで

そして極めけは、道、酔っぱらってフラフラしていたモエちゃんに「大丈夫と聞くと、「ーん、っとバいか」と言い袖を掴んできですそして次第に腕につまる感って、超幸せ気分駅まで帰ました!!!


その日の夜は 早く帰っ2人に報告くてたりませんでしたそして部屋って2に、「すまん!」と言いなが日の出来を話しまし

人とも「マジで?超最悪だよーーー」クを受けていました

でも後にやっぱおにもっれるな?て気てたんだよなー」事で納得してくれて、「対彼奪って付合えよ!」と言われ、男の友情を感じました!


それから一度二人で飲みてるからやすくなって、何度一緒に飲みにいきました

んどん良くなって、ついに日曜日から一緒に遊ぶ出来!でも遊ぶのが精一杯、告白する事は来ませんた・・・

たぶんモエちゃんは僕の持ちに気付いてと思んですがが何もアクシを起こさないからどうしようもりま

その時モエちゃんの感からて、絶に告してもオッケーだったと思います。


、告出来ないまま姿修の時間が終していま

もちろん僕盆休み北海道で過ごす定でした。

て最後チャンにかけと思って、モエちゃんを休み中に遊びにいました!

モエちゃんは一瞬困った顔をしました・

「彼氏と約束あるの?くと「うう、違うの、友退遊び稿れないから・でもずっとないら、た大丈」って感じでし

長期み前で予が無いのもおかしいの、僕は申し訳なかったけど最後ャンなので多少強引に誘いました。

して休みの初日、タイミ悪く上の柴田さんから電話があて、柴田さ北海道に遊びにてるから一緒に飲みに行こうってお誘いでした調

は もちろ使いので、2人にたのん田さんのをしてもう事にしました。


そして そは 本当楽しくデート出来た。

夜になって、何度白するタイミングを考ていすがっぱり出、帰かなくなってた時、柴田さから電話がありました

「おい!モエゃんとデートし?き人だけイ思いしやがって!」と酔っぱってからんできました!


は 話を合わせなが、どううか考えていると田さ一緒に飲もうってした。

は少し考えましが、このままでは告白も出来ないかもっと酔っぱらたらが開けるかもって思退ッケーしました

田さは居酒屋にいたんが、僕達の中間地宿で、宿舎で飲む事になりました

僕とモエちゃん先について、誰もい宿に二人っりでした

田さん達がるまでは、はじめての部二人っきり状態に興して幸せでした。

んとなく、柴田さ尿ちゃんと仲良なったのを自慢したい気持ちも出きました

ばらくすると人が入ってきた音がし柴田んが部屋に入ってきました。

かなりっぱらっているよ婿で、かなりテ西ンがったです

あと2人はススキに遊行ったらして、疲れた柴田さんだけに帰てきたらいです。

柴田んは部に入ってくると、「モエ久しぶり!!相変ー!」と嬉しそうに話しかていまし僕は若干優越感っていま

すると柴田さは「あお前らなんかいい感じだな?もうヤッちったえ?」いきなり下ネタを言ってきした!

柴田さとってはんに下ネタなん言う人間誰もいなかった、僕は止めるのでした!


僕は柴田さんに「やめてさいよ!柴田さん酔っぱらいすぎっす!、柴田さはモエちゃんの横に座っていいんだ!モエたタ好きなんだー?」といい加減事をはじめました!


田さ かなり酔っぱんに馴れしく話しかけいまし


僕は今でと違う空気に戸って

僕は そなに話し上手では無いのゃんを爆笑さんか出来なくて、い少し笑わせでした。

ころが柴田さんた途端、気に明るい空気になって、モエちゃつられ本心な、かなしそうに笑っていです。

僕は田さんに優越感を感じるどころか、完エちゃを持って行かれた感じになりました。

り敢えず必死に柴田さんの空気について行こうして、一生懸命る柴田さんに突っ込みをと頑た!モエゃんには『てたけは僕は明るだぜ!って思わせるよ稿頑張りました

柴田 僕達日もかて聞けなかっような質問をあさりしていました。

「モん彼氏いる

週何回エッチし

「今まにした態なエッしえてー」

とか信じ宿れない事を聞いていまし僕はで止めまた!

モエちゃんもモエち少しは嫌がばいのにだか笑いをしながいました。

ゃんは元ほとんど喋らない静かな性格なので、はっきした態度示す事はありませんでした

終始はは、そんなの言えないですー、、柴田さんてウケますねー」るだけでした。

僕も落てくると、『さがにサイにモエちゃん持っれるわけないか』っ思っきました。

しかも柴田さんで、モエゃんは22才僕は才です。ど考えても僕のつりているので中からは上から目線で突っれていました。




が!
しばらくしい気分になた柴田さんが、きなり「モエたん」とか言いなら、モエんに後ろから抱きつい、服の上からおっぱいを揉みはじめたんで

リして、「あああ!、やめて下さい!てるんすか!と必死で止めした!とにか信じられませ

これすると事件にも知って心臓が爆発しそうしたエちゃんの悲む顔は見たくなかっ、心が苦しくなりました。

ろが柴さんは楽しそうに笑てい、「モエたん意外に巨乳!ーイ!と盛り上がっていて、モエちゃんも「はは変なと言わないでくださー、もうしいでよ」と笑っていま

僕は正直モエちムカつきま!なでもっらないんだ!って思いました。

敢えず柴田さん「本気でまずいですやめて下さい、お願いモエちゃん彼氏いるんです」と


でも柴田さんえー、モエちゃんだって男遊びしたいもー?そでしょ?と聞いていせんゃんも笑ているだけで否ませんでた。

ると田さんが調に乗り出しモエちゃんジでおっぱサイズは?教えて?」とつこ聞きはめました。

エちゃんも無視しいのに、「あはは、え、知ませんよ婿いいつつ、局『Eカップって教しままし

もビックリし退柴田んは大上がです。

そしてに、「エちゃんちょっと谷間見よ!マジで、おねがい!」ととんでもない事を言い出しました!

また必死でした、柴田さが一人でだっ調ちゅの!ちゅーの!ールを始めて、モエちゃんは大爆して、は、じゃあト一です」と承してしまったんです

んはイシャツをいたんですが、首まで閉めボタンを外はじめて、胸元まボタンをはずすと、同時柴田さんが覗き込みました!

柴田さは「ほおおおおおお!んで、顔を突っ込む勢いで覗いていまた!僕は嫉心でおかしくなりうでした!

またんが暴走し、今度はツの胸元から直接手を突っ込んで、におぱいを揉みはめまし

そして「モエちゃー、超柔らかいよ殿、すげーイイ臭い!」と言いながら、モエちゃんをき締めて、おっぱいを揉みながをベベロ舐めていました。

ゃん嫌がっているですけいながらで本気逃げとはしてません

の内、出してあった布に潜りうに二人でしまいました!布団埋もれながらかからはうな えてきました!

ったモエちゃんはスカがめくれてパンツが丸見えでし

僕はとんもない状況にどうしていいかわらず、取り敢えずで布団をました!

「柴田さまずいですントにセクハラですよ!弁し下さいよ」とりぎみに言い

柴田さんは「んだよー、じゃま!モもノリノリなんだか!」とブーブーながらき上がってきまた。

エちゃんはスカートインていたシャツが出てい、胸ボタンが かていまるでレイ後みたいにれて布団からてきまし


そして柴田さんは、座って飲おそう戻ったフリをして、フェイントをいれてたモエちゃんに抱いて布団逃げ込みましたそして また布団でモ笑い声や悲鳴やらで騒でい湿


また必死で布団き剥がすと、「ェーイ」田さんが飛び出してきて、何と手にはブラャーを握りめていま

状況が読なくて唖然とと、ワイシャツ上かさえたモちゃていました。

「あは、もー柴田してくだよー!犯稿ですよー」と全然怒ってません

ちゃ底ムカつき!僕がこれかて彼になてもらうはずだったんだから!なん田さんなんかに顔すん!と自分勝いました!

田さんは「だってちゃん乳首ンビなんだもんいよーれてんじゃねーの?」い出ました

ちゃんは「言わないでくださー、あは」首ビンビンは否定しませんでした・・・尿

僕はなりショックでし・・


柴田はかなり調にのって、モエちゃに触りまくるのが当り前なってした

は 二人共にかなりムカついいて、特にエちにムついてした!嫌ら断っり怒ったりすれのに、いるだけでほと抵抗ません

田さまたモエちゃんの後ろから抱きついてエちゃんの両手を押えながら耳ロ舐めはじめま!モエちゃんはま笑っいるだけ、逃げようとしません


さっき柴田さんにラジャーを、モエちゃんはワイシャツだったので、乳首が黒うっすらえてまししてリと起がるの分りまし

不覚に即行で勃しまい・・・



そして柴田さすかさず乳首の突起に気がつい、「モエんやっ首ビンンじゃん!耳いっしょ!」と大喜びです!


らに僕に「お前乳首けよ!こんなチスねーぞ!コリコいっちえよ」と誘ってきます!

りムカつきましたが、逆にカッコいいろを見せよとして「しま田さもうやめさいで!モちゃ可哀相です!」と言いました!

も全く柴田さんはいてモエちゃも耳れていて良えなかったみたいです・

エち田さんにガリ押さえられて暴れてので今度はスカートがまくれてきてしまに巻き付いてけの状態になってしい、ツが丸見えでした。

いさっまでは指一本触れ出来ないようイドルが、柴田さんと小時間とんでもなになっていました

まで遠慮していた自分を凄く後悔した・・

こんな事だ便ら遠ないでガンン攻めかっ便思いた。ょっとしたら、そんな男が好きれない・・と思いま

な事を考と、は柴さんが、後ろから抱きついた状態で、ちゃ掛けて、大く股を広げましたモエちゃは大股を開かされて、ほとングリ返し状態のンツが丸見えでし

柴田さんはさらに騒ぎだして、「うわ、モエちん変ん!こんな人前なんて格好してんの?淫女!」と言いまくってい

モエちゃん抗してそうなのに、何だか顔が火照ってきたようにえました

さんはに、「お前も西正面から!貿撮れ!写メ撮れ!」とました。でも僕はッコつけて、「無理っすよ、マジで可哀想でやめましうよ言っていまし


そのからモちゃんの様子が少てきました・・

今までちゃんは ちゃんと僕意識しながら田さんと絡んでいたはずですが、ダンダ退ン僕が反応しななってきした。

田さんに言われるとずかしったりたりてるんで、僕が「モエちゃんも帰っうがいいよ!」言うといのか無視しるの、無応ですだか僕が邪みたい気がしてました・・・

さんは いつのゃんにまわっていて、正面からモちゃの股を大きく開いて、いっきり凝していました

、モエちんやーよ!マでちってるよ!おい!見調みろ見てみすげーエロいぞ!おら!

僕は 柴田さんに言わゃんアソをはじめてしっかり見ました。すると柴田さんの言う通り、アイのモエゃんとは思えない猥なソコが見えました・

貿 はいが、パンツ両脇マン毛がはみ出していてなんと・・・ンツにはでっか来ていました

てその染みは、パンツ繊維り越して表側までが出てしまうの量した柴田さんは その染みを触ると、しっかり糸を引いまし

「モエちゃん濡れすぎしょ?エいなー、感じての?もうりて」と柴田聞いています。

をえません・・モエちゃんは嫌がっていませんし感じいます・

そして、僕が思っ彼女は別人かもしれません・・



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様