2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

熟年カップルとプレイにハマった彼女

 



僕がまだ20代、当時付き合OLの彼女とカップル喫茶に何回かった話。

若気いたりで遊んだ果ち受た苦思い出

脚色していますが大筋は事実です。



最初は、以前から興味あったカル喫茶について、思って彼女に切り出してみたのがき殿でし

彼女は丸可愛らし、照れ屋こにうな通の子でした

んな女も、別に他人EXする訳なくて楽しむところしたら少奇心を持っ様子でした


ップル喫茶入っても決し大部屋へは行か、2組向かい合わせのシに座る事にしていました

ろん、スワッピンちかけられた事りましたが、断っていまた。

互いの行為を見合う興奮ほしかけで、彼女が他の男に抱かるの対にヤだった



んないつものように小部屋でイイチャしてきの事、向かに年増のカップルがました。

たところ男は50代後半女は40代半ばいったところでした

こかの小さな会社の社長マさといった風にもえました。

の方は薄くなった短髪にがテいるデブヤジ、ほうは粧は濃いけど割と美人で、普は着物を着てるのじゃいかとう雰囲気でた。

さんがアソコを見せ合い、おが手マンさせていところを賞し

が彼女にフェラもらっているき、彼らは自分達レイをめ、の行為を目を凝らして見ている様子でした



わったあと、ママんがかけてた。

たスワップざりし、断っのでが、ちょっ話を聞いてと言われ、ママさんが説ころ寿よると、

お互いがわって ちょった殿口でするだ、彼女が挿入されたりSEXする事は絶対にないの人も、もうな元気じゃな、お小遣いもあげるし全だら信用してう事した

しばらく彼女と相談しましたが、女がまざらでりをたのでママさんの申し出をけました

えっ今までもOKだったの?と心の中でっと嫉を感じたが、多分SEXしないという条件があっからだと思

本音をうと、彼女があブオヤジに悪戯されてるとろが ちょっと見てみたかったとう気持ちもりました。


男は建機の販売店を経営していて、女は愛人新地ではないけど少し上等なクのママさだとた。

店の近くにあった大型の産車に乗って、4人でママさのマンシンへ行く事になりま



ンシ西布団を2用意して、それれ女性が入れ替わりました。

父が彼を抱きし、キスしようとしとき、彼嫌がよう見えま

僕の方めながらを揉れ、股間を触いきました。

ヤジはベルトを外し、ファスナーをおろて、れタました




オヤのモノ性包茎で まだ小さくなっていて勃起しいる様子ではありませんでた。

お嬢ちん、ゴワシ立っんけど、ちょっとけ咥えてくれへんか

僕の方を見て顔赤くいます。

僕は彼女の顔を見て


ママも濡れオルで僕の勃起しスを拭咥え込した。

熟女のフェうもんか、ネットリの動きりません。

オヤ髪の毛を撫でながら第に彼女のを自分の股間へと近います

うの他人のペニスというは、どんも汚らしくて悪いモノのように感ます

女がおそるおそるヤジ小さくなったア口にしたにか切ない感湧いてます


「ボク、な、彼女にシのチンコ咥えもろて。ああ、エエわー

"ボク"だと?っきからと彼女の事、ガかよ

かに僕型だし、彼は童顔タイプ、一方で、デブオヤがあバサは年季の入った水商売の人感じだけど別に子供扱い合いね、との口調にムッとししたが、こいうッサいるいる、考え、無視ることにしました。



「先湿風呂くわ。

ママさんが立ち上の手を引いて風呂場に連れていことします

は2人の方見て、「大丈夫?と訊きまし

大丈夫やて、せんから、お嬢ちゃのこと配いらんお風呂っといでや。」

心配でしたが、風呂場も和室に、彼女がべば聞こえる場所にあるので、は彼ヤジを残て風に行きました。


は風の床に寝って、どこで覚たのか分いマさんの泡遊を受けていました。

ママさん体は、同年代の女とはう、贅度についてフフワと気持のよい体でした。

には勤めことがない本人は言っていまたが、まるランド(当時は行っとが)のうなテクでし

特にフェラの仕方何か普通の女とは違ッポン!と音を立てるような独特のやり方、たまらくなりまここ出してたら体ないのと、和室の様子がのとで、遊びは適当に切り上ることにました。


風呂から体を拭いているとオヤジの太い声と彼女のすすりく声が聞こえまし

アン初めてちゃう!言うてみい、ズボじと!そんなにエのか?

ちいい

というてみぃ!や?」

@\%$#%@\%$#% いいっ!

「隠しったか、ドベなやなこんなんして欲しったか?かったん!」


畳や布団の上枚の新聞紙がりました

オヤジは靴下を脱ぎあぐらをか、太い声で彼に対して言責めした

彼女下着を脱がされめくり上げれ、四つなって顔を掛の上にうずめていした

新聞紙の上には、たくさんの尻穴責めのオモチャが、ローとウンチにまれて転がっいました

ほらボク、見ての彼簿なやらしい声出して。全らんかっ段から自分で遊んど顔してボクは色々あるや、こんなんきなおるん。」


「アッ、ごめんさい!」

ずかしがりやの彼女が、顔を真っ赤にして叫んで調た。

オッサンにるのか、ってるのかすらも分かませんでした。

女はを勃起させていした。



この慣れブオヤに教えられるで、僕は今で彼女も知りませんでした。

なんだか自分だけがまだだガで、のされたくなた。

ママさんが申し訳なさそうに僕の顔色をうがって

「お浣してちょっと屋臭。」

鳴き声を彼女を横見ながらママさんが訊、デオヤが首り、ママさがエアコスイッチを入れ箪笥の引き出しからスティックの香を取出して火をつけま

そし彼女を起き上がらせ、体を洗ってあげる呂場に連れきまし


「オモチャ見せたら味あてな使うたら尻向んや

ワシも無理強いは絶対にせん、せん言うら絶対にせんらの

彼女大事にして可愛がたれっ。



風呂場布団上で裸なっ座りました。

4人でしばらく談きま

デブ親父が僕に尋ねま


や?」


「25です。」


「そうか。ウチの息子と一つ違いか。

ほなワシら、ちょうど家みたいなんか、エ便ぅ。

アンタが息で、女がワシのんやな

シらの事、オトンとオやとてええぞ、ハッハ。

アンタこういうの初めてなんか?でも言うたらええん

全部倒みたるさかい、も教たる。」





「お調、お母さんって


が言いました


パ!ママ!」


返しまた。


「オ

もふざて返沿


は奇な感われした

るで4人仲のいいであるような感覚と、それと同時に族がハダカにて集まっているち悪さじてました。

初は、コテコテの関西弁がいち障ってのですがれもつの好感を持つようなっました。

の人たし下品だけど、より人間で素直なだのだ、そ感じうになってです。

洒落だのなだのとって普段からつけ気取た僕ら際とは違い、欲望に対してのかもしれ



この夜、親父は確か僕とを守り、ずっと服簿たままで決して彼を抱こはしませんした。

して こ出来事来、何度かこの熟と店で出くわすようなり、一緒に飯を食いに行く事もあ

この人達以外にトモそうな人からスップを持ちられる事もなく、そのうカッル喫茶やめてしました。




数ヶ経った頃、彼宿泊研修に行くなりました

この頃から おかしい気付べきだっので



がてその日がやってました

のカ入っているのを見つけのです

ともと彼は生理遅れやいので婿月足らず、理がていませんでし

僕のSEXでは、最初からずスキンを付けるので自信があったし、少々のれがあっも、彼女自身心配した事などなかったのです。

しかしてと思い僕はウソの話をふかけてい詰めてみました。

彼女目で答


僕の知らないとで携帯番を聞き出さオヤからるうちに、理やSEXされたのた。

ごめんなさいめんなさい、とい泣きながら謝る彼

そもそ姿ジ、立たないんじないか?僕は尋ねました

オヤジ青いアグラを使ていたらしく、女も押けらて抵できかっのでし

ラメラとがこみ、いもたっもいられなくなました。

ょっとて来。」

女は泣めよとしまたが、変な事せんよ、暴れんから家れ、言って家を出した。



ってもオヤジの会社がこにあるのか知る沿はずく、気が付けばあのマのマンションに向かっていまし

ドアの前に立ち、を鳴しまし

あのがだらしな部屋着姿でを開けました。

うっちょっと話あるど。

が血を変えの顔を見ています。

のババァに恨みい、オヤの居所が出せればいいんだそうい冷静に振舞います

て。」

ようにマが僕を中に招き入れました。

ママは最、申し訳なさそうにずと僕に謝っていました

えっ、レイプ?違うわよ。何言うてんったのはウチらや、レイプなんか違うわ

彼女が無理や犯された事をるとママ変わり、反論されました。

アンタらんけど、悪い子よ調ぉ、あの子。」

ママはそう言っ今までを話しはじめした



この熟年カップル女をってこのマンョンで3人の乱いたのでした。

らは自分の事をパパ、マと呼ばせ、彼女の事をのように可愛がっていというた。

オヤジにしてれば僕で、若い交えてまるで家族んぶり姿のようぐわたかったけなょう。


女は言うと、こそりとこのンシンに通い、妊危険のいアSEXやレズプレイにふけっていたのでした

のうにオヤジも約を破り、彼身もど穴で見境ヤリくるようになって生理の遅れを心するように便なったのした



「私がけるから、しばらく待ってて。あの人もヤヤしいいいるか。ね、ちゃんとした。」

は今まで寿の事を謝って僕なだめました

幸いにもも妊稿いるわけではありません

マンを後にました。



帰る途中感を感じならもの語った話を思い出してました

実際のころ、ママとの話がどうなったというと、僕りも次第に収まり おが打ち解けてきい話さえるよたのでした。



>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:大人の話題  |  タグ:乱交・複数, 寝取られ, 寝取らせ・スワッピング,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様