2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

ホストになった自分のために彼女が風俗をやった話

 




594 名: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 02:42 ID:qwd8q2G5
深夜にコソーリ書こうかと思ったけど長文駄文になりそうで断いれておと。

20歳らいのきごとまでも傷にる。

彼女がヤラたっうかヤラしたっつうちょっと暗話かも。鬱いてよい



597 名: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 08:16 ID:qwd8q2G5
20歳を過ぎたこの今でも心苦しい出来事後悔しても後悔しても償いない傷の話す。


と出会っのは女友を介して。

初はの友達だっ

なで一緒にゲり夜の海へでかけたり。

ただだ純粋に楽かった。


ある夜のこと。いつもうに海まで遊びに行っ帰り

真理は疲れて部座席で眠ってしまっ


ているのは男友達啓介

には女友の栄子。

俺は部座席で真理の寝顔を見


つも元気っぱいの真理なのに眠ってしまうと愛い沿もんだ”

そう思ながの中にわず湧いきている淡い感情にはまだ気づかなかった



598 名前: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 08:17 ID:qwd8q2G5
窮屈そうに後部シートに横たわる彼女は純真そのもの。

150cmあるかないかくらいの小さな体には似合わぬ胸のふくらみを携えている。腰より少し上くらいの長い髪。真理はいつもこの髪を自慢気にひるがえす。


正直美人とは言えないが、幼さを残した白い顔は誰にでも好印象を与えていた。

今日この時までは彼女を強く意識したことはなかったのだが、初めて彼女の寝顔を見て”可愛い”、素直にそう思った。

前の座席の二人を少し気にしながら真理の頭をそっと持ち上げ自分の片膝を割り込ませた。ハーフパンツをはいている俺の素足にはらりと真理の髪がかかる。

どきっとした。

優しく、そう、できるだけ優しく真理の黒い髪を撫でてみた。

やわらかい。

不思議と幸せな気持ちになれた。

ずっと優しく髪を撫でていたい。そんなことを思っているとふいに真理が動いた。

”びくっ”後ろめたいことは何もしていないのだが、今の自分の不思議な感情を悟られたかのように動揺した。




599 名前: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 08:18 ID:qwd8q2G5
だが彼女はまた静かな寝息を立てだした。

”ほっ”安堵感。

そのとき真理がぽつりと口を開いた。

「倫くん・・・」


”えっ!?”

俺を呼んだ?・・・しかし彼女は変わらず静かな寝息を立てている。

「寝言か・・・」

真理をみつめる俺に啓介から野次が飛んだ。

「いたずらするんじゃありませんよー」


思わずムキになる。

「誰がするかよ!」


「でも何かえっちぃ雰囲気ー」

栄子からも。


「疲れてるっぽいから膝貸してるだけだよ」

すこしすね気味に言ってみる。

前部座席から冷やかすような笑い。

「でも・・・可愛いよな・・・ 好き・・・・かも」

つぶやくように言ったその言葉は前の二人の耳には入らなかったようだ。

そのまま何事もなくその夜は過ぎていった。



600 名前: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 08:19 ID:qwd8q2G5
それから日々は流れ、俺は新しいバイトを探していた。

それまではコンビニで深夜働いていたのだが、どうもあれはだれる。

暇にならず、それでいて高収入な楽なバイトはないものか・・・。

○nやFrom ○を見ていた俺の目に飛び込んできたものは

(月給40万〜 バイト可)の文字。

ホストクラブの従業員募集だった。

お袋似の女顔で性別を間違われることも多かった俺は”いっちょやってみっか”と奮起。早速電話して面接に。



601 名前: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 08:20 ID:qwd8q2G5
晴れて採用された俺は その日のうちに先輩に基本的な接待を叩き込まれた。

深夜1時開店のその店は水商売や風俗の女達がターゲット。うさばらしにくるわけだ。

新規は一万で飲み放題だが、指名がつくと座席料込みで三万二千円。そこへドリンクやフード料金がかかる。

その街でもかなりの高級店。必然的にマナーや接待術が問われる。

なんとか慣れようと もがいている俺に真理から久しぶりに連絡が入った。

「ひまー ひまー 遊んでー」

真理は専門学校生。夏休みにはいった為、時間を持て余しているらしい。

基本的に仕事は夜だけなので昼間は俺も空いている。

それからしばらく毎日のように昼間に真理と遊ぶ日々が続いた。



602 名前: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 08:21 ID:qwd8q2G5
そんなある日のこと。真理が何気ない会話の中突然言った。

「私たちつきあってるみたいだね♪」

”ずっきゅーーーーーーーーーーーっん!?”(古典)

焦った。あまりのさりげない爆弾に鼓動が速くなる。

”ち、チャンス?今しかない!!”

そう思った俺は真理におずおずと口を開いた。

「つ、、、つきあってみる?」

情けないホストである。しかしその時の俺には精一杯。

「・・・いいよ♪」

”よっしゃーーーーーーーーーーーーーー!!”

こうして俺は真理と付き合うことになった。



603 名前: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 08:22 ID:qwd8q2G5
つきあい初めて二週間くらいして、真理が俺の家へ遊びにくることになった。

普段から女友達の家に外泊することが多い真理は外泊許可をもらってきた。

俺と真理は最初ビデオをみたり格闘ゲームなんかしたりして騒いでいた。

そのうちだんだんお互いの口数が少なくなり、俺は自然と真理にキスしていた。


真理が目を閉じて体を預けてくる。

俺はあの夜のように優しく、そう、できるだけ優しく真理の黒い髪を撫でた。

髪を撫でながらそっと胸に手を伸ばし、包むように握った。

「あ・・・・・・?」

真理が小さく息が漏れた。

しばらく胸を片手で弄ぶ。

「ふっ・・・・・・・んっ・・・・・・・・・はぁ」

耐えるような吐息。

時折大きく息をつく真理。

「両手あげて」

そういって俺は彼女のシャツを脱がせた。



609 名前: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 19:58 ID:qwd8q2G5
黄色地に黄緑のチェックのブラジャー。

まるで中学生のような下着に包まれているにもかかわらず、そこからは女の匂いが発せられ、おれは思わず後ろから抱きついて強く揉みまくってしまった。

「や・・・・ぁ・・・・・んっ   ちょっと痛い・・・」

「!  あ、ごめんな」

我に返って優しく両方の胸を撫でた。ブラの上から手を差し込み乳首を探る。

「きゃ!」

突如体がびくんと波うち、硬直する真理。

「んん・・・・・ぅん・・・・・・んぁ・・・」


懸命にこらえようとする真理が可愛かった。髪をかきあげ、首筋や耳に唇を這わす。

「・・あぁーーーー! だ、だめ・・・・・耳だめぇ・・・・・ふあっ!!」

思わず息が漏れて大きく喘ぐ真理。

片手で胸、唇で耳を苛めつつもう一方の手を下に伸ばした。




610 名前: ぐ ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 20:00 ID:qwd8q2G5
スカート入れ下着触れ然真理が暴だした。

「やぁ!!・・・怖い」

真理・・・・・初め?」

うつむいままさく頷く真理。

は真っと退キスると自分服を脱いだ

声をかながら真理のスカートり、おぼ全裸の状態できしめた。

「大好きよ・・・」

素直な気持ちだ。心ら真理を思った。


俺はそのまましばらく真理にた。

深夜のンビニバイトをたこホスを始めたそれはプロの女相手のジネであること好きなのは真理一人であ



611 名前: ぐう ◆C7GNU/SE 投稿 02/07/31 20:01 ID:qwd8q2G5
と黙っまま理は寿後まで聞き終えしばらくして真理は言

「好きだじる やだ

ぎゅう真理を抱きしめキスした。長い長いキした

の唇吐息をついた再び真理の唇に重ね、舌を差し込む。

顔を真っしながらも不器用に応答してきた。

ちゅぷっ・・・ぱっ・・・ちゅ・・は・・・はぁ・・・・ちゅぷっ!

俺の部屋に真理と舌をめあう音が響く。

少しずつ手をパンティーのれてみた。

「あぁ!!!!」

ほど濡れた真理の膣口を覆ううに手ひらでほぐす

一方で首の先を口に含み逆首も指で転



612 名前: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 20:02 ID:qwd8q2G5
「あぁーー!!・・・んむぅ・・・はぁっ!!!」 

真理はもうこらえきれずに声を漏らす。

指の先端を膣に軽く差し込みながらクリトリスを皮の上からさする。

「んぁっ!!やぁーーーーーーーーーーっっっ!!!!」

真理の体がびくびくっと震える。軽くイってしまったのかもしれない。

放心している真理の足を持ち上げ足の指から太ももの付け根まで丁寧に舐めあげる。ゆっくりと。時折激しく。

びくっ、びくっと体を振るわせる真理。



613 名前: ぐにゅうC7GNU/SE 投稿 02/07/31 20:05 ID:qwd8q2G5
俺は起上がり足を開せ、花を舌なぞってみた。

「!?

再びびんっとする理。花弁に沿って舐めあげ膣口に舌ねじ込む。

や・・・だ・・・そんなと・・・こ・・ああああっ!!」

処女だけって少しきめの匂いした。でも嫌な匂いじゃかった。

ろ征服欲を高 るような、大なもら奪ってしまう、そんなしょっぱ寿い味だた。



614 名前: ぐにゅう ◆C7GNU/SE 投稿日: 02/07/31 20:05 ID:qwd8q2G5
愛液と唾液でべとべとに濡れた真理の膣はひくひくして少し膣口を開いていた。

「入れるよ?」

問いかけると肩で息をしながら小さく頷く彼女。俺は膣口にモノをあてると少しずつ体を埋めていった。

「んっ・・・・・!!んんーーーーーーー!!!!痛っ!!痛い!!!!」

途中までは十分に濡れていたおかげもあり、抵抗なく埋没したのだが、4分の1くらいのところで抵抗感。

「少しずつ時間かけてするから」

そう彼女に告げ、ゆっくりとゆっくりと小さくピストンしながら突き進む。




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:寝取られ, 泣ける話,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様