2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

おじさまに色々なセックスを教わった思い出




私が初めて○ち○をおずおず舐めたのは、大学1年生した

し、最初は味本位ってしたけれど、同時に抗感もあした。

だって、まで正視のも恥かしい男性の性器を、きれいてい口に入れるのですも 気持ちはわかっていただけるしょ

ども、Aおじさんは宿、そな私のを上てくれました。


彼ははじめの、普にエッる以外、分にどうこうくれとは全く言いませんで(わがままばかり言う今とは えらい違いですよ

にはことんてくれます。

エッない時も私ョーろして汚いところも全部めて気ち良くしてくれるので

先や髪の生え、耳やあそこや果ては お尻の穴まで何彼の舌で愛されているうちを慕う気持ちも どんどん高ました。

て、彼のに何か尽くしたい、と気持ちある限度に達した時、私は自から彼の股間顔を沈めてです

愛する人ものすもの、その時はヘタしたけれどもを込めてゃぶりしました

の身体の一部であるおち○ち○が、とても愛おし感じまし

愛したから口にした自然に思うにたの退です。


彼は私に「飲んでくれるかい?」と聞きました。

もう, その時の私は、むしろ愛する人のなら何欲しいと思ました

を口に咥えたまま目で「はいうなずい彼のた一生懸命おしゃぶり続けた。

そして、「よ」と声聞こた途端、口の中に熱いミルクがと溢れま

彼に尽くれし緒に夢中で下しました

そうたら、やさしくしめて軽くキスしてくれまし


の後Aさはエッチのたびに上手なり方を教えてくれまし

婿パンツを降ろしてあげます。

先っに軽いキスのご挨拶をしてから、唾液をたぷりて笠の全体ゆっくり舌を回て舐めます

してから先にかけての裏に舌全体押し付け何退も舐め上げます。

たまには股下やお尻の穴も舌先でくぐってあげます。

すると、頃に体先透明な液がれています


次に, その液を舌で すくいがら笠を大きく舐め回した後、舌で吸ようにーッ

この瞬気持いのだそう(^^)。

それ尻や股下をしながら、キュと唇で茎を強く締にしゃぶり

押し舌をぐるぐる滑らてあげるのをり返す二人も5ぐらいでビューッとに出します

できるだ こぼさなよう おち○を抜いて、口のげてから味わってみます。

そしてもう一度、おち○ち○んで先っぽに滲んでるミルクをとっ





にBさんは このおしぶりがお気に入りでよくしてげます

さまには、じ前は どうなんだとわれそうですね。…い、好きです。

そこもじてしまう退ようで

殿悪いBさんは、が欲しいってだれてるぞ」んてからかうんですよ。


です、舐てもらうの、もと好きで言っちった

さん9で稿舐めあっていともあります。

と精液ては、「っ、むのお?」という人が多いです。

確かに おいしいものでありせんが、私、愛しる人のものら飲みたい、あるいは身体にいで欲しと思い

うすいつもは一緒にいられないその人とあとも自の体内で溶け稿合えているような悦びを感じるからです


ついでに言うと、Aさんよく貯めてるせいか生臭くてドロリとしてます。量も多い

んのは薄味らっとしててです。数撃ち過ぎなんですね、っと。(^^)


Aおさん初めて抱か夜から約1年、私二十歳の誕生日

のおは真珠のネクレヤリン

稿ラシックコンサート西の後級レランで綿なって、私の部屋に招きました。

抱擁は「今日二十歳の大人になっの身体に思いっじさせてあげよう」と言います。

簿、何かえてるなっじですがった豪華なックレス宿イヤリングを身につけてパンストだけを脱ぐように言われまし

してフロアの真ん中にキッンの椅子を二つ離して並べその上に手を引いてたせた。

次に、両背中に回させて紐でました。

成り行きに期が交差します。

足をきく開くこなり、おへそたりに彼の頭くる高さになりま使した

椅子の上思ったよ高くて、両自由も利かで心細いです簿

から彼はわりるっ鑑賞するように見てったあ子の間に首を掴み、

「きれいな足だな。今日ピンク簿ンティだね。かわいいレースのデザイン

言ってスカートの中を見上。見られてる…、

「ど?こうして下から まともに覗かれる気分は

の問、戸なが恥ずかしいす」と答えま

それに、日履いた後ですから、染みとかつないか…と気ります



度は立上がってミニスカ前からめり、からめ

でも身体は触ず、ョーツに顔を近づけて匂い嗅い息をけたりしす。

「一体うする気なの…不安にってきた頃、はしゃがで右足の先を舐めじめました

次第までて、手で左足内側をそっと撫でてきます足はことません。

足首から付けて彼の舌やがススッ時々に熱い息かかります。

ショーツ越しにクリトリスの周を指でくすぐれたり、しました

もそって彼の撫に身を委ねてると、ーツの前上端かかり、ゴと弾ました。

ッとする間もなくお尻のもパ

「あ、イ脱がされる!れる!」するや否やョーツを開いた股の途まで降れました

端に股下が涼くなもう濡らしているのがわました。



彼はショーツとに頭入れて舌先ロチロ動かした、指で毛太股っと撫回し、時あそこお尻の穴いじます

立っにはミニスカート見えま舌先で あこをかされるペチョペチョとうかすかな音や、ジュュッすする大きな音婿こえるびに、自分が彼のの上で愛液をくさ垂ら思い知らされます

指にを入れ、爪先立ちしたり、のひらを閉じたり開い身をって耐えて、舌でクリトリスをり吸わると、こらえきれずついずかさく漏らしてます

羞恥れで広げたがガガク震え、の舌指のッチに腰が激し後にて立っていらなくなました。



に絡まったシツだけ彼の脱がされ、ふらついベッ婿に移動しました。

指とブラウスやアクリーはまで顔をついて膝開いてお尻々と持ち上げる姿勢され

カー捲くれてお尻だけ裸なり、さっらずといじめれている愛液が溢います

でも彼はたお尻や太股をく撫らクスを転がし熱いをかけ焦すのす。


催促して、よ指をまで入てくれました。でも、動てくないのす。

「自分で動いごらん」

「そんな

いたたまれず自分からお尻をくねらせました

はなくて彼の熱いおち○ちが恋しくてたまりんでした。

湿のに、しばらくすその指抜いてまっので

もうつな一杯になり、身体を


「早、お○ち○を入れてください!と半きで恥ず願いをしました。

し、よし、ほら、おいしい

(私)???…、!」

何と彼はのびしょ濡れあそこに、そ隠して紫色のイブをいきしたので

イブこの時が初めてでした。

スイッチが入ーンとをさせて唸りし、しびれるうな強烈綿下半身か全身に響きま




自分を全然コントールませ

私は括らお尻卑猥なバイを嵌められた恰好でえなら、一気に頂に達てしまいした


それ、しばらくし まだき顔の私手をどき脱がせて、さし抱いてくした

は泣かさた分、いもよい切えまし

全身で絡み合い、互いの性器ゃぶりあって、彼は

「やり本物がいい?」と笑いなら、やっとち○ち もう一度私をいかせてくれて、ルクをいっぱい注いでたのです。(私っぱりい体温のある本物がいいで

えば、かに気持ち良かったけれど、焦して泣きにで追い込なんてヒドイすよね(ながら、甘えている私って…)。

一生忘れない二十歳記念泣べそッチ


昨年の1月15日、私は地人式に出席しした。

アップに結った髪に飾りをつけ紅色が鮮やかな振いきました。

ところがおじさん。このが安全日だと知った端、来ゃダメとっても晴着の恭子ちゃんきたんだ。一生のおい!ね。頼むよ〜」と言って聞きません

で、ざわざ新幹に乗っ神戸まで追けて来てしまいま全く、しょうがない人です。


成人式は半わり、後は懐地元の友たちと一緒にと思っていたのですがれは夕方にして、その間にAさんが宿た某シティホテルで「いたすことにした。


テルのエレベータれないの、他に人がいる中で早速、手をした。

は二屋続和室で襖を開けると奥の八間に既布団が敷いてあます。

備万端、簿やるのようです(^^;。


けはある程度心得ていますし, ホテルのサービもあで何とかなを崩したくなので今回私が上になるとにしました

なる尿振袖をたまいう要望袋も帯もそのままで始めまし


抱かて舌を絡ませただけが全なり、お布団に振袖姿で行儀良く正座しいる前に立ちま

前のおち○○んの先っぽを舌先でそっと舐含んであげます。

腰を浮かてしゃっているうちに、私い赤の口紅ついてお○○が ところどころ染まって

今度が立ち払っ入れてきました。足首から太股右に裾を開がら忍び込んで

最後は後ろら、長襦袢や裾よけ緒に全部捲られたりて、沿をよじ合わせてしいま

して、はまった足もぐりこ、裸の両足を一緒に腕で抱てあこのを撫でた太股に頬ずりをします。

それからの股にを突っ込を開かせでおの穴をいたずらら、あを舐めはめまた。

私はだんだん分がのってきて、顔を挟ん口と鼻尿リトリをこすりるよに腰を前にゆっかした。


濡らてしまった私は、帯や紐をどき振袖の長い袖と裾を後ろにきく広げて、仰向けなったの上にしゃがました。

固く反っているち○○んに稿押し付けヌルしたあと、滑らせるように そうっと入しました

れまでじっと私のしぐさを黙見ていた彼が息をらします

私もしばらく そまま深った感触をわっ彼の身体に手をを大きく動かしました。


でね、みなさま、こまでかったんで

ろが今回は、さらという目に奥までグを沈めた途端んと、「うといとともに彼はけなく私の中果ててた。

わざわざこのために神戸まできたのに…。

り半かったど…。

そん西けで意な一応いけたし今日は時間もないし私はいいやといこと終わりにしした(^^;。


彼は あまりに簡単に漏てしまっ自分照れくさいのか、今でも、上気しを染めた私が振袖の長い袖をひがえ分にたがる様子や腰を上下させていた様子が、今のエッチの中最高に美かったとします。

特に髪飾りや紅や薄緑、金銀の華な絵模様と袢の裏地や白い肌ントラスしたのだそうす(の時になるとにかく言

ちなに、さんによると、なんでもこううエッチには、い尾羽を広げた孔雀うに女性着を扇形に部屋っぱ広げる子から「孔雀」という古式ゆ呼び名がるそうで、私と どうしもやみたたんです。さまご存知でしたか?

帰り定どお元の人たちとの同窓会に合流しました

その時 同級みん一緒が今もアルバあります

こに上品写ってあそに、さっきのさんミルクが少し滲んでことは、も想像だにしな密です。



の7月初め、Aさんと某避暑旅行しました。

私は薄いワースにリボンた帽子をかぶっていきました

山の中の員制の小さなルで夏休み前日とこともあって、その日の宿泊はの他数組の家族連れだけでした。

彼は奥様ことうです

私は、彼を独り占めきるうれしさと、初の清々しい大然のかでもう最高でした。

んな開放的な雰囲気かで、例によって湿Aさの出したご注文は…みま、ったと思います?

はい、「朝あたるテニスコートエッチしよう。」でした。

や、全く、こからここと思つくんでしょう

、続けて「朝早けば、ないから大丈はいい空の下でっと気持いよそうです(^^;。


そのホテルには少し離れたろに崖と囲まれたコートあって宿泊客が由に使えます。

囲を散策、夜は一緒風呂に入に抱ました。

揉みしだかれて身体に火が

たまら彼の乳首やおちんちんに吸い付ました

今日は完全に私ののですもの。

のに、射楽しみにとっとくんうで


そこで撃てない彼代用品というか分身という々にあの紫のバイブ君の登場です普段はAさんがっています)

持ってかしに操ってもらったりして、私だけいっちいました



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:野外・露出, 女性視点,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様