2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 
 

新着記事

 
 

男友達のようだった幼馴染との関係を振り返る

 




53 :大人になった名無しさん :2007/01/02(火) 15:06:37 
話せば長くなるのですが、小3と小4の時にクラスにちょっと顔立ちが華やかな子がいました。

Mという名前です。

母親は美容院を営み、父親は地場企業に勤めていて、妹と祖母を加えた4人暮らしでした。僕の家からは歩いて10分以内のところに住んでいました。

彼女は目だって勉強ができる方ではありませんでしたが、正義感が強く、隣のクラスで虐めがあったのですが、虐められている男子をかばって、虐めている男子3人にビンタするような女性でした。



彼女とは中学校で再び同じクラスになりました。

今にして思えば、その頃にはほかの女子に比べると色気があって、セクシーな雰囲気を既に漂わせていました。

僕とは小4の頃から仲がよかったので、同じ班になり、彼女が僕の前に座っていたのですが、衣替えがあった その日に彼女の背中から透けて見えるブラのラインにはドキドキしたものです。ですが、彼女はスリムで胸が大きいようには見えませんでした。

水泳の授業でも彼女の胸は全然目立たないので、僕は気安く「M、おまえのブラジャーは何のためにあるんだ?」とからかい、彼女は彼女で「うるせぇ!」と怒鳴り返し、僕にビンタしたりしていました。



中2になる時にクラス替えがあり、彼女とは別のクラスになりましたが、通学経路が一緒なので、カップルでもないのに僕とMはよく一緒に通学していました。

たまたま僕が遅刻しそうな時間に家を出たら、途中でMが待っていて「おい、遅れるぞ、走れ!」と大声で叫び、ご近所の笑いを誘ったりしていました。

僕とMは男女というよりは男同士のようなつきあいで、僕も平気で彼女の尻を叩いたり、彼女は彼女で僕の股間に蹴りを入れてくるような間柄でした。

僕の父は早くから彼女を「Mちゃんは美人だ」と言っており、僕もそれは認めていましたが、彼女には照れくさくてそんなことは言えません。



そんなことを言うと今の付き合いが一変しそうなことも感じていたように思います。

問題は彼女の家庭、特に母親と祖母にありました。熱心なS価学会信者でした。


彼女に「勉強を教えろ」と強引に彼女の部屋に連れ込まれたときもお題目を唱える声が響いていて、彼女も「勘弁して欲しいわ」と言っていたのですが、

僕の両親は大のS価学会嫌いで、彼女の母親から以前に「S教新聞」の購読を頼まれた時に喧嘩になっており、

子供同士は仲がよいのに親同士はうまくいっていないという付き合い方でした。




当時の彼女の成績は中の中から上の間くらいで、僕はトップクラスでしたから、志望校も異なり、中学校を卒業したら接点が少なくなりそうでした。

彼女が進もうとしている高校は朝8時まで寝ていても遅刻しない場所にあったのですが、僕の志望校は6時台に家を出ないといけない場所にあり、通学で顔を合わせることもなくなるからです。

それでも当時の僕は彼女との「別れ」を惜しいとは全く思いませんでした。彼女は英語が比較的苦手で、僕は得意ということもあって、僕は時々請われるままに彼女の部屋で英語を教えたりしたけれど、彼女のベッドが目の前にあってもヘンな気持ちにはなりませんでした。





54 :53:2007/01/02(火) 15:20:55
彼女の母親は美容院にいるため、部屋には来ないし、当時小学生の妹は元気に外で遊んでいたので、いくらでもチャンスはあったのですが、二人ともそういう雰囲気にはならなかったのです。

後で知ったのですが、僕はご近所で「女の子との付き合いにうつつを抜かして、勉強がおろそかになっているから不合格じゃないか」みたいにおばさん達に噂されていたそうです。


勉強の合間に「H(僕のこと)、好きな人とかいる?」と訊かれたので、「いや、前はいたけどね」と答えると「誰々?」としつこく訊くので「Tだよ」とある美形の女の子の名前を答えると、彼女は「ふ~ん、ああいうのがタイプなんだぁ」と言っていました。

彼女はキリッとした美人で、Tは今で言う癒し系です。

僕も彼女に突っ込むと「前はねKが好きだった・・・こともあった。でもNもよかった」などという答で、どちらも僕とはタイプが異なっていました。ちなみにこの二人と僕は仲がよく、特にNは何かと僕を立ててくれる存在でした。



そういう話はそれきりになり、受験の当日は会場が異なるため顔を合わせることも無く、僕は順調に受験を終え、志望校の近所にあるラーメン店やゲーセンを「入学後に必要になる知識を身につける」などというバカなことを引率の先生に言い放って、遊んで帰りました。

帰り道、Mが公園のベンチにポツンと座っていたので、「おう!うまくいったか?」と声をかけると「いかなかった・・・」と半泣きになってしまいました。

「オマエのせいで英語で失敗したぞ!落ちたら責任とれよ!」と言うや否や彼女は顔を覆って走り去ってしまい、僕はそんな彼女が腹立たしく(子供でした)、合格発表の日まで顔を合わせることはありませんでした。

合格発表の当日、僕は予定通り合格しており、帰り道に彼女の志望校の発表を見にいきました。これは彼女1人を気にしたわけではなく、友人達の合否が気になったからです。

彼女の受験番号はありませんでした。




また公園で彼女に会いました。

彼女は「どうだった?」と訊いてきたので僕はVサインだけして「おまえ、どうするんだよ?」と彼女に尋ねたら、「●●女子大付属に行くよ」というのです。

そこは僕の高校から歩いて10分程度、駅も同じです。

こうして僕と彼女はまた仲良く通学することになりました。





55 :53:2007/01/02(火) 15:38:03
初日、彼女とバス、JRと一緒でした。JRではから高校にんだ人と同じ付属高校進んだ数人、に男子私立高だ数人が一緒でした

こうして段々、お互い学校から進してきた友が混じり始め、彼女りを入れるし、僕は彼女の背中に手形つくさで張り手をたりいました

女はH、ジャ触っろ!」と声で怒鳴り、僕は「オマエ、な必要ないものをつけてんだと言い返して周囲の爆笑を誘こともありました

誰も彼女をカップルだと思っていいようで、僕も彼女を指差して「ツは男から、中身も体型もなどオモていた。



すが、夏から僕と女とのは微な空気が流れ始めいました。

いつものように掛けのようになって、僕彼女にドロックをかけたと「オマ、抱方が乱暴だ女と目が合った瞬間あっはこの子が好きなんだ」とってたので

後で聞いたは彼女も同じだったそうです。


のような立だった時代に比べて高校では厳しい学力競争にされストレスいたす。

を癒してくるのが彼とのれあた。

まえ、俺に抱かれたか?はジョークで返したたが、締めたいう思が一気に高まりまた。

夏休み、僕はで真ん中いの位にかなれなったために必死で強しいたのです、ふと手を休と彼ことを考えるのでた。



方の時間、たまに公園で会うことができましたがか以のよ男同士のよう話すこ出来くなっていました

が彼女をしてからなのでが、上気うにまた僕識してす。

お互いにそれで何となギクシャていまし



月も終わり、僕はに焼けることもいまま夏休みえよた。

お陰で二は上入れる自がでていました、何か足りないままでした。

にふバスに乗り、海水浴場に出けました。もう海水浴しむ人もとんいなくなっ夏の終わりう雰でした。

は中学校時人で父親キヤをやってい友人住んは全く正反対の世界にいるタイプでしか彼のくなっでした。

は海の家をしていて、暇そでした。

なんだ白じゃぇか!」と僕を見るり、人そう寿を浮かべ

僕は何もんでしたが「好ができたんう?といけよ!思い切りよさと破天荒はオマエの持ち味じゃか!」は言うのでした

のの1分も一緒にいでしょうか、僕は彼にりがって帰いたのでし





56 53:2007/01/02(火) 16:24:13
の翌日した彼女を訪ね

が、彼女はい

妹がクン貴って喧嘩してるの」と訊いてました。

は「や」と答たのです歯切れが聞こえたの「ささと謝った方がいいよ!」のように背中思い切り張り手をするのでし

の夜にからがかかきまし

考えてみ話がかったの初めてで


「妹エが謝って訊いたけど

「いや謝ったんじゃなだけどね

謝られる覚えはな いしね」

というようなあって、

「とりず明日会うか」

いうになりました。



午後時頃。僕は10頃になって、なんとなく公園に散のです。うす綿彼女現れ、お互いに驚きまた。

は彼女が来ことを期待しという意識はな、彼女もそうだったようですが時は二も公園に足が向いたのでした。

明日用って何?う彼女僕はえられません。

日のに済ませれば、オマ陶し顔を見なく済むからな」という憎ま口をきく彼も「じゃあ手短に済ませるよ」いうき締めてキスを奪っのです。

テキヤの息子「思い切りの良さ」す。



彼女あまりに突だったのとし情でしかも震えてました。

にきたは強な蹴りでした。

初めてのキスがこんなのになのヤロー、責任!」

いう叫び声所を気にしたが、もうどうにもなりません

彼女は叫ぶやいや僕について自分からキスしてきました。

こうして僕と彼女何度もキスを交わし、何も言とも気持ち確かめ合ったした。



期になり、僕は学力テスでも上位り、T大大合と言われベルしました

彼女とは特に進展その後はキとも、相らず学仲間でした。

女に立男子校の生際を申し込んという話が出て女と僕のの友であるW(女子)が「H、いいとら稿るよ」と言う有様した

みにMとの間にあたことをく知せん。


そのうが男だとわかって、別れて下さいなんてゃないっていました実はちっとったのです

10月の中間テストが終わまで、僕は彼女ートすらしませんでし

れで僕は人みのデートをしようと思、彼女を映画見て貿食事をすといオーソドックスなデートをたのですが、あき以来スもしていないことが気にな 帰り道に例、漸休み以来のキスいました


そして初めて「好だ」というを口したのです。

女は「私は待に、ンタ感だよ」といつも蹴りを返したのが、僕足でした。を言で伝ことがことに


の翌日からは二人で登校す雰囲気が変わったのしょう、周囲は僕と彼女をういう間柄として自然扱い始めたのでした

わらる蹴る近いようことをしてはいました降りるとみな」っさと去ってのです。僕は感心しました。



クリスマス、僕と彼ごく然にばれしたが、場所僕の家でも彼女の家ませした。誰も来ない海のでした。テキヤの息協力してくれたのです。

だ二人で1時くら貿誰に魔さに過ごつもりだったのに、僕のを受けてか、電気スーブに飲み物食まして、も布団ま持ち込んでいたのでした。

合鍵をうときも何も言わずにニッ笑うだけでし


それか僕と彼女沿彼女の部で関係を続けました。

嘩らしい喧嘩るこもなく、おいの業ま続きまし

彼女の全然大きくならなかっれど、僕はても幸せでした。



卒業、彼女だっに そのまま地元の女子大に進みK大学進みました(T大、K大書いK大でいK)。

端に遠くに離れたわれど、段便になってしまい、みに逢っても、もう関係を持つことはありませんでした

前とじ男同のよう付き合いに戻ってしまいまたがよかったうに感じまし

彼女も彼氏がでたとか、旅行われているど、どうしよどとしてました。





57 :53:2007/01/02(火) 16:25:02
お互い大2になってからは わざわこともなくなした。



大3の夏みでし

女が入院したとい。僕驚きました

はよくないうで、僕病院駆けけました。

彼女は元白だったすが、その時は青白い顔色で痛正視できまんでした

血病だったので




「おい、大丈夫かよ。悲劇のヒインは似貿合わいねとジョークをったものの、僕はもう涙している状態でした

女は彼女で
「オエ、死ぬと思ってるだろう前にオがやったを全部言われるが怖て来たな」

ですが、涙を流しています。


すぐに命にかかわることはないという話でしたが、僕は彼女を失いたくなかったので、骨での治癒を尋ねたところ妹の骨髄が適合することでした。

ようなじゃなかったんだ!と僕は安心しました。


の様子を見はニヤニヤっているのです

野郎、るん尿ゃな!」

は強いかね」

そして彼女は僕に耳ちするのでした。

1人しか男を知らないまぬような勿体無いことはしないよ

彼女をうことがどれだけろしいかを知らされて愕然直後たが静でし

オマエは助かっても男を1人しか知ままだ」ときかけところ、女はまた始めました



彼女は結局助か、今気です

僕の結婚大反対で

彼女を嫌いなのではな彼女自身は僕の両よい)、彼女の母親と祖母が信仰するS反対の理でした。




そこで彼女母親と母に条件を出しました。

や僕の両親でS価学会のSもにしてはいけない、S教新読を勧めてはならないしたら絶縁するとす。

女の母親と祖母はなく、僕達のりました




僕も彼女ぐ卒業です。

後1年は結ので、結婚とうこになりました

オマエ、ほかの女と寝ただろう?ズルイ!と時折責められ、られいま


<おわり>



 

 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 純愛,
 

 
 
 
 
 

こちらもどうぞ

 
 
 
 

おすすめ記事1

 
 
 

おすすめ記事2

 
 
 

おすすめ記事3

 
 
 

人気記事(7days)

 
 

お世話になっているサイト様