2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

友人を泊めたら、深夜に嫁とヤッていた





406 :えっちな21禁さん:04/06/18 20:12 ID:Daoca6St
俺24歳 嫁28歳です。私はいわゆる寝取られスキー・・・

っていうのか寝取られ想像好きいうか、このスレは良く覗いてはいたんですが、まさか自分がこんな状況におかれるとは思っても見なかったです。

事が起こったのは先週金曜。大学時代の友人二人と飲みに行った帰りに どうしてもというので家に寄った時の話です。

他人を家に上げる事を極端に嫌う嫁(家の両親すら上げたがらない)は 飲み屋からの俺のTELに案の定大反対であったが、何とかお願いして了解してもらった。

大抵、一度家に上げてしまえば何とか機嫌よくは接してくれる。

まあ、帰ったあとは怖い訳だが・・(笑)事情があり結婚式を内輪だけで行ったたため、高校・大学の友人連中は俺の嫁に非常に興味を持っているらしい。

で、俺の寝たうちに・・・始めて、気が付いた俺が大立ち回りでなくて・・・・チキンぶりを発揮するという話なんですが聞きたいですか?



407 :えっちな21禁さん:04/06/18 20:25 ID:Daoca6St
詳細は望まれたら書くと言う事で・・・

タクシーで5分ほどの家へ、家は4件建てのアパートの二階で、田舎なこともあり、駅近くなのに静かで非常に気に入ってる。

で、家に寄るなり、再び飲みなおし。大学時代がどーのこーのなんて話しで盛り上がっていた。

まあ、嫁も予想通り一度家に入れてしまえば機嫌がよく、話しに付き合ってくれていた。

当然、大学時代の女関係まで話しが行ったりしていた(元カノの話にはマジであせった)。実際、少しかぶった時期もあったので・・・(笑)



414 :406:04/06/19 11:38 ID:/FQGcOG+
そのうち11時を過ぎたあたりで友人の1人(S)が眠くなってしまい(大学の頃から変わらず。必ずいるよねこういうタイプ)、嫁と影で相談した、というかお願いした結果、止めてもらう事にしました。

ちなみに家のアパートは3DKっぽい2DKで(洋室4.5畳×2、洋室8畳、DK)いつも寝室に使っている和室(6畳)に俺と嫁、空いている洋室(長細い9畳の部屋が戸で仕切られていて4.5畳×2になっている)に友人二人が寝る事になった。

ちなみにもう1人の友人はOといいます。


両親が来た用の布団を2組敷き(嫁の両親しか寝たことがない。うちの両親は絶対帰される(笑))でSを早速寝せた。

Sの音息を立てるまでのスピードは恐ろしいものだった。



415 :406:04/06/19 11:40 ID:/FQGcOG+
で、再び、俺、嫁、Oで飲みなおし

十分酔いの回っOの話はに下の方なってきた

夜はどう見たいな


簿ところ、D気味っていかEDなで、俺は夜にやるぞー!ってSEXできるけでもな、朝立(ストレートだなの時にこしてやることが多くて、多満足してないんじゃ、といながら聞いていま。(よく結出来たよな

の上、嫁は、私の事を使い、はきりとは言わまでもう〜んと言うな答返してました。



416 :406:04/06/19 11:42 ID:/FQGcOG+
気まずくなったのかOは、自分の性の武勇伝を話し始め、何回やっただの、俺のは大きいだの、誰とやっただの(知り合い関係)と得意げに語っていました。

俺の全く知らない話もあり、こいつすげ-なとは思いながらも、表情に出さず(出てたのかもしりませんが)、受け流すような感じで聞いてました。




417 :406:04/06/19 11:44 ID:/FQGcOG+
まあ、なんだかなってきので、そろそろお開にして寝ようということになったわけす。


付けは明日でいと話したが、どうしけるうので嫁にに和に行かされ、寝る事にさせられてしまい

友人Oもトイレに行っ、寝るようでした

いまから思ばこれが大嘘ったわけで


ふと目を覚ましと、DKかぬ声聞こえてきました。

うっ、うっ、う

嫁の声でした。



418 :406:04/06/19 11:46 ID:/FQGcOG+
つもは覚ましも、目覚るの少し掛かるですが、この時はもう1秒かからなったのでないしょうか。

すぐに状飲みが出来ました。

まし2時半、いてから1時間です。

ぉー思いながらも、うしようないもどかし私に迫ってきまた。

と、同時常に冷静な分もいたような気がしていました。

Kに中央にテーり、私の長布団が一枚ず、お客さ2枚が囲に配置してあります。

聞こえ簿る声のきさ、位置関係から、私の長座布団枚挟んだすぐで行ていることが容に理解した。



421 :406:04/06/19 13:03 ID:/FQGcOG+
しかしながら、とても飛び出してやめさせる状況ではなかったです。チキンなもので・・。

でも、耳の感覚は研ぎ澄まされ、全てのものを聞きとろうとしていました。

嫁の「うっ、うっ」と言う声が聞こえて来ると同時に、「パン、パン、パン、パン」という声、音が聞こえるようになってきました。

その音は、なくなったり、続いたりと交互になっており、Oが休みながら嫁に突き刺しているんだろうと思いました。



422 :406:04/06/19 13:06 ID:/FQGcOG+
何回目かのの攻撃

「ちょっ待っ、駄目だから、るべく静かにして。

丈夫だから、で起きなきゃきないって」

でも・・」

の妻とOとの会話が聞こました。の声した。

いおいおい、あれってなよ?と思っている否や、再びOの攻が始まったようで、妻大きくなってきした。

程度繰り貿た後、ぞも音がしま位置を変えている様でした。



423 :406:04/06/19 13:07 ID:/FQGcOG+
寿の瞬間、妻の声し上から聞こえる用にってきまた。

突き上げらるんな・・といながら、私が最もきな体勢で行に少し妬を感

ら考と、およ、ってことになるとんですが・・


の声は次第に大くなり、同時に布団すれる音っていでしょうか、「ざっ、ってが聞こえるようにってきました



424 :406:04/06/19 13:09 ID:/FQGcOG+
そこで、少し物音を立てて見る事にしました。

なるべく自然に、妙に冷静な自分は、寝がえりをうつ振りをして戸を叩く。ことを実行しようと思いました。

ドンという音を建てました。


次の瞬間、妻の声、ざっと言う音は消え、「しーっと」言う声が聞こえてきました。

妻の声です。「ちょっと待って」と言うや否や立ち上がり、戸を開けていました。



425 :406:04/06/19 13:10 ID:/FQGcOG+
はやばっしたが、素く目を、ばれていないようでし

いえ、こしてくれればこの後のことは無かったとうのです妻にはそ気持ちがかっようでした

の「丈夫」とのひそひそに、は「大丈夫だと思んだど・・・」と心配るようでした。

本的に私は寝たら起きま妻もことを踏まえて丈夫言ったのと思いました。



429 :406:04/06/19 16:44 ID:/FQGcOG+
める寸前にラッと薄目を開け、認し寿したっていうか殆無理したが

いつ殿も家にいは長のタクト好ん 、今日もそれけてした。はいたのスカけてないように見え

その?上されてないの?等と冷に考える自分いました。

おまえは馬鹿か等と自分に言い聞かせながら



430 :406:04/06/19 16:46 ID:/FQGcOG+
戸を閉め後、洋室の戸をが聞こえましたので、の様子を見に行たと思いまし

う発想は無いのと思いましたが(しばらると

「やっ、う駄」っいう嫁が聞えていま

やめる気ねぇ

って」「駄目」と言婿う嫁の声は「あっ」「うーんとい声に変わってきま西

そんなこんなうちどさっ音と「」という声が寿ました再開のようでした

調殿りいって こっちももうんびんでな時だなるのうかな・・と思いますそんな




431 :406:04/06/19 16:48 ID:/FQGcOG+
聞こえる声の大きさと、位置関係が変わり、今度は嫁の長座布団の上で開始したようです。

私の長座布団の位置は戸から全く死角になっていますが、嫁の長座布団の位置はその右側に直角に配置してあるので、(イメージ沸きます?)ほんの少しの隙間から覗く事ができます。

タイミングを見計らって覗こうと思いました。

見られても、聞かれてもいないのに寝返りを打った振りをして、戸の方に向き直り、隙間が見える方向に対していい位置を確保する事に成功しました。

俺、必至だな、と心で笑い、泣いてました。

おそらくこれが寝取られスキーの真骨頂なのでしょう(笑)



435 :406:04/06/19 21:56 ID:/FQGcOG+
そのようなことをしている間に「ぱん、ぱん、ぱん」といった音が聞こえてきました。

Oは再び嫁に打ち込みを開始したようでした。


さすがにまだ目をあけることができずに悶々としていましたが、嫁の声が大きくなるにつれ思わず目を開けてしまいました。



436 :406:04/06/19 21:58 ID:/FQGcOG+
戸の隙間から見えたのは、まさに嫁が打ち込みをされている局面でした。

しかしながら、Oの背中ばかりが見え嫁の姿を全く確認する事が出来ませんでした。

嫁の動向で確認できるのは、Oの腰の動きに合わせて発せられる「あっ」とか「うっ」という声だけでした。

この位置であれば嫁の顔、体を確認する事はできませんが、まあ仕方ないかな。と、思っていましたが、次のOの動きに目を疑いました。



437 :406:04/06/19 22:02 ID:/FQGcOG+
は嫁の腰に手を掛抱き沿動作に入って行た。

再び下か突きげる腹づのようです。

が抱きすにつれ、顔 と嫁少しずつあらわになってきました。と同時に、私にあった少しばりの余裕は完まし

ただ、嫁湿、体を直視ていまた。

嫁の顔びにあれていましたし体はOので白肌までは行きませれいに見るものた。

私がの体を確認するまでに至っ、嫁は腰の両手に支えられ下降とを繰り返し西まし



438 :406:04/06/19 22:03 ID:/FQGcOG+
何分立ったでしょう。

嫁は

「駄目、もう駄目だから」

「駄目、駄目」

と言い始めました。

これは、嫁の逝く時の言葉です。

ちなみに私はこれを数回しか聞いたことがありません。(苦笑)


「ああ、駄目」を何回繰り返したでしょう、嫁はOの体に倒れかかってきました。多分逝ったんだと思います。



439 :406:04/06/19 22:05 ID:/FQGcOG+
Oは満足げになりながらも、自分の欲求を満たすために、再び嫁を仰向けに寝かせました。

今度は先程と違い、Oの正面が私を向くような位置になり、嫁の体も見ることができました。

Oは自分のを放出する準備を始めたようで、スピードを上げてきました。

AVで見るスピードには劣るものでしたが、いつも生ぬるい打ち込みになれている嫁にとってはどんな物なのでしょう。

声になっていないようでした



440 :406:04/06/19 22:08 ID:/FQGcOG+
分そのよ打ちみがいたかと思うとOは「名前)ろそろやい」と言っています。


「絶対外に出てね、絶対だからね」と言い返しまし

「大丈

Oが言ったの一言でし

ピードはがりは再び

、駄

言いいます。Oは

嫁(前)ん、逝く

、素く自抜き、嫁の腹放出しました



441 :406:04/06/19 22:09 ID:/FQGcOG+
私はただ、直視する事しかできませんでした。

嫁とOはさすがに疲れたようでぐったりしていましたが、数分後、ティッシュを探しに行ったようで再び私の死角に入って行きました。

Oは嫁に、放出済みの物を口でして欲しいと要求していたようですが、嫁はそれを拒んでいました。

ちょっとだけ面白かったです。



442 :406:04/06/19 22:10 ID:/FQGcOG+
しば殿して

「じゃぁ、ねますか

おう

やりがあ、数分、ピチャと行った音がこえました

スしていたんだとおもいす。




>>次のページへ続く

 

 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様