2chの男女恋愛に関わる 復讐話寝取られ話旅スレ に特化した話題を掲載していきます。
easterEgg easterEgg
 
 
 

Pickup

 
 
 
 
 

男友達のようだった幼馴染との関係を振り返る





53 :大人になった名無しさん :2007/01/02(火) 15:06:37 
話せば長くなるのですが、小3と小4の時にクラスにちょっと顔立ちが華やかな子がいました。

Mという名前です。

母親は美容院を営み、父親は地場企業に勤めていて、妹と祖母を加えた4人暮らしでした。僕の家からは歩いて10分以内のところに住んでいました。

彼女は目だって勉強ができる方ではありませんでしたが、正義感が強く、隣のクラスで虐めがあったのですが、虐められている男子をかばって、虐めている男子3人にビンタするような女性でした。



彼女とは中学校で再び同じクラスになりました。

今にして思えば、その頃にはほかの女子に比べると色気があって、セクシーな雰囲気を既に漂わせていました。

僕とは小4の頃から仲がよかったので、同じ班になり、彼女が僕の前に座っていたのですが、衣替えがあった その日に彼女の背中から透けて見えるブラのラインにはドキドキしたものです。ですが、彼女はスリムで胸が大きいようには見えませんでした。

水泳の授業でも彼女の胸は全然目立たないので、僕は気安く「M、おまえのブラジャーは何のためにあるんだ?」とからかい、彼女は彼女で「うるせぇ!」と怒鳴り返し、僕にビンタしたりしていました。



中2になる時にクラス替えがあり、彼女とは別のクラスになりましたが、通学経路が一緒なので、カップルでもないのに僕とMはよく一緒に通学していました。

たまたま僕が遅刻しそうな時間に家を出たら、途中でMが待っていて「おい、遅れるぞ、走れ!」と大声で叫び、ご近所の笑いを誘ったりしていました。

僕とMは男女というよりは男同士のようなつきあいで、僕も平気で彼女の尻を叩いたり、彼女は彼女で僕の股間に蹴りを入れてくるような間柄でした。

僕の父は早くから彼女を「Mちゃんは美人だ」と言っており、僕もそれは認めていましたが、彼女には照れくさくてそんなことは言えません。



そんなことを言うと今の付き合いが一変しそうなことも感じていたように思います。

問題は彼女の家庭、特に母親と祖母にありました。熱心なS価学会信者でした。


彼女に「勉強を教えろ」と強引に彼女の部屋に連れ込まれたときもお題目を唱える声が響いていて、彼女も「勘弁して欲しいわ」と言っていたのですが、

僕の両親は大のS価学会嫌いで、彼女の母親から以前に「S教新聞」の購読を頼まれた時に喧嘩になっており、

子供同士は仲がよいのに親同士はうまくいっていないという付き合い方でした。




当時の彼女の成績は中の中から上の間くらいで、僕はトップクラスでしたから、志望校も異なり、中学校を卒業したら接点が少なくなりそうでした。

彼女が進もうとしている高校は朝8時まで寝ていても遅刻しない場所にあったのですが、僕の志望校は6時台に家を出ないといけない場所にあり、通学で顔を合わせることもなくなるからです。

それでも当時の僕は彼女との「別れ」を惜しいとは全く思いませんでした。彼女は英語が比較的苦手で、僕は得意ということもあって、僕は時々請われるままに彼女の部屋で英語を教えたりしたけれど、彼女のベッドが目の前にあってもヘンな気持ちにはなりませんでした。





54 :53:2007/01/02(火) 15:20:55
の母美容にい部屋は来ないし、当の妹気に外で遊んでいで、いくらでもチャンスはったですが、二人ともそういう雰気にはならかったのです。

後で知ったので僕はご近所で「女の子とのにうつつをかして、勉強がおろそなっているから不合格ゃないいにおばさん達にそうで


勉強の合間僕のと)、好きなとかいる?」とかれたので、「はいどねと答えると「誰々?としつこく訊くの「Tだよ」と美形の女の子の名前を答えると、彼女は「~ん、ああいうのプな」と言ってい

彼女はキた美で、T今で言う癒し系

僕も彼女に突っ込むと好きったこともあった。でもNよかとい答で、どちらとはタイ異なっていまた。みにこの二人と僕は仲がく、特に何か僕を立ててくれ存在でした



ういう話はそれきりに験の当日は会なるため顔を合わせとも無く、僕は順調に験を終え、志校の近所あるラーメン店やゲーセンを「入学後に必要なる知識を身につる」などとうバカなを引言い放って、遊で帰りました。

帰り道、Mンチにポツンと座ていたので、「う!うまくいたか?」と声かけると「いかかった・・・」泣きになてしまました

オマエのせいで英語尿で失敗した!落ら責れよ!や否彼女は顔を覆って走り去っしま僕はそんな彼女が腹立たし(子でした)、合格発表の日まで顔を合わせとはりませした

合格表の当日、僕通りしてお、帰り道に彼女志望校の表を見いきましたは彼女1人わけく、達の合が気なっからで

女の受験番りませんでした




公園で女に会いました

彼女は「どうだった?」と訊いてきたで僕はVサインだて「え、どうるんだよ?」と女にねたら、●女子大付」とうのです。

そこ僕の高校から10程度、も同す。

こうしと彼はまた仲良く通学するこた。





55 :53:2007/01/02(火) 15:38:03
登校日、彼女とはス、JRと一緒でした。Jではじ中学校か僕と同じ高校にだ数人と彼女と付属高校に進ん、さらに校に進ん数人が一緒でした。

て段々、おいにほかの中学校から進してきた友人が混め、彼女は堂し、僕は彼女の背中形でつくらい強さでしたていました。

女は「Hブラジャーに触ただろ!」と退僕は「オマエ、なぜ必要なものをつけだよ」と言 い返して、周囲の爆笑ったともありました。

僕と彼女をップとは思っないよ女を指て「コイツは男だら、身も型もオモャにしていました。



が、夏休から僕と女と間にな空始めした

つものように掛け合い漫うになっヘックをけたとき「オマエ、方が乱暴だ」という彼女と目が合に「っ僕このが好きんだ」とわかってしまったのです。

後で聞いは彼同じだったそうです。


当時、僕は天下様うな立場だった中学時代に比、高校で争に晒れ、ストレスで疲れてたのです。

を癒してくれるのが彼女とのあいでした。

おまえ俺にかれたその場はジョでし女を抱き締という一気に高まりまし

夏休み、は学年でん中いの順位にかなれなかったたに必で勉強のですがふと手を休ると彼女のことを考るのでした。



彼女とは夕方時間、たまに公園でできしたが、な以前に男同士のように話婿とが出来なくなていました。

彼女を意識いたかのですが、上気したように彼女もまた僕を意識していたのです

互いにそれで何とくギクャクていました。



月も終わりに近僕は陽に焼けることないまに夏を終えようとしてた。

お陰で二学期位に入れる自信ができていまたが物足りないままでした。

ふらりとバスに乗り、水浴場にかけました。もう海水浴を楽人もとんどいってい、夏の終という気でし

には中学校時友人で父親テキヤをやってる友て、僕とは全く反対の世界にいるタイプでしたが、なぜか彼の顔を見たくなっでした。

海の家のバイトをしてて、暇そうでした。

んだ真っ白じゃねぇか!」と僕を見るなり、人懐こうな笑顔を浮かべま

僕は何も言いませんでたが、「な女ができたんだろうンといけよ!思い切りのよさと破天さはオマエの持ち味じゃな!」と彼は言した

もの5分も緒にたでしうか、彼に「あう」と言路に着いのでした。





56 :53:2007/01/02(火) 16:24:13
その翌日でした。彼女を訪ねました。

が、彼女はいませんでした。

妹が「ねえ、Hクンと姉貴って喧嘩してるの?」と訊いてきました。

僕は「いや」と答えたのですが、歯切れが悪く聞こえたのか、「さっさと謝った方がいいよ!」と姉のように僕の背中に思い切り張り手をするのでした。

その夜に彼女から電話がかかってきました。

考えてみれば電話がかかったのは初めてです。


「妹からオマエが謝りに来たって訊いたけど、何?」

「いや謝りに行ったんじゃないんだけどね」

「謝られる覚えはないしね」

というような会話があって、

「とりあえず明日会おうか」

という話になりました。



これが午後9時頃。僕は10時頃になって、なんとなく公園に散歩に出たのです。そうすると彼女が間もなく現れて、お互いに驚きました。

僕は彼女が来ることを期待したという意識はなかったし、彼女もそうだったようですが、なぜかその時は二人とも公園に足が向いたのでした。

「明日の用って何?」という彼女に僕は答えられません。

「今日の内に済ませれば、オマエの鬱陶しい顔を見なくて済むからな」という憎まれ口をきく彼女に僕も「じゃあ手短に済ませるよ」というなり抱き締めてキスを奪ったのです。

これがテキヤの息子の言う「思い切りの良さ」です。



彼女はあまりに突然だったのか唖然とした表情でした。しかも震えていました。

次にきたのは強烈な蹴りでした。

「初めてのキスがこんなのになって、このヤロー、責任とれ!」

という叫び声に近所を気にしましたが、もうどうにもなりません。

彼女は叫ぶやいなや僕に抱きついて自分からキスしてきました。

こうして僕と彼女は何度もキスを交わし、何も言わずとも気持ちを確かめ合ったのでした。



二学期になり、僕は学力テストでも上位に入り、T大、K大合格圏だと言われるレベルに達しました。

彼女とは特に進展はなく、その後はキスすることもなく、相変わらず通学仲間でした。

彼女に私立男子校の生徒が交際を申し込んだという話が出て、彼女と僕の共通の友人であるW(女子)が「H、いいの、彼女とられるよ」と言う有様でした。

ちなみにWは夏休みに僕とMとの間にあったことを全く知りません。


僕は「そのうちMが男だとわかって、別れて下さいなんて言うんじゃないか?」と言っていましたが、実はちょっと焦ったのです。

10月の中間テストが終わるまで、僕は彼女とデートすらしませんでした。

それで僕は人並みのデートをしようと思い、彼女を映画に誘い、二人で映画を見て食事をするというオーソドックスなデートをしたのですが、あのとき以来キスもしていないことが気になって、帰り道に例の公園に誘い、漸く夏休み以来のキスを味わいました。


そして初めて「好きだ」という言葉を口にしたのです。

彼女は「私は待っているのに、アンタ鈍感だよ」といつもの蹴りを返したのですが、僕は満足でした。気持ちを言葉で伝えることができたことに。


その翌日からは二人で登校する際の雰囲気が変わったのでしょうか、周囲は僕と彼女をそういう間柄として自然に扱い始めたのでした。

相変わらずお互いに殴る蹴るに近いようなことをしてはいましたが、電車を降りるとみんな「じゃあな」とさっさと去っていくのです。僕は感心しました。



クリスマスイブ、僕と彼女はごく自然に結ばれましたが、場所は僕の家でも彼女の家でもありませんでした。誰も来ない海の家でした。テキヤの息子が協力してくれたのです。

ただ二人で1時間くらい誰にも邪魔されずに過ごすつもりだったのに、彼は僕の相談を受けてから、電気ストーブに飲み物や軽食まで用意して、しかも布団まで持ち込んでいたのでした。

合鍵をもらうときにも何も言わずにニッと笑うだけでした。


それから僕と彼女は彼女の部屋で関係を続けました。

喧嘩らしい喧嘩をすることもなく、お互いの卒業まで続きました。

彼女の胸は全然大きくならなかったけれど、僕はとても幸せでした。



卒業後、彼女は付属高校だったために そのまま地元の女子大に進み、僕はK大学に進みました(T大、K大と書いたK大ではないK大)。

極端に遠くに離れたわけではないけれど、段々疎遠になってしまい、夏休みに逢っても、もう関係を持つことはありませんでした。

以前と同じ男同士のような付き合いに戻ってしまいましたが、僕はそれでよかったように感じました。

彼女も彼氏ができたとか、旅行に誘われているけど、どうしよう?などと話していました。





57 :53:2007/01/02(火) 16:25:02
お互いに大2にてかは わざわうこもなくりました



3の夏休みでした。

彼女が入院したので驚きまし

病状くないようで、僕は病院に駆けつけました。

彼女元々だっすが、その時は青白いで痛、正視できませんでした。

白血病だったのです




大丈夫かのヒインはいね」と婿ークを言ったものの、僕もう涙をている状態でした

彼女は
オマエ、死ぬと思っんだろう?死ぬオマエやった悪さを全部言れるが怖くて来

言うのです流してます


にかかわることはないといでしたが、僕は彼女をくなった、骨髄移植で治癒性を尋ねの骨髄する調でし

だ、泣くようなことじゃなたんだ!としま湿た。


その様子を見て彼女はニヤニヤ笑っている

「この野郎、助かるんいか 

強いからね」

女は僕に耳打ちするのた。

「1人しか男を死ぬな勿体無いはしないよ」

僕は失うこがどれだ恐ろしいかを知らされ愕然とした直でしたが、でした

「オマエは助てもを1人か知いままだ」と囁かけたとろ、彼女は泣き始めました。



局助か今も気です。

僕の両親は結婚に大反対でし

女を嫌いのでは(彼女自の両親と仲がよい)、彼女母親とが信仰すS価学会が反対理由でした。




こで女が自分の親と母に条件を出した。

や僕の両親前で会のも口にしてはけない、S教新聞の購てはならない、こ反したら絶るとのです。

彼女の母親祖母に異存貿なく達の婚約決まりました




も彼女ももうすぐです

卒業後年は結婚しないのでは結といなりました

今は「オマエ、ほかの寝ただろう?ズルイ!」と時折責めら蹴られてい


<おわり


 
 
 

関連記事

 
 
 
 
カテゴリー:男女・恋愛  |  タグ:青春, 純愛,
 

 
 
 
 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

おすすめ記事1

 

 

おすすめ記事2

 

AmazonPickup

 

おすすめ記事3

 
 

人気記事(7days)

 

お世話になっているサイト様