2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

妻の携帯から送られて来た輪姦プレイ中の写メール

 



思い出ないな思い出ですがにものすごく興奮る自分がそこにまし

気持の整理いてきたお話します。



の3歳で

ある 同僚人と飲んでるときおいのの話になまし

はとてもくだらな週何ックスると、結婚前の男性経験のでした


妻は29歳で、 私とは職婚、当然みなと顔見知りです

皆互いの妻の男性遍歴を始めまたが、私の番になり、「特聞いた事ないら知」と答え


同僚は こ納得しせんでした

「なんだよ、達のさんに恥かせて、お前そうやって気取るのか?」なと絡み始める始末です。

酒が入いるせい、普段うでもいいようなことに突っかかてきます。

が妻と結婚したのが悪い出す奴もいました。

「じあ・・こしないか?」

く絡んでくるも一人の同僚を制Tが切り出しま

な・・なんだよ」

ユキちゃん携帯持ってい

同僚ったを皆名前で呼びてにしま

ああ、もいるけど」

は・・あれか?そのカメラ付きか?」

妻が持っていい型ので今のラ付き携帯ではりません。

「いや、普通やつ」

「じゃあ、お前、ミユキちゃんにカメラ付きえ!

「え?

じゃないろう〜。とりあえず買え」

もいいけど、れと今の話と何のがあるんだよ?」

Tはくすると、悪い相談をするときみたいさなささやめまし容はす。

メラ付き帯をい、メールドレ僚に教え、同僚が第三者を装いをする。

してールに反応しなかたり、H写真調を送こなかったら私の話を信用するというのでした。


は どう使したか このとTのこの鹿げた提案入れてしまいました

中に実、妻はそうい状況なったらいう行動をすのかの興りましたし妻に限てHメールの誘いに乗るような軽い女ではないいました。


にには携帯を買い、 の携、だいぶ古いだろう・・これ使えい、新しい携ました




定、妻は新しい機設定でわらず、私にメール等設定を全て頼んできました


には、妻の新しいを教えました。

〜お前も湿ノリだな!」

うれしそうに登録しています

ノリノ、大体おって・・いきなり知らないや綿らメールくんだぜ普通はするだろう」

、普はな・・・

「普通って・・うちのミユキは普通じゃないっていうのか?」

あまんなくなるなって。キちゃんみたいなおとじの人妻ほど、引かかるんて」

登録を終え携帯をポケットにしまと、

「んじゃ業行て来果は逐えるら心配するな」

と部屋を出てきました


それから数週間、妻ににも特った様子もなく、私どうせ失したんだろう・いにい特に気ならなくなてきました。


1ヶ月半くらいたった時、にいる私にメルが着た。

私にールが来る自体が珍しく、私はこときて・・と、いそい携帯を見ました

は、今があって午空けていす。

写メールには、女のセルフ撮り写真が写した


顔は、見切れてい開き、自らオマンコの小陰唇を2本の指で広の内部を晒ていです

(ままさか・・ユキ?)


体つき、写真の背、どをとっ被写体は妻あると確信さるには十分すぎるも


呆然している私をこちらの世に戻すかのように携帯の着信音ました

はい・○○です・・

「お〜大丈夫か?」

電話の向こうではTかに数名の男たちケタタと笑い声を上げてこえま

T・・・この写真って・

いうのがでした。

写真。俺、この負」

「勝ちって・・」

「ミちゃん、すごく簡単に落ちるんだん・・ちょっと拍子抜け」

の他だ写真はのか?」

は妻対する怒りとに対す怒りもにた感じになりした

写真あるよプリントアウトしてけど見にる?」

「ああ・・・お前

私の言Tが話しめまし

「ミユキちゃゼッ下着れの奥見てみな

私は言われるまま、寝室にあるク着入奥を見ました

そこには、黒くていバイと数のCDROMってい

れは・・・

ャハハハ・・」

電話口の向こうで男たち笑い声がえます

ま、そううことだ、ROM見てからこいよ!場所○の05号室な」

それだうと携帯一方に切られした。


私は、呆然その場に立ち尽くし、しばく動く事が出来でした。

な予たのですが、CD-RMをと、パコン源をOMをトしました

コンが立ち上がるとミユというが2つ入っていまた。

私は動揺する気持ちえ、その1をクリックしました

綿、50にもる写真が保存れていまし

、どこかの喫茶でおいしにパフェをほおば姿や、ど洋服やでドレスをにあていは妻の姿ありました

笑顔は婚前によく見せたた。

(いったい、どこのどいつにこんな顔を見せているんだ・・)

枚ほ真をるとどこかテル一室に移動したよう妻の顔か顔が消え、明らかにしている様子がれま

そるおそる次を見ると妻が1枚1脱いいく様子が映し出さ、ブラジャーをとたところで今を撮ってい男のニスをいっほおばる妻の顔写されていました

すべてフェチオしいる妻真で最後の1枚は口からいやらしく精液をたているとろでした。

普段クス極端フェチオをいがり綿ましや一の精口に含んだ事ない妻が、こして私ないろで、しかも他人の精子を口止めてい・・

どっちが本のミユからなくなってきした


つのフォル真を見ると、今度は背景に見慣れが写っていま

(こ

が玄関カーの裾をたくしげ、は、妻薄い陰が見え、股間の隙間から見た黒いバイ根元が少し見え隠れして した

(うちの玄ゃないのか・・・)


2枚目を見ると見慣たリビン妻がをM字に広え込んブをに見せ付けています。




も我いたところで妻はその痴態をメラにおされ、最後私達の寝室に移て全裸になってた。

で写寿わっています


ユキ・私は写真のを確認すると、が指定ションの部た。

の中には妻と男性ックスしる描はなく、私はこ期に及んまだ妻の潔信じていた。

ミユはきっと脅て撮れたんだ。それに、セックスって拒だに違いない)

しかし、部屋くと、私の淡い期ろくも崩されるのでした。

部屋の前に到着るとTがした

おい!T・・さっきのどういうことだよ!

私はあたりをず大で掴みかかりました

おいおい・・そんなに大声だすなよ西

部屋使にミユキちゃるけど・

私はの言葉を聞き部に入ろうたが、が私を制しを続ます

「お前本当にミユキちゃん、みたくないか?」

その言便を見透かすよう言葉でし

「い達の前であ西んな妻をじているちゃの本当の姿だよ」

・・それは」

「あんまりお前を責めつもりはないら、要点だけ言

は、私の両肩に手を置いてことを約束させました

に入らお互いの名前を合わい、もしこれ見たくないと思、妻をこの連れしていい

・・このった。


あ、約束す

よし、じゃろう



は、意をけっしの中に入りました。

部屋の中思ったよ広く、関か通されたのリビでした

こに見て私は驚きました。

Tと一緒に飲んたKは沿予想も、私の上司のS課長こに居たので婿長は当然ミユキことはしってい貿ます婚する前は半年間直属の上司で

は、というと部屋脱ぎ始めてますし他の2人沿は、既全裸でまし


「さあ・・・脱いで」

Kはがら小声で話しまた。

部屋は外国のロックグルの音大音流されています

呆然と突っ私を分が脱ぎ終わ、皆を見渡隣の部屋とこちら切っていドアゆっ引きました。

音楽は さらに大きて、と同の部の様子も見てきまし

「ミユ・・・!!」

は、そ景に唖然としました。


部屋には、一の男と体を黒貿で縛られ身動きのとれない多分るであろう女性がい

性はストにでもいうないい肩にはドラゴの刺青があした。

ドにっている女性を黒い縄っていて両腕はろにされ、足は折り曲げられ これらいに外側に開かてベッドに固定まし


そして顔体をで出来たマスクがおおい、彼は視界をわれと同時に見からはミキと判断きな況でた。

口にはボールギャグかまさ言葉にない言しか聞こえてきません


男は振り返る、「全員そろました?いてきました。

は、右手OKマークをと、男は妻の元で大な声で言ました。

「奥さんあんたのすきちんんがたくさん来たから!いっい出してらおうね

私の隣ではS課に小さな声で耳します。

も来とは思わなかったよ・・・ しかし、すごい女いるもだな

私は、なにも答えられした。

「しかし、こったら怒る湿しれなが、となくミユキさんにいか?」

の話を聞いて人がニヤニヤ笑っいま

「さ、長・・・最課長からどうぞ!イツには悪いけど どミユキちゃと思って出してくださいよ


課長は、Tちにされるままにベドの上上がり、ミユキ両足を掴膣口スをあて、まさに挿入しようとしています

男はルギグをBGMをすとベッドサイドから離れした

っかくのさんの美皆にいてらわないとね」

「ああああ・・」

高い私ックスではの出来ない大きな声が聞こえてきた。

長が一気にペニスをぶちんでいまし

ハイースで妻のオマンが壊れるのではといくらい暴なものでした。

パン・パン・パン

肉と肉がぶ音とグチャグチャの愛液が吐き出る音がいやらしくらに聞てきます

が犯さていか・と・・助け

私は必死に妻のに駆けうとしましたが、一が出、その場に固まっていました。

「いい・・・すごい気いい・・」



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取られ, ハメ撮り, 性癖・プレイ,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様