2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

あなたの知らない世界





899 名前: 良介 投稿日: 03/07/01 18:31 ID:Lwsh4Iuc
千春との出会いは今4年半前にな

じ専門学校じクスになったがきっか

出会った頃の千春にいわゆる”色気”というものを事がかっ

の頃女性は高校時代には禁止さいたあろうあ湿じ色を装う

しかにはそ無かった

活発いつるく、化粧。そな飾らない千春が私く魅力的だった。

の他も千春にを寄せ奴らいたがそれ巧みに笑ってらうも千春ならではの技

春とつきあう事になったのそれから1年後事だった

き合てからも千は変わかったつも友達のような感覚。それが又嬉しかった



900 名前: 良介 投稿日: 03/07/01 18:36 ID:Lwsh4Iuc
千春とのSEXは週に一〜二回程度。週末に私の家に泊まりに来る。

SEXの時の千春は普段と打って変って静かになり、恥じらいさえも見せる。

普段”性”を感じさせない千春が性を見せる瞬間。この時だけは”女性”の表情なる。私だけしか知らない表情だ。

そう思うとたまらなく愛しくなり、私自身、優越感にさえ浸ってしまう。

そして又、いつもの千春に戻ってゆく。


上京した私は都内にワンルームのアパートを借りていた。狭い部屋だったが、千春と二人で過ごすには十分な広さだった。

千春といる時は いつまでもこんな日が続けばいいと思っていた。他に何も望まなかった。



901 名前:介 投稿日 03/07/01 18:39 ID:Lwsh4Iuc
くして千春が就職活動をうになった。無も同様る。

際してら初めての化粧姿を見た。驚く程綺麗った。

ーツで鍛え事なプロショリクルトスーツ似合っていた。

思えば、その頃から千春ら”性”を見せる”ってったのではないかと思

私はまた大きな優越感に浸りながら、その反面の頃から安を感じるうになっていた。


そして事実不安的中る。



902 名前: 704 投稿日: 03/07/01 18:53 ID:Zjz1G2z5
(゜ー)(。_。)(゜-゜)(。_。)ウンウン

それで?




903 名 良介稿日: 03/07/01 18:54 ID:Lwsh4Iuc
付き合?」

との聞かれると私わず「3年」と答

正確には”3年半”

かし私はその”半を認めたくなかったの半年間は千春とのくなかった

半前に遡、ここからの年間は、にと絶えがたい苦痛の毎日った。千との別れを考えたの期間だだっ


4月を迎え、人は就職することなっ

4社目にようやく内定をもらに比べ、った千春は発で第一志望の人材派遣会社に就決まった。



904 名前: 良介 投稿日: 03/07/01 18:57 ID:Lwsh4Iuc
週に一度千春は泊まりに来る。そのペースは就職しても変わらなかった。

変わったのは私の千春対する意識だ。

スーツ姿の千春を見ると どうしても欲情が湧いてきてしまう。化粧した千春の表情にどうしても”性”を感じてしまう。


玄関で出迎え、そのままベッドに押し倒すこともあった。

しかし、会う度色気が増してくる来る千春に対して、私は益々不安になっていった。

こんな事を他人に話してもただの”のろけ話”にしか聞こえないだろう。事実二人は愛し合っていたし、千春も男の気配など微塵も感じなかった。無論私も浮気などしていない。

それでも恋人の事を不安に感じるのは至極自然な感情であると思う。愛していればこそだ。


さらに時が過ぎ、お互い入社2年目に迎えた頃の事だ。窓の外を見渡せば桜も散り始めた頃、その手紙は届いた。



905 名前: 704 投稿日: 03/07/01 18:59 ID:Zjz1G2z5
ドキドキ(´Д`;)


906 名前 まもる 投稿日: 03/07/01 18:59 ID:BwWNr/RQ
ドキドキ


907 名前: 良介 投稿日: 03/07/01 19:00 ID:Lwsh4Iuc
差出人は不明、消印も無い。

ポストに無造作に投げ込まれたようなそれは、明らかに直接投函されたものだ。

茶封筒に若干のふくらみがあった。

中には一通の手紙とカセットテープが入っていた。

不思議に思い、すぐにその場で手紙を開いた。

「お前は何も知らない」

たった一行だけ記されていた。

しかし そのたった一行は、私を疑心暗鬼に陥らせるには十分過ぎた。

とっさに千春の事が頭に浮かんだのだ。嫌な予感がした。

私は同封されていたカセットテープを手に取り、部屋へ入った。



911 名稿湿 03/07/01 19:09 ID:Lwsh4Iuc
屋に入り手紙を眺かし、や上のいていない

何も知らないとはどういなのだ。

春の事だろうか?

どうしてつけ分がそこにいた。

してそこのカ便セットの中にあるはだった。

し、音楽を聴かない私はこれをる機器を持ち合わいなかった。

そんの千春に頼ば済む話ったが、なぜか頼た。

自分まず確認したかったのもしない。



912 名前: 良介 投稿日: 03/07/01 19:11 ID:Lwsh4Iuc
私は近くのリサイクルショップまで出掛け3000円でヘッドフォンラジカセを購入した。

自宅までの帰り道が遠く感じられた。不安でどうしようもない自分がいる。

自宅へ到着するなり飛びつくようにカセットを掴み、買ってきたばかりのヘッドフォンラジカセに挿入した。

ヘッドフォンを付け、高鳴る鼓動を抑えながら、静かに再生ボタンを押した。

突然激しい息遣いが耳に飛び込んできた。明らかに男と女が入り混じった息遣いだ。

「・・・あぁ・・・もう・・きそう・・・あぁ・・いきそう・・」

雑音が入り混じり、男が何か話かけるがよく聞き取れない。



914 名前: 良介 投稿日: 03/07/01 19:13 ID:Lwsh4Iuc
「・・さん・・しないで・・はあん」

「あぁん・・んん・・・・い・・いくううう!!」

急に女の声が高く大きくなった。

その後男がまた何やら話し掛けているようだが、よく聞き取る事が出来ない。

女も甘えた声で受け答えしているようだ。

およそ5分程の内容だったが、私はつかのまの安堵感を得たような気がした。

この女の声は断じて千春では無い。

千春の声はもっと低い、そしてこの様な甘えた声など出さなかった。少なくとも私とのSEXでは。


918 名前: 良介 投稿日: 03/07/01 19:24 ID:Lwsh4Iuc
しかし、なぜこれを私の所に送ってきたのか?

「何も知らない」とはどういう意味だ?

届け先を間違えたのでは無いか?


さまざまな考えを巡らせながらも、一抹の不安は拭い去ることが出来なかった。

しかし、何の確証もなしに千春を責めることはできない。いや聞くことすら許されないだろう。きっと千春は傷つくはずだ。わたしの知っている千春はそういう女性だ。

こうして不安は消えないまま、それでも忘れる事にした。


またしばらく時が経った。

千春との交際は相変わらず変わらない。

そして前の出来事を忘れかけていた時、再び一通の茶封筒が届いた。



920 名前: 良介 投稿日: 03/07/01 19:34 ID:Lwsh4Iuc
そして今度はカセットテープだけが同封されていた。

また再び強い不安に襲われた。

そして部屋に戻るなり一目散に押し入れに向かう。

一度聞いただけで使わなくなった、ヘッドフォンラジカセがそこにあった。

イジェクトボタンを押すと、そこには見覚えのあるカセットテープが入っていた。

それを取り出し、今届いたばかりのテープと交換する。

聴かない方が良いかもしれない。

思い浮かべるのは千春の事ばかりだった。

それでも私はこの再生ボタンを押した。


また同じような激しい息遣いが聞こえてきた。違うのはその音質だった。

以前のと比べ、驚く程鮮明に聴き取れた。

それは悲しい程に鮮明だった。



921 名前: 良介 投稿日: 03/07/01 19:41 ID:Lwsh4Iuc
「なあ?どう?もうイキそう?」

「あぁん・・んん、はあ・・も、もう少し・・」

「千春はほんっとすけべな子だねえ・・見てみホラ、マンコがバイブ咥えちゃってるよ。」

「はぁん・・そういう事言わないで・・・あぁ・・」

「ほらほらクリちゃんにも当たってるよ。イキそう??」

「ん、はぁ・・うん・・・はぁ・・いきそう・・・」



922 名前: 良介稿日: 03/07/01 19:43 ID:Lwsh4Iuc
「千春は悪い子だねえ・・彼氏が泣いうよ?ホラ前に氏の前言っらん・もみたいに。」

「は・・りょ、りょ・ああいくう・・」

「”良ちゃんごめんね”ろ?ほ沿やめちゃ

「あぁぁ・・意しなごめんね良ちゃん・・ごめんね沿

男がわざと私にわる様に話していのは火を見り明らかだった

それにはまっく気づいなうだ。



923 名前 えっちな21禁ん 投稿日: 03/07/01 19:45 ID:K+2Wyrf7
千春ぅぅ、信じてたのに(´Д⊂


924 名前: 良介 投稿日: 03/07/01 19:48 ID:Lwsh4Iuc
少し間が空いて、聞き覚えのある音が聴こえてきた。千春が男のそれを咥えている音だ。

男はわざと聴こえるように近くでやらせている。そして音を立てさせている。


再び男が喋りはじめた。

「ああ・・千春・・今度ビデオ撮ろうぜ・・」

「んん・・んんん・・」

「いいだろ?千春と会えない時にそれでオナニーするんだよ。」

男は千春に咥えさせたまま喋っているようだ。

「よし・・いいぞ・・上にまたがってくれ・・・自分で入れるんだぞ。」

男は明らかに私を挑発している。しかも私の事をすべて見抜かれているようだった。

テープの中で繰り広げられる様々な淫らな行為は、私と千春の間では経験した事が無い事ばかりだった。

それを知ってて男はやっているのだ。



925 名前: 704 投稿日: 03/07/01 19:51 ID:laqv2cQh
ガンガ!!


926 名 良介 投稿日: 03/07/01 19:52 ID:Lwsh4Iuc
が付涙がこぼれた。これは間いなく千春だった。

して私のらな千春った。


の名をび絶頂に達した千春は悲しい程鮮明で、激しく、そてヘッドフォンをい程奮してる自分がそにいた。

テープ2度に渡り私の自宅にたのはこの男に間違いなかっ婿

無論前回のテ出てきた女も千春だったのは言うまでもない。

しかし、な私の家を知ってい宿のか?

春はあんな声を出すだったのか?

すぐに春に問い詰めるべった。そうければならな




>>次のページへ続く

 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:浮気・不倫, 寝取られ, ハメ撮り,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様