2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

学生の時から憧れて好きだった子が、肉便器のように扱われた日々を共に過ごした話

 




475 :えっちな18禁さん:2010/09/19(日) 23:16:39 ID:6MB1Ftmb0
もう何年も前の話になるんですが、自身の生活環境が大きく変わることもあり、気持ちの整理もかねて自分の体験談を書き連ねてみます


細かいやりとりは記憶が少々曖昧な部分も幾分ありますが、まぁまぁ ほぼ完全に再現できたとは思っています。(思い出美化補正や多少の脚色も無意識にしてるでしょうが)


途中「スレ違いじゃないの?」という展開もあるかもしれませんが最後まで読んで頂ければ幸いかと思います

結構 長くなってしまいそうだったので、今回は半分くらいまで書き溜めた分を投下させて頂きます。

こういう事は初めてなので、至らない点がありましたらご指摘のほどよろしくお願いします




476 :えっちな18禁さん:2010/09/19(日) 23:19:51 ID:6MB1Ftmb0
彼女と仲良くなったのは高校三年生で一緒のクラスになったのがきっかけでした。

(名前は仮に彼女を「カヨ」とし、私を「ヒロ」とします)

夏休みを間近に控えたころ、それまでは一度も会話したことなかった彼女から突然話しかけられました。

『ねぇねぇヒロ君って○○大学の○○学部狙ってるって本当?』

私は当時ほんの少し特殊な業種に進みたく、その進路にみあった進学を狙っていたのですがどうやら彼女も似たような道を希望していたらしく「同じ進路を目指すクラスメートが居る」というのを進路相談の時、担任の教師から聞いたそうです。

それがきっかけで私達は同じ進路を志す学徒として、ほぼ毎日のように放課後は図書館や教室で一緒に勉強する仲になりました。



478 :えちな18禁さ尿ん:2010/09/19(日) 23:25:11 ID:6MB1Ftmb0
彼女の容姿は時か立っていデビュー当時の平山あやそっくりです)運動部の主将勤め、性格もサバサバしたので、当然の如く もの凄くテてまし 男友というか彼女狙った取り巻きかっ

ぁ彼女基本分を卑下するタ人間でしたので、自分はモテてなどいないといつも頑なに主張してはいましたが

そんな彼女はといが楽しいようで、学校内で男子と喋っている姿を見たことどありませんでした

それがも冴えないポジの私に話しかけてたり、緒にたりしてたので、同学のイケメプにそのことで因縁をけらたり、少し苛婿られたりもしまし。(彼女は未だこの事を知らと思います)



479 :えっちな18禁さん:2010/09/19(日) 23:27:20 ID:6MB1Ftmb0
一応 苛めの内容を書くと、私も別の運動部に所属してたのですが、

休日の練習中に私の携帯が珍しく鳴っているので、勝手に内容を見ると 彼女から『頑張ってね』という内容のメールだったので目の前でサバ折りにされたり、あとありがちですが便所に連れ込まれお腹だけを執拗に殴られたりです。

あとで聞いたのですが、彼女曰く『男友達にメールや電話するのってヒロ君だけだなぁ。他の男子へは返事も割と適当だし』との事。

イケメン達は やたらと顔文字や絵文字、あと文字数が多いメールが毎日のように来ることに激怒していました。

自分の体格は昔から ごついので(小学生の時に180ありました。

それから一切伸びませんでしたが)それまでは苛めなんて一切経験したこと無かったので、帰ってから何も知らないお婆ちゃんがいつも通り「おかえり」と言ってくれた時には、嘘のように涙がポロポロと流れました。

勿論 彼女を逆恨みするような事は一切無かったです






481 :えっちな18禁さん:2010/09/19(日) 23:31:09 ID:6MB1Ftmb0
何度か彼女が私の家に遊びにきたこともあります。

そこで恋バナもしました。


とりあえず今彼氏はいない、とのことでした。1年や2年の時には居たらしいです。今でもその辺の詳細はわかりません。

そして今気になっている人がいる、とも言っていました。

私には『ヒロ君は彼女いるの?どうせいるんでしょ?』といる事を前提に問うてきたのですが、いるわけがありません。

ああこれが営業トークというやつか、と思いつつも「いないよ」と正直に答えると それを受けて彼女は、『じゃあ好きな人は?』と新たな問いを私にぶつけてきました。

私は当時 同じクラスのとある女子が好きでした。モーグリに似た可愛い女の子でした。まぁ同じランク同士で惚れたはったをするものです。(結局 告白なんかしたりしませんでしたけど)

それを聞いた彼女は『そっかぁ』と気落ちした様子だったのですが、もしかしたらフラグがあったのでしょうか。

それも今となってはわかりません。そもそも気落ちした様子に見えたというのが自意識過剰であったという可能性は否めないでしょう。



482 :えっちな18禁さん:2010/09/19(日) 23:33:03 ID:6MB1Ftmb0
まぁそんなことがありつつ、そんな高校最後の1年を送っていました。

卒業式が終わった後、クラスメートの半分くらいがカラオケに行こうと教室に留まっているなか私は そそくさと帰ろうとしてました。

(いや友達と呼べるような存在は数人いましたよ?でもね、ほら……察して)

その後ろ姿を追いかけてカヨは『二人で写真撮ろう?』と声を掛けてくれて、そして写真を撮ったあとも自転車置き場のところで並んで腰を下ろしてしばらく喋っていました。

『ヒロ君と会えて良かった』

『男友達の中では一緒にいると一番楽しいよ』

そんな事を言ってくれました。

勿論 他意は無く、単純に友達として、ですが。


やがてクラスメートも外にぞろぞろと出てきて彼女に「そろそろカラオケ行こう」と声を掛けてきました。

彼女は『ヒロ君も行こうよ』と無茶ぶりをしてきましたが、「体調が悪い」とばればれの嘘をついて帰りました。

全然関係無いんですが帰宅後に、当時発売したロボット大戦F完結編でイデオンガンが使えるようになり「これ強すぎるだろ…」と一人呟いたのを今でも鮮明に憶えています。



483 :えっちな18禁:2010/09/19(日) 23:36:58 ID:6MB1Ftmb0
結論かいう大学は々のところに学しました。

カヨは合格て希望通りの大学へ。

落ちてFランに。

しかしお互いの大学が近いこともあってか親交は続いたのです

緒に電車登下校や昼休みにはお互いの学食行き来したり。

週末に二人で映画やボーリングにけたことあり

彼女免許をると初めてのドライにつされ

生日には日付が変わる『私が最初だよねとおめでとうメル。

プレゼントは私が以前から好と言ってンプファーというMSのプラモをが自作してくれた完成品でし。(私から作と苦手言っていた気遣てくれたでしょう)

でごんね』とはにかうな笑顔で手渡た。

とても丁寧に作られてまし使


そんな日いていたのです



486 :えっ18禁さん:2010/09/19(日) 23:42:07 ID:6MB1Ftmb0
当時私は、自がカに恋愛感情持っているとは思いませんした

彼女は あ貿りにも高嶺のにとって現実のある異性では


かし あ日いつもよう二人で遊んでいると、私はて彼生身女』として意るようなきっかけが生まれので

女は いがでい ふふわした服をいるのでが、落と携帯を拾おと屈だときに胸元からえたその胸の間は、生身の女性を一切知なかった私にとって、それこそモニタの中しかことのないような現ものした



493 :えっちな18禁さ:2010/09/19(日) 23:48:54 ID:6MB1Ftmb0
んとかを逸らそうとするのですが女にはそ視線をられてしまい 私非難されるこを覚悟したのですが、予想と反し女は泣きそうな面持ちで

きな胸がっとコンプレックス

『運動魔』

男子の視辛い

と赤裸々に語くれました。

そういう服装好んでいそうです。

そう言れて彼女の私姿からは、彼のほっそりとし輪郭や手足胴体が太えるような気もていた。

わっとしで胸が突き出た分、おのほうも服がていた寿のでしょう。



497 :えっちな18禁さん:2010/09/20(月) 00:07:08 ID:dvxdvUC80
その夜、私は初めてカヨで自慰をしてしまいました。

どうしても我慢が出来ませんでした。

それまでは、そもそも彼女に対して欲情することすら無かったのです。別世界のアイドルでした。

射精後といわず、自慰行為中も罪悪感と自己嫌悪で泣きそうになりました。しかし亀頭を擦る手は一向に止みません。

鮮明に記憶しているあの乳房の大きさ。柔らかそうで、でも水風船のように張っていて、ツヤツヤとしていた表面。彼女に申し訳無いと思いながらも「ごめん」と呟きながらイキました。



498 :っちな18禁ん:2010/09/20(月) 00:08:51 ID:dvxdvUC80
それから数日、どれ射精を繰り返しても鼓勃起はまりまんでした

そして彼女のことをずっったん、と思い宿知られたの

のことは、彼女性の、そして異性の対象して再確認させるキッカケでした

れた私の恋は、今までのおままごとのように感じられい熱くして息苦しいほどに高まり、は常に彼女のこを考えるよなりました

しかしとの経験も無かった私は、自分から「おはよう」とか「バって」とメールるのが精で、間違っ今何してる?末予定?」なんて聞けでした。






500 :えっちな18禁さん:2010/09/20(月) 00:15:21 ID:dvxdvUC80
して私はのように彼女に対し然に振舞うことが来なくなりました。

その理何となくたのだと思います。きと私の視線はに彼女の身体舐めしていのでしょう。

は少しだけ疎遠になりましはメルはするのですが、二人でて遊こと無くなりました。

ときはいつも彼女からの誘いだったのですが、がぱ無くなったのです。かといって私から誘うなどありまんでした



502 :えっち18禁さん:2010/09/20(月) 00:16:31 ID:dvxdvUC80
から数週大学一年生の冬休み

彼女ら、彼氏来た、と連絡があした。


大学入学時よりずっとローを受けてい二つ年上のサークルのうです。

を聞私に、とてきな喪失感が襲いました。

望、といっいいい私は落みました。学校ばらく休み、を取りませんでした。

っても原因不明の微熱や暈、せるほど発作息苦さに悩まさ始めました

なのにHIVノゼになるんてそれなんて黒歴史健所の方の苦いをい出す枕に顔をあててバタバタしです

医師精神を薦められ、パニック障と診れまた。

れ以降現でデプロメールとメイラクス、ワイ湿パッ(今はユーパンですを服用しけることになります。



504 :えっちな18禁さん:2010/09/20(月) 00:18:00 ID:dvxdvUC80
世間では進級が行われる季になたでし

本気で退学を考えた頃、見舞に来くれまた。


ヶ月ぶりに見る彼女、とても綺麗になっていまし

決しケバくなったのではなく、垢抜けたとう感じで、もう完全に芸能人なんかと比遜色な性になっていました。


部屋にあがった彼は『ヒロ君の部屋久りだ。相変わず綺麗だね』と微笑んでくれました

基本は衰退ていのですが、た体調が良いなどは溜まっいるのを一斉に吐き出したりしてい尿、尚且つ掃除もなかったの中は明らかイカいかっ貿います。

それも彼女な顔せず、私世間を興じてくれました。



505 :えっちな18禁さん:2010/09/20(月) 00:19:42 ID:dvxdvUC80
彼女は私が以前抱いていた恋心をやはり察していたのでしょう。

気を遣ってか不自然なほどに彼氏の話をしませんでした。

私はその微妙な空気に耐え切れず、彼女の配慮を無視して「彼氏とはどう?上手くいってる?」と聞いてしまいました。

一瞬 間を空けて彼女は困った笑顔を浮かべ、小さく『うん』とだけ頷きました。

よせば良いのに、私は根掘り葉掘り聞いてしまいました。

『優しいし周りに気がきく人』

『飲み会とかでは いつも幹事をやってる』

『顔が広く、いろんなお店とか知っている』

『別に要らないって言ってたのにペアリング買ってくれた』

『大人の余裕とお茶目なギャップがあって、特に後輩の女の子に人気がある』

『だけど私にだけ、たまに意地悪してきて むかつく』

『別にイケメンとは思わないけどね』

『夏休みは沖縄に旅行行こうって話してる』



508 :えっちな18禁さん:2010/09/20(月) 00:21:59 ID:dvxdvUC80
私は出来るだけ笑顔で、彼女の話を聞くよう努力しました。

最初はモジモジしながら素っ気無い素振りで話していた彼女も、次第に はにかんだ笑顔を浮かべ、冗談っぽく彼氏の不満を漏らすようになっていきました。

勿論 そこには負の感情など一切無く、単なるノロケ話でした。


私は いつの間にか泣いていました。

あまりに突然の涙に彼女は びっくりした様子でしたが、その涙の意味を理解したのか、心の底から申し訳なさそうに『ごめんね』と俯きながら呟きました。

それから十秒ほどでしょうか。気まずい静寂が流れたのですが顔を上げた彼女の口から

『私に出来ることがあったら力になるから、早く良くなってね』

との言葉が漏れました。


私は確かに当時 病気でしたが、それとは関係無く生まれもった資質が下衆だったのでしょう。

彼女の優しさに漬け込んでいけしゃあしゃあと、「じゃあHしたい」など口走ったのです。

彼女はこれまでに見た事のない悲痛な面持ちで、また俯いてしまいました。



515 :えっちな18禁さん:2010/09/20(月) 00:29:35 ID:dvxdvUC80
私は いてもたってもいられなくなり、彼女に近づきました。

しばらく彼女は諭すように抵抗しましたが、やがて諦めたのか『触るだけなら良いよ』と言いました。

私は正面から彼女の胸を掴みました。正確に言えば掴みきれませんでしたが。初めて女性の胸を触った感触は「重い」でした。

正面からだと いくら掴んでも掴みきれないその大きさと弾力に業を煮やした私は彼女の背後に回りこみ、羽交い絞めするような形で彼女の背中から両手で揉みしだきました。

とにかく柔らかくて、でも押し返される弾力に夢中になりました。


どれだけの時間が経ったのでしょうか。

彼女は その間微動だにせず、ただ黙って俯いていただけでした。

私は直に触りたい欲求にかられ、服の下から手を滑り込ませようとしたのですが、それは彼女に『それは絶対駄目…』と何度も抵抗されたので諦めました。

キスも同様です。





>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, これはひどい, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様