2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

おじさまに色々なセックスを教わった思い出

 



初めておち○ちをおずおず舐めた大学1年生の時姿した

しかし、最初は興味本位が勝っていましたけれど、同に抵もありた。

だっても恥ずかしい男性にしている口入れるのですの 気持ちはわ調ってただょう

れども、Aおじさんは、そん抵抗感を上手に解消した


彼は、めの頃、普通ッチす以外、自分にどうこうしてくれとは言いませんでした(り言とは えらい違です)。

方で、私に とことくしてます。

エッチをしない時も私のショーツ降ろして汚いとこ全部舐めて気持ち良してくれるのです。

爪先やの生え際耳やあこや果ては お尻のまで何全身舌で愛されているうちに、私の彼を慕気持ちも どんど高まっていまし

そして、 尽くし、といちがる限度に達時、私は自分か彼の股間に顔を沈めていのです

する人ののですもの西時はでしたけれども心を込おしぶりした。

の身あるおち○ちが、愛おく感じま

愛したいから口にしたいと自然思ううになったす。


彼はに「飲んくれるかい」と聞きました。

もう, その時のは、むしろ愛する人のものならでも欲しいいました

ち○ち○口に咥えたま目はい」とうないてのために一懸命おしぶり続けました

そして、「いよ」と声が聞こえた途端の中にいミルクがバと溢まし

彼に尽くせうれし一緒に夢中飲み下した。

そうしく抱きして軽くキスしてくれました。


の後、さんはッチたびに上手なり方えてくれ

の足元に座しパン降ろしてあげます。

っぽにキスご挨拶をから、唾をたっりかけて笠部分全体をくり舌をて舐

そしてら先にかけ裏側に全体湿を押も舐上げます。

には下や先でぐってあげます。

るとの頃には大体先っぽか液が垂れいま


次に, そを舌で すいなう一度笠大きく舐め回した後、先っぽから唇と舌で吸ズーッとで精一杯頬張ります

この瞬気持ちいいですね(^^)。

それから指でお尻や股を愛しなら、時々キュッと唇で茎を強く締めたりして上下にしゃり、

同時に押しつけた舌をるぐる滑らしてあげのをり返と二人とも分ぐらいビューッと口に出します。




きるだけ こぼさないように おち○抜いて、口の度広てか味わってみます。

そしもう一、おち○ち含んで、っぽに滲んでいミルクをきれいに吸いとっあげす。


にBさんは このおしりがお気りでよくしてあ宿

まには、じゃあお どうなんと言われうですね。…はい、好き

口に温を感じながら あそこも感じようです

悪いんは、「口が欲しいっれ垂らしてぞ」なんかうんです


当然ですが、舐めてもらうのは、もっと好きです(言っちゃっあ)。

Aさんとはで半日も舐めあってこともありす。

あと精液につては、「っ、飲お?とい友人が多いです

確かに おいしいのではありません、私は、愛しる人のものなら飲みたい、るいは身体にしいと思い西す。

そうすことで、いつもは一緒にいられな人と別れ分の体内でているうな悦びをじるらです。


いでに言うと、味Aさ退方がよく貯めてるせいか生臭くてドロリとしてま。量も多いです

Bさのは薄味さらっとしです。数撃ち過ぎんですよね、。(^^)


Aおじさんに初めて夜から約1年、私の二十歳の誕生日。

彼のいは真珠のネスとイヤリングでした。

の夜クラシックコンサートのストランで馳走になって、私の部に招きました。

擁とキスのあと彼は「今日二の大人になっかりの身体っきり感させてあげようと言いま

ま〜た、何えてるて感じた豪華なネレスとイリンを身つけて、パンストだけを脱ぐように言われた。

してフロアの真にキチン子を二つ離並べ、その上に手いて

次に、両手を背に回させ指をびました。

妙な成りきに期待と安が交差ます

大きく開くとになり、おへそのりにの頭る高さになした。

椅子の上は思たより高くて、両手の自由も利かず不安定で心細いです

それか彼はのまわ寿っと鑑賞するよ見てあと、に座両足首を掴み、

「きれいな足だな。今日はピンィだね。いいレースのザインだね

言っミニスカートの中上げす。見られて

「どこうし下かともに覗かれる気分は」

に、戸惑ながら正に「恥ずいでと答えま

に、後ですから、染みとかつてないかし…と気にりま



今度は上がってミニスート前からめくっり、後かめくったり

でも、身体は触れず、ショーツ顔を近づけ匂いを嗅い息を吹きかけたります。

どうる気なの…」不になきた頃、彼はゃがの爪先をめはじめました

足首次第に膝まで上ってで左足のそっます。足は閉じることができ

足首沿け根にて彼や唇がススッと這い、時々股にがかかりす。

ショツ越しにリト周辺を指くすり、強くたりしました。

私もその気になって じっと彼の愛身を委ねていると、ーツの端に指がかかり、ゴムをパチンと弾かれた。

ハッする間もなく尻の方もパチン。

「あ、イヤ、脱がされられる!と意識するや否や、ショー開いた太股の中ま降ろれました。

端に股下が涼くなり、もう濡らしていがわかり



彼はシーツと股の間に頭を入れて舌先チロ動かしたり、指でや太股をそと撫で湿回し、時にあそやおをいじります

ニストの下の光が見えまが、舌先で あそをかき回されるペチョペチうかすかな音、ジすすられる大きな音が聞こ自分がの顔の上でたく垂らしているこを思い知ます。

足の指に入れ、爪先立ちたり手のひら閉じたり開いり身をよじ耐えました、舌先でクリトリ転がされたり吸われると、こられずつい恥ずしいを小さ漏らしてしまいます

羞恥と疲広げがガク震の舌と指のタッチに腰がく前後に揺れて立ってなくなりまし



椅子から降、足に絡まっョーツだけ彼の手で脱がされ、ふらいてドに移動

れたブラウスやアセサリはそままで、顔をつて膝を尻を高々と持ち上げる姿勢をとらされました。

カートが捲くれてお尻裸になりっきからずっといじられているあこからが溢ていす。

それでもまだ、またお尻や太股をく撫でがらクリトリスがしたり熱です。


散々催促て、ようやく指を奥までれてくれました。でも、動かしてくれないです。

分で動いてごら

「そんなあ!」

私はたまず自からおせました

、彼の熱いおち○ち○がしく殿せんでした。

なのに、しばらくすると彼はその指しまっのです

がせつな杯になり、身体




「早おち○ち○をれてください!」と半泣きでかし願いをしました

「よし、よし、ほら、いしいぞ」

「(私)???、!」

彼は、びしょ濡れのあそこ、そまでた紫色のイブをいきり深入したので

バイブはこのが初めてでした。

チが入るとブーンとい機械的な音をさせてりだし、しな強烈な快感が下半身から全身に響きます。

全然コントロー

は後調れお使バイを嵌めらで悶えら、一気に絶頂に達しいまた。


それら、しばらくしては まき顔の手をほどき服を脱がて、しくいてくれま

かさた分、いつもより思い切り

全身で合い互い性器をしゃぶりあって、彼

「や本物がいい?」と笑いながら、と待ち○ もう一私をせてく、ミルクをいっぱい注いでくれたのです(私っぱり、熱い体温のがいです。)

思えば、確か気持ちったけれど、焦泣きまでい込むなんてイですよながら、甘えてる私って…?)。

一生られ十歳記念泣きした


昨年の1月15日、地元の成人に出席しました。

ップに結った髪に飾に牡丹絵模様が鮮やかな振袖着ていきまた。

ころおじさん。この日が安全日だと知った途端、来ちゃダメといても「晴着のゃんをいん。一生のお願い!ね。むよ〜」って聞きません。

で、ざわざ新幹線に乗て神で追けて来てしまいした。全く、しょうがない人で


日で終わ後はい地元の友人一緒にと思っていですが、それ方にして、その間にんが宿をとっィホで「いたことしました。


ホテルのエレベーターの中きれないのか、他に人がる中で早速、手を握ってきました。

二部屋続き和室で襖を開けるとの八畳に既にお布団いて

準備万端、々!のようです(^^;。


着付けある程度ます, ホテルのサービスもあるので何とますが、髪崩しくないで今が上になることにしま

るだ振袖着たままで要望なので、足袋も帯そので始め


抱かれて舌湿ませた後、彼だけ裸にな布団袖姿儀良正座してる私の前に立ち

前のち○っぽを舌先でそっめて含んであげます

腰を浮かせてしゃぶっているに、の濃い赤の口紅がおち○○んが ところってきます。

度は立ち、彼が晴の裾を払れてきまた。足首から膝太股へ左に裾をきながら忍び込んできす。

最後には後ろから、長襦袢や裾よ捲らたりしは思わず足をよじり合わせてしまいました

して、はだけてし元にもりこんで、裸の両足一緒いてあこの毛を撫に頬をします。

から私のっ込んで足をかせ指先でお尻のいたずらしながらあそめはめました。

はだんん気分がのってきて、彼の顔を股に挟ん口と先にリトリスをこすりつけ腰を前後にゆっくりました。


すっかり濡らてしは、帯や紐をほどき袖の長い袖と裾を後大き、仰向けになの上しゃがみまた。

固くり返っているおち○○に あを押し付けヌルにしたあと、滑沿るように そうっと挿入しました。

それまでじっと私のて見彼が息を漏します

私もしばらく そのまま深く入った感触をわったあと、彼のをつ、腰を大きしまし


でね、みなさま、こまはよかったんです。

ころがは、さあこれいう数回目に奥でグッと腰沈めた途なんと、っ」とい声と彼は あっけな私の中で果ててしいま

ざわこのために神戸まできたのに…。

三擦り半よは多たけ

そんなわけで、意な応いたしは時間もいし私はいいや、とうことわりにしました(^^;。


彼はに簡単に漏らしてしまった自分がれくさいのか、今でも頬を染め私が振袖袖や裾をるがして自たが様子上下せてた様までッチの中で最ったと言

特に花の髪飾り袖の紅薄緑、金、銀の華麗な襦袢の裏地や白のコントラス尿トにしたのだそうですこの時の話になると とにい訳しま

ちなみさん、なんでういうエチには、美しい羽を広げた孔に女性が晴着を扇形に部っぱいに様子から、「孔雀」という古式ゆい呼び名があるそうで、私 どうしてもやってみたそうで。みさまはごでしたか

、予地元友人たちとの同窓会に合しました。

稿生のみんなと一緒に撮った写真が今ムにあす。

にお品に写っている私のこに、っきのAさんのルクが少し滲んでることは、誰も想像しな



年の7月初め、Aさんと某避暑地に旅行しました。

ンピスにリンのついた帽子かぶっていまし

山の中の会制の小なホテルで休みの平日いうこもあ、その日の宿泊は私の他は数組家族連れだけでした。

は奥にはいうことてきたそうす。

私はを独りめできるうれしさと、初清々しい大自然なかで分はもう最でした。

んなな雰囲気のなかで、によってさんの出したご注湿は…みなさま、何と思い

はい、「朝日のるテニスコートエッチしよう。」で

全く、こんな思いしょう



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:野外・露出, 女性視点,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様