2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

妻とつきあうこととなったった本当の理由

 



と妻が付き合うなった切欠は、信れない事妻のから「今度、食事て頂けませんか声を掛けられた事

それは私だけではなくて、の社達に信じ難い出来事だと思う。

何故な身長が170セある髪のモデよう人で、下請け会社の社長の娘だったから


社ではマドンナ的存在で、社員憧れたが、隙ない妻には誰けるすら出来なかった。

「香付き合っているそうだが、君はもう4だ早いもので香織も28になったと聞いた、こらで姿そろそろ決どうね。

々私は常になる。

そうれば、いず君を課長にして、ゆく長に推薦しようも思っている。

その為早く身を固め、庭を持って落ち着


に目けてくれてい部長にそう言わ、ととん拍子で話き合い始め僅か、部長夫妻の仲人結婚。

は子供も生まれ、その息子も早2才

可愛い盛りで、妻は相変わらず綺麗でしい


妻には何の不もないだ1つ有すれば宿頻繁に実に帰い。

しかし、それは私の出張くて、その間帰っるだけで、私がる前来ていてず息子と顔で迎えてくれるの貿、不どと言うものでは無い

このとは正にこの事で、私は幸せの絶あっ


ある日、退貿てライル会社にった元総務部長に出張先の会社で会う

、私達の仲人してれた、部長ででは務の高橋常務と同期で、常にうラだっ

私が聞いた訳ではないが退た理由が「高下でなんか働けるか」らしい

は課長になったしいおめでとう

話を聞と、偶然じホテに泊まっていた。


狭い業界だから得意先で会って議ではないが、ホテルま一緒とは奇遇だ。これも何かだから、今夜一杯どうだ?

を探りたいのか思ったが、直属では無かっにし、仮にも元だっの誘いは断り難く、私達はホテルの側の


「課か?

確かに課宿なってか、出張も規模の大きな会社だ出張も減が、は3・4日の出張有った。

「課長と言っも、会社でってばかいられないの藤部長もよくご存知じゃないで

れより、こちのような課長、そちらは伊藤に出て来られては、勝ち目が無くます」


と言っても、天と地ほど違う」

最初は、話ばかだったが、酔が回ると伊藤部、とんもない事を言いだした


「君は出世間違い無しだから、う躍退少しい手加減してくれ稿

「いいえ、営業なんて常に競争すか、うかうていたるかも知れまん」




いや、君勝ちに付いて、香織君を点で会社は勝

私は、これはしり者の妻を貰ら、出世とい妻に対して褒め言葉だとけ取ってしまいお世辞ても嬉しかっが、の言葉皮肉だ知る

「ただ、男としてはろう。としてはち組どころか、最低な男に成りがってしまったな」

石に、酔っいる元上司でも頭に血が上る


言う意味です?いくらお藤部長、そ言い方は許せない」

「だっ尿、そうだろ。君は上司き受けて、プライドををと簿

言う味がすぐ出来


さか・・・・らなかったと言うは・・・・・・

当時高橋部長はの部長伊藤部長には取締役が寿いていた

取締会議も格下の高橋部長常務にという話が出た

に愛人いる人間をして」と暴


かし、個人問題会社には関係ない跳ね除、身辺をにするいうが付け加られるに終わる。

の何人か既にていに手を回してたのさ。重役以らなが、まさか当まで知らなかっは・・・・・・・・・」

高橋常務は、昔も低くて腰もらかく、いつも顔をやさない優しい人なので、私に到底信が出ない

かし、伊藤部長も、気の激しいろは有、男気嘘のい人だとあり、私は何がなのか分からず戸惑うばかから家に戻ると、いつ様にと息子が笑顔てくれ


わっは無たか?」

藤部長に言れた事っていが、間違っていた合、ほど妻をる話は無いので、どう出せない

いつものように、実家に行か頂きました」

妻の顔を見ていると、やは妻を信じよう


付かに、妻を見いた。

ば、私と付合う前何もない。

た時は、既に勿論処女ではなかっそれはお互いで別もしなかった。


入社来、目立存在だったので気にして見ていたが社内浮いた噂は一度聞いた事が

藤部話を思出し、妻が高橋の熟練した性戯れてい姿が脳に浮ぶ。


伊藤部長の話が本当だとすれ、ど様に報を仕入れたのだ

その時、1人のが浮かぶ

男は伊藤部に付ていて、妻と同業二課にいた鈴木係長。

世争で伊藤部長勝っていれば、当然この男はに成っていただろうし、逆に私なは万長だったかい。

な事を考いたが、伊藤の言った事が本当だったして、それはと結婚する前の話し

は、妻に聞くく、前のなのわないで現状維持。

幸せなら関、自分落ち着かせる


翌日出社すると、高橋ら話しけら

「昨日だったらしいな。その内長に引きてやるか、精々頑張れ。そはそうと、出張はい

再来週月曜から、4日間の

「そうか、大変だな。身体を壊すなよ

今までに度か声を掛てもらって、の度にの予かれな気がする。

今まの私はも思わず、気にも留めなかったが伊藤部長の話を聞いから何か違和を覚えた。

長。高橋常から私の出張にいて聞かれた事はありま?」

「そう言われれば、何度か予定を聞かれた事ある。君常務お気に入りから、配しくれいるのだろう」

一番勢いのある高橋常事で、下手な事は話せいと思ったのか、部長くは語らない

かし、多くを語らない、逆に訊かれてるのはないかとる。

どうして常務が、の出張予


さか今も。

どんどん考えは悪い方へと向かってしまう、家に戻っ妻の笑顔を見る、思いすごしだと安心する

より結婚以、妻に疑わし無い

妻の格で、不倫なんて有り得ない。


しかも、幼い子供を連れて不倫相手に会んて有り得

緒にいると、しまうこと自体申しわけなく思うが、一人ると考え込でしまう。

仮に不倫しているとすれ、私出張中しか考えられない

実家子供を預

を疑ている事悪感を覚えながらも、頭中は伊藤部長の言葉に配されていく。


「今ら香織実家に行ない

車で1時間ほの距離なのに、家に来たのは久し振りだっ

ご無沙汰しておす」

「いや、いつ織が手してないな。嫁にったのに、そう頻繁に帰って来なといたいのだ達も孫見たて、つい・・・・・・・・・

の離れはまだ大学生で、今は母と人だけいるので、寂しいかも知れな


どうだ?帰りは香織転させればいい

久しりに会った私を歓迎してくれ





「香はお邪魔している時に一人出掛ける事もます?」

「無いな女房と買いにはよく

やはり私の取り越心して、酒をたらふくご馳走になった。


家に戻ると、のままファになてしまい、妻は眠てしまった供を抱いて寝室へ。

あな。こん所で寝てしった、風邪をひきま

付くと目前にの妻の顔があり、体に薄い団が掛けてくれてあった

「もう、こ

起こしても、起きくれないから」


妻のを遮るように引き寄せてキスすと、妻もそれに応てくれ、私はお尻をぜていた

「だめもうおた頃だか、お呂にって来

に、バスげて行く。


少し遅れて私も行くと、既妻はら上調、スジにボディを付けてい

私は湯に浸かりなが妻が身体を洗うをじっとる。

「いやだー。そんなに見ないで」

ら出るとを見ていて硬くなた物目の突き出す。

「まあー

ディーソープをたっぷり乗せて、慌しく両手を擦り合わせ、私のオチンチンは泡で見えなくなって行く。

、心い指のきに身いると、を掛けれて、た姿を現したオチンチンに、今立ちになったの唇が近付いて来る。


新婚当初の妻を思い出していた。

てい年間は、いくら迫っ上手くれ、はキス止まり

初めて妻と結ばれたのは旅行先テルだた。


その夜の妻は終始恥ずかしそたがざセッスがると乱れに乱終始声を何度  達しくれた。

その間、いくら目の前チン決し口にする事は無く、これほ感じてれてのは愛してくいるか、処女たが、経験は左程多く無いのだとた。


て妻がにしそれから月ほど経湿てか

しかも、ただ口に入れているだけでず、妻にとって初めての経験なのと感じ

初はぎちなかった妻も、私も言わなくて側にを這わ、横咥え

調ざときな音を出して吸ったりして、々にロ顔負け性技見せだしたが、

これするが故私のオチンチが愛くなり然とそうするようなったと思って


れらは演技だったのうか?

その妻は便セッ凄く献身的にくし、私が身を任せ事もく、普段の妻からは、誰も像出ないような顔をせ、

てが私だものだと思、男充分満足させてくていた

これ全て高橋常務込まれ技で、常にも同じ見せていたのか

いや、今ているの

だけのもので姿ったのか?

妻の中で私が急送にんで行く。

えっ

早く洗っ、寝に行

での、何とか私を奮たせうと顔を跨いだ好にり、腰を妖しく動かして誘いら、無我夢中で舌を使てくる。

「ごめ。飲み過ぎてうだ。明日頑から・・・・



しかし次の日もそのま日も結は同じ

「ごめん」

私なら大、謝らないで。きっと疲れているのよ」


このまま永久、この状態が続くかもいと脅え私は、の思い違いを信じならも解を解く思い切って鈴木係長に声を掛けた。

鈴木てから、一杯き合頂けませか?」

えて呼ばず、私用が有るかと断られ


お願います。妻の事でたい事が・・・・

「香織さん事で?


私が言っ名前すぐに出てくほどえてで、伊藤部長が常務と妻の事をこの男に探らせていた確信する

妻を出したうに付き合てはもらえたが直接のライバルでかったにしろ、以前上司がライル関係にあった、私を常務の犬と思っか口重い。


率直に言います前 高橋常務と妻の事を調べていか?」

「私からは何ません。これ上会社に居辛なるのはですか

これは、認てしているのと同じ事。


先日、伊藤部長にて、初めて聞いたもので」

藤部長!まさか、それま知らなかとか・・・・・・・・・」


鈴木係長た顔、伊藤部た。

「やはり務と妻、愛人関係



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様