2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

妻とつきあうこととなったった本当の理由




私と妻付き合う事に切欠は信じ事に妻の方から今度、食事頂けませんか」と声を掛けら事だった。

それ私だけではなく、他の社達にも信じい出来事だったと思う

何故ら妻は、身長が170センチある髪の長いモデルのような美で、下請社長の娘から。


会社はマンナ的存在で、男子社員のの的だっが、隙のな妻には誰も声を掛けるすら来なかった。

「香織君と付き合っているそだが、君はもう34だろ?早いもので香織君も8にったと聞いこころそ決めらどかね

近々私は常務になる。

そうれば、いれ君課長にしてゆく部長薦しようっている。

の為にも早身を固め持って落着け


に目を掛けてくれ湿いた高橋にそう言われ、とんとん拍子で話進み、付きい始て僅か半年長夫妻の仲結婚

2年後は子供れ、その息も早2才

子供は尿愛い盛で、妻は相変わらず綺優し


不満もないただ1つ有るとすれ、頻繁に実家に帰る事ぐらい

、それは私出張多くて、その間帰っいるだけで、私が帰る前に西て来ていてず息子笑顔で迎えてくるの、不と言ので

このの春とにこの事私はせの絶った


そんなある日退職してライバル社に入った元総務部、出張先の社で偶然会う。

の人はの仲人をしてくれた当時、長での高橋常務同期で常に出世を争うバルた。

接聞いたでは退職た理由が「の下でなんけるか」らしい。

ったな。おめでとう

を聞くと偶然同じホテルに泊まっていた。


「狭業界から意先で会っても不思議でないが、テルまで一緒とは奇遇だ。これも何かの縁から、今夜一杯どうだ

我社の事を探りたのかとも思ったが婿は無かった仮にも元司だった断り難達はテルの側の居酒屋にいた。


長自商談か?

確かに課長にてから、出張先も規模の大な会社だに成、出張の回も減ったが、れで月に23・張がた。

課長っても、社で座てばりいられないのは部長よくご存じゃないですか。

それよりこちらは私のよう課長ちらは藤部長出て来られてち目が無くなってしま


いや、部長と言っても、社の模が天と地ほどう」

初は、仕事の話ばかりだたが、酔いが回ると伊藤部長、とんでい事を言いだした


「君は違い無しだかそう躍起なくても良いだろ。少しぐらい手加くれよ

「いいえ、営て常に競です、うしてら降るかも知れまん」




「いや、君は勝ち組。高橋に、香織殿君を嫁に貰った時点で会社では

は、これはしっかり者のを貰ったから、出世出来るとい、妻対しの褒め言だと受け取まい世辞しても嬉しかったが、皮肉だと知

ただうだ。男としてはち組どころか、最低な男に成り下がってしったな」

流石に、ている元上司も頭に血が上


「どう意味です?いくらお世話藤部長でも、その言い方は許せない

「だって、そうだろ。君は司の人を受けて、プを捨出世をとった

私は伊藤部長のう意味がぐには解出来なかった


「まさか・・・・なかったと言事は・・・・・・・・ 

当時、高橋部長は平の部長で、伊藤部長には取締ていた。

で、分よ婿りも格下の高橋部長を務にという話が出

内に愛人いる人間を常務していのかと暴露した。


しかし、それは個問題で会社係ない除け身辺を綺にする事という条件け加えられるに終わる

「取締役のは既に知っていたので、高が先手を回していのさ。重役外は知らいはずだまさか当までたと・・・・・・・・

橋常務、昔ら腰も低姿くて物腰らかく、つも笑顔をやさない優しい人ので、私には到底る事が出来ない。

かし、伊藤、気性の激しいとこが、気のある嘘の無印象があ、私は何が本当か分からずに戸惑うだったからに戻と、いつものに妻と子が笑顔で出迎えくれた


った事はかっか?

藤部長に言われたになっていたが、間貿ていた場合、これほを侮する話は無いうしても切り出ない

いつものように、実家にせて頂きました」

の笑顔を見ていと、やはり妻じようと


私は寝付かれずに、妻の寝顔を見てい

そう言私と付きう前の妻の男性遍知らい。

付き合便、既に28歳で、勿論処女ではかったが、それお互い様で別しなかった。


入社、目立だったのでして見てが、では浮いた噂も聞た事い。

伊藤 稿い出し、妻が高務の熟練た性戯で、乱れている姿裏に浮かぶ


藤部長の話だとれば、どの様に情仕入れだろう

その時、1人の男の顔

男は、尿伊藤部長に退いていにいた鈴係長

出世争いで伊藤部長が勝っていれ然この男は課長っていだろうに私などは万年係長だったかも知れない

んな事を考えていたが、伊藤部長のっていた事が本当たとしても私と結婚する前話し

結論は、聞く結婚前の話しなで、何も言わ現状持。

が幸せないと自分を落ち着かる。


日出社する高橋常から話しけら

昨日まで出張だったらな。その内部長き上てやら、精々張れそれはそうと、今はいだ?

再来月曜ら、4日間の便予定で

「そ、大変身体を壊すなよ」

でにも何度か声けてもらって、その綿度に出聞かれな気がする。

今までの私は何も思わず、も留めなかが、伊藤部長話を聞いたから、何か違和感を覚えた。

部長。高橋常、私の出張にいて何かかれた事りますか?」

そう言われればか予定かれた事が。君は高橋常務のお気に入りだから、何かと心配くれているのだ

勢いのあ高橋常務の事で下手な事は話せいとったのか、部も多語らない

を語らない、逆に頻に訊かれていのではないかとる。

どうして常務が出張予定を?


まさ今も。

んどん考えは悪いへと向ってしまうが、家に戻っての笑顔をると、思ごし安心する。

何より結婚以来、妻に疑行動は無い。

性格で、倫なて有り得ない


かも、幼い子連れて不倫相手に会うなん簿得ない

妻と一緒にいると、疑ってしまうことしわなく思うが人でいる考え込んまう。

倫しるとすれば私の出張中しか考ない

家にを預け

妻を疑いる罪悪感なが頭のは伊藤部長の言葉支配されいく


「今から香の実家に行ない

車で1時間ほどの離なの、実のは久し振りだった。

「ご無沙汰しており

「いや、いつ織が勝手してすまな。嫁行ったのに、そう頻繁帰ってなと言いたいが、私達も孫の顔を見たくてつい・・・・・・・・・・

歳の離れた男はまだ大学生で、今2人だけで暮してるので、いのない。


「一杯ど使だ?帰りは香に運転させればいい

は、久し振りった私を歓くれ




邪魔る時、一で出る事もありまか?

「無い女房い物にはよく行く

やはの取り苦労だと心して、美味いをたらふく馳走った


に戻と、私はままソファーでになってし、妻は眠っしまった子供を寝室

なた。な所寝てしまたら、風邪をひきよ」

気付に笑顔の妻の顔がり、体に薄い夏蒲団が掛けてくれてった。

う、こん時間か」

「何度起も、起きてくれないか


の声をるように引き寄せてキスすると、妻もそ応えれたのお尻を撫ていた。

もうお湯が入っただから、お風来ます

は嬉しそうに、バスームへ逃げて行


少し遅れて私も行くと、既に妻は湯からって、ジにボーソーを付けていた

私は湯に浸りながら、が身を洗う様子をじっとる。

いやだー。そんなに見で」

湯から出と、妻を見ていて硬た物を目貿突き

「まあー!ウフッ

妻はにボデーソープたっり乗せて、両手を擦り合わ、私のオチンチンは泡見えなくなって行

し、心指のきに任せと、急にお湯を掛けられて、また姿を現したオチンに、度はちになった妻の近付いてる。


は、新婚妻をしていた。

き合ていた半年間は、いくら私が迫っても上手くかされ、結局はキス止まり。

初めて妻と結ばれのは、新行先た。


その夜、終ずかしそうに俯いたが、いざックスがると乱れに乱れて終始声を上げけ、何度も何度も達してた。

その間、いくら目チンチンをても決しにする事はく、これほど感じてくていのは私を愛してくているからで、処では無かったが経験は無いのだ思っ


が私を口にたのは、それ沿から3ヶ月ほど経っから

しかも、た口に入れてるだで何も妻にって初めのだとた。

最初はぎこちなかっも、私が何も言わな退側にを這わせら咥え、

わざ大きな音を出して吸ったりして、徐々にプロ顔けの性技見せだしが、

するに私チンが愛しくなり、自然とそうするようった思っていた。


これらは演技ったろうか?

の後の妻は、セックスでも凄く献身的に尽くくれ、私がせるも多、普段のから湿は、誰も想像出来ないよな顔

事全てがけのものだとうと、男の独占欲を充分満足させてくてい

れら全て高橋常れた技で、常務にも同顔を見せていたのか?

や、今も見せているのか?

けのものかったのか

の口の中で、私が急送に萎ん行く

「えっ?」

早く洗て、寝室に行こう」

での妻は、何とかうと、跨いなり腰を動かして誘いなが、無我夢中舌を使ってくる。

ごめん。飲過ぎてしまったようだ。明日頑るから・・・・・・・・



かし次日も、そのまた次の日も結果は同

ごめん

私なら丈夫だ謝らないでっとれてのよ


まま、この状態がかも知れいと脅えた私は、私のい違いを信じながも誤解を解めに、思い切ってに声

「鈴木先輩。今日仕事がてから、一合っません?」

あえ木係長とは呼ばに言ったが、私用がるからと断られる。


いします。妻の事で・・・・

「香織さんの事で?」


私がっただ、名前がすぐに出てるほどよくいたで、伊藤部妻の、このらせていたのだ確信する。

妻を出した事うにか付き合てはたが、直接のライでは無かったにしろ以前がライバル関係にあた事で、私を高橋常務の犬だと思っていのか口い。


「率言い前 高橋常務と妻の調べてい

「私からは言えませ。これ以上会居辛くなるのは嫌ですから」

かしれは、認いるの


先日、藤部長にお会して、初めて聞いた

伊藤部長!まさかそれまで婿知らなかっとか・・・・・・」


係長は驚いた顔で長と同反応を見せた

やはり常務は、愛人関に?



>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, SM_調教,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様