2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

おじさまに色々なセックスを教わった思い出




が初めて男性のおち○ち○をおおず舐めたのは、大学1年の時た。

し、興味婿本位がっていましたけれど、同時感もありま西た。

て、正視すのもい男性の性、きしてる口に入れるのですもの 気持わかていだけるょう。

れども、Aじさは、な私の抗感調上手に解消してくれま


彼は、はじめのにエチする以自分してくれとは全く言ませんた(かり言う えら違いよ)。

一方で、私にことん尽してくれま

エッチをしないのショーツを降ろして汚いころもち良してくれのです

爪先や髪生え際、耳やあそこ果ては お尻何度も彼の舌で愛れている、私の彼をう気持ちも どんどんっていきました。

して、彼のために何か尽くしたい、という持ちがある限度に達した時、私は自分の股に顔を沈めてです

愛する人のですの時はヘタでしたけれども込めておしました。

彼の身体の一であるおち○ち○が、とも愛おしく感じました。

愛したいから口にし簿思うようにたの


彼は「精飲んでくかい?した。

, その時の私しろる人のもら何でも欲しいと思ってまし

ち○ち○を口咥えたま目で「はとうなずい彼のために生懸ゃぶ続けました

そしていくよ」と声が聞こえ口の中に熱いミルクがバッ溢れました。

に尽くさと一緒に夢中で飲下しまし

そうし、やさしく抱きしめ軽くスしてくれま


そのッチのたびに上手なやり方を教した。

足元してパしてあげます

ぽに軽いキご挨拶をして液をたっぷりけて笠部分全体をゆくり舌回します

そし尿にかての裏側に沿舌全体を押し舐め上す。

たまやお湿も舌先でくすぐてあげます

ると、この頃には大体先っぽかな液れています


次に, その液を舌で すいなが もう一度笠を大きく舐めした後、先っから唇と舌でいつくよにズーッと喉まで精一杯頬張す。

間が気ちいいのだそうですね(^^)。

それかでお尻や下を愛撫しなが時々キュッと唇で茎を強く締めたりして上下にゃぶ

同時つけた舌をぐる滑らしてげる繰り二人とも5分らいでビューッと口します

できだけ こぼさな寿に おち○ちを抜いて、口の中に一広げてからって飲みます

そして、もう一度、おちち○含んでっぽに滲でいるきれてあげま





にBさんおしゃぶりがお気に入りでよあげます。

さまには、じお前は どうんだと言そうですね。…はい、好です

口にの体温をじなら あそこも感てしまうよう

口の悪いBさんは「下欲しいってよだれ垂らしんてかうんですよ。


ですが、舐めてもらうのは、もっとです(ゃったあ)。

は69で半日も舐

あと精ては、「ーっ、飲むのお?」という友人が多いです

確か いしいもありませんが、愛している人のなら飲みたいあるいは身に注いしいいま

そうすで、もは緒にいられない人と別れたあとも自分の体内で溶便け合いるよ姿びをらです。


に言と、味はAさんの方がよくめてるせか生臭くドロリと。量も多いで

のは薄味さらっとし苦いです。数ですよね、きっと。(^^)


Aおじさ初めて抱かれたから約1、私誕生

彼のお祝いは真珠のネックスとイヤング

の夜はクラクコンサートの後、高級ランでご馳になって、私の部屋に招きまし

擁とスのあとは「今日二十歳のなった殿かり体に思いっきり感じさせげよと言ます

ま〜た、何か考えてなって感じですが、豪華ックリングを身につけて、パストだけ脱ぐうに言まし

て、フロアのチンの椅して並べその上に手引いて私を立たせまし

次に、両手を背中に回させ指を紐結びました。

妙な成りきに期待安が交差します。

足をく開になり、おへそのあたり彼のがくる高さになした。

椅子の上は思ったより高くて、両も利か細いで

から、まわりをぐるるように見て回ったあと、椅子の間に座って両足首を掴み、

「きれいな足だな綿。今日はピクのパンティだね。かわいレースのデザイだね」

と言ってミニスカートの綿を見上げます。見られて…、

どう?便してもに覗かれ気分

の問いかながら正直「恥ずしい」と答え

れに一日履いた後ですから、染みいかしら…と気になります。



上がっミニスカーらめくった、後らめり。

、身体には触れず、ショーツに顔をづけていを嗅いだりきかけりしす。

「一どうなの…安にてき頃、彼はしんで右足の爪舐めはじました。

首から次第に膝まで上がって、手足の内側をそでてきます。足じるができませ沿

から付け彼の舌や唇スッと這い回り、時々太熱い息がかす。

ショーツ越しリトリスの周辺を指でくすぐられたり、強くつまま貿れたした。

もそってと彼の愛撫にを委ねていと、ショーツの前上端に指がかり、ゴムをパ弾かれまた。

する間もなくお尻の方もパチン

「あ、イヤ、脱がされる!見るや否や、ツを開いたの途中まで降ろさました

途端股下がしくなり、もうらしていのがわかりました。



ショーと股の間にを入れて舌先をロチかしたりで毛や太股をそっ撫で回し、あそこや穴をいじります

立っる私にはニスカトのの光景が見え便せんが、舌先でそこをか回されるペチョチョいうかすかな音やジュジュッとすすられる大きな音聞こえるたびに、自分が上で液をたん垂らしてとを思い知らされます

の指力を入れ、爪ちしたり、手の殿らを閉じた開いたり身をよって耐え宿いまたが舌先クリトリを転されたり吸われると、こらえきれずつい恥ずか声を小漏らてします

と疲広げた膝がガクガ震え、彼ののタッチしく後にて立っていられくなした



椅子から降り、足にたショツだけ彼のがされ、ふらついてベッドにしまた。

れた指とブウスアクセサリーはそのまで、顔ついて宿膝をてお尻を高々と持げる姿勢をらされました

スカートが捲くれなりさっきからずっといじめられているあそこ液がてい

それでだ彼、またお尻や太股ながリトリスを転がたりい息をか焦らすのです。


催促ようやく指を奥くれまし。でも、動かてくれないので

動いてごらん」

なあ

たまれず自分からお尻をねらせまし

指で、彼熱い太いおち○ち○が恋しくりませんした。

なのに、ばらくするの指さえ抜いてしまたのす。

う胸せつ一杯にな、身震わせて


く、おち○ち○れてださ!」と半泣きでしいお願いをしした。

し、よし、ほら、おしいぞ」

私)??…、!

何と彼はびしょあそこに、それ隠していた色のブをり深と挿したです。

バイ初めてでた。

スイッチが入るとブーンという機械的な音をさせて唸りだしるよ強烈な快感がら全身に響きます。



分を全然トロールできません

は後ろ手に括お尻に卑猥なバイブを嵌めらた恰好で悶に絶頂にしまいま


それから、しばくし まだ泣き私の手をほどき服を脱がせ、やさしく抱くれまし

は泣かされた分いつもより思い切りまし

全身で絡み合いの性ゃぶりあって、

「やっ本物がいい?」笑いながらと待おち○う一度私をいかてくれて、ミルクっぱい注でくれたのです(私はや、熱い温のある本物いで。)

今思えば、確かに持ち良かったけれど、焦らして半泣にま込むなんてヒドね(と言いながら、えていって)。

一生忘れらない歳記泣きべそエッチでした。


1月15日、私地元の成人式に出席しした

った髪にりを色に牡丹鮮やかな振袖

ころがおじこの日が安全日だ知っ来ちゃダメといっ「晴恭子ゃんを抱きいん。一生のい!ね。頼むよ言って聞きません

で、わざわ幹線便乗って神戸まで追 けて来てしまいました全く、しがない


人式は半日で終わり、後は懐かしい地元の友人たちと緒にと思ってたのが、それは方にして、が宿ったティホテルです」ことに


ホテルのベーターので待ちきか、他に人が中で早速、手を握ってきました

二部屋きの和室でを開けると奥の八畳間に既にお布団いてます

備万端気満々!のようです(^^;。


着付はある程得てますし, ホテルのビスもあるのかなりますが、髪をないので今は私が上にるこしました

なるけ振袖着たままでいうご要望なので、足も帯そので始めました


肩を抱かれて舌せた後、彼だけが全なり、お団に袖姿良く正座る私の前に立ちまし姿

目の前のおち○○ん殿の先っぽを舌先でそっとめて含便す。

少し腰を浮かせしゃているうち私の赤の口紅がついておちんがろ染いき

彼が着の裾って手を入れてきました。足首股へ左裾をがら忍び込んで

後には後から、長襦袢や裾一緒部捲られたりして、私は思わず足をよじり合せてしまいました

そして、はてしまっにもぐりこで、裸の両足を一で抱てあそこの毛をでたり太股頬ずりをしす。

れから、私の股に頭んで足をかせ、指でおの穴をいしたりしながあそこをめました。

んだ気分がのっきて、彼の顔に挟で口先にクリトリスこすりつけるように腰を前後にゆっくり動かしまし


っからしてしまった私は、紐をほどき振袖の長い袖と裾をく広げてなった彼しゃがみました。

固く反返ってるおち○に あを押してヌルヌルにしたあと、滑らせように そうっと挿しまし

じっと私のしぐを黙って見ていた彼がため息を漏らます。

私もしばらく そのまく入った感触を味わったあ彼の身に手をつい、腰を大き動かしました。


でね、みさまここはよかったんです

ころが回は、これう数回に奥と腰をめた途端、なん、「いうともに彼は あけなく私のてしまいまし

わざわためにできたのに…

三擦り半りはけど

そんなわけで、彼も不本意ながら一応いけたし今は時間もないし私はいいやといことでわりしました(^^;。


は ありに簡単に漏らまった自分照れさいの今でも、て頬を染た私がの長いや裾をひるがえし分にる様下させていた様子が、今でのエッ高に美しかったます

花の髪飾りや振袖の紅金、銀の華麗な絵と襦袢の裏や白コント奮しうです(この時の話になる とにかく訳し

みに、Aんによる使、なんでもこうッチは、美しい尾羽を広のように女性が晴着を屋いっぱげる様子から、「孔とい式ゆかしい呼び名があるそうで、私としてもやってみかったんだですなさはごでした

、予定どお地元の友ちとの会にしました

その時 同級生のみんなと一写真が今もアルバムありす。

こにお上に写ってる私のあこに、さっきのルク少し滲でいることは、誰想像だにしない秘です



年の7月初め、Aさ避暑地に旅行しした。

は薄いワンースボンのついた帽子をかきま

山の中の会員制のみ前の平日うこともあって、その日の宿泊は私達の他は数組の家連れだけした。

彼は出張ことてきたそす。

私は、彼を独り占きるう退しさと、初の清々しい大自のなかで、気分はも最高した。

んな開放的な雰囲気、例ってさんのご注文は…みなさま何だと思い

い、朝日のるテニスコー使エッチしよう」でした。

いや、全くらこなこと思いつくしょう

、続けて「く行けば、誰もい大丈夫。空、青空の下と気持ちいいお」だそうです(^^;。


のホテルには少し離れたところに崖と林に囲コーが2面あって宿泊客が自由に使え

昼は周囲を散して、夜は一にお風呂に入ってに抱かれました。

揉みしだかれて身体に火ます

私も たらず彼の乳首やおちんちんに吸い付きました。

今日完全に私すもの

なのに、射精楽しみにとっんだです


で、数撃て代用品というか分身というか、そう、久々あの紫色イブの登場です(普段はAさんがっていま)。

自分でって動かしたり彼に操ってもらった、私だけいった。



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:野外・露出, 女性視点,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様