2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

彼女できないから彼女としたいこと書いてく

 



http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1393400630/


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 16:43:50.03 ID:5cTv0/QH0
コタツに入って足の重ねっこしたい


2 :以無しにかりましてVIPがお送りしま2014/02/26(水) 16:44:22.32 ID:lM7zTwyU0
買い物


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 16:44:47.99 ID:5cTv0/QH0
俺「みかん剥いてー」

彼女「それくらい自分でやってください」

俺「めんどくせー」

彼女「…………」

軽く ため息疲れながら みかんの皮剥いてもらいたい。甘えたい


4 :以下、名しにかわりましてVIPが送りします:2014/02/26(水) 16:46:17.36 ID:5cTv0/QH0
タツ沿で油断してる彼女の後ろかなり抱ききたい

一瞬く俺の

でもすぐに俺の分の手を重ねてくる

あっかいでご


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 16:46:48.10 ID:5cTv0/QH0
ぷー、ぷー

彼女「あ、灯油切れちゃいましたね」

俺「そうね」

彼女「………」

俺「……」

彼女・俺「最初はグー、ジャンケン……」

どんなことでもいいから、彼女としょうもない小競り合いがしたい

んで、結局二人で仲良く灯油いれたい





6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 16:48:22.29 ID:5cTv0/QH0
彼女と一緒に並んで料理したい

居間で後ろから彼女のエプロン姿を見るよりも、彼女の隣に並んでいたい


7 :無しにかましVIPが送りしま:2014/02/26(水) 16:48:59.59 ID:5cTv0/QH0
けるたがみ込む

ーパンシャツの隙素肌がチと見えた

の隙間をニヤニヤしなが眺めたい

んで、そんな俺の様子を彼女の妹さんに見らちゃってジ引寿れた


8 :以下、名無ましてVIPがお送りしま2014/02/26(水) 16:49:56.63 ID:5cTv0/QH0
お箸であーん、っされ

ーん、ってし


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 16:51:39.03 ID:5cTv0/QH0
洗濯を干してる無防備な彼女

彼女になにかイタズラをしたくなる俺

なんとなく、彼女のポニーテールを解いてみた

怒られた


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 16:53:56.04 ID:5cTv0/QH0
洗濯物を干すのを手伝おうとしたら彼女に拒否された

下着見られるの恥ずかしいんだってさ

今更じゃね?


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 16:54:28.91 ID:5cTv0/QH0
俺の趣味に合わせてくれようとする彼女

この前、彼女がポケモンを買ってきた

ゲーム音痴な彼女にしては珍しいと思い理由を聞いてみる。

とにかく俺と一緒にゲームがやりたいらしい

その気持ちは嬉しいが、これポケモンじゃなくてデジモンや……

苦笑いしながら一緒にゲーム屋さんに行った


13 :以下、名無しにましてVIPがお送ます:2014/02/26(水) 16:59:12.77 ID:5cTv0/QH0
とあ

縁側でいて座りがら、婿お話しがら一日をボーッと過ごし

女と緒なら何もし姿のが楽

校からってきた妹さんに「老夫婦みたw」と小馬鹿れたたしかに


15 :以下、名無しに西かわりまてVIPがお:2014/02/26(水) 17:04:13.73 ID:5cTv0/QH0
雪が降っ。関はか大雪

しゃぎでだるまを作る彼女と妹さん。

出身だかは慣っこらし

かくう俺はタツにながらボッと窓越しにそを眺めてい

女が手袋はめた手でょいちょい、っと俺てい

んを着たまま外に出る俺

やら雪だるまの頭を上に乗たいしい

「せーのっ!」の掛け声雪玉を押し上うや

三人で手をわせ大喜した

……まには子供みにはしぐの悪く


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 17:12:28.42 ID:5cTv0/QH0
妹さんのたっての希望で、次はカマクラを作った

カマクラの中で三人で鍋を囲みたいらしい

寒さに慣れてきた俺も一緒になってカマクラを作って、カマクラは小一時間かけてようやく完成

しかし、三人入れるほどのスペースがない

結局、妹さん一人だけカマクラに入れて、なんとなく記念撮影

……これからはちょっとした思い出でも写真にしよう

そんな小さい決意をする俺


19 :以下、名かわりまVIPがお送り:2014/02/26(水) 17:13:02.52 ID:5cTv0/QH0
さんが深夜メに目覚

いおんにハマったらしい

夜アニメ好な俺とく俺と意するさん

そんな俺たちを葉の陰からジッと見つめる一つの

彼女が俺たちのこを恨うにていた

いつも俺の横でニメを見てるいまいその面白さがわからないく、に参加しようにうまく参加できないらしい

少しの間、羨ましそうに俺を見ていた彼女だがそのうちみしそうに離て行まった

…今度は俺の方からあつの趣味わせてみよ





21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 17:14:21.68 ID:5cTv0/QH0
同棲することにしたあの日

日用品を買いに近くのデパートに行く俺と彼女

寝室コーナーのダブルベッドを前で彼女がポツリ

「これは高すぎるかなぁ……」

お金がもうちょっとあればなぁ……でもそのうち買いたいね


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 17:16:56.51 ID:5cTv0/QH0
俺のお椀はシンプルな柄のお椀で、
彼女のお椀はかわいい花柄のお椀

俺の歯ブラシは青いやつで、
彼女の歯ブラシはピンクのやつ

俺の手袋は黒いやつで、
彼女の手袋は白いやつ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 17:18:28.92 ID:5cTv0/QH0
また雪が降った

彼女も妹も流石に飽きたらしく部屋で大人しくしてる

特に会話することなく、三人でコタツに入りながら黙々とテレビを眺める

俺はこういう時間が一番好きかもしれない


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 17:24:41.71 ID:5cTv0/QH0
うちにはエアコンがない

我が家の暖房器具はコタツと灯油ストーブだけ

週末の夜は、毎週彼女とダラダラ歩きながらガソリンスタンドまで灯油を買いに行くのが恒例になっている

俺「なぁ」
彼女「ん?」

俺「車で行かないか?」
彼女「なんで?」

俺「自転車で灯油運ぶの効率悪いじゃん」
彼女「嫌です」

俺「なんでさ」
彼女「……なんとなくです」

俺「答えになってない……」

お互いに答えのわかってる会話をする俺と彼女

二人きりの時間が愛おしい


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 17:25:13.46 ID:5cTv0/QH0
俺がぼーっと座ってると何も言わずにそばに寄り添ってくれる

俺がコンビニに行こうとすると、「どこ行くんですかー?」ってピョコピョコついてくる

いつも隣にいてくれてありがとう


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 17:31:14.35 ID:5cTv0/QH0
一緒に生活するようになってから何年か経つ

俺と妹さんの朝は、彼女がいないともはや成り立たなくなっていた

a.m7:00

彼女に揺り動かされヌボー……っと起き上がる俺

俺は朝に非常に弱い

妹さんも俺と似た性質のようで、朝はいつも二人でボーッとしてしまう

そんな俺たちを介護人のごとく世話してくれる彼女

……今更ながら考えてみたら、彼女も朝はやることがあるはずだよな……

俺もしっかりしないとな


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 17:36:38.83 ID:5cTv0/QH0
俺「毎朝すまんなぁ……迷惑かけて……」

彼女「え?」

俺「お前も朝はやることあるだろ?これからは俺も頑張るからさ。……できるだけ」

やや苦笑気味に笑う彼女

彼女「じゃあ、俺くん一人で起きれるんですか?」

俺「もち。起きれるぜ」

彼女「そう言って起きれた試しがないじゃないですかw」

俺「うぐっ……」

彼女「いいですってこれくらい。大した労力じゃないですし」

俺「……今回は頑張りますんで」

彼女「じゃー……期待しないで待ってますね」

俺「うっす」


36 :以下無しにかわりましてVIPがりします:2014/02/26(水) 17:40:02.21 ID:5cTv0/QH0
彼女「…まぁ、であれです」

?」

「俺くんが人で起きるだっかっるの正直こは諦めてるけど…」

「そやってまーーー気遣ってもらえると、は少し嬉しいです

……」

俺「そうか」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 17:42:05.68 ID:cseCUnul0
何気ない会話がしたいよな

どうでもいい話題ほど楽しいもんだ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/26(水) 17:43:10.93 ID:5cTv0/QH0
ガチャ

俺「ただいまー……あれ?」

いつも帰って来る返事がなかった

あぁ、そうだった。今日は飲み会に行ってるんだった……

テーブルの上にポツンと置かれた夜ご飯

横には小さな手紙が

「食べる時は1分30秒500Wでチンしてくださいね。あと、小岩井コーヒーは冷蔵庫の手前右です」

……お前は俺のオカンかっ、心の中で小さくツッコミを入れながら、レンジでチンせずそのままご飯にがっつく

……冷たかった。チンすればよかった




>>次のページへ続く


 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:ほのぼの,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様